【理系内定者が教える】「理系なのになぜ文系就職?」の答え方 | 私の回答例,注意点も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事を読めばわかること
こんにちは、「就活の教科書」編集部のどぅーです。
文系就職を考えている理系学生のみなさん、面接で「理系なのになぜ文系就職?」と質問されたことありませんか?

「就活の教科書」編集部 どぅー

就活生くん

めっちゃ聞かれます。
どうやって答えたらいいか分からないです。

就活生ちゃん

面接でなぜ聞かれるのですか? 人事が求めてる答えがあるのでしょうか?
文系職で応募する理系学生なら一度は聞かれる質問です。
しっかりと準備しないと答えづらいですよね。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

そこでこの記事では、理系から文系就職した「就活の教科書」編集部のどぅーが、「理系なのになぜ文系就職?」と質問されたときの答え方の4パターンを説明します。

加えて、答えるときの注意点・ポイント私の回答例も紹介しています。

この記事を読むと、「理系なのになぜ文系就職?」と聞かれたときの答え方が分かり、自信を持って面接に臨めると思います。

文系就職を考えている理系学生は、ぜひ読んでみてくださいね。

研究や実験で忙しいけど、就活も始めたい!」なら、簡単な質問で自分のキャリアの価値観が診断できる「キャリアチケットスカウト診断」がおすすめです。

また「自分に合うどの業界・企業がわからない…」なら、あなたの適職が分かるLINE適職診断を使うのが良いです。

さらに「自分に合う優良企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえる「DiG UP CAREERレバテックルーキー(ITエンジニア就活特化)がおすすめですよ。

「忙しいけど、優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 理系就活に役立つサービス /

\ 優良企業探しに役立つサイト /

*参考:就活サイトおすすめ40選

どのサービスを使えば良いかわからない…」なら、簡単な質問で自分のキャリアの価値観が診断できる「キャリアチケットスカウト診断」で就活の軸を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

どうして面接で「理系なのになぜ文系就職?」と聞かれるのか

まず、どうして面接官は「理系なのになぜ文系就職?」と質問するのでしょうか?

「就活の教科書」編集部 どぅー

理系出身の私の経験上、「理系なのになぜ文系就職?」と質問する理由は主に以下の4つです。

  • 理系就職をしなかったのか単純に知りたい
  • 大学時代に培った専門性を本当に破棄していいのか確認したい
  • 理系出身であることをどう活かそうと考えているのか知りたい
  • 理系学問に挫折して逃げた訳ではないのか疑問がある

 

理系から文系就職をする人は少数派なので、面接官は納得できる理由を知りたいのです。

「理系なら技術職に就くべきだ」と本気で考えている人もいますが、実際にそう考えている面接官はごくわずかですよ。

面接官は理系出身で技術職に就職しないことを責めているわけではありません。
落ち着いてしっかり答えましょう。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

ちなみに、理系学生が文系就職をするからといって不利ということはありません。

どちらかというと、研究経験・勤勉さ・希少さから、理系学生は有利なことが多いです。

理系としての強みを活かして文系就職を進める方法は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに「研究職は嫌だけど、理系で培った経験は活かしたい!」という就活生には、ITエンジニア職として就職するという選択肢もあります。

ITエンジニア職は、プログラミング未経験OKな会社も多く、①学歴より実力が評価される、②プログラミング経験がスキルとして身につく、③需要があるので仕事に困りにくいという大きなメリットがあります。

実際にITエンジニア職を目指して就活する場合、レバテックルーキーのような、ITエンジニアに詳しい就活エージェントを活用するのがおすすめです。

レバテックルーキーを使うと、IT業界の優良企業5,000社の中からあなたに合った企業を無料で紹介してくれますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる


「理系なのになぜ文系就職?」の答え方4パターン(テンプレ)

