>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【志望動機なんてみんな嘘】内定に繋がるキレイな志望動機とは | 内定者が実践した対処法も

5b67d00914f634dc07cac68c699d65c4

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

今回の記事では、皆さんの志望動機と嘘に関する疑問を解決していきます

皆さんは、志望動機で嘘をつくことはありますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

志望動機で嘘をつくことはあります。

そもそも働きたい気持ちなんて無いです。
生きるために仕方なく働くだけです。

選考はすでに何社か受けていますが、すでに数社落ちていてやる気が出ないです。

就活生ちゃん

私も志望動機で嘘をついた経験があります。

本当はのんびり働きたいけど、”ばりばり働きたい”とか、聞こえの良いことを言わなきゃ面接で落とされてしまいますし。

志望動機で本音を言ったらダメですよね。嘘をつかないと。

やはり志望動機では、嘘をついてしまいがちですよね。

僕も面接でなんどか、志望動機で嘘を言ってしまったことがあります。

嘘の自分を演じている時は、こんな就活に意味はあるのだろうか、とよく悩んだりもしました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

このように志望動機で嘘をつくことに疑問を感じる人や、嘘をついてもいいのかに疑問を感じる人は多くいると思います。

そこでこの記事では、
①志望動機で嘘をついたらバレるのか
②面接官が志望動機で評価する点
③志望動機で本音を言ってもいいのか
④志望動機で嘘をつきたくない人のための対処法
についても紹介していきます。

この記事を読めば、志望動機で嘘をつくべきかもう悩まなくなりますよ。

せひ最後まで読んでみてくださいね。

志望動機で嘘をついたらバレるのか

就活生くん

ところで、面接で嘘の志望動機を答えたら、嘘だとバレるのですか?

志望動機の嘘がバレるのかがまず一番気になりますよね。

ではさっそくこの項目で、嘘をついたらバレるのか確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

結論:志望動機の嘘は、ほとんどバレている

結論から言うと、就活生の志望動機の嘘はほとんど面接官にバレています。

まるっきりの嘘はもちろんバレてしまいます。

しかし、まるっきりの嘘ではなく、本音を元に構成された「建前」なら志望動機で言っても大丈夫です。

 

面接官はほとんどの就活生の志望動機を「内定のための建前」だと思っています。

つまり、多くの面接官は「志望動機 ≠ 就活生の本音」と考えています。

(もちろん、就活生の熱意次第では本心と捉えられる場合もあります。)

そのため、志望動機を考える際はまるっきりの嘘では無く、本音を元にした「建前」を考えましょう。

 

たしかに心から働きたいと思って就活をしている人は少ないです。

就活生の大半が「より良い形でお金をもらうため」に就活をしていることは、面接官も理解しています。

しかし「お金が欲しいから」という志望動機は、ほとんどの就活生が持っているため差別化できません。

そこで面接官が就活生に求めるのは、「他でもなく、あなたを採用するメリット」です。

それでは面接官は就活生を差別化するために、志望動機のどこを評価しているのでしょうか。

次に面接官が志望動機で評価するポイントを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

面接官が志望動機で評価するポイント

就活生くん

そもそも志望動機って建前だと思われていたんですね。知らなかったです。

そうですね。

志望動機は多くの場合で、「どれだけ上手く答えられるか」という点を見られています。

そこで次に、面接官が就活生の志望動機で評価するポイントを詳しく解説していきます。

面接官が特に評価するポイントは、以下の2点です。

「就活の教科書」編集部 西川

面接官が評価するポイント
  • ①自分と会社の特徴を絡めて、志望動機を練り上げられるか
  • ②熱意をもって、志望動機を語れるか(上級者向け)
このポイントを理解すれば、もうあなたは志望動機で嘘をつかずに済みます。

一緒に、このポイントを確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント①:論理的に自分と会社の特徴を絡めて説明できるか

面接官が志望動機で見ているポイントの1つ目は、自分と会社の特徴を絡めて志望動機を練り上げられるかです。

企業はこのポイントから、自社と就活生とのマッチ度を見ています。

例えば以下のようなことです。

就活生くん

私はリーダーシップがあり、リーダーシップを発揮して活躍したいです。

御社はリーダーシップのある学生を求めていますよね。

だから私は、御社を志望します。

企業と社員のマッチ度の高さは早期退職の予防に繋がるため、人事はマッチ度を重要視しています。

企業は1人採用するにも莫大なコストがかかっているため、早期退職に繋がる企業と社員のミスマッチを減らしたいと考えているのです。

 

嘘をつかない志望動機を考えるには、まず自分と企業の特徴を箇条書きするのがおすすめです。

そこでリストアップした自分と企業の特徴から共通点や似ている点を探しだし、アピールポイントにしましょう。

ただし安易に「企業理念に共感した」というのはリスクが高いです。

志望動機で「企業理念に共感」を書きたい就活生の方は、以下の記事を参考にしてみてください。

志望動機では、論理的に自分と会社の特徴を絡めて説明できるかを見られています。

志望動機を考える際には、自分の特徴と企業の特徴を絡めて、会社とのマッチ度をアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント②:どれだけ熱意をもって、志望動機を語れるか

