>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【何時間かける?】企業研究にかけるべき時間は1日 | 企業研究の具体的なやり方3つも

この記事でわかること
  • 企業研究にかける時間は1日~2日がベスト
  • 企業研究に時間をかける理由はライバルと差別化するため
  • 企業研究にかける時間を短縮する方法は、他業界・他企業との差別化を考えること
皆さんこんにちは。就活の教科書の潤です。
この記事では、「企業研究にどれくらい時間をかけるべきか」について解説していきます。
就活生の皆さんは、「企業研究にどれくらい時間をかけたら良いのか」について悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

サークルの先輩が「企業研究を全くしていなかったから落ちた」って言ってたな・・・

就活生ちゃん

もうすぐ就活が始まるけど、どれくらいの時間をかけて企業研究をしたら良いのかな?
企業研究に使う時間は2時間とかで十分なのかな?
企業研究にどれくらい時間をかけるべきなのかわからないですよね。
でも、企業研究に時間をかけることでライバルと差別化できます。

「就活の教科書」編集部 潤

そこでこの記事では、企業研究にかける時間について解説していきます。

合わせて、企業研究に時間をかけるべき理由企業研究の時間を短縮するやり方についても紹介します。

この記事を読めば、「企業研究にどれくらい時間をかけるべきなのか」がわかります。

企業研究にかける時間や企業研究の大切さを知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

企業研究にかける時間はどれくらい?【結論:1日~2日】

就活生くん

そろそろ就活をしないといけないのですが、企業研究にかける時間はどれくらいなのでしょうか。
教えてほしいです。
はい、企業研究にかける時間は、第一志望の企業なら1日~2日くらいがベストです。

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

えっ!そんなに時間をかけるのですか?!
はい、1日~2日かけてじっくり企業研究をしてください。
本命以外の企業なら半日~1日くらい時間をかけてください。

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

なぜ、企業研究にそんなに時間をかけるのでしょうか?
企業研究に時間をかける理由は、単純にライバルに勝つためです。
詳しいことはこれから解説するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

はい、わかりました!最後まで読んでみます。
ありがとうございます。

まず最初は、企業研究に時間をかけるべき5つの理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業研究に時間をかけるべき5つの理由

就活生くん

企業研究に1日~2日ほどの時間をかけたほうが良いことがわかりました。
では、企業研究に時間をかけるべき理由を教えてください。
企業研究に時間をかけるべき理由は、次の5つです。

「就活の教科書」編集部 潤

企業研究に時間をかけるべき5つの理由

理由①:1時間や2時間の企業研究ではライバルに負けるから

理由②:企業研究に1日~2日かけるとかなり細かい情報がわかるから

理由③:企業の過去・現在・未来が把握できるから

理由④:エントリーシートが書きやすくなるから

理由⑤:入社後のミスマッチを極限まで減らせるから

5つの理由をそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由①:1時間や2時間の企業研究ではライバルに負けるから

企業研究に時間をかけるべき1つ目の理由は「1時間や2時間の企業研究ではライバルに負けるから」です。

企業研究にかける時間を短くしてしまうと、内定を取るために戦う他の就活生に負けてしまいます。

なぜなら、他の就活生と差別化できないからです。

同じ企業に受ける就活生の大半は企業HPくらいしか目を通していないので、短時間の企業研究をしてしまうと、周りと差がない状態になります。

そのため、1時間や2時間の企業研究はNGです。

短時間の企業研究では、企業HPの内容しか把握できません。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:企業研究に1日~2日かけるとかなり細かい情報がわかるから

企業研究に時間をかけるべき2つ目の理由は「企業研究に1日~2日かけるとかなり細かい情報がわかるから」です。

企業研究に時間をかけるほど、企業の細かい内容がわかるようになります。

例えば、企業のHPを3時間くらいかけてじっくり読んだり、口コミや他社との比較など、できることはたくさんあります。

逆に短時間の企業研究では「他社と比較して考える」なんてことはできません。

そのため、企業研究を1日~2日ほどの時間をかけることで企業HP以外の情報を知れたり、同じ企業を志望している他の就活生とも差別化できます。

企業研究は時間をかければかけるほど詳しいことがわかるので、ライバルに勝てる可能性が高くなります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由③:企業の過去・現在・未来を把握できるから

企業研究に時間をかけるべき3つ目の理由は「企業の過去・現在・未来が把握できるから」です。

企業研究に時間をかけることで、志望している企業の過去から未来までを把握できます。

企業の過去から現在を知るには、企業HPの「社史」を見ると、未来を知るには企業HPの「IR情報」を見るとわかります。

「社史」は企業の歴史で、「IR情報」は上場企業の投資家に対する広報活動です。

企業の過去から未来を見ることで、志望している企業がこれから伸びそうかそうでないかを見分けられます。

自分が入社した企業がすぐ倒産したら嫌ですよね。

なので、企業の歴史と未来を把握するために企業研究に時間をかけることをおすすめします。

企業研究に時間をかけるだけで、業績が悪化する可能性が高い企業も見分けられます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由④:エントリーシートが書きやすくなるから

企業研究に時間をかけるべき4つ目の理由は「エントリーシートが書きやすくなるから」です。

企業研究に時間をかけることで、エントリーシートが書きやすくなります。

なぜなら、企業研究をじっくり行うと志望動機が信憑性のあるものになり、志望する熱意が伝わるからです。

企業のどこに魅力を持ち、他社と比較して優れていることは何かなど、企業研究に時間をかけたからこそわかるものが多くあります。

そのため、企業研究に時間をかけることで志望動機などが書きやすくなり、結果的にエントリーシートも書きやすくなります。

企業研究に時間をかけると、より深い志望動機を書けるようになります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由⑤:入社後のミスマッチを極限まで減らせるから

企業研究に時間をかけるべき5つ目の理由は「入社後のミスマッチを極限まで減らせるから」です。

企業研究に時間をかけることで、入社した後の企業ミスマッチを防ぐことができます。

企業研究に時間をかけると志望している企業だけでなく、他社の企業他の業界のことも研究できるので、入社した後に、

就活生くん

あの企業にエントリーしておけばよかった・・・

と後悔することを防げます。

逆に企業研究の時間が短い場合、他社の企業を調べていないことが多いので企業ミスマッチを起こす可能性が高まります。

そのため、自分の将来を決める就活だからこそ、企業研究には十分な時間をかけてみてください。

企業研究に時間をかけるとたくさんのメリットがあります。

次に、企業研究の時間を短縮する方法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業研究にかける時間を短縮する3つの方法【企業研究のやり方】

就活生ちゃん

企業研究をする時間が本当に無くて困っています・・・
企業研究にかける時間を短縮する方法や、最低限しておけばよい企業研究のやり方などがあれば教えて欲しいです。
本来なら第一志望の企業には1日~2日ほどの時間を使ってほしいですが、本当に時間が無いのなら仕方がないですね。
わかりました、企業研究にかける時間を短縮する方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

企業研究にかける時間を短縮する3つの方法

方法①:「なぜ他の業界じゃないの?」の回答を考えながら行う

方法②:「なぜここの企業を選んだの?」の回答を考えながら行う

方法③:最低限の情報を確認する

3つの方法をそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法①:「なぜ他の業界じゃないの?」の回答を考えながら行う

企業研究にかける時間を短縮する1つ目の方法は「なぜ他の業界じゃないの?」の回答を考えながら行うことです。

面接でよく、

なぜ他の業界ではなく、私たちの〇〇業界を選んだの?

人事さん

と聞かれます。

この「なぜ他の業界じゃないの?」と聞かれた時に、

就活生くん

〇〇業界は将来性があるからです。

のように答えてしまうと、普通に落とされます。

一方で、

就活生くん

私は、△△をしたいと考え、〇〇業界を志望致しました。学生時代の時に・・・

というように回答すると、面接官に「この就活生は本気だ」と思わせられます。

そのため、「他の業界と何が違うのか」を常に考えて企業研究を行うと、無駄な情報を調べなくても良いので結果的に時間も短縮されます。

「他の業界との相違点」「なぜ〇〇の業界を志望しているのか」を考えながら企業研究を行ってみてください。

そして、企業/業界の選び方に困った人は下記の記事を読んで早いうちから対策しておくことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法②:「なぜここの企業を選んだの?」の回答を考えながら行う

企業研究にかける時間を短縮する2つ目の方法は「なぜここの企業を選んだの?」の回答を考えながら行うことです。

方法①の「なぜ他の業界じゃないの?」と同様に面接では、

なぜ他の競合会社ではなくて、この企業を選んだの?

人事さん

と聞かれることが多いです。

もし、「なぜここの企業を選んだの?」の質問に対して、

就活生くん

御社の〇〇という企業理念に共感したからです。

というように回答してしまうと、おそらく落とされます。

しかし、

就活生くん

御社の〇〇という企業理念に共感したからです。なぜなら、私は学生時代に〇〇を経験して・・・

というように答えていくと、自分の過去の経験談をもとに「共感した」根拠を具体的に示せるので、落とされにくくなります。

そのため、企業のどこに魅力を持ち、なぜ魅力を持ったのか、その魅力に対して自分はどう感じているのかなど、自分の体験談を交えながら根拠を具体化させることを常に考えながら企業研究を行ってみてください。

そして、下記の記事を読めば、面接官に評価される志望動機の作り方や伝える上でのコツを把握できます。

志望動機に関して自信がない方はこの機会にぜひ読むことをおすすめします。

 

方法③:最低限の情報を確認する

企業研究にかける時間を短縮する3つ目の方法は「最低限の情報を確認する」ことです。

志望している企業や他社のHPを見て最低限の情報を確認するようにしましょう。

最低限の情報は、次のようなものです。

最低限確認すべき情報
  • 会社概要
  • 経営方針・理念
  • 代表者挨拶
  • 事業内容
  • 商品・サービス
  • 業績
  • ターゲット・市場
  • 企業の強み
  • 求めている人材
  • IR情報

それなりに企業研究をしておかないと面接で話の食い違いが起こる可能性があります。

そのため、企業研究をする時間がどうしてもない就活生は、上に書いてある情報だけは最低限調べておいてください。

最低限確認すべき情報を書きましたが、企業研究にはできるだけ時間をかけて、他社との違いなども自分で研究するようにしておくことをおすすめします。

下記の記事では、他者との比較のやり方を解説しています。

他者比較が苦手な学生はぜひ合わせて読んでおきましょう。

「就活の教科書」編集部 潤

 

まとめ:企業研究で大切なのは自分が納得するまで時間をかけること

いかがだったでしょうか。

今回は「企業研究にどれくらいの時間をかけるべきなのか」について解説しました。

第一志望の企業を研究する時は、1日~2日くらいの時間をかけて研究してみてくださいね。

最後に、この記事のまとめを書いておきます。

この記事のまとめ

◆企業研究にかける時間はどれくらい?【結論:1日~2日】

◆企業研究に時間をかけるべき5つの理由

  • 理由①:1時間や2時間の企業研究ではライバルに負けるから
  • 理由②:企業研究に1日~2日かけるとかなり細かい情報がわかるから
  • 理由③:企業の過去・現在・未来を把握できるから
  • 理由④:エントリーシートが書きやすくなるから
  • 理由⑤:入社後のミスマッチを極限まで減らせるから

◆ 企業研究にかける時間を短縮する3つの方法【企業研究のやり方】

  • 方法①:「なぜ他の業界じゃないの?」の回答を考えながら行う
  • 方法②:「なぜここの企業を選んだの?」の回答を考えながら行う
  • 方法③:最低限の情報を確認する

◆まとめ:企業研究で大切なのは自分が納得するまで時間をかけること

企業研究に時間をかけることは、かなり重要なことです。
企業研究に時間をかければかけるほど、より深い情報をを知ることができ、面接官に評価してもらえたりエントリーシートが書きやすくなったり、良いことがたくさんあります。
また、同じ企業を志望しているライバルとの差別化もできます。
そのため、第一志望の企業を研究する時は、1日~2日ほど時間をかけて本気で企業研究を行ってみてください。

「就活の教科書」編集部 潤