【体を動かす仕事がしたい!】おすすめの職業一覧14選 | 平均年収,女性向けの職種も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では体を動かす仕事について詳しく解説します。

あわせて、体を動かす仕事のメリット/デメリット3選体を動かす仕事に関するよくある質問についても解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば体を動かす仕事に関する理解が深まります。

体を動かす仕事ってどんな仕事?」「体を動かす仕事ってなにがあるの?」など疑問に思っている就活生はぜひ最後まで読んでください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

体を動かす仕事の代表的な職種3選

体を動かす仕事の代表的職業

就活生くん

僕は運動が得意なので、それを活かせる仕事に就きたいと思っています。

体を動かす仕事って具体的には何があるんですか?

確かに、体を動かす仕事ってどんな仕事があるのか気になりますよね!

そこでますは体を動かす仕事の代表的な職種を紹介していきます。

就活アドバイザー 京香

体を動かす仕事の代表的な職種3選
  • 職種①:建設業
  • 職種②:スポーツ関連
  • 職種③:第一次産業

職種①:建設業

体を動かす仕事の代表的な職種1つ目は、建設業です。

建築業は、住宅や施設、道路など、私たちの暮らしに関わるものをつくったり整備を請け負う仕事のことです。

建築業の仕事には、主に住宅やマンション、商業施設などを作る「建設」と道路や橋などインフラに関わる「土木」の2つがあります。

基本的に肉体労働を伴う業務が大半を占めるため、その分体を動かすことも多い職業になります。

そのため、人によっては体力的に難しい可能性もあるので注意が必要です。

職種②:スポーツ関連

体を動かす仕事の代表的な職種2つ目は、スポーツ関連の仕事です。

スポーツ関連の仕事は、コーチやインストラクターなど自身が見本となって教える場合も多いため、体を動かすこと自体が仕事になります。

スポーツ関連の仕事は需要が非常に高いことが特徴として挙げられます。

特にフィットネス業界は女性人気も高まっており、今後も盛り上がりを見せることが予想されます。

仕事を通じてスポーツに関わることもできるので、自身のスポーツ経験を生かすことのできる職種であると言えます。

また、運動や体を動かすことが好きな人にもおすすめです。

しかしながら、キャリアアップが難しい点や、体調不良・高齢になると仕事を続けていくことが難しいといったようなデメリットがあります。

職種③:第一次産業

体を動かす仕事の代表的な職種3つ目は、第一次産業です。

第一次産業とは、農業・酪農畜産・林業・漁業などを含む産業のことを指します。

第一次産業は、常に需要のある職種なので仕事がなくなる可能性は非常に低いです。

しかしながら、安定した収入の確保が難しいことや肉体的にも厳しい場面もあることから少子高齢化が進んでいる現状にあります。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

体を動かす仕事7選(男性向け)

就活生くん

僕は、運動することが好きなので体を動かせるような仕事に就きたいです!

どのような仕事があるか教えてください。

分かりました!

では、以下で男性向け体を動かす仕事の7選を紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

体を動かす仕事(男性向け)仕事7選
  • 仕事①:ルート営業
  • 仕事②:警備員
  • 仕事③:警察官
  • 仕事④:引越し作業員
  • 仕事⑤:漁師
  • 仕事⑥:探偵
  • 仕事⑦:不動産営業
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:ルート営業(平均年収:365万円)

男性向け体を動かす仕事の1つ目は、ルート営業です。

ルート営業とは、既存顧客に営業を行う仕事です。

顧客のところに向かい、契約した商品やサービスの現状のヒアリングや新商品の提案などを行います。

そのため、一般的な営業のようなノルマが課されることもなく、外回り・デスクワークの2つが業務内容になります。

1日中歩き回る必要もないため、程よく体を動かすことのできる仕事の1つです。

コミュニケーション能力に自信がある学生にもおすすめの仕事ですね。

就活アドバイザー 京香

仕事②:警備員(平均年収:336万円)

男性向け体を動かす仕事の2つ目は、警備員です。

警備員は、文字通り警備を行う仕事になります。

仕事場所は多岐に渡り、マンションやオフィス、大学内など様々な勤務先があります。

基本的には立ち仕事になり、見回り業務も伴うため体を動かす仕事であると言えるでしょう。

不審者がいれば、取り押さえたりと力も必要になってきます。

そのため、体を動かすことが好きな男性や体力に自身がある男性におすすめの仕事の1つです。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:警察官(平均年収:772万円)

男性向け体を動かす仕事の3つ目は、警察官です。

警察官の主な仕事内容は、社会の安全と秩序を守り、維持することです。

警察官は、町の巡回活動不審者を追いかけることなど体を動かす業務が多いです。

また、警察学校では武術、体育を履修させられるなどいかに運動神経や体力が必要な職業であるか分かりますね。

警察官は夜勤や残業が多く、危険を伴う仕事なので平均年収は700万円以上と高水準になっています。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

仕事④:引越し作業員(平均年収:379万円)

男性向け体を動かす仕事の4つ目は、引越し作業員です。

引越し作業員は、引越しの際の荷物の積み込みから荷下ろし、搬入までを行う仕事です。

冷蔵庫や洗濯機などの大型家家電から、ソファーやベッドなどの大型家具までを運ぶため力がいる仕事になります。

そのため、男性に向いている体を動かす仕事であると言えるでしょう。

お客様の荷物を傷つけないよう細心の注意を払う必要もあるため、精神的負担がかかりそうですね…。

就活アドバイザー 京香

仕事⑤:漁師(平均年収:人によって大きく異なる)

男性向け体を動かす仕事の5つ目は、漁師です。

漁師とは、海で魚介類を獲ることを仕事としています。

漁師になるための学歴や経験は関係なく、特別な資格も不要な事から未経験で始めやすい仕事の1つです。

漁師と言っても、対象とする魚やエリア、獲り方によって仕事の内容や年収などが異なります。

特に、遠洋漁業を行う漁師が稼げると言われており、年収は約600〜800万円になるそうです。

一般のサラリーマンよりも高い水準となっており、体を動かしながらの高収入も夢ではない職業であると言えます。

仕事⑥:探偵(平均年収:499万円)

男性向け体を動かす仕事の6つ目は、探偵です。

探偵の主な仕事は、浮気調査や人探しなど対象者についての調査を行うことが挙げられます。

基本的には1日中対象者を尾行したりと常に動向チェックすることになるため、体を動かす機会の多い仕事でもあります。

収入は、固定給+成功報酬が多く努力次第では人よりも稼ぐことも難しくはありません。

探偵には、「忍耐力がある人」が向いているそうですよ。

アルバイトでも募集していることもあるため、気になった方はチェックしてみてください。

就活アドバイザー 京香

職業⑦:不動産営業(平均年収:411万円)

男性向け体を動かす仕事の7つ目は、不動産営業です。

不動産営業とは、住宅や土地、投資マンションなどを顧客に販売する仕事です。

不動産営業は、営業であるため顧客のもとに出向く必要があります。

そのため、外回りも多く体を動かす仕事として分類することができるでしょう。

住宅や土地の販売は大きな金額が伴うため、その分やりがいや責任感も伴う仕事です。

やりがいの大きな仕事がしたい学生におすすめの仕事ですね。

就活アドバイザー 京香

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

体を動かす仕事7選(女性向け)

就活生ちゃん

私も、体を動かしながら働ける仕事に就きたいと思っています。

どのような仕事があるのか教えてください!

分かりました!

では次に、女性向け体を動かす仕事について紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

体を動かす仕事(女性向け)仕事7選
  • 仕事①:インストラクター
  • 仕事②:保育士
  • 仕事③:アパレル店員
  • 仕事④:介護士
  • 仕事⑤:CA(キャビンアテンダント)
  • 仕事⑥:飲食店スタッフ
  • 仕事⑦:清掃スタッフ
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:インストラクター(平均年収:335万円)

女性向け体を動かす仕事の1つ目は、インストラクターです。

フィットネスジムやスポーツインストラクターの主な仕事は、フィットネス指導や利用者に対するトレーニング計画の作成を行ったりします。

インストラクターは、自身が見本となって教える場合も多いため、常に体を動かすことが求められる仕事になります。

そのため、運動が好きな人スポーツ経験がある人におすすめの職業です。

最近では、健康に気遣う女性も増えてきており今後の需要も期待できる職業の1つではないでしょうか。

仕事②:保育士(平均年収:382万円)

女性向け体を動かす仕事の2つ目は、保育士です。

保育士は、乳児から小学校入学前の子供を預かりお世話する仕事です。

時には子供と一緒に外で遊ぶこともあるため、体を動かすことが求められます。

また、子供の安全を確保しなければならないため、やりがい・責任も大きい仕事であることが言えるでしょう。

平均年収は、382万円となっていますが今後は政府による給料引き上げが期待できる職業です。

保育士になるには、四年生の大学、または専門学校を卒業した後に保育士資格を取得するのが一般的です。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:アパレル店員(平均年収:350万円)

女性向け体を動かす仕事の3つ目は、アパレル店員です。

アパレル店員の主な仕事は、アパレルショップで洋服やファッション小物を販売することです。

アパレル店員は、商品の陳列やマネキンの移動など体を動かしながらの業務が多いです。

また、業務のほとんどは立ちながらの仕事になるため、体力も必要となってきます。

しかしながら、未経験からでも働きやすいこと接客を通してお客様の笑顔を見ることができることなどメリットも沢山あります。

自分がおすすめした服を気に入ってもらえると嬉しいですよね。

就活アドバイザー 京香

仕事④:介護士(平均年収:316万円)

女性向け体を動かす仕事の4つ目は、介護職です。

介護職は、主に助けを必要とするお年寄りの介護を行う仕事です。

勤務先は多岐に渡り、老人ホームやデイサービスなどの施設やお年寄りの家に出向く出張介護など様々な場所・働き方があります。

介護士は、入居者を車椅子に移したり、入浴・排泄の介助をしたりといった体を動かす作業が常に伴う仕事です。

少子高齢化の影響で、今後もさらに需要が見込まれ年収も上がっていくことが推測されます。

介護士の仕事は、未経験でも従事することができます。

しかしながら、資格を取得しておくと資格手当が出たり、仕事に対する信用度が上がります。

そのため、興味がある人は資格取得をおすすめします。

就活アドバイザー 京香

職業⑤:CA(キャビンアテンダント)(平均年収:526万円)

女性向け体を動かす仕事の5つ目は、CA(キャビンアテンダント)です。

キャビンアテンダントは飛行機に搭乗するお客様に対しての機内サービス業務を主に行います。

フライト中はほとんど立ちっぱなしで、定期的に見回りや機内サービスの販売など常に体を動かすことが求められる仕事です。

また、キャビンアテンダントは華やかな制服を着て、笑顔でお客様を接客するので、キラキラしたイメージが持たれやすいです。

英語を使う機会が多かったり、様々な人と出会うことが出来る点が羨ましいと思われるポイントであり、大きな魅力として挙げられます。

そのため、体を動かしながら働きたい人のみではなく、語学力が高い人コミュニケーション能力に長けている人はおすすめの仕事です。

職業⑥:飲食店スタッフ(平均年収:340万円)

女性向け体を動かす仕事の6つ目は、飲食店スタッフです。

飲食店スタッフは、主に飲食店でのホール接客やキッチンでの調理を担当します。

ホールスタッフは、お客様に料理提供や席案内など常に歩き回る仕事が伴います。

調理を担当するキッチンも、立ちっぱなしで調理や洗浄作業を行うため体を体を動かす仕事に分類されるでしょう。

飲食店スタッフは、効率よく動くことが求められるため、効率を考えて動くことが好きな人にもおすすめの職種です。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職業⑦:清掃スタッフ(平均年収:350万円)

女性向け体を動かす仕事の7つ目は、清掃スタッフです。

清掃スタッフは、商業施設やオフィスビル、ホテル、病院などの建物内の清掃を行う仕事です。

清掃作業には、立ち屈みの動きや清掃場所の移動など体を動かす作業が大半を占めます。

最近では、ハウスクリーニングや家事代行などの需要も高まって居るため、主婦の方も活躍している職種です。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

体を動かす仕事に簡単に就職する方法

体を動かす仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、体を動かす仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、体を動かす仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

体を動かす仕事のメリット3選

体を動かす仕事のメリット

就活生くん

体を動かす具体的な仕事を聞いて、やはり魅力的だなあと感じました。

そこで、次に体を動かす仕事のメリット/デメリットを教えてください!

分かりました!

まずはメリットから紹介していきますね。体を動かす仕事のメリットは以下のようになっています。

就活アドバイザー 京香

体を動かす仕事のメリット3選
  • メリット①:仕事自体が健康維持につながる
  • メリット②:充実感や達成感が味わえる
  • メリット③:特別なスキル・資格なしで働ける上、業種によっては資格取得を目指せる

メリット①:仕事自体が健康維持につながる

体を動かす仕事のメリットの1つ目は、「仕事自体が健康維持につながる」です。

体を動かす仕事は、業務自体に運動が含まれます。

そのため、仕事を行うこと自体が健康維持につながり、精神的安定にも結びつくメリットがあります。

メリット②:充実感や達成感が味わえる

体を動かす仕事のメリットの2つ目は、「充実感や達成感が味わえる」です。

前述した通り、体を動かすことは精神的な安定に繋がりやすいです。

その分、仕事に充実感を感じやすいことが言え、メリットであると言えるのではないでしょうか。

また、体を動かす仕事は肉体的に辛い場合も多く、業務が完了した際には大きな達成感も味わえるでしょう。

メリット③:特別なスキル・資格なしで働ける上、業種によっては資格取得を目指せる

体を動かす仕事のメリットの3つ目は、「特別なスキル・資格なしで働ける上、業種によっては資格取得を目指せる」です。

体を動かす仕事は、特別なスキル・資格なしで働けることが多いです。

そのため、未経験でも始めやすいメリットがあります。

また、業種によっては資格取得で給料のアップが見込めるものもあります。

資格取得に向けてのモチベーションが維持できるのも嬉しい点ですね。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

体を動かす仕事のデメリット3選

体を動かす仕事のデメリット

就活生くん

体を動かす仕事のメリットについて分かりました。

次に、デメリットについても教えてください。

分かりました!

では、以下に体を動かす仕事のデメリットについて解説していきますね。

就活アドバイザー 京香

体を動かす仕事のデメリット3選
  • デメリット①:体調不良や高齢化で働けないリスクがある
  • デメリット②:ルーティンワークの場合はスキルアップが難しい
  • デメリット③:多くの働き方が労働集約型になる

デメリット①:体調不良や高齢化で働けないリスクがある

体を動かす仕事のデメリットの1つ目は、「体調不良や高齢化で働けないリスクがある」です。

体を動かす仕事は、自分自身が資本となります。

そのため、病気になってしまったり高齢化により仕事が出来なくなる可能性もあります。

その一方で、事務作業などのデスクワークでは在宅勤務なども可能な場合があるため、高齢になっても働き続けることができます。

以上の事から、体を動かす仕事には体調不良や高齢化で働けないリスクがあることを理解しておく必要があります。

デメリット②:ルーティンワークの場合はスキルアップが難しい

体を動かす仕事のデメリットの2つ目は、「ルーティンワークの場合はスキルアップが難しい」です。

体を動かす仕事は、単純作業が業務の大半を占める場合も多いためスキルアップが難しい側面があります。

しかしながら、資格を取得することで業務の幅が広がったり給料がアップすることもあります。

そのため、体を動かす仕事でスキルアップしたい人は、自身の職種にはどのような資格があるのかを調べ取得することをおすすめします。

デメリット③:多くの働き方が労働集約型になる

体を動かす仕事のデメリットの3つ目は、「多くの働き方が労働集約型になる」です。

体を動かす仕事の多くの働き方は、労働集約型です。

労働集約型産業とは、人間の労働力に頼る割合が多い産業のことを指します。

労働集約型は、賃金は高くなく労働時間も比較的長い傾向にあります。

そのため、他の職業に比べると、労働時間の長さや得られる賃金は高くない点がデメリットと言えるでしょう。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

体を動かす仕事に関するよくある質問

就活生ちゃん

私は、やはり体を動かす仕事に就きたいと考えています。

そこで、他に何か知っておいた方が良いことがあれば教えてください!

分かりました!

では、以下に体を動かす仕事に関するよくある質問に答えていきます。

就活アドバイザー 京香

体を動かす仕事に関するよくある質問
  • 質問①:体を動かすのが好きって、社会人として役立つの?
  • 質問②:体を動かす仕事の将来性は?

質問①:体を動かすのが好きって、社会人として役立つの?

体を動かす仕事に関するよくある質問の1つ目は、「体を動かすのが好きって、社会人として役立つの?」です。

結論として、役に立ちます。

それは、上記でも説明した通り体を動かすことが好きな人に向いている仕事や、それを活かせる職種が沢山あるからです。

例えば、スポーツインストラクターでは運動に関する知識のもと指導したり、体を動かすことの楽しさを伝えることが主な仕事になります。

このように、体を動かすのが好きなことは、社会人として役立つ場面があると言えます。

質問②:体を動かす仕事の将来性は?

体を動かす仕事に関するよくある質問の2つ目は、「体を動かす仕事の将来性は?」です。

結論として、体を動かす仕事は労働集約型となるため、スキルアップしなければ将来性は低い可能性があります。

体を動かす仕事は、スキルや専門的な知識が必要ない場合が多く、AIなどに代替されてしまう可能性があります。

そのため、体を動かす仕事に就き続けるためには資格を取得したりと、「自身でしかできない専門性」を身につけておく必要があります。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:職業一覧を参考に、体を動かす仕事の中で自分の適性に当てはまるものを探してみよう

いかがだったでしょうか。

この記事では、「体を動かす仕事」について詳しく解説しました。

また、体を動かす仕事7選(男性向け/女性向け)体を動かす仕事のメリット/デメリットについても紹介しました。

加えて、体を動かす仕事に関するよくある質問についても紹介しました。

では以下で、この記事を簡単にまとめていきます。

この記事のまとめ

◆体を動かす仕事の代表的な職種3選

  • 建設業
  • スポーツ関連
  • 第一次産業

◆体を動かす仕事7選(男性向け)

  • 仕事①:ルート営業(平均年収:365万円)
  • 仕事②:警備員(平均年収:336万円)
  • 仕事③:警察官(平均年収:772万円)
  • 仕事④:引越し作業員(平均年収:379万円)
  • 仕事⑤:漁師(平均年収:人によって大きく異なる)
  • 仕事⑥:探偵(平均年収:499万円)
  • 職業⑦:不動産営業(平均年収:411万円)

◆体を動かす仕事7選(女性向け)

  • 仕事①:インストラクター(平均年収:335万円)
  • 仕事②:保育士(平均年収:382万円)
  • 仕事③:アパレル店員(平均年収:350万円)
  • 仕事④:介護士(平均年収:316万円)
  • 職業⑤:CA(キャビンアテンダント)(平均年収:526万円)
  • 職業⑥:飲食店スタッフ(平均年収:340万円)
  • 職業⑦:清掃スタッフ(平均年収:350万円)

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆体を動かす仕事のメリット3選

  • 仕事自体が健康維持につながる
  • 充実感や達成感が味わえる
  • 特別なスキル・資格なしで働ける上、業種によっては資格取得を目指せる

◆体を動かす仕事のデメリット3選

  • 体調不良や高齢化で働けないリスクがある
  • ルーティンワークの場合はスキルアップが難しい
  • 多くの働き方が労働集約型になる

◆体を動かす仕事に関するよくある質問

  • 質問①:体を動かすのが好きって、社会人として役立つの?
  • 質問②:体を動かす仕事の将来性は?

◆まとめ:職業一覧を参考に、体を動かす仕事の中で自分の適性に当てはまるものを探してみよう