【文系でも就職できる?】ゲーム関係の仕事/職業一覧|仕事内容、就くための方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 【種類別】ゲーム関係仕事/職業一覧
  • ゲーム業界の仕事内容「企画・開発・品質管理」
  • ゲームを作る仕事に就くための方法は、「①:大学や専門学校を卒業する②:プログラミング などのスキルを身につける③:ゲーム業界の企業に就職する」
  • ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴は、「特徴①:ものづくりが好きな人②:体力や精神力が強い人③:チームで協力するのが好きな人」
  • ゲーム関係の仕事に関するよくある質問

皆さん、こんにちは。就活の教科書の「原田」です。

この記事では、「ゲームに関わる仕事」について紹介していきます。

就活生の皆さんの中には、「ゲーム関係の仕事に興味はあるけど、どんな仕事があるんだろう」「どの仕事が自分に向いているのかわからない」などの様々な疑問があるのではないのでしょうか。

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

僕は、幼い頃からゲームが好きで、ゲーム関係の会社に就職したいと思っています。

しかし、どのような仕事があるのかわかっていません。

就活生ちゃん

私も、ゲーム関係の仕事に就きたいと思っています。

ですが、どのような資格やスキルが必要なのかわかりません。

確かにゲーム関係の仕事はたくさんの職種があるのでどんな仕事があるのか分からないですよね。

また、未経験からでもゲーム関係の仕事に就けるのか不安な人もいると思います。

「就活の教科書」編集部 原田

そこで、この記事では、「ゲーム関係の仕事一覧」について徹底的に解説していきます。

併せて、「ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴」や「ゲーム関係の仕事に就くための方法」も紹介します。

ゲーム関係に就きたい人」や「ゲーム関係の仕事に興味を持っている人」は是非最後までご覧ください。

 

目次

 

【種類別】ゲーム関係の仕事/職業一覧

就活生くん

ゲームに関わる仕事は、どのようなものがありますか?

ゲームに関わる仕事はたくさんあるので、以下で13種紹介します。

併せて、気になる平均年収も紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲームに関わる仕事一覧
  • 仕事①:ゲームプログラマー(平均年収:約487万円)
  • 仕事②:ゲームディレクター(平均年収:約520万円)
  • 仕事③:ゲームプランナー/デザイナー(平均年収:約378万円)
  • 仕事④:ゲームグラフィックデザイナー(平均年収:約496万円)
  • 仕事⑤:ゲームプロデューサー(平均年収:約550万円)
  • 仕事⑥:ゲームシナリオライター(平均年収:約350万円)
  • 仕事⑦:サウンドクリエイター(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑧:サーバーエンジニア(平均年収:約429万円)
  • 仕事⑨:インフラエンジニア(平均年収:約546万円)
  • 仕事⑩:ゲームデバッガー(平均年収:約258万円)
  • 仕事⑪:エフェクトデザイナー(平均年収:約478万円)
  • 仕事⑫:UIデザイナー(平均年収:約597万円)
  • 仕事⑬:ゲームの営業(平均年収:約460万円)

仕事①:ゲームプログラマー(平均年収:約487万円)

ゲーム関係の仕事1つ目は、「ゲームプログラマー」です。

ゲームプログラマーは、キャラの動きや効果音、システムの構築を行います。

C++やC言語などの開発言語を用いて、ゲームのプログラミングを行う仕事です。

ゲームを作成するには、様々なゲームクリエーターがチームとなり制作します。

その中で、ゲームプログラマーは、ゲームを動作させるというゲーム構築の基盤を担っています。

自分が、制作に関わったゲームが商品化されることで、大きな喜びややりがいを感じられる仕事です。

プログラミングを書ければ、就職の幅が広がりますね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事②:ゲームディレクター(平均年収:約520万円)

ゲーム関係の仕事2つ目は、「ゲームディレクター」です。

ゲームディレクターは、ゲームのクオリティやスケジュールを管理します。

その過程で、制作に携わるプログラマーやデザイナーチームを、まとめることになります。

言わば、「ゲーム開発の監督・リーダー」です。

ゲームを制作する過程で発生した、トラブルに柔軟に対応する力が必要です。

ゲームディレクターという採用は少ないため、ゲームプログラマーやゲームデザイナーとして、メーカーなどで経験を積むことが第一歩です。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事③:ゲームプランナー/デザイナー(平均年収:約378万円)

ゲーム関係の仕事3つ目は、「ゲームプランナー/デザイナー」です。

ゲームプランナーは、主にゲームを企画し原案を考える仕事です。

ゲームデザイナーは、企画を考えると共に、そのシステムを設計し、仕様書作りなども行います。

ゲーム制作の始めの工程を担うため、設計の良し悪しで売上を左右します。

これから、ゲームプランナー/デザイナーを目指す人は、これまでにない全く新しいゲーム作成してください(笑)

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事④:ゲームグラフィックデザイナー(平均年収:約496万円)

ゲーム関係の仕事4つ目は、「ゲームグラフィックデザイナー」です。

ゲームグラフィックデザイナーは、目に見える全てのグラフィックを手掛けることが仕事です。

国家資格などの特別な資格や検定は必要ありませんが、CGに関する専門知識やデザインの基礎となるデッサン力が求められます

ゲームグラフィックデザイナーとして、様々な経験を積むことでゲームアートディレクターへのキャリアアップも可能です。

CGを学べる専門学校や大学で、専門知識を深める必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑤:ゲームプロデューサー(平均年収:約550万円)

ゲーム関係の仕事5つ目は、「ゲームプロデューサー」です。

ゲームプロデューサーは、予算・スケジュール・人員編成などゲーム開発を統括する仕事です。

ゲームディレクターがゲーム開発において制作の現場を担当するのに対して、ゲームプロデューサーはプロジェクト全体を統括します。

人気タイトルのプロデュースに携わると、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。

ゲームプロデューサーもいきなりなれる職業でないため、下積みが必要な職種です。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑥:ゲームシナリオライター(平均年収:約350万円)

ゲーム関係の仕事6つ目は、「ゲームシナリオライター」です。

ゲームシナリオライターは、ゲームのストーリーや設定を考え、台本(シナリオ)を作る仕事です。

ゲームのストーリー設定だけでなく、キャラクターの性格やセリフ、アイテムなどゲームの世界観全てを設定します。

ゲーム設定で、ユーザーの心を掴む必要があり、クリエイティブな思考が必要です。

漫画家や小説家に似た、能力が必要ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑦:サウンドクリエイター(平均年収:約450万円)

ゲーム関係の仕事7つ目は、「サウンドクリエイター」です。

サウンドクリエーターは、ゲーム内で使われるメインテーマソングやBGM、効果音といった、ゲーム内で使われるわらゆるサウンドを作成します。

サウンドが、ゲーム内の雰囲気やイメージ左右するため非常に重要な位置付けとなっています。

実力主義の世界であるため、活躍するにはセンスや経験が重要になります。

テーマソングを聞いただけで、何のゲームか連想されるので、ゲーム制作には非常に重要なポジションですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑧:サーバーエンジニア(平均年収:約429万円)

ゲーム関係の仕事8つ目は、「サーバーエンジニア」です。

サーバーエンジニアは、インターネット時代に欠かすことができないサーバーを、ゼロから構築し・設計し、管理保守する仕事です。

ゲームのオンライン化が進み、ユーザーのあらゆるプレイデータを管理するためのシステムが必要になりました。

そのプレイデータを管理しているのが、サーバーであり、その構築から監視、保守までを担うのがサーバーエンジニアなのです。

ユーザーからは見えない職種ですが、非常に重要な仕事ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑨:インフラエンジニア(平均年収:約546万円)

ゲーム関係の仕事9つ目は、「インフラエンジニア」です。

ゲームに必要なサーバーやデータベース等の動作に必要なネットワークをゲーム業界ではインフラと呼びます。

そのインフラ環境を構築・運用するのが、インフラエンジニアの仕事です。

インフラエンジニアが細分化され、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアという仕事があります。

ネットワーク・サーバーに関する知識や、プログラミングスキルが求められる職種ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑩:ゲームデバッガー(ゲームテスター)(平均年収:約258万円)

ゲーム関係の仕事10つ目は、「ゲームデバッガー(ゲームテスター)」です。

ゲームデバッガー(ゲームテスター)は、ゲームが突然止まったり、誤作動が起きたりするいわゆるバグを見つける作業をする仕事です。

完成までに、あらゆる動作の確認をしバグを洗いだし、難易度などを確認します。

また、ゲーム販売後もネットワークを通じてアップデートも可能であるため、追加でゲームを長く楽しめるようにコンテンツを追加リリースする際にも携わります。

ゲーム好きな人にとっては、夢のような仕事ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑪:エフェクトデザイナー(平均年収:約478万円)

ゲーム関係の仕事11つ目は、「エフェクトデザイナー」です。

エフェクトデザイナーは、ゲームを盛り上げる演出・視覚効果をデザインする仕事です。

ゲームの世界観や臨場感を生み出すのに欠かせない役割を果たします。

ゲームとデザインを学べる専門学校で実践的なスキルや専門知識を身につけることがエフェクトデザイナーとしてデビューする近道です。

爆発、炎、煙、雷、水、光など自然現象やイメージをCGを用いたエフェクトが、ゲームの臨場感を生み出しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑫:UIデザイナー(平均年収:約597万円)

ゲーム関係の仕事12つ目は、「UIデザイナー」です。

UIとは、「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、サービスとユーザーの方々との接点となる部分を指します。

具体的には、UIデザイナーは画面のレイアウトや、アイコンのデザイン、ボタン類のデザインなどを行います。

ユーザーにとって、使いやすいゲームを考える必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑬:ゲームの営業(平均年収:約460万円)

ゲーム関係の仕事13つ目は、「ゲームの営業」です。

ゲームの営業は、自社商品の販売促進から、メディアとの連携、プロモーション活動、異業種企業とのアライアンスの強化など多岐にわたります。

自社のサービスやコンテンツを理解し、クライアントに対して簡潔にプレゼンする能力や、営業マナーなどが求められます。

営業職は、様々な業界で活躍できるため、どの分野でも役立つ営業スキルを身に着けられると良いですね。

「就活の教科書」編集部 原田

ここまで記載した平均年収はあくまでも、目安です。

自信の能力次第ではもっと稼げるので、稼ぎたい人はスキルを身に着けてください。

以下で、ゲーム業界に関連するおすすめ記事をまとめました。

ゲーム業界に少しでも興味がある方は、是非ご覧ください。

 

 

ゲーム業界の仕事内容

就活生ちゃん

ゲームに関わる職種は分かりました。

ですが、実際にゲーム業界ではどのような仕事をするのでしょうか。

ゲーム業界の仕事の内容について、以下3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

 

ゲーム業界の仕事内容
  • 仕事内容①:企画
  • 仕事内容②:開発
  • 仕事内容③:品質管理

 

仕事内容①:企画

ゲーム業界の仕事内容1つ目は、「企画」です。

企画は、ゲームのコンセプトやテーマを考え、どのようなゲームを制作するかを企画する仕事です。

ユーザーに心理や、どのように広告を打ち出すかを考えたり、人員や予算を管理を行ったりします。

簡単に言うと、ゲーム制作の準備を行います。

ゲームを制作する上で、一番最初の工程ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事内容②:開発

ゲーム業界の仕事内容2つ目は、「開発」です。

開発は、企画で作成された仕様書を基に、シナリオやサウンド、プログラミングなどの開発段階を行います。

この過程で、皆さんがイメージするゲームを作られています。

また、開発工程に不備がないかを都度確認し、場合によってはこの段階でプロジェクトが中止になることがあります。

ゲーム制作の中核を担うところですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事内容③:品質確認

ゲーム業界の仕事内容3つ目は、「品質管理」です。

品質管理は、開発段階で完成したゲームに不具合がないかの管理を行います。

バグだったり、エラーが発生しないかだったりを検証し、完成版へと向かっていきます。

ここで、クリアしたものが商品化するわけです。

販売前の、最終チェックを行うところですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

ゲームを作る仕事に就くための方法

就活生くん

ゲームを作る仕事に就きたいのですが、特別なスキルがありません。

どのようにすればゲームを作る仕事に就くことができますか。。。

どのようにすればいいのか不安ですよね。

以下で、ゲームを作る仕事に就くための方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲームを作る仕事に就くための方法
  • 方法①:大学や専門学校を卒業する
  • 方法②:プログラミングなどのスキルを身につける
  • 方法③:ゲーム業界の企業に就職する

方法①:大学や専門学校を卒業する

ゲームを作る仕事に就くための方法1つ目は、「大学や専門学校を卒業する」です。

大学や専門学校を卒業することで、現場で必要なスキルを学ぶことができます

そのため、就職活動の際には、自身の専門スキルをアピールすることができ、就職に有利に働きます。

まずは、何をして働きたいかを考え逆算して、キャリア設計を行いましょう。

専門学校だと、専門分野以外の就職が難しくなるので注意が必要です。

「就活の教科書」編集部 原田

方法②:プログラミング などのスキルを身につける

ゲームを作る仕事に就くための方法2つ目は、「プログラミングなどのスキルを身につけ」です。

プログラミングのスキルを身につけることは、ゲーム業界以外でも活躍の場があり、情報化が進む現代において重宝される人材となります。

情報系の学科を専攻していなくても、プログラミングスクールなどで学習することもおすすめです。

以下に、プログラミングに関する記事をまとめたので、プログラミングに興味がある方は是非ご覧ください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

方法③:ゲーム業界の企業に就職する

ゲームを作る仕事に就くための方法3つ目は、「ゲーム業界の企業に就職する」です。

ゲーム業界に就職することで、ゲームを作る仕事に携われる可能性があります。

専門的な知識がないけど、漠然とゲームを作る仕事に就きたい人は、総合職などで応募すると良いでしょう。

エンジニアとして、ゲームを作る仕事に関わりたい人は、専門的な知識やスキルを磨きましょう。

ゲーム業界でも、企画、広告・マーケティング、人事など様々な職種があります。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴

就活生くん

将来ゲーム業界の仕事に就きたいと思っています。

ゲーム業界に向いている人などいるのでしょうか?

ゲーム関係の仕事に向いてる人の特徴を3つを以下で解説します。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴
  • 特徴①:ものづくりが好きな人
  • 特徴②:体力や精神力が強い人
  • 特徴③:チームで協力するのが好きな人

特徴①:ものづくりが好きな人

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴1つ目は、「ものづくりが好きな人」です。

ゲーム制作は、ユーザーのニーズや心理を理解し、これまでにない新しいコンテンツを生み出すことが求められます。

そのため、ものづくりが好きな人は、ゲーム関係の仕事が向いていると言えます。

需要がないところには、ビジネスは生まれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

特徴②:体力や精神力が強い人

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴2つ目は、「体力や精神力が強い人」です。

1つのゲームを制作するのに、トライ&エラーを何度も繰り返すことで完成版ができます。

また、プログラミングをかく作業は根気がいる作業です。

そのため、体力や精神力が強い人はゲーム関係の仕事に向いていると言えます。

何時間もゲームに没頭して遊べる人は、体力・集中力があり向いていそうですね。

「就活の教科書」編集部 原田

特徴③:チームで協力するのが好きな人

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴3つ目は、「チームで協力するのが好きな人」です。

先述したように、ゲームを制作するのにたくさんの人が関わっており、チームに分かれて1つのゲームが完成します。

そのため、チームで協力するのが好きな人はゲーム関係の仕事に向いていると言えます。

少しでも、自分が関わったゲームが世に出回ることは、とても嬉しいことですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問

最後に、ゲーム関係の仕事に関するよくある質問を3つまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問
  • 質問①:ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?
  • 質問②:ゲーム関係の仕事で在宅できるものはあるの?
  • 質問③:ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?

