【未経験はいける?】ファッション関係の仕事15選 | 資格、就くための方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 【何がある?】ファッション/服飾に関わる仕事一覧
  • ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格は、「ファッション販売能力検定」や「色彩検定」など
  • ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法
  • ファッション/服飾に関わる仕事に向いている人は、「コミュニケーション能力が高い人」や「トレンドに敏感な人」
  • ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問

皆さん、こんにちは。就活の教科書の「原田」です。

この記事では、「ファッション/服飾に関わる仕事」について紹介していきます。

就活生の皆さんの中には、「ファッション系の仕事に興味はあるけど、どんな仕事があるんだろう」「どの仕事が自分に向いているのかわからない」などの様々な疑問があるのではないのでしょうか。

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

僕は、オシャレが好きでファッション関係の仕事に就きたいと考えています。

しかし、どのような仕事があるのかよくわかっていません。

就活生ちゃん

私は、ファッション関係の専門学校に通っています。

ですが、どのように専門知識が活かせるのかわかっていません。

確かにファッション/服飾関係の仕事はたくさんの職種があるのでどんな仕事があるのか分からないですよね。

また、未経験からでもファッション/服飾関係の仕事に就けるのか不安な人もいると思います。

「就活の教科書」編集部 原田

そこで、この記事では、「ファッション/服飾関係の仕事一覧」について徹底的に解説していきます。

併せて、「ファッション/服飾関係の仕事におすすめの資格」や「ファッション/服飾関係に就くための方法」も紹介します。

ファッション/服飾関係の就きたい人」や「ファッション/服飾関係の仕事に興味を持っている人」は是非最後までご覧ください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【何がある?】ファッション/服飾に関わる仕事15選

就活生くん

ファッション/服飾に関わる仕事は、どのようなものがありますか?

ファッション/服飾に関わる仕事はたくさんあるので、以下で15種紹介します。

併せて、気になる平均年収も紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

 

ファッション/服飾に関わる仕事一覧
  • 仕事①:ファッションデザイナー(平均年収:約450万円)
  • 仕事②:テキスタイルデザイナー(平均年収:約460万円)
  • 仕事③:パタンナー(平均年収:約400万円)
  • 仕事④:ファッションコーディネーター(平均年収:約400万円)
  • 仕事⑤:ファッションスタイリスト(平均年収:約400万円)
  • 仕事⑥:ファッションアドバイザー(平均年収:約300万円)
  • 仕事⑦:バイヤー(平均年収:約370万円)
  • 仕事⑧:プレス(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑨:マーチャンダイザー(平均年収:約400万円)
  • 仕事⑩:カラーコーディネーター(平均年収:約300万円)
  • 仕事⑪:ファッションデザイナー(平均年収:約400万円)
  • 仕事⑫:染色家(平均年収:約350万円)
  • 仕事⑬:和裁士(平均年収:約250万円)
  • 仕事⑭:ファッション雑誌編集者(平均年収:約450万円)
  • 仕事⑮:アパレル企業の社員(平均年収:約400万円)

仕事①:ファッションデザイナー(平均年収:約450万円)

ファッション/服飾に関わる仕事1つ目は、「ファッションデザイナー」です。

ファッションデザイナーは、ブランドのコンセプトに合った洋服のデザインを考える仕事です

ファッションデザイナーはいつの時代も子どもたちが憧れる職業のひとつです。

ファッションデザイナーになるために、必ず持っていなくてはならない資格というものは特にありません。

しかし、保持していることがデザイナーとしての武器になる資格は多くあるので、後から紹介します。

自分がデザインした服を、多くの人が着ているところを想像すると、夢が膨らみますね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事②:テキスタイルデザイナー(平均年収:約460万円)

ファッション/服飾に関わる仕事2つ目は、「テキスタイルデザイナー」です。

テキスタイルデザイナーは、洋服やネクタイなどの布地をデザインする仕事です。

そのデザインには、柄だけではなく素材や配色、機能なども含みます。

テキスタイルデザイナーになるための特別な資格は必要ありません。

ですが、色彩検定や繊維製品品質管理士などの資格を取れば、就職に有利になる可能性があります。

デザイナーは、知識だけでなくセンスも磨く必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事③:パタンナー(平均年収:約400万円)

