【体育会系の大学生を支援!】就活サイト/エージェントおすすめ14選 | 部活経験を活かした就職活動をサポート

本ページはプロモーションを含みます

【体育会系の大学生を支援!】就活サイト/エージェントおすすめ9選 | 部活経験を活かした就職活動をサポート

この記事を読めばわかること
  • 体育会向けの就活サイト/エージェントを紹介する前に伝えたいこと
  • 体育会系の大学生向けの就活サイト/エージェントおすすめ14選
  • 体育会向けの就活サイト/エージェントの良い評判・口コミ
  • 体育会向けの就活サイト/エージェントのイマイチな評判・口コミ

こんにちは。「就活の教科書」編集部です。
今回は、「体育会系の学生におすすめの就活サイト/エージェント14選」を紹介します。
体育会系のみなさんは、どんな業界に就職したいと考えていますか?

「就活の教科書」編集部

体育会系就活生くん

僕は体育会系で、ずっとスポーツをして育ってきたので、スポーツ経験を活かせる業界に就職したいです。
でも、企業の探し方がわからないから就活サイトや就職エージェントを使おうと思っています。

体育会系就活生ちゃん

私も体育会系だけど、部活を引退したばかりで、就活について全然わかりません。
体育会系におすすめの就活サイト/エージェントが知りたいです。

体育会系の学生だと、部活に時間を取られてしまい、部活と就活の両立が難しいですよね。
就活エージェントの選び方にも悩みますよね。

「就活の教科書」編集部

そこでこの記事では、体育会系向けの就活サイト/エージェントおすすめ14選を紹介します。

合わせて、体育会系ならではの就活サイト/エージェントの選び方も紹介します。

この記事を読めば、「体育会系に特化した就活サイト/エージェントってあるのかな…」と悩むこともなくなります。

「やっと部活を引退して、就活を始めたばかり。どんな就活サイト/エージェントを選んだら良いのかわからない…」そんな体育会系の就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

体育会系の就活について実態を解説

体育会系就活生くん

「体育会系は就活で有利」と聞きました。
「就活がうまくいかない人は、就活サイト/エージェントを使えば良い」と言われたのですが、僕は体育会系なので、就活はなんとかなりますよね?

「体育会系だから」という理由だけでは、就活はうまくいきません。

それでは、体育会系の就活の実態について解説します。

「就活の教科書」編集部

全ての企業で体育会系だから就活に有利というわけではない

「体育会系だから、すぐに内定をもらえるだろう」と考え、就活に苦戦する学生は多いです。

確かに、「忍耐力がある」「厳しい上下関係の中で育ってきた」などの背景から、体育会系の学生は就活で有利とされやすいです。

しかし「体育会系出身」という経歴に甘んじて、自己分析や業界研究・企業研究を怠ると、就活はうまくいきません。

就活をうまく進めるためには、自己分析や業界研究をすると同時に、就活エージェントを利用するのも一つの手段です。

体育会系の学生は、部活に時間を取られて、就活に十分な時間を割けませんよね。
そんな体育会系の学生は、就活エージェントを利用して、しっかりとサポートしてもらうことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部

体育会系を求めている企業があるのは事実

上記で、体育会系だから就活が上手くいくわけではないと解説しました。

その一方で、体育会系を求めている企業が一定数あるのは事実です。

体育会系でのコミュニティや、部活で培った体力・忍耐力などが働く上で必要な企業は、積極的に採用するでしょう。

体育会系での経験をきちんとアピールするための方法が分からない人は、後で紹介する就活サイト/エージェントを利用してみてください。

自身の魅力を伝え、活躍できる企業で働けたら良いですね。

「就活の教科書」編集部

体育会系就活と一般就活の違いとスケジュール

次に、体育会系所属者の就活と一般就活の違いについて説明します。

体育会系所属者の大きな特徴としては、大会や試合の参加で就活に割ける時間が限られているということです。

一般的な就活1年間のスケジュールとしては以下のようになっています。

学年 時期 就活イベント
大学3年/修士1年 5~7月 夏のインターンシップに向けてエントリー/選考等
8~9月 夏のインターンシップ参加
10月 夏のインターンシップ直結の早期選考/外資コンサル等の早期選考
10~11月 冬にインターンシップに向けてエントリー/早期選考エントリー
12~2月 冬のインターンシップ/早期選考
3月 多くの企業が本選考のエントリー/プレエントリーを開始
大学4年/修士2年 4月 随時選考
6月 多くの企業が募集を終了
10月 内定式

1年間の就活スケジュールを把握したうえで、体育会系所属者は遅くとも1月頃からは就活を始めると良いでしょう。

ただし、企業によっては夏のインターンシップ参加者からしか募集をしないなどあるため、注意が必要です。

自分が行きたい業界や企業は、早めに調べておくことを推奨します。

「就活の教科書」編集部

体育会系の就活事情(口コミあり)

体育会系の就活事情が気になると思います。

そこで、体育会系の就活事情を以下にまとめました。

体育会系専用の就活イベントもあるようですね!

体育会系の行動力や、先輩とのコネクションの多さなどは、就活に有利なはずです。

「就活の教科書」編集部


体育会系の大学生向けの就活サイト/エージェントおすすめtop3

就活生くん

体育会系の学生は、どんな就活サイト/エージェントを選んだら良いですか?
体育会系の学生におすすめの就活サイト/エージェントがあれば、教えてください!

体育会系の学生は、体育会系の学生へのサポートに力を入れている就活サイト/エージェントがおすすめです。
体育会系向けの就活エージェントオススメtop3を紹介します。

「就活の教科書」編集部

おすすめ①:アスリートエージェント

アスリートエージェント

体育会系向けの就活エージェントおすすめ2個目は、アスリートエージェントです。

「アスリートエージェント」は、株式会社アーシャルデザインが運営する、就職支援・新卒紹介の就活エージェントです。

「アスリートエージェント」では、他の就活エージェントでは出会えない、非公開求人を含めた体育会・アスリート限定の求人を多数取り扱っています。

また新卒体育会学生・元体育会転職希望者・プロアスリートを専門に就職支援しているので、体育会系の学生に特化した就職支援を受けられます

そして、地方在住の就活生のためにアドバイザーが出向く出張面談も実施しています。

「忙しい部活の合間を使って、就活を楽に進めたい…」そんな体育会系の学生は、「アスリートエージェント」を利用してみましょう。

「就活の教科書」編集部

「アスリートエージェント」を見てみる

 

「アスリートエージェント」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

 

おすすめ②:ジールコミュニケーションズ

ジール 体育

体育会系向けの就活エージェントおすすめ1個目は、ジールコミュニケーションズです。

ジールコミュニケーションズとは、株式会社ジールコミュニケーションズが運営する就活エージェント/イベントです。

ジールコミュニケーションズでは、体育会系の学生を高く評価してくれる企業の求人を多数取り揃えています。

体育会系出身のキャリアプランナーが、自身の経験を活かしてサポートしてくれるので、体育会系ならではの悩みも解消できます。

求人紹介の他にも、ES添削などの選考対策企業との日程調整までサポートしてくれるので、内定率が上がりますよ。

内定先としては、ダイドードリンコ(DyDo)など、優良企業・好条件企業への内定実績も充分です。

「忙しいけど、就活で妥協したくない」「体育会系の経験を就活でも活かしたい」就活生は、ジールコミュニケーションズを利用してみましょう。

「就活の教科書」編集部

ジールコミュニケーションズを見てみる

 

「ジールコミュニケーションズ」のサービス内容や内定実績について、もっと詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

おすすめ③:マイナビアスリートキャリア

マイナビアスリートキャリア

体育会系向けの就活エージェントおすすめ8個目は、マイナビアスリートキャリアです。

「マイナビアスリートキャリア」は、株式会社マイナビが運営する、就職支援のエージェントサービスです。

「マイナビアスリートキャリア」は、卒業後も競技を続けていきたいアスリート(就活生)に競技と仕事の両立が可能な企業を紹介し、「デュアルキャリア」という生き方を支援しています。

