>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が実際に取り組んだ】自己PRができない人のための対策法5つ | エントリーシート,面接でも

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

皆さんは今、就活で悩んでいることはありませんか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

ESの自己PRで何を書いたらいいか分からないし、どうアピールしたらいいかも分かりません

就活生ちゃん

面接で自己PRの話し方が分からず、苦手意識があります。
なるほど。皆さんは今、エントリーシート(ES)や面接の自己PRができないという悩みがあるのですね。

僕も自己PRが上手くできないという悩みに長く苦しみました。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRって何をアピールしたらいいか分からないし、他の就活生と比べてしまい、落ち込む時もありますよね。

僕もそうでした。しかし、自己PRができない自分が心底イヤで、様々な努力をして自己PRを得意に変えました。

そこでこの記事では、自己PRができない自分が嫌すぎて、めちゃくちゃ面接練習をした西川が、
①そもそも自己PRとは、②自己PRで企業が知りたいこと、③ESで自己PRができない人におすすめの方法、④面接で自己PRができない人におすすめの方法、⑤自己PRの例に至るまで自己PRの全てを解説・紹介していきます。

対策法に関しては、自己PRできない就活生だった僕が、実際にやってみて良かったと思う対策法だけを紹介します。

この記事を読めば、苦手だった自己PRが少し得意になり、ESや面接で自信をもって自己PRを語れるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事で分かること
  • ①そもそも自己PRとは
    「凄い」エピソードでなくていい。大切なのは自分の人柄が伝わるかどうか。
  • ②企業が自己PRから知りたいこと
    ・考え方と人柄
    ・会社が求める能力を持っているか
    ・論理的に伝えられるか
  • ③ESで自己PRができない人の対策法
    ・他己分析で人に見てもらう
    ・とりあえず書いてみて添削してもらう
  • ④面接で自己PRができない人の対策法
    ・人に言語化してもらう
    ・PREP法で話す
    ・面接練習をする
自己PRのエピソードを探したい方は、こちらの記事が参考になります。ぜひ見てみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そもそも自己PRとは

就活生くん

そもそも自己PRって何ができたら正解なのですか?
そうですね。本格的に話をしていく前に一度、自己PRについて確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

そもそも自己PRとは、面接やエントリーシート(ES)などで、自分の人柄や能力を企業にアピールし、自分を企業に売り込む為のものです。

面接で「自己PRをしてください」とストレートに聞かれる場合もありますが、「学生時代に力を入れて取り組んだことは何ですか」という質問でも聞かれることがあります。

自己PRが求められる質問例
      • あなたの長所と短所を教えてください。
      • 学生時代に力を入れて取り組んだことについて教えてください。
      • あなたをモノに例えると何ですか?理由も教えてください。
      • 今までの人生で最大の挫折経験を教えてください。
      • あなたは友人や家族からどんな人だと言われるか教えてください。
「学生時代に力を入れて取り組んだこと」については、以下の記事が参考になるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

人柄が伝わるなら、エピソードはなんでもいい

就活生くん

やっぱり自分PRするなら、企業に優秀だと思われたいし、話すエピソードも人と違うような特別なエピソードが良いですよね。

でも、普通の大学生しか送ってこなかったので特に「凄い」エピソードが無いです。

いえ、結論から言うと自己PRで話すことは「凄い」エピソードではなくても大丈夫です。

自分の人柄を伝えられさえすれば、話すエピソードはなんでもいいです。

「就活の教科書」編集部 西川

なぜなら企業は、エピソード自体の凄さよりも「自己PRで自分の人柄を伝える能力があるのか」に重きを置いて評価しているからです。

自己PRで話すことは、人と違う特別なエピソードじゃないと不安になりがちですが、特別な「凄い」エピソードでなくても大丈夫です。

なぜなら、エピソードが凄そうでもその内容に就活生の人柄を見られなければ、企業は自社との適正を判断できないためです。

例えば、以下のような就活生がいたとします。

就活生ちゃん

私は、アルバイトリーダーとして業務改善に取り組み、店舗売り上げ5%向上に貢献しました。
私が働く居酒屋では利益率の低いドリンクが売れているのに対して、利益率が高いフードメニューが売れていないという課題がありました。
そこで私は店長と相談して店舗ミーティングを開催し、アルバイトスタッフに一杯目の注文を取る際に、お客様におすすめのフードを提案することをマニュアル化しました。
この提案によりフードの注文数が改善し、店舗売り上げ5%向上に貢献出来ました。

