>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文あり】webマーケティングの志望動機の伝え方 | 注意点も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読んでわかること
  • 【評価ポイント別】webマーケティングの志望動機の例文2つ
  • webマーケティングの志望動機では「なぜその企業を選んだか」を書く
  • webマーケティングの志望動機の評価ポイント
  • webマーケティングの志望動機を伝えるうえでの注意点

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、webマーケティングの志望動機の例文と作成手順を紹介します。

就活生の皆さんは、「webマーケティングの志望動機をどうやって作ればいいの?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

webマーケティングの志望動機を考えているのですが、良いアイデアが思い浮かびません。

どうやってwebマーケティングの志望動機を考えたらいいですか。

就活生くん

面接でwebマーケティングの志望動機を伝えたのですが、選考に通過できませんでした。

webマーケティングの志望動機の評価ポイントを教えてください。

webマーケティングは仕事内容を想像しづらく、志望動機を作るのが難しいですよね…。

ですが、webマーケティングの志望動機での評価ポイントを押さえることで、選考に通過できる魅力的な志望動機を作ることができますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

そこでこの記事では、webマーケティングの志望動機の伝え方と例文について紹介します。

合わせて、webマーケティングの志望動機の評価ポイントや注意点も紹介します。

この記事を読めば、魅力的なwebマーケティングの志望動機で面接官に印象を残すことができますよ。

webマーケティングの志望動機で悩む就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

マーケティング職志望の就活生は、以下の記事を読めば魅力的な志望動機を作ることができるので、ぜひ読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

目次

webマーケティングの志望動機の評価ポイント

就活生くん

そもそもwebマーケティングの志望動機ではどのような点が評価されているのでしょうか。

webマーケティングの志望動機の評価ポイントは3つあります。

webマーケティングの仕事を行う上で必要な力をアピールできれば、面接官に評価されやすいですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

webマーケティングの志望動機の評価ポイント
  • ポイント①:データ分析能力
  • ポイント②:情報収集能力
  • ポイント③:人の気持ちを読み取る能力
webマーケティングの志望動機の評価ポイントを1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

ポイント①:データ分析能力

webマーケティングの志望動機の評価ポイントの1つ目は「データ分析能力」です。

webマーケティングの仕事は基本的に数字と向き合う機会が非常に多いです。

例えばアクセス数やクリック数を向上させる仕事など、データを分析することで売り上げ向上に繋げていきます

したがって、データ分析能力の高い就活生は面接官に評価されやすいです。

就活生くん

データ分析能力はどのようなエピソードでアピールできますか。
営業のアルバイトの経験を持つ就活生であれば、「データ分析能力を活かして○○し、売り上げを○○%向上させた」などのエピソードを利用できますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

ポイント②:情報収集能力

webマーケティングの志望動機の評価ポイントの2つ目は、「情報収集能力」です。

webマーケティングの市場は変化しやすいため、朝と夜では状況が全く違うとなることもよくあります。

なのでwebマーケティングの業務を行う際には、正しく情報収集を行いトレンドをいち早くキャッチすることが求められます。

したがって、情報収集能力の高い就活生は面接官の印象に残りやすいので、おすすめのアピールポイントです。

普段から何に対しても流行に敏感な就活生は、webマーケティングに向いていますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

ポイント③:人の気持ちを読み取る能力

webマーケティングの志望動機の評価ポイントの3つ目は、「人の気持ちを読み取る力」です。

webマーケティングの業務の中でサイトの運営を行う際には、検索ユーザーの気持ちに寄り添うことが非常に重要です。

例えばクリック数の少ない記事に対して、「このキーワードを検索する人は何を知りたいのだろう」「検索ユーザーが満足感を得られる記事にするにはどうすればいいのだろう」とユーザーの気持ちを考えることで、クリック数ひいては売り上げを向上させます。

したがって、webマーケティングを行う際には検索ユーザーの気持ちを読み取る力が必要になります。

「私はアルバイトで後輩育成を担い、後輩に寄り添った研修企画を行った」というエピソードで「人の気持ちをくみ取る能力」をアピールしていました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

webマーケティングの志望動機の例文

就活生ちゃん

webマーケティングの志望動機を効率よく作る方法はありますか。

例文を参考にして志望動機を考えると、効率よく志望動機を作ることができますよ。

アピールポイントに分けて、2つの例文を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

webマーケティングの志望動機の例文
  • 例文①:「データ分析能力」をアピールした志望動機
  • 例文②:「人の気持ちを読み取る能力」をアピールした志望動機
それでは、webマーケティングの志望動機の例文を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例文①:「データ分析能力」をアピールした志望動機

私は「データを分析し具体的な行動に繋げて結果をだす」という強みを持っています。

所属していたイベント企画ボランティアにおいて、イベント参加者にアンケートを行い結果分析を行うことで、過去最多の参加者数を誇るイベント企画に成功しました。

webマーケティングは情報収集を行いデータ分析を重ねることで、使い手の求める情報提供を行うことだと理解しています。

そのようなwebマーケティング職であれば、私の強みを活かせると感じ志望しました。

webマーケティングの志望理由を、自らの経験に基づいて伝えられている点はGOODです。

さらに「なぜ御社なのか」という話を加えるとその企業にしか当てはまらない志望動機になるため、面接官に評価されやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例文②:「人の気持ちを読み取る能力」をアピールした志望動機

私はwebマーケティングで人々の生活をより便利にできるwebサイト作成に携わりたいという思いから御社を志望します。

webサイトは今や人々の生活に欠かせないモノになり、人々の生活レベルの向上に直結しています。

その中でも御社は、○○という大規模なwebサイトを運営されており社会に大きな影響力を与えていると考えます。

私の長所である「人の気持ちをくみ取る力」を活かして、検索ユーザーの検索意図や求めている情報を読み取ることで、より検索ユーザーに寄り添ったサイト構築に貢献したいです。

「数あるwebマーケティングの企業の中でも御社を志望する理由」を明確に伝えられている点が良いですね。

また、自分の強みをどう仕事に活かすかも伝えられており、説得力の高い志望動機になっています。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

ちなみに、内定者が実際に出したESを参考にしたい方はunistyleがおすすめです。

unistyleでは、50,000枚以上のESを業界/企業別に見ることができます。

内定者のテクニックを参考にして、選考突破できるESを書いてみましょう。

人事さん

unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

自己PRを書くなら自分の性格・特性を把握しよう

就活生くん

ガクチカを書き終えたから次は自己PRを書かないと・・・

あれ、僕って何をアピールしたらいいんだろう・・・

自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければ人事に刺さるPRはできません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

人事さん

>> 「動物診断」を試してみる

 

【面接官に刺さる】webマーケティングの志望動機の伝え方

就活生ちゃん

webマーケティングの志望動機を作成したいのですが、どうやって考えたらいいかわかりません。

どうすればwebマーケティングの志望動機を魅力的に伝えることができますか。

webマーケティングの志望動機は、手順を理解することで簡単かつ魅力的に伝えることができます。

webマーケティングの志望動機の伝え方を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

webマーケティングの志望動機の作成方法
  • 方法①:なぜwebマーケティングに興味をもったのか
  • 方法②:なぜその企業を選んだのか
  • 方法③:その企業でどんな仕事をしたいのか
それではwebマーケティングの志望動機の作成方法を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法①:なぜwebマーケティングに興味をもったのか

webマーケティングの志望動機の作成方法の1つ目は、「なぜwebマーケティングに興味をもったのか」です。

webマーケティングに興味をもったきっかけを伝えることで、オリジナリティのある志望動機を作成することができます。

例えば、「自分の困りごとがwebサイトのおかげで解決された経験から、webコンテンツ作成に興味をもった」などと、自分の経験に基づいた志望動機を伝えられると、説得力が増しますよね。

このように、志望動機を伝える際は必ずwebマーケティングに興味を持ったきっかけを含みましょう。

就活生くん

他の就活生はどんなきっかけでwebマーケティングに興味をもちますか。
webマーケティングに興味をもつきっかけは様々ですが、いくつか紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

  • webサイトの運営に携わった経験を活かしたい
  • 「データ分析能力」を培った経験を活かしたい
  • webマーケティングの長期インターンに参加した経験を活かしたい

就活生くん

なるほど。僕も自己分析をして、webマーケティングに興味をもったきっかけを考えてみます。

 

方法②:なぜその企業を選んだのか

webマーケティングの志望動機の作成方法の2つ目は、「なぜその企業を選んだのか」です。

「webマーケティングがしたい」という志望動機だけでは、面接官に「他の会社でもwebマーケティングの仕事はできるのでは?」という疑問を与え、選考に通過しづらくなります。

企業の扱うwebコンテンツ内容など、企業によって差別化できる点を明確にすることで、その企業にしか当てはまらない志望動機を作成することができますよね。

その企業でなければならない理由」は、webマーケティングの志望動機に必須の内容なのでよく考えましょう。

企業研究の段階で各企業の1番の魅力ポイントを考えておくことで、「なぜその企業を選んだのか」を明確に伝えやすくなります。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

志望動機で「成長したい」を伝えようと考えている方は、下記の記事を読んでみてください。

 

方法③:その企業でどんな仕事をしたいのか

webマーケティングの志望動機の作成方法の3つ目は、「その企業でどんな仕事をしたいのか」です。

webマーケティングの仕事は、webコンテンツの作成やサイト運用、広告管理など様々な仕事があります。

「webマーケティングがしたい」だけではなく、「webマーケティングの○○の仕事に携わりたい」と志望理由が具体的であるほど、webマーケティングの仕事の志望度の高さを伝えることができますよね。

webマーケティングにはどんな仕事があるのかを理解したうえで、どの仕事に携わりたいかを具体的に伝えましょう。

webマーケティングの中で携わりたい仕事内容を伝える際に、自分の強みをどう生かせるかも伝えられるとなお良いですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

そもそもエントリーシートをどうやって書けばいいかわからない就活生は、以下の記事を読めばエントリーシートを簡単に作成できるようになるので、ぜひ読んでくださいね。

 

webマーケティングの志望動機を伝えるうえでの注意点

就活生くん

webマーケティングの志望動機を作成しているのですが、何か注意すべきことはありますか。
webマーケティングの志望動機を伝える上で注意すべきことがあるので、紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

webマーケティングの志望動機を伝えるうえでの注意点
  • 注意点①:webマーケティングの経験がある場合はその旨を伝える
  • 注意点②:その企業にしか当てはまらない志望動機を伝える
それではwebマーケティングの志望動機を作成するうえでの注意点を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点①:webマーケティングの経験がある場合はその旨を伝える

webマーケティングの志望動機を伝えるうえでの注意点の1つ目は、「webマーケティングの経験がある場合はその旨を伝える」です。

webマーケティングは、知識やスキルを利用して行う仕事が多くあります。

webマーケティングの経験があれば企業の即戦力として働くことができるため、面接官の印象に残りやすいですよね。

したがってwebマーケティングに携わった経験がある場合は、アピールポイントの1つとして面接官に伝えると良いです。

webマーケティング志望の就活生で時間に余裕のある人は、長期インターン等に参加しwebマーケティングの経験を積むのも良いですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点②:その企業にしか当てはまらない志望動機を伝える

webマーケティングの志望動機を伝えるうえでの注意点の2つ目は、「その企業にしか当てはまらない志望動機を伝える」です。

webマーケティングと1くくりで言っても、扱うコンテンツや仕事内容は企業によって異なります。

「webマーケティングに携わりたいです」のように、どの企業でも当てはまる志望動機であれば「うちの企業でなくてもいいのでは?」となってしまいますよね。

他社と比べてその企業が魅力に感じた点やその企業にしかない魅力を志望動機の中に含めましょう。

就活生ちゃん

具体的に他の企業と差がつく点は何がありますか。
他の企業と差別化できる点はたくさんありますが、代表的なものをいくつか紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【他の企業と差別化できるポイント】

  • 扱うコンテンツの内容
  • 事業内容
  • 事業規模
  • 仕事内容
  • 社風
差別化するポイントを事前に明らかにしてから企業研究を行うと、企業ごとの比較を行いやすいですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

ちなみに、志望動機をさらに魅力的にしたい就活生は、この記事を読めばさらに上手に志望動機を伝えることができるので、ぜひ読んでください。

【志望動機の嘘はバレる?】内定に繋がるキレイな志望動機の伝え方 | ES,面接で使えます

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

また、ガクチカは人事が注目するポイントですが、志望動機や自己PRなども回答によって評価が大きくわかれます。

特に自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければなりません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

>> 「動物診断」を試してみる

 

まとめ:例文を参考に、魅力的なwebマーケティングの志望動機を作成しましょう

この「【例文あり】webマーケティングの志望動機の伝え方 | 注意点もの記事はいかがだったでしょうか。

この記事ではwebマーケティングの志望動機の作成方法や例文を紹介しました。

また、webマーケティングの志望動機の評価ポイントや注意点も紹介しました。

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

まとめ

◆webマーケティングの志望動機の評価ポイント

  • ポイント①:データ分析能力
  • ポイント②:情報収集能力
  • ポイント③:人の気持ちを読み取る能力

◆webマーケティングの志望動機の例文

  • 例文①:「データ分析能力」をアピールした志望動機
  • 例文②:「人の気持ちを読み取る能力」をアピールした志望動機

◆【面接官に刺さる】webマーケティングの志望動機の伝え方

  • 方法①:なぜwebマーケティングに興味をもったのか
  • 方法②:なぜその企業を選んだのか
  • 方法③:その企業でどんな仕事をしたいのか

◆webマーケティングの志望動機を伝えるうえでの注意点

  • 注意点①:webマーケティングの経験がある場合はその旨を伝える
  • 注意点②:その企業にしか当てはまらない志望動機を伝える

 

webマーケティングの志望動機の例文を参考にすることで効率よく志望動機を作成することができます。

この記事を参考にして面接官に評価される志望動機を作成しましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