【業界別】働きやすいホワイト外資系企業ランキング | 各業種TOP3社の解説も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 優良企業からスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

はじめに

 この記事では、働きやすい外資系企業ランキングについて徹底解説していきます。

あわせて、「働きやすい外資系企業とは?」や「働きやすい外資系企業の特徴は?」についても紹介します。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

この記事を読めば、働きやすい外資系企業ランキングについて理解が深まります。

「働きやすい外資系企業ランキングについて知りたい就活生」はぜひ最後まで読んでください。

先に結論をお伝えすると、「穴場な隠れホワイト企業から内定が欲しい」なら、就活生の2人に1人が利用するOfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断」、隠れ優良企業を就活のプロから教えてもらえる「【24卒のみ】キャリアチケット」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】ホワイト企業探しに役立つ就おすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はOfferBoxでホワイト企業からスカウトをもらうのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【ざっくり解説】働きやすい(ホワイト)外資系企業とは?

就活生くん

働きやすい(ホワイト)外資系企業とはどんな会社なのでしょうか?

それでは、働きやすい(ホワイト)外資系企業がどのような会社か見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

外資系企業とは「外国資本によって成り立っている企業」である

実は、外資系企業には定義がありません。

一般的に外国資本が全体の3分の1以上の場合、外資系企業とされています。

外国資本が入っている企業を指すため、必ず日本へ進出した外国企業のみを指すわけではありません。

日本と海外の会社が共同で設立した場合や、日本企業が海外の会社に買収された場合なども外資系という場合があります。

逆に日本企業は、これらに当てはまらず、日本の資本で成り立っている会社を指します。

 

外資系は「個人」、日系は「組織」を重要視する

外資系企業と日系企業には様々な違いがあります。

外資系は「個人」、日系は「組織」を重要視する違いがあります。

外資系では個人に役割や仕事が割り当てられています。

そのため、多忙と思われがちですが、自分の仕事量をこなし仕事と休みのメリハリをつけていることが多いです。

日系は、組織で動くことが多いです。

意思決定も上司に確認を取るなど時間がかかってしまいます。

さらに、他のチームメンバーが残業していると自分も残らなければならない場合も多いです。

しかし、組織内でコミュニケーションを良くとるため、組織力の高さが優位と言えます。

以下の記事では、日系企業、外資系企業のホワイト企業をランキング形式で紹介しています。

ホワイト企業に就職したい学生はぜひこちらの記事も読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

「ホワイト企業の内定が欲しい!」「就職するならホワイトな職場が良い…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

ホワイトなだけではなく「あなたに合った」優良企業を探したい就活生は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

おすすめのホワイト企業については、【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


【総合編】働きやすい(ホワイト)外資系企業ランキング

就活生くん

働きやすい(ホワイト)外資系企業について分かりました。

働きやすい(ホワイト)外資系企業にはどんな会社がりますか?

それでは、働きやすい(ホワイト)外資系企業ランキングを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

企業名 平均年収 残業時間 有給消化率
イケア・ジャパン 376万円 11.1h 92.5%
キャセイパシフィック
航空会社
425万円 3.8h 99.8%
ブッキングドットコム
ジャパン
611万円 4.8h 94.1%
ブルームバーグ・エル・ピー 895万円 15.3h 91.9%
エミレーツ航空会社 419万円 1.7h 97.8%
ディーゼルジャパン 338万円 12.9h 56.3%
ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン
(H&M)
344万円 10.7h 88.6%
日本アイ・ビーエム
スタッフ・オペレーションズ
367万円 16.5h 73.4%
アメリカン・エキスプレス・ジャパン 500万円 14.4h 92.5%
Apple Japan合同会社 620万円 9.6h 90.5%
ラッシュジャパン 336万円 13.8h 84.3%
マークジェイコブスジャパン 429万円 7.4h 61.4%
フェデラルエクスプレス
ジャパン合同会社
564万円 11h 86.7%
P&Gプレステージ合同会社 359万円 5.9h 62.9%
リフィニティブ・ジャパン 973万円 17.7h 80.6%
プーマ ジャパン 526万円 14.8h 49.8%
ウィリアムズ・リー
ジャパン
558万円 11.9h 89.3%
サーブコープジャパン 413万円 10.2h 66.8%
日本ゴア 730万円 14.6h 61.1%

