【理系学生必見】”理系職種”の年収ランキング | 高年収企業に入る方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 理系職種の年収ランキング
  • 高年収の企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選
  • 高年収の企業に向いている理系学生の特徴3選
  • 理系学生が高年収企業に内定するための対策法3つ
  • 理系学生が高年収の企業・優良企業に就職するメリット・デメリット
  • 「研究で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「OfferBox」を使うのがおすすめ

 

こんにちは。
「就活の教科書」編集部のもりぴーです。
今回は「理系職種」の年収ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

就活生くん

年収が高い企業に入社したいのですが、どんな企業があるかわからないです。
理系学生向けの企業の年収ランキングがあれば教えて欲しいです。

就活生ちゃん

理系就活をして、年収の高い企業に就職したいと考えていますが、うまく就活ができなくて困っています。
就職活動を効率よく進められる就活サイトやサービスは何かありませんか。

そこで、この記事では「就活の教科書」編集部のもりぴーが理系学生が入社できる企業の年収ランキングについて解説していきます。

また、年収の高い企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選や、理系学生が高年収な企業に就職するメリット・デメリットを紹介します。

この記事を読めば、理系学生が入社できる企業の年収ランキングや対策方法がわかり、就活が有利に進められますよ。

理系学生が入社できる企業の年収ランキングを知りたい方や、年収が高い企業に就職したい就活生の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

研究や実験で忙しいけど、自分に合った職種や企業に就きたい!」という方は「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

「OfferBox」を使うと、あなたのプロフィール次第有名ホワイト企業からオファーが来るので、研究で忙しくても簡単に内定がもらえるようになります。

「忙しいけど、優良企業に就職したい!」という方は「OfferBox」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「OfferBox」を使ってみる

 

理系職種の年収ランキング

就活生くん

理系学生が入社できる企業の年収ランキングについて教えてください!

それでは、理系職種の年収ランキングを紹介しますね。

「年収」「給料」を重視して企業選びをしたい就活生の皆さんは参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

順位 企業名 年収
1位 日本商業開発 1921万円
2位 キーエンス 1839万円
3位 レーザーテック 1310万円
4位 クリヤマホールディングス 1249万円
5位 ファナック 1216万円
6位 ウルトラファブリックスホールディングス 1202万円
7位 電通 1168万円
8位 三菱ケミカルホールディングス 1165万円
 9位 東京エレクトロン 1149万円
10位 ジェイ エフ イ ホールディングス 1096万円
11位 オプトラン 1091万円
12位 ソニー 1057万円
13位 マクセルホールディングス 1042万円
14位 日本軽金属ホールディングス 1036万円
15位 アクセル 1032万円
16位 テックポイント・インク 1027万円
17位 富士フイルムホールディングス 1002万円
18位 クリエイトSDホールディングス 1001万円
19位 アドバンテスト 994万円
20位 明星ファシリティワークス 984万円
21位 ディスコ 945万円
22位 ローツェ 939万円
23位 ヤマハ 934万円
24位 積水化学工業 903万円
25位 日立製作所 902万円
26位 ノーリツ鋼機 896万円
27位 栗田工業 896万円
28位 住友化学 890万円
29位 シップヘルスケアホールディングス 887万円
30位 三菱ガス化学 878万円
31位 ジーエス・ユアサコーポレーション 877万円
32位 東芝 867万円
33位 日本カーボン 867万円
34位 コーセー 867万円
35位 トヨタ自動車 865万円
36位 青山財産ネットワークス 862万円
37位 SCREENホールディングス 856万円
38位 日本たばこ産業 855万円
39位 信越化学工業 854万円
40位 オリンパス 850万円
41位 E・Jホールディングス 847万円
42位 三井化学 847万円
43位 コンテック 845万円
44位 HOYA 845万円
45位 ユニ・チャーム 842万円
46位 建設技術研究所 842万円
47位 ブイ・テクノロジー 838万円
48位 ワコム 837万円
49位 ダイフク 836万円
50位 王子ホールディングス 835万円

よく名前が知られている企業から、ニッチな事業をしている企業までさまざまな企業がランクインしました。
就活生の皆さんは一つの指針として参考にしてみてくださいね。

理系就活生の他のカテゴリ別の企業ランキングも知りたい人は、人気企業ランキングやホワイト企業ランキングが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選

就活生ちゃん

高年収な企業に就職したいのですが、就職活動でやることが多すぎて困っています。
楽に就活を進められるサービスがあったら教えてほしいです。

そこで、年収が高い企業を目指す理系学生におすすめの就活サービスを3つ紹介します。

就活サービスをうまく利用すれば選考対策にかかる時間が大幅に減り、少し楽に就活を終えることができますよ。

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービスは以下の3つです。

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス

それでは、高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービスを一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

サービス①:逆求人サイト「OfferBox」

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス1つ目は、逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」です。

就活では、エントリーシートやグループディスカッションなど選考が多くて大変です。

そんな選考をスキップしつつ、企業側から連絡をもらえるのが逆求人サイトです。

逆求人サイトでは、就活生はプロフィールを入力しておくだけで企業からのお誘いである「スカウト」を受けられます。

逆求人サイトでスカウトを受けると、企業の人事の方との面談を受けられたり早期選考に参加することができます。

逆求人サイトの中でもホワイト企業や優良企業、高年収な企業の登録企業数はかなり多く、就活生に合った企業を紹介してもらえるのでかなりオススメです。

逆求人サイトに登録しておくと、今までに出会えなかった優良企業とも出会えます。
OfferBox(オファーボックス)についてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

サービス②:自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+」

自己分析診断ツール/アプリ「OfferBoxのAnalyzeU+」

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス2つ目は、自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)」です。

就活生ちゃん

就活では自己分析がとても大事とよく聞きます。
でも、どこがゴールかもわからないしやる気が起こらない…

こんな気持ちになる高年収な企業を目指す理系学生の方は多いはずです。

いきなり自分の人生を全て振り返る自己分析に取り組むのがハードルが高いと感じるかもしれません。

そんな自己分析を簡単に終わらせることができるのが自己分析ツールです。

自己分析ツールを使えば、問題に回答していくだけで自己分析が完了し、自分の強みや自分に合った会社がわかります。

 

自己分析ツールでおすすめなのは、OfferBoxの提供する適性検査「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)です。

適性診断AnalyzeU+では、仕事力を6タイプ25項目で診断できるので、自分に合った高年収な企業や優良企業を探せますよ。

適性診断AnalyzeU+を受験すると先ほど紹介したOfferBox(オファーボックス)で自分に合った会社からオファーが受けられますよ。
無料で利用できるのでぜひ一度使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)についてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

サービス③:就活エージェント「キャリアチケット」

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3つ目は、就活エージェント「キャリアチケット」です。

就活エージェントとは、プロの就活アドバイザーが内定まで個別サポートをしてくれるサービスのことです。

就活エージェントでは、就活生一人ひとりに合った企業紹介や選考対策もしてくれるので、就活を早く終わらせることができます。

 

就活エージェントの中では、レバレジーズ株式会社が運営する「キャリアチケット」が最もおすすめです。

高年収な企業を目指す理系学生でもエントリーシートの添削や面接練習などかなり手厚いサービスを受けられますよ。

就活エージェントを利用すれば、就職活動を効率的かつ納得して終えられますよ。
キャリアチケットについてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

高年収な企業に向いている理系学生の特徴3選

就活生ちゃん

なんとなく高年収な企業に入社したいと考えています。
年収の高い企業に向いている理系学生はどんな人なんですか。

将来やりたいことやなりたい姿によって、自分に合った企業や職種があるのは事実です。

そのため、どの企業にどのような就活生が向いているのかを知っておくことには価値があります。

そこで、高年収な企業に向いている理系学生の特徴を紹介します。

高年収な企業に向いている理系学生の特徴
  • 特徴①:お金がたくさん欲しい就活生
  • 特徴②:仕事に打ち込みたい就活生
  • 特徴③:スキルを身につけたい就活生

それでは、高年収な企業に向いている理系学生の特徴について解説していきます。

 

特徴①:お金がたくさん欲しい就活生

高年収な企業に向いている理系学生の特徴1つ目は「お金がたくさん欲しい就活生」です。

仕事をする目的は人それぞれですが、働く目的として絶対に外せないのは「お金」です。

企業で働くと、同じ時間働くのでももらえる給料は異なります。

そのため、少し仕事がしんどくてもお金がほしい理系学生の方は高年収な企業に向いています。

仕事のやりがいは人それぞれなので、「お金」をモチベーションにするのも一つの方法です。
しっかり自己分析をしてみて、自分には何が大切なことなのかを把握しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

自己分析の詳しいやり方については、以下の記事が参考になるので合わせて読んでみてください。

 

特徴②:仕事に打ち込みたい就活生

高年収な企業に向いている理系学生の特徴2つ目は「仕事に打ち込みたい就活生」です。

高年収の企業では仕事量が多く、時には残業もある場合が多いです。

また、求められるレベルも高いため仕事中心の生活になる可能性が高いです。

そのため、仕事にしっかり打ち込みたい理系学生の方には高年収な企業が向いています。

「バリバリ働いてたくさん稼ぎたい」そんな理系学生の方には高年収な企業がオススメです。
年収ランキングも参考にしてみて、自身が働く企業を選んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

