【年収は?】教育関係の仕事一覧|おすすめの資格、職業解説も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 教育関係の仕事一覧
  • 教員免許状がやはりおすすめ!
  • 教育業界の平均年収は370万円
  • 教師以外にも教育関係の仕事はたくさんある!

こんにちは、「就活の教科書」編集部の平井です。

この記事では、「教育関係の仕事」について徹底解説していきます。

学生の皆さんの中には、「教育関係の仕事って何があるんだろう」や、「教師以外の仕事ってあるの?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 平井

就活生くん

僕は、高校の先生にとてもお世話になりました!

だから、僕も教育関係の仕事に就きたいと思っています!

就活生ちゃん

私も、教育関係の仕事に就きたいと思っています!

教師以外の仕事にはどんな仕事があるんですか?

確かに、教育関係の仕事にはどんな仕事があるのか気になりますよね!

また、教師以外の教育関係の仕事に就きたいと思っている人も多いと思います!

「就活の教科書」編集部 平井

なので、この記事では、「教育関係の仕事」について徹底解説していきます。

併せて、「教育関係の仕事で使えるおすすめの資格一覧」や、「教育関係の仕事に関するよくある質問」についても紹介していきます。

「教育関係の仕事に興味がある学生」や、「教師以外にどんな仕事があるのか知りたい学生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の自分の進路選択に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、教育関係の仕事について理解が深まります。

 

目次

 

【教師以外も紹介】教育関係の仕事一覧

就活生くん

教育関係の仕事にはどんな仕事があるんですか?

教師以外の仕事も知りたいです!

平井さん、教えてください!

わかりました!

それでは、教育関係の仕事について紹介していきます!

教師以外の仕事もたくさん紹介しています!

「就活の教科書」編集部 平井

教育関係の仕事一覧
  • 仕事①:教師(小学校・中学校・高校)(平均年収:597万円)
  • 仕事②:大学教授(平均年収:1029万円)
  • 仕事③:養護教諭(平均年収:485万円)
  • 仕事④:栄養教諭(平均年収:377万円)
  • 仕事⑤:スクールカウンセラー(平均年収:389万円)
  • 仕事⑥:児童指導員(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑦:児童福祉司(平均年収:約480万円)
  • 仕事⑧:学校事務職員(平均年収:544万円)
  • 仕事⑨:予備校講師(平均年収:372万円)
  • 仕事⑩:家庭教師(平均年収:372万円)
  • 仕事⑪:学童保育教員(平均年収:335万円)
  • 仕事⑫:児童厚生員(児童館職員)(平均年収:336万円)
  • 仕事⑬:教材開発者(平均年収:427万円)
  • 仕事⑭:図書館司書(平均年収:424万円)
  • 仕事⑮:教育コンサルタント(平均年収:427万円)

仕事①:教師(小学校・中学校・高校)(平均年収:597万円)

教育関係の仕事1つ目は、「教師」です。

教師とは、学校で生徒たちに勉強や社会のルール、モラルを教える仕事です。

教師の主な仕事内容は、授業の実施、生活指導、保護者とのやり取りです。

教師になるためには、教員免許を取得し、採用試験に合格する必要があります。

教職課程のある大学や短期大学に進み、教員免許を取得しましょう。

また、採用試験の倍率が高いため、採用試験の対策は欠かせません。

仕事②:大学教授(平均年収:1029万円)

教育関係の仕事2つ目は、「大学教授」です。

大学教授とは、専門分野の研究を通して新たな知識を開拓すると共に、研究者の育成も行う仕事です。

大学教授の主な仕事内容は、専門分野の研究、論文執筆、研究生の指導、大学の授業の担当です。

大学教授になるためには、大学院を卒業して博士号を取得後、大学教員として就職するのが一般的です。

はじめは助手・助教からスタートし、講師や准教授を経てようやく大学教授になることができます。

仕事③:養護教諭(平均年収:485万円)

教育関係の仕事3つ目は、「養護教諭」です。

養護教諭は、学校で子どもたちの健康管理をする仕事です。

いわゆる「保健室の先生」です。

養護教諭の主な仕事内容は、けがや病気の応急処置、学校の保険業務全般です。

また、健康教育や性教育などの授業を行うこともあります。

養護教諭になるためには、養護教諭の免許状を取得し、採用試験に合格する必要があります。

養護教諭の教職課程がある大学や短期大学に進みましょう。

仕事④:栄養教諭(平均年収:377万円)

