>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】自己PRで強みをアピールする3つのポイント | 例文,違いも

【内定者が教える】自己PRで強みをアピールする時のポイント _ 例文,違いも

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、自己PRで強みをアピールする3つのポイントを解説します。
あなたは自己PRで強みをアピールする時に、うまく強みを話せず悩んだ経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

自己PRで強みをどう表現すれば良いのかわからず、面接でもうまく話せません。
自己PRで強みを話す時って、どうやってアピールすれば良いでしょうか?

就活生ちゃん

私は自己PRで優しい性格を話そうと考えているのですが、性格って自己PRで話しても良いんでしょうか。
自己PRで自分の性格を話しても、あまりアピールになっていない気もします…

自己PRで強みをどうやって話せば良いのか、悩む就活生は多いですよね。
また長所と短所は言い換えた方が良いのかも、就活生が必ず悩む内容です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、自己PRで強みをアピールする3つのポイントを解説します。

合わせて、自己PRで強みをアピールする例文や、自己PRと強みの違いも解説します。

この記事を読めば、「自己PRで強みを表現する方法がわからない…」と悩むこともなくなります。

「自己PRで強みを表現する方法を理解して、内定を獲得したい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

自己PRでは、あなたの強みをアピールしよう

就活生くん

そもそも、自己PRと強みって何が違うんですか?
自己PRではどんなことを話せば良いのか、知りたいです。

それでは初めに、自己PRと強みの違いについて、簡単におさらいしますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

特に違いはない

自己PRと強みには、特に違いはありません。

しかし、自己PRを作成するためには、強みが欠かせません。

なぜなら、自己PRで話すエピソードを裏付けるものとして、強みが必要となるからです。

したがって、自己PRを完成させるためには、そのエピソードを裏付ける強みが必要となります。

自己PRの書き方や、自己紹介との違いについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

自己PRで強みをアピールする例文

就活生くん

自己PRと強みの違いについて、理解できました。
しかし、実際に自己PRで強みをアピールするには、どうやって書けば良いかわかりません。

では次に、自己PRで強みをアピールする例文を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

自己PRで強みをアピールする例文
  • 例文①:コミュニケーション能力
  • 例文②:協調性
  • 例文③:リーダーシップ

それでは、自己PRで強みをアピールする例文を、それぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

例文①:コミュニケーション能力

私の強みは、コミュニケーション能力の高さです。
私は初めて会った人とすぐに打ち解けて、そのまま一緒にご飯に行けるほど、コミュニケーション能力が高いです。
このコミュニケーション能力の高さを活かして、貴社では営業職として働きたいです。

この例文は、結論から述べられていて良いですね。
結論から話すことで、これから話す内容を端的にイメージさせられます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

例文②:協調性

私の強みは、協調性があることです。
私は周りの意見を尊重でき、全員が納得できる意見にまとめられる協調性があります。
この協調性を活かして、貴社では周りの社員の意見をまとめ、チームとして成果を出せるよう尽力します。

この例文は、具体的なエピソードが述べられていて良いですね。
具体的なエピソードを述べることで、あなたの強みが実際に発揮される場面を、人事にイメージさせられます。

自己PRで”協調性”を魅力的に伝える方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

例文③:リーダーシップ

私の強みは、リーダーシップがあることです。
私は大学でサッカー部に所属しており、合計100人もの部員をまとめられるほどのリーダーシップがあります。
このリーダーシップを活かして、貴社ではマネージャーへと最速で昇進しますので、ぜひ部下の育成も任せていただきたいです。

この例文は、入社後に活かせる内容が述べられていて良いですね。
入社後に活躍してくれそうな印象を与えられるため、人事から高評価を得られるでしょう。

あなたの強みを面接やESで伝えたい人は、回答例文が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

自己PRで強みをアピールする時のポイント

就活生ちゃん

例文を読んで、自己PRで強みをアピールするイメージはできましたが、実際にどうやって書けば良いのかわかりません。
自己PRで強みをアピールする時のポイントを教えてください。

自己PRで強みをアピールする時のポイントは、次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

自己PRで強みをアピールする時のポイント
  • ポイント①:結論から書く
  • ポイント②:具体的なエピソードを書く
  • ポイント③:入社後に活かせる内容を書く

それでは、自己PRで強みをアピールする時のポイントをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ポイント①:結論から書く

自己PRで強みをアピールする時のポイント1つ目は、「結論から書く」です。

結論から書くことで、あなたの強みを人事にわかりやすく伝えられます。

例えば、「私の強みは、コミュニケーション能力の高さです。」のように、自己PRを結論から書きましょう。

自己PRではキーワードを意識すると、結論から端的にまとめることができますよ。

自己PRのキーワードについて知りたい人は、自己PRで使えるキーワード一覧が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ポイント②:具体的なエピソードを書く

自己PRで強みをアピールする時のポイント2つ目は、「具体的なエピソードを書く」です。

具体的なエピソードを書くことで、あなたの強みが発揮された場面を、人事にイメージさせられます。

例えば、「私は初めて会った人とすぐに打ち解けて、そのまま一緒にご飯に行けるほど、コミュニケーション能力が高いです。」のように、あなたの強みが発揮された、具体的なエピソードを書きましょう。

具体的なエピソードは、自己PRに説得力をつけるためにも欠かせません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ポイント③:入社後に活かせる内容を書く

自己PRで強みをアピールする時のポイント3つ目は、「入社後に活かせる内容を書く」です。

入社後に活かせる内容を書くことで、あなたの強みが入社後に発揮されるだろうと人事に思わせられます。

例えば、「このコミュニケーション能力の高さを活かして、貴社では営業職として働きたいです。」のように、入社後に活かせることを書きましょう。

これら3つのポイントを踏まえて自己PRを書けば、あなたの強みをうまくアピールできます。

自己PRがうまくできない場合の対処法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

自己PRと強みに関するよくある質問

自己PRと強みに関するよくある質問は、以下の4つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

自己PRと強みに関するよくある質問
  • 質問①:強みと弱みは言い換えた方が良い?
  • 質問②:強みがわからない場合はどうすれば良い?
  • 質問③:自己PRに性格は書いても良い?
  • 質問④:自己PRに弱みは書いた方が良い?

それでは、自己PRと強みに関するよくある質問をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問①:強みと弱みは言い換えた方が良い?

強みと弱みは、言い換えても、別々のものを用意しても、どちらでも構いません。

大切なのは、あなたの魅力を伝えることです。

ちなみに、エントリーシート「長所・短所」の書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問②:強みがわからない場合はどうすれば良い?

自分の強みがわからない場合は、身近な人に聞いてみましょう。

友達や親などの身近な人ほど、あなたの強みを理解しているはずです。

強みの見つけ方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問③:自己PRに性格は書いても良い?

自己PRに性格は書いても良いです。

例えば、「私の強みは、何事にも挑戦する性格です。」のように、前向きな性格を書くようにしましょう。

自己PRで強みを伝える時は、自分の性格や人間性を同時に伝えることも意識しましょう。

性格診断ツールのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ちなみに、エントリーシート「性格」の書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問④:自己PRに弱みは書いた方が良い?

自己PRに弱みを書く必要はありません。

なぜなら、自己PRはあなたの強みをアピールする機会だからです。

しかし、自分の弱みを把握しておくことも大切です。
自分の強みや弱みを把握するためには、自己分析を深めましょう。
自己分析のやり方や、アプリおすすめについて
は、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:自己PRであなたの強みをアピールして、内定につなげよう

この記事では、自己PRで強みをアピールする時のポイントを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、自己PRで強みをアピールする例文や、そもそも自己PRと強みの違いも解説しました。

この記事で学んだ内容は、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

自己PRで強みをアピールする時のポイントまとめ

自己PRと強みの違い

  • 特に違いはない

自己PRで強みをアピールする時のポイント

  • ポイント①:結論から書く
  • ポイント②:具体的なエピソードを書く
  • ポイント③:入社後に活かせる内容を書く

質問①:強みと弱みは言い換えた方が良い?

  • 言い換えても、別々のものを用意しても、どちらでも良い

質問②:強みがわからない場合はどうすれば良い?

  • 身近な人に、自分の強みを聞いてみる

質問③:自己PRに性格は書いても良い?

  • 書いても良い

質問④:自己PRに弱みは書いた方が良い?

  • 書かなくて良い

自己PRは、あなたの強みを人事にアピールできる良い機会です。
自己分析をして、自分の強みを把握し、うまく自己PRできるように対策しておきましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

自己PRに関する他の質問は、以下の記事にて紹介しています。

合わせて読んでみてくださいね。