>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【内定者が教える】WEB面接(オンライン面接)のやり方と注意点 | 服装,場所,マナー,スマホについても

【内定者が教える】WEB面接(オンライン面接)のやり方と注意点 _ 服装,場所,マナー,スマホについても

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • WEB面接の基本的なやり方
  • WEB面接を受ける時の場所や服装
  • WEB面接でスマホ・イヤホンは使っていいのか
  • WEB面接でやってはいけないマナー

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の菅野です。
就活で人事から「面接はwebで行います」と言われ、こんな不安や疑問をもっている就活生は多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生くん

初めてのWEB面接なのでやり方が全然わかりません。
服装や場所ってどうしたらいいんでしょうか?

就活生ちゃん

「ZoomでWEB面接をするよ」と人事の方から連絡がありました。
Zoomで面接をするのが初めてなんですけど、守るべきマナーはありますか?

就活生くん

WEB面接を3日後に控えており、PCかスマホどちらを使うべきか迷っています。
やっぱりパソコンを使ったほうがいいんですかね?
確かに、初めてWEB面接(オンライン面接)を受ける時ってわからないことが多いですよね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

そこでこの記事では、就活のときにWEB面接を20回以上経験した「就活の教科書」編集部の菅野が、

WEB面接(オンライン面接)とは何なのか、WEB面接を受ける時の場所や服装、WEB面接でイヤホンを使っていいのか、WEB面接のやり方やWEB面接を受ける時のマナーについて徹底解説していきます。

また、WEB面接はスマホでいいのか、パソコン(PC)を持っていない場合どうすればいいのかについても紹介します。

この記事を読めばWEB面接に対する不安が無くなり、自信を持ってWEB面接に取り組めるようになりますよ。

WEB面接について不安のある就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、この「WEB面接(オンライン面接)のやり方と注意点」の記事は、Youtube動画でも解説しています。お好きな媒体で学んでくださいね。


(Youtube)WEB面接で覚えておくべきマナーとやり方を徹底解説‼︎

 

画像タップでページ内に飛びます

Web面接の基本的なやり方>> WEB面接のやり方

WEB面接 やってはいけないマナー>>WEB面接のNGマナー

目次

そもそもWEB面接(オンライン面接)とは

WEB面接(オンライン面接)とは、PCやスマートフォン を利用して、インターネット経由で面接を行うことを指します。

これまでの就職活動は、就活生が会社に足を運んで面接を受けるのが一般的でした。

しかし、遠方に住んでいる就活生は会社に足を運びづらいですよね。

そこで近年、企業側がスカイプなどのコミュニケーションツールを導入し、WEBで面接を実施するようになったのです。

WEB面接が普及したことにより、地方に住んでいる就活生は最終面接だけ本社に足を運べばいいケースが増えてきました。
これからも、WEBを使った面接はますます普及していくでしょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

メモ

最近の就活では、オンライン面接対策として、映像や音声の途切れないWi-Fiを用意しておく必要性が益々高まっています。

自宅のネット環境を整えたい方は、安くて高性能な「GMOとくとくBBWiMAX」のWi-Fiを利用することをおすすめします。

WEB就活(オンライン就活)については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

Web面接(オンライン面接)のやり方・流れ

Web面接の基本的なやり方

次に、WEB面接の実際のやり方と流れについて書いていきます。

「就活の教科書」編集部 菅野

ここでは、WEB面接でよく使われるZoom(ズーム)、Skype(スカイプ)、appear.in(アピアードットイン)について紹介していきます。

WEB面接のやり方・流れ
  • ①:Zoomを使った面接のやり方・流れ
  • ②:Skypeを使った面接のやり方・流れ
  • ③:appear.inを使った面接のやり方・流れ

それでは、Zoom、Skype、appear.inを使った面接のやり方、流れをそれぞれ1つずつ見ていきましょう。

 

①:Zoomを使った面接のやり方・流れ

まずはZoomを使った面接のやり方・流れについて説明します。

「就活の教科書」編集部 菅野

まず、Zoomをダウンロードしていない人は、Zoomの公式ページからZoomをダウンロードしてください。

Zoomをダウンロードしたらアカウントを登録します。

アカウント登録の手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスを入力
  2. 確認メールが送られてくるので、メールを開いてZoomアカウントを認証
  3. 名前、パスワードを設定
  4. ロボットによる操作でないことの確認
  5. プロフィール画像の選択
  6. マイクの音声入力確認
  7. カメラの映像確認
僕も実際に新規アカウントを作ってみました。とても簡単だったのでたった3分で登録が終わりました。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