様々な業界の企業がランクインしてますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【業界別】働きやすい(ホワイト)外資系企業ランキング

続いて、業界別ランキングをご紹介します。

外資系コンサル編

まず、外資系コンサル編です。

順位 企業名
1位 アクセンチュア
2位 プライスウォーターハウスクーパース
3位 ボストンコンサルティンググループ
4位 ベイン・アンド・カンパニー
5位 マッキンゼー・アンド・カンパニー
6位 ローランド・ベルガー
7位 アーサー・D・リトル・ジャパン

やはり就職難易度が高い企業は働きやすいようですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

外資系投資銀行編

続いて、外資系投資銀行編です。

順位 企業名
1位 モルガン・スタンレー
2位 バークレイズ
3位 ドイツ銀行
4位 クレディ・スイス証券
5位 シティグループ
6位 ゴールドマン・サックス
7位 メリルリンチ日本証券

世界を代表する銀行が名を連ねていますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

外資系消費財メーカー編

続いて、外資系消費財メーカー編です。

順位 企業名
1位 ネスレ日本
2位 フィリップモリスジャパン
3位 日本ロレアル
4位 スリーエムジャパン
5位 P&G Japan
6位 ユニリーバ・ジャパン

1位のネスレは、日常生活で頻繁に利用する企業ですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

外資系IT企業編

最後に、外資系IT企業編です。

順位 企業名
1位 Bloomberg
2位 Yahoo!Japan
3位 Google
4位 LINE
5位 日本オラクル
6位 アマゾンジャパン
7位 日本マイクロソフト

1位のBloombergは、アメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社です。

「就活の教科書」編集部 吉田

                   

ホワイト企業・業界に関する記事一覧

「福利厚生が整っている企業で働きたい!」「残業時間の少ない企業で働きたい!」という就活生には、 ホワイト企業一覧ホワイト業界一覧 の記事がおすすめです。

この記事を読めば、ホワイト企業・業界を知れるのでぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                               

「ホワイト企業の内定が欲しい!」「就職するならホワイトな職場が良い…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

ホワイトなだけではなく「あなたに合った」優良企業を探したい就活生は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

おすすめのホワイト企業については、【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


働きやすい(ホワイト)外資系企業「業界別TOP3社」の解説

続いて、働きやすい(ホワイト)外資系企業を、業界別にみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

働きやすい(ホワイト)外資系企業「業界別TOP3社」
  • 外資系コンサル業界1位:アクセンチュア
  • 外資系コンサル業界2位:プライスウォーターハウスクーパース
  • 外資系コンサル業界3位:ボストンコンサルティンググループ
  • 外資系投資銀行業界1位:モルガン・スタンレー
  • 外資系投資銀行業界2位:バークレイズ
  • 外資系投資銀行業界3位:ドイツ銀行
  • 外資系消費財メーカー業界1位:ネスレ日本
  • 外資系消費財メーカー業界2位:フィリップ モリス ジャパン
  • 外資系消費財メーカー業界3位:日本ロレアル
  • 外資系IT業界1位:ブルームバーグ
  • 外資系IT業界2位:ヤフー
  • 外資系IT業界3位:グーグル

 

外資系コンサル①:アクセンチュア

 

 

外資系コンサル業界1位は「アクセンチュア」です。

アクセンチュアは幅広いサービスソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。

有休消化率は63.9%となっており、非常に高い水準です。

また、残業時間は35時間程度であり、外資系コンサル業界の中では働きやすい企業であると言えるでしょう。

以下に会社概要を紹介します。

アクセンチュアの会社概要
設立 1995年12月
資本金 3億5千万円
従業員数 約21,000人(2023年6月1日時点)
採用HPリンク https://www.accenture.com/jp-ja/careers/life-at-accenture/entry-level

アクセンチュアの採用大学について、以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

 

外資系コンサル②:プライスウォーターハウスクーパース

 

 

外資系コンサル業界2位は「プライスウォーターハウスクーパース」です。

プライスウォーターハウスクーパースは、クライアントと共に変革を実現し、有機的成長を支援する総合的なコンサルティングサービスを提供しています。

有給取得率は51.7%となっています。

コンサルティング業界は激務だと思われがちですが、プロジェクト単位で働くため、プロジェクトの合間にしっかりと有休がとれることが多いようです。

プライスウォーターハウスクーパースの採用大学について、以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