それでは、本題の「理系なのになぜ文系就職?」の回答例を紹介します。

「就活の教科書」編集部 どぅー

私の就活の経験上、「理系なのになぜ文系就職?」の回答例としては下記の4つがあります。

  • 回答例①:やりたいことが文系職だったから
  • 回答例②:文系就職で、自分の理系のバックグラウンドが活かしたいから
  • 回答例③:理系の職種にこだわっていないから
  • 回答例④:研究が向いていなかったから

それでは、「理系なのになぜ文系就職?」の回答例とその答え方を1つずつ説明していきますね。

 

回答例①:やりたいことが文系職だったから

「理系なのになぜ文系就職?」の回答例1つ目は、「やりたいことが文系職だったから」です。

この回答は志望動機につながりますし、熱意をより伝えられるのでオススメです。

大学の講義がきっかけでマーケティングのことを知り、研究をして単純にものづくりをするよりも、制作物の売り方や価格の付け方などマーケティングの部分に興味を持ったからです。

やりたいことが明確にあるなら、技術職に就かないのも納得できますよね。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

回答例②:文系就職で、自分の理系のバックグラウンドが活かしたいから

「理系なのになぜ文系就職?」の回答例2つ目は、「文系就職で、自分の理系のバックグラウンドが活かしたいから」という回答です。

文系出身の人にはない、研究室で得た能力をアピールでき、自己PRにもなります。

商品を作った後にどう売るかの方に興味を持っており、理系の専門的知識が活かして商品をPRしたいと考えているからです。

理系の経験と知識を活かせる場所は、理系職には限らないです。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

回答例③:理系の職種にこだわっていないから

「理系なのになぜ文系就職?」の回答例1つ目は、「理系職にこだわっていない」という回答です。

技術職という選択肢を残しているため、理系から逃げたとは思われません。

さらに、理系という枠にとらわれていないことから柔軟性があり、広い視野をもつ人間だというイメージを与えられるかもしれません。

私は理系職にこだわらずに、素直に興味をもった会社に応募すると決めているからです。
研究をする上で得られたことは専門的知識だけではないので、文系就職をしても大学で学んだことが無駄にはならないと考えております。

就活で文理を絞れとは言われてないですよね。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

回答例④:研究が向いていなかったから

「理系なのになぜ文系就職?」の回答例4つ目は、「研究が向いていなかったから」です。

「大学で一生懸命研究をしてみたが自分には向かないと感じた」という正直な感想を伝えることで、面接官の好感を得られるかもしれません。

  • スパンが長い研究よりも、もっと短期間で結果がでることがしたいと考えているからです。
  • 個人プレーが多い研究よりも、いろんな人と協力して成し遂げることができる仕事がしたいからです。
  • 専門的なところを突き詰めるよりも、全体を見渡すことができるところで働きたいからです。
パターン1,2,3に比べてネガティブな理由なのでオススメはしませんが、理由がしっかりあればマイナスの印象は与えないと思います。

しかしこちらの理由を伝える場合は、研究職を本質的に理解していることが前提です。

まずは、仕事としての研究職を理解したい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

ちなみに、理系就活生から人気の就職先は、理系就活生の対応に慣れているため、これらの質問をより深掘りしてくることが考えられます。

理系就活生から人気の就職先を参考にして、あなたに必要な面接対策をしていきましょう。

 

研究や実験で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「キャリアチケットスカウト」を使うのが一番おすすめです。

「キャリアチケットスカウト」を使うと、あなたのプロフィール次第有名ホワイト企業からオファーが来るので、研究で忙しくても簡単に内定がもらえるようになります。

「忙しいけど、優良企業に就職したい!」という方は「キャリアチケットスカウト」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「キャリアチケットスカウト」を使ってみる


「理系なのになぜ文系就職?」の答え方の注意点・ポイント3つ

次に、「理系なのになぜ文系就職?」の答え方の注意点・ポイントを紹介します。

「就活の教科書」編集部 どぅー

理系から文系就職した私が考える、「理系なのになぜ文系就職?」の答え方の注意点はこの3つです。

  • 注意点①:ネガティブ発言は控える
  • 注意点②:志望動機と合わせて答える
  • 注意点③:追加質問に注意する

それでは、「理系なのになぜ文系就職?」の答え方の注意点・ポイントを1つずつ説明しますね。

 

注意点①:ネガティブ発言は控える

答え方の注意点・ポイント1つ目は、「ネガティブ発言は控える」です。

学問や研究が思うようにいかなかったから文系就職に逃げた、つまり苦手なことから逃げ出す人だと思われてしまいます。

また、単純にネガティブな人は魅力的に映らないですよね。

実際に「研究が嫌い」「知識の限界を感じた」などは、思っていても言わないでおきましょう。

逆に割り切って、「研究が嫌い」と答えて受かった先輩もいますが、あまりおすすめはしません。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

注意点②:志望動機と合わせて答える

答え方の注意点・ポイント2つ目は、「志望動機と合わせて答える」です。

そもそも「なぜ文系就職?」という質問は、その企業への志望理由になります。

「開発職よりも、文系職の〇〇に魅力を感じ、その魅力が御社なら実現できると考え、御社の文系職で働きたいと思ったからです。」と言えば、志望動機になりますよね。

志望動機をそのまま言うよりも、技術職にはない文系職の魅力などを伝えられると、より説得力が増しますよ。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

注意点③:追加質問に注意する

答え方の注意点・ポイント3つ目は、「追加質問に注意する」です。

「なぜ文系就職なの?」という質問だけで完結することは少なく、さらに質問されることが多いです。

例えば「なぜ大学院に進学しないの?」「大学院までいったのに専門職に就こうとは思わないの?」「研究した経験は仕事で活かせるの?」などです。

どんな質問がきても困らないように、しっかり対策をして挑みましょう。

文系出身の面接官が研究室や理系の雑談的な質問をしてくれることもあります。
私は「研究って大変なことだらけだと思うけど、どんなときが楽しい?」と聞かれたことがあります。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

また、「理系なのになぜ文系就職?」と関連する質問は、以下の記事で答え方や例文を解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

「理系なのになぜ文系就職?」に対する私の回答

最後に、私が面接で答えた「理系なのになぜ文系就職?」への実際の回答を紹介します。

「就活の教科書」編集部 どぅー

私は日本の生活をより豊かで便利にするためにITを発展させる仕事をしたいと考えているからです。
大学で学んだ化学を活かすメーカーに就職することも考えましたが、さまざまな分野で柔軟に応用できるという点で、目に見えるモノづくりよりもITサービスに惹かれました。
研究室で培った粘り強く課題に向き合う精神で、サービス開発に貢献したいと考えています。

この回答で面接官も納得してくれました。

「就活の教科書」編集部 どぅー

 

実際に理系学生が文系就職をした体験談を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

理系就活を有利に進める方法

就活生くん

正直、研究が忙しすぎて、就職活動に時間が割けないです・・・

研究しながら、みんなどうやって就活しているのかな。

理系就活生には、研究内容をアピールするだけで企業から直接オファーがくるスカウトサイトの活用もおすすめです。

キャリアチケットスカウト」では、5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えますよ。

[/say]
キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • たった5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考え方がわかる
  • あなたらしく働ける優良企業に出会える
  • 自己PRやガクチカのテンプレートがもらえる

質の高いスカウトをもらえるキャリアチケットスカウトで、あなたの研究や専門性をアピールしてみましょう。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトを見てみる

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:「文系就職する理由」は絶対対策しよう!

いかがだったでしょうか?

今回は、「理系なのになぜ文系就職?」という質問は面接でなぜ聞かれるか、答え方のパターン、答える時の注意点・ポイント、わたしの回答例など、をお伝えしました。

文系就職をする理系学生は必ずこの質問対策をして、面接を突破しましょう。

「就活の教科書」には他にも、理系就活に関する記事が載っていますので、ぜひ読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 どぅー

この記事を読んだ、理系のあなたにおすすめの記事を紹介しておきますので、合わせて読んでみてくださいね。