アカウント登録が終われば、あとは面接時間が近づくのを待つだけです。

会社から「指定のURLに時間になったら入ってください」などの指示があります。

Zoomを起動できたら会社の指示に従い、面接に臨んでください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

志望企業への内定率を上げるなら「面接力診断」で面接突破力を測ってみよう!

「面接力診断」では、あなたの現状や足りていないところが見つかり、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、ぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

さらに就活の教科書公式LINEでは、今すぐやるべき就活対策が分かる「就活力診断をすることができます!

今のあなたの就活戦闘力も測れるので、ぜひこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

②:Skypeを使った面接のやり方・流れ

次にSkypeを使った面接のやり方・流れについて説明します。

「就活の教科書」編集部 菅野

まず、Skypeをダウンロードしていない人は、Skypeの公式ページからSkypeをダウンロードしてください。

Skypeをダウンロードしたらアカウントを登録します。

アカウント登録の手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスか電話番号を設定
  2. パスワードを設定
  3. 確認コードが送られてくるので、確認コードを入力
  4. ロボットによる操作でないことの確認
  5. プロフィール画像の選択
  6. マイクの音声入力確認
  7. カメラの映像確認
僕も新規アカウントを作ってみたところ、約3分で登録が終わりました。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

アカウント登録が終われば、あとは面接時間が近づくのを待つだけです。

会社から「10分もしくは5分前にはスタンバイしておいてください」「こちらから電話をかけます」などの指示があります。

Skypeを起動できたら会社の指示に従い、面接に臨んでください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

③:appear.inを使った面接のやり方・流れ

appear.inは、ZoomやSkypeと違いアカウントを作成する必要がありません。

「就活の教科書」編集部 菅野

appear.inは、会社(ホスト)がアカウントを作れば、就活生(ゲスト)は登録しなくてもいい仕様になっています。

「appear.inを使って面接をします」と会社から言われた場合、次のようなメールが会社から送られてくるでしょう。

あなたはメールに記載されているURLをクリックするだけで、WEB面接を始められます。

就活生くん

appear.inを使った面接って、簡単そうですね!

面接全体の流れやマナーを確認したい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

Web面接(オンライン面接)を受ける時のマナー

WEB面接 やってはいけないマナー

WEB面接を受ける時のマナーは全部で4つあります。

WEB面接を受ける時のマナー
  • 背景に気をつける
  • 5分前にはスタンバイしておく
  • スカイプのプロフィール画像を変えておく
  • ハキハキと話す
それでは、WEB面接を受ける時のマナー・注意点を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

マナー①:背景に気をつける

WEB面接を受ける時のマナー・注意点の1つ目は、「背景に気をつける」です。

WEB面接を受けると、あなたの背景が映ります。

クローゼットの中が見えたり、キャラクターが描かれているポスターが見えたりすると、面接官によっては、「きっちりしていない子なのかも」と悪い印象を持たれる可能性があります。

WEB面接を受ける時は、背景に壁だけが映っている状態が理想です。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

マナー②:5分前にはスタンバイしておく

WEB面接を受ける時のマナー・注意点の2つ目は、「5分前にはスタンバイしておく」です。

インターネットを使ってWEB面接を行うので、ネット障害に巻き込まれる可能性があります。

WEB面接が始まる5分前にインターネットが繋がらなかったら、かなり焦りますよね。

このような状況を避けるためにも、5分前にはWEB面接ツールを起動しておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

マナー③:プロフィール画像を変えておく

WEB面接を受ける時のマナー・注意点の3つ目は、「プロフィール画像を変えておく」です。

プロフィール画像にアイドルの写真やアニメの写真を設定している場合、面接官に悪気はなくても、偏見を持たれてしまう可能性があります。

第一印象は評価に直結するので、評価が下がる可能性のあるプロフィール写真は避けるべきです。

ちなみに僕は、人がギターを持っているプロフィール画像を設定していました。
8年ぐらい前に設定したものですが、特に問題ないかなと思い、このまま使用しました。

「就活の教科書」編集部 菅野

僕のプロフィール画像

Web面接で実際に使ったプロフィール画像

普段からスカイプなどのコミュニケーションツールを使っている人は、既にプロフィール画像を設定していると思います。

自分のプロフィール画像が失礼に当たらないか、確認しておきましょう。

 

マナー④:ハキハキと話す

WEB面接を受ける時のマナー・注意点の4つ目は、「ハキハキと話す」です。

対面の面接と同様、WEB面接でも「きっちりと質問に回答できる子なのか」は見られています。

緊張で話す内容が多少ちぐはぐになっても、ハキハキと話すだけできっちりしている印象を与えられますよ。

僕も面接で緊張するタイプですが、ハキハキと素直に話すことで高評価を貰えました。

 

ここまで紹介したように、web面接ならではの注意点はたくさんあります。

そこで、志望度の高い企業を受ける前に、他の企業を受けて場数を踏んでおくと良いです。

例えば「OfferBox(オファーボックス)」なら、プロフィールを記入しておくだけで、あなたに興味を持った企業からスカウトが来ます。

時間をかけずに企業を探せて効率的なので、登録だけでもしておくことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 菅野

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

WEB面接でしっかり実力を出せるように、事前に面接の練習しておきましょう。

面接の練習の仕方や、緊張しない方法は、これらの記事で解説しています。合わせて参考にしてください。

 

面接が合格だった場合、次に「日程調整」か「面接辞退」をする必要があります。

どちらも間違えてはいけないマナーがあるので、日程調整と面接辞退のマナーややってはいけないことが知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

またハキハキと話す練習には、実際に社会人に会うOB訪問も役に立ちます。

「OB訪問って何? やり方もわからない」という方は、【OB訪問とは】内定者がOB訪問のやり方を全て解説(メリット,時期,流れ,メールなど)の記事が参考になります。

OB訪問アプリを利用して、社会人に面接練習に付き合ってもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

Web面接(オンライン面接)を受ける時の服装

就活生くん

先輩、WEB面接を受ける時の服装ってどうしたらいいですか?

通常は企業側から面接時の服装について指定されますが、服装指定は就活生の悩みのタネですよね。

そこで、WEB面接を受けるときの服装について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

服装は指定通りに、指定なしならスーツでOK

会社から服装を指定されるケースが大半ですが、服装の指定がなければスーツを着ておけば大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 菅野

スーツを着ておけば、「どんな私服を着たらいいんだろう」と悩まずに済みます。

ヨレヨレの私服を着てWEB面接に挑み、第一印象を下げてしまうよりいいですね。

実際に僕も、服装が指定されなかった時はスーツを着ていました。
スーツを着ていて服装で注意を受けたことは、1度もありません。

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生くん

WEB面接を受ける時に服装で迷ったら、スーツを着ます!

 

私服可、私服推奨はオフィスカジュアルが無難

会社からの服装指定が「私服可」「私服推奨」の場合は、オフィスカジュアルが無難です。

私服可であればスーツを着ても大丈夫ですが、私服推奨の場合は必ずオフィスカジュアルにしましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

オフィスカジュアルの服装は男性であれば革靴にチノパン、襟付きのシャツなどシンプルなので、悩む必要もありません。

1パターンでいいので、オフィスカジュアルの上下セットを持っておくことをおすすめします。

私服指定の企業でも多くの就活生はオフィスカジュアルである程度きっちりとした格好をしていました。

オーバーサイズの服などを着ていくと、浮いてしまうかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

WEB面接では、服装の指定がない場合に加えて「私服OK」「私服推奨」と書かれている場合もあります。

「私服OK」と「私服推奨」の違いについてはこの記事で詳しく解説しています。

 

面接では下半身も着替えたほうがいい

就活生くん

WEB面接ってカメラに写る範囲の服装しか見えないし、正直下半身は着替えなくても大丈夫ですよね?

WEB面接では面接官に立つように指示されたり、アクシデントが起きて思わず立ってしまった場合にバレるのでおすすめできません。

説明会などであれば、一個人に指示することもないので下半身パジャマ、上半身スーツでも大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 菅野

https://twitter.com/bebibebi_22/status/1368171021262536719

上記のように、WEB面接中に立てと言われる場合もあるので、無駄なリスクを避けるためにも着替えておいたほうが無難ですね。

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生くん

せっかくうまく喋れても服装で落ちてしまったら元も子もないですよね・・・

面接の時は下半身の服装もちゃんと合わせるようにします。

 

Web面接(オンライン面接)を受ける時はイヤホンでOK?

就活生くん

WEB面接を受けるときはイヤホンを使っていいんでしょうか?
それとも、ヘッドフォンマイクを使ったほうがいいんですかね?

Web面接となると、マイクとイヤホンを用意する必要があるので心配になりますよね。

そこでWeb面接でどのようなイヤホン・マイクを使うべきか解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

パソコンにマイクが内蔵されていれば、イヤホンで大丈夫

パソコンにマイクが内蔵されている場合、イヤホンで問題ありません。

「就活の教科書」編集部 菅野

実際、ヘッドフォンマイクの方がマイクの音質はいいです。

しかしWEB面接を受けるために、わざわざヘッドフォンマイクを購入する必要はありません。

イヤホンで面接を受けたからといって、面接官に指摘されることはないでしょう。

ちなみに僕は、パソコンの内蔵マイクを使っていましたが全く問題なかったです。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

イヤホンを付けるなら、有線のマイク付きイヤホンがおすすめ

パソコンに内蔵マイクがついていない場合は、有線のマイク付きイヤホンを使うといいですよ。

Airpodsなどのワイヤレスイヤホンは、充電切れや接続状況の悪化で突然聞こえなくなる可能性があるのでおすすめできません。

有線のマイク付きイヤホンはヘッドフォンマイクより安い価格で購入できるので、1本は持っておくといいでしょう。

  • パソコンに内蔵マイクがついていれば、イヤホンでOK
  • 内蔵マイクがついていなければ、マイク付きイヤホンでOK

 

次は、WEB面接でよく聞かれる質問について紹介します。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

Web面接(オンライン面接)でよく聞かれる質問

WEB面接で聞かれる質問内容は、対面の面接で聞かれる内容と同じです。

「就活の教科書」編集部 菅野

以下、実際に僕がWEB面接で頻繁にされた質問です。

WEB面接で頻繁にされる質問
  • 学生時代に頑張ったこと
  • 志望理由
  • 会社で何を達成したいか
  • あなたの長所・短所

就活生ちゃん

本当に対面の面接でされる質問と同じなんですね。
WEB面接特有の質問はないので、普段どおりの面接対策をしておけばOKですよ。

「就活の教科書」編集部 菅野

面接でよく聞かれる質問と答え方や使いやすい逆質問を、こちらの記事で詳しく解説しています。合わせ参考にしてください。

 

企業の面接で実際に聞かれた質問を知るにはunistyleがおすすめです。

unistyleでは、内定者のES51,961枚や選考レポートが無料で見放題です。

面接で実際に聞かれた質問もチェックできるのでぜひ利用してみてくださいね。

>> unistyleで面接質問をチェックする

 

Web面接の突破には、自己分析が必須

Web面接は、会話に遅延が出て、一問一答形式になりがちで、ミスが挽回しにくいです。

一度の説明で上手に自分のことを説明しきる必要があります。

自分の事を上手く説明するには、綿密な自己分析が必須です。

ただ、そんな時間がない方も多いはず。

もし1人で自己分析をするのは、不安だと感じる方や精度の高いものにしたいという方は、積極的に自己分析診断ツールを使いましょう。

おすすめの自己分析ツール「キミスカ適性検査」です。

キミスカ適性検査は、診断結果のアドバイスから簡単に自己PR文を作成できようになります。

自己分析ツールを利用して自己分析を進めていきましょう。

>> キミスカ適性検査を受けてみる

 

ほかにも、おすすめの自己分析診断ツールがあるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

自己分析をする方法の1つとして、このサイトが運営している就活の教科書公式LINEの動物診断があります。

「就活の教科書」編集部 菅野

動物診断(就活の教科書公式LINE)は、5つの設問に答えるだけで、自分に似ているタイプの動物性格向いている職業が分かります。

動物診断は、就活の教科書公式LINEを登録して、学年などのアンケートを答えると診断するボタンが出てきます。

就活の教科書公式LINEでは、3年生向けに「後悔しない就活の方法」4年生向けに「今から内定を取る方法」も配信しているので、ぜひこちらから登録してください。

WEB面接で不安な学生は、面接対策の情報が載っている「就活完全マニュアル」もプレゼントしているので、就活の教科書公式LINEがオススメです。

就活の教科書公式LINEを使ってみた感想や就活生の評判は、以下の記事にまとめています。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

Web面接(オンライン面接)を受ける場所は自宅がベスト

一般的に、WEB面接を受ける場所は自宅がベストです。

WEB面接を受ける際、企業から「WEB面接当日は、周りの音が入らない静かな環境を選んでください」と連絡が来ます。

学校やカフェは周りの音が入りやすいので、自宅の誰もいない部屋でWEB面接を受けるのがおすすめです。

自宅に静かな環境がない場合は、独立した個室があるネットカフェを選びましょう。

「独立した個室がある」とは、一般的な天井が区切られていないタイプではなく、ドアがある完全個室のネットカフェのことです。

完全個室のネットカフェは、「レンタルスペース」と呼ばれることもあります。

ネットカフェは回線速度も速いので、通信が途中で切れたりする心配もありません。

WEB面接は自宅 or 完全個室のネットカフェがいいと覚えておきましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

Web面接(オンライン面接)はスマートフォン(スマホ)でもOK?

WEB面接はスマートフォン(スマホ)でも問題ないですが、パソコンを持っているなら必ずパソコンを使いましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

手でスマホを持ちながら面接を行うと画面が揺れ、面接官に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

「スマホを固定したらいいんじゃん」と思う方もいるかもしれません。

スマホを固定してもいいのですが、パソコンを使えば「WEB面接中にスマホが倒れないかな」と余計な心配をせずに済みますよ。

また、スマホ画面が揺れて面接官に迷惑をかけると、次のように思われてしまう可能性もあります。

人事さん

この子はWEB面接に向けてパソコンの準備もできない子なんだな・・
もしかして、当社の志望度が高くないのかな?
せっかくWEB面接に向けて「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」を考えたのに、機器のせいで面接に落とされたら馬鹿らしいですよね。

次に、パソコンを持っていない時の対処法について説明します。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

パソコンを持っていない時の対処法

就活生ちゃん

私、パソコン(PC)を持っていないんですよ。
パソコンを購入できるお金もありません。
先輩、どうしたらいいですか…
パソコンを持っていない人は、独立した個室があるネットカフェを利用しましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

お店にもよりますが、ネットカフェは1時間およそ500円で利用できます。

ネットカフェのWi-Fiの速度はとても速く、「WEB面談していたら通信が途中で途絶えた」ということも避けられますよ。

漫画を読める&ドリンクバーを利用できるネットカフェもあります。

ただ事前に、天井がない(他の個室と繋がっている)タイプではなく、完全個室のネットカフェかどうかを確認してくださいね。

WEB面接前にジュースを飲みながら漫画を読んでリラックスなんてのもいいですね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

パソコンでWeb面接(オンライン面接)を受ける時の注意点

最後に、パソコン(PC)でWEB面接を受ける時の注意点について説明しますね。

「就活の教科書」編集部 菅野

就活の経験上、パソコンでWEB面接を受ける時の注意点は3つです。

パソコンでWEB面接を受ける時の注意点
  • 通信速度をチェックする
  • マイクが機能するかをチェックする
  • カメラが付いているかどうかをチェックする

それでは、パソコンでWEB面接を受ける時の注意点を1つずつ解説していきます。

 

注意点①:回線速度を確認しておく

パソコンでWEB面接を受ける時の注意点1つ目は、「回線速度を確認しておく」です。

「就活の教科書」編集部 菅野

Wi-Fiの回線状態が遅いとWEB面接の途中で通信が切れてしまい、面接官に迷惑をかけてしまう場合があります。

迷惑をかけるだけならまだしも、「この子は事前準備ができない学生なんだな」と思われ評価を下げられたらもったいないですよね。

準備不足という理由で減点されないためにも、回線速度は確認しておくべきです。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

通信が切れるのを避けるために、「回線速度が出ているか」を確認しておきましょう。

快適に通信できる速度はWebサービスによって異なります。

速度に関しては、各Webサービスの公式サイトで確認するようにしてください。

回線速度はこちらのサイトで簡単に測れます。

https://fast.com/ja/

 

ちなみに、WEB面接ではZoomやSkype、appear.inなどのサービスを使用します。
参考までに、Skypeを使う際に推奨されている回線速度を紹介しておきますね。

「就活の教科書」編集部 菅野

WEB面接でよく使用される「スカイプ」で必要となる速度は、以下の通りです。

通話の種類 最低ダウンロード/
アップロード速度
推奨ダウンロード/
アップロード速度
通話 30kbps /
30kbps
100kbps /
100kbps
ビデオ通話/画面共有 128kbps /
128kbps
300kbps /
300kbps
ビデオ通話(高品質) 400kbps /
400kbps
500kbps /
500kbps
ビデオ通話(高品質) 400kbps /
400kbps
500kbps /
500kbps

引用:https://support.skype.com/ja/faq/FA1417/skype-debi-yao-tonarudai-yu-fu-wojiao-etekudasai

下記の記事では、Web面接に役立つ安くて高性能なポケットWi-Fiをランキング形式で紹介しています。

自宅のオンライン環境が不安で改善したい方、余裕を持ってWeb面接を受けて他の就活生と差をつけたい方は、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

注意点②:マイクが機能するかをチェックする

パソコンでWEB面接を受ける時の注意点2つ目は、「マイクが機能するかをチェックする」です。

「就活の教科書」編集部 菅野

マイクが機能しないと、あなたの声が面接官に届きません。

最近のパソコンにはマイクが内蔵されていることが多いですが、念の為、自分のパソコンにマイクがついているかを確認しておきましょう。

もしマイクが内蔵されていなかったら、ヘッドフォンマイクを使うといいです。

安い価格で、高品質な音声を面接官に届けられますよ。

個室ネットカフェでWEB面接を受ける人は、事前にお店の人にマイクを使用できるか確認してください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

注意点③:カメラが付いているかどうかをチェックする

パソコンでWEB面接を受ける時の注意点3つ目は、「カメラが付いているかどうかをチェックする」です。

「就活の教科書」編集部 菅野

WEB面接は音声だけでなく、お互いの顔と顔が見える形で行われます。

僕はWEB面接を20回以上経験しましたが、音声だけのWEB面接はありませんでした。

 

カメラがないと面接ができないので、自分のパソコンにカメラが内蔵されているかを確認してください。

もし自分のパソコンにカメラが内蔵されていない場合は、外付けカメラを使うといいです。

安い外付けカメラを紹介しておきますね。

マイク同様、個室ネットカフェでWEB面接を受ける人は、事前にお店の人にカメラを使用できるか確認してください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

WEB面接は慣れてないとトラブルが発生しやすいです。

面接官に「準備不足だな・・・」と思われないために、しっかりWEB面接の流れを確認しておきましょう。

ちなみに面接全般の準備については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

まとめ:Web面接(オンライン面接)は事前準備が大切

いかがだったでしょうか。

この記事では、就活時にWEB面接を20回以上経験した「就活の教科書」編集部の菅野が、

WEB面接(オンライン面接)とは何なのか、WEB面接を受ける時の場所や服装、WEB面接でイヤホンを使っていいのか、WEB面接のやり方、WEB面接を受ける時のマナー、WEB面接はスマホでいいのか、パソコン(PC)を持っていない場合どうすればいいのかについて徹底解説しました。

WEB面接ではパソコンやネット環境の整備など、事前準備を大切にしてくださいね。

この記事の内容を参考にし、WEB面接当日にあたふたしないよう、事前に準備を終わらせておきましょう。

WEB面接準備まとめ
  • WEB面接ではパソコンを利用する
  • パソコンがない場合は完全個室のネットカフェを利用する
  • パソコンでWEB面接を受けるときは、通信速度・マイク・カメラを要チェック
「就活の教科書」には他にも、就活に役立つ記事がたくさんあります。
ぜひ、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 菅野