【なぜ?】就活生が親をうるさいと思う瞬間と対処法7選 | 上手なかかわり方も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること

※12022年度実績
※2 2021年度のキャリアチケットご利用者で選考対策の実施有無を比較

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のはるなです。

就活生の皆さんにとって親御さんはどんな存在でしょうか?就活がうまくいかなかったときに励ましてくれる存在ですか?就活で疲れたときに寄り添ってくれる存在でしょうか?

なかには、就活を始めた途端に親御さんとの仲が悪くなってしまった方、親御さんが就活に口を出してくることに不満を持っていらっしゃる方もいると思います。

今回は「就活期に親御さんにどう向き合えばいいのか」についてお話させていただこうと思います!

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

確かに最近お父さんが僕の就活の進め方に口を出してくるんですよ…。

正直に言うと、僕も頑張っているのに否定的なことを言われるので煩わしいなと思ってしまいます。

就活生ちゃん

私のお母さんは就活で頑張っているのをねぎらってくれますよ!

でも…地元で就職してほしいみたいで、希望する職種は難しいかな…。

そうですよね。

このように、就活をする中で親御さんとどう折り合いをつければ良いのかのか、わからなくなってしまった方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

ちなみに、「ES添削や面接対策をして欲しい」「内定が貰えなくてなんとかしたい」という人は、就活のプロが内定までサポートしてくれる「キャリアチケットなどの就活エージェントを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

今回は、就活に親御さんが口を出してくる理由就活生の皆さんが実際に煩わしく思ってしまう干渉についてご紹介していこうと思います。

合わせて、就活期の親御さんとの上手な付き合い方もご紹介していきます。

何で親は僕の就活にこんなに干渉してくるんだろう」「親とうまく付き合っていく方法はないだろうか」という不満や疑問を抱える就活生の皆さんは、ぜひ最後までこの記事をご覧になってくださいね。

先に結論をお伝えすると、「就活がうまくいかない…」と悩んでいるなら、自分に合った担当者が選べるスタキャリ×ジョーカツ(内定まで直接サポート)で、就活のプロに相談して一緒に対策や優良企業紹介をしてもらうのが一番おすすめです。

ちなみにスタキャリ×ジョーカツ以外にも、全国7都市で対面相談可能の「ミーツカンパニー就活サポート」、満足度90%,友人紹介率60%のアドバイザーと会える「DiG UP CAREERもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】優良企業を紹介してくれるおすすめツール(無料)
\ 徹底サポートで内定獲得! / ES添削,その他選考サポートを受ける
(スタキャリ×ジョーカツ)

*企業ごとに対策!


「結局、どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はスタキャリ×ジョーカツを使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

【あるある】就活で親がうるさいのはなぜ?

就活生くん

僕も頑張っているのですが、親は僕の就活の進め方が悪いと言います。

そして、しきりに公務員になることを勧めてきます。

そもそも僕の就活に対して、どうして親はこんなに口出ししてくるんですか?

親御さんの口出しに対して不満を感じている状況下では、「どうして親御さんがこんなにも口出しをしてくるのか」を理解することが、関係修復の一歩と言えそうですね。

今回はまず、「親御さんが就活に干渉してくるのはなぜか」考えられる理由をいくつか紹介したいと思います!

「就活の教科書」編集部 はるな

就活に親が干渉してくる理由
  • あなたに期待しているから
  • 自分の考えを否定されることがあるから
  • 自分が就活していた時期と比べてしまうから

あなたに期待しているから

就活に親が干渉してくる理由1つ目は、あなたに期待しているからです。

親御さんは子供に「幸せな将来」を築いてほしいと望み、期待し、心配しているからこそ人生において重要な就職に口をだしてくるのです。

子供の就活を応援しようとしながらも、どのように支えてあげればよいかわからず悩んでいる親御さんも少なくないと思います。

親御さんは子供の将来を案じるあまり「親御さんの考える幸せ」を子供に押し付けてしまっている場合もあります。

このような場合は、「親御さんが思う子供の幸せ」と「あなたが考える自分の理想の将来設計」をお互いに理解し合うことが大切です。

どのようにかかわれば良いのか、『就活でうるさい親との上手な関わり方3選』で後々詳しく説明しますので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

自分の考えを否定されることがあるから

就活に親が干渉してくる理由2つ目は、自分の考えを否定されることがあるからです。

親御さんに口出しをされたときに、思わず「うるさい!」と怒鳴ってしまったり、「ほおっておいてくれ」と部屋に閉じこもってしまったりしていませんか?

「就活の教科書」編集部 はるな

そのような状況下では、親御さんは「こんなに心配しているのにわかってくれない」と感じ、ますます自分の言うことを聞かせようと意固地になってしまう場合があります。

あなたが「自分はこんなにも一生懸命就活に取り組んでいるのに、どうしてこんなにも干渉してくるんだろう」と感じている時に、親御さんはきっと「なぜこんなにもアドバイスをしてあげているのに聞いてくれないんだろう」と感じているのです。

相手が自分のことをわかってくれないと感じているときは、自分の考えや価値観に固執してしまいやすくなります。

このような場合は相互の理解不足によって引き起こされると言えます。

親御さんがあなたの就活についてどう思っているのか、あなたは自分の就活についてどう考えているのかをお互いに理解し合う努力をすることが大切です。

「就活の教科書」編集部 はるな

自分が就活していた時期と比べてしまうから

就活に親が干渉してくる理由3つ目は、自分が就活していた時期と比べてしまうからです。

親世代の就活時期は、現代ほど価値観の多様性は見られませんでした。

終身雇用制・年功序列制の下で、大企業に入社し、年齢を重ねて出世して安定した生活を築くという生活が一般的な「幸せ」でした。

そのため、親御さんは子供に対して「大企業に就職してほしい」「安定した職業に就いてほしい」という、親御さんの思う一般的な「幸せ」を押し付けてしまいがちです。

そのため、あなたが現代の就活事情に合わせて就職活動に励んでいても、親世代の目線から見ると「正しい」就職活動の仕方とは思えなかったり、安定性が足りないと感じたりする場合があるでしょう。

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


就活生が親をうるさいと思う瞬間7選と対処法7選

就活生ちゃん

一口に親の干渉と言っても、様々な形の干渉がありますよね。

私の場合は「地元に就職してほしい」と言われているのですが…。

親の気持ちもわかりますが、私は自分でどこで働くかを決めたいんです。

このような場合どうすれば良いですか…?

なるほど…地元で就職するよう勧められているんですね。

他にもいろいろな干渉の仕方があるので、いくつかの形式の干渉とその対処法について見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生が親をうるさいと思う瞬間7つと対処法7つ
  • 瞬間①:内定が出たかしつこく確認してくる
  • 対処法①:就活の展望をしっかり示す
  • 瞬間②:大企業・公務員ばかり勧めてくる
  • 対処法②:現代の就活事情・市況を説明し、自分がどの業界を目指しているのか伝える
  • 瞬間③:地元で就職するように言ってくる
  • 対処法③:理由を把握して対処する
  • 瞬間④:志望業界・職種を否定される
  • 対処法④:志望業界・職種に対する正しい認識を持ってもらって安心させる
  • 瞬間⑤:昔の就職活動のイメージで話をしてくる
  • 対処法⑤:現在の就活事情について説明して認識を改めてもらう
  • 瞬間⑥:内定企業を否定してくる
  • 対処法⑥:企業について正しい知識を持ってもらって安心させる
  • 瞬間⑦:全く無関心
  • 対処法⑦:就活について積極的に話してみる

瞬間①:内定が出たかしつこく確認してくる/対処法①:就活の展望をしっかり示す

就活生が親をうるさいと思う瞬間1つ目は内定が出たかしつこく確認してくるときです。

内定が出たかどうか確認するという行動は、親御さんの子供を心配する気持ちの表れです。

もちろん、あなた視点に立ってみるとまだ結果が出ていないのに何度も聞いてきてしつこいと感じたり、不採用だった場合にまた小言を言われるのかと悩んでしまうこともあると思います。

そのような場合は、就活の展望をしっかり話しましょう

親御さんは、早くあなたが内定を獲得できたことを知って安心したいと思っていますが、もし内定をもらえなかった場合はどうするのだろうかと心配もしています。

そのため、就活の展望をしっかり示すことで親御さんを納得させることができるでしょう。

そのうえで、内定について必要以上に聞かれるとプレッシャーやストレスになってしまうことを伝えましょう。

このようなプロセスを踏むことで、親御さんもあなたの気持ちを理解してくれるはずです。

瞬間②:大手企業・公務員ばかり勧めてくる/対処法②:現代の就活事情・市況を説明し、自分がどの業界を目指しているのか伝える

就活生が親をうるさいと思う瞬間2つ目は大手企業・公務員ばかり勧めてくるときです。

親世代の就活期においては、大手企業や公務員に就職して安定した暮らしを手に入れることが理想とされていたため、子供にもその考えを押し付けてしまっていることが考えられます。

しかし変化の激しい現代では、大手企業ですら業績が低迷したり倒産してしまうことも珍しくありません。

このような場合には、現代の就活事情や市況を調べて親御さんにきちんと説明することが大切です。

合わせて、あなた自身が目指している業界や、どうしてその業界を選んだのかという理由も説明しましょう。

自分自身でも将来についてきちんと考えていることや、様々なことを考慮した結果、志望する業界を決めたことを示しましょう。

親御さんも「将来について考えているんだな」と捉えて納得してくれると思います!

