>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【日本だけ?】就活がおかしいと感じる理由7つ | 早めに就活を終わらせる方法も

この記事を読めばわかること
  • 日本の就活にはおかしいルールや決まりが多い
  • 日本の就活がおかしいのは髪型やマナーの縛りが強いのが理由
  • おかしい就活を避ける方法5つ

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の中澤です。

この記事では「就活がおかしい」と感じる悩みについて解説します。

就活生みなさんは、「日本の就活はおかしいことが多い」「おかしいと感じる就活をするのは避けられないのかな・・・」と思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 中澤

就活生くん

海外の友達と話していると、日本の就活とたくさんの違いがあって驚きました。

どうして、日本の就活はおかしいのですか。

就活生ちゃん

現在、就活をしているのですが、髪型がみんな同じだったり、急にマナーに気を使うようになったりしてモヤモヤした気持ちになりました。

おかしいと感じる就活を避ける方法ってありますか。

確かに、日本の就活がおかしいのかどうかは気になりますよね。

また、おかしい就活を避ける方法がないのかも気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

そこでこの記事では「就活がおかしいと感じる理由について解説します。

合わせて「おかしな就活を避ける方法」についても説明しています。

この記事を読めば、あなたが就活をおかしいと感じる理由が明確になり、自分にあった就活の方法を見つけられますよ。

就活がおかしいと感じて悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

日本の就活はおかしいことだらけ

就活生くん

海外と比べると日本の就活はおかしいと感じてしまいます。

日本の就活をおかしいと感じる人は多いですか。

日本の就活はおかしいと感じるのは当然です。

なぜなら、日本の就活のルールやマナーには、時代遅れのルールや就活生の能力に関係ないマナーが多く含まれているからです。

「就活の教科書」編集部 中澤

特に海外の就活事情と比べると、日本の就活がおかしいことがはっきりとわかるでしょう。

日本の就活には理解できないルールやマナーが多いので、就活生は就活をおかしいと感じるのでしょう。

次は、なぜ日本の就活がおかしいと感じるのかについてより具体的に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

日本の就活がおかしいと感じる理由7つ

就活生ちゃん

他の国と比べたら、日本の就活はおかしいですよね・・・

日本の就活はおかしいと感じる理由は何ですか。

確かに、日本の就活がおかしいと感じる理由は気になりますよね。

日本の就活がおかしいと感じる理由は7つあります。

「就活の教科書」編集部 中澤

日本の就活がおかしいと感じる理由7つ
  • 理由①:みんな黒髪になっている
  • 理由②:在学中に就活をしないと損をする
  • 理由③:独自のマナーが多すぎる
  • 理由④:リクルートスーツの人しかいない
  • 理由⑤:大学での勉強内容を重視しない
  • 理由⑥:履歴書を手書きで書く文化がある
  • 理由⑦:何度も長時間の面接をする

それでは、それでは日本の就活がおかしいと感じる理由を1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由①:みんな黒髪になっている

日本の就活がおかしいと感じる理由1つ目は、みんな黒髪になっていることです。

なぜなら、就活が始まると企業からの印象が悪くならないように、茶髪や金髪を黒髪に染め直す必要があるからです。

もし地毛が黒髪ではない人や自由な髪色を楽しみたい人の場合、髪色を染め直すのはストレスになりますよね。

髪の色だけで就活の結果が変わってしまうのはおかしいですよね。

髪色を気にしないような業界も今は増えていますよ。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由②:在学中に就活をしないと損をする

日本の就活がおかしいと感じる理由2つ目は、在学中に就活をしないと損をすることです。

日本では新卒であることが重視される場合が多いからです。

もちろん、卒業後の就労経験のない人を雇う会社もありますが、大半は大学在学中の就活生に新卒採用を行っていますよね。

大学在学中に就活しないと損になる仕組みはおかしいですよね。

新卒が有利になる理由が知りたい人はこちらの記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由③:独自のマナーが多すぎる

日本の就活がおかしいと感じる理由3つ目は、独自のマナーが多すぎることです。

なぜなら、日本の就活では礼儀などの表面的な部分も評価されるからです。

日本独自のマナーとして以下のような例があります。

【日本独自のマナー】

  • ノックの回数
  • お辞儀の角度

どちらもノックの回数は3回、お辞儀の角度は場合によって使い分けると決められています。

ノックの回数やお辞儀の角度だけで採用不採用が決まるのはおかしいですよね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由④:リクルートスーツの人しかいない

日本の就活がおかしいと感じる理由4つ目は、リクルートスーツの人しかいないことです。

他の服装が許されない雰囲気があり、どの就活生も同じような服装をするのを強制されているからです。

例えば、企業説明会に行っても、就活生は全員同じような服装をしていて見分けがつかないですよね。

リクルートスーツだけしか就活では許されない雰囲気はおかしいでしょう。

「私服可」と書いていても、オフィスカジュアルの服装で行くのが常識になっているのもおかしいですよね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由⑤:大学での勉強内容を重視しない

日本の就活がおかしいと感じる理由5つ目は、大学での勉強内容を重視しないことです。

なぜなら、就活が終わった後に大学で勉強や研究するモチベーションが下がってしまうからです。

海外では大学での学びと就職先での仕事が結びつくことが多いですが、日本では就職先で大学での学びを活かせない場合が多々ありますよね。

大学での勉強が就活で活かされないのはおかしいですね。

特に文系の人は全く関係のない仕事に入社することが多いですよね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由⑥:履歴書を手書きで書く文化がある

日本の就活がおかしいと感じる理由6つ目は、履歴書を手書きで書く文化があることです。

パソコンでミスなく簡単に作成できるのに、わざわざ書かせる意味がわからないからです。

手書きで書く場合、一度書き損じたりしただけでもう一度書き直す必要があり、時間と労力が無駄にしすぎですよね。

履歴書をわざわざ手書きで書かないといけないのはおかしいですよね。

ハンコ廃止と同じように、履歴書を手書きする文化も廃止になると良いですね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

理由⑦:何度も長時間の面接をする

日本の就活がおかしいと感じる理由7つ目は、何度も長時間の面接をすることです。

なぜなら、短時間でも終わらせられるのに、長い時間を面接かけるからです。

他の国だと面接を何回もせず、数十分の面接1回で終わることが多いですよ。

面接を何度もして就活生を長期間縛り付けるのはおかしいですよね。

他の企業の面接の練習などをする時間がなくなるので、面接を何度もされるのはしんどいですよね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

おかしい就活をできるだけ避ける方法5つ

就活生くん

やっぱり、就活をみんなおかしいと思っていたんですね。

なんとかしてできるだけおかしい就活を避ける方法はありませんか。

確かに、就活をできるだけ避ける方法は知りたいですよね。

おかしい就活をできるだけ避ける方法は5つあります。

「就活の教科書」編集部 中澤

おかしい就活をできるだけ避ける方法5つ
  • 方法①:就活エージェントに登録して就活する時間を減らす
  • 方法②:選考の早い企業を受けて就活の負担を減らす
  • 方法③:インターンに参加して早めに内定をもらう
  • 方法④:大学の専門を活かせる仕事を見つける
  • 方法⑤:海外の学校に行って別の方法で就活をする

それでは、それではおかしい就活をできるだけ避ける方法を1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

方法①:就活エージェントに登録して就活する時間を減らす

おかしい就活をできるだけ避ける方法1つ目は、就活エージェントに登録して就活する時間を減らすことです。

就活エージェントを利用すれば効率的に就活を進められおかしい就活に時間をかけずに済むからです。

就活エージェントでは、以下のような内容をサポートしてくれます。

【就活エージェントのサポートの例】

  • 就活相談
  • ES(エントリーシート)や志望理由書の添削
  • 面接の練習

おかしい就活にできるだけ関わりたくない人は就活エージェントを利用してすぐに内定を獲得しましょう。

おすすめの就活エージェントはこちらの記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

方法②:選考の早い企業を受けて就活の負担を減らす

おかしい就活をできるだけ避ける方法2つ目は、選考の早い企業を受けて就活の負担を減らすことです。

なぜなら、3年生の春休みから集中しておかしな就活だけに時間を割かずに済むからです。

以下のような企業や業界は選考が早いです。

【選考が早い業界】

  • 外資系の企業
  • テレビ局など放送・テレビ業界
  • ベンチャー企業
  • IT業界

おかしい就活から距離をとりたいなら、コツコツ努力して早期に内定をもらうのもありですね。

もっとくわしく選考の早い業界を知りたい就活生はこちらの記事も参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

方法③:インターンに参加して早めに内定をもらう

おかしい就活をできるだけ避ける方法3つ目は、インターンに参加して早めに内定をもらうことです。

内定をもらっていれば、受ける企業数が少なくなって履歴書を書く数や面接を受ける回数が減るからです。

内定を1つも貰っていないと焦ってしまっていくつもの会社に履歴書を送ったり面接を受けたりてしまいますが、1つでも内定を獲得していると落ち着いて就活にのぞめますよ。

インターンに参加して内定をもらい、就活にかける時間を減らしましょう。

インターンに参加すれば、うける業界や会社の数も絞れるのでおすすめです。

インターンに行くかどうか迷っている人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

方法④:大学の専門を活かせる仕事を見つける

おかしい就活をできるだけ避ける方法4つ目は、大学の専門を活かせる仕事を見つけることです。

理由は、内定が決まった後も自分の専門の勉強や研究へのモチベーションを維持できるからです。

例えば、法学部なら法務のある企業を目指したり、経済学部なら金融業界を目指すなど、少しでも自分の学びと関連のある仕事を見つけましょう。

大学での専門を活かせる業界や企業を見つけられたら、就活をおかしいと感じづらくなるでしょう。

自分の専門を活かせる企業を早めに見つけておけば、大学の授業へのモチベーションも上がりますよね。

大学での勉強を就活でアピールしたい人はこちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

方法⑤:海外の学校に行って別の方法で就活をする

おかしい就活をできるだけ避ける方法5つ目は、海外の学校に行って別の方法で就活をすることです。

なぜなら、日本のおかしい就活システムから抜け出せるからです。

海外の就活システムの特徴には以下のようなものがあります。

【海外の就活システムの特徴】

  • 新卒と既卒の扱いが変わらない
  • 3年生から就活を始めない(学業がかなり忙しいため)
  • 大学を卒業したことが評価される(卒業が難しいため)

日本の就活システムがどうしても受けれられないなら、海外の学校に行くのも考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

まとめ:日本のおかしい就活をできるだけ避けて内定を獲得しよう

この記事の「【日本だけ?】就活がおかしいと感じる理由7つ | 早めに就活を終わらせる方法も」はいかがでしたか。

このページでは「日本の就活がおかしいと感じる理由について解説しました。

合わせて「日本のおかしい就活をできるだけ避ける方法」も説明しました。

 

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

この記事のまとめ

◆ 日本の就活はおかしいことだらけ


◆ 日本の就活がおかしいと感じる理由7つ

  • 理由①:みんな黒髪になっている
  • 理由②:在学中に就活をしないと損をする
  • 理由③:独自のマナーが多すぎる
  • 理由④:リクルートスーツの人しかいない
  • 理由⑤:大学での勉強内容を重視しない
  • 理由⑥:履歴書を手書きで書く文化がある
  • 理由⑦:何度も長時間の面接をする


◆ おかしい就活をできるだけ避ける方法5つ

  • 方法①:就活エージェントに登録して就活する時間を減らす
  • 方法②:選考の早い企業を受けて就活の負担を減らす
  • 方法③:長期インターンに参加して早めに内定をもらう
  • 方法④:大学の専門を活かせる仕事を見つける
  • 方法⑤:海外の学校に行って別の方法で就活をする

 

日本の就活にはおかしい部分がたくさんあり、どれも納得できないものが多かったですよね。

日本のおかしい就活をできるだけ避けたければ、早めに内定をもらったり、自分の専門を活かせる企業や業界をがんばって見つけましょう

「就活の教科書」では、他にも様々な就活情報をわかりやすく解説しています。

ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

みなさんの就活が成功することを心から祈っております!

「就活の教科書」編集部 中澤