 

外資系コンサル③:ボストンコンサルティンググループ

 

 

外資系コンサル業界3位は「ボストンコンサルティンググループ」です。

ボストンコンサルティンググループは、様々な分野からクライアントの経営課題に対してソリューションを提供します。

有休消化率は54.9%となっています。

 

外資系投資銀行①:モルガン・スタンレー

外資系投資銀行業界1位は「モルガン・スタンレー」です。

モルガン・スタンレーは、投資銀行、証券、ウェルス・マネジメント、資産運用事業において多岐にわたるサービスを提供する世界有数の総合金融サービス企業です。

有給取得率は73%ととても高水準になっています。

 

外資系投資銀行②:バークレイズ

 

 

外資系投資銀行業界2位は「バークレイズ」です。

バークレイズは投資銀行業務資産運用業務カード事業アフリカ投資事業を行っています。

有休消化率は54.6%です。

 

外資系投資銀行③:ドイツ銀行

 

 

外資系投資銀行業界3位は「ドイツ銀行」です。

ドイツ銀行は、投資銀行商業銀行およびリテール・バンキングウェルスマネジメントといった幅広い分野の商品・サービスを提供しています。

有休消化率は73.9%となっています。

銀行業界は残業が求められる場合もありますが、その分多くの給料を貰うことができます。

 

外資系消費財メーカー①:ネスレ日本

 

 

外資系消費財メーカー業界1位は「ネスレ日本」です。

ネスレはスイスで創業された食品メーカーです。

チョコレートコーヒーを提供しています。

ネスレ日本の平均残業時間は22.6時間、有休取得率は74%となっています。

ネスレ日本の採用大学について、以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

 

外資系消費財メーカー②:フィリップ モリス ジャパン

 

 

外資系消費財メーカー業界2位は「フィリップ モリス ジャパン」です。

フィリップモリスジャパンは、世界売り上げ1位を誇るタバコメーカーです。

電子タバコである「IQOS」も手掛けています。

フィリップモリスジャパンの平均残業時間は23.7時間、有休取得率は64.5%となっています。

 

 

外資系消費財メーカー③:日本ロレアル

 

 

外資系消費財メーカー業界3位は「日本ロレアル」です。

日本ロレアルは、世界No1化粧品会社日本支社です。

マス市場・ラグジュアリー市場・プロフェッショナル市場など、幅広いチャネルへ事業を展開し、市場を牽引しています。

日本ロレアルの平均残業時間は28.5時間、有休取得率は61.5%となっています。

 

外資系IT①:ブルームバーグ

 

 

外資系IT業界1位は「ブルームバーグ」です。

ブルームバーグは、透明性の高い情報供給で世界をリードする金融テクノロジー企業です。

ニューヨークに本社があります。

ブルームバーグの平均残業時間は18.2時間、有休取得率は88.6%となっています。

 

外資系IT②:ヤフー

 

外資系IT業界2位は「ヤフー」です。

近年、インターネットの発達は凄まじく、「生活のインフラ」と言われるようになっています。

ヤフーは、この「生活のインフラ」に関する様々なサービスを提供しています。

ヤフーの平均残業時間は21.6時間、有休取得率75.8%はとなっています。

ヤフーの子会社について、以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

 

外資系IT③:グーグル

 

 

外資系IT業界3位は「グーグル」です。

グーグルは、主に検索エンジンなどのオンラインサービスを提供・運営している企業です。

グーグルの平均残業時間は22.3時間、有休取得率は79.5%となっています。

グーグルの採用大学について、以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴7選

就活生ちゃん

働きやすい(ホワイト)外資系企業がどの会社か分かりました。

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴が知りたいです。

それでは、働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴
  • 特徴①:残業時間が少なめ(月25時間未満)
  • 特徴②:3年後離職率が低い(30%未満)
  • 特徴③:年間休日が120日以上ある
  • 特徴④:有給休暇の取得率が高い
  • 特徴⑤:法定外の福利厚生が充実している
  • 特徴⑥:社員同士の関係性がよい
  • 特徴⑦:立場に関わらず発言しやすい雰囲気がある

 

特徴①:残業時間が少なめ(月25時間未満)

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴1つ目は「残業時間が少なめ(月25時間未満)」です。

一般的に残業時間が月25時間未満な場合を、残業時間が少ないと言われます。

外資系消費財メーカー業界や、外資系IT業界は、残業時間が25時間前後となっています。

このため、これらの外資系企業は働きやすい(ホワイト)企業とされることが多いです。

しかし、外資系投資銀行業界外資系コンサル業界は残業時間が多くなる場合もあります。

ただ、その分しっかりと給与がもらえるため、時間とお金どちらを重視するか考えましょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:3年後離職率が低い(30%未満)

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴2つ目は「3年後離職率が低い(30%未満)」です。

3年後の離職率が30%未満の場合、離職率が低いと言われます。

外資系企業では3年後の離職率が低いです。

このことから、外資系企業に満足している社員が多いと考えられます。

仕事とプライベートがはっきりしていることも満足が行く要因の1つと言えるでしょう。

 

特徴③:年間休日が120日以上ある

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴3つ目は「年間休日が120日以上ある」です。

一般的には、年間休日120日以上ある会社を、休日が多い会社と言われています。

外資系企業を見てみると、ほとんどの企業が年間休日120日以上となっています。

中には、特別休暇として、さらに休日を貰える企業も存在します。

ここでも、仕事とプライベートを分ける外資系企業の特徴がみられますね。

就活アドバイザー 京香

特徴④:有給休暇の取得率が高い

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴4つ目は「有給休暇の取得率が高い」です。

有給休暇を取得できることは、実質の休日が増えるため大事です。

日本の企業では、有休を申請しても却下される場合があります。

外資系企業では、そのようなことは少なく、有休をとることができます

さらに、会社によっては、日本の企業以上に有休がもらえる場合があります。

気になる企業の休日について調べてみましょう。

 

特徴⑤:法定外の福利厚生が充実している

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴5つ目は「法定外の福利厚生が充実している」です。

福利厚生が充実していると、実質の賃金が上がることになります。

特に家賃補助などが出た場合、経済補助として十分働きをしてくれます。

外資系企業ではこういった福利厚生が充実している企業が多いです。

中には、福利厚生はあまりなく、給与で還元している企業もあります。

企業のホームページなどから、調べてみると良いでしょう。

 

特徴⑥:社員同士の関係性がよい

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴6つ目は「社員同士の関係性がよい」です。

外資系企業では、プライベートを重視する傾向があります。

そのため、社員同士が深く干渉しあわないことが多いです。

仕事仲間として、協力するため気楽に接することができます。

過干渉でないことが、社員同士の関係性の良さにも繋がっているんですね。

就活アドバイザー 京香

 

 

特徴⑦:立場に関わらず発言しやすい雰囲気がある

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴7つ目は「立場に関わらず発言しやすい雰囲気がある」です。

外資系企業では、個人が尊重される働き方をします。

そのため、若手でも1人の社員として発言することができます。

若手の発言が採用されることも少なくありません。

新しい意見をどんどん言っていく雰囲気です。

若手の時からどんどん意見を出したい方には、おすすめと言えるでしょう。

 

「ホワイト企業の内定が欲しい!」「就職するならホワイトな職場が良い…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

ホワイトなだけではなく「あなたに合った」優良企業を探したい就活生は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

おすすめのホワイト企業については、【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法3選

就活生くん

働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴について分かりました。

働きやすい(ホワイト)外資系企業にはどうやって就職すればよいのでしょうか?

