>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【後悔します】就活を適当にしてはいけない3つの理由 | すべきこと,対処法も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、就活を適当にしてはいけない3つの理由について解説します。
就活生のみなさんは、就活は適当にしようと思った経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕は就活は適当にしても良いと思っています。
企業の求人はたくさんあるので、就活を適当にしていても内定はもらえますよね?

就活生ちゃん

私は就活に力を入れていますが、まったく内定がもらえず、もう適当に就活しても良いんじゃないかと悩んでいます。
でも就活を適当にしてしまったら後悔する気がして、どうすれば良いのかわかりません…

「内定がもらえれば、適当に就活をしても大丈夫!」と、就活中はつい考えてしまいますよね。
しかし内定をもらうことをゴールにした就活は、就職後に必ず後悔をするので注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、就活を適当にしてはいけない3つの理由について解説します。

合わせて、納得のいく就活をするためにすべきことや、どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法も紹介します。

この記事を読めば、「就活を適当にして本当に後悔している、もう一度就活をやり直したい…」なんて失敗も避けられます。

「就活を適当に済ませたいけど、なかなか踏ん切りがつかない…」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

就活を適当にして後悔する人は多い

就活生くん

「就活は適当にしても、内定はもらえるから大丈夫!」と先輩から聞きました。
本当に、就活は適当にしても大丈夫なのでしょうか?

就活って企業を探すところから、選考対策や面接を受けるまで時間がかかって、つい適当にしたくなりますよね。
結論から言うと、就活は適当にすべきではありません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活を適当にして、就職後に後悔する人は本当に多いです。

適当に就活をした結果、希望していない職種に配属されたり、そもそも自分に合っていない企業に就職したりして、早期退職する可能性が高いからです。

また適当に就活をして内定をもらえる企業は、誰でも内定をもらえるような、人手不足のブラック企業ばかりです。

ブラック企業は「残業代が出ない」「パワハラが多い」など劣悪な労働環境である場合が多いため、基本的には避けることをおすすめします。

一方で「残業がない」「給料が高い」などが特徴のホワイト企業は就活生からの人気も高いため、しっかりと対策をしないと内定はもらえません。

ブラック企業、ホワイト企業については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活を適当にして”受かった人”もいる

「適当にすべきではない」とは言っても、就活を適当にして、満足のいく就職ができた人もいます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活を適当にしても受かった人は、以下の特徴があります。

就活を適当にしても受かった人の特徴
  • 特徴①:適度に息抜きをしている
  • 特徴②:高学歴である
  • 特徴③:「適当」の基準が高く、周りから見れば普通に就活している

就活をしていると、選考を落ちてつらくなることもありますが、普段から適度に息抜きをしている人は内定につながりやすいです。

また高学歴な人は就活で有利になりやすいため、適当に就活をしていても納得のいく内定をもらえる可能性があります。

そして「適当」の基準は人によって異なるため、自分では適当にしているつもりでも、周りから見ればちゃんと就活をしているような人も内定をもらえます。

就活を適当にすると、後悔する人が多いことがわかりましたね。
しかし具体的に、なぜ就活を適当にしてはいけないのでしょうか。
次に、就活を適当にしてはいけない3つの理由を紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活を適当にしてはいけない3つの理由

就活生くん

内定がもらえるのであれば、就活は適当でもいいのではないかと思います。
就活は適当に早く済ませて、大学時代の時間を有意義に使いたいです。

先述した通り、就活を適当にしてしまうと必ず後悔するので、しっかりと時間をかけて就活すべきです。
なぜ就活を適当にしてはいけないのか、理由を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活を適当にしてはいけない3つの理由
  • 理由①:早期退職する可能性が高いから
  • 理由②:新卒カードを無駄にしてしまうから
  • 理由③:転職先を見つけるのが難しいから

大切なことなので繰り返しますが、就活は適当にすべきではありません。
それでは、就活を適当にしてはいけない3つの理由をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

理由①:早期退職する可能性が高いから

就活を適当にしてはいけない理由1つ目は、「早期退職する可能性が高いから」です。

就活を適当にすると、「自分に合わない企業に入社した」「興味のない部署に配属された」などの理由から、早期退職をする可能性が高くなります。

新卒で早期退職をしてしまうと、次の仕事を再び探す必要があり、結局就活をやり直すことになります。

納得のいく就活をするためには、就活は適当にすべきではありません。

新卒で早期退職をしてしまうと、デメリットが非常に多いです。
同じ職場環境で働き続けたい人は、就活は適当にせず、しっかりと力を入れましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

理由②:新卒カードを無駄にしてしまうから

就活を適当にしてはいけない理由2つ目は、「新卒カードを無駄にしてしまうから」です。

新卒カードとは、就労経験のない新卒が就職活動で一括採用してもらえることを指します。

新卒カードを使えば、就労経験やスキルがなくても大企業や有名企業に就職できますが、既卒だと就職するまでに苦労します。

就活を適当にして就職してしまうと、新卒カードが無駄になるのでおすすめしません。

ちなみに新卒を一括採用しているのは日本のみで、海外ではインターンシップなどの就労経験がないと雇ってもらえません。

新卒カードのメリットについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

理由③:転職先を見つけるのが難しいから

就活を適当にしてはいけない理由3つ目は、「転職先を見つけるのが難しいから」です。

早期退職をした結果、「短期間で会社を辞めたということは、うちの会社も早く辞める可能性がある」と見なされ、転職先を見つけづらくなります。

転職先を見つけられないと、今の仕事を続けるか、フリーターになる等の手段しか残されていないため、結局苦しむ羽目になります。

もちろん、就職してから早期退職をするまでに大きな実績を残していれば、転職できる可能性はあります。
しかし入社してから数年で大きな実績を残すことは難しいため、やはり就活は適当にすべきではありません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活のやる気が出ない就活生は、やる気が出ない理由について以下の記事で解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

納得のいく就活をするためにすべきこと

就活生ちゃん

今まで適当に就活をしていましたが、今から力を入れようと思います!
でも、就活って何から始めれば良いのでしょうか…?

納得のいく就活をするためには、次の3つを実践してみましょう。
これら3つを試してみれば、あなたに合った企業が見つかり、納得のいく就活ができるはずです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

納得のいく就活をするためにすべきこと
  • すべきこと①:興味のある業界・仕事を見つける
  • すべきこと②:業界研究・企業研究をする
  • すべきこと③:選考対策をする

それでは、納得のいく就活をするためにすべきこと3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

すべきこと①:興味のある業界・企業を見つける

納得のいく就活をするためにすべきこと1つ目は、「興味のある業界・仕事を見つける」です。

あなたが興味をもって働けるような業界や仕事を見つけることで、選考を受ける業界・企業数を絞れます。

業界・企業数を絞ることで、それぞれの企業の選考対策に力を入れられるようになります。

「どんな業界があるかわからない…」そんな就活生は、以下の記事も読んでみてください。
就活で使われる39種の業界について、詳しく解説しているので、どんな業界があるのか理解できますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

すべきこと②:業界研究・企業研究をする

納得のいく就活をするためにすべきこと2つ目は、「業界研究・企業研究をする」です。

興味のある業界が見つかった後は、具体的にその業界がどのような仕事をしているのかどの企業が業界のシェア上位を取っているのか等、業界研究をしましょう。

業界研究をすることで、その業界における今後の動向を把握できます。

そして業界研究をした後は、自分の性格に合う企業を知るために企業研究をしましょう。

業界研究・企業研究の簡単なやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

すべきこと③:選考対策をする

納得のいく就活をするためにすべきこと3つ目は、「選考対策をする」です。

興味のある企業が見つかった後は、最後に選考対策をしましょう。

企業から内定をもらうためには、履歴書・エントリーシート(ES)の提出や、グループディスカッション(GD)WEBテスト・SPI面接などの様々な選考を受ける必要があります。

対策なしで受かることは難しいため、企業から内定をもらうためには、それぞれの選考において上手に対策をすることが大切です。

エントリーシートの書き方や、面接などの対策方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

どうしても就活を適当に済ませたい人は?

就活生ちゃん

就活は適当にすべきではないことはわかりました。
でも私は部活やアルバイトもしていて、なかなか就活に時間を割けないのですが、就活を簡単に済ませられないでしょうか…?

就活に十分な時間を割けず、適当に済ませたい人は、以下の3つを実践してみてください。
あなたに合った企業を比較的楽に見つけられるはずです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法
  • 対処法①:スカウトアプリを使う
  • 対処法②:OB訪問をする
  • 対処法③:就活エージェントを使う

それでは、どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法についてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法①:スカウトアプリを使う

どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法1つ目は、「スカウトアプリを使う」です。

スカウトアプリ(逆求人サイト)とは、プロフィールを登録するだけで企業から特別選考のオファーがもらえる就活サービスです。

スカウトアプリでもらえるオファーは、エントリーシートの提出が免除される一次面接が免除されるなどの特別選考であることが多いため、早期内定を獲得できるのがメリットです。

「就活の教科書」編集長の岡本が選んだ、本当におすすめできるスカウトアプリを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

おすすめ①:OfferBox(オファーボックス)

オファーボックス

本当におすすめできるスカウトアプリ1つ目は、OfferBox(オファーボックス)です。

OfferBoxは大手企業・外資企業・官公庁など7,600社以上が利用しており、スカウトアプリ業界では求人数が最も多いです。

2021年卒の就活生146,000人以上が登録しており、その評判の良さから、口コミで利用者数が増えています。

企業はあなたのプロフィールを読んで、厳選したオファーを1通1通送るため、ミスマッチも減らせるのがOfferBoxの特徴です。

「企業からオファーをもらって、効率的に就活を済ませたい!」そんな就活生は、ぜひOfferBoxを試してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\7,600社からあなたをスカウト 人気No.1!/OfferBox (オファーボックス )

* 登録無料、1分で参加できます

 

OfferBox(オファーボックス)の評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

おすすめ②:キミスカ

キミスカ

本当におすすめできるスカウトアプリ2つ目は、キミスカです。

キミスカは他社の選考状況を伝えれば、選考をスキップできたり、企業からオファーが届いたりするスカウトサイトです。

例えば「株式会社◯◯の最終面接まで進みました!」とプロフィールに登録すれば、「最終面接まで進んだのなら、ぜひうちの選考も受けてほしい」と企業からオファーが届きます。

またキミスカには、各業界・職種に精通したコンサルタントが在籍しているため、就職活動に関する悩みも気軽に質問できます。

キミスカの登録企業数は約300社、利用者数は約100,000人と多くの企業や就活生に利用されているため、安心してキミスカを使えます。

「選考状況の良い企業があって、他企業からもオファーも欲しい!」そんな就活生には、キミスカの利用がおすすめです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\8万人の20卒の就活生が参加/キミスカ

* 登録無料、1分で参加できます

 

キミスカの評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

おすすめ③:dodaキャンパス

本当におすすめできるスカウトアプリ3つ目は、dodaキャンパスです。

dodaキャンパスは6,200社以上の優良企業が登録しており、2021年卒〜2024年卒の就活生356,000人以上が利用しています。(2020年5月時点)

利用者の98%が企業からオファーをもらっているので、オファー受信率が非常に高いのがdodaキャンパスのメリットです。

ちなみにdodaキャンパスは株式会社ベネッセi-キャリアが運営しているため、大手企業で安心して使えます。

「優良企業からのオファーが欲しい!」そんな就活生は、dodaキャンパスを試してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\大手優良企業からのオファーが多数/

* 登録無料、1分で参加できます

 

dodaキャンパスの評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

対処法②:OB訪問をする

どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法2つ目は、「OB訪問をする」です。

OB訪問とは、企業で働いている社会人を訪問し、実際の仕事について質問することです。

OB訪問をすれば、興味のある業界や企業を見つけられる可能性があります。

また企業によっては、OB訪問時に特別選考を案内してくれる場合もあるため、事前によく調べておきましょう。

就活アプリ「Matcher」を使えば、OB・OGを簡単に見つけられて、気軽にOB訪問できますよ。
プロフィール内に「弊社の選考を受けてみませんか?」などの文章が書いてある場合は、特別選考を実施してもらえる可能性があります。

就活アプリ「Matcher」の評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法③:就活エージェントを使う

どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法3つ目は、「就活エージェントを使う」です。

就活エージェントとは、就職活動のプロがあなたの就活をサポートしてくれる、無料の就活サービスです。

就活エージェントを使えば、あなたに合った優良企業の紹介から選考対策など、内定までを手厚くサポートしてもらえます。

ちなみに「就活の教科書」編集長の岡本が選んだ、本当におすすめできる就活エージェントを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

おすすめ①:ゼロキャンバス

ゼロキャンバス(ZERO CANVAS)

本当におすすめできる就活エージェント1つ目は、ゼロキャンバスです。

ゼロキャンバスは「自分にしかない強みを引き出す」をもとに、就活生に寄り添った面談が売りで、面談の継続率は80%と非常に高いのが特徴です。

LINEで24時間連絡が取れるため、面談以外でも気軽に相談できるのもゼロキャンバスを使うメリットです。

ゼロキャンバスではベンチャー企業を主に紹介しているため、大手企業の紹介は多くありません。
また2022年卒の就活生のみが利用できるので、他学年の人は注意しましょう。

「自分が活躍できるベンチャー企業を見つけたい!」そんな2022年卒の就活生は、ゼロキャンバスを利用してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\ あなたが活躍できる会社に入れる!! /

* 登録無料、1分で参加できます

*ゼロキャンバスは2022年卒の学生しか利用できないので、ご注意ください。

 

ゼロキャンバスのリアルな評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

おすすめ②:ジョブスプリング

「JobSpring」が就活生に選ばれる3つの理由

本当におすすめできる就活エージェント2つ目は、ジョブスプリングです。

ジョブスプリングでは、通常の就活面談に加えて独自のAIマッチングを行っており、自分に合った企業を見つけられます。

その結果、1年間の平均離職率が15%と言われる中、ジョブスプリング利用者の3年間の離職率はわずか0.1%と非常に低いのが特徴です。

担当エージェントとは東京(神保町)で直接面談できる他、オンラインでの面談も可能です。

そのため、地方在住の就活生でも気軽にジョブスプリングを利用できます。

オンラインで面談のできる就活エージェントは少なく、ジョブスプリングはその代表と言えます。

「自分に合った企業を紹介してもらい、オンライン面談もしてもらいたい!」そんな就活生は、ぜひジョブスプリングを使ってみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\ AIマッチング、早期離職率0.01%!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

 

ジョブスプリングを使った就活生の評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

おすすめ③:DiG UP CAREER

DiG UP CAREER

本当におすすめできる就活エージェント3つ目は、DiG UP CAREERです。

DiG UP CAREERは就活生一人ひとりに対するサポートが手厚いため、利用者から高い評価を受けています。(満足度90%超、友達紹介率60%超)

専門のキャリアアドバイザーによる徹底した自己分析のサポートや、エントリーシート添削(ES添削)、面接対策などのサポートが無料で受けられます。

LINEでコミュニケーションが取れるため、スピード感のある就活をできるのがDiG UP CAREERの特徴です。

DiG UP CAREERの就活サポート人数は2,800人以上で、限られた人数だからこそ手厚いサポートを受けられます。

「企業紹介から選考対策まで全部サポートをしてもらいたい!」そんな就活生は、DiG UP CAREERを試してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\ 少数精鋭、LINEで密にサポート!!/

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

* 登録無料、1分で参加できます

 

DiG UP CAREERの実際の評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

「就活を適当にしたいけど内定が欲しい」と思っている就活生には、”就活の教科書公式LINE”がオススメです。

「就活の教科書公式LINE」は、このサイトが配信しているメルマガで「今から内定を取る方法」を配信しています。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

【就活の教科書LINE】内定者が"本当の就活情報" をLINEにお届け

「内定がもらえていない」「内定はもらえたけど本当に入社すべきか悩んでいる」そんな就活生は、今すぐ就活の教科書公式LINEに登録してみてください。

さらに今だけ、特典として”就活逆転マニュアル”をプレゼントしています。

「就活の教科書公式LINE」メルマガの配信内容や特典内容については、下記の記事で簡単にまとめています。

 

 

まとめ:就活は適当にせず、自分に合った企業に就職しよう!

この記事では、就活を適当にしてはいけない3つの理由について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、納得のいく就活をするためにすべきことや、どうしても就活を適当に済ませたい場合の対処法も紹介しました。

この記事で学んだ内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活を適当にしてはいけない3つの理由まとめ

就活を適当にして後悔する人は多い

就活を適当にして”受かった人”の特徴

  • 特徴①:適度に息抜きをしている
  • 特徴②:高学歴である
  • 特徴③:「適当」の基準が高く、周りから見れば普通に就活している

就活を適当にしてはいけない3つの理由

  • 理由①:早期退職する可能性が高いから
  • 理由②:新卒カードを無駄にしてしまうから
  • 理由③:転職先を見つけるのが難しいから

納得のいく就活をするためにすべきこと

  • すべきこと①:興味のある業界・企業を見つける
  • すべきこと②:業界研究・企業研究をする
  • すべきこと③:選考対策をする

どうしても就活を適当に済ませたい人は?

  • 対処法①:スカウトアプリを使う
  • 対処法②:OB訪問をする
  • 対処法③:就活エージェントを使う

就活を適当にするとミスマッチが多くなり、就職後に必ず後悔するため、適当にすべきではありません。
自分に合った業界や企業を見つけ、きちんと選考対策をしましょう。
どうしても就活に時間が割けない場合は、スカウトアプリや就活エージェントを使って、効率的に就活してみましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典