特徴③:スキルを身につけたい就活生

高年収な企業に向いている理系学生の特徴3つ目は「スキルを身につけたい就活生」です。

高年収な企業には「ニッチな産業」に取り組んでいる企業があります。

そんな企業では専門的な業務やスキルが求められるため、他社が参入しにくい状況にあります。

他の会社が持たないスキルや業務ができるため、自身のスキルをつけたい理系学生には高年収の企業は向いています。

ここで紹介した特徴に必ずしも当てはまる必要はありません。
それよりも自分が本当にやりたいことやなりたい姿を把握することが大切です。
特徴を参考にしながら自分がどんな企業に向いているかを探してみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法3つ

就活生ちゃん

私は理系就活をして高年収な企業に内定したいのですが、失敗するのではないかと不安です。
理系学生が高年収な企業に内定するための方法は何かありますか。

高年収な企業は就活生からの人気もあり、倍率が高くなることがあります。

しかし、しっかり対策をしておけば、理系学生が高年収な企業に内定することも十分狙えますよ。

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法は以下の3つです。

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法3つ
  • 対策①:早めから就活の準備をする
  • 対策②:中小企業の選考も受けておく
  • 対策③:志望度の高さを伝える

それでは理系学生が高年収な企業に内定するための対策法を一つずつ解説していきますね。

 

対策①:早めから就活の準備をする

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法1つ目は「早めから就活の準備をする」です。

年収が高い企業や年収が低い企業に関わらず、どの企業を受けるにしても早めの準備が大切です。

また、ニッチな年収が高い企業は出回る情報量も少ないため、より早くから就活の準備をしておくべきです。

できる限り早めから就活の対策をしておくようにしましょう。
「何から取り組めばいいかわからない…」というホワイト企業に内定したい理系学生の方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

対策②:中小企業の選考も受けておく

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法2つ目は「中小企業の選考も受けておく」です。

大手の年収の高い企業の求人数は少ないことが一般的です。

そのため、求人に対して就活生が多く応募するとその会社に就職できないこともあります。

そんなリスクを回避するために、大手の年収の高い企業の選考と並行して中小企業の選考も受けておくのがオススメです。

中小企業の選考も受けておくの選考も受けることで、本命企業の選考での面接に慣れておくこともできます。

自分が志望する企業の他にも複数の選考を受けておくのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

対策③:志望度の高さを伝える

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法3つ目は「志望度の高さを伝える」です。

志望動機が弱いと「この就活生は滑り止めのために受けているのではないか」と疑われることがあります。

「御社の社会貢献事業に共感し、御社を志望します」という当たり障りのない志望動機は面接で落とされる可能性が高いです。

自分の考えていることややりたいことを整理して、志望度の高さを面接でアピールできるようにしましょう。

どの選考でも志望度の高さをアピールするのは大切です。
しっかりと準備して他の就活生に負けない志望動機を作るようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

理系学生が高年収な企業に就職するデメリット2つ

就活生ちゃん

理系学生が高年収な企業に就職するデメリットは何かあるのですか。

一般的には、理系学生が高年収な企業に就職するメリットは大きいです。

しかし、就職するデメリットが全くないわけではありません。

その中でも、年収の高い企業を目指した就活を進める際に意識しておくべきデメリットをお伝えします。

理系学生が高年収な企業に就職するデメリットは大きく以下の2つです。

理系学生が高年収な企業に就職するデメリット2つ
  • デメリット①:転職ができない
  • デメリット②:激務の可能性がある

それでは、理系学生が高年収な企業に就職するデメリット2つを解説していきます。

 

デメリット①:転職ができない

理系学生が高年収な企業に就職するデメリット1つ目は「転職ができない」です。

高年収な企業には「ニッチな産業」に取り組んでいる企業があります。

そんな企業では専門的な業務やスキルが求められるため、他社が参入しにくい状況にあります。

そのため、特定のスキルや業務内容には強くなりますが、応用が効く場合は少なくなります。

同業他社への転職はしやすいですが、新たな業界に転職するのは難しくなりそうです。
自身のキャリアプランを明確にしてからどのような企業で働くのかを決めるのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

デメリット②:激務の可能性がある

理系学生が高年収な企業に就職するデメリット2つ目は「激務の可能性がある」です。

高年収の企業の中には残業が多く、求められる仕事のレベルの高い場合があります。

また、人件費を削るため少ない人数で業務を回すことで、高年収を実現している企業もあります。

そのような会社で働くと、激務になることを避けられない可能性もあります。

いくつかのホワイト企業に就職するデメリットを紹介しましたが、結局は就活生が何を1番大切にするかです。
自分としっかり向き合っていれば、ここで紹介したデメリットを感じないかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

理系学生が高年収な企業に就職するメリット3つ

就活生ちゃん

理系学生が高年収な企業に就職するデメリットについては詳しくわかりました。
では、就職するメリットはどんなものがあるのですか。

理系学生が高年収な企業に就職するメリットは以下の大きく3つがあります。

理系学生が高年収な企業に就職するメリット3つ
  • メリット①:経済的に余裕ができる
  • メリット②:専門性が高まる
  • メリット③:周りの人から尊敬される

それでは理系学生が高年収な企業に就職するメリット3つを解説していきます。

 

メリット①:経済的に余裕ができる

理系学生が高年収な企業に就職するメリット1つ目は「経済的に余裕ができる」です。

高年収の企業に就職する一番のメリットが経済的な余裕です。

普段は忙しく働くことになりますが、休日はお金があるため好きなことに打ち込めます。

そのため、仕事もプライベートの時間も充実させることができます。

お金があれば、移動時間の短縮や生活も便利にすることができます。
たくさん働いていてもいいサイクルで人生を過ごせることで、満足度も高くなるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

メリット②:専門性が高まる

理系学生が高年収な企業に就職するメリット2つ目は「専門性が高まる」です。

高年収の企業では普通の企業に比べて、より専門的な業務やスキルが求められる傾向があります。

そのため、高年収な企業で年数をかけて働いていくと、専門性が高まることが多いです。

会社にとっても欠かせない人材となれるため、大きなメリットだと言えます。

高いスキルや専門性を持っていれば、本当の意味の安定も手に入れられます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

メリット③:周りの人から尊敬される

理系学生が高年収な企業に就職するメリット3つ目は「周りの人から尊敬される」です。

高年収の企業の人は「仕事ができる」「余裕がありそう」などのイメージで見られることが多いです。

そのため、周りの人から尊敬の眼差しを向けられることも多くなります。

理系学生が高年収な企業に就職することの一つのメリットになるかもしれません。

高年収であると安定しているなど、社会的な信用も高くなります。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

理系就活を有利に進める方法

理系特化の就職エージェントを活用する

就活生くん

正直、研究が忙しすぎて、就職活動に時間が割けないです・・・

研究しながら、みんなどうやって就活しているのかな。

理系でも効率よく就活を進めたいなら、就職エージェントを活用するのがおすすめです。

就職エージェントを活用すると、自分に合った企業選びや選考対策までサポートしてくれます。

理系特化の「アカリク就職エージェント」は、研究内容や志向性にマッチする企業を紹介してくれます。

研究で時間がとれない就活生は、博士課程出身/ポスドク経験のある就活エージェントに相談してみましょう。

就活アドバイザー 京香

アカリク就職エージェントを見てみる

 

研究内容をアピールして、企業からスカウトを受け取る

理系就活生には、研究内容をアピールするだけで企業から直接オファーがくるスカウトサイトの活用もおすすめです。

OfferBox」では、あなたの研究内容や人柄をプロフィールに入力するだけで、企業からスカウトが届きますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界No.1の人気」
  • 大手からベンチャーまで7,620社以上の企業からオファーが届く
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析もできる

OfferBoxでは1社が出せるオファー数に制限があるため、就活生一人ひとりをしっかり見てスカウトを出しています。

質の高いスカウトをもらえるOfferBoxで、あなたの研究や専門性をアピールしてみましょう。

就活アドバイザー 京香

⇒ OfferBoxを見てみる

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:年収ランキングを意識しすぎずに就活にも力を入れよう

今回の「【理系学生必見】”理系職種”の年収ランキング | 高年収企業に入る方法も」はいかがだったでしょうか。

この記事では「就活の教科書」編集部のもりぴーが理系学生が入社できる企業の年収ランキングについて解説しました。

また、年収の高い企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス3選や、理系学生が高年収な企業に就職するメリット・デメリットを紹介しました。

ここで今回の記事をおさらいします。

今回の記事のまとめ

理系職種の年収ランキング

高年収な企業を目指す理系学生におすすめの就活サービス

高年収な企業に向いている理系学生の特徴

  • 特徴①:お金がたくさん欲しい就活生
  • 特徴②:仕事に打ち込みたい就活生
  • 特徴③:スキルを身につけたい就活生

理系学生が高年収な企業に内定するための対策法3つ

  • 対策①:早めから就活の準備をする
  • 対策②:中小企業の選考も受けておく
  • 対策③:志望度の高さを伝える

理系学生が高年収な企業に就職するデメリット2つ

  • デメリット①:転職ができない
  • デメリット②:激務の可能性がある

理系学生が高年収な企業に就職するメリット3つ

  • メリット①:経済的に余裕ができる
  • メリット②:専門性が高まる
  • メリット③:周りの人から尊敬される

高年収な企業は就活生に人気になる場合が多いです。
しっかり対策をして、選考に臨むようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー