【簡単!】向いてる仕事・職業がわかる心理テスト12選 | 無料,詳しく診断できるツールも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回は向いている仕事が分からないと悩んでいらっしゃったり、自分にぴったりの仕事を見つけたいと思っていらっしゃる就活生の皆さんにお集まりいただきました!

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

自分にぴったりの仕事に就きたいと思っているのですが、様々な企業について調べてみたり自己分析に力を入れたりすればするほどよくわからなくなってしまって…。

僕にぴったりな仕事ってどうすれば見つけられるのでしょうか…?

就活生ちゃん

私は自分にぴったりな仕事を見つけたいなと思って探している真っ最中です。

心理テストで自分に向いている仕事がわかるって話を聞いたことがあるのですが…本当なんでしょうか?

もし、そうならちょっと試してみたいなと思います。

皆さんもご存じの心理テストが就活で役立つかもしれないと聞くとちょっと興味がわきますよね。

向いている仕事を見つけるために心理テストはどのように役立つのか、確かめていきましょう!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

と言うわけで、今回は自分に向いている仕事を見つける手段としての心理テストについてご紹介していきたいと思います。

併せて、向いている仕事を見つけるための簡単3stepもご紹介させていただきます。

◆この記事を特に読んでほしい方

自分に向いている仕事が分からなくて悩んでいる就活生の皆さん

自分にぴったりの仕事を見つけたいと思っている就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

心理テストで向いてる仕事がわかるの?

就活生くん

心理テストを使って自分に向いている仕事を探すことって、本当にできるのでしょうか…?

心理テストとは、簡易的な問いに答えることで被検者の性格や精神状態、さらには潜在意識などを判定することができるとされるテストを指します。

インターネットや雑誌などで提供されているものが多くありますね。

そんな心理テストで向いてる仕事を知ることができるのか、確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

参照:デジタル大辞典

向いてる仕事がわからないという人はとても多い

実は、自分に向いている仕事が分からないと悩んでいる方は多くいらっしゃいます

自分に向いている仕事を一から見つけていくことは、実はとても難しいことなんです。

すでに会社勤めをしている方の中にも、自分に向いてる仕事が分からずに悩んでいる方はいらっしゃいます。

ベースメントアップス株式会社が社会人の方を対象に「仕事の適性についての調査」を実施したところ、「今の仕事が全く適していない」と答えた人が16%「分からない」と答えた人は39%でした。

「就活の教科書」編集部 はるな

参照:PRTIMES

就活生くん

なるほど。

すでに就職されていても、半数以上の方が自分に向いている仕事が分からなかったり、今の仕事は向いていないと感じたりしているんですね。

僕と同じですね。

そうです。

何事もやってみなければ自分に合っているかわからない場合もありますよね。

就活生の皆さんが自分に向いている仕事を見つけるために企業について調べるにしても、自分について分析するにしてもどうしても限界があります。

就活生の皆さんが向いてる仕事が分からずに悩んでしまうのは、当然のことなんです

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

仕事選びで悩んでいるのは、きっと僕だけじゃないんですね。

少し心が軽くなりました!

心理テストは、性格やキャリア志向から向いてる仕事を診断してくれる

就活生くん

心理テストで向いている仕事がわかるかもしれないって聞いたのですが…。

心理テストの中には、性格やキャリア志向から向いてる仕事を診断してくれるものがあります。

心理テストの質問に答えていくことで、貴方がどんな性格をしているのか、几帳面なのか大雑把なのか、どんなものに興味を持っているのか、何を大事にしているのかなどを測ることができます。

心理テストで導き出された性格や考え方に適していると考えられる仕事を教えてくれる、という仕組みになっているようですね。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