ファッション/服飾に関わる仕事3つ目は、「パタンナー」です。

パタンナーは、デザイナーが描いたデザイン画を服にするための型紙(パターン)を起こす仕事です。

デザイン意図を的確に表現したシルエットを作成するために、豊富な経験に基づく高度な技術が必要です。

そして、人体の構造や、生地・素材・糸・付属品などの特性に関する知識が求められます。

最近は、コンピューターを使ったパターンメーキングの技術も必要であるようです。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事④:ファッションコーディネーター(平均年収:約400万円)

ファッション/服飾に関わる仕事4つ目は、「ファッションコーディネーター」です。

ファッションコーディネーターは、商品ディスプレイのアドバイスをしたり、着こなしを提案したりする仕事です。

ファッション/服飾の知識以外に、コミュニケーション能力やマーケティング能力が求められます。

スタイリストと混合されやすい仕事ですが、仕事内容は違うようですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑤:ファッションスタイリスト(平均年収:約400万円)

ファッション/服飾に関わる仕事5つ目は、「ファッションスタイリスト」です。

ファッションスタイリストは、タレントやモデルにファッションのコーディネートをするのが主な仕事です。

スタイリストは衣装決めや管理といったことが仕事内容になるので、ファッションコーディネーターとは仕事内容が異なります。

一流芸能人のファッションスタイリストには、夢がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑥:ファッションアドバイザー(平均年収:約300万円)

ファッション/服飾に関わる仕事6つ目は、「ファッションアドバイザー」です。

ファッションアドバイザーは、実際にブティックやファッション店などの店舗に立ち、顧客にコーディネートのアドバイスなどを行う仕事です。

ファッションアドバイザーとして経験を積んだら、ショップオーナーを任されることもあります。

ショップオーナーを任されると、年収アップが期待されるようです。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑦:バイヤー(平均年収:約370万円)

ファッション/服飾に関わる仕事7つ目は、「バイヤー」です。

バイヤーは、自分の会社の商品で売れそうな商品を見つけ出し、交渉して買い付けする仕事です。

バイヤーは、店舗運営に関する知識や、トレンド・顧客のニーズを常に把握しておく必要があります。

また、遠保スタッフとしての経験が求められることがほとんどのようです。

自分が買い付けた、商品により流行を生み出す可能性がありわくわくしますね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑧:プレス(PR)(平均年収:約450万円)

ファッション/服飾に関わる仕事8つ目は、「プレス」です。

プレス(PR)とは、広報・宣伝担当としてブランドや商品のイメージアップや認知拡大を目指す仕事です

非常に競争率の高い仕事のため、何かしらのカタチでファッション業界や広告・PR業界の経験を持つことが重要です。

プレスは、アパレル業界の花形ポジションですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑨:マーチャンダイザー(平均年収:約400万円)

ファッション/服飾に関わる仕事9つ目は、「マーチャンダイザー」です。

マーチャンダイザーは、商品の開発や販売に関する計画の管理、予算管理といった業務を担当する仕事です。

ファッション/服飾に関する知識以外に、語学力やでデータ分析力も必要になってきます。

マーチャンダイザーとして経験を積むことで、経営視点も身に就く可能性があるようです。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑩:カラーコーディネーター(平均年収:約300万円)

ファッション/服飾に関わる仕事10つ目は、「カラーコーディネーター」です。

カラーコーディネーターは、色それぞれが持つ効果や特性に関する知識を、効果的に利用してビジネスに役立てる仕事です

カラーコーディネーターは、アパレル業界だけでなく、建築業界やインテリアメーカー、出版社、Web制作会社などで活躍しています。

色彩検定の資格を持つと、色に関する知識があることの証明になります!

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑪:ファッションショープランナー(アパレルの商品企画職)(平均年収:約400万円)

ファッション/服飾に関わる仕事11つ目は、「ファッションプランナー」です。

ファッションプランナー(アパレルの商品企画職)は、市場調査やトレンド、消費者のニーズ、シーズンごとのコンセプトなどを考慮しながら、新商品を企画し提案する仕事です。

ファッションプランナーは、「いま何が売れるのか」「次に何が流行るのか」といったビジネス面を重視した商品企画を行います。

そして、商品のデザインから、素材や色、縫い方に至るまでを決定し、実際に商品を仕上げていきます。

企画した商品をどれくらい売るのかといった販売計画や、価格の決めるのもファッションプランナーの仕事です。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑫:染色家(平均年収:約350万円)