教育関係の仕事4つ目は、「栄養教諭」です。

栄養教諭は、学校給食を作ることに加え、児童・生徒に対して食や栄養に関する指導を行う仕事です。

栄養教諭の主な仕事内容は、学校給食の運営、児童・生徒への栄養指導、食育の授業の実施です。

栄養教諭になるためには、「栄養教諭普通免許状」の取得が必要です。

また、教師と同じように採用試験に合格する必要があります。

仕事⑤:スクールカウンセラー(平均年収:389万円)

教育関係の仕事5つ目は、「スクールカウンセラー」です。

スクールカウンセラーは、心理の専門家として子どもの悩みや心の問題の相談に応じる仕事です。

スクールカウンセラーの主な仕事内容は、生徒や保護者へのカウンセリング・行動観察、教員へのカウンセリング・研修です。

スクールカウンセラーになるためには、臨床心理士・精神科医・大学の臨床心理専攻の教員のいずれかであることが条件です。

そして、条件を満たしたうえで採用試験に合格する必要があります。

仕事⑥:児童指導員(平均年収:約450万円)

教育関係の仕事6つ目は、「児童指導員」です。

児童指導員は、児童福祉施設での生活指導を通して、子どもたちの自立を支援する仕事です。

児童指導員の主な仕事は、子供たちの日常生活の補助、保護者への報告、子供たちの自立支援です。

児童指導員になるためには、大学で教育学部、心理学部、社会学部、社会福祉学部を卒業する必要があります。

また、児童福祉施設で2年または3年以上の実務経験があれば、児童指導員として働くことができます。

仕事⑦:児童福祉司(平均年収:約480万円)

教育関係の仕事7つ目は、児童福祉司です。

児童福祉司は、児童相談所で、子どもに関する相談を受ける仕事です。

児童福祉司の主な仕事内容は、相談への対応、相談内容に応じた証左・検査・診断、解決のための援助や指導です。

児童福祉司になるためには、児童福祉司の任用資格を取得し、地方公務員試験に合格する必要があります。

児童福祉士の資格の取得にはいくつかパターンがあります。

児童福祉司の専門学校を卒業する、都道府県知事の指定する講習会課程を修了するなどです。

仕事⑧:学校事務職員(平均年収:544万円)

教育関係の仕事8つ目は、学校事務職員です。

学校事務職員は、学校法人や教育機関で事務職を行う仕事です。

学校事務職員の主な仕事内容は、教材・備品の管理、教職員の給与計算、窓口での受付など、学校事務全般です。

学校事務職員になるためには、採用試験に合格する必要があります。

学校の区分は、公立、私立、国立に分かれます。

それぞれ就職の仕方が少し異なるので気を付けましょう。

仕事⑨:予備校講師(平均年収:372万円)

教育関係の仕事9つ目は、「予備校講師」です。

予備校講師は、予備校で生徒に授業・指導をおこなう仕事です。

予備校講師の主な仕事内容は、授業の実施、生徒の教育指導です。

予備校講師になるためには、各予備校が行う採用試験に合格するのが一般的です。

特に資格などはありませんが、4年制大学の卒業を必須条件としているところも多いようです。

仕事⑩:家庭教師(平均年収:372万円)

教育関係の仕事10つ目は、家庭教師です。

家庭教師は、生徒の自宅を訪問して、勉強を教える仕事です。

家庭教師の主な仕事内容は、生徒に合わせた指導の実施、授業の準備です。

家庭教師になるためには、家庭教師を派遣している会社にアルバイトとして登録するのが一般的です。

大学生の間はアルバイトで家庭教師の経験を積みましょう。

仕事⑪:学童保育教員(平均年収:335万円)

教育関係の仕事11つ目は、学童保育教員です。

学童保育教員は、学童保育所で、放課後や長期間の休みの間、保護者が家にいない子どもたちの世話をする仕事です。

学童保育教員の主な仕事内容は、子供の世話、保護者とのやりとりです。

学童保育教員になるためには、採用試験に合格する必要があります。

保育士や幼稚園教諭・小学校教諭などの資格があると武器になるでしょう。

仕事⑫:児童厚生員(児童館職員) (平均年収:336万円)

教育関係の仕事12つ目は、児童厚生員(児童館職員)です。

児童厚生員は、児童厚生施設で、子どもたちの成長をサポートする仕事です。

児童厚生員の主な仕事内容は、児童厚生施設の遊び場の管理、子供たちへの遊びの指導です。

児童厚生員になるためには、まず地方公務員試験に合格し、認定児童厚生員資格を取得する必要があります。

認定児童厚生員資格を取得するためには、「保育士の資格保有者」「高校卒業後2年以上、児童福祉事業に従事」などの条件があります。

仕事⑬:教材開発者(平均年収:427万円)