「マイナビアスリートキャリア」を見てみる

 

「マイナビアスリートキャリア」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

体育会系の大学生向けの就活サイト/エージェントその他のおすすめ11選

体育会系の学生は、体育会系の学生へのサポートに力を入れている就活サイト/エージェントは他にもたくさんあります。

上記で説明した以外のおすすめ就活サイト/エージェントを紹介します。

「就活の教科書」編集部

これら11つの就活エージェントの中には、転職者向けのものもありますが、新卒向けの事業もやっていますのでご安心ください。
では、それぞれの就活エージェントの特徴とともに解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

おすすめ①:ウィルオブ・スポーツ(旧:マーススポーツエージェント)

ウィルオブスポーツ(マーススポーツエージェンシー)

体育会系向けの就活エージェントおすすめ1個目は、ウィルオブ・スポーツ(旧:マーススポーツエージェント)です。

「ウィルオブ・スポーツ」は、株式会社ウィルオブ・スポーツが運営する、就職支援・新卒紹介の就活エージェントです。

スポーツ業界に就職したい就活生の支援、そして体育会系人材を求める企業へ体育会系人材を紹介しています。

また合同企業説明会や、体育会連盟・団体との連携による「就活フォーラム」などの各種新卒採用サービスも実施しています。

「ウィルオブ・スポーツ」を見てみる

 

「ウィルオブ・スポーツ」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

おすすめ②:スポナビエージェント

スポナビ

体育会系向けの就活エージェントおすすめ2個目は、スポナビエージェントです。

「スポナビエージェント」は、株式会社スポーツフィールドが運営する、体育会系の就活生限定の就活エージェントです。

体育会学生限定の合同就職セミナーを全国10会場で開催するほか、各種セミナー・イベントも開催しています。

「スポナビエージェント」を見てみる

 

「スポナビエージェント」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

おすすめ③:アスプラ

アスプラ

体育会系向けの就活エージェントおすすめ3個目は、アスプラです。

「アスプラ」は、株式会社アスリートプランニングが運営する、体育会系の部活・サークル出身者のみが利用できる就活エージェントです。

「アスプラ」を使えば、体育会限定の非公開求人や、特別セミナー情報を入手できます。

「アスプラ」を見てみる

 

「アスプラ」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ④:ジールキャリア

ジールキャリア

体育会系向けの就活エージェントおすすめ4個目は、ジールキャリアです。

「ジールキャリア」は、株式会社ジールキャリアが運営する、体育会学生向けに特化したサービスが受けられる就活エージェントです。

体育会系学生への評価が高い企業の情報や非公開求人情報をもとに、専任のキャリアプランナーから企業の紹介を受けられます。

「ジールキャリア」を見てみる

 

「ジールキャリア」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ⑤:スポジョバ

スポジョバ

体育会系向けの就活エージェントおすすめ5個目は、スポジョバです。

「スポジョバ」は、株式会社スポーツマリオが運営する、スポーツ業界に特化したマッチングサービスです。

スポーツ業界の求人情報が載っているだけでなく、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載されています。

「スポジョバ」を見てみる

 

おすすめ⑥:リクナビ就職エージェント

リクナビ就職エージェント

体育会系向けの就活エージェントおすすめ6個目は、リクナビ就職エージェント 」です。

「リクナビ就職エージェント」とは、株式会社リクルートキャリアが運営する就職支援、新卒紹介サービスです。

「リクナビ就職エージェント」を使えば、体育会専任アドバイザーから、履歴書の添削や面接アドバイスが受けられます

また体育会専任アドバイザーが選考スケジュールの調整を代行してくれるので、部活と就活を両立されられます。

「リクナビ就職エージェント」を見てみる

 

「リクナビ就職エージェント」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ⑦:Maenomery

maenomery

体育会系向けの就活エージェントおすすめ7個目は、「Maenomery」です。

「Maenomery」とは、株式会社Maenomeryが運営する、体育会・アスリート・スポーツ経験者のための就職・転職エージェントサービスです。

「Maenomery」では、専任の元アスリートカウンセラーによる、マンツーマンのサポートを受けられます。

また、「アスリートとしてのキャリア」と「スポーツ社会人としてのキャリア」の2つのキャリアを並行して取り組むことができる「デュアルキャリア支援」も魅力の一つです。

アスリートとしてのキャリアを歩もうか迷っている方は、ぜひ利用してみて下さい!

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ⑧:体育会ナビ

体育会ナビ

体育会系向けの就活エージェントおすすめ8個目は、「体育会ナビ」です。

「体育会ナビ」は、ガーディアンシップが運営する体育会・スポーツ系学生の為の就職支援サイトです。

体育会学生が選ぶ就職支援サービス第1位、利用満足度第1位、友人に紹介したい体育会学生就職支援サービス第1位と三冠を達成しています。

体育会合同会社説明会が全国各地で開催されており、社長が直接説明してくれるのが特徴です。

自分のスポーツでの経験や強みを活かしたい方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ⑨:CSParkCareer

CSParkCareer

体育会系向けの就活エージェントおすすめ9個目は、「CSParkCareer」です。

「CSParkCareer」は、専任のエージェントが面接対策・自己分析など就活サポートを行ってくれる就職支援サービスです。

その他、オンライン就活講座で就活について学べたり、体育会系の学生の就活体験談が読めたりなど、役立つ情報も多く掲載されています。

体育系学生のESも無料で読めるのも特徴です。

「部活等で忙しく就活に割ける時間が少ない」という体育会系学生でも、サポートを受けながら効率よく就活を進めることができます。

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ⑩:I am a rookie

I am a rookie

体育会系向けの就活エージェントおすすめ10個目は、「I am a rookie」です。

「I am a rookie」は、株式会社ウエストスクエアが運営するスポーツアスリートの就職支援サービスです。

専属のカウンセラーが付く、企業からオファーが来る、体育系学生向けの就活講座が受けられるという特徴があります。

商社・メーカー・IT関連など業界または企業規模の大小問わず様々な職種の企業が揃っています。

体育系学生向けの就活講座を受けたりオファーをもらうことができるので、自分に必要なものに時間を割くことができ、部活との両立もしやすくなりますね。

「就活の教科書」編集部

 

おすすめ⑪:Plugin

Plugin

体育会系向けの就活エージェントおすすめ11個目は、「Plugin」です。

「Plugin」は、体育会専門の就活エージェントです。

部活単位と連携しての紹介を受けることになるため、所属先の監督などからの推薦を得る事ができます。

自己分析やES添削など就活サポートも行ってくれるので、選考に進んでからも円滑に就活を進めることができます。

所属先関係者・監督・コーチからの紹介・推薦がもらえるのは、Pluginならではの特徴です。

「就活の教科書」編集部

就活サイト/サービスおすすめに関する記事一覧

おすすめの就活関連サイトやサービス等について詳しく分かりますので、以下の記事も読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

                                                   

体育会系向けのオススメ業界と企業一覧

就活生ちゃん

体育会系向けの就活サイト/エージェントを使ってみようと思いました。

体育会系におすすめの業界や企業はあるのでしょうか?

体育会系におすすめの業界はあります。

体育会系向けの、業界と企業について解説します。

「就活の教科書」編集部

体育会系向けのオススメ業界
  • 業界①:不動産
  • 業界②:商社
  • 業界③:IT
  • 業界④:広告
  • 業界⑤:食品・飲料

業界①:不動産

体育会系向けのオススメ業界1つ目は、「不動産」です。

不動産業界は、結果にこだわる文化があり、体育会系の人が多く活躍しています。

また、数字を競い合う企業や、成果に応じたインセンティブ(報酬)で燃えるタイプの人にはオススメの業界です。

不動産業界は、体育会系で培ったコミュニケーション能力や体力を存分に発揮できる環境だといえるでしょう。

体育会系向けの不動産企業一覧
  • オープンハウス
  • 大和ハウス工業
  • 積水ハウス
  • レオパレス21
  • 大東建託
  • 一条工務店
  • 住友不動産販売
  • 三井不動産リアルティ
  • 東建コーポレーション
  • 住友林業
  • エイブル
  • 東急リバブル
  • 東急コミュニティー
  • 野村不動産 etc

不動産業界のなかにも、デベロッパー・ハウスメーカー・投資用不動産などがあります。

不動産業界についてもっと知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

業界②:商社

体育会系向けのオススメ業界2つ目は、「商社」です。

商社は、海外業務もあり、深夜や早朝からのミーティング業務や、現地での仕事もあります。

そのため、商社業界は体育会系の人が持ち合わせたバイタリティーやストレス耐性などを発揮できる環境でしょう。

体育会系向けの商社企業一覧
  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 住友商事
  • 豊田通商
  • 双日
  • 長瀬産業
  • 岩谷産業
  • 稲畑産業
  • 内田洋行
  • 豊島
  • 片岡物産
  • エヌ・エス・ビー
  • リカーマウンテン
  • 全日空商事
  • 三洋貿易
  • コタ
  • 日伝
  • 新生紙パルプ商事
  • 極洋 etc

商社のなかにも、総合商社やある一定の分野に強みをもつ専門商社があります。

商社業界については、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

業界③:IT

体育会系向けのオススメ業界3つ目は、「IT」です。

IT業界は、セキュリティの観点から、システム対応で深夜にも業務を行うことがあります。

また、IT商材は無形であるため、売ることが難しく営業職も忍耐が必要です。

そのため、IT業界は、体育会系で培った体力や忍耐力をなどを発揮できる環境でしょう。

体育会系向けのIT企業一覧
  • NEC
  • アウトソーシングテクノロジー
  • リクルート
  • パーソルクロステクノロジー
  • NTTドコモ
  • 楽天
  • ヤフー
  • マイナビ
  • ラディックス
  • SFIDA X
  • TIS
  • SCSK
  • テクバン
  • データX
  • アイエスプラン
  • ファスト
  • ユニシステム
  • オープンアップシステム etc

IT業界には、ITコンサルタント、コンサルティング営業、技術営業、システムエンジニアなど様々職種があります。

IT業界については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

業界④:広告

体育会系向けのオススメ業界4つ目は、「広告」です。

広告業界は、複数のプロジェクトを同時進行したり、締切に追われたりなど、比較的にハードな業界です。

一方で、大手のクライアント企業の広告案件に関われたり、チームで業務を達成したときのやりがいは大いにあるでしょう。

そのため、広告業界は、体育会系で培ったチームワーク力や粘り強さなどを発揮できる環境でしょう。

体育会系向けの広告企業一覧
  • 電通
  • 博報堂
  • ADKホールディングス
  • サイバーエージェント
  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
  • ジェイアール東日本企画
  • 大広
  • 東急エージェンシー
  • オプト
  • アイレップ
  • Zホールディングス
  • GMOインターネットグループ
  • メディアドゥ
  • エイベックス
  • ビアラ
  • Speee
  • クックパッド
  • AnyMindグループ
  • セレス
  • アマナ
  • ジーニー
  • サイバーバズ
  • ZUU
  • 読売広告社 etc

広告業界は、人気な業界の1つですね!

広告業界については、以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部

業界⑤:食品・飲料

体育会系向けのオススメ業界5つ目は、「食品・飲料」です。

食品・飲料業界は、業界の特徴として体育会基質な企業が多い傾向にあります。

そのため、人事にも体育会での経験はウケが良いでしょう。

体育会系での、経験を就職活動で伝え、仕事においても発揮できると良いでしょう。

体育会系向けの食品・飲料企業一覧
  • サントリーホールディングス
  • マルハニチロ
  • 日本ハム
  • 江崎グリコ
  • ネスレ日本
  • 味の素
  • 明治グループ
  • 日清食品
  • 森永乳業
  • ミヨシ油脂
  • アサヒビール
  • ロッテ
  • サッポロビール
  • 森永成果
  • ハウス食品
  • 伊藤園
  • 雪印メグミルク
  • キューピー
  • カルビー
  • カゴメ
  • ヤクルト本社
  • ブルボン
  • 山崎製パン
  • コカ・コーラボトラーズジャパン
  • 伊藤ハム
  • 日清製粉
  • ニップン
  • キリンビール etc

食品・飲料業界は、よく名前を聞く企業が多いですね。

食品・飲料業界については、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

【企業に好かれる】体育会系の人が発揮できる強み5選

就活生くん

体育会系向けのオススメ業界/企業は分かりましたが、その中で体育会系の人がアピールできる強みは何ですか?

体育会系の人がアピールできる強みはたくさんありますが、ここでは5つ強みを解説します。

「就活の教科書」編集部

体育会系の人が発揮できる強み
  • 強み①:ストレス耐性
  • 強み②:最後までやり抜く力
  • 強み③:ルールを守る
  • 強み④:成果にこだわる姿勢
  • 強み⑤:コミュニケーション能力

強み①:ストレス耐性

体育会系の人が発揮できる強み1つ目は、「ストレス耐性」です。

体育会系の人は、日々のトレーニングや部活と学業の両立などをこなしてきたため、普通の人よりもストレス耐性があるます。

社会にでて働くと、少なからずストレスは生じます。

そのような条件でも、高いパフォーマンスを発揮できる人を企業は求めているため、ストレス耐性を強みとしてアピールすることが出来ます。

強みをアピールするときは、具体的な過去のエピソードと会社でどのようにその強みを発揮できるのかをセットで考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部

強み②:最後までやり抜く力

体育会系の人が発揮できる強み2つ目は、「最後までやり抜く力」です。

試合や練習はきついものですが、体育会系の人は最後までやり抜く力を自然と身につけています。

長期的にスポーツを続けた経験や目標設定を行い、その目標までやり抜いた経験など多くのエピソードがあるでしょう。

仕事をする際に、長期的なプロジェクトもあるため最後までやり抜く力は強みとしてアピールすることが出来ます。

途中で挫折しても、やり抜いた経験があるとよりアピールすることができます。

「就活の教科書」編集部

強み③:ルールを守る

体育会系の人が発揮できる強み3つ目は、「ルールを守る」です。

体育会系の人は、試合や部活道内でのルール当たり前のように守り、行動していた人がほとんだと思います。

会社は組織なので、決められたルールの中で行動し、力を発揮できる人は企業から求められます。

そのため、決められたルールの中で力を発揮してきた経験は強みとしてアピールすることができます。

面接で「ルールを守れることが強みです」といった回答は、当たり前のことになるので回答としては相応しくないので、注意が必要です。

「決められたルールの中で、持ち味を発揮できる」といったような回答にしましょう。

「就活の教科書」編集部

強み④:成果にこだわる姿勢

体育会系の人が発揮できる強み4つ目は、「成果にこだわる姿勢」です。

体育会系の人は、勝ちや数値にこだわります。

そのような姿勢は、企業が売上や利益といった数値目標を達成する際に必要なことです。

そのため、成果にこだわる姿勢は強みとしてアピールできるでしょう。

「成果にこだわる姿勢」は少し抽象的なので、説明する際には数値をうまく活用して説明してみてください。

「就活の教科書」編集部

強み⑤:コミュニケーション能力

体育会系の人が発揮できる強み5つ目は、「コミュニケーション能力」です。

体育会系の人は、社会人のサポーターや上下関係があるメンバー間でのコミュニケーションを頻繁にとっています。

コミュニケーション能力は、どの企業・職種に就いても必要とされまる当たり前のスキルです。

しかし、コミュニケーションにより組織変革やチーム内モチベーションの底上げに成功したなど、具体的なエピソードがあれば強みとしてアピールできるでしょう。

多くの人が経験したことがありそうなエピソードでは差別化できませんが、過程や結果にオリジナリティがあれば、強みとしてアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部


体育会向けの就活サイト/エージェントの良い評判・口コミ

体育会系就活生くん

体育会向けの就活サイト/エージェントのおすすめがわかりました。
でも、体育会向けの就活サイト/エージェントの評判って実際どうなんですか?

体育会向けの就活サイト/エージェントの良い評判・口コミは、次の3つです。

「就活の教科書」編集部

体育会向けの就活エージェントの良い評判・口コミ
  • 信頼できる
  • 就活エージェントが数社勝手に付いてくれる
  • 他では絶対に入手できない情報ばかり

良い評判①:信頼できる

新卒の就職活動で、アスリートエージェントさんにお世話になりました。体育会学生専門の紹介会社は他にも何社かお世話になったのですが、「いつでも相談できる。親身に相談に乗ってくれる部活のマネージャーみたいな存在」と感じたのは、アスリートエージェントさんでした。

周りの友人達は、誰もが知っているような有名企業や上場企業に行く事に価値を感じていたのですが、私は何となく違和感を感じていて、「誰と働くのか?」、「どんな思いを持った方達と一緒に働くのか?」が私の中での就活の軸でした。

ナビ媒体のように、何万社とある企業の中から、社会人経験の無い新卒学生が、自分にフィットする企業を自分一人で探す事は不可能な気がして、担当してくれたコンサルタントさんには毎日のように就活相談をしていました。。

その中で、今の就職した企業をご紹介して頂き、「この方達と一緒に働きたい!」と心から思える企業に出会えました。

就職が決まった後も、入社前にアスリートエージェントさんで内定者研修を実施してくれて、「競技経験で培った思考やマインドをどのように仕事に活かせるのか」を教えて頂き、今の営業活動にとても役立っています。

引用:https://www.a-cial.com/lp/

就活エージェントと信頼関係を築けると、より自分に合った企業を紹介してもらえて良いですね。

「就活の教科書」編集部

良い評判②:就活エージェントが数社勝手に付いてくれる

体育会専門の就活エージェントが付いてくれると、自分からエージェントを探さなくても済むので、楽で良いですね。

「就活の教科書」編集部

 

良い評判③:他では絶対に入手できない情報ばかり

正直、自分は体育会だから就活は優位だと思っていましたが、体育会というだけでは全く通用しませんでした。アスプラさんの自己分析セミナーや面接対策、先輩のES情報など、他では絶対に入手できない情報ばかりで、就活を戦う上で本当にためになりました!後輩にも絶対薦めます!
引用:https://asupura.com/2020/#

「就活は情報戦」と良く言われるほど、情報があると就活はかなり有利に進められます。
就活の情報が欲しい学生は、就活エージェントの利用をおすすめします。

では次に、体育会向けの就活エージェントのイマイチな評判・口コミを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部

 

体育会向けの就活サイト/エージェントのイマイチな評判・口コミ

体育会系就活生くん

体育会向けの就活エージェントの良い評判はわかりました。
でも、体育会向けの就活エージェントのイマイチな評判ってあるんですか?

体育会向けの就活エージェントのイマイチな評判・口コミは、次の3つです。

「就活の教科書」編集部

体育会向けの就活エージェントのイマイチな評判・口コミ
  • 信用しづらいエージェントもいる
  • エージェントのタメ口が気になった
  • エージェントからの連絡が少し多い

 

イマイチな評判①:信用しづらいエージェントもいる

 

イマイチな評判②:エージェントのタメ口が気になった

 

イマイチな評判③:エージェントからの連絡が少し多い

体育会向けの就活エージェントのイマイチな評判・口コミは、上記の3つです。
体育会向けの就活エージェントは、エージェント自身も体育会系出身の場合が多いです。
同じ体育会出身として身近に接しようするあまり、タメ口で話しかけてしまうこともあるのかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部

 


体育会系ならではの就活サイト/エージェントの選び方

体育会系就活生くん

体育会系の学生が就活サイト/エージェントを選ぶ際に、気をつけることはありますか?
就活サイト/エージェントの選び方を教えてください。

体育会系の学生が就活サイト/エージェントを選ぶ際には、次の3つに気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部

体育会系ならではの就活エージェントの選び方
  • 体育会系をサポートしてくれるエージェントを選ぶ
  • ビジネスマナーを教えてくれるエージェントを選ぶ
  • 自分に合ったエージェントを選ぶ

