>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【人生のターニングポイントとは】面接/ESでの魅力的な伝え方,答える時の例文 | 見つけ方,注意点も

この記事を読めばわかること
  • 「人生のターニングポイント」を聞くのはミスマッチを防ぐため
  • 「人生のターニングポイント」の回答例
  • 「人生のターニングポイント」は変化した価値観を伝える
  • 「人生のターニングポイント」は見つけ方

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のコウキです!

今回は面接で聞かれる「人生のターニングポイント」について解説していきます。

皆さんは面接で「人生のターニングポイントを教えてください」という質問をされたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 コウキ

就活生くん

「人生のターニングポイント」なんて無いです。

そもそも「人生のターニングポイント」って一体なんですか・・・?

就活生ちゃん

以前面接で、自信のあった「人生のターニングポイント」のエピソードを伝えたのですが、あまり手ごたえが掴めませんでした・・・。

どのように言えば、面接官にアピールすることができる人生のターニングポイントを言えるでしょうか・・・?

皆さん「人生のターニングポイント」の質問に関して悩まれているようですね。

確かに「人生のターニングポイント」って抽象的でどのような意味なのか、質問意図も分かりませんよね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

そこでこの記事では、「人生のターニングポイント」の回答例を解説します。

合わせて、「人生のターニングポイント」を魅力的に伝えるためのポイントを解説していきます。

さらに「人生のターニングポイント」を面接官が質問する意図や注意点、見つけ方も解説していきます。

この記事を読めば、「人生のターニングポイントを面接で聞かれたけど、思う様に答えられなかった・・・」なんてことを避けられます。

「人生のターニングポイントを面接でうまく答えられるようになりたい!」という就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

「人生のターニングポイント」とは?

さて、就職活動をしていれば当たり前のように聞く「人生のターニングポイント」という言葉ですが、そもそも人生のターニングポイントとはどのような意味なのでしょうか。

ここでは「人生のターニングポイント」の意味を解説をしていきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

就活生くん

確かに!

面接で当たり前のように「人生のターニングポイント」を質問されるけど、はっきりと意味を理解できていませんでした。

 

人生のターニングポイントとは、今まで生きてきた中での分岐点となった出来事のことを指します。

ターニングポイントとは直訳すると「転機/分岐点」という意味です。

それが、高校受験なのかアルバイトなのか、もしくは街中でたまたま見た広告表現なのか、人によってそれぞれのターニングポイントがあるはずです。

広告代理店内定者としては人生のターニングポイントになるような広告を作りたいです!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「人生のターニングポイント」面接官が質問する意図

就活生ちゃん

「人生のターニングポイント」の定義はわかりましたが、そもそも質問される意図って何ですか?

それでは、面接官が「人生のターニングポイント」を質問をする意図について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「人生のターニングポイント」面接官が質問する意図
  • 質問意図①:ミスマッチを防ぐため
  • 質問意図②:入社後の行動を予測するため

それでは、「人生のターニングポイント」面接官が質問する意図をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図①:ミスマッチを防ぐため

「人生のターニングポイント」面接官が質問する意図の1つ目は「ミスマッチを防ぐため」です。

就職活動とは、人生を大きく左右する「人生のターニングポイント」です。

大切な人生のターニングポイントに「なぜ自社を志望したのか?」理由を知りたいのです。

そして、学生の過去の人生のターニングポイントが、志望動機の理由に結びつくのです。

例えば、「御社のカルチャーに共感したので、御社を志望させていただきました」のように「人生のターニングポイント」を得てからの性格と志望企業のカルチャーが合っているかどうかも判断することができます。

そのため、面接官は人生のターニングポイントを経験して、「どのようなことを学び、どのように行動したのか」というような学生の能力を見て、自社のカルチャーに合っているかどうかを判断しているのです。

就活生くん

なるほど!「人生のターニングポイント」の経験から、学生がどのような人間なのかを判断しているんですね!

そうです!そこからさらに、自社とのマッチ度を測っているんです!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図②:入社後の行動を予測するため

「人生のターニングポイント」面接官が質問する意図の2つ目は「入社後の行動を予測するため」です。

過去の「人生のターニングポイント」をどう乗り越えてきたかで、入社後に「自ら行動することができるか」を判断できるのです。

例えば、大学受験で第一志望の大学に合格するために、高校一年生から塾に通い、準備をしてきたとします。

上記のエピソードを伝えれば、面接官から「就職してからもきちんと計画を立てて、仕事に取り組んでくれる」という印象を持ってもらえます。

そのため、面接官は「人生のターニングポイント」から就職後に直面する困難・課題に対して、どう乗り越えられるかを判断しているのです。

学生の未来まで予測するって、改めて面接官の凄さが分かりますよね!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「人生のターニングポイント」の回答例

就活生くん

「人生のターニングポイント」の質問意図はわかりましたが、具体的にどのように答えていけばいいですか?

わかりました。

それでは「人生のターニングポイント」を質問された時の回答例を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「人生のターニングポイント」の回答例
  • 「人生のターニングポイント」がアルバイトの場合
  • 「人生のターニングポイント」が高校受験の場合

それでは、「人生のターニングポイント」を質問された時の回答例をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

回答例①:「人生のターニングポイント」が高校受験の場合

あなたの人生のターニングポイントを教えてください。

人事さん

就活生ちゃん

私の人生のターニングポイントは高校受験で目標の高校に行くために勉強をしたことです。

私は高校受験まで努力をした経験がありませんでした。中学も地元の中学校に行き、部活動などもしてきませんでした。

しかし、自分の学力よりもはるかに高い偏差値の高校に行きたいと思い、毎日8時間を勉強時間に割き、本気で勉強と向き合った結果、第一志望の高校に合格することができました。

この経験から、毎日継続する大切さと努力をして目標達成をするやりがい、喜びを知ることができました。

このように、高校受験を境に努力の重要さに気づき、努力できる人間に変わったことをアピールすることができます。

面接官に「粘り強い」という認識を与えることができます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

回答例②:「人生のターニングポイント」がアルバイトの場合

あなたの人生のターニングポイントを教えてください。

人事さん

就活生ちゃん

私の人生のターニングポイントは飲食店でホールとしてアルバイトをしていた経験です。

ただ、料理を出すだけでなく、お勧めの商品などを紹介したり、お客様とのコミュニケーションをとることを意識しました。

その結果、常連客が増加し、お店の売り上げも伸ばすことができました。

この経験より、一つのサービスや様々なモノゴトに対して付加価値をつける大切さを実感しました。

回答例のように、自ら考え行動し、新たなことに気づけたことにより、主体的な行動力や成長過程をアピールすることができます。

また、自社に入社したと仮定したときに、「自ら率先して行動するだろう」「どんどん成長しそうだな」といったようなことを予測できるでしょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「人生のターニングポイント」を伝える時のポイント

就活生くん

「人生のターニングポイント」を面接で質問されても回答例のようにうまく答えられる自信がありません・・・。

答える時のポイントって何かありますか?

では次に「人生のターニングポイント」を答える時のポイントを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「人生のターニングポイント」を伝える時のポイント
  • ポイント①:人生のターニングポイントからの成長過程をアピールする
  • ポイント②:人生のターニングポイントを境に変化した価値観を明確に伝える
  • ポイント③:困難に対して努力したエピソードで面接官に好印象を与える

それでは「人生のターニングポイント」を答える時のポイントをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント①:成長過程をアピールする

「人生のターニングポイント」を伝える時のポイント1つ目は「成長過程をアピールする」です。

成長過程を意識して伝えることにより、面接官は学生の人間性を具体的に想像しやすいからです。

例えば、ただ単に「人生のターニングポイントを経て、僕は〇〇ができるようになりました。」と言うのではなく、「人生のターニングポイントを経て、自分の考えがこのように変わり、〇〇ができるようになりました。」というように成長過程を具体的に答えるほうが分かりやすいですよね。

人生のターニングポイントが自分をどのように変え、どれほど成長できたのかまで答えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント②:変化した価値観を明確に伝える

「人生のターニングポイント」を伝える時のポイント2つ目は「変化した価値観を明確に伝える」です。

価値観の変化は将来のビジョンや目標、夢を伝える上で重要になります。

なぜなら、ビジョンや夢は自信の価値観に基づいているからです。

例えば、「人生のターニングポイントの〇〇がきっかけで、僕の価値観はこのように変わり、このようなビジョンをもって就職活動をしています」というような答え方はイメージがつきやすく、納得感が増しますよね。

そのため、「人生のターニングポイント」を境に変化した価値観を伝えると、後に伝えるビジョンや夢の納得感を向上させられるのです。

ちなみに僕の価値観が変化した人生のターニングポイントは大学受験での挫折経験でした。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント③:困難に対して努力したエピソードで面接官に好印象を与える

「人生のターニングポイント」を伝える時のポイント3つ目は「困難に対して努力したエピソードで面接官に好印象を与える」です。

面接官が知りたいのは「この学生が入社し、困難に直面した時に解決できるか、それに対して努力できるか」を知りたいです。

例えば、「僕は〇〇の課題に直面しましたが、自ら考え行動し、努力し続けた結果、解決することができました」という風に答えればうまくいきます。

また、学生自身の努力ができるという印象だけでなく、課題解決能力もアピールすることができます。

人生のターニングポイントとなった問題を解決する努力を現在でもしていると話すことで、努力を続けることができる、持続力のある学生だと認識されるようになります。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「人生のターニングポイント」のNG回答例

ここでは「人生のターニングポイント」を聞かれたときのNG回答例を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

あなたの人生のターニングポイントを教えてください。

人事さん

就活生くん

幼馴染のA君と大喧嘩したことです。

中学生の頃、A君とは些細なことで、衝突してしまい、お互い見栄を張りが原因で、一か月間ほど口をききませんでした。

もうこのような苦しい経験はしたくないと感じ、それ以来、人に対して積極的に自分の意見を言わないようにしています。

上記の例文のように、マイナスイメージと捉えられるような表現はよろしくありません。

主体性のない学生だと思われ、チームで動くことが多い社会人において、意見をいうことができない学生は魅力的に映らないからです。

他にも「人生のターニングポイント」を面接で答える際には、注意しなければならない点がいくつかあります。

次の項目で詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「人生のターニングポイント」伝える時の注意点

就活生ちゃん

「人生のターニングポイント」の回答例も答える時のポイントも理解できたので、完璧ですね!

いえ、まだ安心してはいけませんよ。

次は「人生のターニングポイント」を答える時の注意点を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「人生のターニングポイント」を伝える時の注意点
  • 注意点①:人生のターニングポイントを盛りすぎない
  • 注意点②:長くしゃべりすぎない(端的にわかりやすく答える)

 

注意点①:人生のターニングポイントを盛りすぎない

「人生のターニングポイント」を伝える時の注意点の1つ目は「人生のターニングポイントを盛りすぎない」です。

面接官は人生のターニングポイントの詳細を知りたいのではなく、その出来事から「どのように成長したのか」が知りたいのです。

そのため、人生のターニングポイントを盛って、インパクトのあるエピソードにしたとしても、面接官の質問意図とは異なるのです。

僕の経験上、エピソードを盛る学生は多く、決して盛ってはいけないわけではありませんが、面接官の質問意図を理解して答えることを心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点②:長くしゃべりすぎない(簡潔に答える)

「人生のターニングポイント」を伝える時の注意点の2つ目は「長くしゃべりすぎない」です。

人生のターニングポイントを語るときには、どうしても熱が入ってしまい、長く話してしまう傾向があります。(僕もそうでした笑)

長々と話しても、面接官からすれば当事者意識を持つことができません。

あくまで、面接官は学生の人間性を知りたいのです。

そのため、1分程度で端的に伝えることを意識しましょう。

皆さんも、一方的に長々と話されても聞くことがしんどくなってきますよね笑

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法

就活生ちゃん

コウキさん。どれだけ自己分析をしても「人生のターニングポイント」が無いです。

助けてください・・・

わかりました。確かに「人生のターニングポイント」を見つけることって難しいですよね。

そんな皆さんに、「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法
  • 対処法①:自己分析をやり直してみる
  • 対処法②:両親や友人に聞いてみる
  • 対処法③:日常のささいな出来事に注目してみる

それでは、「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

対処法①:自己分析をやり直してみる

「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法の1つ目は、「自己分析をやり直してみる」です。

人生のターニングポイントを見つける効果的な方法は自己分析です。

やはり、自分の過去について振り返らなければ、人生のターニングポイントはわかりません。

人生のターニングポイントは人それぞれで、幼稚園の頃の人もいれば、僕のように数年以内の人もいます。

そのため、人生を振り返ることで、人生のターニングポイントを見つけるきっかけを見つけることができるのです。

自己分析をやることにより、1つだと思っていた人生のターニングポイントがいくつも出てくるかもしれませんよ!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

対処法②:両親や友人に聞いてみる

「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法の2つ目は、「両親や友人に聞いてみる」です。

今まで気づいていなかったことを、自分の人生を客観的に、第3社の目線で見ることによって、新たな発見があるかもしれません。

「人生のターニングポイント」を聞くのに適しているのが、生まれてからずっと一緒にいる両親や、小さなころから知っている友人が適しています。

僕も自己分析に行き詰ったときは、両親や幼馴染に相談していました!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

対処法③:日常のささいな出来事に注目してみる

「人生のターニングポイント」が見つからない時の対処法の3つ目は、「日常のささいな出来事に注目してみる」です。

人生のターニングポイントと聞けば、必ずしも大きな出来事だと思っていませんか。

実はそんなことはありません。

「就活の教科書」編集部 コウキ

人生のターニングポイントは一人一人がそれぞれ異なっており、高校受験などの大きな出来事が人生のターニングポイントの人もいれば、小さなころに通っていた習い事や友達とした何気ない会話が人生のターニングポイントの人もいます。

そのため、大きな出来事だけに捉われず、日常のささいな出来事に着眼点を置き、考えることで、人生のターニングポイントを見つけることができるのではないでしょうか。

就活生ちゃん

なるほど!ずっと大学受験など、大きな出来事ばかりに意識を置いて考えていましたが、何気ない日常の中にも人生のターニングポイントがあるんですね!

就活生くん

ずっと人生のターニングポイントが分からなかったけど、今の話を聞いて、小学一年生の時に初めてハンバーグを作った経験が僕の人生のターニングポイントだということが分かりました!

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:「人生のターニングポイント」は人間性を簡潔に伝えよう!

さていかがだったでしょうか。

今回は面接で「人生のターニングポイント」を聞かれたときの質問意図から回答例までを解説してきました!

今回の記事をおさらいしておきます。

今回のまとめ

「人生のターニングポイント」の質問意図

  • 質問意図①:ミスマッチを防ぐため
  • 質問意図②:入社後の行動を予測するため

「人生のターニングポイント」を伝える時のポイント

  • ポイント①:成長過程をアピールする
  • ポイント②:変化した価値観を明確に伝える
  • ポイント③:困難に対して努力したエピソードで面接官に好印象を与える

「人生のターニングポイント」は自己分析により自分の過去について振り返ろう!

「人生のターニングポイント」について面接官が質問する意図を理解し、自身が「どのように成長したのか」端的にわかりやすく伝えましょう!

この記事を読んだあなたは、もう「人生のターニングポイント」について質問されても大丈夫ですね!

就活生くん

「人生のターニングポイント」が中々見つかりませんでしたが、自己分析を行い、しっかりと準備していきたいと思います!

就活生ちゃん

今までは「人生のターニングポイント」の経験談を言っているだけでしたが、その経験から自分が「どのような人間なのか」を伝えていこうと思います!

「就活の教科書」では内定者ライターや現役の就活ライターがリアルな就職活動の情報を解説しています。

ぜひほかの記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 コウキ