 

質問①:ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問1つ目は、「ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?」です

結論から言うと、ゲーム関係の仕事は未経験でも可能です。

特別なスキルがなくても採用してくれる企業の募集を調べ、確かな志望動機を持ち就職活動に挑みましょう。

ただし、プログラミングを組んだり、エンジニアとして働きたい場合は、大学や専門学校で専門的な知識を学び、就職活動を行いましょう。

エンジニアとして就職する友達は、プログラミングを勉強していましたよ。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問②:ゲーム関係の仕事で在宅でできるものはあるの?

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問2つ目は、「ゲーム関係の仕事で在宅できるものはあるの?」です。

結論から言うと、ゲーム関係の仕事で在宅ワークできるものはあります

特に、ゲームデザイナーなどでフリーランスとして働く場合は、そのような求人があるようです。

しかし、企業に勤める場合はそこの規定によるので、在宅ワークできない可能性もあります。

在宅ワークをしたいなら、フリーランスになり独立できるように頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問③:ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問3つ目は、「ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?」です。

結論から言うと、ゲーム関係の仕事は文系でもできます

この記事でも紹介したように、ゲーム関係の仕事はたくさんあります。

そして、営業や販売などはプログラミングスキルのような専門的な知識は必要ないため、文系出身でも大丈夫です。

ただし、文系だけどエンジニアを目指す場合は、自分でプログラミングスキルなどを学び就職活動の際にしっかりとアピールしましょう。

ゲームはたくさんの人の協力で制作するので、活躍の場はたくさんあると思います。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ゲームを作る仕事に就きたいのなら、スキル身につけよう!

いかがだったでしょうか?本記事では、「ゲームに関わる仕事について解説」していきました。

合わせて、ゲームに関わる仕事の職種やゲーム関係の仕事に向いている人の特徴などを紹介しました。

結論として、ゲームを作る仕事に就きたい人は、専門的なスキルを身につけることをおすすめします。

少しでも、参考になれば幸いです。

最後に、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【週類別】ゲーム関係の仕事/職業一覧

  • 仕事①:ゲームプログラマー(平均年収:約487万円)
  • 仕事②:ゲームディレクター(平均年収:約520万円)
  • 仕事③:ゲームプランナー/デザイナー(平均年収:約378万円)
  • 仕事④:ゲームグラフィックデザイナー(平均年収:約496万円)
  • 仕事⑤:ゲームプロデューサー(平均年収:約550万円)
  • 仕事⑥:ゲームシナリオライター(平均年収:約350万円)
  • 仕事⑦:サウンドクリエイター(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑧:サーバーエンジニア(平均年収:約429万円)
  • 仕事⑨:インフラエンジニア(平均年収:約546万円)
  • 仕事⑩:ゲームデバッガー(平均年収:約258万円)
  • 仕事⑪:エフェクトデザイナー(平均年収:約478万円)
  • 仕事⑫:UIデザイナー(平均年収:約597万円)
  • 仕事⑬:ゲームの営業(平均年収:約460万円)

◆ゲーム業界の仕事内容

  • 仕事内容①:企画
  • 仕事内容②:開発
  • 仕事内容③:品質管理

◆ゲームを作る仕事に就くための方法

  • 方法①:大学や専門学校を卒業する
  • 方法②:プログラミングなどのスキルを身につける
  • 方法③:ゲーム業界の企業に就職する

◆ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:ものづくりが好きな人
  • 特徴②:体力や精神力が強い人
  • 特徴③:チームで協力するのが好きな人

◆ゲーム関係の仕事に関するよくある質問

  • 質問①:ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?
  • 質問②:ゲーム関係の仕事で在宅でできるものはあるの?
  • 質問③:ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?

◆まとめ:ゲームを作る仕事に就きたいのなら、スキル身につけよう!