>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR「集中力が高い」の正しい答え方 | 長所で伝えるコツも

この記事でわかること
  • 自己PRで集中力が高いは短所と紙一重なので注意が必要
  • 自己PRで集中力が高いは複数のエピソードを用意しておくべき
  • 自己PRで集中力が高いがもたらした成果は数値を用いて客観的に伝えるべき
  • 自己PRで集中力が高いを魅力的に伝えるためにやってはいけないこと3つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

今回は、自己PRで集中力が高いを魅力的に伝える方法で悩んでいる人に、コツや注意点を解説していきます。

あなたは自己PRで集中力が高いを伝える時に、困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私は部活を通して、1つのことに対しての高い集中力を身に着けました。

この集中力が高い点をエントリーシートや面接でアピールしたいのですが、どのように伝えれば良いか分かりません。

就活生くん

集中力があるという点は、就活の選考において有利になるのでしょうか。

そもそも、自己PRで集中力が魅力的な武器になるのかを知りたいです。

自己PRで集中力が高いは多くの就活生が伝える内容なのですが、実は注意すべき点などがたくさんあります。

しっかり自己PRで集中力の正しい伝え方を把握して、あなたの強みをしっかりと伝えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では自己PRで集中力が高いを魅力的に伝える例文コツを解説します。

合わせて、自己PRで集中力が高いを魅力的に伝えるためにやってはいけないことも解説しています。

この記事を読めば、「自己PRで集中力が高いを伝えなければよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

自己PRで集中力が高いを武器にして、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

「自己PRで集中力が高い」は短所と紙一重なので注意が必要

就活生くん

僕の強みである集中力が高いということで自己PRをすると、面接官はどのように捉えるのでしょうか?

そもそも、集中力が高いって自己PRで伝えても良い武器になりますかね・・・

自己PRで集中力が高いということは通用しますし、武器にもなりますよ。

しかし、自己PRで集中力は伝え方がとても重要で、一歩間違えると短所と捉えられる可能性があります。

自己PRで集中力が短所と捉えられる可能性がある点に関して詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

自己PR集中力の伝え方を間違えると「周りが見えなくなる」や「1つのことしかできない」とマイナスな印象で捉えられる可能性があります。

集中力があるということは、1つのことに夢中になるということなので、時と場合次第で必ずしも良いことではないからです。

「集中力が高い」ということを魅力的な自己PRとして伝えるために、上手な伝え方を解説していきます。

まずは、自己PRで集中力を伝える際の全体像を把握するために、「自己PRで集中力」を魅力的に伝える例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

「自己PRで集中力が高い」を魅力的に伝える例文

ここでは、自己PRで集中力を伝える際の全体像を把握するために、「自己PRで集中力」を魅力的に伝える例文を紹介します。

自分の長所を魅力的に伝えるフレームに合わせて作ってあるので、これを参考にあなたの経験を当てはめてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

私の強みは、「いくつものことを両立しながら、高い集中力を発揮して結果を出すことができる」という点です。

その強みを最も発揮したのは、アルバイトで集団塾の講師の経験です。

そこでは集団塾なので、一人ひとりの学力の差やモチベーションの差が生まれており、授業だけでは生徒に寄り添った指導ができないという課題がありました。

課題を解決するために、2時間の授業の中で高い集中力を発揮して「①理路整然とした解説をする②生徒の様子を見て、勉強への取り組みを把握する③生徒の想いを先回りして、どのように授業外のコミュニケーションやフォローをするか考える」を同時並行で行いました。

高い集中力を2時間維持することで、授業での様子を正確に判断し、生徒一人ひとりにをした結果、合格率が前年度より10%上昇し、生徒の進路と塾全体の合格率に貢献することができました。

この強みを活かして、貴社では、経理や事務作業の際に、高い集中力を発揮して、効率的かつ正確に処理するという形で貢献したいと考えています。

自分の長所を魅力的に伝えるフレームは、以下の通りなので、あなたも強みもこのフレームに当てはめて自己PRを作ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

①結論:私の強みはーです。

②具体的エピソード:その強みをーで活かしました。

③課題:そこではーの課題がありました。

④考えと行動:-と考え、-のように行動しました。

⑤結果:その結果、-することができました。

⑥入社後の活躍:入社後はこの強みをーに活かしたいです。

まずはあなたの強みである結論から述べて、最終的に企業でどのように活かすことができるかまでを言えたら完璧ですね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

自己PRで集中力の全体像を把握することはできました。

それでは具体的にどのような点に注意して、自己PRで集中力を伝えていけば良いのかを知りたいです。

それでは次は、実際に自己PRで集中力を伝える時に、どのような点に注意するかを理解するために、「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツを解説してきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

「自己PRで集中力が高い」を魅力的に伝えるコツ3つ

ここでは、自己PRで集中力をよりアピールできるようになるために、「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツを解説します。

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツ
  • コツ①:効果や結果を数値で具体的に伝える
  • コツ②:複数のエピソードを伝える
  • コツ③:主体性のあるエピソードで集中力の高さをアピールする

それでは1つずつ確認して、自己PRで集中力を武器にしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

コツ①:効果や結果を数値で具体的に伝える

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツ1つ目は、効果や結果を数値で具体的に伝えるということです。

抽象的な言葉である集中力の効果や結果を数値で表すことができたら、客観性が伴い、説得力が増すからです。

集中力が高いということに関して、世の中の明確な基準がなく、主観で集中力を判断していると感じられます。

そのため、効果や結果を数値で具体的に伝え、客観的に判断しているということをアピールしましょう。

逆にあなたの集中力がどのような効果や結果をもたらすかが不透明ならば、面接官は即戦力としては考えにくいですよね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

コツ②:複数のエピソードを伝える

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツ2つ目は、複数のエピソードを伝えるということです。

複数のエピソードを伝えて、何に関しても集中力があることをアピールするためです。

集中力があるというのは、自分の好きなことや興味があることだからで、それ以外には集中力はないと感じられる可能性があります。

特に、集中力があるということを伝えるためのエピソードとして、受験や部活を伝えると、「やらなければならないから」や「あなたの好きなことだから」と考えられることもあります。

なので、何に関しても集中力があるということをアピールするために、複数のエピソードを伝えるということを意識しましょう。

どんな仕事においても貢献することができると伝えるためにも、いろいろな場面で集中力を発揮することができると伝えることが大事ですよね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

コツ③:主体性のあるエピソードで集中力の高さをアピールする

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツ3つ目は、主体性のあるエピソードで集中力の高さをアピールするということです。

自分から集中力を発揮し、貢献できる環境を作ることができることを伝えるためです。

2つの具体例を見てみましょう。

就活生くん

私は、大学受験のおいて、1年間メリハリと高い集中力を維持し、合格をすることができました。

この伝え方では、大学受験という与えられたフィールドで集中したということになります。

受け身的な集中力であり、良い印象を与えるというよりかは、当たり前のことだと感じられるでしょう。

就活生ちゃん

私は、部活動において、個人練習の時は相手をイメージしながら集中して取り組み、全体練習の時は仲間との息を合わせるために集中して取り組みました。

この伝え方では、練習を個人と全体という場面に分け、自分なりの集中の仕方の工夫が分かるので、能動的な集中力であると判断されるでしょう。

仕事では、主体的に集中して取り組む力が必要になるので、主体性のあるエピソードで伝えるということが大切です。

あくまで、仕事で使うための集中力を伝えるという1番の前提を忘れてはいけませんね。

ガクチカに関するエピソードで悩みを抱えている人は、自己PRとガクチカのエピソードの違いやコツについて分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるコツを理解することができました。

これで自己PRで集中力は自信を持って伝え、自分の強みをアピールできる気がします!

まだ安心するのは早いですよ。

自己PRで集中力には、多くの就活生がやってしまう「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないことがありますので、最後まで確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

「自己PRで集中力が高い」を魅力的に伝えるためにやってはいけないこと3つ

ここでは、集中力をきちんと意図通りに伝えるために「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないことを解説します。

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないことは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないこと
  • NG①:周りが見えなくなるという短所にも捉えられる風に伝える
  • NG②:誰にでもできる集中力エピソードを伝える
  • NG③:主観で伝える

それでは1つずつ確認して、安心して自己PRで集中力を伝えられるようにしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

NG①:周りが見えなくなるという短所にも捉えられる風に伝える

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないこと1つ目は周りが見えなくなるという短所にも捉えられる風に伝えるということです。

自己PRで短所を言ってしまうと、良い印象を与えるどころか、自己分析ができていないと判断され、選考を通過することは難しいでしょう。

「1つのことに思いっきり集中できる」が「1つのことに夢中になると周りが見えなくなる」と意味的にはあまり変わりません。

なので自己PRで集中力を伝える時は、2つ以上のエピソードを用意するか、周りに気を遣いながらも自分の事にも集中することができるという風に伝えましょう。

自己PRで集中力を伝える時に限らず、1度自分の自己PRを読み返してみて、短所として捉えられる可能性がないかは吟味した方が良いでしょう。

自分の長所と短所が分からなくなってきたという人は、長所と短所が見つかる診断ツールが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

NG②:誰にでもできる集中力エピソードを伝える

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないこと2つ目は誰にでもできる集中力エピソードを伝えるということです。

誰にでもできる内容であり、その集中力にこだわりがないのならば、それは強みではなく、誰もがあるべき能力であるからです。

例えば、「目の前のやるべきことに高い集中力を維持することができる」などの抽象的な言葉で伝えてしまうと、当たり前の行動のような印象を与えてしまいます。

なので、「1時間でやるべきことを、エクセルを利用し効率化を図り、集中してやることで45分で仕上げることができる」という風に具体的に示すことが大切です。

「集中力」の内容や方法で差別化をする必要はありませんが、自己PRで集中力の伝え方で差別化をしていきましょう。

自己PRはあなたの強みを伝えるためにあるものなので、企業はあなたなりの考えや工夫した行動を知りたいでしょう。

なので、もしあなたの「集中力」が抽象的で誰にでも当てはまるのなら、もっと深掘りして具体化していきましょう。

これ以上強みに対して自己分析や深掘りができないと悩んでいる人は、自己分析が簡単にできる診断ツールや深掘る方法が分かりますので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

NG③:主観で伝える

「自己PRで集中力」を魅力的に伝えるためにやってはいけないこと3つ目は主観で伝えるということです。

集中力というのは、自分の中の基準で考えるため、説得力がないと判断される可能性があるからです。

自己PRで集中力を主観ではなく、客観的に伝えていることをアピールするために、期間や成果を数値で具体的に伝えることを意識しましょう。

また面接官は社会人なので、学生である就活生よりも高い基準を持っています。

もしあなたが主観で集中力があると判断しているなら、面接官にとってはそれは当たり前のことかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

なんだか自己PRで集中力を伝えることが不安になってきました。

他の自己PRに変えようかな・・・

もちろん自己PRで集中力を正しく伝えると武器としてアピールすることはできます。

しかし、ここまでの話を聞いてやっぱり他の自己PRに変えようと考えているなら、自己PRで集中力を伝えるのをやめた人へおすすめ自己PR一覧を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

「自己PRで集中力が高い」を伝えるのをやめた人へおすすめ自己PR一覧

ここまでの記事を読んで、やっぱり自己PRで集中力を伝えるのをやめようと感じた人に、他の魅力的な伝え方が解説されているおすすめ自己PR一覧を紹介します。

もし他の自己PRにしようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

他にも「自己PR」で悩みや不安を抱えている人は、自己PRについての悩みが解消しますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

まとめ:「自己PRで集中力が高い」は複数のエピソードを数値を用いて客観的にに伝える

「【例文あり】自己PR「集中力が高い」の正しい答え方 | 長所で伝えるコツも」の記事はいかがでしたか。

この記事では自己PRで集中力が高いを魅力的に伝える例文コツを解説しました。

合わせて、自己PRで集中力が高いを魅力的に伝えるためにやってはいけないことも解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

「自己PRで集中力が高い」は短所と紙一重なので注意が必要

「自己PRで集中力が高い」を魅力的に伝えるコツ3つ

  • コツ①:効果や結果を数値で具体的に伝える
  • コツ②:複数のエピソードを伝える
  • コツ③:主体性のあるエピソードで集中力の高さをアピールする

「自己PRで集中力が高い」を魅力的に伝えるためにやってはいけないこと3つ

  • NG①:周りが見えなくなるという短所にも捉えられる風に伝える
  • NG②:誰にでもできる集中力エピソードを伝える
  • NG③:主観で伝える

まとめ:「自己PRで集中力が高い」は複数のエピソードを数値を用いて客観的にに伝える

自己PRで集中力を伝える時は、複数のエピソードを用いることで、どんな仕事にも集中して取り組むことができるとアピールすることが大切でしたね。

また、高い集中力がもたらした効果や結果を数値で客観的に伝えると説得力が増しますよ。

あなたが自己PRで集中力を魅力的に伝え、納得のいく内定をもらえることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村