【理系就活】理系大学生におすすめのインターンサイト | 応募方法,参加するメリットも

【理系就活】理系大学生におすすめのインターンサイト _ 応募方法,参加するメリットも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • インターンは7月前後から始まることが多い
  • 理系就活生がインターンに参加するメリットは働くイメージがつくこと
  • 理系就活生がインターンに応募する方法4つ
  • 理系就活生のインターンでおすすめの職種は研究・開発職
  • 多くの理系就活生がインターンで志望する業種2つ
  • 「研究で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「OfferBox」を使うのがおすすめ

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事では、理系就活生のインターンについて解説します。
この記事を読んでいる就活生の皆さんは、「理系なんだけど、インターンって参加した方がいいの?」「理系の人ってどういう職種のインターンに参加するの?」などの疑問を持たれているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

僕は理系で、周りの友達がインターンに応募しているから自分も応募しようと思っているんだけど、そもそもインターンて行く必要あるのかな・・・

就活生ちゃん

私も理系でインターンに参加しようと思ってるのですが、理系のみんながどういう業種のインターンに参加しているのかわからないです。

そうですよね。理系の就活生は研究も忙しいしインターンに参加した方がいいのかって疑問に思いますよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、理系就活生向けにインターンに参加するメリット、解説します。

加えて、理系就活生向けにインターンの応募方法、理系就活生のインターンでおすすめの職種、理系就活生が多く志望する業種、についても解説します。

この記事を読めば理系就活生がインターンに参加するメリットを理解できかつインターンの応募方法が理解できますよ。

「インターンに行くメリットがわからない」「どんなインターンが人気なの?」「インターンてどうやって探すの?」などの疑問を持っている理系就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてくださいね。

研究や実験で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

「OfferBox」を使うと、あなたのプロフィール次第有名ホワイト企業からオファーが来るので、研究で忙しくても簡単に内定がもらえるようになります。

「忙しいけど、優良企業に就職したい!」という方は「OfferBox」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「OfferBox」を使ってみる

 

理系就活生でもインターンに参加すべき!

就活生くん

僕は理系就活生なんだけど、そもそもインターンに参加すべきなのかなぁ?
インターンに参加するのめんどくさいし・・・。

理系就活生でもインターンに参加すべきです!
理系はインターンに行かなくても学校推薦で内定をもらえたりしますが、今後の就活でインターンに行った経験が役に立つことがたくさんあります。
また、自分が本当に向いている仕事が何なのかも判断できるので仕事のミスマッチも減らせます。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メモ
  • 今後の就活でインターンに行った経験が役に立つ
  • 自分に向いている仕事かどうか判断できる

ちなみに、当サイト「就活の教科書」でも有給インターンシップを募集しています!
Webライターや動画編集などの仕事があり、大学1年生〜大学院生まで、初心者でも歓迎です。
ガクチカに使えるほどのインターン経験を積みたい大学生は、ぜひ「就活の教科書」のインターンに応募してみてください!

「就活の教科書」編集部 もとき

>> 「就活の教科書」有給インターンシップを見てみる

 

インターンは7月前後から始まる企業が多い

インターンは7月前後から始まることが多いです。
インターンに参加しようと思っている理系就活生は、5月頃からインターンに行くためのエントリーシート対策面接対策をしておくのがベストです。

「就活の教科書」編集部 もとき

インターンシップを探せるサイトおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

理系就活生がインターンに参加するメリット3つ

就活生くん

僕の周りの友達がインターンに応募し始めています。
一応僕もインターンに応募しようとしているのですが、インターンに参加するメリットがわかりません。
インターンて参加する意味あるんですか?

そうですよね。
働くのって面倒くさいし、本当にインターンて行く意味あるの?って思っちゃいますよね。
しかし、理系就活生がインターンに参加するメリットはたくさんあるんです。
理系就活生がインターンに参加するメリットを以下に3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 もとき

理系就活生がインターンに参加するメリット3つ
  • メリット①:働くイメージがつく
  • メリット②:人脈が増える
  • メリット③:本選考で有利になる

理系就活生がインターンに参加するメリット3つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メリット①:働くイメージがつく

理系就活生がインターンに参加するメリットの1つ目は、「働くイメージがつくこと」です。

働くイメージがないまま企業に就職してしまうと、「思っていた仕事内容と違った」「楽な仕事だと思っていたけれど、実際は忙しい」など仕事のミスマッチが起こってしまう可能性があります。

インターンに参加しておくことで、志望している職種に自分が適合しているのかを確認することができます。

自分にマッチした職に就くためにもインターンは必要だと言えますね。

インターンに行くのは面倒くさいかもしれませんが、自分に合った仕事を見つけるためにも今できることをやっていきましょう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メリット②:人脈が増える

理系就活生がインターンに参加するメリットの2つ目は、「人脈が増えること」です。

インターンに参加すると他大学の学生と交流ができ、就活に関する情報を交換することができます。

他大学の就活事情を聞くことで就活に対するモチベーションが上がったり、就活活動に緊張感を持って取り組めるようになりますよ。

また、企業の人と仲良くなることでOB訪問をさせてもらえたりもします。

OB訪問で面接対策やエントリーシートの添削などをしてもらうことで、企業に入社しやすくなります。

人脈が増えると就活でプラスになることがとても多いので、積極的にインターンには参加してみてくださいね。

実際に企業で働く人の声が聞けたりするので、さらに働くイメージがつきやすいですね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メリット③:本選考で有利になる

理系就活生がインターンに参加するメリットの3つ目は、「就活本選考で有利になること」です。

企業のホームページなどで、「インターンは本選考とは関係ありません」と書いてあることが多いですが、ぶっちゃけインターンをした方が有利になります。

インターンをした方が本選考で有利になる理由は、志望動機にインターンで経験したことが書けるため志望動機の説得力が上がるからです。

就活生くん

インターンに参加して企業に興味を持ったことを志望動機にすれば自分の経験ベースで話ができるので、説得力が上がりそうです!

そうですね。
志望動機に関しては、インターンをして自分が働くイメージが持てたからと回答できます。

「就活の教科書」編集部 もとき

なぜ他社じゃなくて自社なのか?、という質問に関しても「インターンで実際に企業の人と働いて人に魅力を感じたから」と回答できます。

インターンに参加するだけで圧倒的に志望動機に説得力をつけることができ、またエントリーシートが書きやすくなります。

「エントリーシート書くことなくてしんどい・・・」ということがインターンを経験しておくと少なくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

インターンなんて意味ない・・・と思っている人は、インターンの本質を理解することができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

理系大学生におすすめのインターンサイト5選

就活生くん

インターンもメリットがたくさんあるんですね。
インターンに応募しようと思っているのですが、おすすめのインターンサイトはありますか?

理系就活生におすすめのインターンサイトは以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

理系大学生におすすめのインターンサイト5選
  • おすすめサイト①:ワンキャリア
  • おすすめサイト②:理系ナビ
  • おすすめサイト③:JEEK
  • おすすめサイト④:Infra
  • おすすめサイト⑤:企業ホームぺージ

理系就活生におすすめのインターンサイトを5つ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

方法①:ワンキャリア

理系 インターン

理系就活生におすすめのインターンサイト1つ目は、「ワンキャリア」です。

ワンキャリアはインターン生を募集している企業を一括で探せるサイトです。

また、過去のインターンシップ通過者のエントリーシートなども見れるサイトなので、ぜひ積極的にワンキャリアを使うことをおすすめします。

ワンキャリアについて詳しく知りたい理系就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

方法②:理系ナビ

理系 インターン

理系就活生におすすめのインターンサイト2つ目は、「理系ナビ」です。

理系ナビでは理系に特化したインターンシップ情報が掲載されているサイトです。

また、インターンシップ情報以外にも就活で役立つ知識が掲載されているので、ぜひ使ってみてください。

エントリーシートを書くコツや面接対策などのコンテンツもあるので、ぜひ使ってみてください。

以下の記事では「理系ナビ」を実際に使った就活生の評判を紹介しています。

理系ナビを利用しようか迷っている就活生は合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

方法③:JEEK

理系 インターン

理系就活生におすすめのインターンサイト3つ目は、「JEEK」です。

JEEKはインターンシップ求人情報が掲載されているサイトです。

JEEKは大企業のインターンというよりは、ベンチャー企業や中小企業のインターン情報が掲載されています。

大企業以外の企業のインターンシップに参加してみたいという理系就活生はぜひJEEKを使ってみてください。

 

方法④:アカリク

理系就活生におすすめのインターンサイト4つ目は、「アカリク」です。

アカリクは研究者やエンジニア、院卒に特化した就活サイトです。

就活の求人情報はもちろん、インターンシップの情報も掲載されているので、まだ利用していない理系就活生の方はぜひ使ってみてください。

以下の記事では「アカリク」を実際に使った就活生の評判を紹介しています。

アカリクを利用しようか迷っている就活生は合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

方法④:企業のホームページから直接応募する

理系就活生におすすめのインターンサイト5つ目は、「企業のホームページ」です。

企業のホームページに行けば、インターン情報が掲載されています。

たくさんの企業のマイページに登録しておくことで、企業からメールが届くようになり次回のインターンの情報や本選考の情報などを入手できます。

企業から応募するのは確実ではあるものの、企業を一社一社探すのが面倒なうえに、落ちたら労力も水の泡となってしまいますよね。

インターンシップに応募して通りやすい「採用数上位50社」を紹介している記事があるので、通りやすい企業に効率的に応募する為に活用してみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

インターンを長期・短期別で探したい人は、インターンを探せるサイトおすすめを紹介しているので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

オンラインでインターンを実施している企業も紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

インターンシップは応募すれば必ず参加できるわけではなく、選考があるものが大半です。

インターンシップの選考対策がまだできていない就活生は、インターンシップの応募から選考までポイントを開設した記事があるので読んでみてください。

インターンシップの選考を突破できる確率が上がりますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理系の就活生はインターンシップよりも、研究や開発に従事すべきと考える人も少なくありません。

しかし、理系就活生の実態としては学部生・大学院生ともにきちんと就活をしなくては、失敗する可能性があるのです。

理系就活生の実態を詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

理系就活生のインターンでおすすめの職種3つ

就活生くん

理系の就活生でもインターンに参加した方が良いということがわかりました。
理系の就活生ってどういう職種のインターンに参加するのがおすすめですか?

理系就活生のインターンにおすすめの職種は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

理系就活生におすすめのインターン職種3つ
  • 職種①:研究・開発
  • 職種②:エンジニア
  • 職種③:コンサルタント

理系就活生におすすめのインターン職種3つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

職種①:研究・開発

理系就活生のおすすめのインターン職種の1つ目は、「研究・開発」です。

研究・開発職では、大学の研究室で行っている研究と似たような感じで企業で研究します。

研究・開発職は大学で行った研究をそのまま企業で活かせることがあります。

大学で学んだことを活かせるような職種に就きたいという理系就活生には研究・開発職が合致していますね。

将来研究や開発がしたいという理系就活生は研究・開発職のインターンに応募してみてください。

研究・開発職では特に理系大学院生は重宝されますよ。

企業の研究職の本質を知りたい人は、研究職のやりがいややるべきことが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

職種②:エンジニア

理系就活生のおすすめのインターン職種の2つ目は、「エンジニア」です。

エンジニアにもシステムエンジニア、開発エンジニア、インフラエンジニアなどたくさんありますが、理系就活生ではいずれのエンジニアも人気です。

エンジニアは論理的に物事を考えたり、実際にプログラミングをしたりなど理系的な要素がある職種であるため、理系就活生にはおすすめできる職種です。

プログラミングやインターネットに関する職種に就きたいという理系就活生はぜひエンジニアのインターンに参加してみてくださいね。

現在エンジニア不足と言われており、エンジニアの需要が高まっています。
時代の流れ的にもエンジニアは重宝されそうです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

職種③:コンサルタント

理系就活生のおすすめのインターン職種の3つ目は、「コンサルタント」です。

コンサルタントは論理的に物事を考えて企業の課題を解決する職種で、理系大学生にも人気です。

理系では論理的に物事を考えて答えを出すことが多いですが、コンサルタントの仕事も論理的に企業の課題を解決するので、理系就活生にはおすすめです。

ただ、コンサルタントは激務と言われています。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

コンサルは激務なのかぁ・・・
自分に向いているのかなぁ?

激務な仕事が自分に合っているのかどうかを確かめるためにもコンサルタントのインターンに参加してみてください。
コンサルタントはインターンの選考も難しいイメージです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

多くの理系就活生がインターンで志望する業種2つ

就活生くん

理系の就活生ってインターンでどういう業種を志望する人が多いんですか?

理系の就活生に圧倒的に人気な業種は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

理系就活生に人気の業種2つ
  • 業種①:メーカー系
  • 業種②:インフラ系

理系就活生に人気の業種2つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

業種①:メーカー系

多くの理系就活生がインターンで志望する業種1つ目は、「メーカー系」です。

メーカーにも以下のような種類があります。

メーカー企業一覧
  • 電子部品
  • 自動車
  • 化学
  • 重工
  • 電機
  • 消費財
  • 食品・飲料

他にもメーカーはありますが、以上に示したメーカーは特に理系就活生には人気だと言えます。

またメーカーの研究職では理系大学院生は特に重宝されるため、メーカーの研究職では理系大学院生は有利です。

他の業種に比べてメーカーは理系大学生からとても人気です。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

業種②:インフラ系

多くの理系就活生がインターンで志望する業種2つ目は、「インフラ系」です。

インフラ系にも以下のような種類があります。

インフラ業種一覧
  • 電力
  • ガス
  • エネルギー
  • 鉄道
  • 航空
  • 陸運
  • 海運

特に電力会社やガス会社は学歴を重視している印象が強く、高学歴でないとエントリーシートの段階で落とされてしまう印象です。

インフラ系は社会に必要である事業であるため、比較的インフラ系の会社は安定しているというイメージがあります。

インフラ系も理系就活生からはとても人気の業種です。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理系就活を有利に進める方法

理系特化の就職エージェントを活用する

就活生くん

正直、研究が忙しすぎて、就職活動に時間が割けないです・・・

研究しながら、みんなどうやって就活しているのかな。

理系でも効率よく就活を進めたいなら、就職エージェントを活用するのがおすすめです。

就職エージェントを活用すると、自分に合った企業選びや選考対策までサポートしてくれます。

理系特化の「アカリク就職エージェント」は、研究内容や志向性にマッチする企業を紹介してくれます。

研究で時間がとれない就活生は、博士課程出身/ポスドク経験のある就活エージェントに相談してみましょう。

就活アドバイザー 京香

アカリク就職エージェントを見てみる

 

研究内容をアピールして、企業からスカウトを受け取る

理系就活生には、研究内容をアピールするだけで企業から直接オファーがくるスカウトサイトの活用もおすすめです。

OfferBox」では、あなたの研究内容や人柄をプロフィールに入力するだけで、企業からスカウトが届きますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界No.1の人気」
  • 大手からベンチャーまで7,620社以上の企業からオファーが届く
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析もできる

OfferBoxでは1社が出せるオファー数に制限があるため、就活生一人ひとりをしっかり見てスカウトを出しています。

質の高いスカウトをもらえるOfferBoxで、あなたの研究や専門性をアピールしてみましょう。

就活アドバイザー 京香

⇒ OfferBoxを見てみる

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:理系就活生でも積極的にインターンに参加しよう

本記事、「【行くべき?】理系大学生がインターンに行くメリット3つ | 研究職,おすすめ職種も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、理系就活生向けにインターンに参加するメリットについて解説しました。

加えて、理系就活生のインターンおすすめの職種、理系就活生が多く志望する業種、インターンの応募方法、についても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

◆ 理系就活生はインターンに参加すべき

 

◆ インターンは7月前後から始まることが多い

 

◆ 理系就活生がインターンに参加するメリット3つ

  • 働くイメージがつく
  • 人脈が増える
  • 本選考で有利になる

◆ 理系就活生がインターンに応募する方法4つ

◆ 理系就活生のインターンおすすめの職種3つ

  • 研究・開発
  • エンジニア
  • コンサルタント

◆ 理系就活生が多く志望する業種2つ

  • メーカー系
  • インフラ系

理系の就活生は研究もあるため、就活が大変です。
就活の本選考が始まる時期に焦らないよう、早めにインターンに参加したりして働くイメージをつけておきたいですね。
「就活の教科書」に就活に役に立つ記事がたくさんあるので、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき