【事例あり】一般的な社内制度5選 | ユニークな社内制度や意図も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 社内制度を設ける意図は「離職率を下げるため」
  • 一般的な社内制度5選
  • ユニークな社内制度の事例3選には「PCシャットダウン制度」がある
  • 社内制度を軸に企業選びをする方法
  • 「自分に合った優良企業を見つけたい」という方はOfferBoxを使うのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、企業の社内制度の社内制度を紹介します。

就活生の皆さんは、社内制度ってどんなものがあるのだろうと疑問に感じた経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

そもそも一般的にどんな社内制度があるのか知らない…。

一般的な社内制度の種類を教えてください。

就活生ちゃん

とりあえず志望企業の社内制度を調べたけど、企業選びにどう活かせばいいかわからないなあ。

社内制度を軸にして企業選びをするにはどうすればいいんだろう…

社内制度って企業によって本当に様々なので、何を重視すればいいかわからないですよね…

ですが、一般的な社内制度を理解したうえで、手順に沿って企業選びを行うことができますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

そこでこの記事では、一般的な社内制度/ユニークな社内制度の事例3選について紹介します。

合わせて、社内制度を軸に企業選びをする方法も紹介します。

この記事を読めば、社内制度を理解し効率よく企業選びを行うことができますよ。

社内制度が理解できていない、社内制度をどう企業選びに反映すべきかわからない就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)は10,000社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業が社内制度を設ける意図

就活生くん

そもそも企業が社内制度を設ける意図ってどういったものがありますか。

企業が社内制度を設ける意図がわかっていないと、企業選びの際に社内制度をどう評価すればいいのかわからないですよね。

企業が社内制度を設ける意図を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

企業が社内制度を設ける意図
  • 意図①:離職率を低下させるため
  • 意図②:仕事の効率を良くするため
企業が社内制度を設ける意図を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

意図①:離職率を低下させるため

企業が社内制度を設ける意図の1つ目は「離職率を低下させるため」です。

社内制度を充実させることで、社員の働きやすい環境を作ることができます。

社内環境の満足度が高くなるほど、社員の離職率の低下に繋げることができますよね。

したがって、「離職率を低下させる」ために社内制度を設ける企業が多いです。

社員の意見を取り入れて社内制度を作る企業は、風通しがよく働きやすい企業であるといえます。

離職率が低い業界や企業について知りたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

意図②:仕事の効率を良くするため

企業が社内制度を設ける意図の2つ目は「仕事の効率を良くするため」です。

社内制度ひいては社内環境を充実させることで、社員同士のコミュニケーションの幅が広がったり社員のスキルが向上したりしますよね。

したがって、社内制度の充実は社員一人一人の仕事の効率に繋げることができます。

そのため、仕事の効率を向上させるために社内制度が設けられます。

社内制度を設けて仕事の効率を良くすることは、結果的に売り上げアップに繋がってきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

一般的な社内制度5選

就活生ちゃん

志望企業の社内制度を調べてみたのですが、いまいち制度の内容が理解できませんでした。

一般的にどのような社内制度があればいいのでしょうか。

自分が働くうえで大切にしたい条件に合った社内制度があるかを重視して調べていくと良いです。

ですが、一般的な社内制度はどのようなものか知りたいですよね。

そこで一般的な社内制度を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

一般的な社内制度5選
  • 社内制度①:休暇に対する社内制度
  • 社内制度②:モチベーションに対する社内制度
  • 社内制度③:健康に対する社内制度
  • 社内制度④:社内の人間関係に対する社内制度
  • 社内制度⑤:個人のスキルアップに対する社内制度
それでは一般的な社内制度を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度①:休暇に対する社内制度

一般的な社内制度の1つ目は「休暇に対する社内制度」です。

働くうえで休暇をしっかりとれるかどうかを重視する人はとても多いですよね。

よって休暇に対する社内制度を充実させている企業は非常に多いです。

例えば、日々の疲れをリフレッシュするための「リフレッシュ休暇制度」を利用して旅行に出かけたり運動したりすることができます。

休暇を積極的にとる社内環境をつくるために「休暇に対する社内制度」はよく設けられます。

就活生ちゃん

休暇に対する社内制度って、他にどんなものがありますか。

休暇に対する社内制度は、多種多様ですよ。

いくつか例を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【休暇に対する社内制度の例】

  • アニバーサリー休暇:結婚記念日や誕生日に有給を取れる社内制度
  • 勉強休暇:資格の勉強をする際に有給を取れる社内制度
  • 結婚休暇:結婚式や新婚旅行に行く際に有給を取れる社内制度
  • hobby休暇:趣味に没頭するために有給を取れる社内制度

こんなにも様々な社内制度があるんですね。

志望企業の社内制度を詳しく調べてみます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度②:モチベーションに対する社内制度

一般的な社内制度の2つ目は「モチベーションに対する社内制度」です。

働くうえでモチベーションを高く保てるかどうかは、仕事のやりがいや作業効率に影響します。

例えば、一か月で営業成績がトップだった社員に対して表彰する「表彰制度」などがあります。

社員の努力を評価するために「モチベーションに対する社内制度」はよく設けられていますね。

お互いを誉め合う社内制度を設けることで、社員のモチベーション向上を目指す企業もありますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度③:健康に対する社内制度

一般的な社内制度の3つ目は「健康に対する社内制度」です。

そもそも社員の健康状態が良くないとしっかり仕事をこなせないですよね。

社員の体の健康を維持するために健康診断を受けられる制度や、社員の心のケアを行うメンタルヘルス関連の制度などが代表的な例としてあげられます。

働くうえで健康状態は非常に重要なので、「健康に対する社内制度」を充実させている会社は非常に多いです。

健康に対する社内制度として、禁煙を後押しする社内制度を設ける企業もあります。

また、エントリーシートでは健康状態を聞かれることもあるので、対策をしておきたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度④:社内の人間関係に対する社内制度

一般的な社内制度の4つ目は「社内の人間関係に対する社内制度」です。

仕事を円滑に進めるためにも、社員のこころの健康を保つためにも、「社員同士の人間関係」は良好でいる必要があります。

そのため部活動やサークル活動を通じて、仕事以外でも社員同士のコミュニケーションの場を設ける企業は非常に多いです。

社員同士のコミュニケーション促進を目指して、「社内の人間関係に対する社内制度」はよく設けられています。

個人のデスクを固定せず好きなデスクで仕事ができる制度も、毎日異なる社員とのコミュニケーションを促進するための社内制度の1つですね。

企業ではコミュニケーション能力は非常に重要視されるので、自己PRなどでコミュニケーション能力をアピールしたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度⑤:個人のスキルアップに対する社内制度

一般的な社内制度の5つ目は、「個人のスキルアップに対する社内制度」です。

多くの社会人は、仕事をするうえで必要な資格を取る機会があります。

資格を取る際に有給を取ることのできる制度があれば、仕事をしていても資格に挑戦することができますよね。

したがって、個人のスキルアップのための社内制度を設ける企業は多くみられます。

資格取得に関する社内制度には、資格取得に応じてお金をもらえる制度もあります。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

ユニークな社内制度の事例3選

就活生ちゃん

一般的な社内制度はよくわかりました。

企業によってはユニークな社内制度の事例3選を設けていると、友達から聞いたのですがどのようなものがありますか。

そうですね、独自の社内制度を設けている企業も多くあります。

多種多様な社内制度がある中で、特にユニークだと感じたものを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

ユニークな社内制度の事例3選
  • 社内制度①:19時PCシャットダウン制度
  • 社内制度②:役職名で呼ぶ文化をなくす制度
  • 社内制度③:公募留学制度
それでは、ユニークな社内制度の事例を1つずつ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度①:19時PCシャットダウン制度

ユニークな社内制度の事例の1つ目は「19時PCシャットダウン制度」です。

この制度は実際にアイリスオーヤマ株式会社で取り入れられている制度です。

シャットダウンの時間をあらかじめ設けておくことで、計画的に業務を終わらせ作業効率を向上させることが目的です。

また、残業時間を減少させることで、社員のプライベートの時間の充実にも繋げることができます。

このようにPCのシャットダウン時間を設ける制度があれば、メリハリをつけて働くことができますね。

株式会社日立ソリューションズも、PCシャットダウン制度を設けている企業の1つです。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度②:役職名で呼ぶ文化をなくす制度

ユニークな社内制度の事例の2つ目は「役職名で呼ぶ文化をなくす制度」です。

この制度は、カルビー株式会社で設けられている制度です。

「〇〇部長」などと役職名で呼び合うと、どこか社員間の壁を感じますよね。

なので全員が「〇〇さん」と呼び合うことでアットホームな社内環境を築くことを目的としています。

社員間の人間関係をより良くするための制度は、仕事を円滑に進める上で重要な制度です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

社内制度③:公募留学制度

ユニークな社内制度の事例の3つ目は「公募留学制度」です。

この制度は、ソニー株式会社で設けられている制度です。

会社負担で留学派遣ができる制度になっています。

留学先や研究テーマ、留学後のプラン考えて、増資の推薦を得た上で自ら立候補する仕組みです。

留学先の大学の研究室を中心に1年間最先端技術に触れ、専門性と人間力を磨くことを目的としています。

社会人ではなかなか挑戦しづらい海外留学を会社が支援してくれることで、海外留学のチャンスをつかむことができますよね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

社内制度を軸に企業選びをする方法

就活生くん

社内制度のある企業は社員の声が通りやすいため、魅力的に感じています。

そこで社内制度を軸に企業選びを行いたいのですが、どうすればいいかわかりません。

どうやって社内制度を軸に企業選びを行えばいいのでしょうか。

社内制度は、企業を選ぶうえで重視したい条件の1つですよね。

社内制度を軸に企業選びをする方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

社内制度を軸に企業選びをする方法
  • 方法①:働くうえで重視したい条件を複数書き出す
  • 方法②:重視したい条件に当てはまる社内制度を調べる
  • 方法③:自分の求める社内制度の有無を企業ごとに調べる
それでは社内制度を軸に企業選びをする方法1つずつ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法①:働くうえで重視したい条件を複数書き出す

社内制度を軸に企業選びをする方法の1つ目は、「働くうえで重視したい条件を複数書き出す」です。

自分の重視する社内制度を明らかにするために、そもそも自分が働くうえで大切にしたい条件を書き出しましょう。

働くうえで大切にしたい条件の例としては、休日のとりやすい環境で働きたい、努力をわかりやすく評価されたいなどがあげられます。

自分の大切にしたい条件を今一度見直してみましょう。

就活生ちゃん

働くうえで重視したい条件を明らかにできていません。

例えばどのようなものがあるのでしょうか。

働くうえで重視したい条件を書き出すことは、自己分析にもつながるので重要です。

いくつか例を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【働くうえで重視したい条件の例】

  • 社員同士のコミュニケーションが活発な環境で働きたい
  • 社会人になっても趣味を続けたい
  • 努力を評価されたい
  • 仕事に有利な資格をたくさんとりたい
  • 家族の時間を大切にしたい
  • 長い連休をとって海外旅行に行きたい

就活生ちゃん

なるほど、働く環境やプライベートの時間に関する自分の条件を書き出せばいいのですね。

例を参考に考えてみます。

 

企業を選ぶうえでは就活軸などを決めることも重要になってきますので、下記の記事を読んで、自分に合った企業を見つけてください。

 

方法②:重視したい条件に当てはまる社内制度を調べる

社内制度を軸に企業選びをする方法の2つ目は、「重視したい条件に当てはまる社内制度を調べる」です。

方法①で書き出した条件をかなえてくれる社内制度はどのようなものがあるのかを調べる必要がありますよね。

例えば「努力をわかりやすく評価されたい」という条件を重視したい時、営業成績トップの人には奨励金をもらえる制度があれば、条件を満たすことができます。

このように、自分の重視したい条件に当てはまる社内制度にはどのようなものがあるかを知ることは非常に重要です。

社内制度は企業によって多種多様です。

そのため方法②では「一般的な社内制度はどんなもの?」程度の、社内制度の大まかな情報を調べましょう。

研修制度を重要視している方は、下記の記事を読んで、志望動機で上手く伝えましょう!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法③:自分の求める社内制度の有無を企業ごとに調べる

社内制度を軸に企業選びをする方法の3つ目は、「自分の求める社内制度の有無を企業ごとに調べる」です。

自分の働く条件に合った社内制度があるのかを、それぞれの志望企業ごとに調べましょう。

また社内制度の充実度順にランキングをつけることで、志望企業の優先度を決めることができます。

社内制度を軸に企業選びを行う上で最も重要なステップなので、時間をかけて行いましょう。

社内制度を志望企業ごとに調べる際に、エクセル等で表にまとめておくとわかりやすいですね。

企業研究を効率よく進めたい方は、下記を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

企業研究をする上で知っておきたい企業の特徴や会社の制度をまとめました。

もし気になる制度やランキングがあれば、各記事を読むことができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:社内制度を理解したうえで、企業選びを行いましょう

この【事例あり】一般的な社内制度5選 | ユニークな社内制度や意図もの記事はいかがだったでしょうか。

この記事では一般的な社内制度/ユニークな社内制度の事例3選を紹介しました。

また、社内制度を軸に企業選びをする方法も紹介しました。

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

まとめ

◆企業が社内制度を設ける意図

  • 意図①:離職率を低下させるため
  • 意図②:仕事の効率を良くするため

◆一般的な社内制度5選

  • 社内制度①:休暇に対する社内制度
  • 社内制度②:モチベーションに対する社内制度
  • 社内制度③:健康に対する社内制度
  • 社内制度④:社内の人間関係に対する社内制度
  • 社内制度⑤:個人のスキルアップに対する社内制度

◆ユニークな社内制度の事例3選

  • 社内制度①:19時PCシャットダウン制度
  • 社内制度②:役職名で呼ぶ文化をなくす制度
  • 社内制度③:公募留学制度

◆社内制度を軸に企業選びをする方法

  • 方法①:働くうえで重視したい条件を複数書き出す
  • 方法②:重視したい条件に当てはまる社内制度を調べる
  • 方法③:自分の求める社内制度の有無を企業ごとに調べる

 

仕事内容や福利厚生のみならず、社内制度まで加味して企業選びを行うことで、ミスマッチを防ぐことができます。

この記事を参考にして社内制度を理解したうえで企業選びを行いましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