>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【正直に言っていい?】「自分の性格」面接での答え方,例文 | 質問意図やNG回答も

こんにちは。「就活の教科書」編集部の中村です。

今回は面接でよく聞かれる「自分の性格」の答え方を解説していきます。

皆さんは「自分の性格」を面接で聞かれたことはありますか? 

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

はい。第一志望の二次面接で「自分の性格」を聞かれたことがあります。

でもその時は、思いつきで答えてしまいました。

面接で「自分の性格」をうまく答えられる自信がないのでポイントがあれば知りたいです。

就活生ちゃん

私はまだ面接で「自分の性格」を質問されたことがないので、これからの面接に備えて答え方を知りたいです!

面接官が「自分の性格」を聞く意図って何だろう。 

面接で「自分の性格」を聞かれて答え方に困っている就活生も多いですよね。

面接で「自分の性格」を答える際は、実はポイントや注意点を抑えたら意外と簡単に答えることが出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の中村が、面接で「自分の性格」を答え方や例文を紹介します。

また「自分の性格」を質問する面接官の意図や、答える時の注意点も解説しています。

この記事を読めば、面接で「自分の性格」を上手く答えられ、人柄をアピール出来ずに面接が終わることを避けられますよ。

「自分の性格を面接で聞かれても、どう答えたらいいかわからない」という人は読んでください。

「自分の性格」を面接官が質問する意図は? 自己分析が出来ているか確かめたいから

就活生くん

そもそも、どうして面接官は「自分の性格」を質問してくるんですか? 
面接官が「自分の性格」を質問する意図は自己分析が出来ているか確かめたいからです。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

面接官は、就活生が自分のことを客観的に見れているかを知りたいのです。

なぜなら、自己分析が出来ていれば自分の性格を活かして成長出来そうな学生だと面接官は考えるでしょう。

例えば、ガクチカで行動力があると言っていても面接官には学生が行動力があるように見えていないと意味ないですよね。

実際、面接で答える「自分の性格」と行動が伴っていない就活生は多いです。

面接官は自己分析が出来ているか確かめるために、「自分の性格」を質問するわけです。

また、他にも面接官は企業とのミスマッチを防ぐために「自分の性格」を聞く場合があります。

例えば、面接で聞かれた「自分の性格」は自社や募集職種との相性や、入社後に強みを活かせるかを確かめるために使ったりします。

加えて面接で聞いた「自分の性格」を配属部署を検討する判断材料として使う企業もあります。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「自分の性格」を面接で聞かれた時の答え方の例文

就活生ちゃん

なるほど!

面接官が「自分の性格」を質問する意図は、就活生が自己分析が出来ているかを知りたいからだと分かりました。

私なら、面接で「自分の性格」は責任感があることを伝えたいな。

でも具体的に、「自分の性格」を上手く伝えるにはどうすればいいんだろう。

面接官の意図がわかっても、実際に「自分の性格」をどう伝えればいいかは難しいですよね。

そこで、私が実際に使っている「自分の性格」の例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 中村

「自分の性格」の答え方の例文
私は負けず嫌いな性格です。
この性格を表すエピソードの例として、私がしていたアルバイトでの経験を挙げます。
私はアパレル販売のアルバイトをしていて、始めたばかりは「ノルマはないから、挨拶ができればいい」と社員さんから言われていました。
しかし私は他のスタッフに比べて売上が低く、悔しいと感じた経験から、「どうすれば私の売上を伸ばせるか」を考えました。
そこで私は、誰よりも早くお客様にお声掛けをしたり、他のスタッフの良い接客を、自分でも取り入れたりしました。
その結果、私は積極的な接客ができるようになり、私の売上が1日の最高額を取れるようになりました
御社でも、私の負けず嫌いな性格を活かして、自分なりの目標を持って働きたいです。 
この例文のポイントは、具体的なエピソードや、企業でどうやって「自分の性格」を活かすかを書いたことです。

それでは、面接で「自分の性格」を答える際のポイントや注意点について詳しく解説していきますね。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

「自分の性格」を面接で上手に伝える5つのポイント

就活生くん

「自分の性格」の例文ありがとうございます。

確かにエピソードを交えると、具体的になりますね。

面接で「自分の性格」を上手く伝えるポイントがあれば教えてください。

それでは次は、面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイントを解説していきますね。

面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイントは5つあります。

「就活の教科書」編集部 中村

面接で「自分の性格」を上手に伝える5つのポイント
  • ポイント①:結論から伝える
  • ポイント②:具体的なエピソードを交えて伝える
  • ポイント③:他人からの評価も交えて伝える
  • ポイント④:入社後の活かし方を伝える
  • ポイント⑤:伝えたい性格を1つに絞って伝える
この5つのポイントを抑えると「自分の性格」を分かりやすく伝えることができますよ!

次から1つずつ詳しく面接で「自分の性格」を上手く伝えるポイントを説明していきます。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント①:結論から伝える

面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイント1つ目は「結論から伝える」です。

なぜなら、最初に「自分がどういう性格か」結論から伝えることで話が明確になり、面接官が理解しやすくなるからです。

例えば「私は責任感がある性格です」と結論から言いましょう。

逆に、結論ではなく説明から入ると、話しているうちに「結局何を言いたかったのか」が曖昧になってしまいます。

そのため結論となる「自分の性格」をはじめに簡潔に伝えましょう

結論をはじめに言うことは面接以外にESを書く際にも気をつけましょう!

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント②:具体的なエピソードを交えて伝える

面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイント2つ目は「具体的なエピソードを交えて伝える」です。

なぜなら具体的に自分の性格が表れているエピソードを交えて伝えることで、説得力が増すからです。

言葉だけではなく、イメージも加えて説明できるので、説得力が増します。

 

例えば「私は責任感がある性格です」と言っても、具体例がないと面接官にはイメージしにくいです。

「責任感がある性格」だとい言われても、この人はどういう時に責任感が発揮されるんだろう。 

人事さん

 

そこで、責任感があるという「自分の性格」が表現されている具体的なエピソードを加えます。

例えば、「引き受けた仕事は最後まで必ずやり遂げる」などです。

「自分の性格」がよく表れている行動やその行動の結果を詳しく話すことで、面接官はあなたがどういう性格なのかイメージしやすいですよね。

具体的なエピソードを交えることで、「自分の性格」に一貫性が出ます。

そのため「自分の性格」を表す具体的なエピソードを使って、「自分の性格」を面接官にしっかり伝えましょう! 

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント③:他人からの評価も交えて伝える

面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイント3つ目は「他人からの評価も交えて伝える」です。

なぜなら、「自分の性格」を表すエピソードに客観的な他者からの評価を入れることでさらに説得力が増すからです。

客観的な他社からの評価はエピソードの裏付けになります。

「自分はこう思う」よりも『周りから「自分の性格」はこう言われる』の方が説得力がありますよね。

そのため、他人からの評価は交えて伝えるようにしましょう。

他人からの評価を入れることで客観性が増して、面接官に自分を客観的に見ることが出来ているとアピール出来ますね。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント④:入社後の活かし方を伝える

面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイント4つ目は「入社後の活かし方を伝える」です。

面接では入社後でどうやって「自分の性格」を活かすのかを伝えましょう。

なぜなら企業は、実際の仕事で「自分の性格」をどう活かせるか知りたいからです。

これは面接官が「自分の性格」を質問する意図とも重なっています。

例えば「責任感のある性格を活かして、御社ではチーム全体の目標達成に向けて努力します。」のように具体的にどう活かすのかを伝えましょう。

具体的に「自分の性格」を仕事でどう活かすかを伝えることで、面接官はどのようにあなたが企業に貢献してくれるのかイメージしやすいです。

 

ポイント⑤:伝えたい性格を1つに絞って伝える

面接で「自分の性格」を上手に伝えるポイント5つ目は「伝えたい性格を1つに絞って伝える」です。

いくつもの性格をアピールしようとすると、それぞれの「自分の性格」の印象が薄くなってしまいます。

結局自分はどういう人なのかが伝わりにくくなります

そのため、1番アピールしたい「自分の性格」に絞って伝えましょう

就活生くん

アピールするためにたくさん言えばいいと思ってました!

なるほど。1つに絞ることでどんな性格かわかりやすく伝えることが大事なんですね! 

そうなんです。

たくさん「自分の性格」をアピールしようとすると、返って面接官には結局自分がどんな性格をしてるか伝わりにくくなります。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「自分の性格」を面接で答える際の3つの注意点

就活生くん

「自分の性格」を面接で上手く伝えるためのポイントには、具体的に「自分の性格」が表れているエピソードを交えて伝えたり、伝えたい性格を1つに絞ったりすることがあるんですね。

実際に面接で「自分の性格」を答える際に注意点があれば、知りたいです。 

面接で「自分の性格」を答える際にやってはいけないことも知っておきたいですよね。

それでは面接で「自分の性格」の答え方の3つの注意点について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

面接「自分の性格」答え方の3つの注意点
  • 注意点①:仕事に活かせない性格を言わない
  • 注意点②:自分を偽らない
  • 注意点③:ネガティブな性格を言わない

それでは面接で「自分の性格」を答える時に失敗しないように、注意点を1つずつ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

 

注意点①:仕事に活かせない性格を言わない

「自分の性格」を面接で答える際の注意点の1つ目は「仕事に活かせない性格を言わない」です。

長所だとしても、仕事で活かせないと意味がないからです。

例えば「大食い大会で優勝した経験があります」というのはどうでしょうか?

仕事内容と大食いが得意なことは一切関係がないですよね。

このような仕事に活かせない「自分の性格」は意味がありません。

企業に貢献できる「自分の性格」を言い、面接官にあなたが企業で活躍する姿をイメージさせましょう。

そのため、面接では必ず仕事に活かせる「自分の性格」を言いましょう。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

注意点②:自分を偽らない

「自分の性格」を面接で答える際の注意点の2つ目は「自分を偽らない」です。

なぜなら、面接官はしっかり自己分析を出来ているかを知りたいからです。

企業の求める人物像に合わせようと「自分の性格」を偽ると、行動やエピソードに一貫性が無くなってしまいます。

そして面接官は「自分の性格」を客観的に理解できていないと判断します。

また場合によっては、素直さがなく信用できないとみなされる場合もあります。

そのため自分を偽らず、客観的に自分を見ることが出来ているとアピールしましょう。

 

注意点③:ネガティブな性格を言わない

「自分の性格」を面接で答える際の注意点の3つ目は「ネガティブな性格を言わない」です。

面接は自分をアピールする機会です。

せっかくのアピールする機会にわざわざネガティブな性格を言う必要はありません。

「自分の性格」を前向きに捉え、出来るだけポジティブに「自分の性格」を言語化しましょう。

面接で「自分の性格」をネガティブに伝えるのは短所が聞かれたときだけ、答えるようにしましょう。

 

「自分の性格」についてよくある2つの質問

最後に、「自分の性格」についてよくある2つの質問について説明していきます。

気になる就活生は読んでみてください。 

「就活の教科書」編集部 中村

「自分の性格」についてよくある2つの質問
  • 質問①:面接で聞かれる「性格」と「長所」の違いは何?
  • 質問②:業界・職種別の求められる性格は? 
それでは、「自分の性格」についてよくある質問を1つずつ解説していきますね。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

質問①:面接で聞かれる「性格」と「長所」の違いは何?

就活生ちゃん

「性格」と「長所」って何が違うんですか?

はっきりと分かっていないので、違いを教えて欲しいです。 

どちらも面接でよく聞かれますね。

「性格」と「長所」をそれぞれ説明していきます。

性格」とは、自分の人格そのものを表すものです。

言い換えれば、「性格」とは自分の感情や行動の傾向を表すもので特徴や人柄を指します。

 

一方で、「長所」とは他者と接するときに表れる自分の強みです。

つまり、「自分の性格」の中で他の人に影響する特徴のことをいいます。 

「就活の教科書」編集部 中村

就活生ちゃん

説明ありがとうございます。

性格は自分の人格そのもので、長所はその人の強みということですね!

そうですね。

性格と長所のどちらもよく面接で質問されるのでしっかり違いを理解して、それぞれ対策をしましょう。 

「就活の教科書」編集部 中村

 

質問②:業界・職種別の求められる性格は?

就活生くん

業界や職種ごとにも求められる性格ってあったりするんですか?

僕は金融業界に興味があるから、自分の性格とあってるか気になります。

業界や職種ごとに具体的にどういう性格が求められるのか知りたいです。

自分が志望する業界・職種に求められる性格はどういう性格か気になりますよね。

次は、業界・職種別に求められる性格をいくつか説明していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

各業界で求められやすい性格
  • IT業界:前向き・好奇心旺盛
  • 広告業界:根性がある・話好き
  • 金融業界:真面目・芯を持っている
各職種で求められやすい性格
  • 事務:真面目・忍耐力がある
  • 企画:ユーモアがある・新しいもの好き
  • 営業:積極的・人と話すのが好き

いくつか業界・業種別に求められる性格をまとめてみました。

志望している業界・業種はありましたか?

自己分析をしっかりして、志望する業界・業種の求められる性格と照らし合わせましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:面接で「自分の性格」を具体的なエピソードを交えて簡潔に伝えよう!

いかがだったでしょうか。

この記事では面接で「自分の性格」を質問されたときの質問意図や答え方のポイント、例文を紹介しました。

また、「自分の性格」を伝える時の注意点を解説し、よくある質問を回答しました。

最後に今回の内容をまとめておきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

この記事のまとめ

面接官が「自分の性格」を質問する意図

  • 自己分析確かめたいから

自分の性格を上手に伝える5つのポイント

  • 結論から伝える
  • 具体的なエピソードを交えて伝える
  • 他人からの評価も交えて伝える
  • 入社後の活かし方を伝える
  • 伝えたい性格を1つに絞って伝える

面接「自分の性格」答え方の3つの注意点

  • 仕事に活かせない性格を言わない
  • 自分を偽らない
  • ネガティブな性格を言わない

「性格」と「長所」の違い

  • 性格:自分の人格を表すもの
  • 長所:人と接するときに表れる自分の強み

 

しっかり自己分析をして、面接で「自分の性格」をアピールしましょう。

就活において、自己分析は大変重要ですね。

「就活の教科書」には他にも就活に役立つ記事が他にもたくさんあります。

ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中村