>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文アリ】「10年後の自分」面接/ESでの答え方 | コツ,やってはいけないことも

【例文アリ】「10年後の自分」面接/ESでの答え方 | コツ,やってはいけないことも

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由は、仕事に対する理解度や成長意欲を知りたいから
  • 「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの例文3つとNG例文3つ
  • 「10年後の自分」の面接/ESでの回答ポイント5つ
  • 「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツは、実現可能かどうか考えること
  • 「10年後の自分」を面接/ESで答え方NG例2つ

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の中村です。

就活生のみなさんは、面接やエントリーシートで「10年後の自分」について聞かれたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

僕は、この前の面接で「10年後の自分」を聞かれました。

未来について考えたこともなかったので、焦ってなんとなく「10年後の自分」を答えてしまいました。

10年後ってまだまだ先だから考えたことなかったけど、どう答えればいいんだろう。

就活生ちゃん

私は、まだ面接とエントリーシートで「10年後の自分」について聞かれたことはありません。

企業は「10年後の自分」を質問して何をみているんですか。

10年後の自分の姿なんて想像できないし、公務員になる可能性も考えているのに考えているのに。

そうですよね。

企業がなんのために「10年後の自分」を聞いてくるのか分からないければ、どう答えれば評価してもらえるか不安ですよね。

この記事を読めば、「10年後の自分」を聞かれた時どのように答えればいいか分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

この記事では、「10年後の自分」を面接やESで答えるときの例文や 「10年後の自分」を聞かれる理由、答え方のポイント・コツを紹介しています。

合わせて、「10年後の自分」を面接やESでの答え方の構成答えるときにやってはいけないこと、「10年後の自分」を考える方法も解説しています。

この記事を読めば、面接/ESで「10年後の自分」を聞かれた時に、自信を持って答えられるようになりますよ。

「10年後に自分がなりたい姿が答えられない」就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

 

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由3つ

就活生くん

そもそも、なぜ「10年後の自分」を面接/ESで聞かれるんですか。
どうして面接やESで「10年後の自分」なんて聞いてくるんだろうと思いますよね。

企業が学生に面接/ESで「10年後の自分」を聞く理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由3つ
  • 理由①:仕事に対する理解度を知りたい
  • 理由②:自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい
  • 理由③:自社で成長する意欲があるかどうか知りたい
それでは、「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由を、それぞれ簡単に説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

理由①:仕事に対する理解度を知りたい

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる1つ目の理由は、「仕事に対する理解度を知りたい」からです。

企業が学生に求めている答えは、ただ10年後にどうありたいかという内容ではありません。

企業は、「10年後のあなたが自社で働き、活躍する姿」を聞きたいのです。

つまり、志望する企業の仕事をどれほど理解しているのかが見られています。

また、企業は自社の仕事への理解度は自社に対する志望度の度合いだと判断します

企業の採用担当者の立場になって、想像してみてください。

「10年後の自分」を答える時に自社の事業内容を詳しく言える就活生ほど、「うちの会社に興味が合って、入社したい熱意が伝わるな」と思いますよね。

志望する企業の仕事への理解度を深めるためには、志望する企業の業務内容や事業内容など詳しく知る必要があります。

そのため、企業研究をしっかりしておく必要がありますよ

企業研究について詳しく知りたい就活生は、こちらの記事を読んでみてください。
企業研究のやり方やポイントが分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

理由②:自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる2つ目の理由は、「自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい」からです。

会社が掲げるキャリアプランが自分が考えるキャリアプランと一致していなければ、入社後のミスマッチが起きやすいです。

そのため、企業は自社と方向性が一致しており、「この学生が自社で活躍すれば、個人としても企業としても成長できる」と思える学生を採用したいのです。

志望する企業のキャリアビジョンと自分の「10年後の私」であるキャリアプランが大幅にずれている場合、企業は「この子は本当に自社を志望しているのか?」と疑われてしまいますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

理由③:自社で成長する意欲があるかどうか知りたい

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる3つ目の理由は、「自社で成長する意欲があるかどうか知りたい」からです。

