>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【自己PRのエピソードがない人必見】自己PRの見つけ方と注意点3つ | ESの例文も

あああああ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。
今回は自己PRがないと悩んでいる就活生向けに記事を書きました。

企業にエントリーシート(ES)を提出する前に用意すべきものが3つあると言われています。
その3つとは、志望動機、学生時代に力を入れて取り組んだこと(ガクチカ)、そして自己PRです。
どれも考えるのは難しいですよね。

 

中でも自己PRは、しっかり自己分析をしなければならないので、見つけるのが大変です。

そのため、自分には自己PRのエピソードがない、と悩んでいる方が多いと思います。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

自己PRってどうやって探せばいいのかわからない。

就活生くん

自分だけの特別なエピソードなんてないですが、それでも自己PRはできますか?

 

そこでこの記事では、自己PRがない方向けに、自己PRの見つけ方見つける時の注意点を紹介します。

さらに、そもそも自己PRとは何かダメな自己PRの特徴3つ自己PRの例文も加えて説明します。

自己PRがなくて困っている方見つけ方がわからないという方は、ぜひ最後まで読んでください。

 

「そもそも、エントリーシート(ES)の書き方がわからない」という就活生は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

【外資内定者が教える】通過するエントリーシート(ES)の書き方

 

そもそも自己PRとは

自己PRがない人はまず、自己PRが何のためにあるか理解するところから確認しましょう。

自己PRとは、自分がどういう人間かを人事に理解してもらうためのものです。

大きな実績がなくても心配しないでください。

自分なりに何かに熱中したエピソードが自己PRに繋がります。

 

自己PRに特別なエピソードは必要ない

多くの就活生が勘違いしがちですが、自己PRのに特別なエピソードを持っている必要はありません。

確かに、部活動の全国大会で優勝したり、営業のアルバイトで売り上げトップになったりというエピソードは華やかで目を引きます。

しかし、企業が選考で見ているのは、「エピソードや実績の規模」ではなく、「人間性」です。

人間性を重視したほうが企業のためになるからです。

組織として社員全員が働きがいを自覚している企業が成長していきます。

 

選考にとって大切な人間性とは

自己PRに用いるエピソードは、人間性が垣間見えるものが良いです。

人間性が見えてくるエピソードとは、壁にぶち当たった時どうやって乗り越えるか、周りの人とどうやって協力するかなどその人自身が考えて行動するときに見えてきます。

さて、企業は就活生の自己PRで表される人間性をどのように評価しているのでしょうか。

 

企業は「自社がその就活生にとって働きやすい環境か」や「入社してからどんな風に活躍するのか」を自己PRで表される人間性から想像します。

エピソードや実績の規模では、就活生の入社後の姿は想像できません。

企業側は就活生の個性やその人らしさを見ています。

 

自己PRがない人は自己分析から始めよう

自己PRがない人は自己分析から始めましょう。

「また自己分析か~」と思った方もいるかもしれませんが、自分を知らなければ、何をPRしていいかもわかりません。

自己PRを探す上で自己分析は非常に大切です。

「就活の教科書」編集部 松村

自分がしてきた経験を深く掘り下げていくことで共通する特徴が浮かび上がってきます。

その共通する特徴が自分の人間性になります。

共通する長所を自己PRとしてまとめましょう。

 

自己PRを探すための自己分析をする上で注意すべき点が3つあります。

  • 注意点①:たくさんのエピソードを掘り下げよう
  • 注意点②:自己分析してから、PR内容を決めよう
  • 注意点③:優先度の高いエピソードから掘り下げよう

 

注意点①:たくさんのエピソードを掘り下げよう

自己PRを探す自己分析で注意点の1つ目は、たくさんのエピソードを掘り下げることです。

掘り下げた経験が多い方がPRする自分の特徴の根拠が多いことになるからです。

「掘り下げる」とは、自分の過去の体験に質問をしていくということです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体的には過去の体験に対して、「なぜやってみようと思ったのか」や「なぜそのような方法でやったのか」、「やってみてどうだったか」などどんどん疑問をぶつけていきます。

そして、これ以上疑問がないというところまで掘り下げて、別の体験を掘り下げます。

一通り過去を掘り下げたら、その中で共通する特徴を探しましょう。

共通する長所こそがあなたの自己PRになるのです。

根気強く探していきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点②:優先度の高いエピソードから掘り下げよう

自己PRを探す自己分析の注意点の2つ目は、優先度の高いエピソードから掘り下げることです。

掘り下げていくエピソードは多い方が良いですが、優先順位はあります。

 

分析を優先すべきエピソードは、「自分が主体性を発揮したエピソード」や「工夫して取り組んだエピソード」、「モチベーションが上がったエピソード」などです。

分析を優先すべきエピソードは、自分だけにしか語れない個性的なエピソードである可能性が高いからです。

自分をPRする上で、ありふれた誰にでも語れるような経験では根拠として薄いので、信憑性が低くなります。

個性的なエピソードで人間性をPRをしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点③:自己分析してから、PR内容を決めよう

自己PRを探す自己分析での注意点3つ目、先にPRしたい内容を決めてから、それに合うエピソードを探してはいけません。

自己分析が捻じ曲げられると本当の自分がわからないままになります。

順番を逆転させないように気をつけてください。

自分の過去を掘り下げた結果、自分の長所だと思う共通点をピックアップしていきましょう。

自己PRは自分を知ってからですよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

マジで自己PRがない方のための例文

自己PRを見つけるための自己分析の注意点を説明しましたが、それでもマジで自己PRがないという方がいるかもしれません。

マジで自己PRがない方のために、自己PRの例文を載せておきます。

例文から自己PRの構成をイメージしてみるのも良いと思います。

例文では、「逆境であるほど、やる気が出る」という特徴をPRしています。

ぜひ参考にしてください。

私は自分の置かれている状況が逆境であればあるほどやる気が満ち溢れてきます。

 

逆境なほどやる気が出てきたというエピソードを3つ紹介します。

1つ目は~~。2つ目は~~。3つ目は~~。

 

私がこのような性格になったのは、幼少期に~~の経験があったからです。

幼少期の~~の経験を通して、逆境の緊張感を楽しく感じるようになり、逆境の時ほどやる気が出る性格になりました。

 

「自己分析の詳しいやり方が知りたい」学生には、こちらの記事が参考になります。

【就活内定者が教える】自己分析のやり方 | 間違った方法やおすすめ本も

 

自己PRがない人は就職エージェントに相談しよう

自己PRを一人で見つけるのはとても大変だと思います。

自己PRがないと思ったら、ためらわず就職エージェント(キャリアアドバイザー)に相談してみましょう。

就職エージェントとは、就活をしている学生をサポートしてくれる就活のプロで、どんな相談にも答えてくれます。

多くの就活支援企業が就職エージェントのサービスを提供しています。

より多くの就職エージェントに相談することで、一つの自己PRを様々な角度から見てくれるので、自信をもって話せる自己PRができます。

僕も実際6人の就職エージェントに相談に乗ってもらいました。

たくさんアドバイスをもらって、自分で納得できる自己PRになりました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「就職エージェントに相談してみたい」という学生は、こちらの記事でおすすめの会社をまとめています。

【内定者が選んだ】就職エージェントおすすめ15選 | 特徴,活用のコツも

 

ちなみに…ダメな自己PRの特徴3つ

少し話はそれますが、ダメな自己PRの特徴を紹介します。

自己分析を深くまで掘り下げると良い自己PRが完成します。

しかし、自己分析が足りなければ「ダメな自己PR」になってしまいます。

ダメな自己PRの特徴3つを紹介するので、当てはまる人は自己分析をやり直してください。

  • 特徴①:ウソの自己PR
  • 特徴②:ありきたりな自己PR
  • 特徴③:経験と結びついていない自己PR
僕も最初に考えた自己PRはダメな自己PRばかりでした。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴①:ウソの自己PR

ウソの自己PRは人事に見抜かれてしまいます。

いくら上手に作り話ができたとしても、質問をされていくうちに人事にバレます。

実際に体験していない出来事では、やはりリアルな感想が出てきません。

 

多少大げさに話すことはあっても、ウソの経験や実績で自己PRするのは逆効果になります。

ウソだとバレるとこれまでの評価が一転し、巻き返すことはできません。

ですので、ウソの自己PRは絶対にやめてください。

ウソをでっちあげるよりも自己分析に時間を費やしましょう。

ウソをついて入社しても気持ち良くないですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴②:ありきたりで誰にでも言えるような自己PR

ありきたりな自己PRでは、他の就活生と差別化してもらえません。

ありきたりな自己PRだと、人事からは「たくさんいる中の一人」と評価されてしまいます。

印象に残らずに書類選考で落とされます。上手く人間性を表してください。

エピソードを語る時は「具体性」がキーワードです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴③:経験と結びついていない自己PR

経験と結びついていない自己PRは、論理性が欠けていて説得力が大幅に下がります。

人事は論理性を非常によく見ています。

面接で論理的に話せなければ、自己PRよりも論理性の欠如の方に話が進むので、自己PRどころではありません。

自己PRを裏付ける経験が論理的ではないのは、自己分析の前に自分の長所を決めつけているからです。

自己分析から自己PR探しというふうに順番に従って自己PRを探してください。

誤解なく自己PRを理解してもらうためにも、自分の自己PRがきちんと経験に基づいているものか確認してください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

 

まとめ:”自己PRがない”のはただの思い込み

いかがだったでしょうか。

この記事では、自己PRがない人の自己PRの見つけ方見つけ方の注意点3つを紹介しました。

自分には自己PRがないと思っていた人は、まず自己分析から始めてください。

”自己PRがない”のはただの思い込みなので、時間をかけて自己分析してみてください。

あなただけの自己PRを考えましょう!

就活の教科書では、就活に関する様々な記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も読んでください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」という就活生には、ESの書き方を網羅的に解説した記事がおすすめです。