【年収/売上別】ゲーム業界の大手ランキング一覧 | 仕事内容,現状,今後の動向も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • ゲーム業界仕事内容と現状
  • 【年収/売上別】ゲーム業界の企業ランキング
  • ゲーム業界は今後もなくならず市場規模が拡大する
  • ゲーム業界の求める人物像は新しいことを考えるのが好きな人
  • 【職種別】ゲーム業界の仕事内容
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という就活生は、LINE適職診断で無料診断するのがおすすめ

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のなつこです。

今回はゲーム業界の企業の年収・売上ランキングについて紹介していきます。

就活生のみなさんは、「ゲーム業界の年収はどれくらい?」「ゲーム業界にはどんな企業があるの?」など、さまざまな疑問や不安があるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生くん

僕は、ゲーム業界に就職したいと考えています。

ゲーム業界の大手企業やその年収について教えてください。

就活生ちゃん

私はゲーム業界に就職を考えています。

業界研究をしていてもよくわからないので、ゲーム業界の将来性や仕事内容について知りたいです。

確かにどのゲーム業界がいいのか、ゲーム業界の仕事の内容や将来性について気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

そこでこの記事では、ゲーム業界の企業の年収・売上ランキングについて解説していきます。

合わせて、ゲーム業界の今後、就職するために必要な準備求める人物像や仕事内容についても説明していきます。

この記事を読めば、ゲーム業界の企業ランキングゲーム業界に就職するための知識がわかります。

「ゲーム業界にはどんな企業があるの?」「ゲーム業界の年収ランキングが知りたい」などの疑問を持っている就活生はぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

「どの業界を選べば良いのかわからない…」という人には、LINE適職診断の活用がおすすめです。

「LINE適職診断」は、簡単な質問であなたの適職を16タイプで診断しますので、あなたに合った仕事や必要な就活対策がわかりますよ。

すでに75,000人以上が利用していますので、ぜひ活用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> 「LINE適職診断」で診断してみる(無料)

 

目次

 

そもそもゲーム業界とは?

就活生ちゃん

私はゲーム業界への就職を視野に入れています。

ゲーム業界が現在どのような状況にあるのか知っておきたいです。

また、ゲーム業界にはどんな仕事があるのかについても知りたいです。

わかりました。

それではゲーム業界の現状と課題、ゲーム業界の職種や種類について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

また、「ゲーム業界の就職偏差値ランキング」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒【就活】ゲーム業界の就職偏差値ランキング&年収調査!(任天堂/ソニー/バンダイナムコ/セガ/タカラトミー)

 

ゲーム業界の現状と課題

ゲーム業界は非常に大きな市場となっています。

現在でも根強い人気を誇る家庭用ゲームに加え、近年ではスマホゲームの急速な拡大、さらには新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響でクラウドゲームを楽しむ人も増加しました。

そのため、スマホゲームへの参入やゲーム関連事業の展開など、事業の多様性が高まってきていることが特徴です。

一方で、「これからの時代にどう対応していくか」がゲーム業界の大きな課題となっています。

少子高齢化による市場規模の減少、海外との趣味・嗜好の違い、コロナウイルス禍による開発環境の変化など、ゲーム業界を取り巻く環境は次々と変化しています。

さらに、ゲームはすぐに飽きられしまうという特徴があるため、常に改変や新たなコンテンツが求められます

安定的に収益が確保できるコンテンツを持っている企業は稀であリ、業績が安定しないことも課題であると言えます。

就活生ちゃん

なるほど!

ゲーム業界は新しい挑戦をし続けている業界なんですね。

そうなんです。

ゲーム業界はコロナウイルスの影響を非常に受けた業界の1つで、次々に登場する新しいテクノロジーの影響もあり、今がちょうど変革の時期となっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種別のゲーム業界の仕事内容

ゲーム業界には、それぞれの専門分野によって大きく以下のような職種があります。

職種別のゲーム業界の仕事内容
  • ゲームプランナー:ゲームの企画を作り出す
  • ゲームディレクター:ゲーム開発の責任者
  • ゲームプロデューサー:全体的な方向性を決める統括マネージャー
  • シナリオライター:物語を書きストーリーを作り上げる
  • ゲームデザイナー:登場するキャラクター・アイテム・背景のデザインを行う
  • サウンドクリエイター:ゲームに音楽をつけたり、効果音を作る
  • エンジニア:構想されたゲームをプログラミングによって実際に再現する

それぞれの仕事内容については記事の後半で詳しく解説しているので、興味のある就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

>>【職種別】ゲーム業界の仕事内容について詳しく見てみる

 

ゲーム業界の種類

就活生くん

僕はゲーム業界に興味があります。

ゲーム業界にはどんな種類があるのか教えてください。

わかりました。

ゲーム業界の種類について、説明します。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ゲーム業界は、家庭用ゲームスマホゲームゲーム関連サービスの大きく3つの種類に分けられています。

それぞれの事業内容について以下にまとめました。

家庭用ゲームの事業内容
  • ゲームハードメーカー:ゲームハードの開発・販売⇒任天堂、SONY
  • ゲームパブリッシャー:ゲームソフトの企画・販売⇒LINE、サイバーエージェント
  • ゲームデベロッパー:ゲームソフトの開発⇒モノリスソフト

ゲーム業界にはさまざまな事業がありそれぞれに特徴があるので、自分にあったゲーム業界を見つけてみてください。
また、ゲーム業界の種類については記事の後半で詳しく解説しているので、興味がある就活生は読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

>>ゲーム業界の種類について詳しく見てみる 

 


【年収別】ゲーム業界の企業ランキング一覧

就活生くん

僕は、ゲーム業界に就職したいと考えています。

ゲーム業界の年収ランキングについて知りたいです。

わかりました。

ゲーム業界の年収をランキング形式で一覧にして紹介します。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ゲーム業界の企業の年収ランキング一覧
  • 年収1位:スクウェア・エニックス・ホールディングス(平均年収1,374万円)
  • 年収2位:バンダイナムコホールディングス(平均年収938万円)
  • 年収3位:ソニー(平均年収859万円)
  • 年収4位:任天堂(平均年収839万円)
  • 年収5位:セガサミーホールディングス(平均年収803万円)
  • 年収6位:コーエーテクモホールディングス(平均年収757万円)
  • 年収7位:ディー・エヌ・エー(平均年収751万円)
  • 年収8位:グリー(平均年収747万円]
  • 年収9位:コナミホールディングス(平均年収711万円)
  • 年収10位:ガンホー・オンライン・エンターテイメント(平均年収631万円程度)

ゲーム業界では、企業間での年収の差が大きいことが特徴です。

また、専門的な職種になればなるほど年収も上がっていく傾向にあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

 

【売上編】ゲーム業界の企業ランキング一覧

就活生くん

僕もゲーム業界への就職を考えています。

就職するなら売り合げがあって安定している会社に就職したいです。

なので、ゲーム業界の企業の売上ランキングについて教えてください。

わかりました。

ゲーム業界の企業ランキングを、売上編で一覧にして紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

【売上編】ゲーム業界の企業ランキング一覧
  • 売上1位:ソニー(19,197億円)
  • 売上2位:任天堂(13,085億円)
  • 売上3位:バンダイナムコホールディングス(3,228億円)
  • 売上4位:スクウェア・エニックス・ホールディングス(2,605億円)
  • 売上5位:ネクソン(2,485億円)
  • 売上6位:セガサミーホールディングス(2,477億円)
  • 売上7位:コナミホールディングス(1,533億円)
  • 売上8位:サイバーエージェント(1,518億円)
  • 売上9位:ミクシィ(1,072億円)
  • 売上10位:ガンホー・オンライン・エンターテイメント(1,013億円)

ソニーや任天堂は代表的なゲームハードメーカーということもあり、飛び抜けて高売上を記録しています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】ゲーム業界のランキング上位5社

就活生ちゃん

ゲーム業界の年収が高い企業や売上が多い企業についてわかりました!

