【文系でも就職できる?】ゲーム関係の仕事/職業一覧|仕事内容、就くための方法も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事からわかること
  • 【種類別】ゲーム関係仕事/職業一覧
  • ゲーム業界の仕事内容「企画・開発・品質管理」
  • ゲームを作る仕事に就くための方法は、「①:大学や専門学校を卒業する②:プログラミング などのスキルを身につける③:ゲーム業界の企業に就職する」
  • ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴は、「特徴①:ものづくりが好きな人②:体力や精神力が強い人③:チームで協力するのが好きな人」
  • ゲーム関係の仕事に関するよくある質問
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という就活生は、キャリアチケットスカウト診断を利用するのがおすすめ

皆さん、こんにちは。就活の教科書の「原田」です。

この記事では、「ゲームに関わる仕事」について紹介していきます。

就活生の皆さんの中には、「ゲーム関係の仕事に興味はあるけど、どんな仕事があるんだろう」「どの仕事が自分に向いているのかわからない」などの様々な疑問があるのではないのでしょうか。

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

僕は、幼い頃からゲームが好きで、ゲーム関係の会社に就職したいと思っています。

しかし、どのような仕事があるのかわかっていません。

就活生ちゃん

私も、ゲーム関係の仕事に就きたいと思っています。

ですが、どのような資格やスキルが必要なのかわかりません。

確かにゲーム関係の仕事はたくさんの職種があるのでどんな仕事があるのか分からないですよね。

また、未経験からでもゲーム関係の仕事に就けるのか不安な人もいると思います。

「就活の教科書」編集部 原田

そこで、この記事では、「ゲーム関係の仕事一覧」について徹底的に解説していきます。

併せて、「ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴」や「ゲーム関係の仕事に就くための方法」も紹介します。

ゲーム関係に就きたい人」や「ゲーム関係の仕事に興味を持っている人」は是非最後までご覧ください。

自分に合う仕事がわからない...」という人には、LINE適職診断」「性格適性診断の同時活用がおすすめです。

「LINE適職診断」は、簡単な質問であなたの適職を16タイプで診断しますので、あなたに合った仕事や必要な就活対策がわかりますよ。

「性格適性診断」を使うことで、面接やESで好印象になるあなたの強みが見えるようになります。

すでに75,000人以上が利用していますので、ぜひ活用してみてください。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 適職が分かるおすすめ診断サイト /

\ 適職探しをプロに相談! /

*参考:就活サイトおすすめ40選

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

【種類別】ゲーム関係の仕事/職業一覧

就活生くん

ゲームに関わる仕事は、どのようなものがありますか?

ゲームに関わる仕事はたくさんあるので、以下で13種紹介します。

併せて、気になる平均年収も紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲームに関わる仕事一覧
  • 仕事①:ゲームプログラマー(平均年収:約487万円)
  • 仕事②:ゲームディレクター(平均年収:約520万円)
  • 仕事③:ゲームプランナー/デザイナー(平均年収:約378万円)
  • 仕事④:ゲームグラフィックデザイナー(平均年収:約496万円)
  • 仕事⑤:ゲームプロデューサー(平均年収:約550万円)
  • 仕事⑥:ゲームシナリオライター(平均年収:約350万円)
  • 仕事⑦:サウンドクリエイター(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑧:サーバーエンジニア(平均年収:約429万円)
  • 仕事⑨:インフラエンジニア(平均年収:約546万円)
  • 仕事⑩:ゲームデバッガー(平均年収:約258万円)
  • 仕事⑪:エフェクトデザイナー(平均年収:約478万円)
  • 仕事⑫:UIデザイナー(平均年収:約597万円)
  • 仕事⑬:ゲームの営業(平均年収:約460万円)

「自分に合う職業は何だろう…」「自分は今の仕事で良いのかな…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめです。

LINE適職診断を使うと、あなたの適職を16タイプで診断してくれ、あなたの強みを活かせる仕事がわかります。

すでに75,000人以上の就活生や転職者が利用しているため、ぜひあなたも診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断に参加してみる

 

仕事①:ゲームプログラマー(平均年収:約487万円)