いかがでしょうか。

確かにエピソードは凄そうですが、結局この就活生がどんな「人柄」なのかよく分からないですよね。

このような人柄が分からないエピソードでは、企業は選考を通過させてくれません。

では次に、企業が知りたがっている「人柄」とは具体的に何なのかを説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

自己PRができない人は、まず「企業が知りたいこと」を知ろう

就活生くん

企業が自己PRから知ろうとしている「人柄」とは具体的にはなんなのでしょうか。
企業が知ろうとしている「人柄」とは、大きく分けて以下の3つに分けられます。

「就活の教科書」編集部 西川

企業が知りたい人柄とは 3選
    • 知りたいこと①:どう考え、どう行動するのか
    • 知りたいこと②:自社で活躍するための能力があるか
    • 知りたいこと③:論理的に伝える能力があるか
では、これらの企業が知りたいことについて1つずつ見ていきましょう。

これらの企業が知りたいことを抑えておけば、どんなエピソードでも自己PRできるようになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

知りたいこと①:どういう考え方で、どんな人柄なのか

自己PRを通じて企業が知りたいことの1つ目は、就活生の考え方や人柄です。

企業はエントリーシート(ES)や面接で、就活生が自分のどういう所をどう評価しているか知ることで、就活生の考え方や人柄を知りたいと考えています。

考え方や人柄を確認することで、人事は「自社に適正があるか」「長く働いていくれそうか」などを判断します。

このように企業は、就活生がどういう考え方でどんな人柄なのか確認するために、自己PRを求めるのです。

 

知りたいこと②:社内で活躍するための能力があるか

自己PRを通じて企業が知りたいことの2つ目は、就活生が社内で活躍するための能力があるかです。

ビジネスによって特に必要とされる能力が異なるため、企業は就活生の能力が、自社のビジネスの特徴とマッチしているか確認します。

例えば、コンサルティング業界の会社なら特に論理的思考力が必要とされますし、商社なら商談に必要なコミュニケーション能力・愛想の良さなどが特に必要とされます。

このように企業は、就活生が自社のビジネスに応じた能力を保有しているか確認するために、自己PRを求めるのです。

 

知りたいこと③:論理的に伝える能力があるか

自己PRを通じて企業が知りたいことの3つ目は、論理的に伝える能力があるかです。

新卒採用では、入社時点で即戦力になれる専門スキルは求められませんが、物事を論理的に伝える能力など基本的な能力は高ければ高いほど評価されます。

社会人になると、上司に端的で分かりやすい報告を求められますし、取引先との商談では分かりにくい言い方をして誤解されるといけませんよね。

このように企業は、就活生が論理的に伝える力があるか確認するために自己PRを求めるのです。

 

自己PRができない人におすすめの対策法:ES編

就活生くん

なるほど。企業が自己PRから知りたいことは分かりました。

この3つの知りたいことを満たせば、どんなエピソードでも自己PRが出来るのですね。

しかし書くべきことが分かっても、やっぱりES(エントリーシート)で自己PRができないです。

分かりました。ではこの項目では自己PRできない人が、エントリーシートで自己PRを書くための方法を紹介します。

前の項目で紹介した、『企業が自己PRから知りたい事』の3点を踏まえて自己PRを書くことで、企業から評価される自己PRが書けます

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRができない人におすすめの対策法:ES編

・おすすめの方法①:他己分析をしてもらう
・おすすめの方法②:とりあえず書いてみて添削してもらう

 

おすすめの方法①:他己分析をしてもらう

面接で自己PRができない人におすすめの方法の1つ目が、他己分析をしてもらうことです。

他己分析とは、第三者に自分の特徴を客観的に分析してもらうことです。

他己分析をしてもらうことで、自己分析では気づけなかった自分の強みや、アピールできるエピソードを見つけられることがあります。

分析してもらう人は経験値が豊富な社会人がおすすめです。

以下の記事で、社会人訪問を簡単にできるアプリを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

このアプリに登録している社会人は、就活生の力になりたいと考えている方々なので、自己PRの相談も気軽にできます。ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめの方法②:とりあえず書いてみて添削してもらう

ESで自己PRができない人におすすめの方法の2つ目が、とりあえず書いてみて添削してもらうことです。

この方法もおすすめの方法①と同じく、人の力を借りる方法です。

何を書いたらいいか分からなくても「これかな」と思うエピソードがあれば、制限字数などは気にせずに、背景やその時に考えていたことまで言及して書いてみましょう。

この方法がおすすめの理由は、人に添削してもらうことで、何が自己PRに大切で、何が必要ないか第三者に客観的に判断してもらえるためです。

書いて添削してもらってまた書いて、を繰り返すことで良い自己PRが書けるはずです。

添削してもらう人は、上の項目で紹介したアプリで依頼すれば添削してくれる人はたくさんいますので、ぜひ活用してみてくださいね。

僕は、第一志望の会社のESを通過するために、OB訪問をして知り合った社員の方に何度何度も添削し頂きました。

この添削を通じて、自分が本当にアピールすべきポイントが見えてきて、自己PRが洗練されていきました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ここまで自己PRができない人におすすめの対策法:ES編を紹介してきました。

ESの自己PRに関しては、こちらの記事も参考になるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

自己PRができない人におすすめの対策法:面接編

就活生ちゃん

私は、ESではなく面接で自己PRが上手くできないです。

なにかいい対策法はありませんか?

面接は緊張も相まって、エントリーシートよりも自己PRができないですよね。

僕もとても苦手でしたが、この項目で紹介する3つの方法を実践して自己PRを得意に変えられたので紹介させて頂きますね。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRができない人におすすめの対策法:面接編

・おすすめの方法①:人に過去の努力体験や成功を深堀りしてもらう
・おすすめの方法②:PREP法で話す
・おすすめの方法③:面接練習をする

 

おすすめの方法①:人に過去の努力体験や成功を深堀りしてもらう

面接で自己PRができない人におすすめの方法の1つ目が、人に過去の努力体験や成功を深堀りしてもらうことです。

面接で自己PRができない原因の1つに、自分の長所を上手く言語化できていないという原因が考えられます。

自分の長所を上手く言語化できていないと、長所としてPRするポイントと、それを説明するエピソードがマッチせず、面接官に違和感を与えてしまいます。

この違和感は、自身の語彙力が足りないことが原因であることが多いので、「上手く表現できていないな」と感じていたら、まずは、第三者に過去の努力体験や成功を深堀りして整理してもらいましょう。

深堀りをしてもらう人も、「自己PRができない人におすすめの対策法の①」で紹介したアプリで探せます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめの方法②:PREP法で話す

面接で自己PRができない人におすすめの方法の2つ目が、PREP法で話すことです。

PREP法とは、以下の4つの英単語の頭文字からなる話法です。

PREP法
・結論=Point
・理由=Reason
・例 =Example
・結論=Point

PREP法のように最初に結論から述べる話法を結論ファーストといいます。

最初に結論から述べることで、話し手がこれからなんの話しをするのか分かるため、聞き手が理解しやすくなる話し方です。

PREP法は、ESでも面接でもありとあらゆる場面で有効なので、使えるようにした方が良いです。

PREP法に関しては、この記事で一番最後に紹介する例文の中でも用いているので、ぜひ目を通して参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめの方法③:面接練習をする

面接で自己PRができない人におすすめの方法の3つ目が、面接練習をすることです。

人に深堀りをしてもらい、PREP法の使い方を覚えたら、最後に面接練習をしましょう。

面接で自己PRができない原因の1つに、自己PRすることはしっかりあるのに、緊張してうまく話せないという原因が考えられます。

この面接への緊張は、面接練習を繰り返すことで限りなく軽減できますし、面接を重ねるごとに伝えるべき事柄がブラッシュアップされるため、非常に有効です。

僕は就活支援施設や大学のキャリアセンターで、面接練習を20回ほど繰り返しました。

練習、フィードバックを受けて内容を改善、また練習を繰り返すことで自己PRを得意にできました。

面接は、意外と多くの就活生が「まぁ、できるだろ。」と考えて練習をしないので、他の就活生と差をつけるなら面接練習をするのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ここまで自己PRができない人に向けて、自己PRの意味から対策法まで紹介してきました。

その中で結局、重要になるのがやはり「自己分析」です。
もし、自己分析に詰まっていたら他己分析をしてもらうなどして、新たな視点を入れるのが有効です。

自己分析は、ツライ時もありますが、やればやるだけ就職活動を成功させる確率を挙げられます。

めげずに一緒に頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

自己PRできないを得意に変えた編集部・西川の自己PR

就活生くん

ここまでいろんなことを紹介して頂きましたが、過去の就活生の自己PRの例など見て書き方を学びたいです。
分かりました。ではこの項目では、「就活の教科書」編集部の西川が実際にES(エントリーシート)で使っていた自己PRを紹介します。
ES選考を通過した自己PRだけを紹介するので参考になると思います。ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

メガバンクX社に提出した自己PR

まずは、あるメガバンクX社に提出した自己PRを紹介します。

このメガバンクX社は会社説明会で、「真面目さと行動力を備えた就活生」を求めてると言っていたので、真面目かつ行動力があると感じるように文章表現を意識しました。

「就活の教科書」編集部 西川

メガバンクX社に提出した自己PR

私の特徴は、「やってみたい」に臆せず挑戦する事です。

大学2回生の時、私はテニスサークルに所属していました。初めての新歓活動で加入者を増やしサークルを盛り上げようと、様々な企画を先輩幹部らに提案しました。しかしその提案は、前例のある事しか受け入れる事が出来ないサークルの気質から検討される事なく、却下されました。この事を悔しく思い、企画を実現できる環境を自分で作る事を決意しました。そして「最も友達ができるサークル」を標語に、スポーツサークルを設立しました。さらに3年生の時には「ミスキャンはあるのにミスターコンが無いのはなんで?」という疑問をきっかけにMr.コンテストを企画し、約半年間で8000人を巻き込み、成功に導きました。

このように既存になかった事柄に対しても、自ら発想し行動していく事で実現に繋げてきた私は、「やってみたい」に臆せず挑戦する意識を持っていると考えております。

 

大手広告代理店Z社に提出した自己PR

次に、ある大手広告代理店Z社に提出した自己PRを紹介します。

この会社のお題は、「あなたは一言で言うとどんな人ですか。その理由について3つキーワードを挙げ、それぞれ100文字以内で自身の経験を交えながら説明せよ 。」というお題でした。

ユニークなお題なので、論理的で面白い自己PRを出すことを意識しました。

「就活の教科書」編集部 西川

大手広告代理店Z社に提出した自己PR

私は 【 意識の高いカジキマグロ 】 である。

・常に泳ぐように「挑戦し続ける」

高校受験の際、私は受験勉強から逃げました。それ以来妥協する事を止め、何事にも徹底的に挑戦するようにしました。大学受験では目標から逆算した週間計画を基に1日約12時間の勉強を行う事で、合格を勝ち取りました。

・どんな獲物も捕らえる「理解力」

モデル活動に取り組んできました。相手が構想する世界を自分の中に落とし込むため、ヒアリングで相手の考えを理解する力を身に付けました。この結果、構想の実現性の高さから多くの作品に起用して頂きました。

・どんな魚にも負けない「スピード感」

目的に向かってスピーディーに行動する事が得意です。「ミスキャンはあるのにミスターコンが無いのはなんで?」という疑問を皮切りに、Mr.コンテストを企画し、約半年間で8000人を巻き込み、成功に導きました。

 

 

まとめ:いま自己PRできない人も、必ずできるようになる

いかがでしたでしょうか。

この記事では、自己PRが苦手すぎて20回以上面接練習を重ねた西川が、
①そもそも自己PRとは、②自己PRで企業が知りたいこと、③ESで自己PRができない人におすすめの方法、④面接で自己PRができない人におすすめの方法、⑤自己PRの例に至るまで自己PRの全てを解説・紹介してきました。

まとめると、以下のようになります。

この記事で伝えたかったこと
  • ①そもそも自己PRとは
    「凄い」エピソードでなくていい。大切なのは自分の人柄が伝わるかどうか。
  • ②企業が自己PRから知りたいこと
    ・考え方と人柄
    ・会社が求める能力を持っているか
    ・論理的に伝えられるか
  • ③ESで自己PRができない人の対策法
    ・他己分析で人に見てもらう
    ・とりあえず書いてみて添削してもらう
  • ④面接で自己PRができない人の対策法
    ・人に言語化してもらう
    ・PREP法で話す
    ・面接練習をする

あなたの自己PRができないという悩みに少しでも役立てたでしょうか。

就活の教科書では就活に関する様々な記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。