>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「失敗から学んだこと」面接での魅力的な答え方 | 注意点も

この記事でわかること
  • 「失敗から学んだこと」を聞く面接官の意図は分析力、忍耐力があるか知るため
  • 「失敗から学んだこと」を話すときの例文3つ
  • 「失敗から学んだこと」を話すときのポイントは、失敗から学んだ内容を伝える(他4つ)
  • 「失敗から学んだこと」の話すときのNG例文3つ
  • 「失敗から学んだこと」がない就活生がやるべき行動

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のツジです。

この記事では、「失敗から学んだこと」を聞かれ悩んでいる就活生に、面接での正しい答え方解説していきます。

就活生の皆さんは就活で「失敗から学んだこと」を質問された時に、困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 ツジ

就活生ちゃん

私は前の面接で「失敗から学んだことはなんですか」と聞かれたときに、上手く答えられなかったので困ってます。

「失敗から学んだこと」は面接でたくさん質問されるって聞きますし…

就活生くん

僕は面接で「失敗から学んだこと」を質問されると知り焦っています。

正直、今まで大学受験も部活も成功してきたし、特に大きな失敗をした経験はないんです…

確かに、「失敗から学んだこと」を面接で上手く答えられなかったり、そもそも大きな失敗をしたことがない人は多いんじゃないでしょうか。

私も大きな失敗をしたことがなくて、初めは面接で質問される度に困ってました。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

そこでこの記事では、面接で「失敗から学んだこと」を答えた例文を解説します。

合わせて、面接での「失敗から学んだこと」話すときのポイント、「失敗から学んだこと」を答えるときの注意点、失敗したことがない人がすべきことも解説しています。

この記事を読めば、面接で「失敗から学んだこと」を魅力的に伝えられるようになります。

「失敗から学んだこと」で迷ってる就活生・大きな失敗を経験したことがない就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

面接で「失敗から学んだこと」を質問する採用担当者の意図

就活生ちゃん

どうして面接では「失敗から学んだこと」を聞くんでしょうか。

聞いても仕方ないような気がするのですが…

確かに、採用担当者の質問の意図が分からないと答えにくいですよね。

「失敗から学んだこと」を聞く理由はいくつかあるので紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

「失敗から学んだこと」の質問意図
  • 理由①:失敗の原因を分析する力があるか
  • 理由②:失敗に向き合う力があるか

それでは、面接官が「失敗から学んだこと」を聞く理由を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

理由①:失敗の原因を分析する力があるか

「失敗から学んだこと」を聞く面接官の理由1つ目は、「失敗の原因を分析する力があるか」確認するためです。

ビジネスの世界では失敗は多々あり、その中で失敗した原因を特定する力がなければ、いつも同じ過ちを繰り返すからです。

あなたも何度も同じ失敗をする社員と一緒に働きたくないですよね。

そのため、企業は失敗談を聞き原因を分析する力があるか確かめるのです。

私の周りでも何度も同じ失敗をする人がいますが、失敗の原因を考えていない人がほとんでです。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

理由②:失敗に向き合う力があるか

「失敗から学んだこと」を聞く面接官の理由2つ目は、「失敗に向き合う力があるか」確認するためです。

仕事をする上で失敗は付き物ですが、その失敗に対し辛くても向き合う力が必要だからです。

失敗から逃げず、立ち向かい続ける人は成長し続けますし、企業側もそう言った人材を欲しいと考えています。

そのため、「失敗から学んだこと」を企業側は聞いてきます。

正直、私も自己分析のときに失敗談を思い出すことは辛かったです。

ただ、面接では「失敗から学んだこと」は特に聞かれるので対策しましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

「失敗から学んだこと」を話すときの例文3つ

就活生くん

「失敗から学んだこと」を聞く意図は「分析力」「忍耐力」があるかどうかを知るためなんですね。

では、面接やES(エントリーシート)で「失敗から学んだこと」がどのように話せばいいでしょうか。

確かに「失敗から学んだこと」をどう話せばいいか悩む就活生は多いと思います。

では、今回は参考にして欲しい例文を3つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

「失敗から学んだこと」を話すときの例文3つ
  • 例文①:留学
  • 例文②:アルバイト
  • 例文③:部活

それでは、「失敗から学んだこと」を話すときの例文を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文①:留学

例文①では、留学時代での「失敗から学んだこと」について紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

私の大きな失敗は昨年カナダに1年間留学に行った時に、初めの3カ月間は日本人ばかりと会話し英語をほとんど話さなかったことです。

英語を話せる人材になりたいと思い留学を決意しましたが、スピーキング力に自信がなく「英語の発音が汚い」などと思われたどうしようなどの不安ばかりが先行してしまい、日本人とばかり話していました。

しかし、3カ月経過すると周りの友人が自然と英語でコミュニケーションを取れるようになっていることに気付きました。

そこから私は自身の初めの目標を思い出し、他の留就活生にも負けないように恥ずかしさやプライドを捨て英語を話すようにしました。

平日は授業後に外国人の友達と2人で話すようにし、休日は外国人の友達と1日現地の観光を行うようにし日本人との会話の機会を全て無くしました。

その結果、ネイティブ同様に英語を話せるようになりました。

私が失敗から学んだことは、まずは自分の弱点を認めその上で行動を起こす大切さを感じ、現在は同じように留学に不安を持つ留就活生に私の経験を伝えるボランティアを行っています。

この例文①では、

  • 自身の悪かったこと
  • 失敗を糧に次に活かしていることが述べられています。

失敗した原因を客観的に分析していることは高評価に繋がります。

また、企業側は失敗後にどう失敗を活かしたかを求めているので、この例文①は非常に高評価となります。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文②:アルバイト

例文②では、アルバイトでの「失敗から学んだこと」について紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

私の大きな失敗は予備校のアルバイトでアルバイトリーダーに任命されその地位を1ヶ月で下ろされたことです。

元々大学受験をサポートしたいという思いと受験生や同僚から信頼される予備校のアルバイトリーダーをしたいという気持ちがありました。

1回生の6月に前アルバイトリーダーから推薦を受け、リーダーになることが出来ました。

しかし、私はそこで完全燃焼してしまい、仕事への熱意を失っていました。

私はすぐにリーダーを外され自身が行っていた無責任さを反省し、そこからもう1度自身の行動を改めるようにしました。

具体的には誰よりも職場に早く出勤し、担当生徒の成績を全て頭に入れることなどです。

この結果、もう一度リーダーに任命してもらい、前回の反省を活かし、自身の経験を後輩に還元し生徒の成績向上にむけ強い責任感を持って仕事しています。

この例文②では「失敗から学んだこと」から身につけた責任感の強さが述べられています。

社会では自分の仕事に対し責任感を持つことは必須なので、その責任感を持っていることは評価できます。

一方でこのようなリーダーに関する話は「人の上に立ちたい人」と誤解されやすいのでリーダーになりたい理由は丁寧に書きましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文③:部活

例文③では、部活での「失敗から学んだこと」について紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

私の最も大きな失敗は部活の練習に真剣に取り組まずチームに大きな迷惑をかけたことです。

私は大学で野球部に所属しています。

高校は強豪校ながらも大学は2部リーグに所属するチームだったので、1回生の夏からレギュラーを取ることができました。

そのため、私は練習する気力が生まれずいつも7割ほどの力で練習していました。

しかし、迎えた先輩の最後の夏のトーナメント戦で私は大事な場面でエラーしてしまい、そのエラーをきっかけにチームは敗退してしまいました。

今までの自身の怠慢さを改めて見直し、その後はチームの中で誰よりも練習に取り組みました。

その後の自身の代では初めて、1部リーグ昇進に貢献しました。

私が失敗から学んだことはミスを起こしてからでは手遅れであり、それまでの準備が大切であることを痛感しました。

例文③では、準備の大切さが述べられています。

「失敗から学んだこと」が自分の失敗から逃げずに立ち向かい、失敗を繰り返さないところも大きなポイントでしょう。

チームの敗退の要因が自分にあるという責任感を持っていることも面接官としては加点評価になります。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

「失敗から学んだこと」を話すときに抑えておきたいポイント5つ

就活生くん

「失敗から学んだこと」は部活やアルバイトなどどんなテーマで話しても大丈夫なんですね。

では、面接官に好印象を与えるための「失敗から学んだこと」を話す時のポイントなどはありますか?

他の就活生と差をつけられる抑えるべきポイントがあるので紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

「失敗から学んだこと」面接で話すときのポイント5つ
  • ポイント①:失敗の原因を話す
  • ポイント②:失敗の対処法・改善策を話す
  • ポイント③:失敗から学んだ内容を伝える
  • ポイント④:失敗の経験を糧に新たな行動を起こしたエピソード
  • ポイント⑤:「失敗から学んだこと」を企業でどう活かせるのか伝える

それでは、「失敗から学んだこと」を話すときに抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント①:失敗の原因を話す

失敗から学んだことを話すときに抑えておきたいポイント1つ目は、「失敗の原因を話すです。

多くの就活生は失敗・課題についての話をすることに意識が向いており、失敗の原因を話せていないことが多いからです。

具体例を紹介します。

A:野球部の部員が100名以上だったので控えメンバーでした。

B:チャンスに弱いことが原因で野球部で控えメンバーでした。

 

Bの方が試合に出れていない理由を分析できているので、分析力があるなと感じますよね。

面接官は失敗の原因を分析できているかを見ているので、失敗の原因を掘り下げておきましょう。

失敗の原因を伝え忘れる就活生は多く、面接官は「なんで失敗したの?」と感じるので意識するようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント②:失敗の対処法・改善策を話す

失敗から学んだことを話すときに抑えておきたいポイント2つ目は、「失敗の対処法・改善策を話す」です。

もちろん失敗した内容だけを話しても高評価に繋がりませんし、失敗の対処法が明確に述べられていないと面接官は納得しないからです。

具体例を紹介します。

A:野球の試合で負けてしまったので翌日から練習時間を1時間増やしました。

B:エラーが原因で野球の試合に負けたので、翌日から練習メニューを変更し守備練習を重点的にしました。

 

Bの方が原因に対しての最適な改善策を行っていますよね。

原因に対し的確に改善策を行ったかを面接官は見ているので意識しておきましょう。

失敗から学んだことを面接官に説得力を持って話せると非常に好印象に繋がります。

一方で改善策が適切でないとマイナス評価に繋がるので気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント③:失敗から学んだ内容を伝える

失敗から学んだことを話すときに抑えておきたいポイント3つ目は、「失敗から学んだ内容を伝える」です。

「失敗から学んだ内容を伝える」は当たり前じゃないかと思った方もいるかもしれません。

しかし、実は面接の場になると緊張してしまい失敗の原因、改善策を伝えるだけで終わってしまうことがよくあります。

失敗から学んだ内容を伝えないと、面接官は「何も成長していないな」と感じるので気をつけましょう。

実は私も失敗から学んだ内容を伝え忘れたことがあります。

面接では失敗・挫折したことはなんですか?とだけ聞かれるからです。

失敗の原因・改善だけを話してしまった経験があるので、私の経験も踏まえてしっかり学んだことまで伝え切りましょう

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント④:失敗の経験を糧に新たな行動を起こしている

失敗から学んだことを話すときに抑えておきたいポイント4つ目は、「失敗の経験を糧に新たな行動を起こしている」です。

「失敗から〇〇を学びました」だけでは説得力がなく、新たに行動に移したことまで伝える必要があるからです。

具体例を紹介します。

A:プレゼンのときには緊張してしまうため、事前準備に時間をかけ本番での緊張を抑えれることが分かりました。

B:事前準備に時間をかけ次のプレゼンで緊張せずに発表しました。

 

Bの方だと、面接官は新たに行動に移している姿勢を見て、自社でも活躍できそうだと感じるので意識しましょう。

面接やESの前に、OBの社員に応募先企業が求める能力などを知っておくと、有利になるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント⑤:企業でどう活かせるのか伝える

失敗から学んだことを話すときに抑えておきたいポイント5つ目は、「失敗から学んだことを企業でどう活かせるのか伝える」です。

失敗から学んだことが志望企業で活かせなかったら意味がないからです。

例えば、失敗を活かして正確性を身につけました!と言われても、スピード感を重要視する企業ではアピールになりません。

あなたが失敗から学んだ経験が企業に活かせるのか事前に調べておきましょう。

面接官の視点を持てている就活生は少ないので、ポイント⑤を抑えるだけで他の就活生と差別化できますよ。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

「失敗から学んだこと」を話すときの注意点

就活生くん

「失敗から学んだこと」を魅力的に伝えるポイントは、「企業での活かし方を伝える」などたくさんあるんですね。

逆に気をつけるべきことはありますか?

