【売上/年収別】大手広告制作会社のランキング一覧 | 仕事内容,向いている人の特徴も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • そもそも広告制作会社とは
  • 広告制作会社年収ランキング・売上ランキング
  • 広告制作会社の仕事は2種類ある
  • 広告制作会社の仕事に向いている人はクリエイティブな事が好きな人
  • 広告制作会社がブラックと呼ばれる理由は、納期が厳しいから
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

皆さんこんにちは。就活の教科書編集部の竹井です。

この記事では、広告制作会社の年収・売上ランキングについて解説します。

ところで、就活生の皆さんは広告制作会社に興味はありますか?

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

僕は、広告制作会社に興味があります!

でも、広告制作会社の業界のことについてあまり知らないです・・・

大手広告制作会社の売上や年収のランキングが知りたいです。

就活生ちゃん

私も、広告制作会社に興味があるんですけど、、

広告制作会社ってよくブラックって聞くじゃないですか、、

少し不安なんです。

そうですよね。

意外と広告制作会社業界について知らないですよね。

ただブラック企業が多いっていうイメージだけが先走っちゃいますよね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

そこでこの記事では、「広告制作会社の年収・売上ランキング一覧」について詳しく解説します。

さらに、広告制作会社の仕事内容、大手広告制作会社について詳しく解説します。

そして最後に、「なぜ広告制作会社はブラック企業のイメージがあるのか」についても解説します。

この記事を読めば、広告制作会社のことについて深く知ることができます!

広告制作会社に興味のある就活生は、是非最後まで読んでくださいね!

どの業界を選べば良いのかわからない…自分に合う業界や企業を見つけたい!」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、業界選びでの失敗を避けられます。

「なかなか志望業界が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

そもそも広告制作会社とは?

そもそも、就活生の皆さんは、広告制作会社とはどんな会社か知っていますか?

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

広告を制作する会社だということはわかりますが、意外と詳しく知らないです!

就活生ちゃん

私も、詳しく知らないです。

広告代理店との違いも知らないです!

ぼんやりと、広告を制作する企業ということはわかると思いますが、仕事内容や広告代理店との違いなどはあまり知らないですよね。

まずは、広告制作会社の仕事内容から一緒に見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

広告制作会社の仕事内容

広告制作会社の仕事内容は、主に5つの役割に分けられます。

その中でも、「ディレクター職「クリエイティブ職」に分けることができます。

広告制作会社のそれぞれの仕事内容について、詳しく解説します。

 

広告制作会社の仕事内容

◆ディレクター職

  • クリエイティブディレクター⇒案件の全体の責任者
  • アートディレクター    ⇒案件のビジュアル制作の責任者

◆クリエイティブ職

  • グラフィックデザイナー  ⇒紙媒体のデザイン制作
  • Webデザイナー      ⇒Web上のデザイン制作
  • コピーライター      ⇒キャッチコピーなど、言葉を制作

仕事内容について詳しく知りたい就活生は記事の後半で詳しく説明しているので、読んでみてください。

>>広告制作会社の職種を詳しく見てみる

 

広告制作会社に向いている人

就活生くん

こんなにたくさんの仕事が広告制作会社にはあるんですね!

広告制作会社に興味があるんですけど、僕はこの仕事に向いているんですかね?

広告制作会社の仕事はとても多いんです!