それでは、働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法
  • 対策法①:外資系専門の就活エージェントを利用する
  • 対策法②:外資系企業のインターンに参加する
  • 対策法③:就活を早めに初めておく

 

対策法①:外資系専門の就活エージェントを利用する

働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法1つ目は「外資系専門の就活エージェントを利用する」です。

就活エージェントとは、就活のアドバイス求人紹介をしてくれる無料サービスのことです。

就活エージェントは就活サイトと違い、アドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれます。

また、外資系の特化した就活エージェントの利用がおすすめです。

自分の希望に合った、待遇や業界の企業を教えてくれます。

「外資系の企業に転職したいけど初めての転職で不安…」という方は、マイナビ転職エージェントサーチを活用してみましょう。

マイナビ転職エージェントサーチは、求人数が業界トップレベルの150,000件以上で、あなたの条件に合った求人を探すことができます

就活アドバイザー 京香

「マイナビ転職エージェントサーチ」のおすすめポイント
  • 非公開求人の情報を知れる
  • 面倒な給与交渉を転職エージェントが代行してくれる
  • 自分で様々な求人を見て比較検討できる
  • 履歴書・職務経歴書を登録するだけでスカウトが届く

 

対策法②:外資系企業のインターンに参加する

働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法2つ目は「外資系企業のインターンに参加する」です。

外資系企業は、日系企業と違い、早期に選考を行います。

そのため、積極的にインターンシップに参加するべきです。

インターンシップに参加すると早期選考特別選考に参加できることがあります。

また、企業によってはインターンシップへの参加が必須となる場合もあるので、確認しましょう。

外資系企業のインターンシップ探しにおすすめのサイトを、以下の記事で詳しくご紹介しています。

ぜひ読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

 

対策法③:就活を早めに初めておく

働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法3つ目は「就活を早めに初めておく」です。

先ほどもお伝えした通り、外資系企業の選考は早期に始まります。

また、人気企業も多いため、倍率も高くなりがちです。

そのため、早くから就活を始め、他の就活生に差をつけましょう

毎日少しづつでも対策などを行うことで、必ず結果につながるでしょう。

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

働きやすい(ホワイト)外資系企業に関するよくある質問

就活生ちゃん

働きやすい(ホワイト)外資系企業について分かりました。

他に、働きやすい(ホワイト)外資系企業について知っておくべきことはありますか?

それでは、働きやすい(ホワイト)外資系企業について、よくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:働きやすい(ホワイト)外資系企業の年収はどれくらい?
  • 質問②:外資系企業に就職するメリット・デメリットは?
  • 質問③:働きやすい(ホワイト)外資系企業の探し方は?

 

質問①:働きやすい(ホワイト)外資系企業の年収はどれくらい?

よくある質問1つ目は「働きやすい(ホワイト)外資系企業の年収はどれくらい?」です。

働きやすい(ホワイト)外資系企業の年収を業界別にみていきましょう。

外資系投資銀行業界

会社名 最初の役職の平均年収
(インセンティブ込み)
次の役職の平均年収
(インセンティブ込み)
ゴールドマン・サックス 1,300万円 1,600万円
シティグループ 1,100万円 1,500万円
UBSグループ 1,100万円 1,500万円
メリルリンチ日本証券 1,000万円 1,500万円
クレディ・スイス証券 1,000万円 1,300万円
バークレイズ 1,000万円 1,300万円

 

・外資系コンサル業界

会社名 最初の役職の平均年収
(インセンティブ込み)
次の役職の平均年収
(インセンティブ込み)
マッキンゼー・アンド・カンパニー 890万円 1,300万円
ボストン コンサルティンググループ 870万円 1,200万円
ベイン・アンド・カンパニー 840万円 1,100万円
アクセンチュア 800万円 1,100万円
ローランド・ベルガー 780万円 1,000万円
アーサー・D・リトル・ジャパン 700万円 900万円

 

・外資系消費財メーカー業界

会社名 平均年収(インセンティブ込み)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 600万円
日本ロレアル 550万円
ユニリーバ・ジャパン 550万円
フィリップ モリス ジャパン 550万円
スリーエムジャパン 500万円
ネスレ日本 450万円
(住宅補助:約100万円)

 

・外資系IT業界

会社名 最初の役職の平均年収
(インセンティブ込み)
次の役職の平均年収
(インセンティブ込み)
グーグル 800万円 +ストックオプション 1,000万円 +ストックオプション
日本マイクロソフト 600万円 +ストックオプション 800万円 +ストックオプション
日本アイ・ビー・エム 600万円 700万円 +ストックオプション
日本オラクル 500万円 800万円
ブルームバーグ 500万円 600万円
アマゾンジャパン 450万円 +ストックオプション 700万円 +ストックオプション

 

質問②:外資系企業に就職するメリット・デメリットは?