ゲーム関係の仕事1つ目は、「ゲームプログラマー」です。

ゲームプログラマーは、キャラの動きや効果音、システムの構築を行います。

C++やC言語などの開発言語を用いて、ゲームのプログラミングを行う仕事です。

ゲームを作成するには、様々なゲームクリエーターがチームとなり制作します。

その中で、ゲームプログラマーは、ゲームを動作させるというゲーム構築の基盤を担っています。

自分が、制作に関わったゲームが商品化されることで、大きな喜びややりがいを感じられる仕事です。

プログラミングを書ければ、就職の幅が広がりますね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事②:ゲームディレクター(平均年収:約520万円)

ゲーム関係の仕事2つ目は、「ゲームディレクター」です。

ゲームディレクターは、ゲームのクオリティやスケジュールを管理します。

その過程で、制作に携わるプログラマーやデザイナーチームを、まとめることになります。

言わば、「ゲーム開発の監督・リーダー」です。

ゲームを制作する過程で発生した、トラブルに柔軟に対応する力が必要です。

ゲームディレクターという採用は少ないため、ゲームプログラマーやゲームデザイナーとして、メーカーなどで経験を積むことが第一歩です。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事③:ゲームプランナー/デザイナー(平均年収:約378万円)

ゲーム関係の仕事3つ目は、「ゲームプランナー/デザイナー」です。

ゲームプランナーは、主にゲームを企画し原案を考える仕事です。

ゲームデザイナーは、企画を考えると共に、そのシステムを設計し、仕様書作りなども行います。

ゲーム制作の始めの工程を担うため、設計の良し悪しで売上を左右します。

これから、ゲームプランナー/デザイナーを目指す人は、これまでにない全く新しいゲーム作成してください(笑)

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事④:ゲームグラフィックデザイナー(平均年収:約496万円)

ゲーム関係の仕事4つ目は、「ゲームグラフィックデザイナー」です。

ゲームグラフィックデザイナーは、目に見える全てのグラフィックを手掛けることが仕事です。

国家資格などの特別な資格や検定は必要ありませんが、CGに関する専門知識やデザインの基礎となるデッサン力が求められます

ゲームグラフィックデザイナーとして、様々な経験を積むことでゲームアートディレクターへのキャリアアップも可能です。

CGを学べる専門学校や大学で、専門知識を深める必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑤:ゲームプロデューサー(平均年収:約550万円)

ゲーム関係の仕事5つ目は、「ゲームプロデューサー」です。

ゲームプロデューサーは、予算・スケジュール・人員編成などゲーム開発を統括する仕事です。

ゲームディレクターがゲーム開発において制作の現場を担当するのに対して、ゲームプロデューサーはプロジェクト全体を統括します。

人気タイトルのプロデュースに携わると、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。

ゲームプロデューサーもいきなりなれる職業でないため、下積みが必要な職種です。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑥:ゲームシナリオライター(平均年収:約350万円)

ゲーム関係の仕事6つ目は、「ゲームシナリオライター」です。

ゲームシナリオライターは、ゲームのストーリーや設定を考え、台本(シナリオ)を作る仕事です。

ゲームのストーリー設定だけでなく、キャラクターの性格やセリフ、アイテムなどゲームの世界観全てを設定します。

ゲーム設定で、ユーザーの心を掴む必要があり、クリエイティブな思考が必要です。

漫画家や小説家に似た、能力が必要ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑦:サウンドクリエイター(平均年収:約450万円)

ゲーム関係の仕事7つ目は、「サウンドクリエイター」です。

サウンドクリエーターは、ゲーム内で使われるメインテーマソングやBGM、効果音といった、ゲーム内で使われるわらゆるサウンドを作成します。

サウンドが、ゲーム内の雰囲気やイメージ左右するため非常に重要な位置付けとなっています。

実力主義の世界であるため、活躍するにはセンスや経験が重要になります。

テーマソングを聞いただけで、何のゲームか連想されるので、ゲーム制作には非常に重要なポジションですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑧:サーバーエンジニア(平均年収:約429万円)

ゲーム関係の仕事8つ目は、「サーバーエンジニア」です。

サーバーエンジニアは、インターネット時代に欠かすことができないサーバーを、ゼロから構築し・設計し、管理保守する仕事です。

ゲームのオンライン化が進み、ユーザーのあらゆるプレイデータを管理するためのシステムが必要になりました。

そのプレイデータを管理しているのが、サーバーであり、その構築から監視、保守までを担うのがサーバーエンジニアなのです。

ユーザーからは見えない職種ですが、非常に重要な仕事ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑨:インフラエンジニア(平均年収:約546万円)

ゲーム関係の仕事9つ目は、「インフラエンジニア」です。

ゲームに必要なサーバーやデータベース等の動作に必要なネットワークをゲーム業界ではインフラと呼びます。

そのインフラ環境を構築・運用するのが、インフラエンジニアの仕事です。

インフラエンジニアが細分化され、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアという仕事があります。

ネットワーク・サーバーに関する知識や、プログラミングスキルが求められる職種ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑩:ゲームデバッガー(ゲームテスター)(平均年収:約258万円)

ゲーム関係の仕事10つ目は、「ゲームデバッガー(ゲームテスター)」です。

ゲームデバッガー(ゲームテスター)は、ゲームが突然止まったり、誤作動が起きたりするいわゆるバグを見つける作業をする仕事です。

完成までに、あらゆる動作の確認をしバグを洗いだし、難易度などを確認します。

また、ゲーム販売後もネットワークを通じてアップデートも可能であるため、追加でゲームを長く楽しめるようにコンテンツを追加リリースする際にも携わります。

ゲーム好きな人にとっては、夢のような仕事ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑪:エフェクトデザイナー(平均年収:約478万円)

ゲーム関係の仕事11つ目は、「エフェクトデザイナー」です。

エフェクトデザイナーは、ゲームを盛り上げる演出・視覚効果をデザインする仕事です。

ゲームの世界観や臨場感を生み出すのに欠かせない役割を果たします。

ゲームとデザインを学べる専門学校で実践的なスキルや専門知識を身につけることがエフェクトデザイナーとしてデビューする近道です。

爆発、炎、煙、雷、水、光など自然現象やイメージをCGを用いたエフェクトが、ゲームの臨場感を生み出しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑫:UIデザイナー(平均年収:約597万円)

ゲーム関係の仕事12つ目は、「UIデザイナー」です。

UIとは、「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、サービスとユーザーの方々との接点となる部分を指します。

具体的には、UIデザイナーは画面のレイアウトや、アイコンのデザイン、ボタン類のデザインなどを行います。

ユーザーにとって、使いやすいゲームを考える必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑬:ゲームの営業(平均年収:約460万円)

ゲーム関係の仕事13つ目は、「ゲームの営業」です。

ゲームの営業は、自社商品の販売促進から、メディアとの連携、プロモーション活動、異業種企業とのアライアンスの強化など多岐にわたります。

自社のサービスやコンテンツを理解し、クライアントに対して簡潔にプレゼンする能力や、営業マナーなどが求められます。

営業職は、様々な業界で活躍できるため、どの分野でも役立つ営業スキルを身に着けられると良いですね。

「就活の教科書」編集部 原田

ここまで記載した平均年収はあくまでも、目安です。

自信の能力次第ではもっと稼げるので、稼ぎたい人はスキルを身に着けてください。

以下で、ゲーム業界に関連するおすすめ記事をまとめました。

ゲーム業界に少しでも興味がある方は、是非ご覧ください。

 

【就活生&転職者向け】あなたに合う仕事を見つける方法

「自分に合う仕事ってなんだろう…」「今の仕事は自分に向いていないのかな…」などさまざまな悩みがあり、自分に合う仕事はなかなか見つけられないですよね。

そこで、あなたに合う仕事を簡単に見つけられるおすすめサービスを就活生と転職者で分けて紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【就活生け】あなたに合う仕事を簡単に見つけられるおすすめサービス

◆ 自分に合う仕事を診断したい

  • LINE適職診断
    - あなたの適職を16タイプで診断
    - すでに75,000人以上が登録

◆ 自己分析をしてあなただけの就活の軸を診断したい

◆ 就活のプロに選考対策+ホワイト企業を紹介してもらいたい

◆ プログラミング経験を活かして将来ITエンジニアになりたい

【転職者向け】あなたに合う仕事を簡単に見つけられるおすすめサービス

◆ 自分に合う仕事を診断したい

  • LINE適職診断
    - あなたの適職を16タイプで診断
    - すでに75,000人以上が登録

◆ 自分に合う適職を見つけて入社までマンツーマンでサポートしてもらいたい

  • ハタラクティブ
    - 1時間の面談で適職が見つかる
    - 就職までサポート,就職成功率80.4%

◆ ITエンジニア転職も視野に入れたい

  • レバテックキャリア
    - エンジニア特化の転職エージェント
    - 5000件の求人から理想の求人を提案
    - 転職成功率96%,年収アップ率80%
  • ウズキャリIT(未経験向け)
    - 未経験エンジニアの就業サポート
    - 動画学習,面接対策,求人紹介で支援
    - 就職率86%,入社後定着率97%
 

就活生向け:あなただけの就活の軸を診断する

新卒の就活生の方で自己分析を簡単に終わらせるならキャリアチケットスカウト診断(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットスカウト診断を使うと、あなたの就活の軸を診断できるため、企業選びで後悔することはなくなります。

アプリから簡単に診断でき、多くの就活生が利用しているので、自己分析をすぐに終わらせたい方はぜひ診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウト診断のおすすめポイント
  • 5つの質問に回答するだけであなたの就活の軸を診断できる
  • あなたの強みを活かせる企業の特徴が明確になる
  • アプリでも利用できるため、いつでもどこでも簡単に自己分析ができる
 

「キャリアチケットスカウト」については、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

就活アドバイザー 京香

 

就活生&転職者向け:あなたの適職を診断する

あなたの適職・適性を知る方法は、簡単な適職診断からあなたの適職を知ることです。

簡単な適職診断を受けることで、短時間であなたの適職を知ることができます。

数ある適職診断のうち、特におすすめなのがLINE適職診断です。

すでに、80,000人以上の就活生が登録しているため、ぜひ登録して、LINE適職診断やその他の診断を受けてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

LINE適職診断おすすめポイント
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き
 

LINE適職診断は、就活の教科書公式LINEに登録すると無料で受けることができます。

公式LINEに登録すると、性格適性診断」「就活力診断も無料で受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

 

転職者向け:あなたに合う適職を見つける

転職者が自分に合う仕事を見つける方法は、転職に特化したサポートを使うことです。

転職に特化したサービスを使うことで、あなたに合う適職を見つけられますし、ブラック企業も避けられます。

その中でも、特におすすめできるサービスがハタラクティブです。

ハタラクティブを使えば、転職のプロがあなたに向いている仕事を一緒に探してくれますよ。

就活アドバイザー 京香

ハタラクティブのおすすめポイント
  • 経歴や今までの経験を聞き「適性がある」仕事だけを紹介してくれる
  • 企業一つひとつの選考で丁寧な選考サポートを受けられる
  • 学歴を重視せず、あなたの強みを活かす就活を行える
  • 86.5%の利用者が大企業からの内定をもらっている
 

ハタラクティブの利用者で「自分に合う仕事や適職が見つかった」という声は多いです。

また、マンツーマンでサポートしてくれるので、あなたの強みを活かせる優良企業と出会えますよ。

「ハタラクティブって実際どうなの?」「本当に未経験でも大丈夫?」など不安に思う方は、以下の記事も読んでみてください!

ハタラクティブを使うメリット・デメリット、ハタラクティブをおすすめできる人の特徴などを詳しく解説しています。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに60,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

LINE適職診断で自分に合った仕事を診断してみる


【新卒&転職者向け】ゲーム関係の仕事があなたに向いているのか確かめる方法

自分に合う仕事を探すには、自分の強みを知っておかなければなりませんが、自分の強みや長所はなかなか見つけられないですよね。

結論から言うと、自己分析をすることであなたの強みを見つけられます。

しかし「自己分析なんてめんどくさい…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、自己分析を簡単に終わらせられる方法を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

自分に合った仕事を簡単に探せるおすすめサービス

◆就活生なら以下のサービスもおすすめ

◆就活生・転職者の両方におすすめ

キャリアに対する価値観を知りたい方はキャリアチケットスカウト」、あなたの適職を診断したい方は「LINE適職診断、自分の性格を簡単に診断したい方はLINE性格適性診断がおすすめです。

これから、あなたの性格や適職を知る方法とサービスのおすすめポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

方法:あなたのキャリアに対する価値観を診断する(就活生向け)

自分に合った仕事を簡単に探す方法は、「あなたのキャリアに対する価値観を診断する」です。

キャリアに対する価値観を診断することで、あなたがどのような企業で働きたいのかがわります。

事前にキャリアに関する自己分析を行っておけば、後悔しない企業選びができますよ。

キャリアに対する価値観を診断するにはキャリアチケットスカウト(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットスカウト(career ticket)は、レバレジーズ株式会社が運営するマッチングサイトです。

自己分析の質問内容は、「ガクチカ・自分の強み・就活の軸・自己PR」の4種類ありそれぞれに回答していきます。

記述形式の問題なので、自分の価値観や強みを言葉で表現することができます。

また回答が終われば、自己分析結果を公開し、企業からのスカウトももらえます。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • ポイント①:価値観ベースのマッチングだから、本当に気の合う企業に効率よく出会える
  • ポイント②:アプリでも利用できるため、いつでもどこでも利用できる
  • ポイント③:用意された質問に答えるだけで、簡単に自己分析ができる

>> キャリアチケットスカウトを利用してみる(無料)

 

「キャリアチケットスカウト」については、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

方法:簡単な適職診断から適職を知る(就活生&転職者向け)

自分に合った仕事を簡単に探す方法は、「簡単な適職診断から適職を知る」ことです。

簡単な適職診断を受けることで、短時間であなたの適職を知ることができます。

適職を知ると、目指すべき業界・企業が絞り込めるためおすすめです。

数ある適職診断のうち、特におすすめなのがLINE適職診断です。

LINE適職診断は、就活の教科書公式LINEに登録すると無料で受けることができます。

公式LINEに登録すると、性格適性診断」「就活力診断も無料で受けられます。

すでに、80,000人以上の就活生が登録しているため、ぜひ登録して、LINE適職診断やその他の診断を受けてみてくださいね。

LINE適職診断のおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

LINE適職診断おすすめポイント
  • ポイント①:LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • ポイント②:16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • ポイント③:適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

>> LINE適職診断を利用してみる(無料)

 

方法:簡単な性格診断をからあなたの強みを知る(就活生&転職者向け)

自分に合った仕事を簡単に探す方法は、「簡単な性格診断からあなたの強みを知る」ことです。

性格診断をすることで、客観的な視点であなたの強みや弱みがわかるので、就活や転職活動で活かしやすいです。

早くめに自己分析を終わらせたい方は、性格診断が一番おすすめですよ。

数ある性格診断のうち、特におすすめなのがLINE性格適性診断です。

LINE性格適性診断は、就活の教科書公式LINEに登録すると無料で受けることができます。

性格適性診断を使えば、面接やESで評価されるあなたの強みが簡単にわかります。

質問数が少ないわりに正確に診断できるので、自己分析を早く終わらせたい就活生におすすめです。

すでに、80,000人以上の就活生が登録しているため、ぜひ登録して、LINE性格適性診断やその他の診断を受けてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

LINE性格適性診断のおすすめポイント
  • ポイント①:「LINE性格適性診断」なら面接・ESで好印象な強みが分かる
  • ポイント②:面接でアピールすべきポイントがわかるので、自己アピールしやすい
  • ポイント③:意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる

>> LINE性格適性診断を利用してみる(無料)

 

16タイプからあなたが活躍できる仕事を診断!

LINE適職診断を使えばあなたに合った職業がわかり、あなたらしく働ける仕事に出会えますよ。

また就活の教科書公式LINEでは、あなたの就活戦闘力が分かる就活力診断など、様々な無料診断が受けられます。

すでに61,079人以上の就活生や転職者が登録してくれていますので、ぜひ参加しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断を受けてみる


【転職者向け】ゲーム関係の仕事があなたに向いているのか確かめる方法

「仕事でうまくいかないな…」「自分に今の仕事は向いているのかな…」と思う方は少なくないと思います。

そこで、これから「あなたの性格や適性・適職を知るための方法」について詳しく解説していきます。

ここでは転職者向けの性格、適職・適性を知れるおすすめツールをご紹介します。

就活アドバイザー 京香

適職・適性を知れるおすすめツール

◆転職者なら以下のサービスがおすすめ

転職者の方には、適性を知って転職活動が行えるVIEW、転職のプロに頼って、あなたの適職を客観的に探せるハタラクティブの利用をおすすめします。

これから、あなたの適職・適性を知る方法とサービスのおすすめポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

方法:適性を知った上で業界や職種を絞る(転職者向け)

社会人の方で、あなたに合う仕事を簡単に見つける方法は「適性を知ったうえで業界や職種を絞る」ことです。

いきなり業界や企業・職種を絞ろうとするのは効率が悪く、時間がかかってしまいます。

また転職活動などで使える時間が限られる時は、まず適性を知ってから業界を絞っていく方が効果的です。

適性を知った上で業界・職種を絞るために使えるおすすめのツールは、転職者向けアプリVIEWです。

VIEWは20〜30代を主に対象とした転職者向けアプリで、あなたの経験・価値観に基づいたキャリア診断を受けられます。

VIEWでは、キャリア診断の他にも、企業から直接オファーがもらえるなど利用するメリットが多いので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

VIEWおすすめポイント
  • ポイント①:経歴と価値観からAIがキャリア診断をしてくれる
  • ポイント②:あなたに合うキャリアをランキングで表示
  • ポイント③:20,000人以上のデータからの診断なので信頼できる

>> VIEWでキャリア診断を利用してみる(無料)

「VIEWで本当に転職できる?」「VIEWは何歳まで使える?」と心配に思う方は、以下の記事も読んでみてください。

VIEWを利用するメリット・デメリットや、VIEWの利用をおすすめできる人の特徴などについて詳しく解説しています。

就活アドバイザー 京香

 

方法:転職のプロに頼って、適職を見つける(転職者向け)

社会人の方で、あなたに合う仕事を簡単に見つける方法は「転職のプロに頼って、適職を見つける」ことです。

転職のプロに頼ることで、あなたに合う職業を客観的な診断から探せます。

また、企業の選考対策なども行ってくれるので、転職が成功しやすくなりますよ。

転職のプロに頼れるサービスで一番おすすめなのが、ハタラクティブです。

ハタラクティブを使えば、あなたの経歴を踏まえた上で、あなたにぴったりな仕事を探せます。

1時間の面談であなたの適職を見つけることができ、就職成功率も80.4%と非常に高い実績を持っています。

また、20代の転職のサポートに特化しており、未経験OKの安定企業を目指せますよ。

利用者の中にはフリーターから未経験でエンジニアになった方もいますよ。

就活アドバイザー 京香

ハタラクティブのおすすめポイント
  • ポイント①:1時間の面談であなたに合う仕事を探せる
  • ポイント②:就職成功率80.4%と転職エージェント内で非常に高い数値がある
  • ポイント③:利用者の86.5%が大企業から内定を貰っている
  • ポイント④:20代で未経験に特化した転職支援を受けられる

>> ハタラクティブを利用してみる(無料)

 

「ハタラクティブってどうなんだろう?」「そもそもハタラクティブとは?」という方は、以下の記事も読んでみてください。

ハタラクティブの評判や、ハタラクティブを利用するメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ゲーム業界の仕事内容

就活生ちゃん

ゲームに関わる職種は分かりました。

ですが、実際にゲーム業界ではどのような仕事をするのでしょうか。

ゲーム業界の仕事の内容について、以下3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

 

ゲーム業界の仕事内容
  • 仕事内容①:企画
  • 仕事内容②:開発
  • 仕事内容③:品質管理

 

仕事内容①:企画

ゲーム業界の仕事内容1つ目は、「企画」です。

企画は、ゲームのコンセプトやテーマを考え、どのようなゲームを制作するかを企画する仕事です。

ユーザーに心理や、どのように広告を打ち出すかを考えたり、人員や予算を管理を行ったりします。

簡単に言うと、ゲーム制作の準備を行います。

ゲームを制作する上で、一番最初の工程ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事内容②:開発

ゲーム業界の仕事内容2つ目は、「開発」です。

開発は、企画で作成された仕様書を基に、シナリオやサウンド、プログラミングなどの開発段階を行います。

この過程で、皆さんがイメージするゲームを作られています。

また、開発工程に不備がないかを都度確認し、場合によってはこの段階でプロジェクトが中止になることがあります。

ゲーム制作の中核を担うところですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事内容③:品質確認

ゲーム業界の仕事内容3つ目は、「品質管理」です。

品質管理は、開発段階で完成したゲームに不具合がないかの管理を行います。

バグだったり、エラーが発生しないかだったりを検証し、完成版へと向かっていきます。

ここで、クリアしたものが商品化するわけです。

販売前の、最終チェックを行うところですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ゲームを作る仕事に就くための方法

就活生くん

ゲームを作る仕事に就きたいのですが、特別なスキルがありません。

どのようにすればゲームを作る仕事に就くことができますか。。。

どのようにすればいいのか不安ですよね。

以下で、ゲームを作る仕事に就くための方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲームを作る仕事に就くための方法
  • 方法①:大学や専門学校を卒業する
  • 方法②:プログラミングなどのスキルを身につける
  • 方法③:ゲーム業界の企業に就職する

方法①:大学や専門学校を卒業する

ゲームを作る仕事に就くための方法1つ目は、「大学や専門学校を卒業する」です。

大学や専門学校を卒業することで、現場で必要なスキルを学ぶことができます

そのため、就職活動の際には、自身の専門スキルをアピールすることができ、就職に有利に働きます。

まずは、何をして働きたいかを考え逆算して、キャリア設計を行いましょう。

専門学校だと、専門分野以外の就職が難しくなるので注意が必要です。

「就活の教科書」編集部 原田

方法②:プログラミング などのスキルを身につける

ゲームを作る仕事に就くための方法2つ目は、「プログラミングなどのスキルを身につけ」です。

プログラミングのスキルを身につけることは、ゲーム業界以外でも活躍の場があり、情報化が進む現代において重宝される人材となります。

情報系の学科を専攻していなくても、プログラミングスクールなどで学習することもおすすめです。

以下に、プログラミングに関する記事をまとめたので、プログラミングに興味がある方は是非ご覧ください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

方法③:ゲーム業界の企業に就職する

ゲームを作る仕事に就くための方法3つ目は、「ゲーム業界の企業に就職する」です。

ゲーム業界に就職することで、ゲームを作る仕事に携われる可能性があります。

専門的な知識がないけど、漠然とゲームを作る仕事に就きたい人は、総合職などで応募すると良いでしょう。

エンジニアとして、ゲームを作る仕事に関わりたい人は、専門的な知識やスキルを磨きましょう。

ゲーム業界でも、企画、広告・マーケティング、人事など様々な職種があります。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴

就活生くん

将来ゲーム業界の仕事に就きたいと思っています。

ゲーム業界に向いている人などいるのでしょうか?

ゲーム関係の仕事に向いてる人の特徴を3つを以下で解説します。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴
  • 特徴①:ものづくりが好きな人
  • 特徴②:体力や精神力が強い人
  • 特徴③:チームで協力するのが好きな人

特徴①:ものづくりが好きな人

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴1つ目は、「ものづくりが好きな人」です。

ゲーム制作は、ユーザーのニーズや心理を理解し、これまでにない新しいコンテンツを生み出すことが求められます。

そのため、ものづくりが好きな人は、ゲーム関係の仕事が向いていると言えます。

需要がないところには、ビジネスは生まれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

特徴②:体力や精神力が強い人

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴2つ目は、「体力や精神力が強い人」です。

1つのゲームを制作するのに、トライ&エラーを何度も繰り返すことで完成版ができます。

また、プログラミングをかく作業は根気がいる作業です。

そのため、体力や精神力が強い人はゲーム関係の仕事に向いていると言えます。

何時間もゲームに没頭して遊べる人は、体力・集中力があり向いていそうですね。

「就活の教科書」編集部 原田

特徴③:チームで協力するのが好きな人

ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴3つ目は、「チームで協力するのが好きな人」です。

先述したように、ゲームを制作するのにたくさんの人が関わっており、チームに分かれて1つのゲームが完成します。

そのため、チームで協力するのが好きな人はゲーム関係の仕事に向いていると言えます。

少しでも、自分が関わったゲームが世に出回ることは、とても嬉しいことですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問

最後に、ゲーム関係の仕事に関するよくある質問を3つまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問
  • 質問①:ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?
  • 質問②:ゲーム関係の仕事で在宅できるものはあるの?
  • 質問③:ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?

 

質問①:ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問1つ目は、「ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?」です

結論から言うと、ゲーム関係の仕事は未経験でも可能です。

特別なスキルがなくても採用してくれる企業の募集を調べ、確かな志望動機を持ち就職活動に挑みましょう。

ただし、プログラミングを組んだり、エンジニアとして働きたい場合は、大学や専門学校で専門的な知識を学び、就職活動を行いましょう。

エンジニアとして就職する友達は、プログラミングを勉強していましたよ。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問②:ゲーム関係の仕事で在宅でできるものはあるの?

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問2つ目は、「ゲーム関係の仕事で在宅できるものはあるの?」です。

結論から言うと、ゲーム関係の仕事で在宅ワークできるものはあります

特に、ゲームデザイナーなどでフリーランスとして働く場合は、そのような求人があるようです。

しかし、企業に勤める場合はそこの規定によるので、在宅ワークできない可能性もあります。

在宅ワークをしたいなら、フリーランスになり独立できるように頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問③:ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?