面接官が志望動機で見ているポイントの2つ目は、どれだけ熱意をもって志望動機を語れるかです。

企業は就活生の熱意の高さから、内定を出した時に内定承諾してくれそうかを確認しています。

また、人事には「来春までに新卒を○○人集める」というノルマがあります。

そのため、ノルマを達成するために、できるだけ内定辞退しない学生に人事は内定を出したいです。

以上の理由から、志望動機ではどれだけ熱意をもって志望動機を語れるかを見ています。

ここまで、面接官が志望動機で見ているポイントについて紹介してきました。

紹介したのは、志望動機は建前であること、その建前をどれだけ上手く言えるか見られていることです。

志望動機に対する攻略法は理解して頂けたでしょうか。

「就活の教科書」編集部 西川

就活生ちゃん

はい。分かりました。でもやっぱり志望動機って100%の本音では無いんですね。

「業界1位の企業だから」とか「安定してそうだから」とか100%の本音で志望動機を言うのはダメですか?

やっぱり私には、働くための動機なんて無いと思うんです。

なるほど。やはりその悩みは簡単には解決できないですよね。

では、次の項目で志望動機で本音を言っていいのかについて詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

志望動機で本音を言ってもいいのか

就活生ちゃん

私はもう志望動機で嘘をつきたくありません。

本当はできるだけ安定した企業で、のんびり働きたいだけなんです。

こんな本音を面接で言ってもいいのでしょうか。

僕も「できるだけいい企業ではたらきたい」という本音を、嘘や格好つけた言葉でごまかしていたので、その悩みはとてもよく分かります。

就職活動で本音をさらけ出すってとても難しいですよね。

実際、志望動機で本音を言ってもいいのでしょうか。詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

結論:本音を言っても良いが、苦労するのでおすすめしない。

志望動機では本音を言っても良いです。

ただ、建前を使えた方が就職活動はスムーズです。

そもそも企業は、就活生の志望動機を「どれだけ論理的に建前を構築できるか」で評価している一面があります。

 

また、内定を獲得する就活生はきちんと自分の特徴を理解し、企業に対して「自分を採用するメリット」をしっかり考えています。

採用活動は、企業がパワーアップするために行われるので、採用するメリットを分かりやすく提示してくれる就活生の方が採用しやすいです。

 

しかし、嘘をつかずに内定をもらえた方が、あなたの入社後は楽になります。

無理にリーダーシップを持って働きたいと言わなければ、リーダーシップは求められません。

入社後の不都合を考慮して、「背伸びした」嘘の志望動機は言わないようにしましょう。

背伸びしなくても、あなたが企業で輝くためのアピールポイントがきっとあるはずですよ。

 

しかしやはり、志望動機で本音をいって内定を貰うのはとても難しいです。

では、嘘をつきたくない学生はどのように就活すればいいのでしょうか。

僕の実体験を踏まえて、次の項目で提案していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

志望動機で嘘をつきたくない人の為の解決法

就活生ちゃん

志望動機で嘘をつかずに内定を貰う方法があるのですか?

はい。あります。

僕も就活を始めたころは、嘘をたくさん使った就活をしていましたが、終わるころには嘘を全くつかない就活が出来ていました。

この項目ではその方法を紹介しています。良かったら参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

解決法①:嘘の志望動機を求められない企業を受ける(実際に2社紹介)

志望動機で嘘をつかないため解決法の1つ目は、嘘の志望動機を求められない企業を受けることです。

就活生くん

そんな企業、ほんとにあるの?

こんな風に考える就活生の方は多いと思います。

しかし、僕が実際に受けて、志望動機を聞かれなかった企業は、以下の2社がありました。

西川の就活で志望動機を聞かれなかった企業
  • パーソル(人材大手)
  • セプテーニ(インターネット事業)

 

嘘の志望動機を求められない企業①:パーソルキャリア

 

パーソルキャリアでは、面接を通じてとにかく価値観の深堀りをされました。

その過程で、自分の本質的な部分がパーソルとマッチしているか確認されていきました。

希望職種などは聞かれたので、どんな働き方をしたいのかという準備は必要です。

 

嘘の志望動機を求められない企業②:セプテーニ

セプテーニでは、1次から3次までの選考をグループワークと自己分析ツールを用いて行います。

各選考は以下の流れで行われました。

手順1
グループ内で自己紹介
手順2
ビジネスゲーム
 
手順3
優勝グループ発表
この結果が選考結果に影響するかは不明。おそらく関係ない。
手順4
評価シートでグループメンバー
 
手順5
自己分析ツールに回答
 

グループワークは、ビジネスゲームを模したワークで、チームで協力して他のグループと競い合います。

ワーク後、チームメイトを評価シートで評価し合い、自己分析ツールに回答するという選考です。

セプテーニではとにかく志望動機より、人間性がセプテーニとマッチしているかで判断されるので、嘘をつきたくない就活生にとてもおすすめです。

 

