>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文アリ】「10年後の自分」面接/ESでの答え方 | コツ,やってはいけないことも

この記事で分かること
  • 「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由は、仕事に対する理解度や成長意欲を知りたいから
  • 「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成
  • 「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツは、実現可能かどうか考えること
  • 「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと2つ

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の中村です。

就活生のみなさんは、面接やエントリーシートで「10年後の自分」について聞かれたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

僕は、この前の面接で「10年後の自分」を聞かれました。

未来について考えたこともなかったので、焦ってなんとなく「10年後の自分」を答えてしまいました。

10年後ってまだまだ先だから考えたことなかったけど、どう答えればいいんだろう。

就活生ちゃん

私は、まだ面接とエントリーシートで「10年後の自分」について聞かれたことはありません。

企業は「10年後の自分」を質問して何をみているんですか。

早く対策して、就活の不安を少しでも減らしたいです。

そうですよね。

企業がなんのために「10年後の自分」を聞いてくるのか分からないければ、どう答えれば評価してもらえるか不安ですよね。

この記事を読めば、「10年後の自分」を聞かれた時どのように答えればいいか分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

この記事では、「10年後の自分」を面接やESで答えるときの例文や 「10年後の自分」を聞かれる理由、答え方のコツを紹介しています。

合わせて、「10年後の自分」を面接やESでの答え方の構成答えるときにやってはいけないこと、「10年後の自分」を考える方法も解説しています。

この記事を読めば、面接/ESで「10年後の自分」を聞かれた時に、自信を持って答えられるようになりますよ。

「10年後に自分がなりたい姿が答えられない」就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由3つ

就活生くん

そもそも、なぜ「10年後の自分」を面接/ESで聞かれるんですか。
どうして面接やESで「10年後の自分」なんて聞いてくるんだろうと思いますよね。

企業が学生に面接/ESで「10年後の自分」を聞く理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由3つ
  • 理由①:仕事に対する理解度を知りたい
  • 理由②:自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい
  • 理由③:自社で成長する意欲があるかどうか知りたい
それでは、「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由を、それぞれ簡単に説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

理由①:仕事に対する理解度を知りたい

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる1つ目の理由は、「仕事に対する理解度を知りたい」からです。

企業が学生に求めている答えは、ただ10年後にどうありたいかという内容ではありません。

企業は、「10年後のあなたが自社で働き、活躍する姿」を聞きたいのです。

つまり、志望する企業の仕事をどれほど理解しているのかが見られています。

また、企業は自社の仕事への理解度は自社に対する志望度の度合いだと判断します

企業の採用担当者の立場になって、想像してみてください。

「10年後の自分」を答える時に自社の事業内容を詳しく言える就活生ほど、「うちの会社に興味が合って、入社したい熱意が伝わるな」と思いますよね。

志望する企業の仕事への理解度を深めるためには、志望する企業の業務内容や事業内容など詳しく知る必要があります。

そのため、企業研究をしっかりしておく必要がありますよ

企業研究について詳しく知りたい就活生は、こちらの記事を読んでみてください。
企業研究のやり方やポイントが分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

理由②:自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる2つ目の理由は、「自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい」からです。

会社が掲げるキャリアプランが自分が考えるキャリアプランと一致していなければ、入社後のミスマッチが起きやすいです。

そのため、企業は自社と方向性が一致しており、「この学生が自社で活躍すれば、個人としても企業としても成長できる」と思える学生を採用したいのです。

志望する企業のキャリアビジョンと自分のキャリアプランが大幅にずれている場合、企業は「この子は本当に自社を志望しているのか?」と疑われてしまいますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

理由③:自社で成長する意欲があるかどうか知りたい

「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる3つ目の理由は、「自社で成長する意欲があるかどうか知りたい」からです。

