>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文あり】「家族について」面接での答え方 | 面接官の質問意図,断ることもできる?

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 家族について質問する面接官の意図は3つ
  • 家族について質問された時の答え方・断り方の回答例文
  • 家族構成についての質問は禁止されている

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部の坂田です。

今回は面接で「家族について」の質問に悩んでいる方に、解説していきます。

皆さんは面接で「家族について」聞かれて、答えられなかった経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生くん

この前の面接で、突然「家族構成」について質問されて上手に答えられませんでした。

面接官に家族について聞かれた場合の答え方が知りたいです・・・

就活生ちゃん

この前の面接で、「どんな家族ですか?」と家族について質問が聞かれました。

面接官が家族構成について質問する意図は何なのでしょうか?

「家族について」質問されて困っている方は多いようですね。

実は、家族についての質問は、法的に禁止されているわけではないので、これから詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 坂田

この記事では、面接で家族について答える場合と断る場合の回答例について解説していきます。

合わせて、面接で家族について質問される意図についても解説していきます。

この記事を読めば、面接官の質問「家族について」の悩み全て解決しますよ。

家族構成の答え方について知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「家族について」を面接官が質問する理由

就活生ちゃん

この前の面接で「あなたにとって家族とは?」と聞かれました。

面接官はなぜ家族について質問してくるのでしょうか?

ここでは、面接官が家族について質問する理由を紹介します。

面接官が質問する理由を知っておくことで不安が解消されますよ。

「就活の教科書」編集部 坂田

家族について面接官が質問する理由
  • 理由①:就活生の緊張を紛らわせるため
  • 理由②:どんな環境で育ったか知りたいから
  • 理由③:家族の健康状態などを知りたいから

それでは、1つずつ確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

理由①:就活生の緊張を紛らわせるため

面接官が質問で家族について質問してくる理由の1つ目は、就活生の緊張を紛らわせるためです。

面接官が質問してくる時の9割以上がただの雑談・アイスブレイクだと考えていいです。

自己PRや志望動機はどうしても力が入って緊張しがちですよね。

面接官としては就活生に少しでもリラックスして臨んでほしい、という気持ちを込めて質問する場合が多いようです。

雑談でも、家族について質問されたら少し身構えてしまいますよね。

家族については面接だけでなく履歴書やESでも聞かれる場合もあるのでしっかりと対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

理由②:どんな環境で育ったか知りたいから

面接官が質問で家族について質問してくる理由の2つ目は、どんな環境で育ったのか知りたいからです。

家族がどのような性格なのか、どのような環境で育ったのか知ることで、あなたがどのような性格なのかを推し量ろうとしています。

家族構成や家庭環境聞くことで、あなたの性格や価値観を知ろうとしています。

また、あなたには兄弟がいるのかいないのか、家族構成の順番についても聞かれる可能性もあります。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

理由③:家族の健康状態などを知りたいから

面接官が質問で家族について質問してくる理由の3つ目は、家族の健康状態などを知りたいからです。

これは、家族の中に要介護者がいないかどうかを確認したい場合です。

要介護者や、それに準ずる家族がいた場合は早期離職に繋がるのではないかと考えるようです。

コンプライアンスが重視される現代で、この意図で質問してくることはほとんどありません。

3つの質問意図の中でも、この意図はかなりグレーです。

もし万が一、要介護者の有無について質問された場合は、その企業については注視することをおすすめします。

面接で緊張してうまく対応する自信がないという就活生や面接官の質問意図を詳しく知りたい方は、下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

面接で「家族について」の質問を答える場合の回答例

ここでは、面接で家族について質問された時の答え方を解説します。

万が一面接で質問された時のために頭に入れておいてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

面接でもし家族や家族構成について聞かれて答える場合は、最小限の回答をすることをおすすめします。

就活生くん

私の家は5人家族です。

最小限の回答から始めて、面接官がさらに深掘りしてくるようであれば断ることもできますよ。

家族についての答え方例
  • 私の家は4人家族です。
  • 父と母、私の他に弟が2人います。

家族についての質問に答える時は、最小限の回答から始めましょう。

あなたがどれくらいを最小限の回答とするか考えておくといいですよ。

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生くん

面接で家族について質問された時の断り方は分かりました。

家族について質問された時は断ってもいいのでしょうか?

それでは次は、家族構成や家族について質問された時の断り方を紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

面接で「家族について」の質問で断る場合の回答例

ここでは、面接で家族ついて質問された時の断り方を紹介します。

答え方と合わせて、断り方も頭に入れておいてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

家族について聞かれて断る場合は、まず面接官の質問を否定しないことが重要です。

就活生くん

この質問は、採用とは無関係だと存じますので回答を控えさせていただきます。

至極当然な主張なのですが、面接官の質問を否定してしまうため印象を損ねてしまう可能性があります。

質問を否定せず、印象を損ねないように断るためには、やんわりと断ることが重要です。

家族についての断り方例
  • 大変申し訳ないのですが、家族のプライバシーに関わることなので私の一存ではお答えできません。
  • 大変申し訳ありませんが、ご質問の意図をうかがってもよろしいでしょうか?私のお答えできる範囲で回答したいと存じます。

「プライバシーに関わること」を主張すると、相手質問を否定せずスマートに回答できますよ。

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生ちゃん

そもそも、グレーな質問なのにどうして面接で家族について質問されるのでしょうか?

それでは次に、面接官が家族について質問する理由を解説します。

「就活の教科書」編集部 坂田

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「面接戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても面接で落ちてしまう学生が毎年多くいます。

原因の1つとしては、自分の面接戦闘力が分からないまま、レベルの高い企業を受けていることにあります。

自分の面接戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEのアンケート回答後にできる「面接力診断」が便利です!

「面接力診断」では、あなたの今、取り組むべき面接対策が分かり、内定に近づけるのでぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

 

面接で「家族について」の質問は法的な禁止はない

就活生くん

就活の面接で家族について質問することはNGだと聞いたことがあるのですが、なぜですか?

実は、就活の面接で家族について質問することは適切ではない、と厚生労働省が注意を促しています。

ここでは、家族についての質問が適切ではない理由の詳細を紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂田

家族についての質問について
  • 詳細①:選考時に配慮すべき事項とされている
  • 詳細②:法的に禁止されているわけではない

それでは1つずつ確認しましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

詳細①:選考時に配慮すべき事項とされている

就活の面接で家族についての質問が適切ではないとされている理由は、厚生労働省が選考時に配慮すべき質問事項として定めているからです。

家族や家族構成についての質問は、厚生労働省が求める配慮すべき項目の「本人に責任のない事項」に該当しています。

(緊張しているだろうからリラックスして欲しいな・・・・。)

あなたの家族について教えてください。

人事さん

家族について把握した後に採否に全く影響しないとは言えないとして、たとえ雑談であっても控えるように企業側に求めています。

家族についての質問は、職業差別につながる恐れがあるため控えて欲しいというのが厚生労働省の考えです。

公正な採用選考についての詳細は、以下を確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 坂田

厚生労働省公式HP

公正な採用選考について

 

詳細②:法的に禁止されているわけではない

家族や家族構成に関する質問は配慮すべきなのですが、実は特に法的に禁止されているわけではなく、罰則もありません。

現状はただ企業に協力を求めている段階なので、厚生労働省が注意喚起しているからと言って家族に関する質問が出てこないとは限りません。

現代はコンプライアンス重視の風潮が強いので、それほど家族についての質問はされないはずです。

しかし、実際に就活生や内定者に聞いてみると「家族について聞かれた」という回答がいくつか見受けられました。

家族についての質問は頻出ではありませんが、もし聞かれた時にどのように答えるのかを頭に入れておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生くん

なぜ面接で家族についての質問が良くないのかが分かりました。

でも、万が一聞かれた時はどのように答えたらいいのでしょうか?

それでは次に、面接で家族について質問された時の答え方を紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂田

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

まとめ:家族についての質問は断っても大丈夫

この記事では、「家族について」の質問が適切でない理由や、万が一聞かれた時の対処法を解説しました。

合わせて、「家族について」質問してくる面接官の意図も紹介しました。

この記事のまとめ

面接で「家族について」の質問はタブー?

  • 詳細①:選考時に配慮すべき事項とされている
  • 詳細②:法的に禁止されているわけではない

面接で「家族について」の質問で答える方法:最小限の回答をする

面接で「家族について」の質問で断る方法:やんわり断る

「家族について」を面接官が質問する理由

  • 理由①:就活生の緊張を紛らわせるため
  • 理由②:どんな環境で育ったか知りたいから
  • 理由③:家族の健康状態などを知りたいから

面接で家族について聞かれた時、答える時は最小限に断る時は否定せずやんわりとがポイントです。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田