これほど多いと、自分が広告制作会社の仕事に向いているか気になりますよね。

これから、どんな人が広告制作会社に向いているか解説しますね!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

広告制作会社に向いている人
  • クリエイティブな作業が好きな人
  • 頭の中が、常に稼働状態でも大丈夫な人

 

広告制作会社に向いている人の特徴は2つあります。

 

広告制作会社に向いている人の特徴1つ目は、「クリエイティブな作業が好き」です。

広告制作会社で働いていると、ディレクター職など本来クリエイティブな仕事に関わらない役割であったとしても、デザインの仕事や、キャッチコピーの開発などクリエイティブな仕事を行うことは少なくありません。

クリエイティブな仕事をする上で、様々な専門知識が必要になりますが、それ以上にあなた自身が、「クリエイティブな作業が好きかどうか」がとても重要になるのです。

 

広告制作会社に向いている人の特徴2つ目は、「頭の中が、常に稼働状態でも大丈夫」です。

広告制作会社の仕事は、膨大な仕事量に追われていることが多いです。

そのため、休日でも頭の中では常にアイデアを練っているような状態になることもあります。

良い企画を出すためには睡眠時間やプライベートの時間をけずってもいいなど、それくらい労力を惜しまないタイプでなければ、仕事が苦痛になってしまうかもしれません。

広告制作会社の仕事はとても大変だということが分かりますよね・・・

しかし、マイナスな面だけではありません。

仕事が大変である代わりに、広告制作会社はお給料がいいんです!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

これから、広告制作会社の売り上げと年収のランキングを発表します!

ランキング上位の広告制作会社についても解説しますね。

 

【売上編】広告制作会社ランキング一覧

広告制作会社の売上ランキング(2019-2020年)20位まで一気に発表します!

「就活の教科書」編集部 竹井

順位 企業名 売上高(億円)
1 電通グループ 51,468
2 博報堂DY DH 14,662
3 サイバーエージェント   2,481
4 東急 915
5 オプト 899
6 アドウェイズ 373
7 GMOアドパートナーズ 345
8 ファンコミュニケーションズ 342
9 インタースペース 276
10 バリューコマース 256
11 クイック 210
12 ホープ 144
13 サイネックス 138
14 ゲンダイエージェンシー 111
15 レントラックス 95
16 セーラー広告 82
17 中広 69
18 プラップジャパン 61
19 共同ピーアール 57
20 日宣 50

※売上ランキング(2019-2020年)は上記企業の有価証券報告書に基づくものです。

ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましては全ての企業を反映したものではありません。

1、2位は電通グループと博報堂が不動ですが、サイバーエージェントやバリューコマースが順位を上げてきています。

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

サイバーエージェントは僕も知っています!

AbemaTVとか有名ですよね。

そうなんです。

近年、「ネット広告」を手掛けている企業が伸びてきています。

では、この売上のランキングを踏まえて年収ランキングを見てみましょう!

「就活の教科書」編集部 竹井

どのような会社なのか意外と知らないですよね。

次に広告制作会社の平均年収ランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

【年収編】広告制作会社ランキング一覧

広告制作会社の平均年収ランキングTOP20(2019-2020年)を一気に発表します!

「就活の教科書」編集部 竹井

順位 企業名 平均年収(万円)
1 電通グループ 1,168
2 博報堂DY DH 1,078
3 東急 770
4 オプト 692
5 サイバーエージェント 681
6 バリューコマース 599
7 プラップジャパン 599
8 共同ピーアール 590
9 アドウェイズ 581
10 クイック 572
11 ゲンダイエージェンシー 559
12 日宣 511
13 GMOアドパートナーズ 545
14 インタースペース 527
15 セーラー広告 521
16 ファンコミュニケーションズ 506
17 中広 436
18 ホープ 435
19 レントラックス 428
20 サイネックス 422

※平均年収ランキング(2019-2020年)は上記企業の有価証券報告書に基づくものです。

ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましては全ての企業を反映したものではありません。

 

電通グループをはじめ、広告制作会社の平均年収は、他の業界と比較して高いことが分かりますね!

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生ちゃん

高いということはなんとなく知っていましたが、これほど高いとは知りませんでした!

どのような会社なのか意外と知らないですよね。

これから、広告制作会社の大手企業について、詳しく解説していきます。

一覧にしているので、興味のある企業はこの機会にチェックしておいてください!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】広告制作会社ランキング大手企業一覧

就活生くん

広告制作会社の売上と平均年収のランキングはわかりました。

でも、業界1位の電通グループでもどのような会社なんでしょうか?

意外と知らないですよね。

これからそれぞれの大手広告制作会社について、一緒に見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

これから、広告制作会社ランキング大手企業のことを詳しく解説していきます。

それぞれの大手広告制作会社の基本情報、社風、特徴、強みを一覧にしました。

興味のある企業はこの機会にチェックしておいてください!

ではまず、売上と平均年収が業界の1位電通グループから順番に解説していきます。

 

企業①:電通

まず初めに業界1位の広告制作会社大手の電通について詳しく解説します!

「就活の教科書」編集部 竹井

電通の企業情報

基本情報

  • 平均年収:1,168万円
  • 売上  :51,468億円
  • 従業員数:62,608人 (2018年)

社風

  • 体育会系
  • 上下関係がはっきりしている
  • 若手に裁量権がある
  • 個々の成長スピードが速い

特徴

  • 広告業界で日本最大の売上
  • クライアント数が世界5位
  • クライアントとの長期関係を保持
  • クライアントは企業の他に政党や官公庁など幅広い

強み

  • 世界を網羅する強力なネットワーク
  • 国内でのマスメディアのシェア率が高い

電通は、米国、中国に次ぐ世界第3位の広告市場である日本において、最大の売上があり、クライアント数が圧倒的に多いことが特徴です。

また、国内でのマスメディアのシェア率が圧倒的に高いことが電通の強みです。

誰もがしる電通グループは世界的に見ても非常に影響力のある企業です。

部署によっては非常に多忙で業務量も多いですが、その分平均年収も高いですね。

部署によりますが、体育会系の社風が強いため、合う人と合わない人が分かれます。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業②:博報堂

続いて、業界2位の広告制作会社大手の博報堂について詳しく解説します!

「就活の教科書」編集部 竹井

博報堂の企業情報

基本情報

  • 平均年収:1,078万円
  • 売上  :14,662億円
  • 従業員数:18,837人 (2018年)

社風

  • 非常に自由で風通しが良い
  • 年功序列を重んじていない
  • 若手でも自由に仕事を任せてもらえる

特徴

  • 日本の広告業界で2位の企業
  • データに基づいた広告提案を行う
  • 人材育成にも力を入れていている
  • 数多くの有名クリエイターを輩出している

強み

  • 個々のクリエイティブ力が高い
  • 優れた人材育成能力を持っている
  • データに基づいた広告策の提案にも定評がある

博報堂は、人材育成にも力を入れており、HAKUHODO UNIV.という企業内大学を持っています。

資生堂の「TSUBAKI」のデザインを手がけた大貫卓也氏オリンピックのロゴで話題になった佐野研二郎氏ユニクロのロゴをデザインした佐藤可士和氏など数多くの有名クリエイターを排出しています。

非常に自由な社風のイメージがありますよね。

数々の有名なクリエイターを排出しているところからも、人材育成能力が高いことが分かります。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業③:サイバーエージェント

3社目の近年成長を遂げている大手広告制作会社サイバーエージェントについて詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

基本情報

  • 平均年収:681万円
  • 売上  :2,481億円
  • 従業員数:5,282人 (2019年)

社風

  • 上下関係や仲間意識が非常に重要視される体育会系の社風
  • モチベーションを上げるための工夫やイベントも多い
  • 仲間意識が強く、社内のコミュニケーションは多い

特徴

  • 若手社員が目立つポジションに積極的に配置される
  • 広告事業・ゲーム事業が強い
  • インターネット広告市場では営業利益でNo.1
  • その他、様々な事業も展開してる

強み

  • 「新卒社長制度」があり、若手の人材育成能力が非常に高い
  • インターネット広告事業が非常に強い
  • ゲーム事業の売り上げが安定している
  • 「AIラボ」などの開発力が近年向上している

AbemaTVなどのサービスを行っている会社です。

近年は、べンチャー投資ファンドや、クラウドソーシング、プログラミング学習事業なども手掛けており、急成長を遂げています。

サイバーエージェントといえば、以前に社員でAKB48のフォーチュンクッキーを踊った動画で話題になりました。

仲間での成長意欲が高く、コミュニケーションの多い会社です。

1人で黙々と働きたいと思う人には、合わないかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業④:ADK

4社目大手広告制作会社のADKについて詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

ADKの企業情報

基本情報

  • 平均年収:792万円
  • 売上  :3,126億円
  • 従業員数:270人

社風

  • 穏やかな性格の人が多い
  • 営業接待でも、一次会で帰宅するなど、家庭を大事にする人が多い

特徴

  • アニメコンテンツ発信が強い
  • 有名作品の製作に携わっている
  • 穏やかな社風

強み

  • アニメコンテンツ配信が強い
  • ルイ・ヴィトンなどのファッションブランド広告を請け負っている

ドラえもんクレヨンしんちゃんワンピース仮面ライダーといった有名作品の製作に携わっています。

とても穏やかな社風ということで業界内でも有名です。

広告制作会社のイメージが崩れるような社風を持っていることが特徴です。

家庭を特に大切にしたいと思う人には合っているかもしれません。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業⑤:セプテーニ

5社目大手広告制作会社のセプテーニについて解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

セプテーニの企業情報

基本情報

  • 平均年収:629万円
  • 売上  :153億円
  • 従業員数:1,124人 (2020年)

社風

  • 自らがチャンスを望めば、挑戦の機会がある
  • 「チームで成果を出す」という空気感
  • 個性を大切にしている

特徴

  • 人材採用コンサルティング事業からスタート
  • 「GANMA!」などの漫画家、メディアプラットフォームづくりを行うグループ会社を保有

◆強み

  • 新人育成に力を入れている
  • 広告から日本のビジネスの成長を支える企業
  • マンガコンテンツ事業をはじめとした新規事業への投資が充実している

一人ひとりの「アントレプレナーシップで世界を元気に」というグループ理念を掲げています。

「相性配属」というシステムを取り入れており、社員1人1人のパフォーマンスの最大化を目指しています。

チームプレイを心がけながらも、個性を大切にしているということが分かりますね。

「個性を発揮して自分らしく働きたい」という人にとっては魅力的な企業でしょう。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業⑥:JR東日本企画

では6社目大手広告制作会社のJR東日本企画について解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

JR東日本企画の企業情報

基本情報

  • 平均年収: 690.5万円
  • 売上  : 97.8億円
  • 従業員数:1,033人 (2020年)

社風

  • JR東日本のグループ企業ということもあり、保守的な社風
  • 年功序列が根付いている。

特徴

  • 交通媒体の販売管理も業務として行うため、会社として安定してる
  • 規模が小さいため一人で様々な業務をこなすことが多い
  • 出社しなくても業務が可能

強み

  • 従来の広告業務の枠を超えた複合的なコミュニケーション活動を展開出来る
  • 地域活性化させることができる

JR資産があるため、会社として安定しています。

さらに、資産とJRのマーケティングを使って複合的なコミュニケーション活動を展開することができます。

JR東日本企画は、大手広告制作会社に珍しい、地域に貢献することができる事業を行っています。

問題意識を持ち、その解決に向けた仕事を目指している人は、向いているかもしれません。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業⑦:大広

7社目大手広告制作会社の大広について解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

大広の企業情報

基本情報

  • 平均年収:559万円
  • 売上  :1,571億円
  • 従業員数:800人 (2020年)

社風

  • 自由に仕事ができる社風
  • 向上心を持った人はどんどん活躍の場が与えられる

特徴

  • 多種多様なビッグクライアントを抱えている
  • 自社メディアはないものの、国内4位の実績を誇る

強み

  • 世界4位に位置する「インターパブリックグループ(IPG)」と包括的な業務提携をしている
  • サントリーの人気アルコール商品の「ほろ酔い」を開発する力を持つ
  • “人”を重要視している

