【失敗しない!】自分に合った会社の選び方 | 12の判断基準,注意点,おすすめ書籍

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 企業選びの前に自己分析と業界研究をするのがおすすめ
  • 企業選びの基準一覧
  • 企業を選んだ後にすべきこと4つ
  • 自分に合った優良企業に出会えるおすすめツール
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
優良企業からスカウトGET
(OfferBox)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のまゆこです。

この記事では、企業の選び方について解説します。

就活生の中で「自分に合う企業が分からない」「企業の選び方が分からない」という就活生はいませんか?

「就活の教科書」編集部 まゆこ

就活生ちゃん

私は最近就活を始めました。

自己分析と業界研究はしたのですが、志望企業をなかなか選ぶことができず、悩んでいます・・・

就活生くん

僕は内定をいくつかもらいましたが、どの企業に行けば良いのかわかりません。

自分に合った企業・会社の選び方を教えて欲しいです。

「自分に合った企業の選び方」について気になりますよね。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

そこで今回の記事では、「企業の選び方」について解説します。

あわせて、企業を選ぶ際に重要となる企業選びの基準や、企業選びが終わった後にすべきことなどについても解説します。

この記事を読めば、自分に合った企業の選び方や、企業選びの際に重要なポイントについて知ることができ、就活を有利に進めることができます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください!

 

先に結論をお伝えすると、「自分に合う企業や業界の優良企業や大手子会社を教えて欲しい!」なら、OfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognaviもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】ホワイト企業や大手子会社探しに役立つおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「OfferBox」であなたの性格に合う職種や企業を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

企業の選び方が分からない人は多い

就活生くん

僕は最近就活を始めたばかりで、企業選びの方法がわかりません。

周りの就活生についていけていないような気がして不安です・・・

確かに、初めてのことばかりで不安ですよね。

ただ、企業選びは就活生が思っている以上に簡単にできます。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

自分に合う企業とは?

自分に合う企業とは「自分が活躍できる環境があり、相応の対価をもらえる企業」のことです。

そのためには、「働き方」と「待遇」の2つの観点から企業を見定めることが必要です。

「働き方」が合っていれば、ストレスなく仕事ができたり、自分が描いたキャリアプランが手に入れやすくなります。

「待遇」が合っていれば、「やりたい仕事はできるけど給料が低くて辛い・・・」といった事態を避けられます。

働き方と待遇の全てが、自分の求める基準を満たしているのが理想ですが、そこまでうまくいくとは限りません。

後ほど紹介する14の基準に優先順位をつけて、企業を比較してみましょう。

 

【必須!】企業選びの前にすべきことは自己分析と業界研究

企業選びそこまで難しくありません

正しい順番とやり方さえ分かれば、誰でもできます。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

企業選びのステップは以下のとおりです。

企業の選び方3ステップ
  • ステップ①:自己分析をする
  • ステップ②:業界研究をする
  • ステップ③:自己分析/業界研究の結果から自分に合う企業を選ぶ

この記事の下の方で詳しく解説しています。

>企業の選び方3ステップをさらに詳しく見る

 

また、企業選びの前にすべきことは自己分析業界研究です。

まず、自己分析によって、自分の長所・短所や向いていることなどを知り、就活の軸を見つけます。

次に、見つけた長所や短所から自分に向いている業界、興味のある業界を絞り、その業界の研究を行います。

これらの2つを行うことで、いくつかの企業が候補としてあがってくるので、そこから企業を選べばよいということになります。

就活生ちゃん

自己分析や業界研究をすべきだということはわかりましたが、やり方がわかりません・・・

心配いりません!

自己分析や業界研究の目的、やり方については後の項目で解説しています。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

 

「企業研究のやり方がわからない…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

「1人で企業研究するのは難しい…」など企業研究に悩んでいる人は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【働き方編】企業選びの基準6選

就活生くん

企業選びでは何を基準にしたらいいのでしょうか?

企業選びをする際には、企業選びの基準を自分なりに設定して決める必要があります

基準が分からないという就活生のために基準を一覧にしたのでぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

【働き方編】企業選びの基準一覧
  • 基準①:企業の企業理念が自分に合うか
  • 基準②:仕事内容が自分に合うか
  • 基準③:長く働けるか
  • 基準④:社風

 

基準①:企業の企業理念が自分に合うか

企業選びの基準1つ目は、企業の企業理念が自分に合うかです。

あなたが共感できるような企業理念を掲げている企業に就職することで、入社後のミスマッチを防ぐことができます

企業が将来どのようなビジョンで進んでくのかを知っておくことで、入社後の自身の目標も立てやすく、ともに成長していけると考えられます。

以上のことから、働きながら自分自身を成長させたいと考えている就活生には特に重視してもらいたい基準と言えます。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準②:仕事内容が自分に合うか

企業選びの基準2つ目は、仕事内容が自分に合うかです。

企業によって仕事内容は大きく異なります。

たいていの場合週5日勤務であるため、週5日行っても飽きないような仕事を選ぶのが良いでしょう。

就職ではありませんが、私もやりたい仕事から決めたアルバイトは長く続けることができたので、仕事内容から決めるのはおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準③:長く働けるか

企業選びの基準3つ目は、長く働けるかです。

近年では、転職が当たり前の時代になりつつあるため、長く働く必要はないという就活生も多いと思います。

しかし、環境の変化に対応するのが苦手、安定した生活を送りたいという就活生には、長く働けるかどうかを基準にするのが良いでしょう。

ホワイト企業であれば長く働くことができそうですよね!

以下の記事では、おすすめのホワイト企業を100社紹介しています。

興味のある就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準④:社風

企業選びの基準4つ目は、社風です。

社風とは、企業全体の価値観や信念があらわれる企業独自のスタイルや雰囲気のことです。

例えば、上司や同期の人柄などです。

どんなにやりたい仕事であっても、人間関係が良くない職場環境では働きにくいと感じてしまう可能性があります。

尊敬できる上司がいることや、信頼してなんでも相談できる同期がいる企業は心地よいですよね。

会社説明会やインターンシップに参加し、周りの雰囲気を味わってみるのがおすすめです。

以下の記事ではインターンシップを探すことができるおすすめのサイトを紹介しています。

興味のある就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準⑤:仕事の進め方(チームor個人)

企業選びの基準5つ目は、仕事の進め方(チームor個人です。

会社によって仕事の進め方は大きく異なります。

チームでプロジェクトを進める意識が強い会社もあれば、個人の営業成績を重要視する企業もあります。

チームと個人、どちらの働き方が良いかはその人の性格や向き・不向きによって大きく変わります。

そのため、自己分析ツールを使って自分に合った働き方を考えてみましょう。

 

基準⑥:欲しいスキルが手に入るか

企業選びの基準6つ目は、欲しいスキルが手に入るかです。

その会社で手に入るスキルは、5年後・10年後の自分の働き方に大きく影響を与えます

企業選びの際には、5年後・10年後にどんな人生を歩んでいたいかを考えてみましょう。

そして、5年後・10年後のキャリアプランから逆算して、必要なスキルを考えてみると良いでしょう。

5年後・10年後のキャリアプランを考える際には、以下の記事も参考になります。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【待遇編】企業選びの基準8選

就活生くん

他にも企業選びの際に基準にした方がいいことはありますか?

上記で解説した内容の他にも企業選びで大切にしてもらいたい基準はあります。

続いては、待遇に関する企業選びの基準一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

【待遇編】企業選びの基準一覧
  • 基準①:給料・賞与
  • 基準②:転勤の有無
  • 基準③:住宅手当・家賃補助
  • 基準④:社員食堂の有無・昼食代補助
  • 基準⑤:退職金の有無・金額
  • 基準⑥:家族手当
  • 基準⑦:育児支援制度
  • 基準⑧:その他の福利厚生

 

基準①:給料・賞与

企業選びの基準1つ目は、給料・賞与です。

高給であれば、仕事のやる気やモチベーションが高まるという就活生ならば、給料や賞与を企業選びの際に視野に入れることもおすすめです。

ただし、給料や賞与ばかりに気を取られていると、入社後に思っていたような企業ではなかったとミスマッチが起こる可能性があるため、給料や賞与以外の基準も参考にするようにしましょう。

給料が高い企業やこれから儲かる仕事について知りたい就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準②:転勤の有無

企業選びの基準2つ目は、転勤の有無です。

特に、将来的に両親の介護をしなければならない人や、子どもを産む予定の人は、転勤の有無についても考えることをおすすめします。

転勤の多い業界は、建設業界や卸売業、不動産業界などです。

大手企業でも転勤がない企業はあります。

転勤がない企業に就職したい就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準③:住宅手当・家賃補助

企業選びの基準3つ目は、住宅手当・家賃補助です。

住宅手当・家賃補助というのは、賃貸マンション・アパートの家賃を会社が負担してくれる福利厚生制度のことです。

家賃補助/住宅手当に明確な規定はなく、「毎月2万円を支給」「家賃の30%を会社が負担」のように、基準は会社によって異なります。

また会社によっては、家賃補助/住宅手当の代わりに社員寮や社宅等を用意している場合もあります。

家賃補助/住宅手当のある会社かどうかは、選考を受ける前にしっかりと調べることが大切です。

就職したら一人暮らしをする予定で、家賃補助や住宅手当が充実している企業に就職したい就活生は以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準④:社員食堂の有無・昼食代補助

企業選びの基準4つ目は、社員食堂の有無・昼食代補助です。

特に、朝に弁当を作る時間がないという方にはおすすめです。

社員食堂ではお金がかかることがほとんどですが、安く食べられたり、短時間で食事を済ませることができたりするといったメリットがあります。

ただ、「料理するのが好き!」「職場の近くのカフェに行きたい!」という就活生には不要かもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準⑤:退職金の有無・金額

企業選びの基準5つ目は、退職金の有無・金額です。

退職金は、必ず支給しなければならないものではないため、退職金の有無や金額は企業によって異なります。

ただ、退職後に貯金が無ければ、生活するのは大変です。

そのため、老後に不安がある人は、退職金がある企業を選ぶ方が良いでしょう。

退職金が多い企業については以下の記事がおすすめです。

ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準⑥:家族手当

企業選びの基準6つ目は、家族手当です。

家族手当とは、家族を扶養している従業員に賃金とは別に支給される手当のことを指します。

扶養手当とは異なり、生活を共にしている「家族」に対して支給されるものです。

ただし、多くの企業では家族手当がなく、扶養手当がある場合が多いです。

家族手当や扶養手当を給付してもらうためには企業が課す条件をクリアしていなければならない場合があります。

事前に調べておくか、面接の逆質問で聞くなど、入社してから思っていたのとは違うかったとならないようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

基準⑦:育児支援制度

企業選びの基準7つ目は、育児支援制度です。

将来的に家庭をもって子どもを育てたいと考えている就活生にはおすすめの基準です。

育児支援制度と言っても企業によって異なりますが、よくある支援制度は以下のとおりです。

育児支援制度一覧
  • 産休・育休
  • 短時間勤務制度
  • 在宅勤務
  • 託児所の設置
  • 子どもの介護休暇

 

基準⑧:その他の福利厚生

企業選びの基準8つ目は、その他の福利厚生です。

上で述べてこなかったもの以外にも企業にはたくさんの福利厚生があります。

以下に一覧をまとめているので参考にしてみてください。

その他福利厚生一覧
  • フレックスタイム制
  • ハネムーン手当
  • 失恋休暇
  • 介護休暇
  • 時差出勤

他にも面白い福利厚生がある企業はたくさんあります。

興味のある就活生は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

                         

企業研究に役立つ記事一覧

「企業研究を進めているけど、どの企業も魅力的で選べない」という就活生には、 自分に合った会社の選び方 という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、あなたに合った企業の選び方を知れ、本当に行きたい企業を見つけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                         

「企業研究のやり方がわからない…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

「1人で企業研究するのは難しい…」など企業研究に悩んでいる人は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【完全解説!】企業の選び方3ステップ

就活生くん

企業の選び方について詳しく教えてください・・・

分かりました!

それでは企業の選び方について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

ステップ①:自己分析をする

企業の選び方ステップ①は、自己分析をするです。

自己分析とは、「自分自身の性格や能力などを客観的に分析すること」です。

自己分析には様々な方法があるので、自分に合った方法や楽しみながらできる方法で行いましょう。

自己分析のやり方は以下の5つがあります。

自己分析のやり方5選
  • やり方①:自己分析ツールを使う
  • やり方②:自分史を作る
  • やり方③:SWOT分析で自己分析を行う
  • やり方④:モチベーショングラフを作る
  • やり方⑤:マインドマップで自己分析を行う

参考:就活の教科書「【内定者が教える】自己分析のおすすめなやり方 | 実際の例やポイントも」

上で紹介した自己分析のやり方は以下の記事で詳しく解説しています。

興味のある記事があればぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

ステップ②:業界研究をする

企業の選び方ステップ②は、業界研究をするです。

業界研究とは「世の中の業界の構造や動向を理解すること」です。

例えば、「商社」や「証券」という業界の名前はよく聞きますが、ビジネスモデルや今後の動向まで理解していますか?

業界理解が出来ていないと、自分に適性がある業界も理解することができないのです。

そのため、会社を選ぶ前の段階で、「自分にマッチした業界」を探すことが業界研究なのです。

業界研究のやり方は以下のとおりです。

業界研究のやり方4STEP
  • STEP①:業界を絞らずに全体像を把握する
  • STEP②:業界ごとの特徴を理解する
  • STEP③:自分に合った業界を2,3個に絞る
  • STEP④:業界の成長性・将来性を調べて業界を決める

もっと詳しく業界研究のやり方を知りたいという就活生はぜひ以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

ステップ③:自己分析/業界研究の結果から自分に合う企業を選ぶ

企業の選び方ステップ③は、自己分析/業界研究の結果から自分に合う企業を選ぶです。

自己分析や業界研究によって、自分に合う業界や自分が働くうえで大切にしたいことについて理解することができたはずです。

それらの条件から自分に合う企業を選びましょう。

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【これで失敗しない!】企業を選ぶ際の注意点3つ

就活生くん

企業選びの基準について理解することができました!

これから企業を選んでいこうと思うのですが、企業を選ぶ際に注意することがあれば教えてください。

分かりました!

それでは、企業を選ぶ際に注意すべき点について解説していきます。

企業を選ぶ際に注意すべき点は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

企業選びの注意点3つ
  • 注意点①:企業選びの軸を1つに絞らない
  • 注意点②:大手企業だけでなく中小企業も視野に入れる
  • 注意点③:周りの人の意見に流されない

注意点①:企業選びの軸を1つに絞らない

企業を選ぶ際の注意点1つ目は、企業選びの軸を1つに絞らないです。

いくつかの基準を満たす企業はたくさんあるため、1つに絞る必要がありません。

例えば給料だけで企業を選び、福利厚生が整っていなければ、給料は高くても保険料や交通費・家賃などの負担をしてもらえず、自由に使えるお金が結局他の企業と変わらないという場合もあります。

そのため、少なくても3つは企業選びの軸・基準をもって企業を選ぶようにしましょう。

 

注意点②:大手企業だけでなく中小企業も視野に入れる

企業を選ぶ際の注意点2つ目は、大手企業だけでなく中小企業も視野に入れるです。

大手企業は福利厚生や教育制度などが整っているという印象がありますが、中小企業でも福利厚生や教育制度が大手企業と同じくらい整っているというケースは多いです。

大手企業は就活生からの人気が高く、内定をもらうのが難しいため、中小企業もいくつか調べてみるのが良いでしょう。

大手企業の選考ばかり受けること大手病と言います。

もしかしたら自分は大手病なのかも・・・という就活生は以下の記事を読んでみてください。

また、ホワイトな中小企業を紹介している記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

注意点③:周りの人の意見に流されない

企業を選ぶ際の注意点3つ目は、周りの人の意見に流されないです。

入りたい企業がないという就活生は、親や先輩、友人など周りの意見を取り入れようとしますが、あまりおすすめできません。

理由は、実際に働くのは自分自身であり、自分のことを一番わかっているのは自分自身であるからです。

アドバイスとして意見をもらうのは良いですが、その意見だけを鵜呑みにしないように注意しましょう。

もし入社した企業が自分に合わなかった場合、他人におすすめされて入社していれば、後悔してしまいます。

「この企業なら入社しても後悔しない」と思えるような企業を選びましょう。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

「企業研究のやり方がわからない…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

「1人で企業研究するのは難しい…」など企業研究に悩んでいる人は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

企業選びに役立つ本3選

就活生くん

企業選びをする際におすすめの本はありますか?

企業選びにおすすめの本は3冊あります。

以下で1冊ずつ解説していきますので、気になる本があれば購入してみて下さい。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

おすすめ本①:「いい会社」はどこにある?ー自分だけの「最高の職場」が見つかる9つの視点

おすすめ本1つ目は、『「いい会社」はどこにある?ー自分だけの「最高の職場」が見つかる9つの視点』です。

この本を読むと、仕事・生活・対価などあらゆる角度から後悔しない職場を選べます。

万人にとっていい会社は存在しません。

口コミや企業名だけにつられてよく考えずに企業を選んでしまっている就活生にぜひ読んでもらいたい1冊です。

 

おすすめ本②:人生を無駄にしない会社の選び方

おすすめ本2冊目は、『人生を無駄にしない会社の選び方』です。

人生を無駄にしない会社の選び方

人生を無駄にしない会社の選び方

新田龍
385円(05/24 00:51時点)
発売日: 2009/10/01
Amazonの情報を掲載しています

この本では、さまざまな情報に踊らされることなく人生を無駄にしない、自分に合った会社を見つける方法について解説しています。

この本の著者は、かつてブラック企業で人事として働いた経験があり、キャリア教育プロデューサーとして5000人以上をカウンセリングした経験を持っているため、非常に信頼度の高い本です。

この本では、ブラック企業の抜け出し方についても紹介しているため、現在ブラック企業に勤めていて、転職を考えている方にもおすすめの1冊です。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

おすすめ本③:こんな会社で働きたい ウェルビーイングな働き方を実現する健康経営企業編

おすすめ本3つ目は、『こんな会社で働きたい ウェルビーイングな働き方を実現する健康経営企業編』です。

この本は、「健康」に関する取り組みではなく、「社員にとってより良い」を考える人たちの想いを従業員のリアルな声とともに紹介しています。

「こんな会社で働きたい!」という企業がまだ定まっていない就活生にぜひおすすめしたい1冊です。

企業選びにおすすめの本を3冊紹介しました。

他にも適職を見つけられる本業界研究・企業分析に役立つ本について解説している記事があるので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

企業を選んだ後にすること4選

就活生ちゃん

企業選びの基準を参考にすることで志望企業を選ぶことができました!

企業を選んだあとにすべきことがあれば教えてください。

分かりました。

それでは次は、企業を選んだ後にすべきことについて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

企業を選んだ後にすべきこと
  • すべきこと①:選んだ企業のインターンシップに参加する
  • すべきこと②:Webテスト対策をする
  • すべきこと③:ES対策をする
  • すべきこと④:面接対策をする

すべきこと①:選んだ企業のインターンシップに参加する

企業を選んだ後にすべきこと1つ目は、選んだ企業のインターンシップに参加するです。

インターンシップには以下のような4つの種類があります。

インターンシップの種類4つ
  1. 会社説明・セミナー型インターン
  2. 職場体験型インターン
  3. プロジェクト型インターン
  4. 実務型インターン

この中で最もおすすめしたいのが、プロジェクト型インターンシップです。

プロジェクト型インターンシップとは、短くて1週間、長くて1ヶ月程にわたって行われるものです。

数人でグループになって商品企画などの実務体験をし、最後にはグループディスカッションをし、人事の方に発表をします。

積極的にグループディスカッションで発言したり、他の学生の意見を聞いたりすることで、企業の方にアピールすることができ、一部選考を免除される場合もあるのでおすすめです。

「その他のインターンシップについて知りたい」「インターンシップは本当に就活に影響するのか知りたい」という就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

すべきこと②:Webテスト対策をする

企業を選んだ後にすべきこと2つ目は、Webテスト対策をするです。

志望企業が決まれば、その企業の選考を通過するための対策をする必要があります。

まず初めは、Webテストが行われる場合がほとんどなので、Webテスト対策を行いましょう。

Webテストには様々な種類がありますが、多くの企業ではSPIという試験が用いられることが多いです。

志望企業のWebテストの種類を調べ、対策するようにしましょう。

Webテストの対策方法について知りたいという就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

すべきこと③:ES対策をする

企業を選んだ後にすべきこと3つ目は、ES対策をするです。

Webテストと同様にES対策も早めに始めることをおすすめします

企業選びの前に自己分析をしているはずなので、そこまで時間をかけずに仕上げることができるはずです。

ESでよく聞かれる質問は以下のとおりです。

ESでよくある頻出質問4つ
  • 質問①:自己紹介
  • 質問②:自己PR
  • 質問③:ガクチカ
  • 質問④:志望動機

参考:就活の教科書 【よくある質問項目】エントリーシート(ES)で聞かれる頻出質問100選 | 書き方の例文も

また、ESの対策方法やおすすめのES添削サービスについて知りたいという就活生は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

すべきこと④:面接対策をする

企業を選んだ後にすべきこと4つ目は、面接対策です。

WebテストやESを通過すれば、あとは面接対策をするのみです。

企業によって個人面接の場合や、集団面接、グループディスカッションの場合があるので、志望企業がどのような面接を行うのか、しっかりと調べるようにしましょう。

調べておくべき内容は以下の3点です。

  • 面接の回数
  • 面接の時間
  • 面接の形式(個人か集団か)
  • 対面かオンラインか
  • 過去の先輩が面接でどのような質問をされ、どのように回答したか

これらのことを調べて、対策するようにしましょう。

面接の対策方法についてもっと詳しく知りたいという就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

「企業研究のやり方がわからない…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

「1人で企業研究するのは難しい…」など企業研究に悩んでいる人は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

企業選びに関するよくある質問

就活生くん

企業の選び方についてなんとなくわかってきました。

他に知っておいた方が良いことがあれば教えてください!

分かりました!

それでは最後に、就活生によくある企業選びに関する質問を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

企業選びに関するよくある質問
  • 質問①:滑り止め企業の選び方は?
  • 質問②:面接で「企業選びの軸は何ですか」と聞かれたときの答え方は?

質問①:滑り止めの企業の選び方は?

結論から述べると、滑り止め企業は以下の3つの観点から選びましょう。

滑り止め企業の選び方
  • 選び方①:第一志望業界と同じ業界の中小企業を選ぶ
  • 選び方②:自分の興味のある企業を選ぶ
  • 選び方③:選考期間の早い業界から選ぶ

さらに詳しく知りたいという就活生には以下の記事がおすすめです。

以下の記事では、「そもそも滑り止め企業は必要なのか?」「滑り止め企業を選ぶ際の注意点は?」といった疑問を解決してくれます。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

 

質問②:面接で「企業選びの軸は何ですか」と聞かれたときの答え方は?

結論から述べると、上で紹介した企業選びの基準をうまく言い換えて答えるのが良いです。

例えば、面接で「給料が良い企業」というように答えると、企業から好印象を持ってもらえませんが、「給料が高い分、責任感を持って働ける企業」という風に言い換えることで好印象を持ってもらえるようになります。

他にも、「残業が少ない会社」を「メリハリがしっかりしている会社」というように言い換えることで面接でも通用する回答をすることができます。

答え方の例文を知りたいという就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 まゆこ

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

まとめ:自分に合った企業を選ぼう

いかがだったでしょうか?

この記事では、企業の選び方について解説しました。

合わせて、企業を選ぶ前にすべきことや企業を選べた後にすべきことについても紹介しました。

参考になれば嬉しいです!

「就活の教科書」編集部 まゆこ