>> 就活生を救うクラウドファンディング準備中!

【例文あり】自己PR「責任感」の魅力的な伝え方 | 言い換え一覧も

【例文あり】自己PR「責任感」の魅力的な伝え方 _ 言い換え一覧も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めば分かること
  • 自己PRで「責任感」をアピールした参考になる多数の例文
  • 自己PRで「責任感」をアピールしたいときは、はじめに結論から伝えよう
  • 自己PRで「責任感」をアピールするときのNG例文
  • 自己PRでは「責任感」が短所に捉えられることもある

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。

この記事では、自己PRで「責任感」があることについて伝えたい就活生の様々な悩みを解消するために解説していきます。

就活生の皆さんは、面接やエントリーシートの自己PRで「責任感」があることについて伝えるときに、どうやってアピールすればいいか悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は、自己PRをするなら普段から周りに褒められることが多い「責任感」をアピールしようと思っています。

だけど、「責任感」って就活の自己PRではアピールになるのでしょうか・・・?

就活生ちゃん

私は、自分の長所は「責任感」があるところだと思っているのですが、自己PRで「責任感」を上手くアピールする方法が分かりません・・・。

やはり就活生の皆さんは、どうやって自己PRで「責任感」があることを上手くアピールできるのか気になりますよね。

でも安心してください。

自己PRで「責任感」の伝え方さえ習得してアピールできれば、採用担当者に良い印象を残すことができます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこで、この記事では自己PRで「責任感」があることの伝え方について紹介します。

合わせて、自己PRで「責任感」があることを伝える例文や採用担当者に良い印象を与える「責任感」の注意点も紹介していきます。

この記事を読めば、「自己PRで責任感をアピールしたい場合どう伝えたらいいの・・・?」なんてことを防げます。

「責任感って自己PRになるの?」と思っている就活生は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

画像タップでページ内に飛びます

自己PR 責任感 例文>> 自己PR責任感の例文

自己PR 責任感 注意点>> 自己PR責任感の注意点

目次

 

自己PRで「責任感」は使えるが、ネガティブな印象もあるため上手く表現しよう

就活生くん

僕の長所は、どんなことでも責任感を持って取り組めることなので、自己PRには「責任感」があることをアピールしたいです。

自己PRでは、「責任感」があることを採用担当者にアピールしてもいいのでしょうか・・・?

「責任感」がある人は、大きなアピールポイントとして自己PRが可能です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「責任感」がある人は採用担当者に良い印象を与えやすいです。

「責任感」を持っていない人に大きな仕事は任せられないため、周りからも信頼されやすくなります。

そのため、自分の長所を「責任感」だとアピールするのは、自己PRとしては悪くはありません。

しかし、自己PRでは正しい伝え方をしないと「責任感」をアピールしても採用担当者には「責任感が本当に備わってるの?」と、良い印象を持ってもらえないかもしれません。

では、一体どうすれば自己PRで「責任感」を採用担当者の印象に残るように上手く伝えられるのでしょうか?

それでは次にいくつか「責任感」の言い換えを紹介して、自己PRで印象に残りやすい表現を解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ちなみに、「そもそも、自己PRってガクチカと一緒なのでは?」「自己PRと自己紹介って何が違うの?」という就活生は、以下の記事で解説しています。

ガクチカの特徴自己紹介の書き方なども分かるので、合わせて読んでみてください。

 

自己PRの「責任感」言い換え一覧表

自己PRで「責任感」を具体的に伝えるために、「責任感」の言い換え表現を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

【責任感の言い換え表現】

  • 他の人よりも最後まで仕事をやり抜く力
  • 困難を乗り切る方法を考え、取り組み続ける姿勢がある
  • 常に全体で成功するために自分のすべきことが何かを考えられる
  • 最後まで責任をもち物事をやり遂げられる
  • 有言実行

 

上の言い換え表現のように何をどのように責任感があるのかを明確に伝えることを意識しましょう。

そこに具体的なエピソードや、責任感がもたらした成果や結果を客観的な数値で表せるとさらに説得力があります。

自分なりに言い換えて、採用担当者にアピールすれば印象に残りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PRで「責任感」をアピールした例文

就活生くん

自己PRで「責任感」をアピールしたいので、実際の例文をみてどんな伝え方でアピールしているのか知りたいです。

エントリーシートの自己PR欄で参考にしてみます。

では、次に自己PRで「責任感」があることをアピールした例文を紹介しますね。

以下の例文を読んで、実際にエントリーシートや面接で自己PR欄の参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

自己PR「責任感」をアピールしている例文
  • 例文①:アルバイトの業務改善
  • 例文②:部活動をやり遂げた経験
  • 例文③:インターンシップで得た責任感
  • 例文④:高校の文化祭で役員の兼任
  • 例文⑤:資格の勉強をやり遂げた経験