キューピー、サントリー、パナソニックなど様々な業界の大きなクライアントを抱えています。

また、サントリーのほろ酔いを開発するほどの力も持っています。

とても人を重要視している広告制作会社です。

大変な仕事ではありますが、大きな仕事をやり遂げた達成感を感じることができます。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業⑧:東急エージェンシー

8社目大手広告制作会社の東急エージェンシーを解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

東急エージェンシーの企業情報

基本情報

  • 平均年収:684万円
  • 売上  :1,063億円
  • 従業員数:1,033人 (2020年)

社風

  • とても温厚な社風
  • 年功序列が根付いている
  • 実力というよりは年齢が重要視される

特徴

  • 固定された顧客がいるため企業として安定している
  • 東急グループが強い

強み

  • 東急沿線を中心としたプロモーションが強い
  • 東急グループの百貨店との連携で商空間演出を含めたプロモーションにも強い

東急グループを最大限に生かしたプロモーションができることが強みです。

年功序列の風潮が根付いているのも、近年珍しいです。

東急グループの百貨店との連携で行う商空間演出を含むプロモーションなど、消費者の行動分析を生かせる仕事ですね!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業⑨:オプト

9社目大手広告制作会社のオプトを解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

オプトの企業情報

基本情報

  • 平均年収:692万円
  • 売上  :77億円
  • 従業員数:750人 (2020年)

社風

  • 平均年齢が若いため、エネルギッシュな社風
  • 真面目な人が多い

特徴

  • 業界に特化した専門チームが組まれている
  • 近年、海外進出支援なども含めたマーケティングサービスにも力を入れる

強み

  • 業界最大規模となる130名超の人員
  • 安定感のあるクライアントサポートを行える
  • あらゆるジャンルでサービスを提供できる

メディアや広告の特性に合わせ、リスティング広告やディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告の他、アフィリエイト広告や動画広告など、様々なジャンルでサービスを提供できることが強い大手企業です。

人員も豊富で、安定感があります。

積極的に海外進出をしている大手広告制作会社ということが分かりました。

海外相手に広告の仕事をしたい人は向いているかもしれません。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

企業⑩:アイレップ

では最後に、10社目の大手広告制作会社アイレップを解説していきます!

「就活の教科書」編集部 竹井

アイレップの企業情報

基本情報

  • 平均年収:694万円
  • 売上  :809.7億円
  • 従業員数:966人 (2020年)

社風

  • まじめで顧客視点の会社
  • 縦横風通しがよい

特徴

  • デジタルマーケティングのワンストップサービスを提供している
  • ベンチャー気質がある
  • 社員1人1人の仕事量は多めで、自己成長を実感できる

強み

  • インターネット広告やSEOが強い
  • デジタルとマーケティングに対する豊富な知見を持つ

大手広告制作会社ですが、ベンチャー企業気質がある企業です。

インターネット広告やSEOに定評があります。

アイレップは、大手広告制作会社ではありますが、ベンチャー企業気質があります。

自己成長を望んでいる人は向いているかもしれません。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因3つ

広告制作会社はよくブラック企業だと聞きますよね。

その理由ってご存知でしょうか?

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

広告制作会社はブラック企業ってよく聞きます・・

特に大手広告制作会社となると、もっと大変だとか。

でもなんででしょう?

就活生ちゃん

広告制作会社って体育会系のイメージが強いです。

大手広告制作会社は特に・・・

なぜなのか教えてください!

そうですよね。

では、これからなぜ広告制作会社がブラックと呼ばれるのか解説します!

