【手応えなし】グループディスカッション(GD)で落ちる原因|対処法,受かる人の特徴も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事でわかること
  • グループディスカッションで落ちる原因は、GDの目的を把握していないから
  • グループディスカッションで落ちる人の特徴は「話が長い人」
  • GDの効果的な対策法は、イベントに参加して練習すること
  • グループディスカッションで受かる人の特徴
  • 「就活がうまくいかない…」という就活生は、就活エージェント「【23卒】DiG UP CAREER」「【24卒】スタキャリに相談してみるのがおすすめ

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部です!
今や、新卒採用をしている企業の6割が選考に取り入れている「グループディスカッション(GD)」。
「議論がうまく進められない」「頑張って発言するけど落ちてしまう」など、グループディスカッションで落ちて苦しんでいる就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部

就活生くん

何度受けてもグループディスカッション選考に落ちてしまう…
積極的に意見を出しているはずです。僕の何が良くないのか理由が分かりません。

就活生ちゃん

対処をしたのにも関わらず、またグループディスカッションで落ちました。
結局、グループディスカッションってどこが見られてるの?
グループディスカッションの対策法ってあるの?

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部が、グループディスカッション選考で落ちる理由と落ちやすい人の特徴、対処方法をまとめました。

グループディスカッションで落ちる就活生は、必ず落ちる原因があります。

 

この記事を読めば、自分がグループディスカッションでなぜ落ちるのか、どうやって対処ればいいのかという悩みを解決できます。

「いつもグループディスカッションで落ちる」「グループディスカッションが苦手」「これからグループディスカッションを対処していきたい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

24卒、23卒で「ESや面接が通過できず、なかなか就活がうまくいかない…」と悩んでいる就活生は、無料の就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

特に、DiG UP CAREERを使うのがおすすめです。

これらを使うと、自己分析、企業選び、面接対策など、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえますよ。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 24卒向けおすすめ就活サービス /

\ 23卒向けおすすめ就活サービス /

\ ITエンジニア向け就活サービス /

*参考記事:就活支援サービスおすすめ15選

 

グループディスカッションの対処方法はこちらの記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。

目次

【落ちる人必見!】グループディスカッション(GD)の評価基準

僕も就活を始めたての時は、いつもグループディスカッションで落ちていました。

それは、グループディスカッションで落ちる理由を知らなかったからです。

「就活の教科書」編集部

グループディスカッションの評価基準は、チームの議論にいかに貢献できたか」です。

自分の意見を伝え、周りの意見を聞き、議論に積極的に参加しつつ、何らかの形でチーム・議論に貢献しましょう。

よく言われる「協調性」「論理性」「積極性」「リーダーシップ」「思考力」などのスキルは、チームの議論に貢献するための力です。

「論理的じゃないから」「リーダーシップを取れないから」というのは、グループディスカッションに落ちる本質的な理由ではありません。

 

就活生くん

「チームの議論への貢献ができていない」と言われても、具体的にグループディスカッションに落ちた理由が分かりません。
ですよね・・。
次は、グループディスカッションで落ちる人の理由を5つ紹介し、それぞれどのように対処すれば良いのかお教えしますね。

「就活の教科書」編集部

 

また、この「グループディスカッション(GD)で落ちる理由5つ」の記事は、関連した内容をYoutube動画で解説しています。合わせて参考にしてください。

【残念‼︎】グループディスカッションで確実に落ちる奴の特徴…

 

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを参考にしてみてください。

数々の就活エージェントを比較した結果、就活の教科書では満足度90%で納得できる内定獲得までサポートしてくれる「DiG UP CAREERを特におすすめしています。

DiG UP CAREERは、オンライン面談を通して、選考対策非公開求人の紹介企業からの選考フィードバックももらえるので、就活生から高く評価されています。

プロの客観的なアドバイスを受け、内定をとりたいという方は、ぜひ内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを読んであなたに合う就活エージェントを選んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


グループディスカッション(GD)で落ちる理由5つ

グループディスカッションで落ちる理由は、以下の5つです。

GDで落ちる理由5つ
  • 理由①:評価基準を知らない
  • 理由②:グループディスカッションの目的を知らない
  • 理由③:流れを知らない
  • 理由④:役割を活用できていない
  • 理由⑤:コミュニケーションができていない

5つの理由はお題の難易度に関係ありません。

グループディスカッションが通過できない人は、自分に当てはまらないか確認してみてください。

「就活の教科書」編集部

 

理由①:グループディスカッションの目的を知らない

グループディスカッション(GD)で落ちる理由の1つ目は、「グループディスカッションの目的を知らないこと」です。

グループディスカッションは、足切りの目的で選考フローの序盤に実施されます。

企業は効率良く採用活動を進めたいからです。

選考フローの序盤に足切りをしておけば、質の高い応募者だけを面接できます。

企業にとってグループディスカッションは、効率良く採用活動を進めるのに適した手段なのです。

学生から人気のある有名企業ほど応募者が多いので、選考にグループディスカッションを取り入れる傾向があります。

「就活の教科書」編集部

 

理由②:評価基準を知らない

グループディスカッション(GD)で落ちる理由の2つ目は、「評価基準を知らない」ことです。

企業がグループディスカッションの目的を果たすために「学生の何を評価しているか」を知らないと通過できません。

グループディスカッションも選考の一つなので、当然ESや面接とは異なった評価基準が存在します。

そもそも、企業はグループディスカッションを「社内会議」を想定して評価しているので、評価基準も社内会議に必要な能力になります。

例えば、コミュニケーション能力や思考の柔軟性が評価されています。

そのため、”組織の一員として働く能力が無い”と評価されれば簡単に落とされてしまいます。

グループディスカッションが「模擬社内会議」であることを知らない就活生はたくさんいます。

模擬社内会議だとわかっていれば、立ち振る舞いも変わってきますよね。

「就活の教科書」編集部

 

理由③:流れを知らない

グループディスカッション(GD)で落ちる理由3つ目は、「議論の流れを知らない」ことです。

グループディスカッションには、おおまかな流れがあります。

グループディスカッションの流れを知らないのは、地図を持たずに山に登るのと同じで、目的地に到達する前に迷ってしまいます。

「就活の教科書」編集部

グループディスカッションは、社内会議を再現した選考のスタイルです。

社内会議でもおおよその流れが存在するので、人事は社内会議でどういう立ち振る舞いをするのかを注目します。

そのため、流れを無視した発言は大幅に評価を下げられてしまいます。

 

同じグループに流れをわかっていない参加者がいたときは、あまり加担しないようにしましょう。

道連れにされる可能性があります。

話し合いを荒らし、進行を妨げる人のことを「クラッシャー」といいます。

同じグループにクラッシャーがいると、グループディスカッションの通過率は落ちる傾向にあります。

「就活の教科書」編集部

グループディスカッションの流れがわからない人は、以下の記事で全体像を把握し、議論を有利に進めましょう。

 

理由④:役割を活用できていない

グループディスカッションで落ちる理由4つ目は、「役割を活用できていない」です。

役割については、流れほど厳しく評価されることはありませんが、グループ内で振り当てられた役割を全うすると高く評価を受けやすいです。

司会、タイムキーパー、書記が代表的な役割です。

議論を活発にするために必要や役割は社内会議見も必要なので、グループディスカッションでも評価されやすいです。

自分がチームに貢献できる役割を見つけましょう。

ただ、話し合いで意見を出すことも忘れないでください。

「就活の教科書」編集部

 

理由⑤:コミュニケーション能力がない

グループディスカッション(GD)で落ちる理由の5つ目は、「コミュニケーション能力がない」ことです。

グループディスカッションではコミュニケーション能力が必須です。

コミュニケーション能力はどの選考でも必須ですが、グループディスカッションでは複数人と話すので、面接とは異なるコミュニケーション能力が求められます。

グループのみんなが気持ちよく話し合いを進められるような立ち振る舞いを意識しましょう。

 

グループディスカッションで落ちる人のコミュニケーションの特徴例を挙げておきます。

GDで落ちるコミュニケーション例
  • 暗い
  • 会話に入れない
  • 人の話を聞いていない
  • 協調性がない
  • 発言に根拠がない
  • 論破したがる

どの特徴も、実際に会議の場では好まれない振る舞いですよね。

普段からこのように振る舞っている人は特に注意が必要です。

お題について真剣になればなるほど、素の自分がでてきます。

有益な意見を出していたとしても、コミュニケーションがうまく取れずに、メンバーに賛同してもらえないことだってあります。

「就活なかなかうまくいかない…どうすれば…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめです。

DiG UP CAREERは、あなたに親身に寄ってくれ、あなたらしく働ける優良企業を紹介してくれます。

利用すれば、就活に対する悩みや不安が解消され、選考対策もしてくれるので就活の自信がついてきますよ。

満足度90%、友達紹介率60%なので、納得のできる企業に就職したい方はぜひ見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを見てみる