それでは、自己PRで「責任感」があることをアピールした例文をそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文①:アルバイトの業務改善

私は周囲から「仕事に対して真摯に取り組んでいる」と評価されることが多いです。

大学生活の4年間アルバイト先で、日頃から与えられた仕事は責任持ってやり切ることが当然だと感じていたのですが、同じ様な熱意を持って働いてるスタッフはあまり多くはありませんでした。

ある日店長から、昇給とリーダーの昇格を任せられました。

その時に店長が何気なく言ってきた「みんな君くらい働いてくれれば良いんだけどね」という言葉が自分には響きました。

それからは、私だけが真面目に働くのではなく同期と協力し仕事の質を高めらるように試行錯誤を繰り返しました。

結果としてみんなが以前よりも頑張ってくれたおかげでお店の売り上げも上がり、店長もみんなが真面目に働いてくれるようになり喜んでいました。

御社に入ってからは、私の取り組みが社員の方々のモチベーション向上に繋がるよう尽くして、御社の営業成績により良い影響を与えられるよう貢献したいと考えています。

この例文では、個人の頑張りから周囲の人達のモチベーションを高められる人柄が現れていますね。

責任感が伝わる具体的なエピソードを取り上げつつ、企業に入ったらどう貢献するのかをしっかり述べていて採用担当者にも責任感さが伝わりやすいです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文②:部活動をやり遂げた経験

私の強みは物事を最後までやり遂げられることです。

大学ではバレーボール部に所属していましたが、ケガを理由に、2年生からはマネージャーとして活動することになりました。

部員数が多く全然レギュラーになれず苦戦していた部員は、部活を途中で辞めてしまう人もいました。

しかし私は、せっかく好きで始めた部活なのでマネージャーとして部活を裏で支えることに徹して、やる気がなくなり部活に参加しなくなった部員に声をかけたり、一緒に練習を手伝ったりしました。

その部員がやがてレギュラーに選ばれたときに、「お前のおかげでレギュラーになれた」と言ってくれた時は本当に嬉しく大きなやりがいを感じました。

御社に入社後もできることから取り組みコツコツ努力を積み重ねて、企業全体の業務に貢献していきます。

この例文では、「責任感」を自分以外の他者にも働きかけて、自分自身の役割を最大限に果たしている自己PRになっていますね。

会社に入ってからも縁の下の力持ちのようなポジションで、企業に貢献してくれそうな人柄が伝わりますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文③:インターンシップで得た責任感

私は周りからよく「責任感が人一倍強い」と言われます。

一度決めた事は何があってもやり通す力があり、インターンシップでは、与えられた目標に対して貪欲に取り組む姿勢が高く評価されていました。

また、責任感と聞いたら頑固な印象をもたれてしまうこともありますが、自分の軸はぶらさずに周囲との協調性保つために周りの意見もうまく取り入れる事を日々意識しています。

物事をやり切ることはよい結果をもたらし、人生を豊かにしてくれると自身の経験を通して実感しています。

御社の業務においても自分の長所である責任感を最大限に発揮し、どんなことでも最後まで責任を持って取り組みたいと考えています。

この例文では、初めに立てた目標を実現するために責任感に努力を継続できることが伝わる自己PRになっているので上手くアピールできていますね。

自己PRで「責任感」をアピールしたい就活生は、ぜひ例文を参考にしてエントリーシートや面接の参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文④:高校の文化祭で役員の兼任

私は、何事も細かいところまで気を配り妥協せずに取り組む性格だと自負しています。

自分の責任感の強さを感じたきっかけは、高校の文化祭です。

私は、文化祭の実行委員長でありながらクラス発表の責任者も務めていました。

文化祭を成功させるために委員長としての仕事をこなしたり、クラスを優勝させるための対策を練ったり、どちらの仕事も一切妥協することはありませんでした。

私はそれまで、自尊心が高くプライドを守るため必死に活動していましたが、担任の先生や友達から「責任感があって助かってる」と感謝され大きなやりがいを感じました。

その結果、これからは先頭に立ち一貫した使命感を持ち何事にも挑戦したいと考えています。

御社に入社したら、いつか人を教える立場になることへの責任をもって与えられた仕事をこなし、自身と御社の成長に貢献していきます。

この例文では、人よりも責任感が強いと思ったエピソードを述べていることがポイントです。

また自己PRでは、第3者からの意見が盛り込まれているとより魅力的なものになるでしょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文⑤:資格の勉強をやり遂げた経験

