>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR「努力を惜しまない」の魅力的な伝え方 | 言い換えも

この記事を読めばわかること
  • 「努力を惜しまない」は「長期的」と「短期的」の2タイプがある
  • 「努力を惜しまない」の言い換え一覧
  • 「努力を惜しまない」を魅力的に伝える例文
  • 「努力を惜しまない」をアピールするときは具体的なエピソードを入れる
  • 「努力を惜しまない」を伝えるときの注意点3つ

 

皆さん、こんにちは。就活の教科書」編集部のセグです。

この記事では、自己PRで「努力を惜しまない」の伝え方について解説します。

就活生の皆さんは、自己PRで「努力を惜しまない」をアピールする時に困ったりしたことはありませんか。

「就活の教科書」編集部 セグ

就活生ちゃん

私は面接で自己PRを聞かれた時、「努力を惜しまない」を自己PRとして伝えました。

しかし面接のフィードバックで、「あなたの努力があまり伝わらない」と指摘されました。

就活生くん

僕は今度の面接で、「努力を惜しまない」を自己PRとして伝えようと思うのだけど、正直どうやって伝えればいいかわからないんだよな。

確かに「努力を惜しまない」をアピールするのって難しいですよね。

僕も就活の面接で「努力を惜しまない」をアピールする時は非常に苦労しました。

「努力を惜しまない」自己PRは伝え方がしっかりしていれば、面接官に非常に良い印象を与えることが出来ます。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

そこでこの記事では、自己PRで「努力を惜しまない」を魅力的に伝えるための方法を解説します。

合わせて、自己PRで「努力を惜しまない」をアピールする言い換え表現や例文についても紹介します。

この記事を読めば、自己PR「努力を惜しまない」をESや面接で使えるようになり、好印象を与える魅力的な自己PRにすることが出来ます。

自己PRで「努力を惜しまない」を伝えたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

自己PR「努力を惜しまない」2つのタイプ

就活生くん

僕は自己PRで「努力を惜しまない」をアピールしたい!

けどただ単に「努力を惜しまない人です!」といっても、面接官に良い印象を持ってもらえる気がしないんだよな・・・

結論、「努力を惜しまない」自己PRは良い印象を与えることが出来ます。

ただ、抽象的すぎるので、かえってマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

まず努力を惜しまない人は大きく2つのタイプに分かれるので、自分がどちらのタイプであるか把握してみましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

自己PR「努力を惜しまない」タイプ2つ
  • タイプ①:長期的に継続して努力するタイプ
  • タイプ②:短期間で集中して努力するタイプ
自分がどちらのタイプかを知ると、より具体的なアピールができるようになりますね。

それでは「努力を惜しまない」2つのタイプについて詳しく説明していきます!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

タイプ①:長期的に継続して努力するタイプ

自己PR「努力を惜しまない」タイプの1つ目は「長期的に継続して努力するタイプです。

長期的な作業を注意深く、継続して努力できるので、努力を惜しまないタイプと言えます。

仕事では、目の前の作業をコツコツこなし、努力し続けることで、長期的に目標を達成できます。

長期的に努力できる人は、自己PRで、長期的に継続して努力することで成果を出せることをアピールするとよいですね。

日々注意深く作業を行う事務系の職業は、より効果的にアピールできます!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

タイプ②:短期間で集中して努力するタイプ

自己PR「努力を惜しまない」タイプの2つ目は「短期間で集中して努力するタイプです。

目標に対して、短い時間でストイックに努力できるタイプなので、努力を惜しまないタイプと言えます。

仕事では、決められた目標や期限に向かって一直線に努力し、ひとつひとつの仕事を確実に達成することが出来ます。

短期的に努力できる人は、自己PRで、短期間で集中して努力することで成果を出せることをアピールするとよいです。

締め切りや納期をしっかり守らなくてはならない職業や目標の区切りが明確な職業はよりアピールできます!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

努力を惜しまないの言い換え一覧

就活生くん

「努力を惜しまない」を自己PRにする就活生は多いですよね。

他の就活生と被ってしまったら、ちゃんと自分をアピール出来るのかな・・・?

確かに他の就活生と被った自己PRは評価を得にくいです。

しかし自己PRそのものを変える必要はありません。

他の言い換えにすることで、オリジナリティのある自己PRに出来ます。

では「努力を惜しまない」の言い換え一覧を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

  • 目標に向かって継続的に努力できる
  • 何事も諦めずに最後までやり遂げる
  • 負けず嫌いで、向上心を持って努力できる
  • 他に比べて集中力が長けている

 

例えば「負けず嫌い」は努力を惜しまないことをしっかりアピール出来ます。

自分にライバルがいて、ライバルと競い合い、成果を出したことは十分に努力を惜しまないタイプだと言えます。

自分なりの言い換えで、「努力を惜しまない」をアピールすると、他の就活生に差をつけた自己PRに出来ます。

伝え方によっては、短所に捉えられる場合もあるので、注意しましょう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

自己PR「努力を惜しまない」を伝える例文2つ

就活生くん

自己PR「努力を惜しまない」でもいろんな言い換えが出来るんですね。

自己PR「努力を惜しまない」の言い換えを使った例文を知りたいです。

それでは言い換え表現を使った自己PR「努力を惜しまない」を魅力的に伝える例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 セグ

「努力を惜しまない」を伝える例文
  • 例文①:負けず嫌いをアピールした例文
  • 例文②:継続的に努力することをアピールした例文

上記2つの例文を参考にすることで、魅力的なアピール法がわかるようになります。

それでは、上記2つの例文を順番に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 瀬口

 

例文①:負けず嫌いをアピールした例文

私は負けず嫌いな性格です。

どんなに力の差があっても、負けたくありません。

私は高校生の頃、ハンドボール部に入りました。

同じポジションの先輩は経験者で、チームでもトップの実力を持っており、初心者の私は練習では全く歯が立ちませんでした。

しかしどうしても先輩より上手くなり、ポジションを奪いたいと思い、毎朝5時に起きて、早朝練習を1年間続けました。

その結果、先輩の最後の大会では全試合スタメンで出場することが出来ました。

貴社ではこの性格を活かし、結果につなげるように努めてまいります。

負けず嫌いをアピールする場合は、誰と競い、どんな努力をしたのかを書くと、より具体的に魅力的なアピールができます!

負けず嫌いを自己PRしたい就活生は、以下の記事を読むと魅力的な伝え方がわかるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

例文②:継続的に努力することをアピールした例文

私は目標を達成するために継続的に努力することが出来ます。

大学時代はサッカー部に所属しており、ポジションはフォワードでした。

私は筋力がないことが弱みで、改善すべくフィジカルトレーニングに取り組みました。

ただ淡々とトレーニングをするのではなく、フォワードに必要な体幹の強さを鍛えるべく、体幹トレーニングを中心に3年間続けました。

大学4年の全国大会ではベスト4に入り、努力が実ったと感じました。

貴社でも目標を達成するために何が必要かを考え、正しい方向で努力をします。少しずつ力をつけて、大きな目標を達成できるように活躍したいです。

努力の量だけでなく、努力の質までアピールすると、良い自己PRになります!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

自己PR「努力を惜しまない」をアピールするポイント3つ

就活生くん

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える例文は非常に参考になりました。

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える際のポイントはありますか。

自己PRでポイントを押さえて伝えると、面接官に好印象を与えることが出来ます。

それでは自己PRで「努力を惜しまない」を伝えるポイントを紹介します。

「就活の教科書」編集部 セグ

自己PR「努力を惜しまない」を伝えるポイント3つ
  • ポイント①:結論から伝える
  • ポイント②:具体的なエピソードを入れる
  • ポイント③:自己PRが仕事でどう活きるかを伝える

それでは自己PR「努力を惜しまない」を伝えるポイント3つを詳しく説明していきます!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

ポイント①:結論から伝える

自己PR「努力を惜しまない」を伝えるポイント1つ目は、「結論から伝える」です。

冒頭で結論を伝えることは、何を伝えたいのかが明確になり、その後のアピールにつなげやすくなります。

例えば最初から具体的なエピソードから話してしまうと、ESを読む人や面接官には自己PRで何を伝えたいのかが上手く伝わらず、良い印象を持たれません。

努力を惜しまないだけでなく、より具体的に「どう努力できるのか」を明確に伝えることで、他の就活生と差をつけた自己PRにしましょう。

はじめの段階で面接官に伝わらないと、マイナスなイメージを与えやすいので、注意しましょう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

ポイント②:具体的なエピソードを入れる

自己PR「努力を惜しまない」を伝えるポイント2つ目は「努力を惜しまない強みを発揮した具体的なエピソードを伝える」です。

努力を発揮したエピソードを伝えることで、自身の自己PRにより現実性を持たせることが出来ます。

例えば、長期的に継続して努力できることをアピールするには、「20キロ痩せるために、3ヵ月毎日欠かさず5キロのランニングをした」のように、より具体的な努力のエピソードを入れて伝えると良いです。

のような時に、どのような場面で、どのような努力をしたのかなど具体的なストーリーを持って伝えると、面接官に自身の魅力がより伝わりやすいですよ。

面接官が聞きたくなるような魅力的なエピソードを話してみましょう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

ポイント③:自己PRが仕事でどう活きるかを伝える

努力を惜しまないことを伝えるするポイント3つ目は「自己PRが仕事でどう活きるかを伝える」です。

面接官は就活生が、自分の企業でどのように活躍できるかという潜在的な魅力を見ています。

例えば、努力を惜しまないことはどんな仕事でも発揮できますが、長期間かかる仕事が多い企業では、より継続して努力できることを伝えると良い印象を与えやすいです。

自身の努力が志望する企業のどのような仕事で発揮できるのかを明確に伝えると、志望する企業とマッチングし、面接官に好印象を与えることが出来ます。

志望する企業がどのような努力を必要としているのかを把握しておきましょう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

自己PR「努力を惜しまない」を伝えるときの注意点3つ

就活生くん

自己PRで「努力を惜しまない」を伝えるときは、「努力を惜しまない」強みが仕事でどう活かせるかを伝えるといいんですね。

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える際の注意点はありますか。

「努力を惜しまない」強みは大半が好印象を与えますが、悪い印象を与える場合もあるので注意したいです。

「努力を惜しまない」を伝える注意点についても紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 セグ

自己PR「努力を惜しまない」を伝える注意点3つ
  • 注意点①:努力を結果だけで伝えない
  • 注意点②:当たり前である努力をアピールしない
  • 注意点③:努力をあいまいに表現しない

それでは自己PR「努力を惜しまない」を伝える注意点3つを詳しく説明していきます!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

注意点①:努力を結果だけで伝えない

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える注意点1つ目は「努力を結果だけで伝えない」です。

面接官は努力したプロセスを評価するので、努力の結果を見ているわけではありません。

例えば学生団体を設立した経験を伝えるには、学生団体を設立した努力だけでなく、学生団体を設立するのにどのような努力をしたのかを具体的に伝えることが大事です。

努力のプロセスを伝えて、努力の質の高さを証明するとよいアピールが出来ます。

より具体的に努力のプロセスを伝えるといいですよ!

努力家であることを伝えたい就活生は、下記の記事を読むと、努力の効果的な伝え方がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

注意点②:当たり前である努力をアピールしない

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える注意点2つ目は「当たり前である努力をアピールしない」です。

努力をしても、一般的に当たり前とされている努力は面接官に評価を得にくいです。

例えば「私は努力して大学の課題を終わらしました」というのは、客観的に当たり前である努力とみられがちです。

より高い目標に対して努力した経験や出来なったことが出来るようになった経験などオリジナリティのあるエピソードを入れると、面接官にも自身の人柄を含めて魅力をアピール出来ます。

他にはないオリジナリティのある努力をアピールして、他の就活生と差別化しよう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

注意点③:努力をあいまいに表現しない

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える注意点3つ目は「努力をあいまいに表現しない」です。

努力は定性的な言葉なので、人それぞれによって評価や伝わり方が違うため、努力を定量的に表すことで客観的に判断することが出来ます。

例えば「努力をたくさんしました」と「努力を1年間毎日行いました」では、面接官への伝わり方も全く違います。

定量的に努力を表すことで、面接官は努力の質の高さを評価することができます。

定量的な表現と定性的な表現を使い分けて、面接官に評価されやすいアピールをしよう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ 自己PR「努力を惜しまない」を言い換えて伝えよう

この記事の「【例文あり】自己PR「努力を惜しまない」の魅力的な伝え方 | 言い換え,注意点も」はいかがだったでしょうか。

この記事では、自己PRで「努力を惜しまない」を魅力的に伝えるための例文や注意点について解説しました。

加えて自己PRで「努力を惜しまない」を伝える言い換え表現やポイントについても紹介しました。

この記事のまとめは以下の通りになっています。

「就活の教科書」編集部 セグ

この記事のまとめ

自己PR「努力を惜しまない」2つのタイプ

  • タイプ①:長期的に継続して努力するタイプ
  • タイプ②:短期間で集中して努力するタイプ

◆ 自己PR「努力を惜しまない」をアピールするポイント3つ

  • ポイント①:結論から伝える
  • ポイント②:具体的なエピソードを入れる
  • ポイント③:自己PRが仕事でどう活きるかを伝える

自己PR「努力を惜しまない」を伝えるときの注意点3

  • 注意点①:努力を結果だけで伝えない
  • 注意点②:当たり前である努力をアピールしない
  • 注意点③:努力をあいまいに表現しない

努力とは人それぞれであり、その分面接官への伝わり方も違います。

自身の努力をよりオリジナリティにアピールすることで、自身の人柄を含めて魅力的なアピールができます。

自己PRで「努力を惜しまない」を伝える就活生はぜひ参考にしてみてください。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 セグ