【年収/就職偏差値別】リクルートホールディングスの子会社ランキング一覧 | ランキング上位5社も詳しく解説

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること
  • リクルートホールディングスの子会社は257社, 関連会社は10社
  • 【年収ランキング編】リクルートグループ子会社1位はリクルートマネジメントソリューションズ(約840万円)
    ⇒ランキング一覧はこちら
  • 【就職偏差値ランキング編】リクルートグループ子会社1位はSSレベル(偏差値65以上)のリクルートホールディングス / リクルートマネジメントソリューションズ
    ⇒ランキング一覧はこちら
  • リクルートホールディングスの子会社5社を詳しく解説⇒リクルートスタッフィングなど
  • 「サイバーエージェントやDeNAなどのIT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーの利用が一番おすすめ
\ 隠れ優良IT企業を紹介! / ITエンジニア就職を目指す
(レバテックルーキー)

*5,000社の中から自分に合う大手優良IT企業を提示!

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部です。
この記事では、リクルートホールディングスの子会社について解説していきます。
就活生の皆さんは、リクルートグループにどのような子会社があるのか知っていますか?

「就活の教科書」編集部

就活生くん

僕はリクルートホールディングスに就職したいのですが、学歴的に難しそうです。
そこで、リクルートグループの子会社に就職しようと思っていますが、どのような子会社があるのでしょうか?

就活生ちゃん

私はリクルートグループの子会社に就職しようと思っていますが、年収や売上が高い子会社に就職したいです。
どんな企業があるのか知りたいです。
リクルートホールディングスは就活生に人気の企業ですよね。
しかし、誰もがリクルートホールディングスに入れるわけではなく、その子会社に入社する方もいます。

ちなみに、エンジニアとして難関IT企業の内定をもらうには、ITエンジニア特化の就活サポートをしてくれる「レバテックルーキー」などの支援サービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

そこでこの記事では、リクルートホールディングスの子会社について解説していきます。

合わせて、リクルートグループ子会社の年収ランキングリクルートグループ子会社の就職偏差値ランキングリクルートグループのおすすめ子会社についても紹介します。

この記事を読めば、「リクルートグループ子会社の中でもっと年収の良い企業に就職しとけばよかった…」なんて後悔も避けられます。

「リクルートホールディングスの子会社に就職したい」「リクルートグループの子会社はどんな企業があるのかな」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

 

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【子会社多数】リクルートホールディングスとは

就活生くん

僕はリクルートグループに就職したいと思っているのですが、リクルートグループはどのようなことを行っているのでしょうか?
また、子会社はどれくらいあるのでしょうか?
リクルートグループは人気の就職先ですよね。
そこでここでは、リクルートグループについて、以下の2つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部

リクルートグループについて
  • リクルートグループの子会社数
  • リクルートグループの事業内容

また、本記事では一つの当社連結子会社である「リクルート株式会社」のグループではなく「リクルートホールディングス」全体のグループに着目して解説していきます。

それでは、リクルートグループについて、子会社数と事業内容を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

 

リクルートグループの子会社数

リクルートグループの連結子会社数は、2023年3月の段階で257社あります。

また、関連会社は10社となっています。

出典:会社概要

リクルートグループの子会社はかなり多いことがわかります。

次は、リクルートグループの事業内容について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

親会社であるリクルートホールディングスの採用について気になる就活生には以下の記事がおすすめです。

以下の記事ではリクルートの採用大学や選考対策方法について解説しています。

 

リクルートグループの事業内容

リクルートグループは、大きく分けて3つの事業「HRテクノロジー事業」「マッチング&ソリューション事業」「人材派遣事業」を展開しています。

リクルートグループの事業内容
  • HRテクノロジー事業
    ⇒先進的なテクノロジーを活用して、オンライン求人プラットフォーム(IndeedっやGlassdoorなど)の運営や、人材ビジネスに関するソリューションの提供
  • メディア&ソリューション事業
    ⇒販促領域では、住宅・美容・結婚・旅行・飲食などの多様な分野で、広告ビジネスを展開(ホットペッパーじゃらんなど)
  • 人材派遣事業
    ⇒国内派遣領域および北米・欧州・豪州などの海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業の派遣ならびに各種専門職の派遣などの総合的な人材派遣サービス事業を世界各国で展開

参考:リクルートホールディングス

この記事では、リクルートグループの子会社について解説していますが、「他の大手子会社はどんな企業があるのだろう…」と思っている就活生は、以下の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

次は、リクルートグループ子会社の年収ランキング一覧を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

リクルートグループ子会社のランキング一覧

就活生くん

リクルートグループの事業内容や規模についてはわかりました。
リクルートグループ子会社の年収や就職難易度についても教えてほしいです。

リクルートグループの子会社に就職したい方なら、子会社の年収や就職難易度を把握しておくことは重要なことですよね。
そこでここでは、リクルートグループ子会社の年収別と就職偏差値別ランキングを一覧で紹介します。

「就活の教科書」編集部

年収編

それでは、リクルートホールディングスの子会社を年収で比べたランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

 

【年収編】リクルートグループ子会社のランキング一覧
リクルートホールディングス子会社の年収ランキング一覧
順位 企業名 平均年収
1 リクルートホールディングス(親会社) 1139万円
2 リクルートマネジメントソリューションズ 840万円
3 Indeed Japan 800万円
4 Qipper(ソフトエンジニア職) 745万円
5 RGFタレントソリューションズ 720万円
6 リクルート 705万円
7 リクルートスタッフィング 610万円
8 リクルートキャリアコンサルティング 600万円
9 シーナッツ 520万円
10 リクルートメディカルキャリア 480万円
11 スタッフサービス・ホールディングス 470万円
12 ニジボックス 460万円
13 リクルートオフィスサポート 410万円
14 リクルートR&Dスタッフィング 380万円
15 リクルートゼクシィなび 330万円

出典:有価証券報告書、Openwork、ライトハウス

以上がリクルートの子会社の年収ランキングです。

また、6位の株式会社リクルートと吸収合併した子会社のそれぞれの年収は以下のようになっています。

リクルートと吸収合併した子会社の年収
  • 旧リクルートキャリア(約700万円〜800万円)
  • 旧リクルートジョブズ(約650万円)
  • 旧リクルート住まいカンパニー(約720万円〜800万円)
  • 旧リクルートマーケティングパートナーズ(約400万円〜880万円)
  • 旧リクルートライフスタイル(562万円)
  • 旧リクルートコミュニケーションズ(約663万円)
  • 旧リクルートテクノロジーズ(約800万円)

やはり親会社であるリクルートホールディングスが一位ですが、子会社でも平均年収700万円を超えている企業がいくつかあるようですね。
次は、リクルートグループ子会社の就職偏差値ランキングについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

就職偏差値編

就活生くん

リクルートグループ子会社の年収ランキングは把握できました。
僕は、リクルートグループの子会社に就職したいのですが、どれくらいの難易度なんでしょうか?
リクルートホールディングスへの就職は難しくても、リクルートグループの子会社への就職は十分狙えます。
そこでここでは、リクルートグループ子会社の就職偏差値ランキングについて解説していきますね。

就職偏差値は、就職偏差値ランキング委員会が2chの意見を元に作成したランキングを参考にしています。

厳密な偏差値を表すものではなく、選考難易度の目安として参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

【就職偏差値編】リクルートグループ子会社のランキング一覧

SSランク(偏差値65以上)

  • リクルートホールディングス
  • リクルートマネジメントソリューションズ

Sランク(偏差値60以上)

  • リクルートスタッフィング

Aランク(偏差値58~59)

  • AAA
    • リクルートキャリアコンサルティング
    • リクルートメディカルキャリア
    • リクルートエグゼクティブエージェント
  • A
    • スタッフサービス
    • フロムエージャパン

◆B~Cランク(偏差値54~56)

  • B
    • リクルート北関東マーケティング
    • リクルートゼクシィなび
    • リクルート北海道じゃらん
  • C
    • リクルートR&Dスタッフィング

参照:リクルートグループ就職偏差値

リクルートグループは子会社も含めて基本的に人材業界に入ります。
人材業界の就職偏差値について、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある就活生は合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

次は、リクルートグループのおすすめの子会社5社について解説します。

「就活の教科書」編集部

 

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

リクルートグループ子会社5社の解説

就活生くん

リクルートグループ子会社の年収ランキングや、リクルートグループ子会社の就職偏差値ランキングについてはわかりました。
リクルートグループの子会社について詳しく知りたいです。
リクルートグループ子会社の年収ランキングや、就職偏差値ランキングを参考にして就職したい子会社を探すのもありですね。
わかりました。
では、リクルートグループ子会社について、以下の5社を例にして解説しますね。

「就活の教科書」編集部

リクルートグループ子会社5社の解説
  • 子会社①:株式会社リクルートスタッフィング
  • 子会社②:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
  • 子会社③:株式会社リクルートエグゼクティブエージェント
  • 子会社④:株式会社リクルートメディカルキャリア
  • 子会社⑤:株式会社リクルートR&Dスタッフィング

リクルートの子会社など、有名企業に内定が欲しい方は「unistyle(ユニスタイル)」がおすすめです。

unistyle(ユニスタイル)を使うと、有名企業内定者の回答・ES(エントリーシート)が53,305枚が見れるので、内定がもらえる回答を簡単に作れます。

それでは、リクルートグループ子会社5社について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

子会社①:株式会社リクルートスタッフィング

出典:株式会社リクルートスタッフィング

 

リクルートグループの子会社1つ目は、「株式会社リクルートスタッフィング」です。

リクルートスタッフィングは、主に人材派遣事業を行っています。

リクルートスタッフィングについてまとめたものは次のようになります。

株式会社リクルートスタッフィングについて
  • 設立:1987年6月
  • 従業員数:1,954人
  • 平均年齢:39歳
  • 平均年収:約610万円
  • 売上高:2,710億円
  • 事業内容:人材派遣事業/人材紹介事業/アウトソーシング事業

参照:会社概要

人材派遣事業では、「自分らしく働きたい」「スキルや経験を身につけ、キャリアアップしたい」という求職者と企業をつなぐ事業です。

一方で、人材紹介事業では、「仕事内容や風土を働いて確かめたい」という求職者と、「実務を見て活躍できる人材かを確かめたい」という企業を結びつける事業です。

リクルートスタッフィングはリクルートグループの子会社の中でも「2,710億円」と売上高が高いです。

「就活の教科書」編集部

 

子会社②:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

出典:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

 

リクルートグループの子会社2つ目は、「株式会社リクルートマネジメントソリューションズ」です。

リクルートマネジメントソリューションズは、「株式会社リクルート」の傘下であり、主に経営・人事課題の解決に取り組んでいます。

リクルートマネジメントソリューションズについて簡単にまとめました。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズについて
  • 設立:1989年
  • 売上高:212億1000万円
  • 従業員数:585名
  • 平均年収:約840万円
  • 事業内容:人材採用/人材開発/組織開発/制度構築

参照:会社概要

また、事業内容の詳細は以下のようになっています。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズの事業内容
  • 人材採用
    ⇒採用活動の精度向上と効率化を支援支援することで、組織の求める人材の獲得に貢献
  • 人材開発
    ⇒組織の期待に応える人材の育成を支援することで、戦略や事業の推進に貢献
  • 組織開発
    ⇒組織の活性化を支援し、相乗効果を高めることで、戦略や事業の推進に貢献
  • 制度構築
    ⇒成長と変化を促進する制度や仕組みを構築することで、戦略や事業の推進に貢献

これら4つの事業では、データを分析したり、コンサルティングを行ったりすることに興味がある方が向いています。

売上高はそこまで高くないですが、リクルートグループ子会社の中では、平均年収が最も高い推定です。

「就活の教科書」編集部

 

子会社③:株式会社リクルートエグゼクティブエージェント

出典:株式会社リクルートエグゼクティブエージェント

 

リクルートグループの子会社3つ目は、「株式会社リクルートエグゼクティブエージェント」です。

リクルートエグゼクティブエージェントは、「株式会社リクルート」の傘下であり、経営層やエグゼクティブ層に特化した人材紹介・エグゼクティブサーチサービスを提供しています。

リクルートエグゼクティブエージェントについて簡単にまとめました。

株式会社リクルートエグゼクティブエージェント
  • 設立:2001年4月2日
  • 従業員数:64名(時期不明)
  • 売上高:非公開
  • 平均年収:不明
  • 事業内容:エグゼクティブ層、経営幹部人材の紹介

参照:会社概要

リクルートエグゼクティブエージェントでは、経営層に特化した人材紹介コンサルタント業務リサーチャー業務営業企画の3つの職種に応募できます。

基本的には、新卒採用ではなく、中途採用の募集を行っているのが特徴的ですね。

「就活の教科書」編集部

 

子会社④:株式会社リクルートメディカルキャリア

出典:株式会社リクルートメディカルキャリア

 

リクルートグループの子会社4つ目は、「株式会社リクルートメディカルキャリア」です。

リクルートメディカルキャリアは、「株式会社リクルート」の傘下であり、医療を支える人たちを的確な情報とサービスでサポートし、自分らしく働くことができる機会を提供する企業です。

リクルートメディカルキャリアについて簡単にまとめました。

株式会社リクルートメディカルキャリア
  • 設立:1979年9月
  • 従業員数:271人
  • 売上高:約30億円
  • 平均年収:約480万円
  • 事業内容:医師・薬剤師転職支援事業/医師・薬剤師採用支援事業

