>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「居酒屋」ES/面接での志望動機の伝え方 | ポイント,注意点も

この記事でわかること
  • 居酒屋は働き方がホワイトになってきている
  • 居酒屋の志望動機バイトでも使える2つの例文
  • 居酒屋の志望動機は明るく伝えよう
  • 居酒屋の志望動機で気をつけるべき注意点
  • 居酒屋で活躍できる人の特徴とは

 

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のたくまです。

この記事では「居酒屋の志望動機」について解説していきます。

みなさんは、「居酒屋で受かる志望動機ってどうやって作るの?」と悩んだことはないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 たくま

就活生ちゃん

私は居酒屋でバイトをしたいと思っています。

しかし、居酒屋に行った経験が少なく、志望動機で何をアピールすればいいか分かりません。

どうすれば居酒屋に採用して頂けるのでしょうか・・・

就活生くん

僕は居酒屋の正社員として働きたいと考えています。

どのような志望動機が居酒屋の正社員には必要なのでしょうか・・・

悩んでしまう理由がわかります。

居酒屋の面接は何を見られているのか分からないですよね。

しかし、居酒屋の採用に向けて対策をしっかりすれば採用してもらうことができます。

居酒屋で働けるように、この記事をしっかりとご覧くださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

そこでこの記事では「居酒屋の志望動機の魅力的な伝え方」を紹介します。

合わせて、居酒屋の志望動機を魅力的に伝える例文やポイント、注意点、活躍する人の特徴も解説しています。

この記事を読めば、「居酒屋の魅力ある志望動機が書けない」なんて悩みが解決しますよ。

魅力的に志望動機を伝えて、居酒屋から採用されたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

志望動機を書く前に居酒屋の現状を理解する

就活生くん

居酒屋で働きたいと思い始めたのですが、現状を詳しく知りません。

改めて教えていただいても宜しいでしょうか・・・

居酒屋でバイトする人や働く人をよく聞きますが外からではどのような特徴があるのか分かりませんね。

まずは、居酒屋の現状についておさらいしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

居酒屋の現状
  • 現状①:働き方が変化している
  • 現状②:人手不足で、長く働ける人を探している

それでは、居酒屋の現状についてそれぞれ説明しますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

現状①:働き方が変化している

居酒屋の働き方は年々、ホワイトになってきています。

長時間労働や休みの少なさが問題となり、近年は働きやすさが求められています。

問題が残っていると居酒屋で働きたいと思う人が少なくなり、別の業界に行ってしまうでしょう。

居酒屋で働く人を確保するためにもホワイトになっているのですね。

居酒屋でバイトをしている人は、いつも忙しいイメージがありましたが働き方が見直されてきているのですね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

現状②:人手不足で、長く働ける人を探している

居酒屋は人手が足りないお店が多く、長く働ける人を雇いたいと思っています。

人手が足りないのは、居酒屋のバイトをする人の入れ替わりが激しいからでしょう。

すぐ辞めると、教えた接客が無駄になるので長く働いてもらいたいですよね。

居酒屋でバイトや正社員として長く働きたいあなたにとって人手不足の今はチャンスです。

確かに、せっかく教えたバイトがすぐ辞めてしまうともったいないですね。

長くバイトや正社員として活躍できることをアピールしたいところです。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「居酒屋の志望動機」バイトでも使える職種別の例文

就活生ちゃん

居酒屋の志望理由を書き始めようと思ったのですが、全く思い浮かびません。

わかりやすい例文があれば参考にしたいので教えていただきたいです。

いざ居酒屋の志望動機を書くとなると難しいですよね。

それでは、居酒屋の志望動機を伝える例文を職種別に2つご紹介します。

以下の例文をもとに志望動機を書くと採用にグッと近づきますよ!

「就活の教科書」編集部 たくま

「居酒屋の志望動機」バイトでも使える職種別の例文
  • 例文①:ホール(接客)
  • 例文②:キッチン(調理)
「居酒屋の志望動機」バイトでも使える職種別の例文をそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

例文①:ホール(接客)

私が居酒屋のホールを志望する理由は、強みであるコミュニケーション能力を活かし居酒屋で活躍したいからです。

居酒屋〇〇は、以前に客として伺ったところ雰囲気が良く、夜中まで活気が続いている印象を受けました。

また、1つ1つのサービスがお客様目線で徹底されていると感じました。

常にお客様に寄り添う姿勢と持ち前のコミュニケーション能力、明るさを武器に、ホールとして居酒屋〇〇の活気に貢献していきたいと思います。

居酒屋の志望動機だけでなく、活かせる自分の強みとお店の特徴まで理解しており、印象が良いですね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

例文②:キッチン(調理)

私が居酒屋のキッチンを志望する理由は、居酒屋〇〇の魅力的な手を自分の手で作り、お客様に届けたいからです。

大学から1人暮らしを始めた私は、自炊をする機会が増え、料理が好きになりました。

好きな料理を仕事にしたい、特に居酒屋〇〇の料理は大好物であるため作りたいと考えました。

居酒屋〇〇で美味しい料理をお客様に提供しつづけたいです。

居酒屋のキッチンは志望動機として料理が好き普段から料理をしていることがアピールになりますね。

合わせて、その居酒屋がよい理由を述べているのもポイントです!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるポイント3つ

就活生ちゃん

居酒屋の志望動機を魅力的に伝える方法が分かりません・・・

居酒屋に採用したいと思ってもらえるような志望動機の魅力的な伝え方があれば教えて頂きたいです。

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるためには、抑えるべきポイントがあります。

魅力的な居酒屋の志望動機の伝え方を知ることで、採用したいと思わせることができます!

「就活の教科書」編集部 たくま

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるポイント
  • ポイント①:明るさをアピールしよう
  • ポイント②:コミュニケーションを活かした経験を話そう
  • ポイント③:マルチタスクが得意だと伝えよう
それでは、居酒屋の志望動機を魅力的に伝える3つのポイントをそれぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ポイント①:明るさをアピールしよう

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるポイント1つ目は、明るさをアピールしようです。

居酒屋はお客さんと接する機会が多く、明るく話すことで好印象を持ってもらえます。

面接で、明るく元気のいい姿勢を見せれば、採用者に活躍できそうだと思ってもらえるでしょう。

活躍するイメージをしてもらうために、明るさのアピールは重要ですね。

バイト、正社員ともに明るいと居酒屋の雰囲気もよくなりますよね。

面接で明るい人は普段から明るいのではと思ってもらえます!

各業界によって評価される強みは変化します。

自分の強みを的確にアピールして面接官の印象に残るようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ポイント②:コミュニケーションを活かした経験を話そう

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるポイント2つ目は、コミュニケーションを活かした経験を話そうです。

居酒屋での仕事は、お客さんと接するものが多く、常にコミュニケーションをとらなければなりません。

実際に、具体例を見てみましょう。

就活生ちゃん

私は以前、飲食店のアルバイトをしていました。

当初、アルバイトに慣れず接客が苦手でしたが「お客様の立場に立って考える」ことで、接客が褒められるようになりました。

居酒屋で働く上でコミュニケーションは特に大切だし、経験とともに話してくれると説得力があるね。

人事さん

 

上の例のように、面接でコミュニケーションを活かした経験を聞くと、活躍してくれそうだと思ってもらえます。

居酒屋の志望動機は、コミュニケーションを活かした経験を取り入れ、採用したくなる人材になりましょう。

飲食店のアルバイトの経験だけでなく、スポーツや他のバイトなどコミュニケーションをアピールできる経験は他にもありますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ポイント③:マルチタスクが得意だと伝えよう

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるポイント3つ目は、マルチタスクが得意だと伝えようです。

居酒屋は注文を受けたり食事をだしたりと、仕事を並行する必要があります。

マルチタスクのアピールは、居酒屋でバイトや正社員として働くイメージをつけている証拠であるため好印象ですね。

マルチタスクをアピールし、居酒屋にバイトや正社員として採用してもらいましょう。

働くイメージを持っていなければ、マルチタスクをアピールしようと思いません。

採用担当者に働く意思が強いと思ってもらえますよ!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

居酒屋の志望動機を伝えるときの注意点3つ

就活生ちゃん

居酒屋の志望動機を伝えるポイントはわかりましたが、してはいけない注意点があるか気になります・・・

実は、居酒屋ならではの注意点が3つありますよ。

以下の注意点を守れば低評価につながることはありません!

「就活の教科書」編集部 たくま

居酒屋の志望動機を伝える時の注意点
  • 注意点①:働き方の変化を理由にしない
  • 注意点②:伝える時に元気がない
  • 注意点③:接客が好きのみをアピールしない
それでは、居酒屋の志望動機を伝える時の注意点3つをそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

注意点①:働き方の変化を理由にしない

居酒屋の志望動機を伝える時の注意点1つ目は働き方の変化を理由にしないです。

働き方の変化が理由では、居酒屋にバイトや正社員として働くこだわりが見えないですね。

働き方は応募者のメリットであり、採用者はあなたが何をしてくれるかに関心があるはずです。

採用者に志望度の高さを見せるために、働き方の変化を理由にするのはやめましょう。

働き方は大事ですが、志望動機にしてしまうと他の業界でも良いのでは、と思われてしまいそうですね。

下記の記事では、志望動機を伝える時のコツについて紹介しています。

志望動機を伝えるのに自信がないと感じる方は、ぜひ合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

注意点②:伝える時に元気がない

居酒屋の志望動機を伝える時の注意点2つ目は伝える時に元気がないです。

居酒屋ではバイト、正社員ともに接客が多く元気のよさが大切です。

具体例を見てみましょう。

就活生ちゃん

学生時代に飲食店のアルバイトをしたことがきっかけで・・・

就活生くん

コミュニケーションが好きなので、仕事でも活かしたいと思い居酒屋を志望しました!

上の例のように元気がよく、表情もいい就活生くんの方が活躍してくれそうですね。

居酒屋の志望動機は元気よく伝えましょう。

僕も居酒屋に行くことがありますが、元気のよいバイトや社員は好印象ですね。

就活において元気よく話すことは、いいことだらけです。

逆にマナーややってはいけないことを把握して減点されないように行動するのも大切です。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

注意点③:接客が好きのみをアピールしない

居酒屋の志望動機を伝える時の注意点3つ目は接客が好きのみをアピールしないです。

接客が理由では、居酒屋にこだわる必要がありません。

具体的な例を見ましょう。

私が居酒屋を志望する理由は、強みであるコミュニケーション能力を活かし居酒屋で活躍したいからです。

居酒屋〇〇は、雰囲気が良く夜まで活気が続いている印象を受けました。

持ち前のコミュニケーション能力、明るさを武器に居酒屋〇〇の活気に貢献していきたいと思います。

上の例文のように、接客が好きなことに加えて、志望する居酒屋の特徴を踏まえると説得力がありますね。

居酒屋の志望動機を伝える時は、接客だけをアピールせず「接客×居酒屋」の特徴を伝えましょう。

採用者も自分の居酒屋の特徴を理解している応募者は、バイトや正社員として活躍してくれそうだと思いますよね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

居酒屋で活躍できる人の特徴

就活生くん

居酒屋は長く働くバイトや正社員を求めると聞いたのですが、活躍する人の特徴はあるのでしょうか・・・
働いていく上で、向き不向きはありますよ。

それでは、居酒屋で活躍する人の特徴を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 たくま

居酒屋で活躍する人の特徴3つ
  • 特徴①:元気で明るい人
  • 特徴②:人付き合いが好きな人
  • 特徴③:体力がある人
それでは、居酒屋で活躍する人の特徴3つをそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

特徴①:元気で明るい人

居酒屋で活躍する人の特徴1つ目は元気で明るい人です。

バイト、正社員ともに元気で明るい接客をすることでお客様の満足度も上がるでしょう。

元気で明るいかはどこで判断されるのか、まとめますね。

  • 表情が柔らかい
  • 声が大きい
  • 背筋が伸びている

上記の3つを実践すれば元気で明るい印象を与えることができます。

居酒屋ではバイト、社員として元気で明るく働きましょう。

上の3つは居酒屋のバイトや正社員としてだけでなく、人として大事な要素ですね!

業界ごとに求められる人物像が違うからこそ、業界で求められる人物像を理解して自己PRする必要があります。

下記の記事では、自己PRを伝える時のポイントについてまとめているので、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

特徴②:人付き合いが好きな人

居酒屋で活躍する人の特徴2つ目は人付き合いが好きな人です。

居酒屋ではお客さんから話しかけられるケースが多いです。

お客さんに話しかけられるのが嫌いな人はストレスが溜まってしまい長く続かないでしょう。

しかし、話しかけられるのを楽しいと思える人にとっては居酒屋のバイトや正社員は天職ですね。

居酒屋は会話があってこそだと思います。

楽しい店員がいる居酒屋はリピートしたくなりませんか?

「就活の教科書」編集部 たくま

 

特徴③:体力がある人

居酒屋で活躍する人の特徴3つ目は体力があるです。

仕事柄、居酒屋で働くのは夜の時間帯が多いですよね。

授業と両立するようなバイトだと次の日、朝が早くハードスケジュールになるかもしれません。

体調を崩さず、働きつづけるためにも体力がある人が活躍できるでしょう。

アルバイトで体調を崩したら元も子もないですね。

自分の体と向き合っていきましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

まとめ:居酒屋で長く働きたいアピールをしよう!

「【バイトOK】「居酒屋」志望動機の魅力的な伝え方 | 飲食未経験の例文も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「居酒屋の志望動機の魅力的な伝え方」を解説しました。

合わせて、居酒屋の志望動機を魅力的に伝える例文やポイント、注意点、活躍する人の特徴も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

居酒屋の志望動機を書く前に現状を知っておこう

  • ①:働き方が変化している
  • ②:人手不足で、長く働ける人を探している

居酒屋の志望動機を魅力的に伝えるポイント3つ

  • ポイント①:明るさをアピールしよう
  • ポイント②:コミュニケーションを活かした経験を話そう
  • ポイント③:マルチタスクが得意だと伝えよう

居酒屋の志望動機を伝えるときの注意点3つ

  • 注意点①:働き方の変化を理由にしない
  • 注意点②:伝える時に元気がない
  • 注意点③:接客が好きのみをアピールしない

居酒屋で活躍できる人の特徴

  • 特徴①:元気で明るい人
  • 特徴②:人付き合いが好きな人
  • 特徴③:体力がある人

居酒屋の志望動機は、長く働きたいアピールをする必要がありますね。

熱意を伝えるために、コミュニケーションを発揮した経験や、「料理」に関連したエピソードを入れましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま