>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【内定者が教える】グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴|対策方法は?

グループディスカッション

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です!
今や、新卒採用をしている企業の6割が選考に取り入れている「グループディスカッション(GD)」。

ただ、グループディスカッションって難しいですよね。
「議論がうまく進められない」「頑張って発言するけど落ちてしまう」など、グループディスカッションで苦しんでいる就活生も多いと思います。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生くん

何度受けてもグループディスカッション選考に落ちてしまう・・・。
積極的に意見を出しているはずです。僕の何が良くないのか原因が分かりません。

就活生ちゃん

対策をしたのにも関わらず、またグループディスカッションで落ちました。
結局、グループディスカッションってどこが見られてるの?

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の松村が、

グループディスカッション選考で落ちる理由/原因をお伝えし、落ちやすい人の特徴と対策方法をまとめました。

グループディスカッションは、「積極的に意見を言えば受かる」「周りの邪魔をしなければ落ちない」という訳ではありません。

ただ本質を理解して、落ちる人のパターンを避ければ、グループディスカッションの通過はそれほど難しくないはずです。

 

この記事を読めば、自分がグループディスカッションでなぜ落ちるのか、どうやって対策ればいいのかという悩みを解決できます。

「いつもグループディスカッションで落ちる方」「グループディスカッションが苦手」「これからグループディスカッションを対策していきたい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

グループディスカッションの対策方法はこちらの記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。

【就活内定者が教える】グループディスカッション対策 徹底まとめ | GD講座,セミナーは必要?

 

グループディスカッション(GD)で落ちる理由はたった一つ

結論から言いますが、グループディスカッション(GD)で落ちる本質的な原因はただ一つ、「チームの議論に貢献できていない」からです。

「就活の教科書」編集部 松村

グループディスカッションにおいては、チームの議論にいかに貢献できたか」が最も重要な評価基準となります。

自分の意見を伝え、周りの意見を聞き、議論に積極的に参加しつつ、何らかの形でチーム・議論に貢献しましょう。

よく言われる「協調性」「論理性」「積極性」「リーダーシップ」「思考力」などのスキルは、チームの議論に貢献するためのツールです。

「論理的じゃないから」「リーダーシップを取れないから」というのは、グループディスカッションに落ちる本質的な理由ではありません。

 

就活生くん

「チームの議論への貢献ができていない」と言われても、具体的にグループディスカッションに落ちた原因が分かりません。
ですよね・・。
次は、グループディスカッションで落ちる人の原因を3つ紹介し、それぞれどのように対策すれば良いのかお教えしますね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

グループディスカッション(GD)で落ちる原因5つ

グループディスカッションで落ちる人には、共通の原因があります。

これから挙げる5つの原因はお題の難易度に関係ありません。

グループディスカッションが通過できない人は、自分に当てはまらないか確認してみてください。

GDで落ちる原因5つ
  • 原因①:何が評価されているか知らない
  • 原因②:足切り選考であることを知らない
  • 原因③:議論の流れを知らない
  • 原因④:役割を活用できていない
  • 原因⑤:コミュニケーションができていない

 

原因①:何が評価されているか知らない

まずはグループディスカッションが「学生の何を評価しているか」「選考フローでどういう役割なのか」を把握しましょう。

グループディスカッションも選考の一つなので、当然ESや面接とは異なった評価ポイントが存在します。

グループディスカッションは、エントリーシート(ES)やWebテスト(SPIなど)とは違い、コミュニケーション能力と思考力などを同時に評価されています

そのため、いかに熱い志望動機を考えていたとしても、基本的な能力がないと評価されると簡単に落とされてしまいます。

グループディスカッションは、足切り手段として、学生個人の基本的な能力を効率よく評価しています。

熱い志望動機があるのにグループディスカッションで落ちてしまうのはもったいないです。苦手意識のある人はしっかり対策をして臨みましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

グループディスカッションの詳しい評価基準については、こちらの記事で紹介しているので、こちらをご覧ください。

【就活内定者が教える】グループディスカッションの評価基準 | 評価ポイント/評価シートも公開!

 

原因②:足切り選考であることを知らない

グループディスカッションは、足切り手段として一定の基準に満たない応募者を落として、効率良く選考を進める目的で実施されています。

グループディスカッションが足切りとして利用される理由は、選考フローの中で序盤段階にあることからもわかります。

選考の序盤は学生の人数が多く、人事は一人ひとりとしっかり話し合う時間を取ることができません。

そこで、効率的に学生を評価できるグループディスカッションを選考序盤に入れています。

学生から人気のある有名企業ほど、選考にグループディスカッションを取り入れる傾向があります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

原因③:議論の流れを知らない

グループディスカッションで落ちる原因3つ目は、「議論の流れを知らない」です。

どこの企業のグループディスカッションにも共通するおおまかな流れがあります。

共通の流れを知らずに臨むとコテンパンにされるでしょう。

 

そもそもグループディスカッションは、社内会議を再現した選考のスタイルです。

そのため、人事は社内会議でどういう立ち振る舞いをするのかを注目します。

社内会議でもおおよその流れが存在するので、人事もグループディスカッションの流れに従って評価をしていきます。

そのため、流れを無視した発言は大幅に評価を下げられてしまいます。

同じグループに流れをわかっていない参加者がいたときは、あまり加担しないようにしましょう。

道連れにされる可能性があります。

話し合いを荒らし、進行を妨げる人のことを「クラッシャー」といいます。
クラッシャーの対処方法も知っておきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

グループディスカッションの流れがわからない人は、以下の記事で全体像を把握し、議論を有利に進めましょう。

https://reashu.com/group-discussion-nagare/

 

原因④:役割を活用できていない

グループディスカッションで落ちる原因4つ目は、「役割を活用できていない」です。

役割については、流れほど厳しく評価されることはありませんが、グループ内で振り当てられた役割を全うすると高く評価を受けやすいです。

ただ、グループディスカッションはグループ内のメンバーで話し合って回答を導き出すので、役割に集中しすぎて話し合いで活躍できていない人がたまにいます。

話し合いで意見を出している姿を評価されていることは忘れないでください。

 

自分がチームに貢献できる役割を見つけましょう。以下は「グループディスカッション役割」の記事についてまとめた記事です。

【就活内定者が教える】グループディスカッションの”役割”って何? 決め方, やるべきこと

 

原因⑤:コミュニケーション能力がない

グループディスカッションではコミュニケーション能力が非常に大切です。

コミュニケーション能力はどの選考でも必須ですが、グループディスカッションにおけるコミュニケーションの相手は複数人になります。

そのため、コミュニケーションに必要な要素も異なります。

コミュニケーション能力も社内会議に必要な能力です。

グループのみんなが気持ちよく話し合いを進められるような立ち振る舞いを意識しましょう。

 

グループディスカッションで落ちる人のコミュニケーションの特徴例を挙げておきます。

GDで落ちるコミュニケーション例
  • 暗い
  • 会話に入れない
  • 人の話を聞いていない
  • 協調性がない
  • 発言に根拠がない
  • 論破したがる

 

どの特徴も、実際に会議の場では好まれない振る舞いですよね。

普段からこのように振る舞っている人は特に注意が必要です。

お題について真剣になればなるほど、素の自分がでてきます。

有益な意見を出していたとしてもコミュニケーションがうまく取れないと、グループ内で賛同してもらえないこともあるので、コミュニケーションが非常に大切だということがわかります。

次は、グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 松村

 

グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴5つ

グループディスカッション(GD)で落ちないために、紹介した5つのパターンを理解し、対策しましょう。

加えて、グループディスカッションに落ちない方法として、グループディスカッションについてしっかり理解しておくという方針もあります。

グループディスカッション通過に役立つ記事を紹介しますので、これらの記事も参考にしてください。

 

グループディスカッションに落ちる人の特徴は、この5つです。

GDで落ちる人の特徴
  • 特徴①:話が長い
  • 特徴②:相手の意見を否定しすぎる
  • 特徴③:的外れな意見を主張する
  • 特徴④:自分の意見を主張しない
  • 特徴⑤:相手の意見に極端に同調する
それぞれの特徴の人がなぜグループディスカッションに落ちるのか、どのようにすれば落ちないのか、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴①:話が長い

グループディスカッションで落ちる理由の1つ目は、「話が長い」です。

制限時間が設けられているのにも関わらず、相手のことを考えずに一人長々と話してしまえば、チームの議論の妨げになります。

また、「協調性」がないと判断されてしまい落とされる原因になります。

 

特徴②:相手の意見を否定しすぎる

グループディスカッションで落ちる理由の2つ目は、「相手の意見を否定すぎる」です。

グループディスカッションでは、基本的に相手の意見を否定してはいけません。

人は自分の意見を否定されると、次に良い考えが思いついても発言できなくなってしまうからです。

たくさんアイデアを出すことが必要になってくる議論の中で、相手の意見を否定するということは、議論を止めてしまう原因になります。

 

特徴③:的外れな意見を主張する

グループディスカッションで落ちる理由の3つ目は、「的外れな意見を主張する」です。

それまでの話し合いの流れを止めて、話し合いとズレた意見を主張することも落ちる原因になります。

理由はもちろん、議論の妨げてしまい、チームに貢献できないからですね。

落ちる理由①②③は、積極的すぎる学生に多いパターンです。
頑張っているのにグループディスカッションに落ちてしまうという学生は、この3つを見直してみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴④:自分の意見を主張しない

グループディスカッションで落ちる理由の4つ目は、「自分の意見を主張しない」です。

自分の意見を主張しなければ、「議論に参加していない」と採用担当者に思われ、落とされる可能性があります。

白熱した議論に参加するのは気が引けますが、参加しなければ通過できません。

一歩踏み出して、「自分はこう考えます」と主張しましょう。

 

特徴⑤:相手の意見に極端に同調する

グループディスカッションで落ちる理由の5つ目は、「相手の意見に極端に同調する」です。

相手の意見に同調することは大切ですが、同調しすぎも良くありません。

自分の意見をしっかりと伝えなければ、「自分の考えがない学生」と採用担当者から判断され、落とされる可能性があります。

落ちる理由④⑤は、消極的すぎる学生に多いパターンです。
議論の邪魔はしていないのにグループディスカッションに落ちてしまうという学生は、この2つを見直してみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「グループディスカッションがどうしても苦手」という学生には、苦手克服方法を解説したこちらの記事が参考になります。合わせて読んでみてください。

【内定者直伝】グループディスカッションを苦手だと感じる理由5つ | 克服方法も

 

グループディスカッション(GD)で落ちる人はどう対策したらいいの?

自分にはグループディスカッションで落とされてしまう特徴があると気づいた方はどんどん対策をしていきましょう。

しかし、どこでどうやって対策すればいいのかわかりませんよね?

そんな就活生のために、グループディスカッションの対策方法を5つ紹介するので参考にしてください。

GDで落ちないための対策方法
  • 対策方法①:その場でフィードバックをもらう
  • 対策方法②:対策講座に参加する
  • 対策方法③:書籍で勉強する
  • 対策方法④:就活サイトで情報収集する
  • 対策方法⑤:友達同士で練習する

 

対策方法①:その場でフィードバックをもらう

実際の選考を受けると必ずグループディスカッションを評価している審査員がいます。

グループディスカッションが終わった後、自分のグループの審査員に聞きに行くとフィードバックをもらえることがあります。

フィードバックは対策講座や書籍とは違い、自分のための新鮮なアドバイスになります。

良かった点、悪かった点を記憶が新しいうちに反省できるので、次回に活かしやすいです。

 

企業の中にはグループディスカッションの後に、企業側からフィードバックを受けたいか提案してくれるところもあります。

そんな時は良いアドバイスをもらえる絶好チャンスなので積極的にフィードバックをもらいにいきましょう。

厳しいアドバイスほど自分のためになるので素直に受け止めましょう。

僕もフィードバックでボロボロに言われました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対策方法②:対策講座に参加する

グループディスカッションについて全く知らないという方は、まず対策講座に参加してみましょう。

対策講座では、グループディスカッションについて初歩の部分からテクニックまでを、グループディスカッションに詳しい講師が説明してくれます。

講師は就活を経験した内定者だったり、学生の就活を支援する社会人だったりします。

 

さらに、実際に人が集まるので、どういう流れで進めればよいか見せてくれる対策講座もあります。

自分が周りと比べてどれくらいグループディスカッションが得意なのかも測ることができて楽しいです。

本番ではないので気軽に参加できますし、ほとんどの講座が参加費無料です。

 

対策方法③:書籍で勉強する

書籍では、グループディスカッションについて網羅的かつ詳細にまとめてあります。

すべて読もうとすると時間がかかってしまいますが、気になった点を重点的に知りたいときにオススメです。

ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)

ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)

堀 公俊, 加藤 彰
1,840円(10/22 19:53時点)
発売日: 2009/12/05
Amazonの情報を掲載しています

 

対策方法④:就活サイトで情報収集する

就活サイトはいつどこでも見れるので便利です。

グループディスカッションがある選考会の前に短い時間で確認できます。

就活サイトは山ほどあるので、いくつか読んでおくことをおすすめします。

【就活内定者が教える】グループディスカッション対策 徹底まとめ | GD講座,セミナーは必要?

【GD無敗の内定者が教える】グループディスカッションの流れ/議論の進め方(具体例付き)

僕も選考会に向かう電車の中で見てました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対策方法⑤:友達同士で練習する

グループディスカッションに悩んでいるのはあなただけではありません。

就活仲間に相談してみて、練習の場を設けてみるのも良いです。

就活の息抜きになったり、モチベーションアップにつながったりします。

友達なのでわからないことも相談しやすいですよね。

僕は友達と実際のグループディスカッションがある選考会に行き、お互いの反省点を指摘し合いました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

 

まとめ:グループディスカッション(GD)で落ちるなんてもったいない!

この記事では、「就活の教科書」編集部の松村が、グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴と対策方法を解説しました。

グループディスカッションで落ちる人は「今回は対策したはずなのに・・全然通らない」「そもそもなんで落ちたのか原因がわからない」という方が多いでしょう。

もしかしたら、グループディスカッションに落ちる原因は「チームの議論に貢献できていないから」かもしれません。

自分で落ちた原因に気づき、改善することがグループディスカッションを突破する上で、必要になります。

 

グループディスカッションは何度も場数を踏みPDCAを回すことが一番の上達手段そのため、どんどん練習を重ねてみてください。

反省と修正を繰り返していくことでグループディスカッションの力が向上するだけでなく、グループディスカッション自体が楽しくなってきます。

この記事を読んで、自分の落ちた原因について考えるきっかけになれば嬉しいです。

落ちた原因が分かればあとは改善するだけです。
原因をしっかり理解し、グループディスカッションに落ちないよう対策してください。

僕の体感ですが、楽しみながらグループディスカッションをやったほうが通過率は良かったですよ

「就活の教科書」編集部 松村

 

「グループディスカッションのやり方がわからない!」という就活生には、グループディスカッションのやり方を網羅的に解説した記事がおすすめ。

 

「グループディスカッションの対策がしたい」という就活生には、グループディスカッションの対策方法・練習方法を網羅的に解説した記事がおすすめ。