ファッション/服飾に関わる仕事12つ目は、「染色家」です。

染色家は、文字通り布地に染色を行う専門家のことです。

布地の柄をデザインし、手作業で色付けをする染色は、基本的にはハンドメイドの仕事です。

商品になるような高いレベルで仕上げる技術を身につけるには、根気強い努力が必要です。

アパレルやテキスタイルのメーカーなどに就職する人も多くいる用です。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑬:和裁士(平均年収:約250万円)

ファッション/服飾に関わる仕事13つ目は、「和裁士」です。

和裁士は、着物の仕立てを行う仕事です。

和裁士は、呉服店や顧客からオーダーを受けて着物を制作するほか、ニーズに応じた着物の直しも行います。

和裁士になるには、定められた学歴や資格はありません

しかし、「和裁技能士」を名乗って働くためには、指定資格の取得が必須になります。

現代の日本では、和服を着る人は減少傾向にありますが、海外向けの和服生産するのも良いかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑭:ファッション雑誌編集者(平均年収:約450万円)

ファッション/服飾に関わる仕事14つ目は、「ファッション雑誌編集者」です。

ファッション雑誌編集者は、ファッション雑誌の全体の構成を練る仕事です。

また、記者やカメラマン、スタイリスト、ヘアメイク、モデル、撮影場所などを手配したりする仕事です。

原稿制作や編集といったスキルに加え、ファッションや流行への敏感さが必須となる職業です。

おしゃれで華やかなイメージですが、パソコン作業や雑務も多い職業ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

仕事⑮:アパレル企業の社員(平均年収:約400万円)

ファッション/服飾に関わる仕事15つ目は、「アパレル企業の社員」です。

アパレル企業の社員は、アパレル(衣料品)を企画・製造し、卸売や販売を行っている会社で、総合職・専門職・販売職として仕事をします。

アパレルメーカーに採用が決まっても、本社ではなく店舗で販売スタッフとして経験を積むことが多いようです。

大手アパレル企業の店長に就任すると、年収1000万円超えは夢じゃありませんよ。

「就活の教科書」編集部 原田

 

ここに記載した平均年収はあくまでも、目安です。

自信の能力次第ではもっと稼げるので、稼ぎたい人はスキルを身に着けてください。

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格

就活生くん

ファッション/服飾に関わる仕事をする上で、おすすめの資格はありますか?

あります!

以下で、おすすめの資格を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格
  • 資格①:ファッション販売能力検定
  • 資格②:繊維製品品質管理士
  • 資格③:色彩検定
  • 資格④:パーソナルスタイリスト検定
  • 資格⑤:パターンメイキング技術検定

資格①:ファッション販売能力検定

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格1つ目は、「ファッション販売能力検定」です。

ファッション販売能力検定は、ファッション商品知識や販売基本知識、接客基本技術などを測る検定です。

ファッション能力検定2級・3級は販売スタッフ向け、1級は店舗のマネジメントや運営向けとなっています。

>>ファッション能力検定を受検してみる

誰でも受験可能のため、資格を持っていない人は、是非チャレンジしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

資格②:繊維製品品質管理士

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格2つ目は、「繊維製品品質管理士」です。

繊維製品品質管理士は、繊維の加工や縫製、流通などアパレル業界で重要視されている製品の品質を管理する専門家です。

品質管理の担当者だけでなく、企画・開発・営業などの他部門においても取得が奨励される資格であり、その知識やスキルはアパレル業界での実際の業務に活かすことができます。

>>繊維製品品質管理士を受検してみる

繊維製品品質管理士の受検も受検資格はないため、是非チャレンジしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

資格③:色彩検定

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格3つ目は、「色彩検定」です。

色彩検定とは、公益社団法人色彩検定協会が実施する色に関する知識や技能を問う試験です。

色彩検定は、文部科学省後援の公的資格です。

>>色彩検定を受検してみる

色彩検定は、1級~3級とUC(ユニバーサルデザイン)級があり、1級の合格率は50%を切る難関資格となっています。

「就活の教科書」編集部 原田

資格④:パーソナルスタイリスト検定

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格4つ目は、「パーソナルスタイリスト検定」です。

パーソナルスタイリスト検定は、パーソナルスタイリスト協会によるパーソナルスタイリスト認定試験です。

パーソナルスタイリストになるために必要な資格はありませんが、パーソナルスタイリスト検定も持っておくことで、知識が担保されます。

>>パーソナルスタイリスト検定を受検してみる

パーソナルスタイリスト検定も、1級~4級があり、1級は合格率50%前後と難関資格です。

「就活の教科書」編集部 原田

資格⑤:パターンメイキング技術検定

ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格5つ目は、「パターンメイキング技術検定」です。

パターンメイキング技術検定は、パターン(型紙)やサンプルを製作するパターンメーカー(パタンナー)として必要な知識、技術などを評価する検定試験です。

アパレル業界でも信頼が厚い検定試験でもあり、2級以上を取得すれば、優秀なパターンナーとして認知され、就職・転職にも有利になります。

>>パターンメイキング技術検定を受検してみる

公式テキストも販売されているため、検定の勉強の際に活用するといいですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法

就活生ちゃん

ファッション/服飾に関わる資格は分かりました。

しかし、どのようなキャリアを歩めばファッション/服飾に関わる仕事に就くことができますか?

確かにキャリアの歩み方は気になりますよね!

ファッション/服飾に関わる仕事に就くため方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法
  • 方法①:大学・専門学校を卒業する
  • 方法②:アパレル業界に就職する
  • 方法③:アパレル店員のアルバイトから正社員を狙う

方法①:大学・専門学校を卒業する

ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法1つ目は、「大学・専門学校を卒業する」ことです。

大学・専門学校を卒業することで、実際に役立つ専門知識を学ぶことができます。

また、”大学・専門学校を卒業した”という事実があれば、それも1つの資格となるでしょう。

大学・専門学校で学べることも様々ですので、必要な資格や学びたいことを明確にしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

方法②:アパレル業界に就職する

ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法2つ目は、「アパレル業界に就職する」ことです。

アパレル業界に就職すれば、ファッション/服飾に関わる仕事ができます。

しかし、アパレル業界でどのような仕事をして働きたいかを明確にしておかなければ、思い描く仕事をすることができません。

そのために、ファッション/服飾に関わる仕事で、何をしたいのかを明確にしておきましょう。

就職活動をする上で、どの会社で何をしたいのかを考えることはとても大事なことですよ。

「就活の教科書」編集部 原田

方法③:アパレル店員のアルバイトから正社員を狙う

ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法3つ目は、「アパレル店員のアルバイトから正社員を狙う」ことです。

アパレル店員のアルバイトから正社員を狙うことは狭き門だと言えます。

ただ、努力次第では可能です。

具体的には、アルバイト時代から正社員と同じ仕事をして、いつでも正社員として働ける準備をしておくことが秘策の1つです。

正社員と同じ仕事をし、お店の利益になることは、とにかくやってみましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ファッション/服飾に関わる仕事に向いている人の特徴

就活生くん

ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法は分かりました。

ところで、ファッション/服飾に関わる仕事に向いている人はいるのでしょうか?

ファッション/服飾に関わる仕事が向いている人の特徴は3つあります。

以下で紹介するので、一緒に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

ファッション/服飾に関わる仕事が向いている人の特徴
  • 特徴①:コミュニケーション能力が高い人
  • 特徴②:トレンドに敏感な人
  • 特徴③:オシャレが好きな人

 

特徴①:コミュニケーション能力が高い人

ファッション/服飾に関わる仕事が向いている人の特徴1つ目は、「コミュニケーション能力が高い人」です。

ファッション/服飾に関わる仕事は、多くの人と協力しながらする仕事が多いため、コミュニケーション能力は不可欠となります。

また、接客を伴う店舗販売員などは、特にコミュニケーション能力が求められるでしょう。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は、ファッション/服飾に関わる仕事に向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力は、様々な職場で求められる能力ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

特徴②:トレンドに敏感な人

ファッション/服飾に関わる仕事が向いている人の特徴2つ目は、「トレンドに敏感な人」です。

ファッション/服飾に関わる仕事は、トレンドの入れ替わりが激しい業界です。

そのため、トレンドに敏感な人は、ファッション服飾に関わる仕事に向いていると言えます。

トレンドに敏感になるには、SNSや雑誌などで最新の情報を手に入れることを心掛けましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

特徴③:オシャレが好きな人

ファッション/服飾に関わる仕事が向いている人の特徴3つ目は、「オシャレが好きな人」です。

デザインなどを扱うため、オシャレが好きな人はファッション/服飾に関わる仕事に向いていると言えます。

また、オシャレが好きな人が多くいる職場で働くことで、気が合う人と共に働くことができます。

僕は、オシャレをすることで、自分のモチベーションを高めてます!

「就活の教科書」編集部 原田

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問

最後に、ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問を3つまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問
  • 質問①:ファッション系の仕事は儲かるの?給料は?
  • 質問②:未経験でもファッションにカ川津仕事はできるの?
  • 質問③:ファッション系の裏方はどんな仕事をするの?

質問①:ファッション系の仕事は儲かるの?給料は?

ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問1つ目は「ファッション系の仕事は儲かるの?給料は?」です。

結論から言うと、そこまで稼げません。

日本人の平均年収が約460万円なのに対し、アパレル業界の平均年収は約340万円となっています。

ただし、働く業種や働く企業によっては、高年収も狙えるため、自分のスキルを磨いたり、企業研究を行うようにしましょう。

高収入を目指すには、とにかくスキルを磨く必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

質問②:未経験でもファッションに関わる仕事はできるの?

ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問2つ目は「未経験でもファッションに関わる仕事はできるの?」です。

結論から言うと、未経験でもファッションに関わる仕事に就くことは可能です。

アパレルの店舗販売などは、アルバイトとしても就業可能です。

ただし、正社員になるには、資格や専門学校卒業が採用条件になる可能性があります。

そのため、将来したいことを考えたときに何が必要なのかを調べてみてください。

皆さんが、なりたい職業にはどんな資格が必要ですか?

「就活の教科書」編集部 原田

質問③:ファッション系の裏方はどんな仕事をするの?

ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問3つ目は「ファッション系の裏方はどんな仕事をするの?」です。

いくつか、例を挙げると、納品・検品作業、在庫整理、品出し(ピッキング)、値札付け配送などがあります。

そのため、接客が苦手な人で、ファッション/服飾に関わる仕事に就きたい人にはおすすめの職種となっています。

参考 : GIRLSWOMAN

ファッション/服飾に関わる仕事はたくさんありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:自分に合ったファッション/服飾に関わる仕事を見つけよう

いかがだったでしょうか?本記事では、ファッション/服飾に関わる仕事に関わる仕事について解説していきました。

合わせて、ファッション/服飾に関わる仕事の、職種やおすすめの資格を紹介しました。

少しでも、参考になれば幸いです。

最後に、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【何がある?】ファッション/服飾に関わる仕事一覧

  • 仕事①:ファッションデザイナー(平均年収:約450円)
  •  仕事②:テキスタイルデザイナー(平均年収:約460円)
  •  仕事③:パタンナー(平均年収:約400円)
  •  仕事④:ファッションコーディネーター(平均年収:約400円)
  •  仕事⑤:ファッションスタイリスト(平均年収:約400円)
  •  仕事⑥:ファッションアドバイザー(平均年収:約300円)
  •  仕事⑦:バイヤー(平均年収:約370円)
  •  仕事⑧:プレス(平均年収:約450円)
  •  仕事⑨:マーチャンダイザー(平均年収:約400円)
  •  仕事⑩:カラーコーディネーター(平均年収:約300円)
  •  仕事⑪:ファッションデザイナー(平均年収:約400円)
  •  仕事⑫:染色家(平均年収:約350円)
  •  仕事⑬:和裁士(平均年収:約250円)
  •  仕事⑭:ファッション雑誌編集者(平均年収:約450円)
  •  仕事⑮:アパレル企業の社員(平均年収:約400円)

◆ファッション/服飾に関わる仕事におすすめの資格

  • 資格①:ファッション販売能力検定
  • 資格②:繊維製品品質管理士
  • 資格③:色彩検定
  • 資格④:パーソナルスタイリスト検定
  • 資格⑤:パターンメイキング技術検定

◆ファッション/服飾に関わる仕事に就くための方法

  • 方法①:大学・専門学校を卒業する
  • 方法②:アパレル業界に就職する
  • 方法③:アパレル店員のアルバイトから正社員を狙う

◆ファッション/服飾に関わる仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:コミュニケーション能力が高い人
  • 特徴②:トレンドに敏感な人
  • 特徴③:オシャレが好きな人

◆ファッション/服飾に関わる仕事に関するよくある質問

  • 特徴①:コミュニケーション能力が高い人
  • 特徴②:トレンドに敏感な人
  • 特徴③:オシャレが好きな人