教育関係の仕事13つ目は、教材開発者です。

教材開発者は、主に幼児教育を目的とした絵本・おもちゃ・DVDなどの教材を開発する仕事です。

教材開発者の主な仕事内容は、教材の企画、製作です。

教材開発者になるためには、教材を製作している会社に就職するのが一般的です。

大学等では発達心理学など幼児教育の学問を専攻するとよいでしょう。

仕事⑭:図書館司書(平均年収:424万円)

教育関係の仕事14つ目は、図書館司書です。

図書館司書は、自治体の図書館ではたらく専門的な職員です。

図書館司書の主な仕事内容は、本の選択・発注、本の分類や目録作成、利用者対応です。

図書館司書になるためには、司書資格を取得し、図書館ごとに定められた採用試験に合格するのが一般的です。

司書資格は、大学・短大で司書養成課目の単位を修得して卒業すると取得できます。

仕事⑮:教育コンサルタント(平均年収:427万円)

教育関係の仕事15つ目は、「教育コンサルタント」です。

教育コンサルタントは、学校や家庭に対し、教育に関する指導や助言を行う仕事です。

教育コンサルタントの主な仕事内容は、学校運営全般に対する助言・提案です。

教育コンサルタントになるためには、コンサルティングファームに就職することが一般的です。

コンサルティングファームはそれぞれで専門分野が異なっています。

そのため、教育系に力を入れているコンサルティングファームへの就職を目指すと良いでしょう。

以下の記事では、教育業界の就職偏差値をランキング形式で紹介しています!

興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 平井

 

 

【資格なしでも可能】教育関係の仕事一覧

就活生ちゃん

教育関係の仕事って資格が必要なイメージがあります・・・

資格がなくてもできる教育関係の仕事には何がありますか?

資格がなくてもつける教育関係の仕事はいろいろありますよ!

さっそく、見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 平井

 

【資格なしでも可能】教育関係の仕事一覧
  • 学校事務
  • 大学職員
  • 語学学校職員
  • 教育コンサルタント
  • 塾講師
  • 予備校講師
  • 家庭教師
  • ピアノ講師
  • スポーツインストラクター
  • パソコンインストラクター

事務系の職員や予備校講師は教員免許がなくてもできる仕事です。

大学職員は給料も比較的高くおすすめです!

また、教育学部の就活生に人気の就職先をまとめた記事もあるので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 平井

 

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格一覧

就活生くん

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格はありますか?

はい!

資格がなくてもできる仕事はたくさんありますが、やはり資格は武器になります!

では、教育関係の仕事で使えるおすすめの資格を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 平井

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格一覧
  • 資格①:教員免許状
  • 資格②:臨床心理士
  • 資格③:司書
  • 資格④:チャイルドマインダー
  • 資格⑤:認定ベビーシッター資格

資格①:教員免許状

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格1つ目は、「教員免許状」です。

教員免許状は、教育関係の資格で最もおすすめの資格です。

なぜなら、教師以外の仕事でも、教員免許状保有者は優遇されることは多いからです。

教員免許状を取得するためには、「教職課程」を設けている大学や短大で必要な単位を取得し、免許の取得申請をします。

教員免許状の資格取得に伴う試験はなく、取得難易度はそこまで高くありません

資格②:臨床心理士

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格2つ目は、「臨床心理士」資格です。

臨床心理士とは、「臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間のこころの問題にアプローチする心の専門家」です。

臨床心理士の活躍の場として、特にスクールカウンセラーが有名です。

臨床心理士資格を取得するためには、日本臨床心理士資格認定協会の資格試験を受け、合格することになります。

ただし、誰もが受験資格を持っているわけではありません。

以下のいずれかの要件を満たしている必要があります。

臨床心理士の受験資格
  • 指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
  • 臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
  • 諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
  • 医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者

など

スクールカウンセラーを目指す人は、臨床心理士を取得しましょう!

「就活の教科書」編集部 平井

資格③:司書

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格3つ目は、「司書」資格です。

司書資格は司書として働くためにはほぼ必須の資格です。

司書資格を取得するためには、大学や短大で司書養成科目を履修して、単位を取得することになります。

また、大学・短大・高専を卒業している人なら司書講習を受講すれば取得することができます。

なお、講習終了で司書になることができますので、資格取得自体はそこまで難しくありません。

資格④:チャイルドマインダー

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格4つ目は、「チャイルドマインダー」です。

チャイルドマインダーは、個人で開業し自宅を保育場所として、家庭的雰囲気の中で保育する「在宅保育」を行うのが一般的です。

また、依頼者の家庭を訪問し1対1の個別保育を行う「訪問保育」や、企業内託児所などでも活躍するケースもあります。

チャイルドマインダー資格を取得するためには、チャイルドマインダー資格がとれる講座を受け、試験に合格することになります。

資格⑤:認定ベビーシッター資格

教育関係の仕事で使えるおすすめの資格5つ目は、「認定ベビーシッター資格」です。

認定ベビーシッター資格は、公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)が認定する民間資格です。

在宅保育サービスにおける基礎知識・スキルを証明できます。

認定ベビーシッター資格を取得するためには、研修会に参加し、試験に合格することになります。

また、ベビーシッターの民間資格にはほかにも、ベビーシッター資格・ベビーシッター技能認定があります。

その他の資格一覧

その他の資格についてまとめました!

「就活の教科書」編集部 平井

その他の資格一覧
  • 学芸員
  • 保育士
  • 地域限定保育士
  • 社会教育主事
  • 日本語教育能力検定
  • 絵本専門士
  • 実践保育力検定
  • 幼児教育・保育英語検定
  • 生涯学習コーディネーター
  • 進路アドバイザー検定
  • 個資検
  • 不登校訪問専門員
  • ひきこもり支援相談士

個性的な資格もたくさんありますね。

自分の興味・関心にあわせて資格取得していきましょう!

「就活の教科書」編集部 平井

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

教育関係の仕事に関するよくある質問

就活生ちゃん

教育関係の仕事にもいろいろあることが分かりました!

教育関係の仕事の年収や民間企業についても教えてください!

年収や民間企業について気になる人は多いですよね。

では、よくある質問ついて回答していきます!

「就活の教科書」編集部 平井

教育関係の仕事に関するよくある質問
  • 質問①:教育関係の仕事の年収はどれくらい?
  • 質問②:教育関係の企業は何があるの?

質問①:教育関係の仕事の年収はどれくらい?

マイナビによると、教育・学校業界の平均年収は370万円となっています。

教育・学校業界は、20代の平均年収は低いものの、年齢が上がるにつれて順当に年収も上がっていくという特徴があります。

このデータは、20代・30代で平均年収を出しているため、全体的に低めに出ています。

そのため、370万円という数字は決して低くありません。

質問②:教育関係の企業は何があるの?

教育関係の仕事は公務員のイメージも強いですが、民間企業も数多くあります。

教育関係の企業を5社ほど紹介します。

教育関係の企業一覧
  • 企業①:河合塾(平均年収:約485万円)
  • 企業②:株式会社ベネッセホールディングス(平均年収:約934万円)
  • 企業③:株式会社さなる(平均年収:約412万円)
  • 企業④:学研ホールディングス(平均年収:約906万円)
  • 企業⑤:株式会社臨海(平均年収:約398万円)

教育関係の企業については以下の記事でも紹介しています。

「教育業界のホワイト企業が知りたい!」という方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 平井

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:教師以外の教育関係の仕事は意外と多い!

本記事はいかがだったでしょうか?

学生の皆さんの悩みに少しでも答えられていたら幸いです。

本記事では、「教育関係の仕事」について徹底解説しました。

併せて、「教育関係の仕事で使えるおすすめの資格一覧」や、「教育関係の仕事に関するよくある質問」についても紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【教師以外も紹介】教育関係の仕事一覧

  • 仕事①:教師(小学校・中学校・高校)(平均年収:597万円)
  • 仕事②:大学教授(平均年収:1029万円)
  • 仕事③:養護教諭(平均年収:485万円)
  • 仕事④:栄養教諭(平均年収:377万円)
  • 仕事⑤:スクールカウンセラー(平均年収:389万円)
  • 仕事⑥:児童指導員(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑦:児童福祉司(平均年収:約480万円)
  • 仕事⑧:学校事務職員(平均年収:544万円)
  • 仕事⑨:予備校講師(平均年収:372万円)
  • 仕事⑩:家庭教師(平均年収:372万円)
  • 仕事⑪:学童保育教員(平均年収:335万円)
  • 仕事⑫:児童厚生員(児童館職員)(平均年収:336万円)
  • 仕事⑬:教材開発者(平均年収:427万円)
  • 仕事⑭:図書館司書(平均年収:424万円)
  • 仕事⑮:教育コンサルタント(平均年収:427万円)

◆【資格なしでも可能】教育関係の仕事一覧

◆教育関係の仕事で使えるおすすめの資格一覧

  • 資格①:教員免許状
  • 資格②:臨床心理士
  • 資格③:司書
  • 資格④:チャイルドマインダー
  • 資格⑤:認定ベビーシッター資格
  • その他の資格一覧

◆教育関係の仕事に関するよくある質問

  • 質問①:教育関係の仕事の年収はどれくらい?
  • 質問②:教育関係の企業は何があるの?

◆まとめ:教師以外の教育関係の仕事は意外と多い!