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

グループディスカッションで上手く話せない人は、以下の記事を参考にしてみてください。

グループディスカッションで話せない時の対処法が分かるので、合わせて読んでみてくださいね。

次は、グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部

 

23卒で「なかなか内定がもらえない…」と悩んでいる就活生は、就活エージェントDiG UP CAREER」「キャリアチケット」「キャリアパーク就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

これらの就活エージェントはそれぞれ、自己分析企業選び、面接対策などのサポートがあり、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえます。もちろん費用は無料です。

エージェントによって、求人数の多さES添削グループディスカッションなど選考対策の種類も様々なので、同時利用がおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

無い内定から抜け出すサービス(無料)

*参考記事:就活エージェントおすすめ15選


利用者満足度90%のDiG UP CAREERで就活の悩みを解決

DiG UP CAREERは、就活のプロからのサポート「できるだけ早く」「納得のいく」内定をとりたい方におすすめです。

あなたに親身に寄り添い非公開の優良企業求人の紹介選考対策企業から選考フィードバックがもらえるので就活の悩みや不安を解消できますよ。

さらに、DiG UP CAREERは、満足度90%と高く評価されていますが、サポート人数を限定しているので手厚いサポートを受けられるの今のうちに利用しましょう。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを使ってみる


グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴5つ

自分がグループディスカッション(GD)で落ちる理由を説明しましたが、グループディスカッションの合否はグループのメンバーにも左右されます。

「就活の教科書」編集部

グループディスカッションが下手なメンバーに道連れにされないように、グループディスカッションで落ちる人の特徴を知っておきましょう。

グループディスカッションに落ちる人の特徴は、この5つです。

GDで落ちる人の特徴
  • 特徴①:話が長い
  • 特徴②:相手の意見を否定しすぎる
  • 特徴③:的外れな意見を主張する
  • 特徴④:自分の意見を主張しない
  • 特徴⑤:相手の意見に極端に同調する

ちなみに、クラッシャーは①~③の特徴を持つ人のことです。

「就活の教科書」編集部

 

特徴①:話が長い

グループディスカッションで落ちる理由の1つ目は、「話が長い」です。

制限時間が設けられているのにも関わらず、相手のことを考えずに一人長々と話してしまえば、チームの議論の妨げになります。

また、「協調性」がないと判断されてしまい落とされる理由になります。

話が長い人は、最初に結論を言わなかったり、主張と根拠に論理の飛躍があったりします。

 

特徴②:相手の意見を否定しすぎる

グループディスカッションで落ちる理由の2つ目は、「相手の意見を否定すぎる」です。

グループディスカッションでは、基本的に相手の意見を否定してはいけません。

人は自分の意見を否定されると、次に良い考えが思いついても発言できなくなってしまうからです。

たくさんアイデアを出すことが必要になってくる議論の中で、相手の意見を否定するということは、議論を止めてしまう理由になります。

 

特徴③:的外れな意見を主張する

グループディスカッションで落ちる理由の3つ目は、「的外れな意見を主張する」です。

それまでの話し合いの流れを止めて、話し合いとズレた意見を主張することも落ちる理由になります。

理由はもちろん、議論の妨げてしまい、チームに貢献できないからですね。

落ちる理由①②③は、積極的すぎる学生に多いパターンです。
頑張っているのにグループディスカッションに落ちてしまうという学生は、この3つを見直してみてください。

自分がクラッシャーになっている可能性があります。

「就活の教科書」編集部

 

特徴④:自分の意見を主張しない

グループディスカッションで落ちる理由の4つ目は、「自分の意見を主張しない」です。

自分の意見を主張しなければ、「議論に参加していない」と採用担当者に思われ、落とされる可能性があります。

白熱した議論に参加するのは気が引けますが、参加しなければ通過できません。

一歩踏み出して、「自分はこう考えます」と主張しましょう。

落ちる理由④は、消極的すぎる学生に多いパターンです。
議論の邪魔はしていないのにグループディスカッションに落ちてしまうという学生は、この2つを見直してみてください。

「就活の教科書」編集部

 

特徴⑤:相手の意見に極端に同調する

グループディスカッションで落ちる理由の5つ目は、「相手の意見に極端に同調する」です。

相手の意見に同調することは大切ですが、同調しすぎも良くありません。

自分の意見をしっかりと伝えなければ、「自分の考えがない学生」と採用担当者から判断され、落とされる可能性があります。

ちなみに、「就活で入る企業なんてどこでもいい!」と考えている学生も、GDでは落ちやすいです。
就活でどこでもいいと思っている就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

【どこでもいいは危険!】就活でどこでもいいと思った時の対策3つ | デメリットも

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【24卒向け】グループディスカッション(GD)の対策ができるおすすめ就活エージェント

就活生くん

ESや面接で落ちてしまい、就活がなかなか上手くいきません…どうやって対策すれば良いのでしょうか?

まだ無い内定状態です。

就活がうまくいかず、どうすれば良いかわからない24卒の就活生は、就活のプロに頼るのが一番おすすめです。

例えば、あなたに合うアドバイザーを自分で選び、面接対策などの選考対策をしっかりとしたい方向けのサービスや、ベンチャー志望・IT企業志望の方向けのサービスがありますよ。

あなたの将来を考えられるサービスを紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

24卒の内定をサポートしてくれる就活エージェントについては、【内定者が選んだ】就活エージェントおすすめ15選 | 実際の評判,サポート内容もという記事で解説していますので、あわせ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

24卒対象エージェント:スタキャリ(LINEでエントリー、自分でアドバイザーを選べる

「就活の教科書」編集部がおすすめする就活エージェントは、スタキャリです。

スタキャリのおすすめポイント
  • ポイント①:就活状況 / 自分の性格に合わせて、キャリアアドバイザーを選べる
  • ポイント②:企業探し・選考対策~内定まで、完全無料でフルサポート
  • ポイント③:就活のプロからのサポートで、選考通過率アップを目指せる
  • ポイント④:自分では見つけられない、隠れた首都圏の優良企業と出会える
  • ポイント⑤:LINEで大企業出身者・元人事担当者など就活のプロに気軽に相談できる

スタキャリは、首都圏で就職したい就活生にオススメのサービスです。

「ESが通らない」「面接で落ちてしまう」「自分に合う企業がわからない…」 「とにかく就活相談したい!!」という方は、 気軽に相談からしてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> スタキャリを見てみる(24卒のみ)

 

24卒対象エージェント:ゼロキャンバス(成長/ベンチャー企業に強み、適性検査も活用)

「就活の教科書」編集部がおすすめする就活エージェントは、ゼロキャンバスです。

ゼロキャンバスのおすすめポイント
  • ポイント①:経験豊富な就活のプロとあなたの強みを活かした就活ができる
  • ポイント②:他では見つからない非公開求人・限定求人の紹介もあり
  • ポイント③:求職者の満足度98%・内定獲得率95%と実績がある

ゼロキャンバスでは、就活生の「可能性」を引き出すカウンセリングを通して、あなたの強みを活かした就活ができます。

「自分の強みを知りたい」「入社後もやりがいを感じる企業に就職したい」という人は、ぜひゼロキャンバスを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> ゼロキャンバスを見てみる 

 

ゼロキャンバスのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

24卒対象エージェント:レバテックルーキー(ITエンジニア特化キャリア支援)

レバテックルーキー  

「就活の教科書」編集部がおすすめする就活エージェントは、レバテックルーキーです。

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロがあなたの強みを分析してくれる
  • ポイント②:IT就活のプロからのIT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント③:大手〜ベンチャーまで優良IT企業5,000社以上からあなたに合ったIT企業を紹介

レバテックルーキーを利用することで、IT業界を熟知したIT就活のプロからの手厚い選考サポートを受けられます。

「自分の強みをIT企業で活かしたい」「IT企業に興味がある」という方は、レバテックルーキーを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる

 

「レバテックルーキーの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

ITエンジニアを目指す就活生におすすめのサイトについては、こちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【23卒向け】グループディスカッション(GD)の対策ができるおすすめ就活エージェント

就活生くん

僕は23卒の就活生ですが、ESは通るけど、面接で落ちてしまいます…

自分なりに対策をしているのですが上手くいかず、持ち駒も少なくなってきたのでどうしたらいいか不安です。

面接に通過できる対策法」や「優良企業の持ち駒増やす対策法」はないでしょうか?