「就活の教科書」編集部 はるな

瞬間③:地元で就職するように言ってくる/対処法③:理由を把握して対処する

就活生が親をうるさいと思う瞬間3つ目は地元で就職するように言ってくるときです。

親が子供に地元で就職してほしいと思うのは、子供と一緒にいたいという気持ち子供が親元から離れて暮らすことを心配する気持ちがあるからです。

まずはなぜ地元で就職してほしいのかという理由を尋ねてみましょう。

子供と離れたくないという思いから地元での就職を進めてくる場合は、親御さんの気持ちを受け止めたうえでなぜ地元で就職したくないのかを示しましょう。

地元だと仕事が限られていて望んでいる業界で働けないことや、大学で習ったことを活かすことができる仕事が地元にはないことなどを落ち着いて伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

一人暮らしを心配している親御さんに対してはどのように生活しようと考えているのかをきちんと話すことが大切です。

生活雑誌や一人暮らしのコツなどのコラムが載っている本などを用意して、一人暮らしの準備を整えていることを示しましょう。

また、希望の業界で希望する職種に就けることを情熱的に語ってみましょう。

あなたの覚悟が伝われば、きっと応援してくれるはずです。

瞬間④:志望業界・職種を否定される/対処法④:志望業界・職種に対する正しい認識を持ってもらって安心させる

就活生が親をうるさいと思う瞬間4つ目は志望業界・職種を否定されるときです。

「ベンチャー企業はやめておきなさい」「この業界は不安定だからやめときなさい」などと言われた経験はありますか?

「就活の教科書」編集部 はるな

そのような場合に、まずはどうして志望業界・職種を否定するのかという理由を聞いてみましょう。

イメージや偏見で否定されていると分かった場合は、志望業界・職種に対する正しい認識を持って安心してもらえるように業界や職種について説明しましょう。

合わせて、志望業界や職種のメリットも伝えるとさらに安心感を与えることができます。

親御さんの言うことが的を得ていた場合は、あなた自身が考え直すきっかけにもなります。

否定されたことに対して意固地にならずに、お互いの意見を話し合うことが重要です。

「就活の教科書」編集部 はるな

瞬間⑤:昔の就職活動のイメージで話をしてくる/対処法⑤:現在の就活事情について説明して認識を改めてもらう

就活生が親をうるさいと思う瞬間5つ目は、昔の就職活動のイメージで話をしてくるときです。

親世代の就活期は、大手企業や公務員に就職すると将来が安泰であったり、女性は主に事務職に就いて何年か働いた後で寿退社するのが当たり前でした。

しかし現代ではグローバル化が進み、市況は常に変化し、女性も社会で活躍できるようになりました。

そのため、親御さんはあなたの就活に役立つと思って話をしてくださっているのにもかかわらず、逆に皆さんから「うるさい」と思われてしまっている現状があります。

親御さんに昔の就職活動のイメージで話をされたときには、現在の就活事情について落ち着いてわかりやすく説明しましょう。

就職活動に対する認識を改めてもらうことで、親御さんも現代の就職活動に役立つアドバイスを与えやすくなります。

親御さんに昔の就職活動のイメージで話をされたときには、「お父さん/お母さんの時代の就職はそんな感じだったんだね。」というように一旦は親御さんの話を受け止めましょう

そのうえで、現代の就職活動で大事なことや志望する企業についての説明を聞いてもらい、自分の気持ちを伝えた後で、改めて親御さんに意見を求めてみましょう。

親御さんに認識を改めてもらうことで、今の就活にも有用な助言をもらえるようになるはずです。

「就活の教科書」編集部 はるな

瞬間⑥:内定企業を否定してくる/対処法⑥:企業について正しい知識を持ってもらって安心させる

就活生が親をうるさいと思う瞬間6つ目は、内定企業を否定してくるときです。

まずはなぜ親御さんが内定企業を否定するのかという理由を聞いてみましょう。

偏見やイメージで内定企業を否定している場合は、企業についての正しい知識の説明をした後で就職するメリットも併せて話してみましょう。

繰り返しになりますが、親御さんの意見を受け止めることも大切です。

受け止めたうえで、親御さんの認識のどこが間違っているのかを分かりやすく説明してあげてくださいね。

親御さんの認識が正しかった場合は、もう一度考え直すきっかけになるかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 はるな

瞬間⑦:全く無関心/対処法⑦:就活について積極的に話してみる

就活生が親をうるさいと思う瞬間7つ目は、全く無関心な時です。

就活期には挫折を経験したり悩んでストレスを抱え込んでしまう場合もあります。

そのような場合に、親御さんに寄り添ってほしいと願う人も少なくないのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はるな

親御さんが就活に関わってこない理由としては、子供の人生を縛ってしまうことを恐れていることや、自分の子供は大丈夫だろうと過信していることが考えられます。

このような場合には、親御さんに就活について積極的に話してみることが重要です。

就職活動に励んでいる中で、上手にできたことや逆に困難なこと、つらいことなどを話して、親御さんにどんなことをしてほしいとを望んでいるかを分かってもらいましょう

就活時期特有の悩みを相談した後で、「聞いてもらって少し楽になった」などやってくれたことに対しての感謝や喜びを伝えるとさらに良いと思います。

ここまで就活生が親をうるさいと思う瞬間7つと対処法7つをご紹介しました。

皆さんの状況に合致するものを見つけることはできましたか?

「就活の教科書」編集部 はるな

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

就活でうるさい親との上手な関わり方3選

就活生ちゃん

就活がうまくいかないときは私もピリピリしてしまって、いつもはさらっと受け流せる親の小言もイラっとしてしまって喧嘩になるんです。

どうしたら親とうまく関われるんでしょうか…?

就活という重いストレスを抱えている時は、かっとなって強く言いかえしてしまったり、部屋に閉じこもりたくなってしまったりしますよね。

そんな就活期に親御さんとどのように関わればよいのか、上手に関わるポイントをご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活でうるさい親との上手な関わり方3つ
  • 関わり方①:まずは親の意見を聞いてみる
  • 関わり方②:自分の価値観、どのように働きたいのかをきちんと伝える
  • 関わり方③:理解が得られないときは、受け流すことも大切

関わり方①:まずは親の意見を聞いてみる

就活でうるさい親との上手な関わり方1つ目は、まずは親の意見を聞いてみることです。

自分の意見を否定されていると感じると、人間は意固地になってしまい、自分の殻に閉じこもってしまいがちです。

そこをぐっとこらえて、シャットアウトしてしまう前にまずは親御さんの意見も聞いてみましょう

親御さんの意見を聞いてみることで、自分の意見とどこが違うのか、衝突しているポイントはどこか、誤解が生じている箇所はどこかがわかるようになります。

また、親御さんの言い分を聞いてみることで新たな気づきがあったり、視野が広がる場合もあります。

衝突しているポイントや誤解が生じている箇所がわかることで、親御さんとの関係改善の糸口が見つかりやすくなるはずです。

また大企業のみに焦点を当てていた方で、親御さんの言う通り中小企業にも目を向けてみたら、自分にぴったりな職場を見つけることができたという方もいらっしゃるようですよ!

「就活の教科書」編集部 はるな

関わり方②:自分の価値観、どのように働きたいのかをきちんと伝える

就活でうるさい親との上手な関わり方2つ目は、自分の価値観、どのように働きたいのかをきちんと伝えることです。

親御さんが就職について口を出してくるほとんどの場合、親御さんはあなたの将来を案じています

まずは自己分析をしっかり行い就職の軸を定めましょう。

そのうえで自分の価値観、どのように働きたいのかを整理してわかりやすく矛盾のないように伝えましょう。

あなたが自分の将来についてきちんと考えていること、志望業界や企業に就職するために努力するという覚悟、あなたの大事にしたいものをきちんと伝えることができれば、親御さんも納得して安心してくれるはずです。

関わり方③:理解が得られないときは、受け流すことも大切

就活でうるさい親との上手な関わり方3つ目は、理解が得られないときは、受け流すことも大切です。

親御さんの意見をきちんと聞いたうえで、自分の考えを理路整然と伝えても聞き入れてもらえない場合もあります。

このような場合には、親御さんの言うことを受け流すようにしましょう。

就活はあなたのこれからに関わってくる、あなたの人生において重要なポイントです。

就活生の皆さんがきちんと自分の将来に関する考えを持っていて、就職の軸がきちんと定まっている場合は、迷わず自分の考えに沿って行動しましょう。

続いては、親御さんの言うことを聞いて就職するとどうなってしまうのかについてご紹介します。

なぜ親御さんの言い分を受け流すことも重要なのかわかるはずですよ!

「就活の教科書」編集部 はるな

                                                   

就活がうまくいかない人に役立つ記事一覧

「志望企業の選考に落ちた」「就活をしなければならないと分かっているのにやる気が出ない」という就活生は、 就活のプロに相談 して就活のサポートをしてもらいましょう。

以下の記事を読めば、あなたが就活をうまく進められない原因がわかり、就活に対する不安ややる気のなさを解消できるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


うるさい親の言う通りに就活をするとどうなる?

就活生くん

父親が公務員をしつこく勧めてきて、何回断ってもわかってくれないんです。

もうこのまま父親の言うこと聞いて公務員になった方が楽なのかな、、、と思ってしまいます…。

そのように決断してしまうのは、少しお待ちください!

親御さんの言うことを聞いて、自分の希望する業界や職種に就けなかった場合どうなってしまうのかを確認してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

うるさい親の言う通りに就活した後の未来
  • 未来①:就職してから「自分のやりたいことをしていれば…」と後悔する
  • 未来②:熱意がないので、選考で落選することも

未来①:就職してから「自分のやりたいことをしていれば…」と後悔する

親御さんの言うとおりに就活してしまうと、就職してから「自分のやりたいことをしていれば…」と後悔する可能性があります。

実際に就職するのはあなた自身です

親御さんの言い分ばかりを聞いて就職した職場が自分に合っていなくても、親御さんは責任を取ってはくれません。

また、親御さんに「なぜその企業を勧めるのか」「なぜ志望業界に反対するのか」といった理由を聞いてみてください。

親御さんが就活に口を出す理由の根底には、きっと「子供に幸せになってほしい」という気持ちが隠れていることが多いでしょう。

親の言い分ばかりを聞いて就活を進めて、後悔してしまう未来は誰も望んでいません

自分が納得できる就職ができるよう、自分で選択する就活をしましょう。

未来②:熱意がないので、選考で落選することも

親御さんの言うとおりに就活してしまうと、熱意がないので、選考で落選することもあります。

就活には熱意が大切です。

企業は就職希望者に対して、仕事へのやる気や就職意欲があるかどうか、就職した後で長く続けてくれるかどうかを測るために熱意を重要視しています。

そのため親御さんに言われたという理由で、熱意がないまま就職活動をしていても選考で落とされてしまう可能性が高いです。

親御さんに言われたからと言って安易に従ってしまうと、就職後に後悔したり、うまく就活が進まなかったりします。

自分の将来のことは、自分でしっかり考えて選択することが重要です。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

まとめ:実際に働くのは自分!自分の意思を持って就活をしよう

いかがでしたか。

今回は親御さんが就活に口を出してくる理由や、干渉されたときの対処法についてご紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

皆さんの悩みを解決する糸口やきっかけになれば幸いです。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

この記事のまとめ

◆【あるある】就活で親がうるさいのはなぜ?

  • あなたに期待しているから
  • 自分の考えを否定されることがあるから
  • 自分が就活していた時期と比べてしまうから

◆就活生が親をうるさいと思う瞬間7選と対処法7選

  • 瞬間①:内定が出たかしつこく確認してくる/対処法①:就活の展望をしっかり示す
  • 瞬間②:大手企業・公務員ばかり勧めてくる/対処法②:現代の就活事情・市況を説明し、自分がどの業界を目指しているのか伝える
  • 瞬間③:地元で就職するように言ってくる/対処法③:理由を把握して対処する
  • 瞬間④:志望業界・職種を否定される/対処法④:志望業界・職種に対する正しい認識を持ってもらって安心させる
  • 瞬間⑤:昔の就職活動のイメージで話をしてくる/対処法⑤:現在の就活事情について説明して認識を改めてもらう
  • 瞬間⑥:内定企業を否定してくる/対処法⑥:企業について正しい知識を持ってもらって安心させる
  • 瞬間⑦:全く無関心/対処法⑦:就活について積極的に話してみる

◆就活でうるさい親との上手な関わり方3選

  • 関わり方①:まずは親の意見を聞いてみる
  • 関わり方②:自分の価値観、どのように働きたいのかをきちんと伝える
  • 関わり方③:理解が得られないときは、受け流すことも大切

◆うるさい親の言う通りに就活をするとどうなる?

  • 未来①:就職してから「自分のやりたいことをしていれば…」と後悔する
  • 未来②:熱意がないので、選考で落選することも

◆まとめ:実際に働くのは自分!自分の意思を持って就活をしよう