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 竹井

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因3つ
  • 要因①:納期が厳しい
  • 要因②:クライアントの要望が多い
  • 要因③:仕事量が多い

それでは広告制作会社がブラックと呼ばれる要因3つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

要因①:納期が厳しい

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因1つ目は、納期が厳しいです。

広告業界は特に、コストを削減して利益を上げようとする傾向が強いです。

そのため、納期を短く設定されることがとても多いです。

さらに、広告制作会社の仕事は、出演キャストのスケジュールやクライアントの希望など、部署にもよりますが、とにかく自分たち以外の人に合わせて仕事をする職種です。

スケジュールを調整するためには土日も出勤する場合も少なくありません。

納期が厳しい上に、自分以外の人に合わせて仕事をする職種であるため、休みが少なくなり、結果広告制作会社はブラックと呼ばれるのです。

納期が厳しい上に、スケジュール調整が難しいとなると、休みが少なくなってしまうのは当然です。

そのため「広告制作会社はブラック」というイメージがついているんですね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

要因②:クライアントの要望が多い

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因2つ目は、クライアントの要望が多いです。

広告制作会社の仕事は、クライアントがあってこそ成立します。

広告を打ちたいとクライアントから広告制作会社が案件を受注し、広告の制作をするからです。

クライアントの要望に応えられずに、クライアントとの関係が解消されてしまうということは、仕事が無くなってしまうということです。

つまり、要望が多くとも、少々無茶な要望でも簡単に断ることはできません。

しかも、頻繁に要望を言ってくるクライアントもあります。時間帯を選ばずに連絡をしてくるクライアントもいます。

クライアントの要望が、広告制作会社は他業種の企業に比べて多いため、ブラックと呼ばれるのです。

広告制作会社にクライアントから、夜中の3時に連絡が入ったケースがあります。

広告制作会社は他業種の企業に比べてこのようなケースが多いため、ブラックと呼ばれるのです。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

要因③:仕事量が多い

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因3つ目は、仕事量が多いです。

この広告制作会社で、1つの仕事に集中して取りかかることは、大きな案件でない限りありません。

その上、クリエイティブな仕事のため、終わりがありません。

複数のプロジェクトを進行しながら、自らもクリエイティブな仕事をするという状況です。

そのため、どうしても仕事量が多くなり、結果広告制作会社はブラックと呼ばれるのです。

複数のプロジェクトを進行しているので、どうしても仕事量が多くなります。

その上、プロジェクトに対しての自分のこだわりも出てくるので、より忙しくなります。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

広告制作会社の職種

就活生くん

広告制作会社って就活生に人気だから僕も興味があります。
けど、広告制作会社にはどんな職種があるのかわかりません・・・。
広告制作会社の職種を詳しく教えてください!

わかりました!
広告制作会社の職種5つを詳しく解説します!
紹介する広告制作会社の職種は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 竹井

広告制作会社の職種5つ
  • 職種①:クリエイティブディレクター
  • 職種②:アートディレクター
  • 職種③:グラフィックデザイナー
  • 職種④:Webデザイナー
  • 職種⑤:コピーライター

では広告制作会社の職種についてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種①:クリエイティブディレクター

広告制作会社の職種1つ目は、「クリエイティブディレクター」です。

広告制作会社のクリエイティブディレクターの仕事内容は、営業と一緒にクライアントからのオリエンテーションを聞くところから始まります。

その後、クリエイティブ職に関わる全てを統括します。

案件を受注した後、アートディレクターやコピーライター(CD本人が兼ねることもある)にと連携します。

必要であれば外部のプロダクションや映像制作会社への依頼も行います。

このように、広告制作会社のクリエイティブ職に関わる全ての統括を行うのが、クリエイティブディレクターの仕事内容です。

クリエイティブディレクターは、広告制作会社の案件を作り上げる責任者の立ち位置です。

大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種②:アートディレクター

広告制作会社の職種2つ目は、「アートディレクター」です。

広告制作会社のアートディレクターの仕事内容は、案件のビジュアル制作を統括します。

まず、営業や案件の統括を行っているクリエイティブディレクターから案件をもらいます。

その後、「デザインの方向性を決めること」「外注先のクリエイターや部下のグラフィックデザイナーに制作の意図を伝えること」「ビジュアル表現の部分をクライアントにプレゼンする」などの業務に注力します。

