>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【画像あり】自由形式の自己PRの完成例3選 | 簡単に作成する手順も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 【画像あり】自由形式の自己PR例3選
  • 自由形式の自己PRを簡単に作成する方法
  • 自由形式の自己PRにおける企業の評価ポイントとは?

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、自由形式の自己PRの例を紹介します。

就活生の皆さんは、「自由形式の自己PRで何を書けばいいの?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

自由形式の自己PRを提出しないといけないのですが、全然アイデアが浮かんできません…

自由形式の自己PRの作成方法を教えてください。

就活生くん

自由形式の自己PRで他の就活生と差をつけたいのに、良いアイデアが思い浮かびません。

どうすれば魅力的な自由形式の自己PRを作成できますか。

自己PRの形式が自由に書いていい場合って、逆に何を書けばいいか分からず苦手意識を持つ人も多いですよね…

ですが、例を参考にして自分のアピールポイントに当てはめることで、魅力的な自由形式の自己PRを作成できますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

そこでこの記事では、完成した自由形式の自己PRを例に作成する手順を紹介します。

合わせて、他の就活生と差をつける自己PRの作成ポイントや企業が見ている評価項目についても紹介します。

この記事を読めば、面接官に評価される自由形式の自己PRを魅力的に作成することができますよ。

「自由形式の自己PRが思いつかなくて困った…」という就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

この記事と合わせて「unistyle(ユニスタイル)」を参考に自分で回答を作ってみることをオススメします。

ユニスタイルなら、実際に内定者が提出した「自由形式の自己PR」の例が多数掲載されています。

人気企業で評価された自己PRを参考に自分なりの回答を用意すれば、通過率が上がりますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

>> unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

 

自由形式の自己PRって一体どんなもの?

就活生くん

自由形式の自己PRを初めて提出することになりました。

そもそも自由形式の自己PRにはどんな形式があるのですか。

自己PRの形式パターンは大きく分けて2種類あります。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

自由形式の自己PRの形式パターン
  • パターン①:自由記述形式:「A4用紙を使って自己PRを自由に行ってください」のように、真っ白な枠のみが用意されているもの
  • パターン②:動画形式:「30秒であなたの個性がよく伝わる動画を撮ってください」のように、時間を指定された動画

就活生くん

形式には、記述形式と動画形式があるのですね。

ではこの自由形式の自己PRで、企業は何を判断しているのでしょうか。

自由形式の自己PRで、企業が評価するポイントは3つあります。

評価ポイントを理解した上で自由形式の自己PRを作成すると通過しやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

自由形式の自己PRにおける企業の評価ポイント
  • ポイント①:就活生の人柄・個性
  • ポイント②:企業に対する熱意の大きさ
  • ポイント③:アイデア発想力

自由形式の自己PRは、考えるのに時間や労力を要する分、就活生間の力の入れ具合の差が出やすい選考パターンです。

そのため、ポイント②の企業に対する熱意は顕著に現れます。

また、広告業界やメーカーなどの仕事の中で発想力が求められる業界であれば、アイデア発想力が評価軸に入ることも、自由形式の自己PRの特徴の1つです。

企業が自由形式の自己PRを選考で活用する意図を知ったうえで自由形式の自己PRを作成すると、選考に通過しやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

【画像あり】自由形式の自己PR例3選

就活生くん

自由形式の自己PRを作成しているのですが、なかなかいいアイデアが思いつきません。

自分のアピールポイントを上手く伝えられる、自由形式の自己PRのパターンを知りたいです。

自由形式の自己PRの例を見て、自分の個性がより魅力的に伝わる表現方法を探す方法が良いです。

いくつか自由形式の自己PRの例を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

自由形式の自己PR例
  • 例①:イラストや写真で表現する
  • 例②:キャッチコピーで表現する
  • 例③:一目ひくデザインで表現する
それでは1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例①:イラストや写真で表現する

自由形式の自己PR例の1つ目は、「イラストや写真で表現する」です。

イラストや写真は一目見てアピールポイントがわかることから、最も相手に伝わりやすい表現方法です。

実際の例を写真で見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

自己PR 写真

引用画像URL

この例は、写真とイラストの両方を使っているパターンです。

例えばギターの絵があることから、一目見てギターが弾けることがわかりますよね。

このように写真とイラストを上手く使いこなして表現する方法があります。

枠で囲ったり、文字の大きさを変えている点もこの例の表現の特徴ですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例②:キャッチコピーで表現する

自由形式の自己PR例の2つ目は、「キャッチコピーで表現する」です。

キャッチコピーは、印象を残しつつ端的に自分のアピールポイントを伝えることができる手法ですよね。

私は自由形式の自己PRにおいて、「万能照明人間」というキャッチコピーを利用していました。

例として紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【万能照明人間】

  • アピールポイント①:性格の明るさ

⇒周囲を明るく照らす照明に例えました。

  • アピールポイント②:状況に応じて役割を変えられる柔軟さ

⇒イルミネーションのように「主役」になることもできれば、舞台照明のように「わき役」になることもできる照明に例えました。

このように、自分の特徴と身近にあるモノの特徴を重ね合わせると、キャッチコピーを考えやすいですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例③:一目ひくデザインで表現する

自由形式の自己PR例の3つ目は、「一目ひくデザインで表現する」です。

デザインの凝り方は、自由形式ならではのアピール方法ですよね。

ですが、就活生の中には「デザインは苦手…」という人も多いのではないでしょうか。

そこで、いくつか例を紹介しますね。

【自由形式の自己PRのデザイン例】

  • デザイン例①:マインドマップを利用して自分の強みを伝える
  • デザイン例②:年表にして自分の今までの経歴を伝える
  • デザイン例③:人生ゲームのようなすごろく形式で自分の今までの経歴を伝える
  • デザイン例④:新聞形式にして学生時代に頑張った事を伝える
  • デザイン例⑤:LINEのトーク画面風のデザインにして、会話形式で自分のアピールポイントを伝える
自由形式の自己PRのデザイン例を参考にしながら、自分のアピールポイントが最も魅力的に映る表現を探してくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

ちなみに、内定者が実際に出したESを参考にしたい方はunistyleがおすすめです。

unistyleでは、50,000枚以上のESを業界/企業別に見ることができます。

内定者のテクニックを参考にして、選考突破できるESを書いてみましょう。

人事さん

unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

「就活頑張りたいけど何をすればいいか分からない」「漠然としているけど就活や将来が不安」と悩んでいませんか?

こちらの就活の教科書公式LINEでは、今、取り組むべき就活対策が分かる「就活力診断」を用意しています。

もし、就活で取り組むべきことを明確にして他の就活生と差をつけ、自分の就職したい企業を見つけて就職したいなら、ぜひ就活力診断をしてみてください。

>> 就活力診断をしてみる

 

【思いつかない就活生必見】自由形式の自己PRを簡単に作成する手順

就活生ちゃん

自由形式の自己PRを作成したいのですが、どう作成すればいいかわかりません。

自由形式の自己PRを簡単に作成する方法はありませんか。

ありますよ。

自由形式の自己PRを簡単に作成する手順を教えますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【思いつかない就活生必見】自由形式の自己PRを簡単に作成する手順
  • 手順①:自分のアピールポイントを書き出す
  • 手順②:アピールポイントに優先順位をつける
  • 手順③:アピールポイントが最も伝わりやすい方法を考える
1つずつ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

手順①:自分のアピールポイントを書き出す

自由形式の自己PRを簡単に作成する手順の1つ目は、「自分のアピールポイントを書き出す」です。

自由形式の自己PRは、自分のアピールポイントの種類によって適切な表現方法が変わります。

そのため自由形式の自己PRを作成する前に、まずは自分のアピールポイントを理解することが大切です。

自分のアピールポイントを、思いつく限り紙に書き出してみましょう

アピールポイントをたくさん出しておくと、自由形式の自己PR以外の選考で内容に困った際にも参考にできますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

手順②:アピールポイントに優先順位をつける

自由形式の自己PRを簡単に作成する手順の2つ目は、「特にアピールしたい個性を1~3個抜き出す」です。

自由形式の自己PRは「端的に、わかりやすく」自分のアピールポイントを伝えられるかがカギになります。

そのためたくさんアピールポイントを詰め込むより、優先度の高いアピールポイントを絞って伝える方が、企業からの印象も良くなります

手順①で書き出した自分のアピールポイントを優先度順にまとめ、自由形式の自己PRで何を伝えるかを決めましょう。

就活生くん

自由形式の自己PRでは、自分のアピールポイントを何個ほど入れたらいいですか?
紙の大きさや動画の秒数、表現方法にもよりますが、だいたい1~3個が目安です。

ちなみに私は、自由形式の自己PRを求められた際は自分の強みを3つ書いていました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

手順③:アピールポイントが最も伝わりやすい方法を考える

自由形式の自己PRを簡単に作成する手順の3つ目は、「アピールポイントが最も伝わりやすい方法を考える」です。

自由形式だからこそアピールポイントの表現方法にも個性が出るのが、自由形式の自己PRの大きな特徴です。

例えば自分の強みを複数伝えたい場合はキャッチコピーを利用して表現したり、学チカからアピールポイントを伝えたい場合は新聞のようなデザインで表現したりと、アピールポイントによって表現方法も多種多様ですよね。

自由形式の自己PRだからこそ、自分のアピールポイントが最も魅力的に伝える表現方法を吟味することが大切です。

自由方式だからこそ、他の人と違う表現方法を使うことで企業に印象付けることもできますよ。

他の就活生の自己PRを見るには「unistyle(ユニスタイル)」を使うのがおすすめです。

ユニスタイルなら、実際に内定者が提出した「自由形式の自己PR」の例が多数掲載されています。

他の人と違う表現方法を意識することでESが通過しやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

>> unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

自由形式の自己PRで他の就活生と差をつける方法3選

就活生くん

自由形式の自己PRを作成しているのですが、印象付けられるような良いアイデアが思いつきません。

魅力的な自由形式の自己PRを作成するには、どうすればいいですか。

自由形式の自己PRは、他の就活生と印象の差をつけるチャンスですよね。

他の就活生と差をつけられるような表現方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

自由形式の自己PRで他の就活生と差をつける方法3選
  • 方法①:イラストや写真を使う
  • 方法②:キャッチコピーを使う
  • 方法③:デザインにこだわる
1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法①:イラストや写真を使う

自由形式の自己PRで他の就活生と差をつける方法の1つ目は、「イラストや写真を使う」です。

自由形式の自己PRなのに文章だけで自己PRを表現してしまうと、普通のESと変化がなく手抜きな印象を与えてしまいます

自由形式だからこそ、イラストや写真を入れるなど普通のESとは違った表現をすることで、個性が出て他の就活生と印象の差をつけることができます。

ですが、多くの就活生がイラストや写真を使うため、イラストや写真の使い方に工夫を凝らすことがカギになりますよ。

私は、イラストと写真の両方を使って、自己PRを表現していました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法②:キャッチコピーを使う

自由形式の自己PRで他の就活生と差をつける方法の2つ目は、「キャッチコピーを使う」です。

商品を宣伝する際によく利用される「キャッチコピー」は、モノの魅力を瞬時に伝えることができる万能な手段ですよね。

ここでキャッチコピーを利用するメリットを紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【キャッチコピーを利用するメリット】

  • 自分のアピールポイントを端的にわかりやすく伝えることができる
  • 他の就活生が思いつかないようなキャッチコピーで、企業に強い印象を与えることができる
  • 複数のアピールポイントをまとめて伝えることができる

多くのメリットをもつ「キャッチコピー」は、思いつくのに発想力が必要なので面倒くさいと感じる就活生も多いです。

ですが自分のアピールポイントをわかりやすく伝えて印象を残せる、効果的な表現方法なのでオススメです。

面接でも突然「あなたのキャッチコピーは?」と聞かれることがあるので、以下の記事を参考にして難しい質問にも柔軟に対応できるようになりましょう!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法③:デザインにこだわる

自由形式の自己PRで他の就活生と差をつける方法の3つ目は、「デザインにこだわる」です。

自由形式の自己PRだからこそ、デザインにこだわることで自分のアピールポイントをわかりやすく伝えることができます。

簡単な例を挙げると文字の大きさ/色を工夫する箇条書きにするなどすれば、自分の伝えたい箇所を強調することができますよね。

このようにデザインにこだわることも、他の就活生と差をつける方法の1つです。

デザインにこだわりすぎて「アピールポイントが伝わらない」などの本末転倒なことにならないように注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 
メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「キミスカ適性検査」です。

キミスカ適性検査は、150の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを9タイプ41項目で診断してくれます。

就活生の120,000人以上が利用しており、人気の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>キミスカ適性検査で強みを見つけてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

また、ガクチカは人事が注目するポイントですが、志望動機や自己PRなども回答によって評価が大きくわかれます。

特に自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければなりません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

>> 「動物診断」を試してみる

 

まとめ:例を参考にして魅力的な自由形式の自己PRを作成しましょう

この「【画像あり】自由形式の自己PR例3選 | 簡単に作成する手順も」の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では自由形式の自己PR例を紹介しました。

また、自由形式の自己PRを作成する手順も紹介しました。

 

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

まとめ

◆自由形式の自己PRとは

  • 自由形式の自己PRの形式パターン
  • 自由形式の自己PRにおける企業の評価ポイント

 

◆【画像あり】自由形式の自己PR例3選

  • 例①:イラストや写真で表現する
  • 例②:キャッチコピーで表現する
  • 例③:一目ひくデザインで表現する

 

◆【思いつかない就活生必見】自由形式の自己PRを簡単に作成する手順

  • 手順①:自分のアピールポイントを書き出す
  • 手順②:アピールポイントに優先順位をつける
  • 手順③:アピールポイントが最も伝わりやすい方法を考える

 

◆自由形式の自己PRで他の就活生と差をつける方法3選

  • 方法①:イラストや写真を使う
  • 方法②:キャッチコピーを使う
  • 方法③:デザインにこだわる

 

◆まとめ:例を参考にして魅力的な自由形式の自己PRを作成しましょう

 

自分のアピールポイントに合った表現方法を選ぶことで、魅力的な自由形式の自己PRを作成することができます。

この記事を参考にして企業に印象付けられる自由形式の自己PRを作成しましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