>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【早く終えたい!】就活楽勝にするためにやるべきこと4つ | 就活楽勝な人の特徴も

この記事をよめばわかること
  • 就活が楽勝かどうかは目指す企業のレベルによって異なる
  • 就活を楽勝にするためにやるべきことはとりあえず内定を1つ持つこと
  • 就活が楽勝で終わる人の一番の特徴は協調性があること
  • 高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由3つ
  • 楽勝かつ堅実に就活を終えるための定番やるべきこと3つ

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事では就活を楽勝にするためにやるべきことについて解説します。
この記事を読んでいる就活生の皆さんは、「就活を楽勝で終わらせるにはどうすればいいの?」「どういう人が就活楽勝になるの?」などの疑問を抱いているのではないのでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

僕の友達は就活楽勝って言ってるんだけど、どうやったら就活が楽勝になるんだろう?

就活生ちゃん

私は阪大生なんだけど、高学歴の大学生は就活で楽勝なんだろうか?

そうですよね。
できれば就活を楽勝で終わらせて遊びたいですよね(笑)
あと巷では高学歴は就活で余裕とも言われていますよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、就活を楽勝にするためにやるべきこと4つについて解説します。

加えて、就活が楽勝で終わる人の特徴3つ、高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由3つについても解説します。

最後に就活を堅実に終わらせるための定番やるべきこと3つについて解説します。

この記事を読めば、就活を楽勝にするためには何をすればよいのかが理解できますよ。

「就活を楽勝で終わらせたい」「高学歴は就活で余裕?」などの疑問を抱えている就活生はぜひこの記事を最後までよんでみてくださいね。

 

 

就活が楽勝かどうかは目指す企業のレベルによって異なる

就活生くん

僕は就活を始めたばかりで就活のことをまだ詳しくわからないのですが、就活って楽勝なものなのでしょうか?

就活が楽勝になるかどうかは目指す企業のレベルによって異なります。
みんなが知っているような大企業を目指すのであれば就活対策をしっかりしないと落ちてしまいます
逆に競争倍率が低いベンチャー企業や中小企業を目指すのであれば大企業に比べて楽勝で就活を終えれます。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

就活が楽勝になるかは目指すレベルによって異なるんですね。
僕も就活を楽勝にしたいなぁ。
何をやれば就活を楽勝で終えられるのだろう?

就活を楽勝にするためにやるべきことについて次に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

就活を楽勝にするためにやるべきこと4つ

就活生くん

就活を楽勝にするためには具体的に何をすればいいのでしょうか?

就活を楽勝にするためにやるべきことは以下の4つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活を楽勝にするためにやるべきこと4つ
  • やるべきこと①:内定をとりあえず1つ持っておく
  • やるべきこと②:インターンに参加する
  • やるべきこと③:就活で使えそうなネタを考えておく
  • やるべきこと④:Webテストの勉強を早めに終わらせておく

就活を楽勝にするためにやるべきこと4つについてそれぞれ詳しく説明しますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと①:内定をとりあえず1つ持っておく

就活を楽勝にするためにやるべきことの1つ目は、「内定をとりあえず1つ持っておく」です。

内定を1つ持っておくだけでかなり精神が安定した状態で就活を続けることができるんです。

とりあえず内定を1つ取る方法として、選考付きのインターンに参加する方法があります。

選考付きのインターンの特徴
  • インターンに参加すると本選考の1次面接、2次面接免除
  • インターンで早期内定が取れる

インターンで早期内定が出るところがあるので、選考付きにインターンに参加してみると内定がとりあえず1個取れたりします。

就活を楽勝にするためにまずは1つ内定を取ることを意識してみてください。

僕も内定がある時と無い時では心の余裕具合が全然違いましたね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと②:インターンに参加する

就活を楽勝にするためにやるべきことの2つ目は、「インターンに参加する」です。

インターンに参加するメリットは以下の通りです。

インターンに参加するメリット
  • 仕事内容が把握できる
  • 本選考の志望動機にインターンでの経験が書ける
  • 就活仲間ができる

仕事内容が理解できると、本選考でその業界を受けるべきかの判断ができます。

また本選考でインターンの経験志望動機として書けるため、志望動機の説得力が上がります

インターンに参加するとメリットが多く、本選考が上手くいく可能性が高いのでインターンに積極的に参加してみてください。

1dayインターンよりも数日間のインターンの方が内容が濃く、仕事内容も理解できるので数日間のインターンに参加する事をおすすめします。

以下の記事で、インターンに参加する方法やおすすめのインターンが分かるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと③:就活で使えそうなネタを考えておく

就活を楽勝にするためにやるべきことの3つ目は、「就活で使えそうなネタを考えておく」です。

本選考直前は面接対策やOB・OG訪問で忙しくなることが多いです。

就活生くん

「学生時代に頑張ったこと」のネタをまだ考えられてないなぁ・・・

就活で使えそうなネタは早めに考えておきましょう。

就活で使えそうなネタがない人は今からでもいいので使えそうなネタを作る努力をしてみてください。

就活で使えそうなネタを考えるのにもかなりの時間がかかりますからね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ガクチカの作り方やガクチカがない場合の対処法は、以下の記事で詳しく解説しています。

合わせて読んでみてくださいね。

 

やるべきこと④:Webテストの勉強を早めに終わらせておく

就活を楽勝にするためにやるべきことの4つ目は、「Webテストの勉強を早めに終わらせておく」です。

本選考が始まったときには面接対策やエントリシートの執筆に時間を取られるため、Webテストの勉強をする時間が少ないです。

そこで、本選考が始まったときには面接対策とエントリーシートの執筆にのみ時間を割けられるよう、Webテストの勉強は早めにしておくべきです。

Webテストの勉強は本選考が始まる2ヶ月前までに仕上げておくのが目安です。

僕は本選考の直前になってWebテストの対策をしていなくて焦ったので、早めからWebテストの勉強をしておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

Webテストに自信のない方は、以下の記事で、今からでも間に合うWebテストの勉強方法を詳しく解説しています。

合わせて読んでみてくださいね。

 

就活が楽勝で終わる人の特徴3つ

就活生ちゃん

就活を楽勝で終えるためにやるべきことは理解できました。
私の先輩に就活が楽勝で終わっていた人がいたんですけど、就活を楽勝で終える人ってどんな特徴があるんですか?

就活を楽勝で終える人の特徴は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活が楽勝で終わる人の特徴3つ
  • 特徴①:協調性がある
  • 特徴②:主体性がある
  • 特徴③:コミュニケーション能力がある

それでは就活を楽勝で終える人の特徴3つについてそれぞれ詳しく説明しますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

特徴①:協調性がある

就活が楽勝で終わる人の特徴の1つ目は、「協調性がある」です。

日本の企業はチームで仕事をすることを重視しています。

なので、新卒に求められていることはスキルがあることではなく、協調性があってチームで仕事ができるかどうかです。

エントリーシートや面接では協調性があることをアピールすると面接官からの受けがいいです。

「チームで何かを成し遂げた経験」は特によく聞かれる定番の質問なので回答を準備しておくことをおすすめします。

チームで何かを成し遂げた経験は本当によく聞かれますね。
チームを大事にしている企業は多いイメージです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

協調性を自己PRしたい方は、以下の記事を読むことで、上手な伝え方がわかるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

特徴②:主体性がある

就活が楽勝で終わる人の特徴の2つ目は、「主体性がある」です。

企業はチームで仕事ができる能力と同じくらい主体性があることを重要視しています。

企業にもよると思いますが、企業が成長するために自分の意見をしっかり持って発言できるような主体性を重視している企業が多いです。

普段から主体的に物事に取り組み、課題を解決するにはどうすればよいかを常に考えながら日々を過ごしてみてください。

主体性も大事ですね。
僕はいろんなことに積極的にチャレンジするようにしています。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

特徴③:コミュニケーション能力がある

就活が楽勝で終わる人の特徴の3つ目は、「コミュニケーション能力がある」です。

コミュニケーション能力を具体的に示すと以下の通りです。

コミュニケーション能力の具体例
  • 自分の意見と事実を分けて話すことができる
  • 定量的に物事を伝えることができる
  • 自分に自信があり論理的に話すことができる
  • 結論ファーストで話すことができる
  • どんな人とも楽しく会話を続けることができる

以上のようなスキルがあれば新卒で重宝されます。

定量的に物事を伝えることや結論ファーストで話すことは簡単にできることなので、ぜひ今からでもやるようにしてみてください。

結論から話すことは大事ですね。
前置きが長いと聞いている方も疲れますからね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

コミュニケーション力を自己PRできれば就活が楽勝になります。

自己PRでコミュニケーション力を伝えたい人は、以下の記事で、上手な伝え方が分かるので合わせて読んでみてくださいね。

 

高学歴だから就活は楽勝と考えるのは危険な理由3つ

就活生ちゃん

私は高学歴であれば就活は楽勝だと聞きました。
私は阪大で高学歴だからそんなに就活対策しなくても受かるってことですかね?