よくある質問2つ目は「外資系企業に就職するメリット・デメリットは?」です。

外資系企業に就職するメリットデメリットを見てみましょう。

外資系企業に就職するメリット・デメリット
  • メリット
    • 成果に応じた高い給与が得られる
    • 社内の風通しが良い
    • 若手でも発言権がある
  • デメリット
    • 激務の企業もある
    • 人の入れ替わりが多い
    • 上司が頻繁に替わることもある

これらのメリット・デメリットを踏まえて、自分に合った選択をしましょう。

 

質問③:働きやすい(ホワイト)外資系企業の探し方は?

よくある質問3つ目は「働きやすい(ホワイト)外資系企業の探し方は?」です。

働きやすい(ホワイト)外資系企業は、就活エージェントを利用して見つけましょう。

就活エージェントとは、就活のアドバイス求人紹介をしてくれる無料サービスのことです。

就活エージェントは就活サイトと違い、アドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれます。

また、外資系の特化した就活エージェントの利用がおすすめです。

自分の希望に合った、待遇や業界の企業を教えてくれます。

 

【企業の方へ】当サイトへの情報掲載について

企業様向け 広告掲載のお問い合わせ

当サイト「就活の教科書」では、100以上の就活サービス1000社以上の企業情報を掲載しています。

サービス掲載・企業掲載のご希望や、情報修正のご依頼などありましたら、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

「就活の教科書」への問い合わせはこちら

「ホワイト企業の内定が欲しい!」「就職するならホワイトな職場が良い…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

ホワイトなだけではなく「あなたに合った」優良企業を探したい就活生は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

おすすめのホワイト企業については、【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


まとめ:ランキングを参考に自分に合った働きやすい(ホワイト)外資系企業を見つけよう

今回は、働きやすい(ホワイト)外資系企業ついて紹介しました。

合わせて、「働きやすい外資系企業とは?」や「働きやすい外資系企業の特徴は?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】働きやすい(ホワイト)外資系企業とは?日系企業との違いも

  • 外資系企業とは「外国資本によって成り立っている企業」である
  • 働きやすい(ホワイト)「外資系企業/日系企業」に違いがあるの?

◆働きやすい(ホワイト)外資系企業ランキング一覧

◆働きやすい(ホワイト)外資系企業「業界別TOP3社」の解説

  • 外資系コンサル業界1位:アクセンチュア
  • 外資系コンサル業界2位:プライスウォーターハウスクーパース
  • 外資系コンサル業界3位:ボストンコンサルティンググループ
  • 外資系投資銀行業界1位:モルガン・スタンレー
  • 外資系投資銀行業界2位:バークレイズ
  • 外資系投資銀行業界3位:ドイツ銀行
  • 外資系消費財メーカー業界1位:ネスレ日本
  • 外資系消費財メーカー業界2位:フィリップ モリス ジャパン
  • 外資系消費財メーカー業界3位:日本ロレアル
  • 外資系IT業界1位:ブルームバーグ
  • 外資系IT業界2位:ヤフー
  • 外資系IT業界3位:グーグル

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆働きやすい(ホワイト)外資系企業の特徴7選

  • 特徴①:残業時間が少なめ(月25時間未満)
  • 特徴②:3年後離職率が低い(30%未満)
  • 特徴③:年間休日が120日以上ある
  • 特徴④:有給休暇の取得率が高い
  • 特徴⑤:法定外の福利厚生が充実している
  • 特徴⑥:社員同士の関係性がよい
  • 特徴⑦:立場に関わらず発言しやすい雰囲気がある

◆働きやすい(ホワイト)外資系企業に就職するための対策法3選

  • 対策法①:外資系専門の就活エージェントを利用する
  • 対策法②:外資系企業のインターンに参加する
  • 対策法③:就活を早めに初めておく

◆働きやすい(ホワイト)外資系企業に関するよくある質問

  • 質問①:働きやすい(ホワイト)外資系企業の年収はどれくらい?
  • 質問②:外資系企業に就職するメリット・デメリットは?
  • 質問③:働きやすい(ホワイト)外資系企業の探し方は?

◆まとめ:ランキングを参考に自分に合った働きやすい(ホワイト)外資系企業を見つけよう