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

選び方①:体育会系をサポートしてくれるエージェントを選ぶ

体育会系ならではの就活エージェントの選び方1つ目は、「体育会系をサポートしてくれるエージェントを選ぶ」です。

体育会系の学生は、部活に時間を取られがちで、就活のために十分な時間を確保できません。

したがって、限られた時間の中でも、業界研究や自己分析などをサポートしてくれるエージェントを選びましょう。

自分が志望する業界や企業とつながりがある就活エージェントを選ぶのもおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

選び方②:ビジネスマナーを教えてくれるエージェントを選ぶ

体育会系ならではの就活エージェントの選び方2つ目は、「ビジネスマナーを教えてくれるエージェントを選ぶ」です。

どれだけ体育会系の学生が企業に望まれていても、ビジネスマナーがなっていない人材を欲しがる企業はいません。

「挨拶の仕方」「席に着くタイミング」など、最低限のビジネスマナーは教えてくれるエージェントを利用しましょう。

就活エージェントによっては、ビジネスマナーを教えてくれない会社も存在するので、あらかじめ評判を調べておきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

選び方③:自分に合ったエージェントを選ぶ

体育会系ならではの就活エージェントの選び方3つ目は、「自分に合ったエージェントを選ぶ」です。

就活エージェントは、企業や担当によってはエージェントの質にムラがあり、希望する業界や企業を紹介してもらえない場合があります。

質の高いエージェントを選び、自分に合った業界や企業を紹介してもらいましょう。

エージェントの質は、実際に利用してみないとわかりません。
もし担当エージェントが自分に合わなかった場合、担当を変えてもらえるよう、エージェント会社にお願いしましょう。

「就活の教科書」編集部

 

そもそも就活エージェントとは

次に、そもそも就活エージェントとは何なのかについて簡単に解説します。

「就活の教科書」編集部

就活エージェントは、就職活動のプロ(エージェント)が内定までサポートしてくれるサービスのことです。

就活エージェント側は提携企業からお金をもらっているので、就活生は無料で使えます。

就活エージェントを使えば、以下のようなサポートを受けられることが多いです。

就活エージェントを使って受けられるサポート内容
  • 就職相談(カウンセリング)
  • 厳選された求人の紹介
  • 履歴書やエントリーシートの添削
  • 面接の対策
  • 企業への推薦
  • 内定後のフォロー など

どんな業界に就職する場合でも、就活エージェントは就活生のことをサポートしてくれます。
様々な就活エージェントが存在するので、自分に合ったエージェントを使うことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部

 

 


まとめ:体育会系には「アスリートエージェント」がおすすめ!

今回は、「体育会系向けの就活サイト/エージェントおすすめ14選」を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、体育会系ならではの就活エージェントの選び方も紹介しました。

今回の記事をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部

体育会系向けの就活エージェントおすすめ14選まとめ

体育会系向けの就活サイト/エージェントおすすめ14選

  • おすすめ①:ジールコミュニケーションズ
  • おすすめ②:アスリートエージェント
  • おすすめ③:ウィルオブ・スポーツ(旧:マーススポーツエージェント)
  • おすすめ④:スポナビエージェント
  • おすすめ⑤:アスプラ
  • おすすめ⑥:ジールキャリア
  • おすすめ⑦:スポジョバ
  • おすすめ⑧:マイナビアスリートキャリア
  • おすすめ⑨:リクナビ就職エージェント
  • おすすめ⑩:Maenomery
  • おすすめ⑪:体育会系ナビ
  • おすすめ⑫:CSParkCareer
  • おすすめ⑬:I am a rookie
  • おすすめ⑭:Plugin

体育会系ならではの就活サイト/エージェントの選び方

  • 選び方①:体育会系をサポートしてくれるエージェントを選ぶ
  • 選び方②:ビジネスマナーを教えてくれるエージェントを選ぶ
  • 選び方③:自分に合ったエージェントを選ぶ

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。
合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部