ゲーム関係の仕事に関するよくある質問3つ目は、「ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?」です。

結論から言うと、ゲーム関係の仕事は文系でもできます

この記事でも紹介したように、ゲーム関係の仕事はたくさんあります。

そして、営業や販売などはプログラミングスキルのような専門的な知識は必要ないため、文系出身でも大丈夫です。

ただし、文系だけどエンジニアを目指す場合は、自分でプログラミングスキルなどを学び就職活動の際にしっかりとアピールしましょう。

ゲームはたくさんの人の協力で制作するので、活躍の場はたくさんあると思います。

「就活の教科書」編集部 原田

 

【大学生/社会人向け】簡単に適職を診断できるおすすめの無料サービス

就活生ちゃん

最近、就活や仕事が上手くいかないし、今の仕事や狙っている業界が合っているのかどうかわからないです。

自分の適職を知る方法はないのかな…

就活生なら業界選びや面接で、社会人なら仕事で上手くいかないこともありますよね。

実際に今の仕事や志望業界があなたに合っていない可能性も十分にあります。

そこで、適職診断やあなたの強みを簡単に知れるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

適職診断(大学生&転職者向け)

適職診断
適職診断のおすすめポイント
  • 「適職診断」ならあなたに合った職業がわかる
  • 志望業界が決まるので、業界/企業研究を進められる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • すでに61,079人以上が登録済み

>> 適職診断を見てみる

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

VIEW(20-30代転職者向け)

VIEWのおすすめポイント
  • 価値観と経歴から天職を診断できる
  • AIがあなたに合うキャリアを算出
  • 簡単にあなたのキャリアシミュレーションができる
  • 若手ハイクラス向け転職サイトで支援品質満足度 No.1

>> VIEWを見てみる

ポジウィルキャリア(社会人向け)

ポジウィルキャリアのおすすめポイント
  • キャリアの悩みを無料相談できる
  • 漠然とした悩みでも聞いてくれる
  • オンラインで全国どこにいても相談できる
  • 20~30代相談実績1位,満足度94%
  • 1回目の相談は完全無料

>> ポジウィルキャリアを見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活や転職で活かせる自己分析ができ、あなたに合った職業がわかります。

「最近うまくいかないし、自分に今の仕事や業界が合ってないのかな…」「自分に合う仕事を探したい!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ゲームを作る仕事に就きたいのなら、スキル身につけよう!

いかがだったでしょうか?本記事では、「ゲームに関わる仕事について解説」していきました。

合わせて、ゲームに関わる仕事の職種やゲーム関係の仕事に向いている人の特徴などを紹介しました。

結論として、ゲームを作る仕事に就きたい人は、専門的なスキルを身につけることをおすすめします。

少しでも、参考になれば幸いです。

最後に、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【週類別】ゲーム関係の仕事/職業一覧

  • 仕事①:ゲームプログラマー(平均年収:約487万円)
  • 仕事②:ゲームディレクター(平均年収:約520万円)
  • 仕事③:ゲームプランナー/デザイナー(平均年収:約378万円)
  • 仕事④:ゲームグラフィックデザイナー(平均年収:約496万円)
  • 仕事⑤:ゲームプロデューサー(平均年収:約550万円)
  • 仕事⑥:ゲームシナリオライター(平均年収:約350万円)
  • 仕事⑦:サウンドクリエイター(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑧:サーバーエンジニア(平均年収:約429万円)
  • 仕事⑨:インフラエンジニア(平均年収:約546万円)
  • 仕事⑩:ゲームデバッガー(平均年収:約258万円)
  • 仕事⑪:エフェクトデザイナー(平均年収:約478万円)
  • 仕事⑫:UIデザイナー(平均年収:約597万円)
  • 仕事⑬:ゲームの営業(平均年収:約460万円)

◆ゲーム業界の仕事内容

  • 仕事内容①:企画
  • 仕事内容②:開発
  • 仕事内容③:品質管理

◆ゲームを作る仕事に就くための方法

  • 方法①:大学や専門学校を卒業する
  • 方法②:プログラミングなどのスキルを身につける
  • 方法③:ゲーム業界の企業に就職する

◆ゲーム関係の仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:ものづくりが好きな人
  • 特徴②:体力や精神力が強い人
  • 特徴③:チームで協力するのが好きな人

◆ゲーム関係の仕事に関するよくある質問

  • 質問①:ゲーム関係の仕事は未経験でも可能なの?
  • 質問②:ゲーム関係の仕事で在宅でできるものはあるの?
  • 質問③:ゲームに関わる仕事は文系でもできるの?

◆まとめ:ゲームを作る仕事に就きたいのなら、スキル身につけよう!