私は、自分で決めて始めた事柄を責任を持ち最後までやり遂げられます。

私は大学時代、社会人になったときに役立てたいと思い中小企業診断士の取得を目指しました。

資格を取得した経験がなかったため不安が大きかったですが、書籍やネットを使い対策を始めました。

一般的な合格時間の目安が1000時間ということで、2年間で合格するという目標を立て、毎日の勉強時間を2時間に設定しました。

学校やアルバイトとの両立は想像よりも遥かに難しく心が折れそうな期間もありましたが、自分で決めた目標を必ず達成したかったので1日も休まずに続けました。

その結果、周りのサポートや努力の甲斐もあり無事に合格することができました。

合格はもちろん、毎日2時間の勉強を続けて目標をやり遂げられたことに対する喜びが大きかったです。

御社に入社たら、仕事において目標を立て、責任を持って業務が達成できるように日々努力を続けていきます。

この例文では、具体的な数字と期間を明確にしていて客観的にみても真面目さや責任感の強さが伝わりやすい自己PRになっていますね。

「就活の教科書」編集部 森山

ちなみに、内定者が実際に出したESを参考にしたい方はunistyleがおすすめです。

unistyleでは、50,000枚以上のESを業界/企業別に見ることができます。

内定者のテクニックを参考にして、選考突破できるESを書いてみましょう。

人事さん

unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

就活力診断をしてみてください! 一気に人事からの自己PRの評価を上げることができます。

就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

自己PRで「責任感」をアピールするときの3つのコツ

就活生ちゃん

私は、自分の長所は「責任感」があるところだと思っているのですが、自己PRで「責任感」を上手くアピールする方法が分かりません・・・。

エントリーシートや面接で「責任感」があることを上手く伝えるには、どうしたらいいですか?

「責任感」を自己PRでアピールするのは、伝え方次第で採用担当者の印象が変わりやすいです。

正しい伝え方を知り、自己PRで「責任感」を上手くアピールできるようになりましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

自己PR「責任感」をアピールするコツ
  • コツ①:必ず結論から伝える
  • コツ②:「責任感」を発揮して具体的に何をやり遂げたのか伝える
  • コツ③:「責任感」が仕事でどう役立つか伝える

それでは、「責任感」を自己PRでアピールするときの3つのコツをそれぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

コツ①:必ず結論から伝える

「責任感」を自己PRでアピールするときのコツ1つ目は、「必ず結論から伝える」です。

初めに、あなたが一番伝えたいことやこれから伝えようとしている「責任感」を、先に結論として述べましょう。

最初に一番伝えたいことを主張すると、採用担当者に本題のアピールにも興味を持ってもらいやすくなります。

最初に結論である「責任感」を伝え、なぜ「責任感」があると思うのかを具体的なエピソードを使ってアピールするのが良いです。

結論ファーストで話すと相手に何を伝えたいのかが明確になるため、必ず結論から伝えましょう。

 

また、「私の長所は責任感があることです」と伝えるだけでは、あまりにも抽象的すぎます。

抽象的だと採用担当者は、あなたが伝えたいことを汲み取れないため、具体的な表現を用いて「責任感」があることを伝えましょう。

自己PRは、「責任感」をアピールする以外にも人に何かを主張したいときは、結論から話始めると効果的です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

コツ②:「責任感」を発揮して具体的に何をやり遂げたのか伝える

「責任感」を自己PRでアピールするときのコツ2つ目は、「責任感を発揮して具体的に何をやり遂げたのか伝える」です。

目的のために「責任感」をどう発揮したかを説明すると、あなたの良さが伝わりやすい自己PRになります。

「具体的に課題にどうやって取り組んだのか?」を詳しく話すと、あなたの責任感がどんなものなのか第三者に伝わりやすくなるのです。

自己PRで「責任感」をアピールするときは、その時の情景が浮かぶような具体的なエピソードなどアピールしましょう。

取り組んだ前と後の話をすると、具体的に何が変わったのか伝わりやすくなります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

コツ③:「責任感」が仕事でどう役立つか伝える

「責任感」を自己PRでアピールするときのコツ3つ目は、「責任感が仕事でどう役立つか伝える」です。

自己PRの最後には「責任感」が企業でどう活かせるかを伝えましょう。

採用担当者が自己PRで最も注目しているのは就活生が、自社の役に立つ人材かどうかです。

「私が入社したらこのくらい役に立ち御社に貢献できます」という入社後の具体的なビジョンがあれば好印象です。

自分の能力をどう活かすかの抱負を語ることで、採用担当者はあなたが入社後に活躍する姿を想像しやすくなります

ただ単に「責任感がある」とアピールするだけでなく、「責任感」がこんなふうに役に立つとアピールしましょう。

長所のアピールで終わらず「その能力をどう活かすか?」抱負を語りましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PRで「責任感」を伝え切れていないNG例文

就活生ちゃん

自己PRで「責任感」があることを伝える方法は分かりました。

採用担当者に「責任感」なことをアピールするとき、注意すべきことがあれば教えてほしいです。

それでは、エントリーシートや面接の自己PRで「責任感」なことをアピールするときに気をつけないといけないことを、例文を用いて解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

【責任感を伝えられていないNG例文】

私の強みは責任感があるところです。

「何事にも最後まで一貫して取り組む」という信念のもとアルバイトやゼミ活動など様々なことに責任を持ち取り組みました。

この「責任感」がある取り組みで、学生生活は4年間とても充実したものになりました。

御社に入っても、この責任感を軸にどんな業務も一生懸命取り組み、御社に貢献していきたいです。

 

上記のNG例文は何がダメなのか分かったでしょうか。

この自己PRは、具体的なエピソードや表現がないのでどのように責任感なのか全く伝わりません。

先程も説明したように、「責任感」とはかなり抽象的な言葉で、読み手によって受け取り方が変わってしまうワードです。

この自己PRでは、あなたがどんな人柄でどんな「責任感」があるのか伝わらないので、具体的にどんな風に「責任感」であるのかを言い換えてアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PR「責任感」が短所に捉えられることもある

就活生ちゃん

「責任感」をアピールする時に事前に気をつけなければならないことってありますか?

「責任感」という言葉は、長所としてアピールできる言葉である一方で短所もとして感じてしまう言葉でもあります。

責任感の強い人は周囲からすれば小さなミスも大きなミスだと考えて、深刻に考えてしまうこともあるのです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

長所もアピール次第ではマイナスの評価に繋がってしまう可能性があります。

「責任感」が強い人は、自分の理想を追うあまりに仲間に厳しく当たってしまうなど、周りがよく見えていないこともあり、本人が気付かぬ間に周囲の反感を買ってしまうこともあるのです。

アピールしたエピソード次第で、協調性が欠けているのではないのかと思われる可能性も充分あります。

漠然と長所を伝えるだけでは、短所を勘違いされることもあり、マイナスの評価に繋がる可能性があるので注意しましょう。

対策:「責任感」が持つマイナスの要素を取り除いてアピールしよう

「責任感」の持つプラス面とマイナス面の両方に目を向け、プラス面を意識したアピールを心がけましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ちなみに、自己PRの「書き方」「見つけ方」など、以下の記事で自己PRに関連した内容が役に立つかもしれないので、合わせて参考にしてみてください。

 

自己PR「責任感」以外にも就活で使えるおすすめの強み一覧

就活生くん

ここまでの話を聞いて、自己PRで「責任感」を伝えるのは自分に合わないと感じてきました・・・

「責任感」以外で就活でアピールしやすいおすすめの強みはありますか?

やっぱり自己PRは他のことをアピールしたいと感じた就活生は以下の記事で、自己PRの強み別に解説した記事を紹介します。

「忍耐力」「笑顔」などの上手な伝え方が分かるので、ぜひ参考にしてあなたの自己PRにしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 
メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「キミスカ適性検査」です。

キミスカ適性検査は、150の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを9タイプ41項目で診断してくれます。

就活生の120,000人以上が利用しており、人気の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>キミスカ適性検査で強みを見つけてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

また、ガクチカは人事が注目するポイントですが、志望動機や自己PRなども回答によって評価が大きくわかれます。

特に自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければなりません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

>> 「動物診断」を試してみる

 

まとめ:自己PRで「責任感」を伝えるときは、企業でどのように貢献できるかまでアピールしよう!

この記事の、「【上手くアピールできない】自己PRで「責任感」の伝え方 | 例文付き,注意点も」はいかがだったでしょうか?

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、自己PRで「責任感」があることの伝え方について解説しました。

合わせて、自己PRで「責任感」があることを伝える例文や採用担当者に良い印象を与える「責任感」の注意点も解説しました。

 

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

この記事のまとめ

「責任感」が強みだと仕事への意識の高さがアピールできる

「責任感」を自己PRでアピールしている例文

  • 例文①:アルバイト
  • 例文②:部活動
  • 例文③:インターンシップ
  • 例文④:高校の文化祭
  • 例文⑤:資格の勉強

「責任感」を自己PRでアピールするときの3つのコツ

  • コツ①:必ず結論から伝える
  • コツ②:「責任感」を発揮して具体的に何をやり遂げたのか伝える
  • コツ③:「責任感」が仕事でどう役立つか伝える

「責任感」を自己PRで伝えられていないNG例文

「責任感」が短所に捉えられることもある

自己PRで「責任感」を伝えるときは、企業でどのように貢献できるかまでアピールしよう!