僕が実際に選考を受けて、直接的な志望動機を聞かれなかったのはこの2社だけです。

しかし、他にも志望動機を聞かれない企業はあるみたいです。

例えばネットの情報を見ると、キーエンスでも志望動機が聞かれなかったようです。

就活を終えた先輩などに志望動機を聞かれなかった企業を聞いてみるのも1つの手でしょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

解決法②:嘘をつかずに選考を受ける

志望動機で嘘をつかないため解決法の2つ目は、嘘をつかずに選考を受けることです。

志望動機で嘘をつかないことが、企業にとって魅力的に捉えられ、内定に繋がるケースがあります。

例えば安定して人員を確保しておきたい中小企業では、「家が近いから志望する」という就活生を歓迎してくれる可能性があります。

以下で、嘘をつかずに内定を獲得した人の声を紹介します。

このように、下手に嘘をつかず正直に答えることが内定に繋がるケースもあるようですね。

かくいう僕も、就活の軸として「おしゃれなオフィス」という軸があり、面接で言う時もありました。

本音はあまりに直球だと嫌われる傾向にありますが、建前と良い塩梅にすると相手に刺さるフレーズにできます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

解決法③:本音をすこし言い換える工夫をする

志望動機で嘘をつかないため解決法の3つ目は、本音を少し言い換える工夫をすることです。

例えば、あなたの本音の志望動機が「お金が欲しいから」だとします。

お金が欲しい理由は本格的に親元を離れ、自分のお金で生活したり遊んだりするためではないでしょうか。

どうせお金を稼ぐために働くなら、少しでもやりがいのある業務に就きたいはずです。

そこで、企業に自分を採用するメリットを提案しつつ、嘘をついていない言い方として、

就活生ちゃん

御社の○○事業に携わり貢献しながら、自身もやりがいを持ちながら働き、1人の社会人として自立できるようになりたい

こんな表現をしてみるのはいかがでしょうか。

内定を貰うために何より大切にしたいのは、企業があなたに内定を出すメリットを提示してあげることです。

それは、あなたの有能さがメリットなのではなく、「家の近さ」なども企業にとって大きなメリットです。

まるっきりの嘘で志望動機を構成するのではなく企業にウケる、本音ベースの建前を考えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

「それでも志望動機が思いつかない!」そんな就活生の方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

まとめ:志望動機はまるっきりの嘘でなく、本音ベースの建前を考えよう

 

いかがだったでしょうか。
今回は「就活の教科書」編集部の西川が
①志望動機で嘘をついたらバレるのか
②面接官が志望動機で評価するポイント
③志望動機で本音を言ってもいいのか
④志望動機で嘘をつきたくない人の為の対処法の4点について解説してきました。

最後に全体のおさらいをしていきましょう。まず「志望動機で嘘をついたらバレるのか」については以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

志望動機で嘘をついたらバレるのか

面接官は、まるっきりの嘘の志望動機はウソだと見抜く。

しかし、嘘は嘘でも本音ベースの建前なら評価してくれる

また、面接官が志望動機で評価するポイントは以下の2点でした。

「就活の教科書」編集部 西川

面接官が評価するポイント

①論理的に、自分と会社の特徴を絡めて志望動機を説明できるか
→早期退職に繋がる、企業と社員のミスマッチを予防しようとしている。

②熱意をもって、志望動機を語れるか(上級者向け)
→内定を出した時に内定承諾してくれそうかを確認している。
企業は、内定辞退しそうな就活生に内定を出したくない。

 

そして、志望動機で本音を言ってもいいのかについては以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 西川

志望動機で本音を言ってもいいのか

本音でもいいが、志望動機が本音100%の就活生に企業はなかなか内定を出さない。

反対にまるっきりの嘘の志望動機にも内定を出さない。

【結論】まるっきりの嘘はおすすめしない。本音ベースの建前を上手く使えるようになろう。

 

最後に、志望動機で嘘をつきたくない人の為の対処法についてです。

「就活の教科書」編集部 西川

志望動機で嘘をつきたくない人の為の対処法

解決法①:志望動機を求められない企業を受ける(実際に2社紹介)
→パーソル、セプテーニは志望動機が実施に求められなかった。

解決法②:嘘をつかずに選考を受ける
→成功例がいくつか確認された。

解決法③:本音をすこし言い換える工夫をする
本音ベースの建前を上手く使えるようになろう。

 

就職活動は長くつらい道のりだと思います。

しかし、今の頑張りが将来の自分の幸せに繋がっているはずです。

当サイト「就活の教科書」では、就活生を応援するたくさんの記事を更新しているので、他の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

あなたの就職活動が上手くいくことを心から願っています。

「就活の教科書」編集部 西川