>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【グッドポイント診断の評判は?】実際にやってみた | ユーザーの口コミも

この記事を読めばわかること
  • グッドポイント診断は5つの強みがわかる本格診断ツール
  • グッドポイント診断を実際にやってみた感想
  • グッドポイント診断の良い口コミ・評判
  • グッドポイント診断の悪い口コミ・評判
  • グッドポイント診断を使うときのメリット・デメリット

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事ではグッドポイント診断に関してご紹介します。

みなさん、グッドポイント診断で自己分析しようと思ったことはありますか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

友達がグッドポイント診断で自己分析していたという話を聞きました。

でもそんなサービスで本当に自己分析できるのかな・・・

就活生ちゃん

私は自己分析を客観的にしたいと思い診断ツールを探しています。

「グッドポイント診断は本格的」とネットで見たけど評判はどうなのかな。

本当にグッドポイント診断で自己分析ができるのか不安ですよね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

そこでこの記事では、グッドポイント診断の内容や口コミ・評判をご紹介します。

合わせて、実際にグッドポイント診断をやってみた感想や、メリット・デメリットも解説します。

この記事を読むことで、グッドポイント診断を使って、自己分析に活かすことができます。

「グッドポイント診断っていいの?」「グッドポイント診断の評判は?」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

今回ご紹介するサービス

 

「他の自己分析診断ツールも見てみたい!」という方は、以下の記事で選りすぐりの診断ツール15選がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

 

リクナビNEXTのグッドポイント診断って何?

グッドポイント診断は、リクルートキャリアの独自のノウハウより開発された本格診断サービスです。

18種類の強みの中から、自分に合った5つの強みがわかり、客観的な自己分析ができます。

診断での設問数は293問で、約30分かけてじっくりと行う自己診断ツールです。

さらに、志望企業に応募する際に診断結果を添付して送ることができます。

リクナビNEXTは株式会社リクルートキャリアが運営するサービスです。

株式リクルートキャリアの概要は下記のとおりです。

「就活の教科書」編集部 田畑

社名 株式会社 リクルートキャリア
設立 1977年11月28日
代表取締役社長 佐藤 学
従業員数 4,150名(2020年4月1日時点)
資本金 6億4,335万円
事業内容 社員募集領域における人材採用広告事業/斡旋事業
[厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010258]
URL https://www.recruitcareer.co.jp/

 

グッドポイント診断を実際にやってみた

就活生くん

293問も答えるのは中々大変そうですね。

でもグッドポイント診断って本当に当たっているんでしょうか。

30分も診断サービスを受けるのはなかなか大変そうですよね。

そこで、実際に僕もグッドポイント診断を試してみました。

「就活の教科書」編集部 田畑

グッドポイント診断は18種類の中から5つ、自分の強みを見つけられる自己分析診断ツールです。

18種の強みは以下のとおりです。

  • 親密性:じっくりむきあう
  • 現実思考:実現可能性にこだわる
  • 慎重性:掘り下げて考える
  • 冷静沈着:いつもクール
  • 自己信頼:信じた道を突き進む
  • 俊敏性:スピード第一
  • 受容力:広く受け入れる
  • バランス:全体を考える
  • 継続力:決めたらとことん
  • 決断力:迷わず決める
  • 社交性:360°オープン
  • 挑戦心:高い目標もクリア
  • 悠然:ゆったり構える
  • 高揚性:ノリがよい
  • 感受性:場の雰囲気を感じ取る
  • 柔軟性:あれこれトライ
  • 自立:常に主体的
  • 独創性:オリジナリティあふれる

実際に診断してみた結果「柔軟性・感受性・決断力・俊敏性・親密性」でした。

概ね当たっている印象でしたが、決断力があるのは意外でした。

5つの強みを挙げられるのは、新たな気付きとなり自己分析や企業選びに役立ちそうですね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

⇒ グッドポイント診断をやってみる

 

グッドポイント診断の口コミ・評判

就活生ちゃん

18種類の中で自分はどの強みを持っているのか気になりますね。

グッドポイント診断の口コミや評判も見てみたいです。

グッドポイント診断の口コミや評判も気になりますよね。

それでは、グッドポイント診断の良い口コミ・評判と悪い口コミ・評判を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

良い口コミ・評判

5つの強みを深掘りすることで自己分析に役立てている人も多いですね。

強みを教えてくれるだけでなく、詳細に個性を褒めてくれるので自己肯定感もあがりそうです。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

悪い口コミ・評判

グッドポイント診断は、朝の4〜8時は利用できないそうです。

また、パッとしない印象のときに、具体的にどのように活かせばいいのかわからないまま終わってしまいます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

グッドポイント診断のデメリット

就活生くん

グッドポイント診断で出た結果からさらに強みを深掘りする人もいるんですね。

グッドポイント診断のデメリットってなにがあるのかな。

グッドポイント診断のデメリットも知っておきたいですよね。

それでは、グッドポイント診断を使うときのデメリットをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

グッドポイント診断のデメリット
  • デメリット①:自分の強みしかわからない
  • デメリット②:1度しか受けることができない
  • デメリット③:具体的に活かせる仕事はわからない

上記のデメリットを知っておくことで、グッドポイント診断を使うときの不安を解消できます。

それでは、上記3つのデメリットを順番に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

デメリット①:自分の強みしかわからない

グッドポイント診断を使うときのデメリット1つ目は、自分の強みしかわからないことです。

グッドポイント診断は、診断結果として5つの強みを教えてくれます。

しかし、強みだけしかわからないので、弱みや自分の短所は結果としてわかりません。

「強みを知りたい」だけの人はいいですが、「弱みや短所も知っておきたい」という人はあまり向いていないでしょう。

「長所だけでなく短所も知りたい!」という方は、以下の記事で、短所も診断できるツールを紹介しています。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

デメリット②:1度しか受けることができない

グッドポイント診断を使うときのデメリット2つ目は、1度しか受けることができないことです。

グッドポイント診断は基本的に、1度しか受けることができません。

「3ヶ月、6ヶ月後には考え方が変わってるかもしれないのに!」と思っていても、もう1度診断はできないのです。

1度しかグッドポイント診断はできないので、真剣に設問に答えるようにしましょう。

就活生くん

どうしてももう1度受けたいときは他の診断ツールを使ったほうがいいのかな。

どうしてももう1度診断したい方は、リクナビNEXTのアカウントを退会した後、再度登録し直すことで再診断できますよ。

ただ、短期間で受け直してもあまり結果は変わらないので、3ヶ月以上は期間を空けることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

デメリット③:具体的に活かせる仕事はわからない

グッドポイント診断を使うときのデメリット3つ目は、具体的に活かせる仕事はわからないことです。

グッドポイント診断の結果として、強みや人柄はわかりますが、どのように仕事に活かせるかはわかりません。

実際、以下のように自分の志望する職種に向いているか混乱するケースもあります。

グッドポイント診断の結果はあくまで、自己分析の判断材料として活用するのがいいですね。

就活・転職時に混乱してしまうこともあるので診断ツールの結果を信用しすぎないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

グッドポイント診断を使うときのメリット

就活生ちゃん

グッドポイント診断の結果は、自己分析の材料として活用しようと思います。

グッドポイント診断を使うときのメリットはあるのでしょうか。

それでは続いて、グッドポイント診断を使うときのメリットをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

グッドポイント診断のメリット
  • メリット①:強みを気づかせて褒めてくれる
  • メリット②:志望企業に応募する際に結果を添付できる
  • メリット③:無料で診断できる