なるほど。

そのような仕組みで、心理テストで向いている仕事がわかるんですね。

あくまで心理テストは参考程度にしよう

就活生くん

心理テストを受ければ、自分にどんな仕事が向いているのかを知ることができそうですね。

ちょっとお待ちください。

確かに心理テストは自分の性格や価値観を知るのに役立ちますが、心理テストも万能ではありません

心理テストだけではわからないあなたの強みや魅力、考え方も必ず存在します。

心理テストの結果を鵜吞みにしすぎずに、あくまで参考程度に考えることが大事です。

就活アドバイザー 京香

心理テストの結果が当たっていないなと感じることもありますよね。

「就活の教科書」編集部 はるな

その通りです。

心理テストが絶対的に正しいわけではなく、あくまで自分の一面を把握できる良い機会程度に考えておきましょうね。

就活アドバイザー 京香

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


【登録なし】向いてる仕事がわかる心理テストおすすめ7選

就活生ちゃん

自分にぴったりの仕事を見つけるために、心理テストも利用してみたいなと思います!

自分に向いている仕事を見つけるための心理テストって、どのようなものがあるのでしょうか?

では、自分に向いている仕事を見つけるためのおすすめ心理テストをいくつかご紹介しますね。

ぜひ参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

◆向いてる仕事がわかる心理テストおすすめ一覧

  • おすすめ①:何に見える?【心理テスト】答えでわかる「あなたに向いている仕事環境」(an•an web)
  • おすすめ②:エニアグラム診断(indeed)
  • おすすめ③:3分間適職診断(リクナビネクスト)
  • おすすめ④:職業診断 – 職業適性診断(AREAL ME)
  • おすすめ⑤:適職診断(診断チェックの心理テスト.tokyo)
  • おすすめ⑥:性格タイプから向いてる仕事が診断できる心理テスト(全20問)
  • おすすめ⑦:16personalities(MBTI診断)

おすすめ①:何に見える?【心理テスト】答えでわかる「あなたに向いている仕事環境」(an•an web)

まずご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、an•an webが提供する『何に見える?【心理テスト】答えでわかる「あなたに向いている仕事環境」』です。

”どのような見え方もできる抽象的なイラスト”は見え方によって見る人の価値観や特性を暗示するものであるという深層心理の考え方を応用して作られた心理テストとなっています。

イラストから連想するものが、見る人の特性を活かすことの出来る方向性を意味しているとして、選んだ答えから「あなたに向いている仕事環境」を教えてくれます。

特徴
  • イラストの見え方を答えるだけで、向いている職場がわかる心理テスト
  • 1問だけなので5秒で診断できる

おすすめ②:エニアグラム診断(indeed)

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、エニアグラム診断(indeed)です。

求人検索エンジンであるindeedが提供するエニアグラム診断は、18の質問に答えるだけで、自身の性格や適職を知ることができます

エニアグラムとは、人間の性格・気質を9つのタイプに分類し、それぞれの相互関係を図式化した幾何学的図形のことを指します。

エニアグラム診断(indeed)では、自身が当てはまるタイプタイプ別の「基本的な性格」や「強みや弱み」「仕事スタイルの特徴」「力を発揮できる仕事」などの特徴を紹介してくれます。

おすすめ③:3分間適職診断(リクナビネクスト)

3つ目にご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、リクナビネクストが提供している『3分間適職診断』です。

計22問で、あなたの隠れた性格を分析することができます。

仕事選びでは何を重視すべきか・仕事における価値観というのが簡単にわかります。

ぜひ試してみてくださいね。

こどもの頃のあなたのタイプのわかりますよ。

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ④:職業診断 – 職業適性診断(AREAL ME)

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、AREAL MEが提供する『職業診断 – 職業適性診断』です。

質問はすべて2者択一式で31題用意されています。

家族や友人、職場の上司や同僚があなたに抱く期待や意見は極力除外して質問に答えていくことで、被験者の生まれもった性格や職業適性を診断してくれます。

特徴
  • 2者択一なので答えやすい
  • 具体的な職業を教えてくれる

おすすめ⑤:適職診断(診断チェックの心理テスト.tokyo)

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、診断チェックの心理テスト.tokyoが提供する『適職診断です。

40の質問に答えることで、性格診断からあなたに合った職業の種類を診断してくれます。

特徴
  • 40問の質問に答えると自分に合った仕事のジャンルがわかる
  • 6つの指数を100点満点で評価してくれる

おすすめ⑥:性格タイプから向いてる仕事が診断できる心理テスト

6つ目にご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、『性格タイプから向いてる仕事が診断できる心理テスト』です。

この心理テストは、アメリカの心理学者ホランドが開発したものを基に作られています。

20問の質問に答えるだけで、「性格特徴」「職業環境」「適職例」がわかりますよ。

性格タイプは、「現実的・研究的・芸術的・社会的・企業的・習慣的」の6タイプにわかれます。

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ⑦:16personalities(MBTI診断)

最後にご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、『16personalities(MBTI診断)です。

 

MBIT(Myers Briggs Type Indicator)診断とは、質問に自己申告で答えていくことで、興味関心の方向、物事の見方、判断の仕方、外界への接し方を測り、合計16タイプに分類されたパーソナリティの中から自分に当てはまるパーソナリティを知ることができる診断テストです。

MBIT診断の結果として出てくる4つのアルファベットは、それぞれ以下のような意味を表しています。

◆MBTI診断の結果で分かるパーソナリティ

  1. 興味関心の方向 ⇒内向的(I)・外交的(E)
  2. 物事の見方⇒感覚的(S)・直感的(N)
  3. 判断の仕方⇒論理型(T)・感情型(F)
  4. 物事への姿勢⇒計画型(J)・模索型(P)
特徴
  • 今最も話題の性格診断テスト
  • 診断結果が「よく当たっている!」と有名
  • 質問数はやや多く12分程度かかる

以下の記事では16personalities(MBTI診断)結果に応じた、それぞれのタイプごとの適職をご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

合わせて読みたい
  • 【分析家】:建築家(INTJ)、論理学者(INTP)、指揮官(ENTJ)、討論者(ENTP
  • 【外交官】:提唱者(INFJ)、仲介者(INFP)、主人公(ENFJ)、広報運動家(ENFP
  • 【番人】:管理者(ISTJ)、擁護者(ISFJ)、幹部(ESTJ)、領事館(ISFP
  • 【探検家】:巨匠(ISTP)、冒険家(ISFP)、起業家(ESTP)、エンターテイナー(ESFP

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【詳しく知りたい人向け】向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール7選

就活生ちゃん

心理テストは今まで友達との話題作りに役立ってくれていましたが、今度からは自己分析や向いている仕事探しにも役立ちそうです!

そうですね。

向いている仕事を見つけるためにおすすめのツールの中には、もっと詳しく知りたいという人向けの心理テストもありますよ。

見ていきましょう!!

就活アドバイザー 京香

◆向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール一覧

  • おすすめ①:ジョブリシャス診断(マイナビ)
  • おすすめ②:リクナビ診断(リクナビ)
  • おすすめ③:向いている職業がわかる性格心理テスト(フラクタル心理学協会)
  • おすすめ④:3分間適職診断(リクナビネクスト)
  • おすすめ⑤:キャリアインデックス適職診断
  • おすすめ⑥:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
  • おすすめ⑦:LINE適職診断(就活の教科書公式LINE)

おすすめ①:ジョブリシャス診断(マイナビ)

まずご紹介する「向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール」は、ジョブリシャス診断(マイナビ)です。

就活サイトのマイナビが提供するジョブリシャス診断とは、ディグラム・ラボ代表の木原誠太郎が開発した診断プログラムです。

ディグラム・ラボは、従来よりカウンセリングなどに使用されている性格診断法「エゴグラム」をベースに、アンケート調査や実証実験によるマーケティングデータと、心理学を組み合わせた『ディグラム診断』を開発・提供している企業です。

ディグラム診断では、簡単な20の質問にこたえるだけで性格を客観的に分析し、「基本的なシゴト性格」「イキイキできる仕事環境」「シゴトでの強み・弱み」「本領発揮できる職種」などを知ることができます

延べ37万人、数万項目を超えるアンケート調査から得られたデータをもとに作成されているようです。

就活アドバイザー 京香

おすすめ②:リクナビ診断(リクナビ)

 

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール」は、リクナビ診断(リクナビ)です。

就活サイトのリクナビが提供するリクナビ診断とは、所要時間は5分程度で、日常の行動や考えに関する約100問の質問に答えることで「向いている仕事のタイプ」と「個人としての特徴」を診断してくれます。

リクナビ診断は、多く企業の採用選考で応募者の特徴や向いている仕事を判断する材料の一つとして活用されている「適性検査」の枠組みを利用して作成されています。

12に分類された「働く場面で求められる特徴」の中から、被験者の回答内容に応じて3つを「向いている仕事のタイプ」として診断結果画面に提示してくれます。

おすすめ③:向いている職業がわかる性格心理テスト(フラクタル心理学協会)

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、フラクタル心理学協会が提供する『向いている職業がわかる性格心理テスト』です。

この心理テストは、所要時間4~5分で20問の質問に答えることで診断してくれるようです。

ただし、心理テストの結果はメールアドレスや名前などを登録して受け取る必要があるようです。

メールを登録する際の画面には、

『ご記入いただいたメールアドレスはお知らせやセミナー情報などを配信させていただくために、一般社団法人フラクタル心理学協会と講座主催者間で共同利用させていただく場合がございます。(いつでも配信解除可能です)』

と注意書きがありました。

診断を受ける際には、注意書きなどもしっかり確認してから受けるようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

特徴
  • 20問の質問に答えるだけなので簡単
  • 結果を見るためにはメールアドレスの登録が必要

おすすめ④:3分間適職診断(リクナビネクスト)

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール」は、3分間適職診断(リクナビネクストです。

リクルートが運営する転職サイトのリクナビネクストが提供する3分間適職診断では、テストAとテストB、合計22問の質問に答えることで仕事選びの価値観と、隠れた性格を分析してくれます。

テストAでは「毎日定時に帰れる仕事がしたい」や「休日がしっかりとれる会社で働きたい」など、被験者が仕事選びの際に最も大事にしたいと思っていること・仕事選びの際の価値観を測ることができます。

テストBでは子供の頃の行動から潜在的な性格を分析できる設問となっています。

3分間適職診断(リクナビネクスト)は、「診断結果に適した求人検索キーワードが表示される」と言うことに最大の特徴があります。

どのようなキーワードで検索すればよいかがわかるので、効率的に自分に向いている仕事が探すことができる仕組みとなっているようです。

就活アドバイザー 京香

おすすめ⑤:キャリアインデックス適職診断

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール」は、キャリアインデックス適職診断です。

キャリアインデックス適職診断は、39の設問への回答から、被験者の「仕事に求めるもの」「ビジネスにおける強み」「性格と傾向」などを測って教えてくれます。

就職活動において、自分の強みを把握してアピールすることはとても重要なポイントなので、この機会にチェックしてみるとよいでしょう。

またキャリアインデックス適職診断では、強みだけでなくビジネスにおける改善ポイントも一緒に教えてくれるようですよ。

就活アドバイザー 京香

おすすめ⑥:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

トム・ラス
2,488円(02/26 18:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

続いてご紹介する「向いてる仕事がわかるおすすめ心理テスト」は、『ストレングス・ファインダー』という書籍です。

この本は「性格診断形式」で、177問の質問に答えると、自分の強みである特性を知ることができます。

診断テストはネット上で回答するのですが、この本を購入することでネットで受験可能なコードを取得することができます。

「本書を読んでストレングスファインダーについて理解し、取得したアクセスコードを使用して177問の問題を解き、強みを理解する」このような流れで利用すると効果は高いです。

ちなみに強みに関しては、上位5つの資質とその資質の詳しい説明が出ます。

特徴
  • 有料だが自分の強みが性格にわかると評判がいい
  • 問題数は177問と多い
  • 上位5つの自分の強みがわかる

 

おすすめ⑦:LINE適職診断(就活の教科書公式LINE)

最後にご紹介する「向いてる仕事がわかる心理テスト」は、LINE適職診断(就活の教科書公式LINE)です。

就活の教科書では、就活の教科書公式LINEの友だち登録をしていただくと、数百人の学生と面談してきた経験を生かして作成した動物性格診断を受けることができるようになるサービスを提供しています。

たった5つの設問に答えるだけで、自分に似ているタイプの動物や性格、向いている職業が分かります。

特徴
  • 5つの質問に答えるだけで自分に向いている仕事がわかる
  • 適職診断だけでなく性格診断も受けられる

就活の教科書公式LINEの友だち登録をしていただくと他にもさまざまな特典を受けることができるようになります。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひ確認してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

ここまで、自分に向いている職種を知るために役立つ5つの心理テストを簡単にご紹介させていただきました。

繰り返しになりますが、心理テストも決して万能ではなく、心理テストだけではわからないあなたの強みや魅力が必ず存在します。

あくまでも心理テストは参考程度に活用しましょう

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

適職診断を選ぶ時に役立つ記事一覧

「忙しいので効率的に就活を進めたい」という就活生には、 無料・登録なしの適職/職業診断 という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、あなたにぴったりの適職が見つけられる適職診断ツールが分かり、効率的に就活を進められるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


向いている仕事がわからない原因

就活生くん

そもそもなぜ僕は向いてる仕事がわからないんでしょう。

自己分析も企業探しもちゃんとしているつもりなのですが…。

向いている仕事が分からない原因としては以下の様な事が考えられますよ。

自分に当てはまるものがないか、一緒に確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 はるな

◆向いている仕事がわからない原因

  • 原因①:自分が得意なこと・好きなことがわからないから
  • 原因②:業界や職種についてわかっていないから
  • 原因③:仕事のネガティブな面ばかり見てしまうから

原因①:自分が得意なこと・好きなことがわからないから

向いている仕事がわからない原因1つ目は、「自分が得意なこと・好きなことがわからないから」です。

自分が得意なことや、自分の才能を活かすことの出来る分野を知るためには、様々なことに挑戦して経験することが必要な」場合があります。

また、自分自身がどんなことが好きで、どんな仕事ならあまりストレスを感じずに働くことができるのかが分からないケースもあります。

そのような場合には、「このような仕事がしたい」「このような仕事は得意だろう」などのような向いている仕事を見つけるための軸が明確でないため、向いている仕事を見つけるのは困難であると考えられます。

原因②:業界や職種についてわかっていないから

向いている仕事がわからない原因2つ目は、「業界や職種についてわかっていないから」です。

社会には本当に様々な種類の仕事があります。

就職活動において軸となる目標や為すべきことを決めておくことは重要ですが、「自分にはこの業界しかない」「絶対にこの職種に就職する」などと限定しすぎてしまうと、選択肢を狭めることにつながってしまいます。

自分が知らなかった職種や興味のなかった業界に、貴方が仕事で成し遂げたいことが隠れている可能性も十分にあります。

まずは、視野を広く持って様々な業界や職種について知ることから始めましょう。

原因③:仕事のネガティブな面ばかり見てしまうから

向いている仕事がわからない原因3つ目は、「仕事のネガティブな面ばかり見てしまうから」です。

就活生ちゃん

仕事に対して、

  • 仕事は生活のためにやらなくてはならないもの
  • 仕事はきつい、大変なもの

といったイメージを持っていませんか?

実際にEnterprise TV が行った『学生の「働くこと」への意識調査 01』によると、『あなたは「働くこと」にどのようなイメージを持っていますか?』という質問に対する回答として多かったもの3つは以下の様なものでした。

◆学生が持っている”働くこと”に対するイメージ

  1. お金をもらえる
  2. きつい、たいへん
  3. やらなければならない

参照:Enterprise TV

しかし、「仕事は大変だ」「仕事は義務だからやらなくてはならない」などのネガティブな面ばかり見ていては、向いている仕事を探すことに対してなかなかモチベーションをあげることはできません。

「向いている仕事はきっと見つかる」「向いている仕事に就くことができたら、きっと楽しく仕事ができる」とポジティブに考えることも、就職活動を頑張るうえで重要です。

とはいえ、就職活動の過程でずっとポジティブな気持ちを保っているのは難しいという場合もあると思います。

以下の記事では、リフレッシュ方法などもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

向いている仕事を見つけるための簡単3step

就活生ちゃん

どうすれば向いている仕事を見つけることができるようになるのでしょうか?

では、向いている仕事を見つけるためにどうすれば良いか、簡単な流れをご紹介します。

3stepでご紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆向いている仕事を見つけるための簡単3step

  • step1:自己分析ツールで自分について知る
  • step2:心理テストや適職診断を使って、向いてる仕事の候補を見つける
  • step3:代表的な企業について詳しく調べてみる

step1:自己分析ツールで自分について知る

向いている仕事を見つけるための簡単step1つ目は、自己分析ツールで自分について知ることです。

自分に向いている仕事を探すにあたって、まずは自分が得意なことや苦手なことを知ることが重要です。

自分について以下の様な事柄をできるだけ多く整理してみましょう。

  • 好きなこと・嫌いなこと
  • 得意なこと・不得意なこと
  • 大事にしたい考え方や物事の判断基準
  • 絶対に何が何でもやりたくないこと
  • 人から褒められることや褒められてうれしいこと

自己分析して導き出された自分の価値観や気質などが、向いている仕事を探す時のヒントになるはずです。

就活生ちゃん

自己分析の際には自己分析ツールを使うこともお勧めです。

以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

step2:心理テストや適職診断を使って、向いてる仕事の候補を見つける

向いている仕事を見つけるための簡単step2つ目は、心理テストや適職診断を使って、向いてる仕事の候補を見つけることです。

浮いている仕事を見つけるのに役立つ心理テストを利用すると、より詳細な自己分析や向いている職種の特徴などを知ることができます。

また、適職診断を利用すると仕事に関連する自身の強みや特性、それらに合うと考えられる職種をより詳細に知ることができます。

おすすめの心理テスト・適職診断は先ほどご紹介させていただきました。

もう一度ご覧になりたい場合は、こちら(心理テスト適職診断)からご覧ください。

就活アドバイザー 京香

step3:代表的な企業について詳しく調べてみる

向いている仕事を見つけるための簡単step3つ目は、代表的な企業について詳しく調べてみることです。

自己分析ツールや心理テスト・適職診断を利用しつつ、自分の向いている職種を把握したら、次は志望する企業を選びましょう

まずは、向いている職種を募集している代表的な企業について詳しく調べることから始めるとよいでしょう。

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


向いてる仕事がわかる心理テストに関するよくある質問2つ

就活生くん

向いている仕事がわかる心理テストについてだんだんわかってきました。

僕も仕事探しに、参考程度に利用してみようかなと思います。

それでは最後に、向いてる仕事がわかる心理テストに関するよくある質問をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

向いてる仕事がわかる心理テストに関するよくある質問2つ
  • 質問①:心理テスト以外に向いてる仕事がわかる方法はある?
  • 質問②:心理テストは信頼できるの?

質問①:心理テスト以外に向いてる仕事がわかる方法はある?

向いてる仕事がわかる心理テストに関するよくある質問1つ目は、「心理テスト以外に向いてる仕事がわかる方法はある?」です。

向いている仕事が分からない際には心理テストだけでなく、「自分の強み/弱み」や「自分の性格」「価値観」等を測ってくれる自己分析診断も役立ちます。

また、「自分の価値観や行動パターン」を理解するために過去の自分の経験をまとめて「自分史」を作成すると、仕事を選ぶ際に重要視すべきことが分かるかもしれません。

また、様々な業界・職種について学ぶ機会を得るために大規模な就活イベントなどへ参加してみてもよいと思います。

以下の記事では、自分に向いている仕事を見つける様々な方法を一挙にご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

質問②:心理テストは信頼できるの?

向いてる仕事がわかる心理テストに関するよくある質問2つ目は、「心理テストは信頼できるの?」です。

心理テストが信頼できるかどうかを考えるための考え方として「信頼性」と「妥当性」という2つがあります。

「信頼性」とは、「測定される値が安定しているかどうか」を指します。

例えば、身長を測った時に何度測っても同じ数値が結果として出てくれば、「信頼性がある】と言うことができます。

心理テストの場合は、「信頼性がある」と言うためには同じ回答をしたケースには同じ結果が表示される必要があります。

一方で「妥当性」とは、「測定目標を確実に測っているかどうか」を指します。

例えば身長を測る場合を考えると、「妥当性」とは測定器具の10センチが本当に10センチになっているか、測定器具は身長を測るものとして機能できるものであるかどうかが焦点になります。

心理テストの場合では、元となってるデータやそこから導き出される判断基準が妥当かどうかということです。

残念ながら、世の中に普及しているすべての心理テストが、「信頼性」も「妥当性」も兼ね備えているとは考えにくいと思われます。

しかし、心理テストの中には信頼性と妥当性の情報が開示されているものやよく当たると評判なものがあることも確かです。

心理テストを受ける際には、鵜呑みにしすぎずにあくまで参考程度に考えると言う姿勢を大事にしましょう。

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:実際に心理テストを使って向いてる仕事を見つけよう

いかがでしたか。

今回は向いている仕事を見つける手段としての心理テストについてご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

最後に今回の記事について簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆心理テストで向いてる仕事がわかるの?

  • 向いてる仕事がわからないという人はとても多い
  • 心理テストは、性格やキャリア志向から向いてる仕事を診断してくれる
  • あくまで心理テストは参考程度にしよう

◆向いてる仕事がわかる心理テストおすすめ

  • おすすめ:16personalities(MBTI診断)
  • おすすめ:何に見える?【心理テスト】答えでわかる「あなたに向いている仕事環境」(an•an web)
  • おすすめ:向いている職業がわかる性格心理テスト(フラクタル心理学協会)
  • おすすめ:職業診断 – 職業適性診断(AREAL ME)
  • おすすめ:適職診断(診断チェックの心理テスト.tokyo)

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆向いてる仕事がわかる心理テストおすすめツール(詳しく知りたい人向け)

  • おすすめ:ジョブリシャス診断(マイナビ)
  • おすすめ:リクナビ診断(リクナビ)
  • おすすめ:LINE適職診断(就活の教科書公式LINE)
  • おすすめ:3分間適職診断(リクナビネクスト)
  • おすすめ:キャリアインデックス適職診断
  • おすすめ:エニアグラム診断(indeed)

◆向いている仕事がわからない原因

  • 原因①:自分が得意なこと・好きなことがわからないから
  • 原因②:業界や職種についてわかっていないから
  • 原因③:仕事のネガティブな面ばかり見てしまうから

◆向いている仕事を見つけるための簡単3step

  • step1:自己分析ツールで自分について知る
  • step2:心理テストや適職診断を使って、向いてる仕事の候補を見つける
  • step3:代表的な企業について詳しく調べてみる

◆向いてる仕事がわかる心理テストに関するよくある質問2つ

  • 質問①:心理テスト以外に向いてる仕事がわかる方法はある?
  • 質問②:心理テストは信頼できるの?

◆まとめ:実際に心理テストを使って向いてる仕事を見つけよう