無い内定から脱出したいです。もう、1人での就活は限界です・・。

結論から言うと、就活がうまくいかず、どうすれば良いかわからない23卒の就活生は、就活のプロに頼るのが一番おすすめです。

就活アドバイザーに頼ることで、あなたの就活に対する悩みや不安を解決してくれます。

例えば、最短で内定が欲しいのか、内定までサポートしてほしいのか、IT企業に就職したいのかなど何を求めているかによって、あなたが使うべきサービスは異なります。

あなたにぴったりのサービスは何なのかを考えながら見てみてくださいね。

どれを使えばいいかわからない方は、満足度90%の実績を持つDiG UP CAREERの利用が一番おすすめです。

就活アドバイザー 京香

【23卒対象】おすすめの就活エージェント

23卒の内定をサポートしてくれる就活エージェントについては、【内定者が選んだ】就活エージェントおすすめ15選 | 実際の評判,サポート内容もという記事で解説していますので、あわせて読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

23卒対象エージェント:DiG UP CAREER(寄り添いサポート:満足度90%、友人紹介率60%)

DiG UP CAREER
DiG UP CAREERのおすすめポイント
  • ポイント①:利用者満足度は90%以上、友人紹介率60%以上
  • ポイント②:他社ナビにはない非公開の優良企業を紹介してくれる
  • ポイント③:面接後に企業のフィードバックをもらえる
  • ポイント④:面談は全てオンライン・LINEで連絡を取るため気軽に利用できる
  • ポイント⑤:「納得するまで」就活を続けられる
 
DiG UP CAREERがおすすめな人
  • おすすめな人①:23卒ですぐに内定が欲しい人
  • おすすめな人②:納得できる内定が欲しい人
  • おすすめな人③:就活経験が不足していて不安な人

>> DiG UP CAREERを見てみる

 
DiG UP CAREERの評判/口コミ
  • 評判①:親身になって対応してくれた
  • 評判②:何度も面接練習してくれた
  • 評判③:気軽にLINEでやりとりできることが良かった
  • 評判④:疑問に思ったことへの対応も早かった
  • 評判⑤:オンライン面談のため、地方在住でも効率的に活動できた
 

この評判のように、DiG UP CAREERは、とにかく就活生に寄り添ったサービスを提供しており、利用者の満足度は90%とかなり高いです。

利用の流れとしては、「面談予約(オンライン)→オンライン面談→企業の紹介→選考対策&面談後フォロー→内定」となっています。

「就活スタートから内定後入社するまで」手厚いサポートを受けたい方は、DiG UP CAREERを利用してみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

DiG UP CAREERのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

23卒対象エージェント:キャリアチケット(最短2週間で内定、受ける企業を厳選)

キャリアチケット
キャリアチケットのおすすめポイント
  • ポイント①:就活のプロのサポートによって短期で内定がもらえる
  • ポイント②:個別の面接対策を何度も行ってくれる
  • ポイント③:ES添削・厳選された170社の優良企業の紹介や推薦が受けられる
  • ポイント④:Web/オンライン面談も可能なので地方からでも利用できる
  • ポイント⑤:内定率78%UP・年間1万3000人以上の就活を支えるなど実績豊富
 
キャリアチケットがおすすめな人
  • おすすめな人①:自分に合った企業の内定がすぐに欲しい人
  • おすすめな人②:もう大量にエントリーしたくない人
  • おすすめな人③的確なフィードバックをもらって有利に就活したい人

>> キャリアチケットを見てみる

 
キャリアチケットの評判/口コミ
  • 評判①:就活軸に合わせた企業を紹介してくれた
  • 評判②:親身に相談に乗ってくれた
  • 評判③:対応が丁寧だった
  • 評判④:オンライン面談ができるため地方でも利用できた
  • 評判⑤:約1ヶ月で内定を獲得できた
 

この評判のように、キャリアチケットは、面談やLINEでの連絡を通して、親身に悩みを聞いてくれるエージェントです。

内定までは、「登録→相談(企業の紹介含む)→面接対策→面接→内定獲得」という流れで、面接対策は何度も受けられますよ。

もうやみくもにエントリーする就活はやめたい。」という方は、量より質を重視するキャリアチケットを利用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

キャリアチケットのリアルな口コミや評判を知りたい方は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

23卒対象エージェント:キャリアパーク就職エージェント(大手グループ企業を紹介、選考免除も)

キャリアパーク就職エージェント
キャリアパーク就職エージェントのおすすめポイント
  • ポイント①:最短3日〜1週間のスピード内定
  • ポイント②:選考回数が少ない特別選考フローの求人がある
  • ポイント③:実際の内定者のESを閲覧でき、選考対策の資料がもらえる
  • ポイント④:全国417万社から上位0.007%を厳選し、300社の中からあなたに合う企業を紹介
  • ポイント⑤:Web/オンライン面談が可能なため地方の学生も使える
 
キャリアパーク就職エージェントがおすすめな人
  • おすすめな人①:今すぐに内定が欲しい23卒の人
  • おすすめな人②:持ち駒がなく企業探しに困っている人
  • おすすめな人③:就活に出遅れて焦っている人

>> キャリアパーク就職エージェントを見てみる

 
キャリアパーク就職エージェントの評判/口コミ
  • 評判①:就活の基礎から丁寧に教えてくれた
  • 評判②:選考を受ける企業に特化した対策をしてくれた
  • 評判③:選考対策の資料がもらえる
  • 評判④:厳しいフィードバックをもらえた
  • 評判⑤:自分に合った企業を紹介してもらえた
   

この評判のように、キャリアパーク就職エージェントは、年間1,000名以上と面談している経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれる就活エージェントです。

内定までの流れは、「登録→日程調整→面談(企業の紹介含む)→面接→内定獲得」となっています。

選考回数が少ない特別選考に進みたい」という方は、すでに8000人以上の23卒就活生が利用しているキャリアパーク就職エージェントを利用してみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

キャリアパーク就職エージェントのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

23卒対象エージェント:就職エージェントneo(一枚の履歴書で複数応募できる!)

就職エージェントneoのおすすめポイント
  • ポイント①:就活相談210,000件、内定支援40,000件の豊富な実績
  • ポイント②:履歴書1枚で複数社に一気に応募できる
  • ポイント③:約2,000社の求人から就活生に合った企業を紹介
就職エージェントneoがおすすめな人
  • おすすめな人①:23卒で誰に何を相談していいかわからない就活生
  • おすすめな人②:豊富な実績のあるエージェントに相談したい就活生
  • おすすめな人③:大都市周辺に住んでいる就活生

>> 就職エージェントneoを見てみる

就職エージェントneoの評判/口コミ
  • 評判①:内定までしっかりサポートしてくれる
  • 評判②:就活の軸が明確に決まる
  • 評判③:丁寧に話を聞いてくれる
「就活の教科書」編集部がおすすめする新卒就活エージェントは、「就職エージェントneo」です。
業界を絞って就活をしていて、他の企業も⼤⼿を中⼼にエントリーしていたんです。 どこかで内定が出るものだと勝⼿に思いこんでましたが、⾯接で落ち続けていました。 就職エージェントneoのアドバイザーの⽅は、企業ごとの特徴や、業界情報だけでなく、⾯接対策も選考ステップごとにアドバイスをくれたので、⾃信をもって⾯接に臨むことができました。 結果、当初想定していなかった⼈材系企業に内定をもらい、納得感をもって就活を終えることができました。(早稲田大学 A.Sさん 女性)
就職エージェントneoでは、就活のプロが内定まで面接対策や企業選びなど幅広くサポートしてくれます。

就職エージェントneoでは、豊富な就活支援実績を持つプロが丁寧にサポートしてくれます。

23卒や24卒の就活生であれば、面接対策、企業選び、ESアドバイスなどの幅広いサービスが受けられます。

「就活を始めたばかり」「どの会社が向いているかわからない」「内定が取れずにしんどい」

そんな就活生の方はぜひ就職エージェントneoを利用してみてくださいね。

もちろん就職エージェントneoの費用は無料です。

就活アドバイザー 京香

「就職エージェントneoの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

グループディスカッション(GD)で落ちる人はどう対処したらいいの?

自分にはグループディスカッションで落とされてしまう特徴があると気づいた方は、どんどん対処をしていきましょう。

しかし、どこでどうやって対処すればいいのかわかりませんよね?

そんな就活生のために、グループディスカッションの対処方法を5つ紹介するので参考にしてください。

GDで落ちないための対処方法
  • 対処方法①:GD選考のある就活イベントで練習する
  • 対処方法②:その場でフィードバックをもらう
  • 対処方法③:GD対処講座に参加する
  • 対処方法④:書籍で勉強する
  • 対処方法⑤:就活サイトで情報収集する
  • 対処方法⑥:友達同士で練習する

先に結論を書いておきますが、グループディスカッションの選考を突破するには、「ミーツカンパニー」GDイベントで実践練習するのが一番近道です。

「ミーツカンパニー」を使うと、企業の前でGDができ、ついでに企業の方からフィードバックをもらえるので、かなりGDが上達しますよ。

「就活の教科書」編集部

 

対処方法①:GD選考のある就活イベントで練習する

グループディスカッション(GD)に落ちないための対処方法の1つ目は「GD選考のある就活イベントで練習する」です。

グループディスカッションイベントとは、グループディスカッションをしている様子を企業の人事に見てもらい、企業にスカウトしてもらえるイベントの事です。

数あるGDイベントの中でも、1日最大2~8社が参加する選考付きのミーツカンパニー(Meets Company)」(株式会社DYM運営)が特にオススメです。

ミーツカンパニーに参加すれば、合否という形でフィードバックが得られて、自分のパフォーマンスを振り返れ、弱点が分かりますよ。

もうすでに、多くの就活生がミーツカンパニーに参加している実績もあります。

参加は無料なので、まずは気軽な気持ちで参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部

meets company(ミーツカンパニー)

* 登録無料、1分で参加できます

 

ミーツカンパニーについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみて下さい。

以下の記事では、ミーツカンパニーの評判についてまとめてあります。

 

対処方法②:その場でフィードバックをもらう

グループディスカッション(GD)で落ちないための対処方法の2つ目は、「その場でフィードバックをもらう」ことです。

グループディスカッションが終わった後、自分のグループの審査員に聞きに行くとフィードバックをもらえることがあります。

フィードバックは対処講座や書籍とは違い、自分のための新鮮なアドバイスになります。

良かった点、悪かった点を記憶が新しいうちに反省できるので、次回に活かしやすいです。

 

企業の中にはグループディスカッションの後に、企業側からフィードバックを受けたいか提案してくれるところもあります。

そんな時は良いアドバイスをもらえる絶好チャンスなので積極的にフィードバックをもらいにいきましょう。

厳しいアドバイスほど自分のためになるので素直に受け止めましょう。

僕もフィードバックでボロボロに言われました。

ただ、めちゃくちゃ的確なアドバイスをいただけました。

「就活の教科書」編集部

 

対処方法③:GD対処講座に参加する

グループディスカッション(GD)に落ちないための対処方法の3つ目は、「GD対処講座に参加する」ことです。

GD対処講座では、グループディスカッションに詳しい講師が解説してくれたり、実際に自分たちでグループディスカッションをしたりします。

講師は就活を経験した内定者や学生の就活を支援する社会人ですが、非常に丁寧に説明してくれて、わからない所はその場で質問できます。

 

自分が周りと比べてどれくらいグループディスカッションが得意なのかも測ることができて楽しいです。

本番ではないので気軽に参加できますし、ほとんどの講座が参加費無料です。

ちなみに、グループディスカッションのおすすめイベントは以下の記事を参考にして、ぜひ練習も兼ねてどれかに参加してみてください!

 

対処方法④:書籍で勉強する

グループディスカッション(GD)で落ちないための対処方法の3つ目は、「書籍で勉強する」ことです。

書籍では、グループディスカッションについて網羅的かつ詳細にまとめてあります。

すべて読もうとすると時間がかかってしまいますが、気になった点を重点的に知りたいときにオススメです。

書籍なら空き時間や移動時間を有効活用できます。

ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)

ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)

堀 公俊, 加藤 彰
3,374円(11/26 13:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

対処方法⑤:就活サイトで情報収集する

グループディスカッション(GD)で落ちないための対処方法の5つ目は、「就活サイトで情報収集する」ことです。

就活サイトはいつどこでも見れるので便利です。

グループディスカッションがある選考会の前に短い時間で確認できます。

就活サイトは山ほどあるので、いくつか読んでおくことをおすすめします。

僕も選考会に向かう電車の中で見てました。

「就活の教科書」編集部

 

対処方法⑥:友達同士で練習する

グループディスカッション(GD)で落ちないための対処方法の6つ目は、「友達同士で練習する」です。

グループディスカッションに悩んでいるのはあなただけではありません。

就活仲間に相談してみて、練習の場を設けてみるのも良いです。

就活の息抜きになったり、モチベーションアップにつながったりします。

友達なのでわからないことも相談しやすいですよね。

グループディスカッションではさまざまなテーマがあり、テーマごとに対策を行うとどのようなお題にも対応できるようになります。

グループディスカッションでよく出るテーマについて以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

【これで落ちない!】グループディスカッションで受かる人の特徴

就活生くん

グループディスカッションで落ちるのですが、逆に受かる人はどんな人なのでしょうか?

グループディスカッションで受かる人には共通点があります。

そこでここでは、グループディス個所んで受かる人の特徴を紹介します。

先に結論を書いておくと、グループディスカッションで受かる人は、以下の3つの特徴があります。

「就活の教科書」編集部

グループディスカッションで受かる人の特徴
  • 特徴①:協調性のある発言をする人
  • 特徴②:チームワークや空気を読む人
  • 特徴③:適度に発言する人

それでは、グループディスカッションで受かる人の特徴について、それぞれ解説していきます。

グループディスカッションで落ちる人は必見ですよ。

「就活の教科書」編集部

 

特徴①:協調性のある発言をする人

グループディスカッションで受かる人の特徴1つ目は、「協調性のある発言をする人」です。

グループディスカッションは、メンバーと協力して議論することが重要なので、協調性を意識した行動が大事です。

相手の立場に立って共感できるような発言を心がけましょう。

グループディスカッションでは、企業も協調性を重視しているので、「チームで協力すること」を常に意識しておくと良いです。

「就活の教科書」編集部

 

特徴②:チームワークや空気を読む人

グループディスカッションで受かる人の特徴2つ目は、「チームワークや空気を読む人」です。

グループディスカッションはチームワークが重要なので、チームワークや空気を意識した発言が重要です。

ただ単に、自分意見を押し付けて、他人の意見を否定すると落ちる原因につながります。

グループディスカッションで落ちないためにも、周りの雰囲気を把握しましょう。

チームの中で自分がどんな役割を担えるかを素早く把握することが重要です。

「就活の教科書」編集部

 

特徴③:適度に発言する人

グループディスカッションで受かる人の特徴3つ目は、「適度に発言する人」です。

グループディスカッションでは積極的に発言することが求められますが、発言しすぎるのはNGです。

グループディスカッションはチームワークなので、メンバーの発言をしっかりと聞いて、自分の意見を伝えましょう。

積極的に発言するのはOKですが、発言しすぎるのはNGです。

適度な発言を心がけましょう。

また、グループディスカッションについては以下の記事で詳しく解説しているので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

【逆転できる!】就活がうまくいかないときに使えるおすすめのサービス

就活生ちゃん

しっかりと就活やっているけど、なかなかうまくいきません…

いつもESや面接で落ちてしまいます。

何か対処法ないでしょうか?

ちゃんと就活をしているのに、上手くいかない就活生は意外といます。

でもESや面接をしっかりと対策すれば、少しずつ上手くいくようになっていきます。

そこで、就活が上手くいかない時に使えるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

DiG UP CAREER

DiG UP CAREERのおすすめポイント
  • あなたが納得できる企業を紹介してくれる
  • 面接練習を行ってくれ、フィードバックもしてくれる
  • 1人ひとりに真剣に向き合ってくれるため、手厚い支援が受けられる
  • 利用者満足度90%、友人紹介率60%
  • 就活サポート人数6,500人以上

>> DiG UP CAREERを見てみる

スタキャリ

スタキャリのおすすめポイント
  • 首都圏の隠れ優良企業の中からあなたに合った企業を紹介してくれる
  • 面接対策、ES添削、就活相談など就活のプロが選考対策を手伝ってくれる
  • 就活生に親身に寄り添ってくれる
  • LINEで簡単に登録できる
  • あなたに合った優良企業も紹介してくれる

>> スタキャリを見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活が上手くいかないアドバイスをもらえたり、効率よく選考対策ができます。

「いつもESや面接で落ちてしまうからどうにかしたい!」「就活上手くいくように選考対策したい!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:グループディスカッション(GD)で落ちるなんてもったいない!

この記事では、「就活の教科書」編集部が、グループディスカッション(GD)で落ちる人の特徴と対処方法を解説しました。

グループディスカッションで落ちる人は「今回は対処したはずなのに・・全然通らない」「そもそもなんで落ちたのか理由がわからない」という方が多いでしょう。

もしかしたら、グループディスカッションに落ちる理由は「チームの議論に貢献できていないから」かもしれません。

自分で落ちた理由に気づき、改善することがグループディスカッションを突破する上で、必要になります。

グループディスカッションは何度も場数を踏みPDCAを回すことが一番の上達手段そのため、どんどん練習を重ねてみてください。

落ちた理由が分かればあとは改善するだけです。
理由をしっかり理解し、グループディスカッションに落ちないよう対処してください。

僕の体感ですが、楽しみながらグループディスカッションをやったほうが通過率は良かったですよ。

「就活の教科書」では、就活に関する有益な記事をたくさん掲載しています。

ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部