ちょっと待ってください。
その考えは危険な考えです。
高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由3つ
  • 理由①:就活対策を怠ってしまいがち
  • 理由②:企業のエントリーの数が少なくなりがち
  • 理由③:大手企業だけを受けがち

高学歴だから就活が楽勝だと考えるのは危険な理由3つについてそれぞれ詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理由①:就活対策を怠ってしまいがち

高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由の1つ目は、「就活対策を怠ってしまいがちだから」です。

確かに高学歴は高学歴でないその他の大学に比べて、エントリーシートが通りやすいことは事実だと思います。

しかし就活対策を怠ってエントリーシートを添削してもらわなかったり、面接対策をしないと普通に落ちます。

実際に僕は高学歴だから就活楽勝だと思っていましたが、ほとんど落とされました。

皆さんは僕みたいにならないように高学歴でも就活対策は徹底するようにしてください。

皆さん気を付けてくださいね。
マジで普通に落ちますよ!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理由②:企業のエントリーの数が少なくなりがち

高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由の2つ目は、「企業のエントリーの数が少なくなりがちだから」です。

高学歴だから就活は楽勝だと考えていると、自分が行きたい第一志望軍群の企業だけにエントリーして他の企業のエントリーは少なくなりがちです。

最低でも10社は受けるようにしないと全落ちしたときに焦ってしまい、そのまま上手くいかずに就活失敗となってしまいます。

企業数を絞るのは複数の内定を持ってからにしましょう。

僕もエントリーする企業がとても少なくて全部落ちた時はマジで焦りました。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理由③:大手企業だけを受けがち

高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由の3つ目は、「大手企業だけを受けがちだから」です。

「いい大学に来たから大手企業に行かなきゃいけない」「せっかくいい大学に来たから大手企業以外はもったいない」と高学歴の人は考えがちです。

しかしいい大学に入ったからといって大手企業に行かなければならないというルールはありません。

自分は将来どのようになりたいのかをしっかり考えた上で受ける企業を考えてみてください。

そうでないと企業と就活生のミスマッチが起こってしまい、両者ともに不幸になってしまいます。

いわゆる大手病ってやつですね。
高学歴でも大手企業に就職しない人なんてたくさんいますよ。
以下に大手病について書かれた記事を載せておくので、大手にこだわってしまうという悩みを抱えている就活生は参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

楽勝かつ堅実に就活を終えるための定番やるべきこと4つ

就活生くん

就活を楽勝かつ堅実に終わらせるためにやるべきことってありますか?

就活を堅実に終わらせるための定番やるべきこと4つは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もとき

楽勝かつ堅実に就活を終えるための定番やるべきこと4つ
  • やるべきこと①:面接対策を徹底する
  • やるべきこと②:OB・OG訪問
  • やるべきこと③:自己分析を徹底する
  • やるべきこと④:エントリーシートの完成

楽勝かつ堅実に就活を終えるための定番やるべきこと4つについてそれぞれ詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと①:面接対策を徹底する

楽勝かつ堅実に就活を終えるための定番やるべきことの1つ目は、「面接対策を徹底する」です。

まず面接対策としてやるべきことは面接で聞かれる定番質問をおさえることです。

面接で聞かれる定番質問以下に11個まとめておきました。

面接でよく聞かれる質問11選
  • 自己紹介をお願いします。
  • 自己PRをお願いします。
  • 学生時代に力を入れて取り組んだ経験を教えてください。
  • チームで何かを成し遂げた経験を教えてください。
  • 自分から進んでチームを引っ張った経験を教えてください。
  • 学生時代に挫折した経験を教えてください。
  • 就活の軸を教えてください。また、なぜそれを軸としたのかも教えてください。
  • なぜこの業界を受けていますか?
  • うちの会社で何がしたいですか?
  • 5年後、10年後どうなっていたいですか?
  • 最後に何か質問はありますか?

まずは面接対策の初歩として上記の11個の質問は完璧に答えられるようにしておきましょう。
以下に面接対策のすべてがわかる記事を載せておくので、どうやって面接対策をしたらよいのかわからないと悩んでいる就活生は参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと②:OB・OG訪問

就活を堅実に終わらせるためにやるべきことの2つ目は、「OB・OG訪問」です。

面接では企業の強みや弱み、他社との違いを質問されることが多いです。

就活生くん

企業の弱みとか強みって実際に会社で働いたことないし、ネットに書いてある情報も本当なのかわかんないしどうしたらいいんだろう・・・?

そういう時にOB・OG訪問で聞くと効果的です!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

OB・OGでは実際に企業で働いている人であるため、ネットに書いてある情報よりも信頼でき、説得力もあります。

ただOB・OG訪問で企業のことを何も調べずに質問ばかりをすると、「全然この子企業のことについて調べてないんじゃないか?」と思われることがあります。

OB・OG訪問で質問をするときは自分なりの仮説を持ったうえで質問するようにしましょう。

その他にもOB・OG訪問で企業の人と仲良くなることで選考の免除があったりします。

OB・OG訪問のやり方が詳しくわかる記事を以下に載せておくので、OB・OG訪問のやり方がわからないという就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと③:自己分析を徹底する

就活を堅実に終わらせるためにやるべきことの3つ目は、「自己分析を徹底する」です。

自己分析をしっかり行うことで、就活の軸が見えてきて自分がどの会社を受けるべきなのかを理解できます。

大手企業に入ることがゴールではありません。

自分が将来どうなりたいのか、どういう状態が幸せなのかを自己分析によって理解し、自分が納得できる就活にしてください。

徹底した自己分析のやり方が書かれている記事を以下に載せておくので、自己分析をもっと徹底してやりたいという就活生はぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと④:エントリーシートを完成させる

就活を堅実に終わらせるためにやるべきことの4つ目は、「エントリーシートを完成させる」です。

質の低いエントリーシートをどれだけ書いても企業に見てもらえません。

エントリーシートは内定者やOB・OG訪問で会ったOB・OGなど添削するのが上手い人に見てもらうようにしましょう。

エントリーシートの書き方について詳しく書かれた記事を以下に載せておくので、エントリーシートの書き方がわからなくて悩んでいる就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活対策をしっかり行って就活を楽勝で終わらせよう

本記事「【早く終えたい!】就活楽勝にするためにやるべきこと4つ | 就活楽勝な人の特徴も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、就活を楽勝にするためにやるべきこと4つについて解説しました。

加えて、就活が楽勝で終わる人の特徴3つ、高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由3つについても解説しました。

最後に就活を堅実に終わらせるための定番やるべきこと3つについて解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

◆ 就活を楽勝にするためにやるべきこと4つ

  • やるべきこと①:内定をとりあえず1つ持っておく
  • やるべきこと②:インターンに参加する
  • やるべきこと③:就活で使えそうなネタを考えておく
  • やるべきこと④:Webテストの勉強を早めに終わらせておく

◆ 就活が楽勝で終わる人の特徴3つ

  • 特徴①:協調性がある
  • 特徴②:主体性がある
  • 特徴③:コミュニケーション能力がある

◆ 高学歴だから就活は楽勝だと考えるのは危険な理由3つ

  • 理由①:就活対策を怠ってしまいがち
  • 理由②:企業のエントリーの数が少なくなりがち
  • 理由③:大手企業だけを受けがち

◆ 就活を楽勝かつ堅実に終わらせるための定番やるべきこと3つ

  • やるべきこと①:面接対策を徹底する
  • やるべきこと②:OB・OG訪問
  • やるべきこと③:自己分析を徹底する
  • やるべきこと④:エントリーシートの完成

本記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。
本記事で解説した就活を楽勝で終える人の特徴を理解し、就活を楽勝にするためにやるべきことを実践して納得して就活を終えてみてください。
「就活の教科書」には他にも就活に役に立つ記事がたくさんあるので、他の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき