>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【企業の本音】インターンシップの抽選は本当は嘘 | 抽選を行う理由,当選基準も,

この記事でわかること
  • インターンシップの抽選は本当なのか?嘘なのか?
  • インターンシップの抽選を行う2つの理由
  • インターンシップの抽選で落ちる3つの原因
  • インターンシップの抽選で当選確率を上げる3つの方法
  • インターンシップの抽選で落ちると本選考でも落ちる?

 

皆さんこんにちは。
「就活の教科書」編集部の潤です!
就活生の皆さんは「インターンシップの抽選は本当なのか?嘘なのか?」と疑問に思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

インターンシップに応募したけど、抽選だったから落ちました。
運が悪かったなぁ・・・

就活生ちゃん

私はこれからインターンシップに参加する予定です。
選考方法を見たら「抽選」って書いてあったけど、本当に抽選なんだろうか?
まさか嘘ではないよね・・・?
そうですよね。
インターンシップの選考が「抽選」と書いてあったら、本当に抽選で選ぶのか気になりますよね。
しっかりと面接までして選考する企業もあれば、抽選で選考する企業も多く存在します。
あなたは「企業が言っていることは本当だから、ちゃんと抽選で行っているだろう」と信じていませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では「インターンシップの抽選は本当なのか?嘘なのか?」について解説していきます。

また同時に「インターンシップの抽選に落ちる原因」「インターンシップの抽選で当選確率を上げる方法」などについても紹介します。

この記事を読めば、インターンシップの抽選が本当かどうかがわかります。

また、これからインターンシップに参加しようとしている学生にもためになります。

インターンシップの抽選は本当なのかどうかや、インターンシップの抽選で当選確率を上げる方法について知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

インターンシップの抽選は本当?嘘?

就活生くん

この前インターンに応募したのですが、選考方法が抽選だったため、選考で落ちました。
僕の中では運が悪かったと思っていますが、インターンシップの抽選は本当に抽選が行われているのでしょうか?
それは残念な結果でしたね・・・
では、インターンシップの抽選は本当なのか?嘘なのか?について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

結論から言うと、インターンシップの抽選は嘘です。

もちろん、本当にくじ引きのように抽選を行っている企業もありますが、多くの企業はしっかりと選考をしています。

選考をした上で、人数が多ければ抽選を行っています。

インターンシップを行うにも、担当する社員の人件費や、学生の交通費、通信環境の整備など様々なことにコストがかかります。

コストがかかるのに、くじ引きで適当に参加者を決めているはずがないですよね。

そのため、インターンシップの選考が抽選だからと言って、適当にエントリシートを書いていると普通に落とされるので注意してください。

「インターンシップの選考は抽選だから運で決まる」と思わないようにしておくのがベストです。
また、誰もが知っている有名企業のインターンシップでは旧帝大の学生でも普通に落ちます。

次は、インターンシップの抽選を行う理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

インターンシップの抽選を行うたった2つの理由

就活生ちゃん

インターンシップの抽選はちゃんと選考が行われているのですね。
じゃあ、インターンシップの抽選を行う理由は何でしょうか?
教えて欲しいです。
わかりました。
インターンシップの抽選を行う理由は、主に次の2つです。

「就活の教科書」編集部 潤

インターンシップの抽選を行う2つの理由
  • 理由①:真面目な学生だけを集めるため
  • 理由②:インターンシップに参加する意志を確認するため
2つの理由をそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由①:真面目な学生だけを集めるため

インターンシップの抽選を行う理由の1つ目は「真面目な学生だけを集めるため」です。

多くのインターンシップでは、選考方法をあえて「抽選」として、エントリーシートを提出させるだけで真面目な学生だけを集められます。

なぜなら、エントリーシートを適当に書く学生がたくさんいるからです。

「抽選」をくじ引きで決める抽選だと勘違いして、エントリーシートを適当に書く学生が多くいます。

インターンシップは開催するのにコストがかかるので、企業側も真面目な学生に参加してほしいはずです。

エントリーシートを提出させて、不真面目な学生を落とすために、インターンシップの選考方法を「抽選」として行っています。

「抽選」という言葉に惑わされないように、真面目にエントリーシートを書く必要があります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:インターンシップに参加する意志を確認するため

インターンシップの抽選を行う理由の2つ目は「インターンシップに参加する意志を確認するため」です。

インターンシップをくじ引きのような抽選で行うと、インターンシップ開催日の直前でキャンセルする学生がいます。

せっかく用意していたインターンシップなのに、キャンセルされると無駄なコストを使ったことになります。

また、少しでも良い学生を獲得したいために、企業も本気でインターンシップを開催しています。

そのため、選考方法を抽選としながらも、エントリーシートを提出させて、学生のインターンシップに参加する意志を確認しています。

選考方法が抽選でも、本気でエントリーシートを書かないと意味がありません。
インターンシップに参加したい意志をアピールすることをおすすめします。

次は、インターンシップの抽選で落ちる原因を紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

 

インターンシップの抽選で落ちる3つの原因

就活生くん

この前、インターンシップの抽選で落ちました。
インターンシップの抽選で落ちる原因を教えて欲しいです。
インターンシップの抽選で落ちる原因は、主に次の3つです。
当てはまるものがあったら、今度からは注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 潤

インターンシップの抽選で落ちる3つの原因
  • 原因①:エントリーシートをちゃんと書いていないため
  • 原因②:Webテストの点数が低いため
  • 原因③:基準より学歴が低いため
3つの原因をそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

原因①:エントリーシートをちゃんと書いていないため

インターンシップの抽選に落ちる1つ目の原因は「エントリーシートをちゃんと書いていないため」です。

抽選だからエントリーシートを適当に書く学生が非常に多いです。

エントリーシートを適当に書いてしまうと、学歴が高くても普通に落とされます。

インターンシップのエントリーシートでは、志望動機を書くことが多いですが、インターンシップの内容と関係のない志望動機を書いても落ちます。

そのため、インターンシップのエントリーシートを書く時は、十分な業界研究・企業研究が必要になります。

インターンシップの選考でエントリーシートを提出する時には、抽選でも本気でエントリーシートを書くことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

原因②:Webテストの点数が低いため

インターンシップの抽選に落ちる2つ目の原因は「Webテストの点数が低いため」です。

インターンシップの選考では、抽選でもWebテストを受けなければならない企業もあります。

企業によって基準は違いますが、Webテストでボーダーより低い点数を取ると落とされます。

インターンシップの選考で当選するには、Webテスト対策の勉強をする必要があります。

選考が抽選だからと言って、適当にWebテストを受検しないようにしましょう。

いろんなタイプのWebテストがあるので、高得点を取るために対策しておくことをおすすめします。

下記の記事では、SPIの勉強方法について解説しています。

合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

原因③:基準より学歴が低いため

インターンシップの抽選に落ちる3つ目の原因は「基準より学歴が低いため」です。

大手企業のインターンシップでは学歴で判断されることもあります。

大手企業となると、何百通、何千通の応募があり、人事部の方も全てのエントリーシートを真面目に読んでいるわけではありません。

そこで、学歴(大学名)を見て手っ取り早く落としています。

実際、僕も有名企業のインターンシップに参加したときに、「産近甲龍」以下の参加者が一人もいませんでした。

さすがに「学歴で落とした」と直接伝えるわけにはいかないので、あえて抽選という形をとって学歴で判断している企業も多いです。

学歴が低い場合は、学歴を重視しないIT企業ベンチャー企業のインターンシップに参加してみても良いです。

学歴に関する悩みや疑問は下記の記事で詳しく解説しているので、合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

インターンシップの抽選で当選確率を上げる3つの方法

就活生ちゃん

私はこの前、インターンシップの抽選に落ちました。
インターンシップの抽選で当選確率を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?
教えて欲しいです。
わかりました。
インターンシップの抽選で当選確率を上げる方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

インターンシップの抽選で当選確率を上げる3つの方法
  • 方法①:エントリーシートを本気で書く
  • 方法②:志望理由を具体的に書く
  • 方法③:Webテストの対策をする
3つの方法をそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法①:エントリーシートを本気で書く

インターンシップの抽選で当選確率を上げる1つ目の方法は「エントリーシートを本気で書く」ことです。

なぜなら、エントリーシートの内容で落ちる場合があるからです。

インターンシップの選考方法がたとえ抽選であったとしても、エントリーシートを本気で書いて損はありません。

インターンシップのエントリーシートでは「自己PR」「ガクチカ」などがよく聞かれます。

そのため、企業が求めている人材とマッチするように、具体的にエピソードを交えながら書くことが重要です。

インターンシップの抽選では、エントリーシートを真面目に本気で書くだけで格段に通過率があがります。

エントリーシートの書き方については下記の記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法②:志望理由を具体的に書く

インターンシップの抽選で当選確率を上げる2つ目の方法は「志望理由を具体的に書く」ことです。

インターンシップのエントリーシートでは、志望理由も良く聞かれます。

志望理由を疎かに書いてしまうと、普通に落ちます。

企業側も志望理由がはっきりしていない学生に来てほしくないと思っています。

「企業に入社したい」志望理由を書くのではなく、「インターンシップに参加したい」志望理由を書くように心がけてください。

そのため、業界研究・企業研究の他に、インターンシップで「何をするのか」「何を学びたいのか」に注目して書くことをおすすめします。

インターンシップの志望理由は、何を学んでどのように活かしたいか具体的に書くのがポイントです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法③:Webテストの対策をする

インターンシップの抽選で当選確率を上げる3つ目の方法は「Webテストの対策をする」ことです。

インターンシップの選考では、エントリーシートWebテストの点数を見て、抽選を行うことが多いです。

Webテストでは、いろんな種類のテストがあり、独自の問題が出されます。

時間制限も設けられており、対策していないと高得点を取るのは難しいです。

企業によってインターンシップに参加できるWebテストの基準は異なりますが、Webテストの対策はしっかりと行うことをおすすめします。

Webテストはほとんど中学~高校レベルの問題ですが、短時間で多くの問題に解答する必要があるので、Webテスト対策は十分にしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 潤

 

インターンシップの抽選に落ちると本選考でも落ちる?

就活生くん

行きたかった企業のインターンシップの抽選に落ちました・・・
インターンシップに落ちると本選考でも落とされるって友達が言っていましたが、本当なんでしょうか・・・?
「インターンシップの抽選に落ちると、本選考も落ちる」これは僕も友達から聞いたことがあります。
実際はどうなんでしょうか?
では「インターンシップの抽選に落ちると本選考でも落ちるのか」について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

結論から言うと、インターンシップの抽選に落ちても、本選考で落ちるとは限りません。

逆に言うと、インターンシップの抽選に当選しても、本選考で内定がもらえるとは限りません。

インターンシップは、募集人数が採用人数よりも少なく設定されていることが多いからです。

長期インターンシップは、面接まで行って選考をしています。

一方で、抽選が多い1dayインターンシップの場合は、企業研究を目的としたインターンシップなので、ほとんど選考には影響しません。

また、インターンシップで選考を決めてしまったら、そもそも本選考をする意味がないですよね。

インターンシップの抽選に落ちたからこそ、なぜ落ちたのかを分析して改善していくことが重要です。

インターンシップで落ちた時の改善方法を書いておきます。

インターンシップの抽選に落ちた時の改善方法
  • 自己分析を行う
  • 面接練習をする
  • OB・OG訪問を行う
  • Webテスト対策をする
  • 業界研究・企業研究を行う
  • エントリーシートを見直す

など

「インターンシップはは恋人探し、本選考は結婚相手探し」とも言われているので、インターンシップの抽選に落ちても心配する必要はありません。
どのように改善していくかを考えてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

インターンシップの選考が抽選だからこそ本気のエントリーシートを書こう

今回は「インターンシップの抽選は本当なのか?嘘なのか?」「インターンシップの抽選で落ちる原因」などについて解説しました。
いかがだったでしょうか。
インターンシップの選考では100%抽選であることは比較的少ないことがわかりました。
最後に、この記事の内容をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

インターンシップの抽選は本当に抽選しているわけではない

インターンシップの抽選を行うたった2つの理由

  • 理由①:真面目な学生だけを集めるため
  • 理由②:インターンシップに参加する意志を確認するため

 インターンシップの抽選で落ちる3つの原因

  • 原因①:エントリーシートをちゃんと書いていないため
  • 原因②:Webテストの点数が低いため
  • 原因③:基準より学歴が低いため

 インターンシップの抽選で当選確率を上げる3つの方法

  • 方法①:エントリーシートを本気で書く
  • 方法②:志望理由を具体的に書く
  • 方法③:Webテストの対策をする

インターンシップの抽選に落ちても本選考でも落ちるとは限らない

インターンシップの抽選に落ちる原因は、Webテストの点数が基準より低かったり、学歴が低かったりする場合もありますが、一番多い原因は「エントリーシートが書けていないから」です。
インターンシップの選考方法が抽選だからと言って、エントリーシートを適当に書いてしまうと、建前上、抽選で外れたこととして落とされてしまいます。
そのため、インターンシップに応募する時は、選考方法がたとえ抽選であっても、エントリーシートは本気で書いて提出するようにしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