参照:会社概要

リクルートメディカルキャリアの事業内容は、主に次の5つに分かれます。

リクルートメディカルキャリアの事業内容
  • 人材紹介事業
    ⇒転職を希望する医師や薬剤師と、医療従事者を採用したいと考えている医療機関や一般企業とのマッチング
  • 採用代行サービス
    ⇒医師採用に関わる病院側の採用業務を、他の紹介会社と提携して代行するサービス
  • 事業承認サービス
    ⇒後継者不在の医院や薬局と、開業希望の医師や薬剤師をマッチングさせるサービスの展開
  • エグゼクティブサーチ事業
    ⇒中長期視点でミドル層以上かつ専門性の高い候補者を発掘し、活躍できる人材の紹介
  • データベース事業
    ⇒医療従事者がストレスなく快適に働けるよう、日々の業務をサポートするアプリケーションの開発、供給を行う
リクルートメディカルキャリアの強みは、リクルートグループの資本力とブランド力となっていますね。

「就活の教科書」編集部

 

子会社⑤:株式会社リクルートR&Dスタッフィング

出典:株式会社リクルートR&Dスタッフィング

 

リクルートグループの子会社5つ目は、「株式会社リクルートR&Dスタッフィング」です。

株式会社リクルートR&Dスタッフィングは、「株式会社リクルートスタッフィング」の傘下であり、メーカー各社や研究機関の製品開発や最先端技術研究のパートナーとなり、技術開発支援で社会に貢献する企業です。

株式会社リクルートR&Dスタッフィングについて簡単にまとめました。

株式会社リクルートR&Dスタッフィングについて
  • 設立:2006年2月1日
  • 従業員数:1884人
  • 売上高:108.3億円
  • 平均年収:約380万円
  • 事業内容:機械・メカトロニクス/電子・電気・エレクトロニクス・ソフトウェア/ケミストリー・サイエンス/バイオテクノロジー

参照:会社概要

株式会社リクルートR&Dスタッフィングでは、自動車、医療機器などの設計、有機化学や高分子化学の分野では、実験や材料の開発を行っています。

株式会社リクルートR&Dスタッフィングは、平均年齢が33.6歳と若く若手ニーズをマッチングすることに強みを持っています。

また、「企業の平均年齢ってどれくらいがベストなの?」と思う就活生もいますよね。
企業の平均年齢について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

                                                   

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法

就活生くん

IT業界の自分に合う企業でエンジニアやデータサイエンティストとして働きたいのですが、どのように対策していけば良いのでしょうか?

ITエンジニアやデータサイエンティストになるためには、どのように就活をしていけば良いのか難しいですよね。

そこで、IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法を解説していきます。

先に結論を伝えておくと、IT業界/企業に特化した就活のプロと一緒に対策したり、優良企業を紹介してもらうのが一番おすすめですね!

就活アドバイザー 京香

IT業界就活の対策法
  • 対策法①:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう
  • 対策法②:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう
  • 対策法③:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

それでは、それぞれ解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

対策法①:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう」ことです。

就活生はIT業界にどんな種類があって、どんな優良企業がどんなレベルの人材を求めているのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

IT業界のことにかなり詳しい就活のプロから紹介してもらうことで、自分と合わないIT企業への就職を防げます。

そこで、プログラミング経験者で自分に合う隠れ優良IT企業を教えてもらうなら、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキー

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • レバテックルーキーを使うと、IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
\ 有名IT企業内定も可能! /
 お試しに適職を診断する
(レバテックルーキー)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

レバテックルーキー「8,000社以上の中からあなたに合う優良企業を紹介してくれて、ES通過率90%以上」という非常に良い実績があるので、信頼性も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法②:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう」ことです。

IT業界の企業に入社できたとしても、自分が希望する職種に就けなかったらモチベーションも下がる場合がありますよね。

そのため、「IT業界の優良企業で希望職種で働きたい!」という方は、自分の強みや専攻、希望職種などのプロフィールを入力するだけで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらえるOfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを使えばあなたの希望に合う優良企業から特別オファーGET

  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! /
 大手優良企業から特別スカウト
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

私もOfferBoxを利用していますが、かなり有名な企業の特別スカウトをもらったことが複数回あるので、就活生なら使っていて損はないサービスですね。

就活アドバイザー 京香

 

対策法③:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「選考通過できるように内定者のESを確認しておく」ことです。

IT業界の企業では、自己PRやガクチカ以外にもIT系の分野に特化した内容を聞かれることがよくあるため、事前に内定者の回答を見ておくことで、ESを簡単に書けるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中! /
 無料で選考通過ESを見てみる
(選考通過ES)

*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。

あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

リクルートグループの子会社に関するよくある質問

ここでは、リクルートグループの子会社に関するよくある質問を紹介していきます。
今回、扱う質問は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部

リクルートグループの子会社に関するよくある質問
  • 質問①:リクルートの特例子会社って何?
  • 質問②:リクルートの吸収合併で消滅した7社はどこ?
  • 質問③:リクルートに就職すれば、勝ち組なの?
それでは、リクルートグループの子会社に関するよくある質問に回答していきます。

「就活の教科書」編集部

 

質問①:リクルートの特例子会社って何?

就活生くん

リクルートの特例子会社って何でしょうか?

特例子会社とは、障がい者の雇用において特別な配慮をする子会社のことを言います。

リクルートの特例子会社は以下の3社です。

「就活の教科書」編集部

リクルートの特例子会社
  • リクルートスタッフィンググラフツ
    ⇒リサイクル資源となる古紙を利用して紙を漉き、卓上カレンダー等を製造しています。
  • リクルートオフィスサポート
    ⇒リクルートグループの総務、個人情報の管理や契約書の管理、経理業務などバックオフィス業務を担当
  • スタッフサービス・ビジネスサポート
    ⇒スタッフサービス・ホールディングスグループ内の事務処理業務を行う
特例子会社は、障害のある方の雇用の促進、そして安定を図るために設立された会社のことです。

「就活の教科書」編集部

 

質問②:リクルートの吸収合併で消滅した7社はどこ?

就活生くん

リクルートの吸収合併で消滅した子会社7社って何?

株式会社リクルートの吸収合併で消滅した子会社は以下の7社です。

「就活の教科書」編集部

リクルートの吸収合併で消滅した7社
  • 株式会社リクルートキャリア
  • 株式会社リクルートジョブズ
  • 株式会社リクルート住まいカンパニー
  • 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • 株式会社リクルートコミュニケーションズ
  • 株式会社リクルートテクノロジーズ
これらの7社は2021年4月に株式会社リクルートに統合しました。

「就活の教科書」編集部

質問③:リクルートに就職すれば、勝ち組なの?

就活生くん

リクルートは有名な大手企業で、年収も高いので、就職できれば人生勝ち組なのでしょうか?

確かに、リクルートは知名度が高い有名企業なので、就職できれば周りから評価されることもあるでしょう。

しかし、特定の企業に就職できることでは、人生の勝ち負けは決まりません。

働く上で大事にしたい価値観は、「仕事へのやりがい」「プライベートとの両立」「自己成長」「社会貢献」など人によって様々です。

有名な企業に勤めていなくても、生き生きと充実した働き方をしている人も多くいます。

就職で勝ち負けが決まるという考え方は価値観の1つであり、働く上で自分が大事にしたい価値観を考えることも、納得できる就活をする上では大切になります。

「就活の教科書」編集部

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

まとめ:リクルートグループに就職したい方は子会社も視野に入れよう

この記事では、リクルートグループの子会社について解説しました。

合わせて、リクルートグループ子会社の年収ランキングリクルートグループ子会社の就職偏差値ランキングリクルートグループのおすすめ子会社についても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

リクルートグループ子会社に興味がある就活生はぜひ、復習してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

この記事のまとめ

【子会社多数】リクルートグループとは

  • リクルートグループの子会社数
  • リクルートグループの事業内容

リクルートグループ子会社のランキング一覧

  • 年収編
  • 就職偏差値編

リクルートグループ子会社5社の解説

  • 子会社①:株式会社リクルートスタッフィング
  • 子会社②:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
  • 子会社③:株式会社リクルートエグゼクティブエージェント
  • 子会社④:株式会社リクルートメディカルキャリア
  • 子会社⑤:株式会社リクルートR&Dスタッフィング

◆リクルートグループ子会社に就職したいならIT就活のプロに頼るのがおすすめ

  • 方法:ITのプロと選考対策を行う(新卒向け)
  • 方法:IT転職のプロのサポートを受ける(転職者向け)
  • 方法:IT未経験に特化した就活サポートを受ける(新卒・転職者向け)

 リクルートグループの子会社に関するよくある質問

  • 質問①:リクルートの特例子会社って何?
  • 質問②:リクルートの吸収合併で消滅した7社はどこ?
  • 質問③:リクルートに就職すれば、勝ち組なの?
リクルートグループの子会社はかなり数が多いです。
就活生に人気のリクルートは平均年収も高く、就職難易度もかなり高いです。
そのため、リクルートに就職したくても、就職できない方もいます。
だからこそ、リクルートグループの子会社に就職することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部