「失敗から学んだこと」を話すときの気をつけるべきことは2つありますよ。

「就活の教科書」編集部 ツジ

「失敗から学んだこと」の注意点
  • 注意点①:結論を最後に言う
  • 注意点②:レベルの低い失敗を言う

それでは、「失敗から学んだこと」の注意点を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

NG①:結論を最後に言う

「失敗から学んだこと」の注意点1つ目は、「結論を最後に言う」です。

結論を述べずに話を初めてしまうと「この就活生は話が長い」と面接官に思われてしまい、肝心な話を聞いてもらえません。

例えば、マラソンでもゴールまでの距離が分からなければ、苦しくて走り続けられないでしょう。

面接も同じで、初めに結論を伝えることで話のゴールをイメージできますが、もしなければ「いつ話終わるの?」と面接官が聞く耳を持たなくなってしまいます。

「失敗から学んだこと」を伝えるときは、結論ファーストを意識しましょう。

結論から話を始めるのは、普段から意識していないと改善できないので意識してみましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

NG②:レベルの低い失敗を言う

「失敗から学んだこと」のNG2つ目は、「レベルの低い失敗を言う」です。

レベルの低い失敗談を企業に話してしまうと、面接官に「失敗はそれだけ?自己分析ができていないな」と感じられるからです。

「失敗から学んだこと」はどの企業でも納得して話を聞いてくれるので、レベルの低すぎる失敗の話はやめましょう

大きな失敗をしたことがないと悩む就活生も多いです。

ただ、失敗の捉え方は人それぞれなので、あえて大きな失敗を探す必要はありません。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

「失敗から学んだこと」面接でのNG例文3つ

就活生ちゃん

「失敗から学んだこと」を話すときは結論ファーストなどを意識するとよくなるんですね。

「失敗から学んだこと」で伝えてはいけないNG例文などってありますか?

「失敗から学んだこと」のNGな要素がある例文を紹介するので確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 ツジ

「失敗から学んだこと」で話してはいけないNG例文3つ
  • NG例文①:ゼミ
  • NG例文②:アルバイト
  • NG例文③:部活

それでは、面接で「失敗から学んだこと」の話してはいけないNG例文3つを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

NG例文①:ゼミ

NG例文①では、ゼミでの「失敗から学んだこと」について紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

私が失敗から学んだことはリーダーシップを発揮する大切さです。

就活生時代にゼミでビジネスプランコンテストに出場しました。

私の班は司会進行できる人がおらず、議論が硬直することが多々ありました。

そこから私は司会進行を務め段取りを決め、議論中も全て意思決定を行うようにしました。

その結果、ビジネスプランコンテストで入賞することができました。

NG例文①のNGポイントは、「協調性がない」と面接官に思われることです。

状況に合わせて役割を変えることは大切です。

ただ、段取りや意思決定を全て自分で行ったと書かれていることで、協調性に欠けた就活生だと思われます。

「失敗から学んだこと」だけではなく、他にマイナス評価になるところがないかを気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

NG例文②:アルバイト

say name=”「就活の教科書」編集部 ツジ” img=”https://reashu.com/wp-content/uploads/2020/07/profile_tsuji.jpg” from=”right”]

NG例文②では、アルバイトでの「失敗から学んだこと」について紹介します。

[/say]

「失敗から学んだこと」は飲食店でのアルバイトでスピードよりも正確性を大切にすることです。

私はホールスタッフとしてお客様に早く多く料理を届けたいと言う一心で仕事をしていました。

そのためお皿を割ってしまうことが多くあり、店長からは今までのアルバイト生で一番お皿を割っていると言われてしまいました。

お皿を割ってしまっては肝心なお客様の元に料理を届けられないと感じ一度に運べるお皿の量を自分で把握するようにしました。

それ以降は一度もお皿を割ることなく以前よりもお客様の元に料理を提供できるようになりました。

この経験から正確性を大切にするようになりました

NG例文②のNGポイントは「何度も同じ失敗を繰り返していること」です。

上記の文章は本人からすると非常に自慢できるエピソードかもしれません。

しかし、面接官は何度も同じミスを行う子だという印象を持ってしまいます。

「自社でも同じ失敗を何度も起こすのではないか」とマイナス評価なので気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

NG例文③:部活

say name=”「就活の教科書」編集部 ツジ” img=”https://reashu.com/wp-content/uploads/2020/07/profile_tsuji.jpg” from=”right”]

NG例文③では、部活での「失敗から学んだこと」について紹介します。

[/say]

私はサッカー部に所属しています。

私のチームは攻撃力がある一方数多く失点して負けることがよくありました。

キャプテンとして守備の練習メニューを多くし守備力を鍛え上げました。

その後の試合では無失点を何度も記録しチームの勝利に貢献しました。

NG例文③のNGポイントは、「①結論を初めに言っていない・②「失敗から学んだこと」を話していない」です。

エピソードとしては非常に興味深いですが、2つの欠点で面接官に好印象を残せず終わってしまいます。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

「失敗から学んだこと」がない人がするべきこと2つ

就活生ちゃん

ここまできて言うのも何ですが、実は大きな失敗を経験したことがないんです。

そのため、面接で「失敗から学んだこと」を質問されても話せるネタがないんです。

大きな失敗をしたことがないため、「失敗から学んだこと」がないと悩む人は多いのではないでしょうか。

「失敗から学んだことを」話せるように、今から私がとっておきのアドバイスを紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

「失敗から学んだこと」がない人がするべきこと2つ
  • するべきこと①:他人に自分の失敗談を聞いてみる
  • するべきこと②:失敗談ではなく苦労したことを考える

それでは、「失敗から学んだこと」がない人がするべきことを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

するべきこと①:他人に自分の失敗談を聞いてみる

「失敗から学んだことがない人」がするべきこと1つ目は、「他人に自分の失敗談を聞いてみる」です。

あなたが失敗と思っていなくても、他人から見れば失敗だと思われることもあるからです。

また、あなたが忘れている失敗談を思い出させてくれる可能性があるからです。

他己分析をしている就活生は自分を客観的に見ているのでおすすめします。

他己分析は、自分のことを客観的に分析してもらえるので本当におすすめです。

昔話で友人と盛り上がったり、自分自身を見つめ直すきっかけにもなるのでぜひ皆さんも試してみて下さい。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

するべきこと②:失敗談ではなく苦労したことを考える

「失敗から学んだことがない人」がするべきこと2つ目は、「失敗談ではなく苦労したことを考える」です。

面接官が失敗談から学んだことで聞きたいことは、あなたが壁にぶつかったときに「どう乗り越えていくのか」だからです。

  • 志望大学を目指していて成績の伸び小さくなったときにどんな対策をしたか。
  • 部活でチームが伸び悩んでいたときにどうやってチームを強くしたか。

 

上記のような例文を話せば、大きな失敗をしたことがない人でも面接官に好印象を与えられます。

実は私も大きな失敗を経験したことがなく面接で困っていました。

ただ、苦労していたエピソードはたくさんあったので、面接では苦労話を多く話していましたよ。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

まとめ:「失敗から学んだこと」で面接官に好印象を残そう

「【例文あり】面接での「失敗から学んだこと」・失敗談の答え方、ポイントやNGポイントも」の記事はいかがでしたか。

この記事では「【例文あり】面接での「失敗から学んだこと」・失敗談の答え方」を紹介しました。

合わせて、「面接での「失敗から学んだこと」を話すときのポイント」「面接での「失敗から学んだこと」を話すときの注意点ポイント」も紹介しました。

 

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

この記事のまとめ

◆「失敗から学んだこと」を聞く面接官の意図

  • 理由①:失敗の原因を分析する力があるか
  • 理由②:失敗に向き合う力があるか

 

◆「失敗から学んだこと」を話すときの例文3つ

  • 例文①:留学
  • 例文②:アルバイト
  • 例文③:部活

 

◆「失敗から学んだこと」を話すときに抑えておきたいポイント

  • ポイント①:失敗の原因を話す
  • ポイント②:失敗の対処法・改善策を話す
  • ポイント③:失敗から学んだ内容を伝える
  • ポイント④:失敗の経験を糧に新たな行動を起こしたエピソード
  • ポイント⑤:「失敗から学んだこと」を企業でどう活かせるのか伝える

 

◆「失敗から学んだこと」NG

  • NGポイント①:結論を最後に言う
  • NGポイント②:レベルの低い失敗を言う

 

◆「失敗から学んだこと」のNG例文3つ

  • NG例文①:ゼミ
  • NG例文②:アルバイト
  • NG例文③:部活

 

◆「失敗から学んだこと」がない人がするべきこと2つ

  • するべきこと①:他人に自分の失敗談を聞いてみる
  • するべきこと②:失敗談ではなく苦労したことを考える

 

◆まとめ:「失敗から学んだこと」で面接官に好印象を残そう

 

「失敗から学んだことはなんですか」と言う質問は本当に多くの企業で聞かれます。

そのため、重要度も非常に高いので是非今回の記事を参考にして作成してみて下さいね。

「失敗から学んだこと」に関する質問に上手に答えられると、面接官には確実に高評価をもらえます!

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ツジ