【例題・解説あり】SPIの濃度の問題について解説|特徴、コツ、おすすめの対策法も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • SPIの濃度問題とは?
  • SPIの濃度問題の例題と解説5選
  • SPIの濃度問題で利用する公式について解説
  • SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法
  • SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法
  • SPI の対策には、SPI頻出問題集(LINEで無料配布)」「Lognavi(無料)を使うのが一番おすすめ

皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の原田です。

この記事では、「SPIの濃度問題」について徹底解説していきます。

就活生の皆さんの中には、「SPIの濃度問題が難しい・・・」や、「SPIの濃度問題の解き方のコツは?」など、様々な不安や疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

僕は、SPIの濃度を求める問題が苦手で、どのように対策したら良いかわかりません。

就活生ちゃん

私は、先日SPIテストを受けたのですが、濃度問題が全然分かりませんでした。

よい対策法を教えてほしいです。

たしかに、SPIの濃度問題は難しいですよね。

また、SPIの濃度問題の対策方法や解き方のコツも気になると思います!

「就活の教科書」編集部 原田

そこで、この記事では「SPIの濃度問題」について徹底解説していきます。

併せて、「SPIの濃度問題例と解き方」や「SPIの濃度問題のコツや対策法」についても紹介していきます。

「SPIの濃度問題が難しいと感じる就活生」や、SPIの濃度問題や解き方のコツが知りたい就活生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、SPIについての理解が深まります

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集では実際の問題に近い演習を行え、Lognaviでは知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

同時に利用することで、Webテストの問題形式に慣れることができ、苦手分野を克服するための対策を行えます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから簡単に登録できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

【特徴を解説】SPIの濃度問題とは?

就活生くん

実際、SPIの濃度問題とはどのような問題が出題されるのでしょうか?

気になりますよね!

それでは、最初にSPIの濃度問題について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 原田

難易度は中学校から高校レベル

まずは、難易度についてです。

難易度は、中学校~高校数学レベルです。

高校数学レベルになると、少し難しく感じる人が多いのではないでしょうか。

そのため、しっかりと対策をして、本番で解けるようになっておきましょう。

濃度問題は、割合計算などがあるため、苦手な人も結構いると思います。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの濃度問題の出題頻度は?

次に、SPIの濃度問題の出題頻度についてです。

こちらに関して、申し訳ありませんが、出題頻度を確認することが出来ませんした

ですが、毎回出ても大丈夫なように対策しておくことは、大切なことです。

出題頻度を調べたところで、点数は上がらないため、問題自体を解けるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの濃度問題は対策すれば難しくない

難易度は最初に述べたように、中学校~高校数学レベルです。

そのため、SPIの濃度問題は対策すれば難しくありません。

制限時間がある中で、性格に素早く解くことが、SPIテストで高得点を取るためには必要です。

数学が苦手な人でも、しっかり対策をして勉強すれば大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集は、テストと同レベルの問題をダウンロードでき、LognaviではSPIやWebテスト対策に使える知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから使えますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

SPIの問題は苦手だし、選考通過できる気がしない…」という就活生の方は、SPI対策に特化した問題集で対策するのがおすすめです。

SPI問題集を利用すれば、頻出問題対策方法解き方が一気にわかるので、選考通過率が格段にUPしますよ。

就活の教科書では、短時間で志望企業突破レベルまで対策できるSPI頻出問題集を無料配布しています。

SPIで絶対に落ちたくないという就活生は「SPIテストセンターの対策方法とコツ」も見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


【解き方も解説】SPIの濃度問題の例題と解説5選

就活生ちゃん

SPIの濃度問題がそこまで難しくないことは分かりました。

実際に、例題とその解説をしていただけないでしょうか?

分かりました。

それでは、一緒にSPIの分割払いの問題の例題と解説を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの濃度問題の例題と解説
  • 例題①:食塩を追加する問題
  • 例題②:食塩水を混ぜる問題
  • 例題③:濃度が違う食塩水を混ぜる問題
  • 例題④:水を蒸発させる問題
  • 例題⑤:3つの食塩水を混ぜる問題

例題①:食塩を追加する問題

Q.

15gの食塩水を溶かすと、5%の食塩水ができた。

コップには、何gの水が入っていたか?

 

A.

285g

解説

まずは、濃度をもとめる公式をおさらいしましょう。

水溶液の質量 ( 溶質の質量〔g〕+溶媒の質量 〔g〕) × 水溶液の濃度〔%〕/ 100 =( 溶質の質量〔g〕 )

となっています。

ここでいう、溶質は食塩、溶媒は水となっています。

溶質が15g、濃度が5%と分かっているため、水溶液の質量をxとおくと

x × 5 / 100 = 15

これを、xについて解くと、

x=300 ( g )

となります。

この値は、水溶液の質量であるため、求める水の量は

300 – 15 = 285 ( g )

となります。

そもそも公式を忘れていた人は、ここで絶対に覚えましょう!!

「就活の教科書」編集部 原田

例題②:食塩水を混ぜる問題

Q.

12%の食塩水Aが400gと、18%の食塩水Bが600gある。

それぞれを混ぜると何%の食塩水ができるか。

 

A.

15.6%

解説

この問題は、食塩水を混ぜても、食塩の絶対量は変わらないという点に注意して解く。

そこで、まずはそれぞれの食塩の量を求める。

食塩の質量は、溶質を求める式で求められる。

水溶液の質量 ( 溶質の質量〔g〕+溶媒の質量 〔g〕) × 水溶液の濃度〔%〕/ 100 =( 溶質の質量〔g〕 )

よって、

食塩水Aの食塩量は、

400 × 12 / 100 = 48 ( g )

食塩水Bの食塩量は、

600 × 18 / 100 = 108 ( g )

次に、混ぜた後の食塩水濃度を求める。

溶質の量と、水溶液の全質量が分かっているため、求める答えは

( 48 + 108 ) / 1000 ×100 = 15.6 ( % )

となる。

違う濃度の水溶液を混ぜても、溶質の絶対量は変わらないと覚えておきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

例題③:濃度が違う食塩水を混ぜる問題

Q.

3%の食塩水と10%の食塩水を混ぜて、5%の食塩水を350g作りたい。このとき、3%の食塩水は何g必要か。

 

A.

250g

解説

与えられた情報から、求められるのは、完成後の350gの食塩水に含まれる食塩量である。

350 × 5 / 100 = 17.5 g

例題②で解説したように、食塩の絶対量は変わらないため、3%の食塩水と10%の食塩水を混ぜることで、合計17.5gの食塩量になることが分かる。

ここで、求めたいのは3%の食塩水の質量なので、これをxとおき、食塩量について、式を立てると

( x × 3 / 100 ) + { (350 – x ) × 10 / 100 }= 17.5

両辺を100倍すると

3x ₊ 3500 – 10x = 1750

となり、これをxについて解くと

x = 250g

となる。

少し複雑な問題ですが、まずは求められる値をだしましょう。

そこから、次の答えを導き出せないか考えましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

例題④:水を蒸発させる問題

Q.

15%の食塩水400gを24%にするためには、何gの水を蒸発させればよいか。

 

A.

150g

解説

この問題も食塩の絶対量が変わらないことに注目する。

もとの食塩の質量は、

400 × 15 / 100 =60

次に、この食塩量で24%の食塩水を作るため、水溶液の全体量は

60 ÷ 24 / 100 = 250

以上より、蒸発する水の量は、元の水溶液の質量から、蒸発後の水溶液の質量を引けばよいので、

400 – 250 = 150g

となる。

水溶液の質量、濃度が変わっても、解けている食塩の量は変わらないですね!

「就活の教科書」編集部 原田

例題⑤:3つの食塩水を混ぜる問題

Q.

16%の食塩水A 200gと20%の食塩水B 200gと22%の食塩水C 100gを混ぜ合わせると、何%の食塩水ができるか。

 

A.

19.2%

解説

この問題も、例題②とどうようの考え方で解く。

まず、それぞれの食塩量を求めると、

食塩水Aの食塩量は、

200 × 16 / 100 = 32 ( g )

食塩水Bの食塩量は、

100 × 20 / 100 = 20 ( g )

食塩水Cの食塩量は、

200 × 18 / 100 = 44 ( g )

次に、混ぜた後の食塩水濃度を求める。

溶質の量と、水溶液の全質量が分かっているため、求める答えは

( 32 + 20 + 44 ) / ( 100 + 200 + 100 ) ×100 = 19.2 ( % )

となる。

例題②を理解していた人は、解けたのではないでしょうか?

もし、例題②を解いたのに例題⑤を解けなかった人は、本当の意味で理解しているとは言えないので、もう一度復習しましょう!!

「就活の教科書」編集部 原田

 

【今すぐできる!】SPI/Webテストの対策方法

就活生くん

選考でSPIや玉手箱などのWebテストを受けなければならないのですが、どのように対策したら良いですか?

結論から言うとSPI頻出問題集」と「Lognavi」の同時利用がおすすめです。

この二つの対策方法、また効果的な利用方法について詳しく説明していきますね。

就活アドバイザー 京香

 

SPI頻出問題集(公式LINE限定で配布中)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、SPI頻出問題集です。

SPI頻出問題集では、実際にSPIでよく出る問題の演習を行え、解説でしっかりと理解することができます。

一つ一つの演習の対策を念入りに行えば、SPIやその他Webテストで役立つ基礎力をつけることができます

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 二字熟語90選/四字熟語50選で言語の対策がしっかりとれる
  • 実際の問題に近い演習ができる

>> SPI頻出問題集を利用してみる(無料)

 

Lognavi(Webテストの苦手分野がわかる、スマホで簡単対策)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、Lognaviです。

Lognaviでは、あなたの知力を測れる独自の知的テスト自己分析に役立つ性格検査を受けられます。

知的テストでは、言語力・計算応用力などの系統別の能力も測れるため、SPIやWebテストの対策には大変おすすめです。

就活アドバイザー 京香

実際の画面は以下のようになっており、知力テスト・性格診断の細かい検査結果を知れるようになっています。

Lognaviのおすすめポイント
  • 知的テストは全118問・性格テストは全90問と幅広い出題範囲
  • 知的テストを通して記憶力・言語力・推理力などを知れる
  • Lognavi知的テスト内での偏差値が出るため、自分を客観視しやすい

>> Lognaviを使ってみる(無料)

Webテストの対策として紹介した「SPI頻出問題集」や「Lognavi」は、用途別に使い分けると効果的です。

まず「Lognavi」を弱点や苦手分野を知るために利用し、その後、実際の問題に近い「SPI頻出問題集」で演習を行うと、SPIなどWebテストで落ちる可能性は低くなります。

「SPI頻出問題集」「Lognavi」どちらも「今すぐ使える」ので、ぜひ利用してみてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

SPI頻出問題集を活用すれば、SPIで出題される問題と対策方法がわかり、WEBテストで落ちにくくなりますよ。

また就活の教科書公式LINEでは、あなたの就活戦闘力や向いている仕事が分かる就活力診断」「適職診断など、様々な無料診断が受けられます。

すでに就活生61,079人以上が登録してくれていますので、ぜひ参加しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 公式LINEでSPI頻出問題集を受け取る(参加無料)


SPIの濃度問題で利用する公式について解説

就活生ちゃん

SPIの例題を解いてみましたが、公式で解く問題ばかりでしたね。

SPI濃度問題で利用する公式について解説してほしいです。

分かりました。

それでは、SPI濃度問題の公式について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 原田

SPI濃度問題で頻繁に利用する公式

水溶液の質量パーセント濃度〔%〕= 溶質の質量〔g〕/ 水溶液の質量 ( 溶質の質量〔g〕+溶媒の質量 〔g〕) 

  • 溶質:溶液中にとけ込んでいる物質。
  • 溶媒:溶質を溶かす液体

濃度に関する問題はこれさえ覚えておけば問題ありません

求めるものが、たとえ違っても、式を変形すれば問題ありません。

仮に式変形が分からない人は、方程式の復習を早急にするべきです。

焦ってください!!

「就活の教科書」編集部 原田

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法

就活生くん

SPIの濃度問題の出題傾向は分かってきました。

ですが、早く解くためのコツや対策法はありませんか。

ありますよ。

それでは、SPIの濃度題のコツや対策法を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法
  • コツ①:公式を暗記する
  • コツ②:ひたすら練習問題を解いて問題傾向を暗記する
  • コツ③:解くスピードを上げる

コツ①:公式を暗記する

SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法1つ目は、「公式を暗記する」です。

先ほど述べた、質量パーセント濃度を求める公式を覚えておくことです。

そもそも公式を知らなければ解きようがありません。

そのため、公式は必ず覚えましょう

文字として覚えるのではなく、きちんと公式を使いこなして覚えましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

コツ②:ひたすら練習問題を解いて問題傾向を暗記する

SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法2つ目は、「ひたすら練習問題を解いて問題傾向を暗記する」です。

濃度問題は、似たような問題しか出ません。

そのため、たくさん練習問題を解いて、問題傾向を理解し、暗記しましょう。

問題傾向を理解し、暗記をすることで、どのような問題が出ても解けるようになりますね!

「就活の教科書」編集部 原田

コツ③:解くスピードを上げる

SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法3つ目は、「解くスピードを上げる」です。

とにかく、計算問題が多いと、解く時間が足りなくなっていしまいます

そのため、解くスピードを上げて、時間に余裕ができるようにしましょう。

WEBテストは時間との勝負です!

問題に解きなれて、スピードupを目指しましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法

就活生ちゃん

私は、SPIがすごく苦手なのですが、そんな私にでもおすすめな対策法はありませんか?

安心してくださいありますよ。

それでは、以下でSPIが苦手な人にもおすすめの対策法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法

対策法①:SPIの問題集を解く

対策法②:SPIのアプリを利用する

対策法①:SPIの問題集を解く

2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

オフィス海
1,430円(09/27 16:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法1つ目は、「SPIの問題集を解く」です。

苦手なところは、とにかく問題集で慣れるようにしましょう。

そうすることで、自分の苦手なところ、得意なところが見えてきて、解き方のコツもわかってくると思います。

そのため、何から対策をしたらいいか分からない人は、SPIの問題集を解くと良いでしょう。

「就活の教科書」では、SPI頻出問題集を無料で配布しているので、興味がSPI対策をしたい人はLINEを登録してみてください!

「就活の教科書」編集部 原田

>>SIP頻出問題を無料でもらう<<

対策法②:SPIのアプリを利用する

SPIアプリ

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法2つ目は、「SPIのアプリを利用する」です。

いきなり本を買うのに抵抗がある人や、本を広げて勉強する意欲がない人は、アプリがおすすめです。

解説も付いているため、安心して勉強ができます。

通学時間のスキマ時間学習にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

SPIの濃度問題に関するよくある質問

最後に、SPIの濃度問題に関するよくある質問をまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの濃度問題に関するよくある質問
  • 質問①:SPIの濃度問題は、食塩水以外にどんなものがある?
  • 質問②;SPIの濃度問題は捨てても大丈夫?

質問①:SPIの濃度問題は、食塩水以外にどんなものがある?

SPIの濃度問題に関するよくある質問1つ目は、「SPIの濃度問題は、食塩水以外にどんなものがあるの?」です。

SPIの濃度問題は、水溶液を作るときの濃度計算の問題となっています。

そのため、食塩水以外で考えられる可能性は、砂糖水酢酸(お酢)の濃度の計算問題です。

皆さんのイメージできる身近なものが食塩であるため、多くが食塩水の問題となっています。

食塩水以外の計算問題の練習をしたい人は、水溶液の濃度問題を検索すると良いでしょう。

中学や高校の時を思い出しますね。

溶かす物質が変わっても、本質は変わらないので、落ち着いて解けるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問②:SPIの濃度問題は捨てても大丈夫?

SPIの濃度問題に関するよくある質問2つ目は、「SPIの濃度問題は、捨ててもいいの?」です。

結論から言うと、SPIの濃度問題は捨てない方が良いでしょう。

SPIは、満点を取る必要がなく、ある一定の基準を超えれば良いため、分からなくて間違えることはあっても大丈夫です。

しかし、最初から捨てる気でいると、その時点で他の就活生より不利になるため、しっかりと対策を行うようにしましょう。

最初から諦めるのではなく、しっかりと対策をまずは心がけましょう。

また、SPI非言語には濃度問題以外にも様々な問題があります。

SPI非言語の他の問題については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください

「就活の教科書」編集部 原田

【単元別】SPI非言語の問題一覧

 

 

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

まとめ:濃度問題よりも出題頻度の高い問題を対策しておこう

SPI濃度問題に関する本記事はいかがだったでしょうか?

この記事では「SPIの濃度問題」について徹底解説しました。

併せて、「SPIの濃度問題例と解き方」や「SPIの濃度問題のコツや対策法」についても紹介しました。

時事問題に対して、不安要素や苦手意識がある人、これから就職活動を始める皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後に、この記事をまとめました。

この記事のまとめ

◆【特徴を解説】SPIの濃度問題とは?

  • 難易度は中学校から高校レベル
  • SPIの濃度問題の出題頻度は?
  • SPIの濃度問題は対策すれば難しくない

◆【解き方も解説】SPIの濃度問題の例題と解説5選

  • 例題①:食塩を追加する問題
  • 例題②:食塩水を混ぜる問題
  • 例題③:濃度が違う食塩水を混ぜる問題
  • 例題④:水を蒸発させる問題
  • 例題⑤:3つの食塩水を混ぜる問題

◆SPIの濃度問題で利用する公式について解説

◆SPIの濃度問題の解き方のコツや対策法

  • コツ①:公式を暗記する
  • コツ②:ひたすら練習問題を解いて問題傾向を暗記する
  • コツ③:解くスピードを上げる

◆SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法

  • 対策法①:SPIの問題集を解く
  • 対策法②:SPIのアプリを利用する

◆SPIの濃度問題に関するよくある質問

  • 質問①:SPIの濃度問題は、食塩水以外にどんなものがある?
  • 質問②:SPIの濃度問題は捨てても大丈夫?

◆まとめ:濃度問題よりも出題頻度の高い問題を対策しておこう

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田