【優良企業】理系学生が入社できるホワイト企業ランキング | 内定するための方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 理系学生が入社できるホワイト企業・優良企業ランキング
  • ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選
  • ホワイト企業に向いている理系学生の特徴3選
  • 理系学生がホワイト企業に内定するための対策法3つ
  • 理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット・デメリット
  • 「研究で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「OfferBox」を使うのがおすすめ

 

こんにちは。
「就活の教科書」編集部のもりぴーです。
今回は理系学生が入社できるホワイト企業ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

就活生くん

ホワイト企業に入社したいのですが、どんな企業があるかわからないです。
理系学生向けのホワイト企業ランキングがあれば教えて欲しいです。

就活生ちゃん

理系のホワイト企業に就職したいと考えていますが、うまく就活ができなくて困っています。
就職活動を効率よく進められる就活サイトやサービスは何かありませんか。

そこで、この記事では「就活の教科書」編集部のもりぴーが理系学生が入社できるホワイト企業ランキングについて解説していきます。

また、ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選や、理系学生がホワイト企業や優良企業に就職するメリット・デメリット
を紹介します。

この記事を読めば、理系学生が入社できるホワイト企業ランキングや対策方法がわかり、就活が有利に進められますよ。

理系学生が入社できるホワイト企業ランキングを知りたい方や、ホワイト企業・優良企業に就職したい就活生の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

研究や実験で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

「OfferBox」を使うと、あなたのプロフィール次第有名ホワイト企業からオファーが来るので、研究で忙しくても簡単に内定がもらえるようになります。

「忙しいけど、優良企業に就職したい!」という方は「OfferBox」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「OfferBox」を使ってみる

 

【理系】ホワイト企業・優良企業ランキング

就活生くん

理系学生が入社できるホワイト企業ランキングについて教えてください!

それでは、【理系】ホワイト企業・優良企業ランキングを紹介しますね。

「ホワイト企業」「優良企業」を重視して企業選びをしたい就活生の皆さんは参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

1位 グーグル(インターネットサービス)
2位 味の素(食品、飲料)
3位 昭和シェル石油(エネルギー)
4位 特許庁(官公庁)
5位 サントリーホールディングス(食品、飲料)
6位 ヴイエムウェア(ソフトウェア、システム運用)
7位 中国電力(電力)
8位 マスワークス(ソフトウェア、システム運用)
 9位 アステラス製薬(医薬品)
10位 日本たばこ産業(タバコ)
11位 第一三共(医薬品)
12位 アドバンテスト(半導体)
13位 マンダム(日用品、化粧品)
14位 中外製薬(医薬品)
15位 デンソー(自動車部品)
16位 ヤマハ(楽器、自動車)
17位 旭化成(食料品)
18位 日本新薬(医薬品、医療機器)
19位 出光興産(エネルギー)
20位 アークシステム(SIer、ソフト開発、システム運用)
21位 セールスフォース・ドットコム(ソフトウェア)
22位 Apple Japan(インターネット)
23位 クリエイトラボ(SIer、業務請負)
24位 アシスト(ソフトウェア)
25位 九州電力(電力)
26位 トヨタ自動車(自動車)
27位 四国電力(電力)
28位 ライオン(日用品)
29位 キヤノンマーケティングジャパン(総合電機)
30位 オートデスク(ソフトウェア)
31位 太平洋セメント(化学)
32位 NTTドコモ(通信)
33位 パナソニック(電気機器)
34位 帝人(化学)
35位 日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング(SIer)
36位 ISAO(インターネット)
37位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(日用品、化粧品)
38位 マースジャパンリミテッド(食品、飲料)
39位 アマゾン・ウェブ・サービス・ジャパン(システム運用)
40位 シスコシステムズ(通信)
41位 カゴメ(食品、飲料)
42位 塩野義製薬(医薬品)
43位 三菱ガス化学(化学)
44位 関西電力(電力)
45位 中部電力(電力)
46位 浜松ホトニクス(電子機器、精密機器)
47位 アンリツ(精密機器)
48位 ナウプロダクション(ゲーム開発)
49位 横河電機(制御機器)
50位 キリンホールディングス(食品、飲料)

よく名前が知られている企業から、ニッチな事業をしている企業までさまざまな企業がランクインしました。
就活生の皆さんは一つの指針として参考にしてみてくださいね。

理系就活生の他のカテゴリ別の企業ランキングも知りたい人は、人気企業ランキングや年収が高い企業ランキングが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選

就活生ちゃん

ホワイト企業や優良企業に就職したいのですが、就職活動でやることが多すぎて困っています。
楽に就活を進められるサービスがあったら教えてほしいです。

そこで、ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービスを3つ紹介します。

就活サービスをうまく利用すれば選考対策にかかる時間が大幅に減り、少し楽に就活を終えることができますよ。

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービスは以下の3つです。

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス

それでは、ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービスを一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

サービス①:逆求人サイト「OfferBox」

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス1つ目は、逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」です。

就活では、エントリーシートやグループディスカッションなど選考が多くて大変です。

そんな選考をスキップしつつ、企業側から連絡をもらえるのが逆求人サイトです。

逆求人サイトでは、就活生はプロフィールを入力しておくだけで企業からのお誘いである「スカウト」を受けられます。

逆求人サイトでスカウトを受けると、企業の人事の方との面談を受けられたり早期選考に参加することができます。

 

逆求人サイトの中でも最もおすすめなのは、「OfferBox(オファーボックス)」です。

逆求人サイトの中でもホワイト企業や優良企業の登録企業数はかなり多く、就活生に合った企業を紹介してもらえるのでかなりオススメです。

逆求人サイトに登録しておくと、今までに出会えなかった優良企業とも出会えます。
OfferBox(オファーボックス)についてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

サービス②:自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+」

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス2つ目は、自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)」です。

就活生ちゃん

就活では自己分析がとても大事とよく聞きます。
でも、どこがゴールかもわからないしやる気が起こらない…

こんな気持ちになるホワイト企業を目指す理系学生の方は多いはずです。

いきなり自分の人生を全て振り返る自己分析に取り組むのがハードルが高いと感じるかもしれません。

そんな自己分析を簡単に終わらせることができるのが自己分析ツールです。

自己分析ツールを使えば、問題に回答していくだけで自己分析が完了し、自分の強みや自分に合った会社がわかります。

 

自己分析ツールでおすすめなのは、OfferBoxの提供する適性検査「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)です。

適性診断AnalyzeU+では、仕事力を6タイプ25項目で診断できるので、自分に合ったホワイト企業や優良企業を探せますよ。

適性診断AnalyzeU+を受験すると先ほど紹介したOfferBox(オファーボックス)で自分に合った会社からオファーが受けられますよ。
無料で利用できるのでぜひ一度使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)についてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

サービス③:就活エージェント「キャリアチケット」

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3つ目は、就活エージェント「キャリアチケット」です。

就活エージェントとは、プロの就活アドバイザーが内定まで個別サポートをしてくれるサービスのことです。

就活エージェントでは、就活生一人ひとりに合った企業紹介や選考対策もしてくれるので、就活を早く終わらせることができます。

 

就活エージェントの中では、レバレジーズ株式会社が運営する「キャリアチケット」が最もおすすめです。

ホワイト企業を目指す理系学生でもエントリーシートの添削や面接練習などかなり手厚いサービスを受けられますよ。

就活エージェントを利用すれば、就職活動を効率的かつ納得して終えられますよ。
キャリアチケットについてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

ホワイト企業に向いている理系学生の特徴3選

就活生ちゃん

なんとなくホワイト企業に入社したいと考えています。
ホワイト企業に向いている理系学生はどんな人なんですか。

将来やりたいことやなりたい姿によって、自分に合った企業や職種があるのは事実です。

そのため、どの企業にどのような就活生が向いているのかを知っておくことには価値があります。

そこで、ホワイト企業に向いている理系学生の特徴を紹介します。

ホワイト企業に向いている理系学生の特徴
  • 特徴①:のんびりと働きたい就活生
  • 特徴②:プライベートを充実させたい就活生
  • 特徴③:定年まで働きたい就活生

それでは、ホワイト企業に向いている理系学生の特徴について解説していきます。

 

特徴①:のんびりと働きたい就活生

ホワイト企業に向いている理系学生の特徴1つ目は「のんびりと働きたい就活生」です。

ホワイト企業では残業も少なく、ワークライフバランスが整っていることが多いです。

そのため、仕事の納期や締め切りも厳しく、のんびり働きたい就活生にホワイト企業や優良企業は向いているといえます。

のんびり仕事を進めていきたい就活生の方には、ホワイト企業・優良企業はオススメです。
このような本音の志望動機を就活生の方が多い印象です。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

特徴②:プライベートを充実させたい就活生

ホワイト企業に向いている理系学生の特徴2つ目は「プライベートを充実させたい就活生」です。

「特徴①:のんびりと働きたい就活生」に似ているのですが、こんな考え方の理系学生の方はいませんか。

就活生くん

ずっと忙しく働き続けるより、仕事終わりや休みの日は趣味に没頭したい。

仕事は人生の大半の時間を閉めるのは事実です。

しかし、仕事と趣味の両方を頑張りたいと考える就活生の方もいるはずです。

ホワイト企業や優良企業では勤務時間や給与面を加味しても、プライベートを充実させられる環境が整っています。

価値観は人それぞれですが、プライベートも大切にしたい理系学生の方には、ホワイト企業や優良企業はオススメです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

特徴③:定年まで働きたい就活生

ホワイト企業に向いている理系学生の特徴3つ目は「定年まで働きたい就活生」です。

日本の大企業の終身雇用は崩壊しつつあることは、最近ニュースでも話題になっていました。

そのため、今まで通り終身雇用が保証されている企業は少ないです。

そんな中、ホワイト企業や優良企業では社員を大切にしている傾向が高く、定年まで働ける場合が多いです。

ここで紹介した特徴に必ずしも当てはまる必要はありません。
それよりも自分が本当にやりたいことやなりたい姿を把握することが大切です。
特徴を参考にしながら自分がどんな企業に向いているかを探してみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

理系学生がホワイト企業に内定するための対策法3つ

就活生ちゃん

私は理系就活をしてホワイト企業に内定したいのですが、失敗するのではないかと不安です。
理系学生がホワイト企業に内定するための方法は何かありますか。

ホワイト企業や優良企業は就活生からの人気もあり、倍率が高くなることがあります。

しかし、しっかり対策をしておけば、理系学生がホワイト企業に内定することも十分狙えますよ。

理系学生がホワイト企業に内定するための対策法は以下の3つです。

理系学生がホワイト企業に内定するための対策法3つ
  • 対策①:早めから就活の準備をする
  • 対策②:中小企業の選考も受けておく
  • 対策③:志望度の高さを伝える

それでは理系学生がホワイト企業に内定するための対策法を一つずつ解説していきますね。

 

対策①:早めから就活の準備をする

理系がホワイト企業に内定するための対策法1つ目は「早めから就活の準備をする」です。

ホワイト企業やブラック企業に関わらず、どの企業を受けるにしても早めの準備が大切です。

また、ホワイト企業や優良企業は出回る情報量も少ないため、より早くから就活の準備をしておくべきです。

できる限り早めから就活の対策をしておくようにしましょう。
「何から取り組めばいいかわからない…」というホワイト企業に内定したい理系学生の方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

対策②:中小企業の選考も受けておく

理系がホワイト企業に内定するための対策法2つ目は「中小企業の選考も受けておく」です。

大手のホワイト企業や優良企業の求人数は少ないことが一般的です。

そのため、求人に対して就活生が多く応募するとその会社に就職できないこともあります。

そんなリスクを回避するために、大手のホワイト企業の選考と並行して中小企業の選考も受けておくのがオススメです。

中小企業の選考も受けておくの選考も受けることで、本命のホワイト企業の選考での面接に慣れておくこともできます。

自分が志望する企業の他にも複数の選考を受けておくのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

対策③:志望度の高さを伝える

理系がホワイト企業に内定するための対策法3つ目は「志望度の高さを伝える」です。

志望動機が弱いと「この就活生は滑り止めのために受けているのではないか」と疑われることがあります。

「御社の社会貢献事業に共感し、御社を志望します」という当たり障りのない志望動機は面接で落とされる可能性が高いです。

自分の考えていることややりたいことを整理して、志望度の高さを面接でアピールできるようにしましょう。

どの選考でも志望度の高さをアピールするのは大切です。
しっかりと準備して他の就活生に負けない志望動機を作るようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリット2つ

就活生ちゃん

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリットは何かあるのですか。

一般的には、理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリットは大きいです。

しかし、就職するデメリットが全くないわけではありません。

その中でも、ホワイト企業を目指した就活を進める際に意識しておくべきデメリットをお伝えします。

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリットは大きく以下の2つです。

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリット2つ
  • デメリット①:成長スピードが遅い
  • デメリット②:知名度が低い

それでは、理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリット2つを解説していきます。

 

デメリット①:成長スピードが遅い

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリット1つ目は「成長スピードが遅い」です。

ホワイト企業では、残業が少ないことや給料が安定しているなどのメリットはあります。

しかし、のんびり働ける反面、社会人としての成長スピードは遅くなります。

「バリバリ働いて自分のスキルを磨きたい」そんな就活生の人は物足りなく感じるかもしれません。

メリットやデメリットが全就活生に共通して当てはまるわけではありません。
しっかりと自己分析をして自分の価値観について把握しておくようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

デメリット②:知名度が低い

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリット2つ目は「知名度が低い」です。

ホワイト企業や優良企業は知名度が低いことが多いです。

知名度が低いのは宣伝活動を大きくしていないことなど、普段の生活では目にしないことが理由です。

知名度が低いと「周囲からの反応が良くない」など、社会的信用が少し低く感じるかもしれません。

いくつかのホワイト企業に就職するデメリットを紹介しましたが、結局は就活生が何を1番大切にするかです。
自分としっかり向き合っていれば、ここで紹介したデメリットを感じないかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット3つ

就活生ちゃん

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリットについては詳しくわかりました。
では、就職するメリットはどんなものがあるのですか。

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリットは以下の大きく3つがあります。

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット3つ
  • メリット①:福利厚生がいい
  • メリット②:会社の業績が安定している
  • メリット③:ワークライフバランスが整っている

それでは理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット3つを解説していきます。

 

メリット①:福利厚生がいい

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット1つ目は「福利厚生がいい」です。

ホワイト企業や優良企業では、福利厚生が整っていることが多いです。

具体的には、住宅補助や有給取得率の高さ、交通費といった諸経費の支給などです。

福利厚生が整っていると職場で長く働けたり、プライベートを充実させられるなどメリットが大きいです。

多くの理系学生がホワイト企業や優良企業を受ける理由の一つが福利厚生かもしれません。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

メリット②:会社の業績が安定している

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット2つ目は「会社の業績が安定している」です。

ホワイト企業や優良企業には、ニッチな産業や業界最大手のシェアを持つ会社が多いです。

他社の参入障壁が高いなどの理由で会社は倒産しにくく、会社の業績も安定している場合が多いです。

会社が潰れない安心感は就活生にとって大きなメリットです。

大手企業だけが安定しているわけではなく、中小企業の方が会社の業績が安定している場合もあります。
以下の記事でホワイト企業や優良企業について解説しているので参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

メリット③:ワークライフバランスが整っている

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット3つ目は「ワークライフバランスが整っている」です。

ワーク・ライフ・バランスとは、自分の時間を、仕事とそれ以外で、どのような割合で分けているか、どのようなバランスにしているかを指す言葉です。

ホワイト企業・優良企業に就職すれば、プライベートの時間も十分確保できます。

そのため、メリハリのついた人生を送りたい理系学生の人にはおすすめです。

一つの会社で長く働こうと考えている就活生の方は、ワークライフバランスも意識しておくのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ホワイト企業や優良企業に関しては以下の記事が参考になるので、合わせて読んでみてください。

 

理系就活を有利に進める方法

理系特化の就職エージェントを活用する

就活生くん

正直、研究が忙しすぎて、就職活動に時間が割けないです・・・

研究しながら、みんなどうやって就活しているのかな。

理系でも効率よく就活を進めたいなら、就職エージェントを活用するのがおすすめです。

就職エージェントを活用すると、自分に合った企業選びや選考対策までサポートしてくれます。

理系特化の「アカリク就職エージェント」は、研究内容や志向性にマッチする企業を紹介してくれます。

研究で時間がとれない就活生は、博士課程出身/ポスドク経験のある就活エージェントに相談してみましょう。

就活アドバイザー 京香

アカリク就職エージェントを見てみる

 

研究内容をアピールして、企業からスカウトを受け取る

理系就活生には、研究内容をアピールするだけで企業から直接オファーがくるスカウトサイトの活用もおすすめです。

OfferBox」では、あなたの研究内容や人柄をプロフィールに入力するだけで、企業からスカウトが届きますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界No.1の人気」
  • 大手からベンチャーまで7,620社以上の企業からオファーが届く
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析もできる

OfferBoxでは1社が出せるオファー数に制限があるため、就活生一人ひとりをしっかり見てスカウトを出しています。

質の高いスカウトをもらえるOfferBoxで、あなたの研究や専門性をアピールしてみましょう。

就活アドバイザー 京香

⇒ OfferBoxを見てみる

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ホワイト企業ランキングを意識しすぎずに就活にも力を入れよう

今回の「【優良企業】理系学生が入社できるホワイト企業ランキング | 内定するための方法も」はいかがだったでしょうか。

この記事では「就活の教科書」編集部のもりぴーが理系学生が入社できるホワイト企業ランキングについて解説しました。

また、ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選や、理系学生がホワイト企業や優良企業に就職するメリット・デメリットを紹介しました。

ここで今回の記事をおさらいします。

今回の記事のまとめ

【理系】ホワイト企業・優良企業ランキング

ホワイト企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス

ホワイト企業に向いている理系学生の特徴

  • 特徴①:のんびりと働きたい就活生
  • 特徴②:プライベートを充実させたい就活生
  • 特徴③:定年まで働きたい就活生

理系学生がホワイト企業に内定するための対策法3つ

  • 対策①:早めから就活の準備をする
  • 対策②:中小企業の選考も受けておく
  • 対策③:志望度の高さを伝える

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するデメリット2つ

  • デメリット①:成長スピードが遅い
  • デメリット②:知名度が低い

理系学生がホワイト企業・優良企業に就職するメリット3つ

  • メリット①:福利厚生がいい
  • メリット②:会社の業績が安定している
  • メリット③:ワークライフバランスが整っている

ホワイト企業や優良企業は学生に人気ですので倍率も高くなります。
しっかり対策をして、内定を狙っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー