>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【就活内定者が教える】集団面接が苦手だと感じる理由5選 | 苦手の克服法も

【就活内定者が教える】集団面接が苦手だと感じる理由5選 | 苦手の克服法も

こんにちは。「就活の教科書」編集部の淀川です。
就活生のみなさん!突然ですが、集団面接を苦手だと感じている人はいませんか?

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生くん

集団面接だとなぜかうまく話せなくなってしまいます。
自分をうまくアピールできないので、集団面接は苦手です。

就活生ちゃん

私も集団面接は周りが気になり、緊張してしまいます。
集団面接ならではのコツってありますか?

就活の集団面接に苦戦する気持ちわかります。
実は私も、集団面接が苦手な一人でした。

ただグループ面接は、ポイントをしっかり押さえておけば難しくありませんよ!

「就活の教科書」編集部 淀川

 

この記事では「就活の教科書」編集部の淀川が、

集団面接(グループ面接)を苦手だと感じてしまう理由5選と克服法・コツを紹介します。

実際、集団面接をなんとなく苦手だと感じている人は多いのではないでしょうか?

集団面接は他の就活生がいるので、独特の緊張感がありますよね。だからと言って、苦手意識を持つ必要はありません。

 

私も苦手だと感じていた一人なのですが、就活後半には苦手意識を克服することができました。

今思えば、内定先の最終面接は集団面接だったので、克服できていなかったらと思うとゾッとしますね。

集団面接には、集団面接ならではのコツやポイントがあります。

「集団面接を苦手に感じている」「集団面接で他の就活生と差をつけたい」という学生は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

 

集団面接が苦手な学生は多い

就活生ちゃん

集団面接では、他の就活生が自信満々に見えてしまいます。
集団面接が苦手なのって、私だけなのでしょうか?

「就活の教科書」編集部 淀川

そんなことありませんよ!

記事の冒頭でも述べましたが、集団面接(グループ面接)に苦手意識や不安を抱えている就活生は多いです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

実際、僕の周りの内定者や友達に聞いてみましたが、個人面接より集団面接のほうが苦手だったと言う人は多かったです。

僕自身も就活中は、「個人面接だったらもっとうまくしゃべれるのに…」と感じていて、個人面接より集団面接(グループ面接)の方が苦手でした。

どうしても、他の就活生の言動が気になってしまいますよね。

 

しかし、一度立ち止まって考えてみて下さい。

集団面接を受ける機会など、普通に生きていたら滅多にありません。

つまり、最初から集団面接が得意な就活生なんてほとんどいないのです。

 

もしあなたが集団面接を苦手に感じているなら、その理由を自覚して解決しましょう。

そうすれば、他の就活生より自信を持って集団面接に臨むことができます。

 

就活生ちゃん

よかった!集団面接が苦手なのって、私だけじゃなかったんですね。
集団面接はみんな苦手なので、逆にチャンスと捉えましょう!

「就活の教科書」編集部 淀川

 

集団面接が苦手なのか、面接が苦手なのか

就活生くん

集団面接を苦手に感じている就活生が多いことはわかりました。
では、なぜ僕たちは集団面接が苦手なのでしょうか?
その理由を探る前に、一つはっきりさせておきましょう。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接(グループ面接)を苦手だと感じる理由を解説する前に、一つはっきりさせておかなければなりません。

それは、あなたが「面接が苦手」なのか「集団面接が苦手」なのか、どちらのパターンなのかと言うことです。

この2つでは、理由と対策が大きく違ってきます。

苦手を克服するためにも、この違いはしっかり意識しておく必要があります。

では、あなたはどちらに当てはまるのか、考えていきましょう。

 

パターン①:“面接”が苦手

「面接が苦手」な人は、以下のように感じている学生です。

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生ちゃん

集団面接はもちろん、実は個人面接も苦手です。

この場合、集団面接の対策だけでは不十分な可能性が高いです。

なぜなら、あなたは個人・集団に関わらず面接自体が苦手だと思われるからです。

集団面接だけでなく、個人面接も含めた面接自体の対策をするべきでしょう。

この記事は、集団面接に絞って苦手な理由を解説しています。

 

就活の面接自体が苦手な人は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

パターン②:“集団面接”が苦手

「集団面接が苦手」な人は、以下のように感じている学生です。

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生くん

個人面接は大丈夫なのですが、集団面接は苦手です。

“集団面接”が苦手な場合、後ほど紹介する理由と克服法がかなり効果的だと思います。

集団面接に絞って対策することができるので、簡単に解決できる可能性が高いです。

 

