【高年収も目指せる!】スポーツ関係の仕事一覧 | 使える資格,平均年収も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • スポーツ関係の仕事一覧
  • 【業界別】スポーツ関係の仕事を詳しく解説
  • 【年収編】スポーツ関係の企業一覧
  • スポーツ関係の仕事で使える資格一覧
  • スポーツに関わる仕事それぞれの年収
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の采耶です。

この記事では、スポーツ関係の仕事について解説していきます。

就活生の皆さんは、「スポーツに関わる仕事をしたいけど、どんな種類があるのかよくわからない・・・」「スポーツ関係の仕事ができる企業は?」など様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 采耶

就活生くん

僕は、スポーツが好きで、いつもスポーツ観戦をしています。

スポーツ業界に憧れがあるので、スポーツ関係の仕事をしたいと思っています。

でも自分がどんな仕事に就けばいいのかよくわかっていません・・・。

スポーツ関係の仕事について教えてください!

就活生ちゃん

私も、スポーツが好きなので、スポーツに関わる企業に就職したいと思っています。

スポーツに関われる企業について教えてください!

確かに、スポーツ好きであれば、スポーツ業界へ行きたいと思う就活生がたくさんいますよね!

中にはスポーツ関係の仕事をするには、どんな資格が必要なのか疑問に思う就活生もいると思います!

「就活の教科書」編集部 采耶

そこでこの記事では、スポーツに関わる仕事や年収について徹底解説していきます。

合わせて、資格が必要になるスポーツに関わる仕事と、資格が必要ないスポーツに関わる仕事についても、詳しく解説します。

この記事を読めば、スポーツに関わる仕事についての知識を深めることができます。

スポーツに関わる仕事をしたい就活生や、スポーツに関わる仕事をしたいのに、資格をもっていなくて不安に感じている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【ざっくり解説】スポーツ関係の仕事について

就活生くん

スポーツに関わる仕事って、どんな仕事がありますか?

また、スポーツ関係の仕事で稼ぐことができるのでしょうか?

確かに、スポーツ関係の仕事といってもいろんな仕事がありますよね。

ここでは、スポーツ関係の仕事の平均年収と仕事の種類についてざっくりと解説していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

解説①:平均年収について

まず1つ目は、平均年収について解説していきます。

スポーツ関係の仕事の平均年収は、およそ350万円~1200万円となっています。

全体の仕事の年収を平均すると、だいたい550万円となります。

他の業界よりも少し年収が高くなっています。

理由は、カメラマンやジャーナリストなど、フリーランスでたくさん稼ぐことができたり、スポーツ選手の命に関わるサポートをすることがあるからです。

スポーツメーカーも、需要と安定性があるため、給与がほかの業界よりも若干高くなっています。

スポーツ好きな人は年収の高いスポーツ業界にいくといいですね!

スポーツ業界も人気で就職することが難しいので、どうしてスポーツ業界なのか?を就職面接の時に明確にするといいですね。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

解説②:仕事の種類について

2つ目は、仕事の種類について解説していきます。

スポーツ関係の仕事は、大きく分けて三つの分類することができます。

スポーツ関係の仕事の種類
  • 仕事の種類①:スポーツサービス・情報産業
  • 仕事の種類②:スポーツ用品産業
  • 仕事の種類③:スポーツ施設・空間産業

1つ目のスポーツサービス・情報産業は、スポーツ教室スポーツメディアの運営があります。

2つ目のスポーツ用品産業は、スポーツメーカーであるナイキスポーツ小売業を行うアルペンスポーツ用品の流通を担う卸売業が含まれています。

3つ目のスポーツ施設・空間産業は、野球スタジアムや、サッカースタジアムスキー場などの施設を用いてビジネスを行っている産業です。

スポーツメーカーなどもスポーツメディアを運営していて、逆にスポーツ施設・空間産業もスポーツ教室を行っているので、3つの領域は重なっていると言えますね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

スポーツ関係の仕事一覧

就活生くん

僕は、将来スポーツの仕事に携わりたいと考えています。

しかし、スポーツ関係の仕事にどんな仕事があるのかよくわかっていません・・・。

スポーツ関係の仕事を一覧で教えてください!

わかりました!

スポーツ関係の仕事一覧を紹介します!

「就活の教科書」編集部 采耶

スポーツ関係の仕事一覧

サポート編

スポーツドクター / スポーツインストラクター / スポーツトレーナー / スポーツリハビリトレーナー / 監督・コーチ

メディア編

スポーツジャーナリスト / スポーツカメラマン / スポーツ雑誌編集者

◆企業編 

スポーツ用品の企画・開発 / スポーツ用品店スタッフ / スポーツ施設のスタッフ

以下でスポーツ関係の仕事を一つずつ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

【サポート編】スポーツ関係の仕事一覧

就活生ちゃん

私は、スポーツ選手の近くでできる仕事がしたいです。

スポーツ選手をサポートできるような仕事を教えてください!

スポーツをする人達をサポートする仕事は、以下の5つあります!

「就活の教科書」編集部 采耶

【サポート編】スポーツ関係の仕事一覧
  • 仕事①:スポーツドクター
  • 仕事②:スポーツインストラクター
  • 仕事③:スポーツトレーナー
  • 仕事④:スポーツリハビリトレーナー
  • 仕事⑤:監督・コーチ

 

仕事①:スポーツドクター(平均年収:1227万円)

スポーツ関係の仕事(サポート編)1つ目は、スポーツドクターです。

スポーツドクターの仕事内容は、スポーツ医科学の知識と診療技術によって、スポーツをする人の健康管理や競技力向上を援助することです。

さらに、競技会における医事運営をしたり、チームのスポーツドクターとして遠征に同行することもあります。

医師国家試験に合格した後、日本に3つあるスポーツドクターの資格認定試験を受けることとなります。

年収が高い分、スポーツドクターへの道は険しいですが、非常にやりがいのある仕事ですね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:スポーツインストラクター(平均年収:200~600万円)

スポーツ関係の仕事(サポート編)2つ目は、スポーツインストラクターです。

スポーツインストラクターの仕事内容は、主にスポーツジムダンススクール福祉施設などでトレーニング指導を行います。

また、トレーニング指導のためのメニュー作成をしたり、マシンの点検や清掃を行います。

スポーツトレーナーになるために必要な資格はありませんが、日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者」「日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー」の資格が役に立つことがあります。

スポーツインストラクターは、同じことを繰り返し教えることが多いので、粘り強い性格で話し上手な人に向いています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事③:スポーツトレーナー(平均年収:354万円)

スポーツ関係の仕事(サポート編)3つ目は、スポーツトレーナーです。

スポーツトレーナーの仕事内容は、コーチやドクターと連携し、試合に出場する選手の健康管理やコンディション調整を行うことです。

スポーツインストラクターと異なることは、「スポーツを職業とする人たちを主な対象としている」ことです。

主にテーピング、ストレッチングの指導、けがの応急処置を行っています。

選手の成績には精神的な面が大きく影響するため、注意深く人のことを観察し、細かいことに気づける人がスポーツトレーナーに向いています!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事④:スポーツリハビリトレーナー(平均年収:400万円)

スポーツ関係の仕事(サポート編)4つ目は、スポーツリハビリトレーナーです。

スポーツリハビリトレーナーの仕事内容は、医療従事者としてスポーツ選手のリハビリテーションなどを行うトレーナーです。

具体的には、栄養指導、怪我の応急処置、リハビリテーション、体力トレーニング、マッサージ、メンタルケア、コンディション調整など多くのことを行います。

スポーツリハビリトレーナーは、スポーツドクターやコーチ、選手と良い関係を築いて行くためのコミュニケーション能力が必要です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑤:監督/コーチ(平均年収:768万円)