「10年後の自分」が明確で、志望する企業でのキャリアビジョンがきちんと描けているということは、自社で成長したいという気持ちの表れと言えます。

それでは、具体例を用いて説明します。

就活生くん

僕は、常に目標を掲げて仕事をすることで成長したいな

就活生ちゃん

私は、できることを毎日できて平凡に過ごせたら十分だな

このように2パターンの就活生がいた場合、人事はどちらを採用したいでしょうか。

働く上で自分で目標を掲げて成長しようとする学生と、ただ毎日流れに身を任せて過ごす学生がいれば、企業は自分で成長しようとする学生を採用したいですよね。

志望企業でのキャリアビジョンが明確に出来ていなければ、「成長意欲に欠ける学生だな」とマイナスな評価を付けられてしまいますよ

「就活の教科書」編集部 中村

就活生ちゃん

事務職につきたいくらいしか未来のことを考えていなかったけれど、マイナスな評価を面接で受けたくないので、ちゃんと「10年後の自分」について考えます!

 

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの例文

就活生くん

「10年後の自分」を面接で聞かれたのですが、どのように答えるべきなんでしょうか?
例文を教えて欲しいです。
それでは、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの例文を以下の2つの観点から紹介します。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」を回答する時の例文
  • 面接官に評価される例文3つ
  • NG例文3つ
それでは「10年後の自分」を回答する時の例文について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

 

面接官に評価される例文3つ

ここでは「10年後の自分」について面接官で評価される例文を3つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」例文①

10年後は、一人でも多くの人の心の残る広告を生み出すプロジェクトリーダーになりたいです

なぜなら、広告の一度多くの人にメッセージを届けることができる点に魅力を感じ、私も人に感動を与えたいと考えるからです。

私は実際に、家族に感謝を伝える大事さをメッセージとして届ける広告によって行動を改めた経験があります。

受験勉強に必死になっていた際、上手くいかないことがあると母に八つ当たりすることもありました。

しかし、息子の受験勉強を応援する母の姿を描いた広告をみた時、私が母に対してとった行動を悔やみました。

その広告をみた後、私は定期的に家族に感謝するようになりました。

目標とするプロジェクトリーダーになるためには、インプットとアウトプットを繰り返し、質を高めていくことが必要だと考えます。

そのため、積極的に情報を収集し、携わる仕事1つ1つに全力で向き合い、常に現状に満足せず期待以上の成果を生み出したいです。

目標に少しでも早く近づくために、現在は新しい人と出会うコミュニティに積極的に参加し、情報や多様な価値観を取り入れることに励んでいます。

このように、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときは、具体的になりたい姿や取り組んでいることを伝えることがコツになります。

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

なるほど。十年後の自分を考えて、頑張っていることを伝えるとより魅力的に伝えることができるんですね。

 

「10年後の自分」例文②

私は10年後に新規商品の開発を任されたいと考えております。

なぜなら、高校・大学時代の部活動でキャプテンを務めており、選手一人ひとりの役割を考え、チーム全体を引っ張っていった経験があるからです。

貴社の〇〇さんにOB訪問をさせていただいた時に「新規商品の開発は困難なことがあるけど、周りを巻き込んで自ら積極的に取り組むことで自分のスキルアップにもつながり、何より楽しい。」とおっしゃっていました。

そのため、10年目までに国内と海外の現場での仕事を行い、チーム全体の力を最大限に引き出せるように貴社の新規商品の開発に携わりたいと考えております。

なので今は、海外での現場を経験するために英語の勉強に力を入れております。

「10年後の自分」を説明する時には、座談会や説明会、OB訪問などで社員から実際に聞いたことを話すとより具体性が増します。

「就活の教科書」編集部 中村

 

 

「10年後の自分」例文③

私は10年後、人事部で企業をより成長させるような優秀な人材の採用に携わりたいと考えております。

なぜなら、大学時代の部活動でチームの適正なポジションを考えていたからです。

私は大学時代に野球部に所属していましたが、チーム一人ひとりの適正なポジションや性格を判断してポジションと打順を決めていました。

この経験から、人の向き不向きを論理的に考える重要性を学びました。

また、貴社は海外事業にも力を入れています。

国内と海外の両方の事業を拡大するには、より良い人材を確保することが重要なので、どんな人がどのような部署に向いているのかを考えながら、人材確保に携わりたいと考えています。

今後はITやAIを効率よく使い、より多くの人材と触れ合うことが大切だと考えているので、AIテクノロジーの勉強にも力を入れております。

 

大学時代のエピソードと企業の現状についても上手く伝えられています。

「就活の教科書」編集部 中村

 

NG例文3つ

ここでは「10年後の自分」に関するNG例文を3つ紹介します。
NGな回答をする就活生が多いので、何がNGなのかをぜひ確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」NG例文①

私は10年後に独立して、起業したいと考えております。

なぜなら、大学時代に野球部の部活動でキャプテンを務めていたからです。

私自身、リーダーになることが好きなので、将来も自分がリーダーになれるように起業したいです。

貴社は、2年目までに基礎的な仕事を行い、3年目以降は海外で働けるということを説明会の時に聞きました。

そのため、3年目以降になると海外で働き、海外での働き方を学び、スキルアップを図りたいと考えております。

なので今は、海外で働くために毎日英会話教室に通っております。

この例文は「会社でスキルアップしたら辞めます」と宣言しているのと同じです。
スキルアップは良いことですが、踏み台として利用する考えを伝えるのはNGです。
企業の中で10年後どのようになっていたいのかを伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」NG例文②

私は10年後に海外で働きたいと考えております。

貴社は国内だけでなく海外事業にも力を入れており、貴社商品の〇〇ではシェア率が世界トップです。

また、貴社は世界的にも有名な〇〇と取引をしており、世界からの評価も高いです。

そのため、私は10年後には貴社の売上に貢献し、海外市場の拡大に携わりたいので、グローバルに活躍したいと考えております。

この例文は、自分の過去のエピソードが全くなく、ただの会社説明になっています。
企業に会社説明をしても意味ないですよね。
また「10年後に海外で働きたい」という根拠がありません。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」NG例文③

私は10年後にコツコツと努力して仕事を頑張りたいと考えています。

なぜなら、私はコツコツと地道に努力することが好きだからです。

大学時代に野球部に所属していましたが、大学から野球を始めたので、周りとのレベルの差が圧倒的でした。

しかし、私はどうしてもレギュラーになりたかったので、毎日1時間のランニングと素振り1000回を欠かさず行い、レギュラーを勝ち取れました。

この経験から、コツコツと粘り強く頑張る大切さを学んだので、10年後も目の前の仕事や目標に対して粘り強く取り組みたいです。

「コツコツと努力して仕事する」ことは社会人として当たり前です。
10年後に達成する目標として低すぎます。
また「コツコツと努力する」が抽象的すぎます。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「面接戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても面接で落ちてしまう学生が毎年多くいます。

原因の1つとしては、自分の面接戦闘力が分からないまま、レベルの高い企業を受けていることにあります。

自分の面接戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEのアンケート回答後にできる「面接力診断」が便利です!

「面接力診断」では、あなたの今、取り組むべき面接対策が分かり、内定に近づけるのでぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

 

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれた時の回答ポイント5つ

就活生くん

「10年後の自分」を面接やESで聞かれた時の例文やNG例文については理解できました。
でも実際に回答する時は、どのように回答していけば良いのでしょうか?
確かに回答する時の良い方法がわからないですよね。
そこでここでは「10年後の自分」を面接やESで聞かれた時の回答ポイントを5つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント5つ
  • ポイント①:10年後の理想の自分を具体的に伝える
  • ポイント②:なぜその目標なのかの理由を伝える
  • ポイント③:過去のエピソードを伝える
  • ポイント④;目標達成するための過程を明確に伝える
  • ポイント⑤:10年後に達成するために今どんな努力をしているのかを伝える
それでは「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント5つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント①:10年後の理想の自分を具体的に伝える

「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント1つ目は「10年後に理想の自分を具体的に伝える」ことです。

具体的にどうなりたいのかを伝えることで、聞く側もイメージしながら聞けるからです。

就活生くん

①:「10年後は海外で働きたいです。」

②:「10年後はグローバル営業として海外を中心に働きたいです。」

 

②のように具体的に伝えたほうが、イメージしやすいですよね。

そのため、まずは結論として10年後の自分を1文で良いので、具体的に伝えてみましょう。

面接官や人事の方がイメージできるように話すことを意識してみてください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント②:なぜその目標なのかの理由を伝える

「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント2つ目は「なぜその目標なのかの理由を伝える」ことです。

なぜ10年後にそうなりたいのかを具体的に伝えると、論理性が増します。

先程の例を参考にすると、なぜ海外で働きたいのかを伝える必要があります。

そのため、10年後の目標を伝えると同時に、その根拠も明確にしておきましょう。

企業側は、就活生がどのように考えているのかを知りたいと思っています。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント③:過去のエピソードを伝える