集団面接が苦手な理由5選

お待たせしました。いよいよ本題です。

「就活の教科書」編集部 淀川

ここからは、就活の集団面接(グループ面接)が苦手な理由を5つあげて解説します。

私が思いつく限りの理由と、その克服法をまとめました。

具体的には以下の5つの理由があります。

  • 理由①:他の人が気になってしまう
  • 理由②:他の人を気にしなければいけない
  • 理由③:流れが複雑で注意点が多い
  • 理由④:簡潔に話せない
  • 理由⑤:慣れていない

それでは、順番に見ていきましょう。

 

理由①:他の人が気になってしまう

集団面接が苦手な理由の1つ目は、「他の人が気になってしまう」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

これは、私が集団面接を苦手としていた一番の理由です。

特に私は、他の就活生が話をしている間の待ち時間がとても嫌でした。

他の就活生と自分の話がかぶらないかという不安や、速く自分の話をしたいという焦りなどにより、変に緊張していたのです。

そしていざ自分に質問されると、準備していたはずの話を忘れてしまった、なんてこともありました。

つまり、必要以上に周りの就活生を気にしすぎて、自分の本来の実力を出せなかったのです。

集団面接と個人面接の大きな違いは、この集団面接独特の緊張感にあると思います。

この理由が当てはまる就活生は、多いのではないでしょうか。

 

就活生ちゃん

どうすれば他の就活生が気にならなくなりますか?
私の克服法は、とにかく自分に自信を持つということです。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接中は、グループの中で自分が最強だと頭に言い聞かせて下さい。

そうすれば、たとえ他の就活生が良い話をしても心に余裕を持っていられます。

 

就活生ちゃん

そんなに簡単に自分を騙せないと思うのですが、、
私も自分を騙せるとは思っていませんよ。
嘘でも良いので「自分が一番だ」と思うことで、心に少し余裕が生まれるんです。

「就活の教科書」編集部 淀川

大事なのは、他の人が気になって無駄に力が入っている自分を落ち着かせることです。

落ち着いて自信を持って質問に答えれば、面接官からの高評価にもつながります。

集団面接の克服法①
自分が一番だと言い聞かせる

 

理由②:他の人を気にしなければいけない

集団面接が苦手な理由の2つ目は、「他の人を気にしなければいけない」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

理由①で「他の人を気にしすぎてはいけない」と述べましたが、全く気にしないというのはNGです。

なぜなら、面接官はあなたが他の就活生の話をちゃんと聞いているかどうかも評価しているからです。

他の人の話も聞かなくてはいけないことをストレスに感じ、集団面接に苦手意識を持っている人もいるかと思います。

 

就活生くん

「気にしすぎるな」って言われたり「気にしろ」って言われたり、結局どうすれば良いんですか?
気にすると言っても、他の就活生の話を一言一句聞き逃すなと言っているわけではありませんよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

私の考えでは、最初の結論だけしっかり聞き、あとは適当に聞き流してリラックスしておいて大丈夫です。

面接の質問に対する答えは、最初に結論を述べるのがマナーとなっています。

そのため、話の最初の結論だけをしっかり聞いておけば、あとは適当に聞き逃しておくぐらいで良いでしょう。

ただし、適度に相槌を打つなど、話を聞いている姿勢は忘れないで下さいね。

集団面接の克服法②
他の人の話は結論だけ聞いて、あとは適度にリラックス

 

理由③:流れが複雑で注意点が多い

集団面接が苦手な理由の3つ目は、「流れが複雑で注意点が多い」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接には、個人面接とは違った独特な流れがあります。

例えば、入室の際のマナーや着席のタイミングなどが挙げられます。

他の就活生がいることによって、面接以外の場面で注意すべきポイントが多いのです。

集団面接の複雑な流れを苦手に感じている人もいるのではないでしょうか。

 

就活生ちゃん

たしかに、本番では面接以外のことには極力頭を使いたくないです。
入室や退室の場面で失敗してしまっては、非常にもったいないですよね。
本番になって手順をド忘れしてしまうことも避けたいです。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接の複雑な流れを克服するには、無意識でもできるぐらいに、流れを体に覚えさせておくべきでしょう。

集団面接の流れは事前にしっかり確認しておきましょう。

集団面接の克服法③
事前にしっかり流れを確認しておく

 

集団面接の流れはこちらの記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

【就活内定者が教える】集団面接の流れ6段階 | グループ面接のやり方,マナー,注意点も

 

理由④:簡潔に話せない

集団面接が苦手な理由の4つ目は、「簡潔に話せない」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接では、面接官からの質問に対して簡潔に答えることが求められます。

なぜなら、複数人に質問する集団面接では、就活生一人あたりに割ける時間が限られているからです。

個人面接の場合は、面接時間は全てあなたのために使われるので、面接官もそこまで時間を気にしません。

しかし集団面接では、「1分程度で」などと面接官から時間を指定されることがよくあります。

もしあなたが時間を大幅にオーバーしてしまったり、時間内に話がまとまらなかったりすると、面接官からの高評価はもらえません。

 

就活生くん

簡潔さが大事なのはわかっているんですが、本番になると緊張で話がこんがらがってしまいます。
話がめちゃくちゃになるぐらいなら、時間いっぱいまで話をしないというのも一つの手です。

「就活の教科書」編集部 淀川

実際私は、集団面接での質問に対して制限時間いっぱいまで答えたことはほとんどありませんでした。

むしろ、あえて全てを説明しないほうが面接官から追加で質問してもらえて、結果的に他の人より多く話せていたように思います。

集団面接の克服法④
いさぎよく短めに話を終わらせる

 

もちろん、あらかじめ質問に対する答えを考えておくことも効果的です。

面接の質問対策には、こちらの記事が参考になりますよ。

 

理由⑤:単純に集団面接に慣れていない

集団面接が苦手な理由の5つ目は、「単純に集団面接に慣れていない」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

世の中には「場慣れ」という言葉があります。

その場所や場面を何度も経験して慣れていること、を意味する言葉です。

この「場慣れ」は、就活でも非常に重要です。

集団面接が苦手な人の中には「個人面接なら何度も経験したが、実は集団面接はまだ1回しか経験していない」なんて人もいるのでは?

「慣れ」というのはいくら頭でシミュレーションしたところで身につくものではありません。

理由①でも述べた通り、集団面接は個人面接とは違った緊張感があります。

その独特の雰囲気は、集団面接でしか経験することができないものです。

 

就活生ちゃん

言われてみれば、集団面接を「個人面接を複数人でやるもの」ぐらいにしか考えていなかったかもしれません。
この理由に対する克服法は言うまでもないと思います。
とにかく集団面接の数をこなすしかありません。

「就活の教科書」編集部 淀川

ちなみに集団面接は、他の就活生の面接テクニックを盗むことができる、貴重な場でもあります。

面接テクニックは個人面接でも使えるので、就活の早めの時期に集団面接を経験しておくことは、就活全体を有利に進めることにもつながります。

集団面接の克服法⑤
早めに数をこなし、慣れる

 

就活の集団面接は自分をアピールするチャンス!

就活での集団面接(グループ面接)は自分をアピールするチャンスです。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接で面接官は、良くも悪くも就活生同士の差を見ています。

試しに、自分が集団面接の面接官になったと想像してみて下さい。

受け答えする就活生同士の「差」が気になるのは当然ですよね。

一般的に、集団面接は「比較されている」と考えるべきです。

「差が目立つ」ということは、「差をつけやすい」とも言えますね!

「就活の教科書」編集部 淀川

 

比較されているからこそ、集団面接は他の就活生と差をつけやすいです。

そのため、集団面接の具体的なコツをしっかり確認しておきましょう。

 

就活の集団面接のコツ(ポイント)5選

就活の集団面接(グループ面接)は、5つのコツを押さえるだけでOKです!

「就活の教科書」編集部 淀川

ここからは、就活の内定者である私が集団面接(グループ面接)のコツを、5つのポイントにまとめて紹介します。

どのポイントも少し意識するだけの、簡単なものばかりです。

先ほど述べた「比較されている」ことを頭に入れつつ読むと、よりイメージしやすいと思います。

就活の集団面接のコツ
  • コツ①:マナーに細心の注意を払う
  • コツ②:結論から話す
  • コツ③:要点だけを短く話す
  • コツ④:他の就活生の話もしっかり聞く
  • コツ⑤:他の就活生の話に惑わされない

それでは、集団面接5つのコツを順番に紹介していきます。

 

コツ①:マナーに細心の注意を払う

集団面接のコツ1つ目は、「マナーに細心の注意を払う」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接では、面接の基本的なマナーをいつも以上に意識しましょう。

特に、見なりや話し方のマナーは、一目で周囲との差が目立つので注意が必要です。

例えば以下のような点です。

  • 背筋を伸ばす
  • 面接官の目を見て話す
  • 服装を整える
  • 大きな声で話す

 

集団面接ではどれだけ良い自己PRをしても、基本的なマナーができていなければ高評価はもらえません。

集団面接はマナーで悪目立ちしやすいので、気をつけてください。

 

コツ②:結論から話す

集団面接のコツ2つ目は、「結論から話す」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接では、絶対に結論から話し始めて下さい。

当たり前ですが、集団面接ではあなた以外の就活生も質問されます。

複数の就活生が同じ質問に答えるので、受け答えには「簡潔さ」が求められます。

どんな質問にも、「結論から話す」を意識して下さい。

 

コツ③:要点だけを短く話す

集団面接のコツ3つ目は、「要点だけを短く話す」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接では、要点だけを短く話すことも大切です。

複数の就活生が順番に話すので、集団面接の時間には余裕がないことが多いです。

そのため、一人あたりの持ち時間がだいたい決まっています。

就活生の人数にもよりますが、長くても1分以内に収めるべきでしょう。

 

あまり自分だけ長く話してしまうと、「空気が読めない」「協調性がない」といったマイナス評価を受けてしまう可能性もあります。

自分が話している最中は、「要点だけを短く話す」を頭の片隅で意識して下さい。

 

コツ④:他の就活生の話もしっかり聞く

集団面接のコツ4つ目は、「他の就活生の話もしっかり聞く」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接では、面接官の話だけでなく他の就活生の話もしっかり聞いて下さい。

他の人が話している時は、その人の方を向き、適度にうなずきながら話を聞きましょう。

集団面接では、「あなたが他の人の話をちゃんと聞いているか(傾聴姿勢)」も評価されていることが多いです。

 

「人が話している時は、しっかり話を聞く」

基本的なことですが、意識して集団面接にのぞんでください。

他の人の話を聞く時は、その人の話に集中しすぎて自分の受け答えがおろそかにならないよう、適度にリラックスしながら聞きましょう。

 

コツ⑤:他の就活生の話に惑わされない

集団面接のコツ5つ目は、「他の就活生の話に惑わされない」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

集団面接では、他の就活生の話に惑わされないことも大事です。

これは見逃しがちな就活生も多いと思います。

 

例えば、以下のような行動はアウトです。

  • 他の人と話がかぶってしまったので、あまり自信のない別のエピソードを話した
  • 前の人の話がとても優秀だったので、インパクトで負けないように嘘を混ぜつつ話した
  • 前の人が質問に対してずれた答え方をしたが、不安だったのでその人と同じように答えた

就活生ちゃん

うわ、、以前やってしまったことがあります。
やってしまう気持ちはわかりますが、これらはNGです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

コツ4つ目で「他の就活生の話もしっかり聞く」と述べましたが、その話に自分が惑わされてはいけません。

例えば他の人と話がかぶっても、あなたが感じたことや学んだことまで丸かぶりすることはないはずです。

大事なのはあなたの言葉で話すことです。

他の人がなんと答えようと、自信を持って話して下さい。

 

 

まとめ:集団面接の苦手を克服しよう

いかがだったでしょうか。

この記事では「就活の教科書」編集部の淀川が、集団面接(グループ面接)を苦手だと感じてしまう理由5選とその克服法・コツを紹介しました。

集団面接を苦手と感じる理由と対策法
  • 理由①:他の人が気になってしまう
    ⇒ 対策:自分が一番だと言い聞かせる
  • 理由②:他の人を気にしなければいけない
    ⇒ 対策:他の人の話は結論だけ聞いて、あとは適度にリラックス
  • 理由③:流れが複雑で注意点が多い
    ⇒ 対策:事前にしっかり流れを確認しておく
  • 理由④:簡潔に話せない
    ⇒ 対策:いさぎよく短めに話を終わらせる
  • 理由⑤:慣れていない
    ⇒ 対策:早めに数をこなし、慣れる
ざっくりまとめると、集団面接の苦手克服に大事なのは、「意識」「準備」「慣れ」の3つです。

集団面接が苦手な就活生は多いですが、理由がわかれば解決できるものがほとんどです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

集団面接は比較されやすいので、悪目立ちしなければ通過できるケースも多いです。

集団面接の簡単なコツや基本的なポイントをしっかり押さえましょう。

就活の集団面接のコツ
  • コツ①:マナーに細心の注意を払う
  • コツ②:結論から話す
  • コツ③:要点だけを短く話す
  • コツ④:他の就活生の話もしっかり聞く
  • コツ⑤:他の就活生の話に惑わされない

 

ただし、克服法は人それぞれですので、自分なりの方法も試してみてくださいね。

この記事が集団面接の苦手を克服するヒントになれば幸いです。自信を持って集団面接に臨んでください。

「就活の教科書」には他にも、就活に役立つ記事がたくさんあります。
ぜひ合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。