スポーツ関係の仕事(サポート編)5つ目は、監督/ コーチです。

監督/ コーチの仕事内容は野球やサッカー、バレーボールなど、プロやアマチュアスポーツ選手の育成や試合の指導を行います。

スポーツを教えるだけでなく、医学やスポーツ科学など科学的なアプローチや、メンタル面の支援など、幅広い知識や経験が問われる仕事となっています。

コーチ/ 監督の仕事は、スポーツの知識があるだけでなく、選手と信頼関係を構築できるような人に向いています!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【メディア編】スポーツ関係の仕事一覧

就活生くん

僕は、スポーツとメディアに興味があります。

メディアにも関わりながら、スポーツとも関われる仕事を教えてください!

以下で、スポーツ業界におけるメディア関係の仕事を詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

【メディア編】スポーツ関係の仕事一覧
  • 仕事①:スポーツジャーナリスト
  • 仕事②:スポーツカメラマン
  • 仕事③:スポーツ雑誌編集者

 

仕事①:スポーツジャーナリスト(平均年収:837万円)

スポーツ関係の仕事(メディア編)1つ目は、スポーツジャーナリストです。

スポーツジャーナリストの仕事内容は、主にスポーツに関連した話題をテレビ、WEBメディアなどの媒体で報道したり、記事を執筆したりすることです。

有名なスポーツジャーナリストであれば、オリンピックや試合のコメンテーターとして呼ばれることもあります。

スポーツジャーナリストには、スポーツに関する幅広い知識が必要なので、日々試合結果や選手の分析が欠かせません。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:スポーツカメラマン(平均年収:350~650万円)

スポーツ関係の仕事(メディア編)2つ目は、スポーツカメラマンです。

スポーツカメラマンの年収は350~650万円であり、経験やスキルいよって収入が大きく変化する仕事です。

スポーツカメラマンの主な仕事内容は、TVや雑誌に掲載するために、スポーツに関わる写真や映像を撮影することです。

予測できない一瞬のチャンスを逃さず、競技や試合などを臨場感豊かに撮影することが求められています。

スポーツカメラマンは、フリーランスとして大きなイベントで活躍できるようになると、年収が1000万円を超えることができます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事③:スポーツ雑誌編集者(平均年収:453万円)

スポーツ関係の仕事(メディア編)3つ目は、スポーツ雑誌編集者です。

スポーツ雑誌編集者の仕事内容は、編集者として、スポーツ雑誌の企画・制作に携わることです。

雑誌の企画を考えてページを作成するだけでなく、外部のカメラマンたちと連携を取りながら取材に同行することもあります。

スポーツ雑誌の出版社に入社して編集部に配属されるためには、雑誌編集のスキルがあることをアピールすると良いです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【企業編】スポーツ関係の仕事一覧

就活生ちゃん

私は、スポーツ用品が大好きです。

スポーツ用品を取り扱いながら、たくさんの人と接することができる仕事は何ですか?

スポーツ選手だけでなく、たくさんのお客様を対象にした仕事は以下の3つあります!

「就活の教科書」編集部 采耶

【企業編】スポーツ関係の仕事一覧
  • 仕事①:スポーツ用品の企画・開発
  • 仕事②:スポーツ用品店スタッフ
  • 仕事③:スポーツ施設のスタッフ

 

仕事①:スポーツ用品の企画・開発(平均年収:600万円)

スポーツ関係の仕事(企業編)1つ目は、スポーツ用品の企画・開発です。

スポーツ用品の企画・開発の仕事内容は、名前の通り、新商品を企画し、サンプル製作を繰り返して、一つの製品を生み出すことです。

多くの人はアシックスやナイキなどのスポーツメーカーの会社の中で、デザイナーたちとも連携しながらスポーツ用品の企画・開発を行っています。

スポーツ用品の企画・開発をする仕事には、商品や素材の分析力、他の部署と連携するコミュニケーション力を持っている人に向いています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:スポーツ用品店スタッフ(平均年収:400万円)

スポーツ関係の仕事(企業編)2つ目は、スポーツ用品店スタッフです。

スポーツ用品店スタッフの仕事内容は、流行に合わせて商品を仕入れて、顧客のニーズを確認しながら接客・販売をすることです。

また、クラブ活動など外部に出向いて、Tシャツなどまとまった商品を販売する「外商」も仕事の1つです。

それぞれスポーツに用いる用具に関しての詳しい知識が求められています。

スポーツ用品店スタッフは、アマチュアからプロまで、幅広い客層を対象に接客を行うため、それぞれのニーズに合わせた用具を提案することが必要です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事③:スポーツ施設のスタッフ(平均年収:360万円)

スポーツ関係の仕事(企業編)3つ目は、スポーツ施設のスタッフです。

スポーツ施設のスタッフの仕事内容は主に受付業務、プール内での監視、トレーニング器具の説明などがあります。

また、建物の点検や備品の在庫管理など、さまざまな仕事があります。

スポーツ施設のスタッフは、多くのお客様と直に接する機会が多いので、人と接することが好きで、体力に自信のある方に向いています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【年収編】スポーツ関係の企業ランキング

就活生くん

僕は、スポーツメーカーで企画などの仕事をしたいと思っています!

スポーツ関係の企業の年収ランキングを教えてください!

わかりました!

スポーツ業界の企業の平均年収をランキング形式で解説していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

順位 企業名 年収
1 シマノ 854万円
2 ダンロップスポーツ 696万円
3 グローブライド 683万円
4 アシックス 678万円
5 ミズノ 625万円
6 デサント 577万円
7 ヨネックス 530万円
8 マルマン 510万円
9 グラファイトデザイン 480万円
10 遠藤製鉄所 455万円

シマノやグローブライドなど、釣り用具のメーカーの年収が高いですね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

スポーツ関係の仕事で使える資格一覧

就活生ちゃん

私は、スポーツ関係の仕事で稼ぎたいので、何か資格を取りたいと思っています。

スポーツ関係の仕事で使える資格をたくさん教えてください!

スポーツ関係の資格を取っていれば、就職に少しでも有利になりますよね!

スポーツ関係の資格を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

スポーツ関係の仕事で使える資格一覧

サポート関連の資格

NSCA-CSCS / アスレティックトレーナー / Dr.トレーニング認定資格 / 理学療法士 / 柔道整復師 / 鍼師・灸師 / ライフセーバー / 小型船舶操縦士免許 / 健康運動指導士 / スポーツ審判員

技術指導の資格

日本スポーツ協会公認スポーツ指導者 / ジュニアスポーツ指導員 / 中高老年期運動指導士 / サーフィン海上安全指導員 / 健康運動実践指導者

栄養指導の資格

管理栄養士 / アスリートフードマイスター / スポーツフードアドバイザー / 公認スポーツ栄養士

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

スポーツ関係の仕事のよくある質問

就活生ちゃん

スポーツ関係の仕事にはどのような仕事があるのかがよくわかりました!

ですが、まだ気になることがたくさんあります・・・。

それでは、スポーツ関係の仕事に関したよくある質問に答えていきますね!

「就活の教科書」編集部 采耶

スポーツ関係の仕事のよくある質問
  • 質問①:女性でもスポーツ関係の仕事に就ける?
  • 質問②:資格なしのスポーツ関係の仕事はある?

ではそれぞれの疑問に答えます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

質問①:女性でもスポーツ関係の仕事に就ける?

就活生ちゃん

私は、スポーツ関係の仕事がしたいのですが、女性よりも男性の方がスポーツに関わる仕事に就きやすいような気がしています。

実際は女性でもスポーツ関係の仕事に就くことはできるのでしょうか・・・。

スポーツ関係の仕事では、実際に女性もたくさん活躍しているので、女性でもスポーツ関係の仕事に就くことはできます。

実際にナイキダンロップスポーツなど多くの会社で積極的に女性を雇用しています。

また、商品企画の仕事やスポーツ雑誌編集の場で女性が活躍しています。

「就活の教科書」編集部 采耶

しかし、スポーツメーカーのシマノスポーツトレーナーの仕事日本代表選手の監督・コーチにも女性はいますが、圧倒的に男の方が多いという事実もあります。

今ではスポーツ業界に女性は欠かせない存在となっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

質問②:資格なしのスポーツ関係の仕事はある?

就活生くん

僕は、現在就職活動をしていて、スポーツ関係の仕事に興味が湧いてきました。

しかし、就活が忙しくて資格の勉強をする時間がありません・・・。

資格なしのスポーツ関係の仕事はありますか?

資格がなくても、実際にスポーツに関わっていくことができる仕事はたくさんあります。

以下で資格なしのスポーツ関係の仕事をまとめたので、参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 采耶

資格なしのスポーツ関係の仕事

◆メディア編

スポーツプロモーター / スポーツカメラマン / スポーツ雑誌編集者 / スポーツジャーナリスト / スポーツ実況アナウンサー

◆企業編

スポーツメーカー / スポーツ用品の企画・開発 / スポーツ施設のスタッフ / スポーツ用品店スタッフ / スポーツ用品の広報 / スポーツ用品デザイナー / スポーツ用品の物流

スポーツ用品が好きな人は、スポーツメーカーでの就職がおすすめです。

また、スポーツ選手の近くで仕事がしたいという人は、専門的な知識が必要なので、資格を取得するのがよいと思います。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:一覧を参考にして自分に合うスポーツ関係の仕事を見つけよう

本記事「【高年収も目指せる!】スポーツ関係の仕事一覧 | 使える資格,平均年収も」はいかがでしたか?

スポーツ業界に興味がある人の役に立てたら嬉しいです!

「就活の教科書」編集部 采耶

この記事では、スポーツ関係の仕事について紹介しました。

合わせて、資格のいらないスポーツ関係の仕事、年収の高いスポーツ企業ランキングを紹介しました。

最後にこの記事をまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】スポーツ関係の仕事について

  • 解説①:平均年収について
  • 解説②:仕事の種類について

◆スポーツ関係の仕事一覧

◆【サポート編】スポーツ関係の仕事一覧

  • 仕事①:スポーツドクター(平均年収:1227万円)
  • 仕事②:スポーツインストラクター(平均年収:200~600万円)
  • 仕事③:スポーツトレーナー(平均年収:354万円)
  • 仕事④:スポーツリハビリトレーナー(平均年収:400万円)
  • 仕事⑤:監督/コーチ(平均年収:768万円)

◆【メディア編】スポーツ関係の仕事一覧

  • 仕事①:スポーツジャーナリスト(平均年収:837万円)
  • 仕事②:スポーツカメラマン(平均年収:350~650万円)
  • 仕事③:スポーツ雑誌編集者(平均年収:453万円)

◆【企業編】スポーツ関係の仕事一覧

  • 仕事①:スポーツ用品の企画・開発(平均年収:600万円)
  • 仕事②:スポーツ用品店スタッフ(平均年収:400万円)
  • 仕事③:スポーツ施設のスタッフ(平均年収:360万円)

◆【年収編】スポーツ関係の企業ランキング

  • スポーツ関係の仕事で使える資格一覧
  • スポーツ関係の仕事のよくある質問

◆スポーツ関係の仕事のよくある質問

  • 質問①:女性でもスポーツ関係の仕事に就ける?
  • 質問②:資格なしのスポーツ関係の仕事はある?

◆まとめ:一覧を参考にして自分に合うスポーツ関係の仕事を見つけよう