>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】「得意科目」のES/面接での書き方,答え方 | 質問意図やNG回答例も

6a5c1a5df6399fa7d17a472a6013a27f

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。
今回は、得意科目をエントリーシート(ES)や面接で聞かれたときの書き方・答え方を解説します。
皆さんは得意科目を聞かれたとき、どう答えますか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

エントリーシートの得意科目って何を書いたらいいかわからないです。
得意科目って何を答えてもいいんですか?
答え方にセオリーなんてあるんでしょうか。

就活生ちゃん

得意科目ってどういう風に書いたらいいんでしょうか。
そもそも、何のために就活で得意科目なんて聞くんですか?
得意科目って、質問の意図がわかりにくいですよね。
質問が抽象的なので、答え方にも困ります。

「就活の教科書」編集部 天野

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の天野が、

「得意科目をエントリーシートで書き方」「得意科目を面接で聞く意図や答え方」を解説します。

加えて、得意科目を書くときの注意点得意科目を聞かれたときの回答例とNG例、さらに得意科目がない場合の対処法を紹介します。

この記事を読めば、得意科目をエントリーシートや面接で聞かれても、困らずにスラスラ話せるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

そもそも、就活で得意科目を聞く3つの意図

就活生くん

そもそも得意科目なんて、今さら何のために聞くんですか?
就活で得意科目を聞かれるのには以下の3つの意図があります。

「就活の教科書」編集部 天野

得意科目を聞く意図
  • 就活生の学習方法を知りたい
  • 就活生の勉強に取り組む姿勢を知りたい
  • 就活生の業務内容への適性を知りたい
それでは得意科目を聞く意図を1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

意図①:就活生の学習方法を知りたい

就活で得意科目を聞く意図の1つ目は「就活生の学習方法を知りたい」です。

得意科目を通じて、就活生の学習方法を企業はみています。

就活生の学習方法から、会社でどのように仕事をするのかをイメージしようとしているわけです。

得意科目を仕事にどう活かそうとしているのかを、企業に伝えられたらいいですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

意図②:就活生の勉強に取り組む姿勢を知りたい

就活で得意科目を聞く意図の2つ目は「就活生の勉強に取り組む姿勢を知りたい」です。

企業は得意科目そのものが知りたいのではありません。

就活生の目標の設定方法や、壁にぶち当たったときの対処法などを企業は確認したいのです。

ただ得意科目を答えるだけではなく、質問の意図を理解した回答をしましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

意図③:就活生の業務内容への適性を知りたい

就活で得意科目を聞く意図の3つ目は「就活生の業務内容への適性を知りたい」です。

就活では得意科目を通じて、業務内容への適性を企業は確認したいです。

得意科目と業務内容との共通点を探し、就活生が活躍できそうなことを探します。

業務内容と結びつけるために、嘘の得意科目を言わないようにしましょう。
本当の得意科目から、業務内容に結び付けられる部分を探します。

「就活の教科書」編集部 天野

 

エントリーシートの得意科目に何を書いたらいい?

エントリーシートの得意科目に何を書いたらいい?

就活生ちゃん

エントリーシートの得意科目って枠が小さくて簡単そうに見えるんですが、いざ書こうと思ったら案外難しいです。

エントリーシートの得意科目は、たまたま成績が良かった科目でもいいですが、それでは面接で質問されたときに困りますよね。

エントリーシートの中でも後回しにしがちな得意科目ですが、きちんと書いて抜け目ないエントリーシートにしましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

エントリーシートの得意科目は、「成績が良い」かつ「好きな」科目がふさわしいです。

文章からでも就活生の主体性が見えてくるからです。

企業は主体性のある学生を積極的に採用します。

成績が良く好きな科目であれば、マイナーな科目でも構いません。

 

得意科目には成績が良かった科目を書くと説得力があります。

しかし、”成績は良くなかったけど”、好きな科目も得意科目としてエントリーシートに書いて良いです。

得意科目は、学チカと違って行動の結果を企業に評価されることがなく、就活生の興味関心を重視して書くことになります。

エントリーシートの得意科目の書き方のポイントを押さえていれば大丈夫です。

 

就活生ちゃん

なるほど!
ところで、私は理系の学生なのですが、文系と理系で、書く内容は変わるんですか?

はい、変わります。
得意科目の書き方のポイントを紹介する前に、文系と理系の書く内容の違いについて説明しますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

理系は研究内容を書こう

理系の学生は研究室で日々研究している内容を得意科目に書くのがおすすめです。

文系の学生より研究内容が明確で、かつ、理解度が深いからです。

研究していることを素人にもわかるように説明できれば、困ることはありません。

 

文系はなんでもいい

文系の学生がエントリーシートに書く得意科目は、どんな科目でも良いです。

自分の人柄や興味関心を表現できる科目を選びましょう。

文系より理系のほうがエントリーシートの得意科目に書く内容が決まっているので、書きやすいことになります。

「就活の教科書」編集部 天野

 

エントリーシートの得意科目の書き方のポイント

就活生ちゃん

エントリーシートの得意科目に何を書けばいいかはわかりました。

でも、得意科目をどうやって書けばいいかわからないです。

それではエントリーシートの得意科目の書き方について説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

エントリーシートの得意科目を書くためのポイント3つあります。

文系の学生は、ポイント全てを意識してください。

  1. なぜ得意なのか
  2. 得意科目で何を学んだか
  3. 人間性は自己PRと同じものをアピールする

 

理系の学生は、書き方の3つのポイントのうち、ポイント①の「なぜ得意なのか」をしっかり書きましょう。

研究室でやってきたことを書いていれば、研究の過程や結果が明確なので、理系の学生は文系の学生よりも書きやすいはずです。

 

書き方のポイント①:なぜ得意なのか

得意科目の書き方のポイントの1つ目は、なぜ得意なのかを書くことです。

企業は、その科目を得意になったきっかけや就活生が興味関心を持っていることを知って、就活生の人間性を評価したいからです。

就活生の人間性を知って、企業の雰囲気に適しているかを審査しています。

企業は文系の学生に対して、得意科目そのものを仕事で活かしてほしいと思っていません。

馬鹿正直に得意科目の概要をただ述べているだけのエントリーシートはやめましょう。

個性豊かで良いエントリーシートを作るには、自分の考え方が伝わるように書きましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

書き方のポイント②:得意科目で何を学んだか

得意科目の書き方のポイントの2つ目は、得意科目で何を学んだかを書くことです。

就活生が本当に勉強していたか信憑性を持たせるためです。

「〇〇が得意です」と言うのは、誰にでもできます。

勉強してきた内容を短くまとめて、その科目が得意科目であることを証明しましょう。

エントリーシートをもとに面接で得意科目について質問されることもあるので、エントリーシートの時点でしっかりまとめておきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

書き方のポイント③:人間性は自己PRと同じものをアピールする

得意科目の書き方のポイントの3つ目は、人間性は自己PRと同じものをアピールです。

自己PRや学チカで書いている人柄や興味関心を裏付けできるからです。

自己PRや学チカでは意識して書く就活生は多いですが、得意科目でここまで考えている学生は少ないです。

得意科目でアピールする人柄や興味関心は、学チカや自己PRでアピールするものと同じものがいいです。

得意科目でもアピールすることで、エントリーシートに書いてある人柄や興味関心に一貫性を持たせることができます。

例えば、自己PRで「一つのことを突き詰める性格だ」とアピールしたのに、得意科目に興味関心を持ったきっかけで「取り組んでいたものを中断して…」という風なエピソードだとエントリーシート全体に一貫性がなくなってしまって説得力に欠けてしまいます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

文系学生が書く内容としては、得意科目で学んだことを役立たせる内容よりも、その科目を得意になったきっかけや興味関心を仕事にどう役立てたいか書くほうが好ましいです。

文系の学生は、実用的なスキル以外、大学で勉強したことがすぐに会社で活かせることはないからです。

学んで得た知識よりも、就活生と企業の適性がわかる人柄や興味関心のほうが効果的です。

そのため、文系の学生は、得意になった科目自体はエントリーしている企業の業界や職種と関係がある必要はありません。

文系の学生は本当に得意だった科目を書きましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

エントリーシートの得意科目を書くときの注意点

就活生ちゃん

エントリーシートの書き方のポイントがわかったので、さっそく得意科目の欄を埋めてみます。

ちょっと待ってください!
実際に書き始める前に得意科目を書くときの注意点があるんです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

次は、エントリーシートの得意科目を書くときの注意点を2つ紹介します。

  • 結論から書く
  • 専門用語は避ける
すでに2つの注意点を意識してエントリーシートを書いている方もいるかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

注意点①:結論から書く

得意科目を書くときの注意点の1つは、結論から書くことです。

ビジネスで使う文章は結論から書くからです。

「結論から書く」とは、得意科目は何だったか、どんな科目だったかを書きましょう。

 

多くの就活生は、学生時代に結論から書くことを意識したことはないと思います。

文章を結論から書かなくても、大学の授業の単位は取れてしまうからです。

結論から書くことで伝わりやすい文章になります。

「就活の教科書」編集部 天野

 

注意点②:専門用語は避ける

得意科目を書くときの注意点のもう1つは、専門用語を避けることです。

読み手に理解してもらえなければ、得意科目を書いても意味がないです。

得意科目を書いているとついつい自分の世界に入り込んでしまい、読み手のことを無視して専門用語を使いがちになります。

専門的な知識がない人でも理解できる文章にしましょう。

エントリーシートが書けたら、他学部の友人に読んでもらったほうがいいですよ。

「就活の教科書」編集部 天野

 

面接での得意科目の適切な回答例

就活生くん

得意科目をエントリーシートに書くやり方は何と無く分かりました。
得意科目の具体的な回答例も知りたいです。
それではよく使われる3つの科目で、適切な回答例を紹介します。

「就活の教科書」編集部 天野

 

適切な回答例①:数学が得意

就活生ちゃん

私の得意科目は数学です。

他人より単純な計算が早かったり、微分積分を用いる統計学の考え方も周りのゼミ生に教えたりしているからです。

私はもともと数学が苦手でした。
数学は実際の生活には必要ないと思っており、興味が湧かなかったからです。
しかし、大学生になって経営学を学ぶにつれて、統計学における数学の重要性に気づきました。
そこで微分積分や数列など、高校数学の重要な部分を勉強し直しました。
その結果、私が属している財務会計のゼミで、他のゼミ生に統計学の基本を教えるようになりました。

経営学や心理学など、どんな学問にも数学は欠かせないものです。
そのため、実際の仕事でも、感覚的に業務遂行するのではなく、数学的に分析しながら進めていきたいです。

もともと苦手だったものから逃げずに克服し、今では得意になっているのはすごいですね。
実際に高校数学からやり直すところからも本気度が伝わってきますね。
また、どんな学問にも数学は欠かせないということを理解していて、よく勉強しているのが伝わってきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

適切な回答例②:英語が得意

就活生ちゃん

私の得意科目は英語です。

TOEICで800点を取れたからです。

私はもともと英語が好きだったので、大学1年生のときに「在学中にTOEICで800点」を取るという目標を立てました。
この目標を立てるとともに、勉強の計画も立てました。
まず1年間ごとの計画を3年分立て、1ヶ月、1週間、1日と、勉強計画を細分化しました。
勉強計画とはずれが生じることもありましたが、目標よりも1年早くTOEICで800点を取れました。

私は英語はもちろんですが、勉強計画を立てた経験を実際の仕事でも活かし、計画的に業務を遂行したいです。

TOEICで800点を取ったことよりも、計画性をアピールしていますね。
勉強に取り組む姿勢を確認したい面接官には適切な答え方ですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

適切な回答例③:国語が得意

就活生ちゃん

私の得意科目は国語です。
国語の中でも現代文が得意です。

人の話していることや、文章の要点をつかむのが得意だからそう思いました。

私はよく友人の相談を受けます。
相談を受けるときは、相手の話を構造的に理解して整理します。
そして自分なりに整理したものを紙に書いて、相手の頭の中を整理してあげます。
その結果、相手が自ら解決策を見つけたり、意外と簡単な悩みだったりします。

私はこの情報を整理する力を実際の仕事でも活かし、複雑な課題を解決していきたいです。

得意科目の話から、実際の生活での話に派生させていますね。
得意科目にも、実際の仕事にも結びついていて、素晴らしいと思います。

「就活の教科書」編集部 天野

 

面接での得意科目のNGな回答例

就活生くん

色々な伝え方があるんですね。
逆に、得意科目のNGな回答例はあるんですか?
得意科目のNGな回答例には以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

得意科目のNGな回答例
  • 「好き」と「得意」を混同する
  • 専門用語が多くて面接官に伝わらない
  • 仕事と結びつかない
それでは1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

NGな回答例①:「好き」と「得意」を混同する

NGな回答例の1つ目は、「好き」と「得意」を混同することです。

「好き」と「得意」は似ているようで意味が違います。

例えば、物理現象が好きでも、難しい計算式が解けなかったら物理は苦手科目になります。

好きと得意は別であることを理解しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

NGな回答例②:専門用語が多くて面接官に伝わらない

NGな回答例の2つ目は、専門用語が多くて面接官に伝わらないことです。

得意科目をアピールしたいがために難しすぎる内容を話すのは避けましょう。

面接官はただ得意科目を聞きたいだけではありません。

どうしても話したい場合は、誰が聞いてもわかるように詳しく内容を説明しましょう。
面接官の意図に沿った答え方をしましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

NGな回答例③:仕事と結びつかない

NGな回答例の3つ目は、仕事と結びつかないことです。

面接官は趣味を聞いているのではありません。

家庭科の料理や体育でのスポーツを選ぶ場合は、得意科目を通して工夫したこと、成長したことに絡めて伝えましょう。

面接官の質問の意図を理解して得意科目を選びましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

面接での得意科目の適切な答え方4ステップ

次は、面接での得意科目の適切な答え方を解説していきます。
得意科目の話を構成するときは4つの骨組みを使っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

4つの骨組みで構成

まず、得意科目を面接官に説明するときは4つの骨組みで構成します。

話を構成する4つの骨組み
  1. なにが得意科目か答える
  2. なぜ得意科目だと思うか答える
  3. どんなエピソードがあるか答える
  4. どのように仕事に活かすのか答える
それでは1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

構成①:なにが得意科目か答える

面接官に説明するときの構成の1つ目は「なにが得意科目か答える」です。

面接では、まず得意科目を話し、結論から伝えるようにしましょう。

就活生ちゃん

私の得意科目は数学です。
最初はこれだけで大丈夫です。
結論だけを言い切りましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

構成②:なぜ得意科目だと思うか答える

面接官に説明するときの構成の2つ目は「なぜ得意科目だと思うか答える」です。

どんなきっかけで得意だと思うようになったかを面接で伝えましょう。

就活生ちゃん

他人より単純な計算が早かったり、微分積分を用いる統計学の考え方も周りのゼミ生に教えたりしているからです。

他人と比べて数学が得意なのが伝わってきますね。
計算の速さや統計学も実際の仕事に役立ちそうです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

構成③:どんなエピソードがあるか答える

面接官に説明するときの構成の3つ目は「どんなエピソードがあるか答える」です。

得意科目を裏付ける、具体的なエピソードを面接で伝えましょう。

就活生ちゃん

私はもともと数学が苦手でした。
数学は実際の生活には必要ないと思っており、興味が湧かなかったからです。
しかし、大学生になって経営学を学ぶにつれて、統計学における数学の重要性に気づきました。
そこで微分積分や数列など、高校数学の重要な部分を勉強し直しました。
その結果、私が属している財務会計のゼミで、他のゼミ生に統計学の基本を教えるようになりました。
具体的に伝えられていていいですね。
具体的に話せば、面接官もイメージしやすくなります。

「就活の教科書」編集部 天野

 

構成④:どのように仕事に活かすのか答える

面接官に説明するときの構成の4つ目は「どのように仕事に活かすのか答える」です。

最後に、実際の仕事に活かせることを伝えましょう。

就活生ちゃん

経営学や心理学など、どんな学問にも数学は欠かせないものです。
そのため、実際の仕事でも、感覚的に業務遂行するのではなく、数学的に分析しながら進めていきたいです。
しっかりと勉強したことが伝わってきていいですね。
地に足をついた仕事をしてくれそうです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

面接では他にも回答を準備しておくべき質問はたくさんあります。

「面接よく聞かれる質問をもっと知りたい!」そんな就活生の方はこの記事を参考にしてみてください。

 

面接で話す得意科目がない場合の対処法

就活生くん

面接官の質問の意図を理解しないといけないんですね。
得意科目がない場合はどうしたらいいですか?
それでは得意科目がない場合の対処法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 天野

得意科目がない場合の対処法
  • 得意なことを科目に結びつける
  • 好きな科目や興味のある科目を極める
  • 家族や友人に聞いてみる
それでは、得意科目がない場合の対処法を1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対処法①:得意なことを科目に結びつける

得意科目がない場合の対処法の1つ目は「得意なことを科目に結びつける」です。

得意なことは科目にも結びつきやすいです。

例えば、友達の相談を受けるのが得意なら、状況を把握する能力や相手の気持ちを理解する能力が長けているため、国語が得意科目と言えます。

大学のシラバスを見て、まずはどんな科目があるか知るのもいいですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対処法②:好きな科目や興味のある科目を極める

得意科目がない場合の対処法の2つ目は「好きな科目や興味のある科目を極める」です。

「好き」と「得意」は違うと言いましたが、実は似ていることが多いです。

「好きこそものの上手なれ」というように、好きなことほど勉強すれば簡単に得意になることが多いです。

まずは好きな科目や興味のある科目を書き出してみると良いかもしれません。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対処法③:家族や友人に聞いてみる

得意科目がない場合の対処法の3つ目は「家族や友人に聞いてみる」です。

自分で得意科目がないと思うのは自信がないからかもしれません。

自分にとっては普通でも、周りにとってはすごいこともあります。

上を見ればキリはないですが、自分を客観的にみるのも大切です。

「就活の教科書」編集部 天野

自分を客観的に見るためには、OB訪問をするのも一つの方法です。

OB訪問についてはこちらの記事でまとめているので参考にしてみてください。

 

 

まとめ:エントリーシート/面接の得意科目で自分をアピールしよう

いかがだったでしょうか。

この記事では、「得意科目をエントリーシートで書き方」「得意科目を面接で聞く意図や答え方」を解説しました。

加えて、得意科目を書くときの注意点得意科目を聞かれたときの回答例とNG例、さらに得意科目がない場合の対処法を紹介しました。

 

最後に、この記事で説明した「得意科目の書き方/話し方に」ついてまとめます。

得意科目の書き方/話し方まとめ

◆ 就活で得意科目を聞く意図

  • 就活生の学習方法を知りたい
  • 就活生の勉強に取り組む姿勢を知りたい
  • 就活生の業務内容への適性を知りたい

◆ 得意科目の選び方

  • 成績が良かった科目
  • 好きな科目

◆ 理系/文系ごとのオススメ得意科目

  • 理系:研究内容
  • 文系:なんでもよい

◆ 得意科目の書き方のポイント

  • なぜ得意なのか
  • 得意科目で何を学んだか
  • 仕事へどう役立てるか

◆ 得意科目を書くときの注意点

  • 結論から書く
  • 専門用語は避ける

◆ 得意科目を面接で話すときの4つの骨組み

  1. なにが得意科目か答える
  2. なぜ得意科目だと思うか答える
  3. どんなエピソードがあるか答える
  4. どのように仕事に活かすのか答える

◆  得意科目のNGな回答例

  • 「好き」と「得意」を混同する
  • 専門用語が多くて面接官に伝わらない
  • 仕事と結びつかない

◆ 得意科目がない場合の対処法

  • 得意なことを科目に結びつける
  • 好きな科目や興味のある科目を極める
  • 家族や友人に聞いてみる

 

得意科目で企業が知りたいことは、就活生の人柄や興味関心です。

得意科目は、学生時代をただ自堕落に過ごしてきた就活生では、書けない質問です。

学チカや志望動機に合わせて、得意科目もしっかり書けていればとても良いエントリーシートになります。

そして、面接で得意科目を聞かれたときは、ただ得意科目を答えるだけではなく、面接官の意図に沿って答えるようにしましょう。

この記事を参考にして、面接で得意科目を聞かれた時はしっかり答えてみてくださいね。

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんあります。
ぜひ合わせて参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 天野