「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント3つ目は「過去のエピソードを伝える」ことです。

なぜその目標なのかを伝える時にセットで過去のエピソードを伝えることで、より具体性が上がります。

例えば「海外で働きたい⇒大学時代にボランティアで海外に行き、そこで現地で働く面白みを知ったから」のように自分の過去の経験と結び付けられると良いです。

過去のエピソードは具体的に伝えることが重要ですが、長くならないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント④;目標達成するための過程を明確に伝える

「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント4つ目は「目標達成するための過程を明確に伝える」ことです。

企業側は、就活生の思考を知りたがっています。

10年後にその目標を達成するために、1年後・3年後・5年後はどのようになっていたいのかを考えておく必要があります。

目標を達成するための過程は簡単に伝えてみてください。

5年後の自分に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ポイント⑤:10年後に達成するために今どんな努力をしているのかを伝える

「10年後の自分」を聞かれた時の回答ポイント5つ目は「10年後に達成するために今どんな努力をしているのかを伝える」ことです。

企業側は一貫性も重視しています。

例えば「海外で働きたい」と思っていても今、何もしていない・しようとしていない場合は、嘘だと思われます。

そのため、10年後に目標を達成するために、今どのような努力をしているのかを伝えておきましょう。

今何も努力していない場合は、これからどうするかを伝えると良いです。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成

それでは、「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成を簡単に説明します。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成
  • 構成①:結論
  • 構成②:理由
  • 構成③:具体的なエピソード
  • 構成④:実現するための取り組み

 

まずはじめに、「10年後にどのように活躍したいか」を結論として伝えましょう。

はじめに結論を伝えることで、話が明確になり、聞き手が理解しやすくなりますよ。

次に、理由と具体的なエピソードを伝えることで、説得力が増します。

なぜなら、理由と具体的なエピソードが根拠になるからです。

自分が、10年後の活躍する姿を考えたきっかけとなるエピソードや実現するために活かせる自分の強みを表すエピソードなどを伝えましょう。

最後に描いた「10年後の自分」を実現するための取り組みを伝えましょう。

行動する姿勢や目標に対する熱意が評価されますよ

伝える内容を整理して、上記の構成で伝えれば聞き手にとって理解しやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つ

就活生ちゃん

「10年後の自分」の面接/ESでの答える時は上記の構成を必ず意識してみます。

結論から伝えることは知っていたけど、実現するための取り組みは考えたこともなかったな。

構成はわかったんですが、「10年後の自分」を答えるときのコツも知りたいです。

では、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツを解説しますね。

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツは以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つ
  • コツ①:実現するための取り組みを具体的に伝える
  • コツ②:3年後と5年後の自分も考える
  • コツ③:志望する企業で実現できるか調べる
「入社後にこの学生は活躍してくれそうだ」と企業に思ってもらうためにも、コツを理解しておく必要があります。

それでは、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つを、それぞれ1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

コツ①:実現するための取り組みを具体的に伝える

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの1つ目のコツは、「実現するための取り組みを具体的に伝える」です。

具体的に現在実現に向けて努力していることや、入社後の目標実現に向けて取り組みたいことを伝えましょう。

例えば、グローバルな会社で働き、さらにアジアに進出し事業を先導していきたい就活生は、英会話に通い積極的に英語を学んでいる努力を伝えましょう。

しかし、実際「未来について考えたことないしどうしよう」という就活生も多いでしょう。

そんな就活生は、入社後どのように実現に向けて努力するか伝えましょう。

つまり、現在は語学力の勉強をしていなくても、「入社後3年までに基礎英語力をつけるために仕事と両立し勉学に励み、TOEIC900以上を取る」のように具体的な実現方法を伝えることができれば印象がいいです。

現在夢や目標に向けて、努力している就活生はその努力をアピールする絶好の機会ですね。

一方で、「全然今何もしてないし、アピールしにくい」と悩む就活生は、入社後にどのように努力するか伝えれば、目標意識や成長意欲を評価してもらえます。

また、現在しているアルバイトやサークル活動などから、目標実現に活かせそうな要素をアピールする方法もありますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

コツ②:3年後と5年後の自分も考える

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの2つ目のコツは、「3年後と5年後の自分も考える」です。

なぜなら、10年より短期的な「将来の自分」を考えることでより「10年後の自分」への道筋が明確になりやすいからです。

また、毎回「10年後の自分」について質問されるとは限らないので、3年後や5年後の自分についても、考えておきましょう。

「10年後の自分」について答えた場合でも、その後面接官に「短期的に考えるとすれば、 3年後/5年後の自分はどのように考えていますか?」と聞かれる場合もありますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

就活生ちゃん

『質問されているのは「10年後の自分」なのにどうして必要なの?』と思っていたけど、確かに短い将来について聞かれる場合もあるから用意しておくべきですね。

3年後や5年後の自分をあらかじめ考えておけば、急に聞かれても堂々と答えられますね。

 

コツ③:志望する企業で実現できるか調べる

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの3つ目のコツは、「志望する企業で実現できるか調べる」です。

なぜなら、あなたが掲げた「10年後の自分」が本当に志望する企業で実現できるかどうか分からないからです。

そこで、志望する企業を研究し、企業について深く知る必要があります

ホームページやパンフレットを見て、改めて企業のキャリアプランや制度と自分の立てた「10年後の自分」になるための目標を照らし合わせて見ましょう。

ホームページやパンフレットをみるのも効果的ですが、よりリアルな実現可能性を知るためにはOB・OG訪問がおすすめです

実際に働いている方が「どんな目標を立て、行動し、その結果どうなったか」を聞いてみましょう。

実際に働くOBやOGの方の話を聞くことで、実現可能かどうかが分かりやすくなりますよ。

就活生ちゃん

なるほど。実際に働く社員の方の意見はリアルでしょうし、自分の掲げた目標が高すぎたり、的外れであったりすることも気づけそうですね。

OB訪問してみようかな。

でもOB訪問のやり方分からないな…。

OB訪問についてもっと知りたい就活生は、この記事を読めば、OB訪問のやり方やマナーが詳しく分かりますよ。

ぜひ、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」の考え方

就活生くん

「10年後の自分」を面接やESで聞かれると思って考えていますが、どのように考えていけば良いのかがわかりません…
「10年後の自分」の考え方を教えて欲しいです。
確かにどのように考えていけばよいのか悩みますよね。
では「10年後の自分」の考え方を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」の考え方3つ
  • 考え方①:将来自分がどうなりたいのかをイメージする
  • 考え方②:会社説明会や座談会で将来像について質問する
  • 考え方③:OB訪問や企業ホームページから探す
それでは「10年後の自分」の考え方3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

 

考え方①:将来自分がどうなりたいのかをイメージする

「10年後の自分」の考え方1つ目は「将来自分がどうなりたいのかをイメージする」ことです。

10年後にどうなりたいのかは人によって異なります。

バリバリ働きたいのか、ワークライフバランスを重視するのかなど。

企業に入社して、最終的にどのようになりたいのかを考えておきましょう。

しかし、将来どうなりたいのかを就活の時点で見つけるのは難しいです。
そんな時は、考え方②や考え方③を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

考え方②:会社説明会や座談会で将来像について質問する

「10年後の自分」の考え方2つ目は「会社説明会や座談会で将来像について質問する」ことです。

結論から言うと、この考え方が一番おすすめです。

なぜなら、実際に社員の方に質問することで、考える時に具体性や現実性が上がるからです。

就活生くん

  • 入社して5年後や10年後のキャリアプランについて教えてください。
  • 入社して5年や10年の先輩社員の方はどのような仕事をしていますか?

 

このように聞くだけで十分です。

実際の社員のキャリアプランを把握しているのか・していないのかで考える大変さも劇的に変わります。

私も実際に座談会に参加して質問しました。
リアルなキャリアプランを聞けたので「10年後の自分」を考える時に非常に役に立ちました。

「就活の教科書」編集部 中村

 

考え方③:OB訪問や企業ホームページから探す

「10年後の自分」の考え方3つ目は「OB訪問や企業ホームページから探す」ことです。

企業のホームページに載っている場合は、非常に簡単にキャリアプランがわかります。

企業ホームページには、社員の方にインタビューをしたページがある企業も多いです。

企業ホームページからではなかなか考えられない就活生は、OB訪問で実際に質問してみてください。

OB訪問を考えている就活生は、以下の記事を必ず読んでからOB訪問を行ってください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」面接/ESでのNG回答例2つ

就活生ちゃん

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときに就活生がついついやってしまうNGなことは、どんなものがありますか?
「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないことは2つありますよ。

そこで、具体的なNG例を使って解説しますね。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」面接/ESでのNG回答例2つ
  • NG①:あいまいな表現を使う
  • NG②:仕事の目標ではない目標を掲げる 

コツを抑えて、完璧だと思ったらついついやってはいけないことをして失敗したくないですよね。

それでは、少しでも失敗するリスクを減らすために、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないことをNG例文で確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

 

NG①:あいまいな表現を使う

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと1つ目は「あいまいな表現を使う」です。

あいまいな表現を使ってしまうと、将来の自分の姿やキャリアプランについて深く考えることができていないと判断されてしまったり、あなたのイメージする「10年後の自分」が企業に伝わりにかったりするからです

では、具体的なNG例文を用いて説明します。

  • NG例①:私は、10年後に社内で「〇〇さんは、本当に信頼できる」と慕われる人になりたいです。
  • NG例②:私は、10年後に責任の大きな仕事がしたいです。

上記の例文では、誰もが言えるようなあいまいさですよね。

なので、「キャリアについて全然考えていない学生に働かれてもなぁ」と面接官に思われしまいます。

そこで、会社で活躍する姿を企業がイメージしやすいほど、具体的に言語化しましょう。

例えば、「10年後には営業部でトップの業績を残すことに加え、マネジメントをする立場になりたいです」のように答えましょう。

自分一人だと、あいまいな表現を使っていても言い回しが綺麗だったり、まとまっている感じがしたりして、あいまいな表現かどうか気付きにくいです。

そのため、友人や先輩に一度伝えてみてどのようにイメージされるか聞いてみましょう。

第三者に聞くことで、どこをどのように具体的に言い換えればいいか分かりますよ

「就活の教科書」編集部 中村

 

NG②:仕事の目標ではない目標を掲げる

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと2つ目は、「仕事の目標ではない目標を掲げる」です。

企業が「10年後の自分」を質問して求めているのは、あくまで仕事上のあなたの目標だということを理解しましょう。

そのため、仕事に関係のないことやプライベートに関する目標を答えることは控えましょう。

  • NG例③:出産後も育児と仕事を両立できる母親になりたい
  • NG例④:働いて得たお金でずっとやりたかった世界一周旅行をしてみたい

どちらも仕事の目標に関係がありませんよね。

ライフワークバランスを重要視しており、プライベートと仕事の両方を充実させたい就活生も多いでしょう。

自分が仕事をする上で大事にしたい価値観としてはアリですが、面接官に伝えると印象がよくないです。

なので、「10年後の自分」を面接/ESで答える際には、仕事上の目標を掲げることを意識しましょう。

キャリアプランを描く上で、仕事以外の目標も欠かせませんが、面接やエントリーシートでキャリアプランの質問に答えるときは仕事に関することを伝えましょう

以下の記事で「10年後の自分」以外の将来に関する質問をまとめて紹介するので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

まとめ:企業分析で仕事の理解を深め、志望企業での目標を立てよう

いかがでしたか。

この記事では、「10年後の自分」を面接やESで答えるときの例文や 「10年後の自分」を聞かれる理由、答え方のコツを紹介しました。

合わせて、「10年後の自分」を面接やESでの答え方の構成答えるときにやってはいけないこと、「10年後の自分」を考える方法も解説しました。

それでは、最後にこの記事のおさらいを簡単にしますね。

「就活の教科書」編集部 中村

この記事のまとめ

◆「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由3つ

  • 理由①:仕事に対する理解度を知りたい
  • 理由②:自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい
  • 理由③:自社で成長する意欲があるかどうか知りたい

◆「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成

  • 構成①:結論
  • 構成②:理由
  • 構成③:具体的なエピソード
  • 構成④:実現するための取り組み

◆「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つ

  • コツ①:実現するための取り組みを具体的に伝える
  • コツ②:3年後と5年後の自分も考える
  • コツ③:志望する企業で実現できるか調べる

◆「10年後の自分」面接/ESでのNG回答例2つ

  • NG①:あいまいな表現を使う
  • NG②:仕事の目標ではない目標を掲げる

 

面接やESで「10年後の自分」を答えるときは、企業分析をしっかり行い、仕事を深く理解することが大事でしたね。

そして志望企業で実現したい仕事の目標を具体的な表現で、アピールしましょう

あなたが面接やESで「10年後の自分」を聞かれたときに堂々と企業にアピールできることを願っています。

「就活の教科書」では他にも、就活に役立つ記事が多数掲載されているのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中村