けど、それぞれの会社についてよくわかりません・・・。

ランキング上位の会社についてもっと詳しく教えてください。

わかりました。

ゲーム業界のランキング上位5位の企業について、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

1位:スクウェア・エニックス・ホールディングス(平均年収1374万円)

ゲーム企業ランキンング1位は、スクウェア・エニックス・ホールディングスです。

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、デジタルエンタテインメント事業、アミューズメント事業、出版事業、ライツ・プロパティ等事業の4事業を行っているゲーム企業です。

ゲーム開発に限らず、メディアミックス展開などあらゆるジャンルにおいて多様なライフスタイルと嗜好に合わせた様々なコンテンツ・サービスを全世界で提供していることが特徴です。

スクウェア・エニックス・ホールディングスについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:5,077名
  • 平均年収:1,374万円程度
  • 月平均残業時間:29.4時間程度
  • 求める人材:プロフェッショナル精神と「エンタテインメントへの熱い想い」を持った人材

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」などが代表的なゲーム企業です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

2位:バンダイナムコホールディングス(平均年収938万円)

ゲーム企業ランキンング2位は、バンダイナムコホールディングスです。

バンダイナムコホールディングスは、エンターテインメントユニット、IPプロデュースユニット、アミューズメントユニット、関連事業会社で構成されたゲーム企業グループです。

各ユニットの中でも、エンターテインメントユニット内ではデジタル事業とトイホビー事業、IPプロデュースユニット内では映像音楽事業とクリエイション事業など、細かく事業が分かれており、幅広いエンターテインメント分野があることが特徴です。

また、CSR活動に力を入れているところも企業の魅力のひとつです。

バンダイナムコホールディングスについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:9.550名
  • 平均年収:938万円程度
  • 月平均残業時間:27.7時間程度
  • 求める人材:チャレンジ精神があり、グローバルな視野とビジネス視点を持っている人材

バンダイナムコホールディングスは、「アイドルマスター」「仮面ライダー」「たまごっち」などが代表的なゲーム企業です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

3位:ソニー(平均年収859万円)

ゲーム企業ランキンング3位は、ソニーです。

ソニーは、ゲームに関わる事業以外にも、音楽、映画、エレクトロニクス・プロダクツ、金融など幅広い分野を展開している企業グループです。

さらに、新しい取り組みとして車の開発やAI技術活用、宇宙エンタメ事業など、大きな企業グループだからこそできるチャレンジングな事業への取り組みが特徴です。

1994年に初代PlayStationを発売して以来、新たな機能を追加していきながら現在ではPlay Station5まで発売されています。また、ストリーミングで遊べるサブスクも2010年から開始し、時代にあったゲーム体験を提供しています。

ソニーについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:111,700名
  • 平均年収:859万円程度
  • 月平均残業時間:35.2時間程度
  • 求める人材:夢と好奇心、多様性、高潔さと誠実さ、持続可能性を持った人材

PlayStationで有名なソニーは常に未開拓の分野に挑戦しており、世界を相手に創造力を活かした仕事がしたい人におすすです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

4位:任天堂(平均年収839万円)

ゲーム企業ランキンング4位は、任天堂です。

任天堂は、「ニンテンドーDS」「Wii」「Nintendo Switch」などさまざまな家庭用ゲーム機と、それに伴うゲームソフトの開発・製造・販売を行っているゲーム企業です。

「スーパーマリオ」「ポケモン」などの誰もが知っている有名キャラクターをいくつも輩出しています。

生産施設を持たず、自社で企画・開発した商品の製造を他企業に委託して自社ブランドとして販売するファブレス企業であることが特徴です。

任天堂について
  • 本社所在地:京都府
  • 従業員数:2,498名
  • 平均年収:839万円程度
  • 月平均残業時間:26.3時間程度
  • 求める人材:独創の精神を大切にし、覚悟を持って困難に向き合い挑戦を続けることができる人材

ユーザーの対象が主に若い人なので、商品を開発する社員も若い人が多く、若手が活躍できる環境が整っていることが魅力的です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

5位:セガサミーホールディングス(平均年収803万円)

ゲーム企業ランキンング5位は、セガサミーホールディングスです。

セガサミーホールディングスは、「遊技機事業」「エンタテインメントコンテンツ事業」「リゾート事業」など、総合エンタテインメント企業として幅広い領域で事業を展開しているグループ会社です。

世界各地にパブリッシング拠点や開発スタジオを持っていることが特徴です。さらには、展開地域の拡大だけでなく、世界規模で進むオンライン化に伴い、”世界中どこにいても優良なコンテンツ”を届けるための事業展開が魅力的です。

セガサミーホールディングスについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:484名
  • 平均年収:803万円程度
  • 月平均残業時間:21.3時間程度
  • 求める人材:スピード感と創造力を持ち合わせ、新しいことを求める心のある人材

バックアップできる体制をしっかり持ったパブリッシャー企業であるため、入社後1年目から積極的にチャンスを掴んでいきたい人におすすめです。

以上、ランキング上位のゲーム企業について詳しく解説しました。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生ちゃん

なるほど!

ゲームに専念した企業からエンタテインメント全般を担う企業まで、さまざまなゲーム企業があることがわかりました。

 

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方はキミスカ適性検査適職診断(公式LINE)を同時に使って自己分析をするのが一番おすすめです。

両方とも、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業、向いている仕事を簡単に見つけられます。

すでに多くの就活生が利用しているので、あなたも今のうちに使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 
適職診断1
 

>> キミスカ適性検査を見てみる

>> 就活の教科書適職診断を見てみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【衰退するの?】ゲーム業界の今後

就活生くん

僕はゲーム業界に興味があります。

ゲーム業界が今後どのようになっていくのかについて知りたいです。

わかりました。

ゲーム業界は今後以下のようになっていくことが予想されます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ゲーム業界の今後
  • 今後①:ゲーム業界はなくならない
  • 今後②:5G技術を利用したゲームの登場
  • 今後③:VRやAR技術を利用したゲームの開発

それでは、ゲーム業界の今後について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

今後①:ゲーム業界は無くならない

ゲーム業界の今後の1つ目は、「ゲーム業界はなくならない」ことです。

AIの進歩により将来なくなってしまうとされている仕事は多数あります。そのような中で、ゲーム業界の仕事は常に新規性とオリジナリティーが求められるため、AIに完全に奪われてしまうことはないとされています。

また、ゲームは今や子どもだけでなく大人も楽しめる大娯楽産業として確立されており、少子高齢化社会において市場規模は縮小されてもなくなることはありません。

ゲーム業界は、新たな技術やeスポーツの登場によってますます盛り上がりを見せている業界です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

今後②:5G技術を利用したゲームの登場

ゲーム業界の今後の2つ目は、「5G技術を利用したゲームの登場」です。

近年注目されている5G技術は、4Gと比べて「高速大容量」「低遅延」「多接続」が実現できます。

そのため、多数の人がリアルタイムで同時に対戦できるようなゲームの開発や、ゲームをプレイするために必要な演算をクラウド上で行うクラウドゲームが台頭してくる可能性があります。

これまで特に問題視されていたネットワークの遅延が解消されることで、ラグの少ない快適なゲーム環境の構築にも繋がることが期待されています。

ゲーム以外においても5G技術は話題になっており、新たな技術の活用として注目を集めています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

今後③:VRやAR技術を利用したゲームの開発

ゲーム業界の今後の3つ目は、「VRやAR技術を利用したゲームの開発」です。

VRとは、専用機器によって仮想現実に没入しながら実体験に限りなく近い体験ができる技術のことです。

ARとは、スマートフォンやタブレットなどのカメラから映し出される現実の映像に、実際には映っていないものを重ねて現実世界に反映させることでさまざまなシュミレーションを行うことができる技術です。

ゲーム業界において、VR技術は家庭用ゲームとして、AR技術はスマートフォン用ゲームとして活用されており、まだ開発途中の段階であることから、これからさらなる成長が期待できる市場です。

VRやAR技術は、先ほど説明した5Gの登場によってさらにその幅が広がっていくことが期待されいます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

ゲーム業界に就職する時にやめとけと言われる理由3つ

就活生くん

僕はゲーム業界に興味があり業界研究をしています。

調べていると、ゲーム業界への就職にマイナスの言葉をよく見かけるのですが、その理由を教えてください。

気になる業界がマイナスイメージなのは不安ですよね。

なぜゲーム業界はやめとけと言われるのかについて、説明していきます。

ゲーム業界への就職はやめとけと言われる理由は、大きく以下の3つの理由があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ゲーム業界に就職する時にやめとけと言われる理由3つ
  • 理由①:ブラック企業が多いイメージだから
  • 理由②:明確な人手不足があるから
  • 理由③:納期やバグの修正で忙しくなるから

それでは、ゲーム業界がやめとけと言われる理由についてそれぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

理由①:ブラック企業が多いイメージがあるから

ゲーム業界に就職するときにやめとけと言われる理由1つ目は、ブラック企業が多いイメージがあるからです。

ゲーム業界の企業は、かつては実際に毎月80時間以上の残業やハラスメントがある企業が多くあり、ブラック企業ばかりだったようです。

そのため、「ゲーム業界=ブラック」という過去のイメージが定着してしまっています。

しかし、現在では働き方改革によって勤務時間のホワイト化が進んでいます

また、SNSの影響力が大きくなったこともあり会社側の環境改善が進み、ブラック企業の比率は全体の50%ほどになるなど、減少傾向にあります。

ゲーム業界では年齢層が若い企業も多いため、一時問題視されていた根性論によるハラスメントも少なくなっているようです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

理由②:明確な人手不足があるから

ゲーム業界に就職するときにやめとけと言われる理由2つ目は、明確な人手不足があるからです。

ゲーム業界では個々の実力が非常に重要となってきます。

ベンチャー企業などで育成制度が整っていない企業が多いため、実践を繰り返して実力をつけるまでに時間がかかり主体的に学ぶことができる人でないと実力が身に付かない環境です。

その上で、オンラインゲームやスマートフォンゲームの普及、新たな技術の登場により、多種多様な専門知識を持ったエンジニアが必要となってきているため、実力者不足の現状があります。

人手不足と言ってもただ人が少ないのではなく、人数はいても実力者が少ないのが現状です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

理由③:納期やバグの修正で忙しくなるから

ゲーム業界に就職するときにやめとけと言われる理由3つ目は、納期やバグの修正で忙しくなるからです。

ゲーム開発は、基本的にプランナー(企画)→デザイナー(開発)→プログラマー(ゲームに実装)のサイクルで行われています。

ゲームには数百の素材や複雑なプログラムが組み込まれており、どうしても抜け漏れが出てしまいます。

決まった期限の中で工程を何度も繰り返しながら修正していくため、納期直前になるとどうしても残業時間が増えてしまうことがあります。

就活生ちゃん

なるほど!

これまでのイメージが強く、それにとらわれてしまっていました。

企業によって異なるため、一概に全ての企業がブラック企業であるとは限りません。安心してください!

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ゲーム業界の大手企業に就職するための準備3つ

就活生くん

僕はゲーム業界の大手企業に就職したいです。

なので、ゲーム業界に就職するために必要な準備が知りたいです。

わかりました。

ゲーム業界の大手企業に就職するための準備で必要なことを説明していきます。

ゲーム業界の大手企業に就職する準備は、大きく以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ゲーム業界の大手企業に就職するための準備3つ
  • 準備①:ES/面接対策を徹底的に行う
  • 準備②:プログラミングを学習しておく
  • 準備③:実際にゲームを作ってみる

それでは、ゲーム業界の大手企業に就職するために必要な準備について詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

準備①:ES/面接対策を徹底的に行う

ゲーム業界の大手企業に就職するための準備1つ目は、ES/面接対策を徹底的に行うことです。

「なぜゲーム業界を志望しているのか」「なぜその企業なのか」「何が貢献できるのか」をしっかりとエントリーシートにまとめましょう。

また、面接ではゲーム業界と会社の傾向や自身のアピールポイントを合わせて話せるように、業界そのものの知識を身につけておく必要があります。

どの業界でも同じですが、就職活動をするにあたって業界研究・企業分析は非常に重要な準備です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

準備②:プログラミングを学習しておく

ゲーム業界の大手企業に就職するための準備2つ目は、プログラミングを学習しておくことです。

ゲームの制作において、どの職種にしてもプログラミングの基礎知識は身につけておく必要があります。

ゲームの種類によってプログラミング言語が異なるので、志望する企業で使われるプログラミング言語を把握し、経験を積んでおくことで専門性のアピールにもつながります。

プログラミング技術ははゲーム業界特有なため、ゲーム業界に就職したいと考えている人は絶対に学習しておくべき知識です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

準備③:実際にゲームを作ってみる

ゲーム業界の大手企業に就職するための準備3つ目は、実際にゲームを作ってみることです。

ゲームを実際に作ってみることでプログラミングの経験やゲーム制作の流れを掴むことができ、面接での強みになります。

また、人手不足なゲーム業界では実力が求められるため、即戦力になれることをアピールできると有利に就活が進められます。

仮にゲームが完成できなかったとしても、ゲームを作ろうとした姿勢やなぜ失敗したのかの分析を面接でのアピールポイントにできます。

また、ゲーム業界の企業の難易度については以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ゲーム業界の求める人物像

就活生くん

僕はゲーム業界に就職するために、業界研究をしています。

ゲーム業界では、どのような人が求められるのか教えてください。

わかりました!

ゲーム業界の求める人物像について説明していきます。

ゲーム業界が求める人物像は、大きく以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ゲーム業界の求める人物像
  • 人物像①:新しいことを考えるのが好きな人
  • 人物像②:細部までこだわりがある人
  • 人物像③:変化を楽しめる人

それでは、ゲーム業界の求める人物像を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

人物像①:新しいことを考えるのが好きな人

ゲーム業界が求める人物像の1つ目は、新しいことを考えるのが好きな人です。

ゲームは飽きられやすいという特徴から、常に新しいものが求められる業界です。

既存のものを組み合わせたり新たなものを生み出したりとその幅は広く、豊かな発想力や斬新なアイデアを持った人が活躍しやすいです。

新しいことに挑戦するだけでなく、日常の中で情報やアイデアを積極的に取り入れていくことが求められます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

人物像②:細部までこだわりがある人

ゲーム業界が求める人物像の2つ目は、細部までこだわりがある人です。

ゲーム作りは、ものによっては数年かかることもあり、その過程では作成・修正を繰り返し、何度も同じ作業をしながら細かいチェックをしていきます。

「より良いものを作りたい」という熱意とこだわりがないと続けていくことが厳しい業界です。

長期にわたってもこだわりを持って粘り強く作業できる根気を持った人が求められます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

人物像③:変化を楽しめる人

ゲーム業界が求める人物像の3つ目は、変化を楽しめる人です。

ゲーム業界では、以前は家庭用ゲームが主流でしたが現在はスマートフォンやパソコンなどさまざまなプラットフォームがあり、最新技術が次々と登場しています。

このように、取り巻く環境の変化が非常に激しいことが特徴です。

変化に取り残されないように、積極的に新しいものに興味を持つことが必要です。

移り変わっていく様子を楽しみながら、その変化についていくことができる人が求められます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【職種別】ゲーム業界の仕事内容

ゲーム業界では、仕事内容ごとにさまざまな職種に分かれています。

具体的にはゲーム業界には以下のような仕事内容があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

【職種別】ゲーム業界の仕事
  • ゲームプランナー:ゲームの企画を作り出す
  • ゲームディレクター:ゲーム開発の責任者
  • ゲームプロデューサー:全体的な方向性を決める統括マネージャー
  • シナリオライター:物語を書きストーリーを作り上げる
  • ゲームデザイナー:登場するキャラクター・アイテム・背景のデザインを行う
  • サウンドクリエイター:ゲームに音楽をつけたり、効果音を作る
  • エンジニア:構想されたゲームをプログラミングによって実際に再現する

それでは、ゲーム業界の仕事内容について、それぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種①:ゲームプランナー

ゲーム業界の職種1つ目は、ゲームプランナーです。

ゲームプランナーはゲームの骨組みと全体の構成・管理を担当する職種です。

具体的には、ゲームを企画・立案して社内プレゼンテーションを行ったり、企画が通った際に仕様書作成などを行いします。

これらは分担してチームで取り組みます。また、時にはゲームの売れ行きや顧客の評価などを分析するマーケティング作業を行うこともあります。

ゲーム制作の入り口を担うため、最低限の知識はもちろん、発想力論理的思考力プレゼンテーション能力が必要です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種②:ゲームディレクター

ゲーム業界の職種2つ目は、ゲームディレクターです。

ゲームディレクターは、ゲームの監督、演出指示、スケジュール管理、スタッフの管理などを担当する職種です。

ゲームプランナーが作成した仕様書をもとに、納期までに制作を進められるように指揮をとります。

チーム内の各スタッフを取りまとめて管理する役割のため、高いリーダーシップコミュニケーション能力が求められます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種③:ゲームプロデューサー

ゲーム業界の職種3つ目は、ゲームプロデューサーです。

ゲームプロデューサーはプロジェクト全体のリーダーにあたる職種です。

具体的には、ゲームを開発するにあたって必要な予算・スケジュールの策定や、開発メンバーの選定・アサインなどを行います。

また、プロモーションの企画も行います。

ゲームプロデューサーが作成した計画を元にゲームディレクターが管理をするため、責任感のある仕事です。

プロジェクト全体の管理・指揮を担い中心となる存在であるため、一度に複数の状況を見れる力問題解決能力に長けている人が向いています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種④:シナリオライター

ゲーム業界の職種4つ目は、シナリオライターです。

シナリオライターは、映画やテレビ業界では脚本家と呼ばれるポジションで、キャラクターの性格やセリフなど、作品作りの根幹から幅広くゲーム制作に携わる職種です。

ユーザーの選択で行動が変わるものが多いため、他のメディアと比較して考える項目が増える傾向にあります。スキルよりも才能の比重が大きい仕事です。

コンセプトや方向性の大枠などはプロデューサーが用意していますが、一からストーリー展開を作っていくため、想像力発想力文章力が必要です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種⑤:ゲームデザイナー

ゲーム業界の職種5つ目は、ゲームデザイナーです。

ゲームデザイナーは各種ゲームに登場するキャラクターやアイテム、背景などのデザインの設計を担当する職種です。

CGを用いてキャラクターやその動きを表現するCGデザイナー、商品のパッケージやタイトルデザイン、キャラクターや背景デザインを作成するグラフィックデザイナーなど、さらに細かく分かれています。

デザインツールを使用するスキル色彩感覚などが求められるため、資格を持っておくことが推奨されます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種⑥:サウンドクリエイター

ゲーム業界の職種6つ目は、サウンドクリエイターです。

サウンドクリエイターはゲームの世界観を音の面から演出する職種です。

作品のコンセプトやイメージを崩さずに盛り上げる音楽を、実際にゲームへ組み込むサウンドへと仕上げていきます。

音楽自体を作り上げるスキルに加えて、音をデータ化する技術も必要とされるため、プログラミング言語などの資格を持っておくことで仕事の幅が広がります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種⑦:エンジニア

ゲーム業界の職種7つ目は、エンジニアです。

エンジニアは、実際にプログラミングをしてゲームを形にしていく職種です。

ゲームの操作や画面表示に関わる分野を担当するクライアントエンジニア、VRやARなどの複合現実の分野を担当するXRエンジニア、家庭用ゲーム機や周辺機器、ゲームセンターのアーケードゲーム機などを開発するハードウェアエンジニアなど、エンジニアの中でも細かく分かれています。

それぞれのゲームに適したプログラミングをしていくため、各分野に特化した専門的な知識が必要となっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ゲーム業界の種類について詳しく解説!

家庭用ゲームには、「ゲームハードメーカー」「ゲームパブリッシャー」「ゲームデベロッパー」の3種類の企業があります。

ゲームハードメーカーの代表的な例としては、任天堂のニンテンドーDSやWii、SONYのPlayStationが挙げられます。これらの企業は自社ソフトの開発も行っているため、ゲーム業界において大きな存在感を放っているのが特徴です。

また、ゲームソフトに関連する企業はゲームパブリッシャーとゲームデベロッパーの2つに分けられます。

大手のゲームパブリッシャーではゲームの開発を行うデベロッパー機能も持っていることが多いです。さらに、育ててきた人気コンテンツを活かして出版事業などにも進出し、さらに多様なコンテンツの展開に期待できるところが特徴です。

ゲームデベロッパーは一般にはあまり名前が出てこないものの、ゲームソフト開発において非常に大きな役割を果たしています。開発機能を持っていないゲームパブリッシャーが、社外のゲームデベロッパーへ開発を委託しています。

スマホゲームの事業内容
  • スマホゲームメーカー:スマホにダウンロードするアプリの開発
  • アプリマーケット:アプリを提供するプラットフォームの提供

スマホゲームには、「スマホゲーメーカー」「アプリマーケット」の2種類の企業があります。

スマホゲームメーカーは、かつてソーシャルゲームで急成長を遂げ現在はアプリゲームで開発をしている企業が多いことが特徴です。アプリのダウンロード自体は無料で、アプリ内でのユーザーによる課金で収益を得ている場合が多いです。

アプリマーケットはGoogleのPlayストアやAppleのappストアなどを指し、これらの公式ストアを運営する企業は手数料によって収益を得ています

ゲーム関連サービスの主要な事業内容
  • メディアミックス:複数のメディアへの展開
  • ゲームメディア:ゲームの攻略情報の提供
  • リビルド:買収した既存ゲームの作り直し・流通

スマホ関連サービスには、主に「メディアミックス」「ゲームメディア」「リビルド」の3つの企業があります。

メディアミックスは、ゲームコンテンツの映画化、アニメ化などの他のメディアを通じて補完と相乗効果を生み出します。ゲームメーカーが行っていることが多く、更なる認知度の向上やそれによる収益拡大を促します。

ゲームメディアは、インターネット記事で家庭用ゲームやスマホゲームの攻略情報を提供し、サイトの広告やタイアップ記事によって収益を得ています。近年では、ゲームのレビューをつけるサービスやプロゲーマーのプレイ動画を投稿する事業など、事業が多角展開されているのが特徴です。

リビルドは、ゲーム関連サービス内でも特に注目を集めている新たなビジネスです。流行に乗ることができなかったゲームを買い取り独自の付加価値を与えることで再生し、人気コンテンツへと導きます。

 

   

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:就活でゲーム業界を狙う場合は業界の課題を理解しよう

この記事では、ゲーム業界の年収別、売上別ランキングと、ゲーム業界の現状と今後について説明しました。

合わせて、ゲーム業界のランキング上位5社と職種ごとの詳しい仕事内容についても解説しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそもゲーム業界とは?

  • ゲーム業界の現状と課題
  • 職種別のゲーム業界の仕事内容
  • ゲーム業界の種類

◆【年収別】ゲーム業界の企業ランキング一覧

◆【売上編】ゲーム業界の企業ランキング一覧

◆【詳しく解説!】ゲーム業界のランキング上位5社

◆【衰退するの?】ゲーム業界の今後

  • 今後①:ゲーム業界はなくならない
  • 今後②:5G技術を利用したゲームの登場
  • 今後③:VRやAR技術を利用したゲームの開発

◆ゲーム業界に就職する時にやめとけと言われる理由3つ

  • 理由①:ブラック企業が多いイメージがあるから
  • 理由②:明確な人手不足があるから
  • 理由③:納期やバグの修正で忙しくなるから

◆ゲーム業界の大手に就職するための準備3つ

  • 準備①:ES/面接対策を徹底的に行う
  • 準備②:プログラミングを学習しておく
  • 準備③:実際にゲームを作ってみる

◆ゲーム業界の求める人物像

  • 人物像①:新しいことを考えるのが好きな人
  • 人物像②:細部までこだわりがある人
  • 人物像③:変化を楽しめる人

◆【職種別】ゲーム業界の仕事内容

  • 職種①:ゲームプランナー
  • 職種②:ゲームディレクター
  • 職種③:ゲームプロデューサー
  • 職種④:シナリオライター
  • 職種⑤:ゲームデザイナー
  • 職種⑥:サウンドクリエイター
  • 職種⑦:エンジニア