上記3つのメリットを知っておくことでグッドポイント診断を効果的に使う方法がわかります。

それでは、上記3つのメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

メリット①:強みを気づかせて褒めてくれる

グッドポイント診断を使うときのメリット1つ目は、強みを気づかせて褒めてくれることです。

グッドポイント診断の結果として5つの強みを教えてくれるので、自分の気づかなかった長所がわかります。

さらに、強みを詳細に分析して人柄を褒めてくれるので自己肯定感をあげることができます。

口コミ・評判でも「ポジティブな言葉で褒めてくれて嬉しい」という声が多く挙げられています。

自分の意外な強みを発見できるとともに、ポジティブに肯定されるのは嬉しいですよね。

就活・転職のモチベーションにつながるのはいいことですね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

メリット②:志望企業に応募する際に結果を添付できる

グッドポイント診断を使うときのメリット2つ目は、志望企業に応募する際に結果を添付できることです。

グッドポイント診断の結果を、志望企業に添付して応募することができます。

企業側も結果を見ることができるので「志望意欲が高い」「事前に人物像を把握できる」といったメリットがあります。

また、診断結果を面接の話のネタにできるので、診断結果に合わせたエピソードを準備しておくと効果的ですね。

実際にグッドポイント診断の結果を応募企業に添付している人は80%以上もいるようです。

企業にとっても結果を見れるのは嬉しいことなので、応募する際は添付するようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

グッドポイント診断をやってみる

 

メリット③:無料で診断できる

グッドポイント診断を使うときのメリット3つ目は、無料で診断できることです。

約30分かけて行う本格診断のグッドポイント診断は、誰でも無料で活用できます。

グッドポイント診断に似た診断ツールとして、ストレングス・ファインダーがありますが本を買う必要があり約2000円かかります。

「本格的に診断したいけど無料なのがいい」という方は、グッドポイント診断がオススメです。

ストレングス・ファインダーも有料の分、細かく正確な診断をすることが出来ます。

「ストレングス・ファインダーも見てみたい!」という方は、以下の記事で、詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

グッドポイント診断の使用方法

就活生くん

無料で本格診断ができるのはいいですね。

グッドポイント診断ってどうやればできるのかな。

グッドポイント診断の使い方をご紹介しますね。

誰でもできる簡単2STEPなのですぐにグッドポイント診断を試せますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

グッドポイント診断の使用方法

STEP①:リクナビNEXTにメールアドレスを登録する

STEP②:必要項目を記入する

 

STEP①:リクナビNEXTにメールアドレスを登録する

グッドポイント診断の使用方法STEP1つ目は、リクナビNEXTにメールアドレスを登録することです。

まず、リクナビNEXTのホームページよりメールアドレスを登録しましょう。

リクナビNEXTに登録してみる

 

STEP②:必要項目を記入する

グッドポイント診断の使用方法STEP2つ目は、必要事項を記入することです。

メールアドレスを登録したら、性別や年齢から、自分の現在の状況を記入する欄があります。

記入が終わったら、グッドポイント診断をマイページよりすることができます。

 

「グッドポイント診断」以外にも、無料の自己分析ツールのおすすめはたくさんありますよ。

自己分析ツールおすすめ一覧が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

 

まとめ:グッドポイント診断で5つの強みを診断してみよう

この記事の「【グッドポイント診断の評判は?】実際にやってみた | ユーザーの口コミも」はいかがでしたか。

このページでは、グッドポイント診断の内容や口コミ・評判をご紹介しました。

合わせて、実際にグッドポイント診断をやってみた感想やメリットも解説しました。

このページで学んだことをまとめると、以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ リクナビNEXTのグッドポイント診断って何?

 

◆ グッドポイント診断の口コミ・評判

  • 良い口コミ・評判
  • 悪い口コミ・評判

◆ グッドポイント診断のデメリット

  • デメリット①:自分の強みしかわからない
  • デメリット②:1度しか受けることができない
  • デメリット③:具体的に活かせる仕事はわからない

◆ グッドポイント診断を使うときのメリット

  • メリット①:強みを気づかせて褒めてくれる
  • メリット②:志望企業に応募する際に結果を添付できる
  • メリット③:無料で診断できる

◆ グッドポイント診断の使用方法

  • STEP①:リクナビNEXTにメールアドレスを登録する
  • STEP②:必要項目を記入する

グッドポイント診断は、30分かけて行う本格診断です。

自己分析に悩んでいる人や、自分の強みを客観的に教えて欲しい人におすすめな診断ツールですね。

ポジティブな言葉で自分の長所を教えてくれるので自己分析に役立ちます。

無料で診断できるのでぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を紹介しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

今回ご紹介するサービス