そして、アイデアを形にするため、クリエイティブディレクターと共に、グラフィックデザイナーやコピーライターなどのスタッフと連携を取ります。

このように、広告制作会社の案件を形にするためのビジュアル制作を統括することが、アートディレクターの仕事内容です。

アートディレクターは、広告制作会社の案件を作り上げるビジュアル制作の責任者の立ち位置です。

大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

 

職種③:グラフィックデザイナー

広告制作会社の職種3つ目は、「グラフィックデザイナー」です。

広告制作会社のグラフィックデザイナーの仕事内容は、雑誌、ポスター、パンフレット、DM、CDジャケットなどの主に紙媒体のデザイン制作を行います。

クリエイティブディレクターやアートディレクターと共に案件を作り上げていきます。

紙媒体の案件の完成度は、このグラフィックデザイナーにかかっています。

様々な専門知識を使って、案件を完成させる仕事です。

グラフィックデザイナーは、デザイン制作を行います。

広告制作会社の仕事の醍醐味のような仕事です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種④:Webデザイナー

広告制作会社の職種4つ目は、「Webデザイナー」です。

広告制作会社のWebデザイナーの仕事内容は、Webサイトやホームページなどのデザイン制作を行います。

クリエイティブディレクターやアートディレクターと共に案件を作り上げていきます。

案件の完成度は、このWebデザイナーにかかっています。

様々な専門知識を使って、案件を完成させる仕事です。

Webデザイナーの仕事は、広告制作会社の案件を作り上げるクリエイティブ部門のWeb上のデザイン制作を行います。

様々な専門知識を必要としますが、広告制作会社の醍醐味のような仕事です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種⑤:コピーライター

広告制作会社の職種5つ目は、「コピーライター」です。

広告制作会社のコピーライターの仕事内容は、コンセプト開発から始まり、言葉に関するすべての部分を担当します。

キャッチコピーやボディコピーを書くことが主な仕事内容ですが、その前の段階の企画の提案や企画書の作成(クリエイティブ提案部分)などもコピーライターの仕事です。

このように、企画の提案や企画書の作成を含む、言葉に関するすべてがコピーライターの仕事内容です。

一言に広告制作会社といっても、様々な仕事の役割があります。

また、5つの他にも映像ディレクターカメラマンなどの役割もあるため、非常に多くの仕事があるのが、広告制作会社の特徴です!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:広告制作会社は年収が高いが仕事量は多い

この記事の「【最新版】大手広告制作会社のランキング一覧 | 仕事内容,向いている人の特徴も」は、いかがだったでしょうか?

このページでは、広告制作会社ランキング広告制作会社の詳しい大手企業を解説をしました。

さらに、広告制作会社がブラックと呼ばれる要因についても解説しました。

「就活の教科書」編集部 竹井

この記事をまとめると、以下の通りです。

今回の記事で学んだこと

そもそも、広告制作会社とは?

広告制作会社の仕事内容

  • クリエイティブディレクター
  • アートディレクター
  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • コピーライター

広告制作会社に向いている人

  • クリエイティブな作業が好きな人
  • 頭の中が、常に稼働状態でも大丈夫な人

広告制作会社がブラックと呼ばれる要因

  • 納期が厳しい
  • クライアントの要望が多い
  • 仕事量が多い

広告制作会社は年収が高いが仕事量は多いということについて解説してきました。

この記事を参考に、就職活動を頑張ってくださいね!

就活の教科書には、まだまだ就職活動に役立つ情報があるので、是非見てください!

「就活の教科書」編集部 竹井