「10年後の自分」が明確で、志望する企業でのキャリアビジョンがきちんと描けているということは、自社で成長したいという気持ちの表れと言えます。

それでは、具体例を用いて説明します。

就活生くん

僕は、常に目標を掲げて仕事をすることで成長したいな

就活生ちゃん

私は、できることを毎日できて平凡に過ごせたら十分だな

このように2パターンの就活生がいた場合、人事はどちらを採用したいでしょうか。

働く上で自分で目標を掲げて成長しようとする学生と、ただ毎日流れに身を任せて過ごす学生がいれば、企業は自分で成長しようとする学生を採用したいですよね。

志望企業でのキャリアビジョンが明確に出来ていなければ、「成長意欲に欠ける学生だな」とマイナスな評価を付けられてしまいますよ

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの例文

それでは、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 中村

10年後は、一人でも多くの人の心の残る広告を生み出すプロジェクトリーダーになりたいです

なぜなら、広告の一度多くの人にメッセージを届けることができる点に魅力を感じ、私も人に感動を与えたいと考えるからです。

私は実際に、家族に感謝を伝える大事さをメッセージとして届ける広告によって行動を改めた経験があります。

受験勉強に必死になっていた際、上手くいかないことがあると母に八つ当たりすることもありました。

しかし、息子の受験勉強を応援する母の姿を描いた広告をみた時、私が母に対してとった行動を悔やみました。

その広告をみた後、私は定期的に家族に感謝するようになりました。

目標とするプロジェクトリーダーになるためには、インプットとアウトプットを繰り返し、質を高めていくことが必要だと考えます。

そのため、積極的に情報を収集し、携わる仕事1つ1つに全力で向き合い、常に現状に満足せず期待以上の成果を生み出したいです。

目標に少しでも早く近づくために、現在は新しい人と出会うコミュニティに積極的に参加し、情報や多様な価値観を取り入れることに励んでいます。

このように、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときは、具体的になりたい姿や取り組んでいることを伝えることがコツになります。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成

それでは、「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成を簡単に説明します。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成
  • 構成①:結論
  • 構成②:理由
  • 構成③:具体的なエピソード
  • 構成④:実現するための取り組み

 

まずはじめに、「10年後にどのように活躍したいか」を結論として伝えましょう。

はじめに結論を伝えることで、話が明確になり、聞き手が理解しやすくなりますよ。

次に、理由と具体的なエピソードを伝えることで、説得力が増します。

なぜなら、理由と具体的なエピソードが根拠になるからです。

自分が、10年後の活躍する姿を考えたきっかけとなるエピソードや実現するために活かせる自分の強みを表すエピソードなどを伝えましょう。

最後に描いた「10年後の自分」を実現するための取り組みを伝えましょう。

行動する姿勢や目標に対する熱意が評価されますよ

伝える内容を整理して、上記の構成で伝えれば聞き手にとって理解しやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つ

就活生ちゃん

「10年後の自分」の面接/ESでの答える時は上記の構成を必ず意識してみます。

結論から伝えることは知っていたけど、実現するための取り組みは考えたこともなかったな。

構成はわかったんですが、「10年後の自分」を答えるときのコツも知りたいです。

では、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツを解説しますね。

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツは以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 中村

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つ
  • コツ①:実現するための取り組みを具体的に伝える
  • コツ②:3年後と5年後の自分も考える
  • コツ③:志望する企業で実現できるか調べる
「入社後にこの学生は活躍してくれそうだ」と企業に思ってもらうためにも、コツを理解しておく必要があります。

それでは、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つを、それぞれ1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

コツ①:実現するための取り組みを具体的に伝える

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの1つ目のコツは、「実現するための取り組みを具体的に伝える」です。

具体的に現在実現に向けて努力していることや、入社後の目標実現に向けて取り組みたいことを伝えましょう。

例えば、グローバルな会社で働き、さらにアジアに進出し事業を先導していきたい就活生は、英会話に通い積極的に英語を学んでいる努力を伝えましょう。

しかし、実際「未来について考えたことないしどうしよう」という就活生も多いでしょう。

そんな就活生は、入社後どのように実現に向けて努力するか伝えましょう。

つまり、現在は語学力の勉強をしていなくても、「入社後3年までに基礎英語力をつけるために仕事と両立し勉学に励み、TOEIC900以上を取る」のように具体的な実現方法を伝えることができれば印象がいいです。

現在夢や目標に向けて、努力している就活生はその努力をアピールする絶好の機会ですね。

一方で、「全然今何もしてないし、アピールしにくい」と悩む就活生は、入社後にどのように努力するか伝えれば、目標意識や成長意欲を評価してもらえます。

また、現在しているアルバイトやサークル活動などから、目標実現に活かせそうな要素をアピールする方法もありますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

コツ②:3年後と5年後の自分も考える

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの2つ目のコツは、「3年後と5年後の自分も考える」です。

なぜなら、10年より短期的な「将来の自分」を考えることでより「10年後の自分」への道筋が明確になりやすいからです。

また、毎回「10年後の自分」について質問されるとは限らないので、3年後や5年後の自分についても、考えておきましょう。

「10年後の自分」について答えた場合でも、その後面接官に「短期的に考えるとすれば、 3年後/5年後の自分はどのように考えていますか?」と聞かれる場合もありますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

就活生ちゃん

『質問されているのは「10年後の自分」なのにどうして必要なの?』と思っていたけど、確かに短い将来について聞かれる場合もあるから用意しておくべきですね。

3年後や5年後の自分をあらかじめ考えておけば、急に聞かれても堂々と答えられますね。

 

コツ③:志望する企業で実現できるか調べる

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときの3つ目のコツは、「志望する企業で実現できるか調べる」です。

なぜなら、あなたが掲げた「10年後の自分」が本当に志望する企業で実現できるかどうか分からないからです。

そこで、志望する企業を研究し、企業について深く知る必要があります

ホームページやパンフレットを見て、改めて企業のキャリアプランや制度と自分の目標を照らし合わせて見ましょう。

しかし、よりリアルな実現可能性を知るためにはOB・OG訪問がおすすめです

実際に働いている方が「どんな目標を立て、行動し、その結果どうなったか」を聞いてみましょう。

実際に働くOBやOGの方の話を聞くことで、実現可能かどうかが分かりやすくなりますよ。

就活生ちゃん

なるほど。実際に働く社員の方の意見はリアルでしょうし、自分の掲げた目標が高すぎたり、的外れであったりすることも気づけそうですね。

OB訪問してみようかな。

でもOB訪問のやり方分からないな…。

OB訪問についてもっと知りたい就活生は、この記事を読めば、OB訪問のやり方やマナーが詳しく分かりますよ。

ぜひ、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと2つ

就活生ちゃん

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときに就活生がついついやってしまうNGなことは、どんなものがありますか?
「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないことは2つありますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

10年後の自分」を面接/ESで答えるときのNG
  • NG①:あいまいな表現を使う
  • NG②:仕事の目標ではない目標を掲げる 

コツを抑えて、完璧だと思ったらついついやってはいけないことをして失敗したくないですよね。

それでは、少しでも失敗するリスクを減らすために、「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないことを確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

 

NG①:曖昧な表現を使う

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと1つ目は、「あいまいな表現を使う」です。

あいまいな表現を使ってしまうと、将来の自分の姿やキャリアプランについて深く考えることができていないと判断されてしまったり、あなたのイメージする「10年後の自分」が企業に伝わりにかったりするからです

例えば、「社内で信頼できると慕われる人になりたいです」という答えはあいまいな表現に当てはまります。

もう少し具体的に、「信頼され、特定の部署に限らず、後輩や同期の魅力や能力を引き出すことができる人になりたいです」と答えましょう。

会社で活躍する姿を企業がイメージしやすいほど、具体的に言語化しましょう

自分一人だと、あいまいな表現を使っていても言い回しが綺麗だったり、まとまっている感じがしたりして、あいまいな表現かどうか気付きにくいです。

そのため、友人や先輩に一度伝えてみてどのようにイメージされるか聞いてみましょう。

第三者に聞くことで、どこをどのように具体的に言い換えればいいか分かりますよ

「就活の教科書」編集部 中村

 

NG②:仕事の目標ではない目標を掲げる

「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと2つ目は、「仕事の目標ではない目標を掲げる」です。

企業が「10年後の自分」を質問して求めているのは、あくまで仕事上のあなたの目標だということを理解しましょう。

そのため、仕事に関係のないことやプライベートに関する目標を答えることは控えましょう。

例えば、「出産後も育児と仕事を両立できる母親になりたい」「働いて得たお金でずっとやりたかった世界一周旅行をしてみたい」という目標は、仕事の目標に関係がありませんよね。

ライフワークバランスを重要視しており、プライベートと仕事の両方を充実させたい就活生も多いでしょう。

しかし、「10年後の自分」を面接/ESで答える際には、仕事上の目標を掲げることを意識しましょう。

キャリアプランを描く上で、仕事以外の目標も欠かせませんが、面接やエントリーシートでキャリアプランの質問に答えるときは仕事に関することを伝えましょう

以下の記事で「10年後の自分」以外の将来に関する質問をまとめて紹介するので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

まとめ:企業分析で仕事の理解を深め、志望企業での目標を立てよう

いかがでしたか。

この記事では、「10年後の自分」を面接やESで答えるときの例文や 「10年後の自分」を聞かれる理由、答え方のコツを紹介しました。

合わせて、「10年後の自分」を面接やESでの答え方の構成答えるときにやってはいけないこと、「10年後の自分」を考える方法も解説しました。

それでは、最後にこの記事のおさらいを簡単にしますね。

「就活の教科書」編集部 中村

この記事のまとめ

◆「10年後の自分」を面接/ESで聞かれる理由3つ

  • 理由①:仕事に対する理解度を知りたい
  • 理由②:自社のキャリアプランとの一致具合を知りたい
  • 理由③:自社で成長する意欲があるかどうか知りたい

◆「10年後の自分」の面接/ESでの答え方の構成

  • 構成①:結論
  • 構成②:理由
  • 構成③:具体的なエピソード
  • 構成④:実現するための取り組み

◆「10年後の自分」を面接/ESで答えるときのコツ3つ

  • コツ①:実現するための取り組みを具体的に伝える
  • コツ②:3年後と5年後の自分も考える
  • コツ③:志望する企業で実現できるか調べる

◆「10年後の自分」を面接/ESで答えるときにやってはいけないこと2つ

  • NG①:あいまいな表現を使う
  • NG②:仕事の目標ではない目標を掲げる

 

面接やESで「10年後の自分」を答えるときは、企業分析をしっかり行い、仕事を深く理解することが大事でしたね。

そして志望企業で実現したい仕事の目標を具体的な表現で、アピールしましょう

あなたが面接やESで「10年後の自分」を聞かれたときに堂々と企業にアピールできることを願っています。

「就活の教科書」では他にも、就活に役立つ記事が多数掲載されているのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中村