【最低3年?】転職を前提に新卒就活してもいいの?大丈夫な理由,注意点も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!
みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の井上です。

今回は転職前提の新卒就活について紹介していきます

皆さんは、「新卒で就職したけど、すぐ転職したい」「転職前提で新卒就活しても大丈夫なの?」など様々な不安や疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 井上

就活生ちゃん

自分は本当に行きたい企業に行けなくて、新卒で就職するんですけど、すぐに転職しても大丈夫でしょうか?

就活生くん

転職するつもりで新卒就活するのって良くないでしょうか?

新卒で入った企業にずっといたくはないんですけど…

そうですよね。

転職をする前提で新卒就活するのって気が引けますよね。

「就活の教科書」編集部 井上

そこで、この記事では、転職前提の新卒就活について解説します。

併せて、転職前提で新卒就活を成功させるためにやるべきことについても紹介します。

この記事を読めば、新卒で転職も考えているけど、どうやって就活を勧めればいいかわかってくると思います。

  • 「転職前提で新卒就活してもいいの?
  • 新卒で入ったけど、すぐに転職したい
  • 「転職するつもりで就活するけど成功させたい
などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、就活生の2人に1人が利用する適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【新卒】そもそも転職前提で就活をしてもいいの?

就活生くん

そもそも転職するつもりで新卒就活してもういいんでしょうか?

就活生ちゃん

企業としては、新卒で採用したのにすぐに辞められたらいやですよね…

他の企業に行きたい気持ちで新卒就活するのは不安ですよね。

それではまずは、新卒が転職前提で就活してもいいのかを詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 井上

 

結論:転職前提で就活しても大丈夫

まず、結論としては転職前提で新卒就活しても大丈夫です。

採用する企業側としても、ある程度は新入社員が転職してしまうのも織り込み済みで考えているからです。

転職するつもりで就職したという新卒は一定数います。

転職したいと考えながら、新卒で就活しても問題ありません。

 

20代での転職を前提に就活をする人は3~4割いる

また、20代での転職を前提に就活をする人は3~4割ほどいます。

多くの人が転職するようになった時代ですので、若いうちから色々なチャレンジをしようという雰囲気が感じられますね。

企業にもよりますば、同期のうちに転職をする人は3割~4割いると思えば、自分が転職前提で就活をしても問題ないと思えるはずです。

就活生ちゃん

転職する人ってそんなにいるですね!

もっと少ないのかと思ってました。

就活生くん

そう思うと、転職を考えながら就活しても大丈夫そうですね!

転職前提の就活は、企業側からすると嬉しくはないことが多いと思うので、注意すべきことがいくつかあります。

ここからは、転職するつもりで就活をするために注意しておくべきことについて解説していきます!

「就活の教科書」編集部 井上

 

転職前提で就活をする人の声(X/旧Twitter)

ここでは、転職前提で就活に関するXの投稿(Twitter)をいくつか紹介します。

このように、転職前提で就活している人はたくさんいます。

自分が本当にやりたいことと、企業をよく考えて就活しましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきこと

就活生ちゃん

新卒で転職前提で就活するとなると、普通の就活とは違うと思うので、どんなことに気を付けたらいいのか知っておきたいです!

就活生くん

転職することを考えつつちゃんと新卒就活を成功させたいです。

まず何からやればいいですか??

それではここから、転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきことについて詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 井上

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきこと
  • やるべきこと①:早めの時期からインターンに応募する
  • やるべきこと②:転職を目指す理由を明らかにしておく
  • やるべきこと③:新卒で入る企業でしたいことを明らかにしておく
  • やるべきこと④:就活エージェントに登録しておく
  • やるべきこと⑤:逆求人サイトに登録しておく

 

やるべきこと①:早めの時期からインターンに応募する

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきことの1つ目は「早めの時期からインターンに応募する」です。

転職前提の新卒就活を成功させるためには、早めの段階からインターンシップに応募することが重要です。

インターンシップを通じて、異なる業界や職種の実際の仕事内容や環境を体験することができます。

インターン先での経験を通じて、自分の適性や興味を確かめることができ、転職先を選定する際の判断材料となります。

転職前提の新卒就活を考えている場合でも、早めにインターンシップの情報を収集し、興味を持つ企業や職種に積極的に応募しましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

 

やるべきこと②:転職を目指す理由を明らかにしておく

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきことの2つ目は「転職を目指す理由を明らかにしておく」です。

企業側は、応募者の転職に対する動機や目的を理解したいと考えているからです。

明確な理由を持つことで、志望動機を説得力のある形で伝えることができます。

転職前提で新卒就活をするなら、まずは理由をきちんと考えておきましょう。

就活生ちゃん

理由は企業の志望動機ともつながりますよね。

おすすめの企業とかってありますか?

第二新卒におすすめの企業はたくさんあります。

こちらの記事で関連する内容について詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

やるべきこと③:新卒で入る企業でしたいことを明らかにしておく

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきことの3つ目は「新卒で入る企業でしたいことを明らかにしておく」です。

転職前提の新卒就活を成功させるためには、まず最初に入る企業でどんなことを身に付けて転職に活かすのかを考えておくことが必要だからです。

企業側は、応募者がその企業でどのような価値を提供できるかを見極めたいと考えるからです。

まずは入る企業でやりたいことを明確にしておきましょう。

転職に活かせるファーストキャリアにするべきです!

就活でやりたいことについては、事前に考えておきましょう。

こちらの記事で関連する内容について詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

やるべきこと④:就活エージェントに登録しておく

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきことの4つ目は「就活エージェントに登録しておく」です。

転職前提の新卒就活を成功させるためには、就活エージェントに登録することで、適切な求人情報やキャリアアドバイスを得ることが有益です。

就活エージェントは、転職を考える学生に対して、求人情報の提供や適切なアドバイスを行う専門家です。

エージェントのサポートを受けることで、自分に合った転職先を見つける手助けができます。

就活エージェントに登録し、自分の希望条件などを伝えることで、適切な企業情報を受け取ることができます。

転職前提なら、新卒就活の段階でも早めにエージェントに登録しておくことをお勧めします。

就活エージェントについては、事前にきちんと情報を調べておきましょう。

こちらの記事で関連する内容について詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

やるべきこと⑤:逆求人サイトに登録しておく

転職前提の新卒就活を成功させるためにやるべきことの5つ目は「逆求人サイトに登録しておく」です。

転職前提の新卒就活を成功させるためには、逆求人サイトに登録して自分のプロフィールを公開し、企業からのアプローチを受けることが重要です。

逆求人サイトは、企業側から興味を持ってもらえる仕組みであり、新卒生でも積極的に活用することができます。

自分がアプローチを受けることで、自分のスキルや価値が求められる分野を知ることができます。

逆求人サイトに自分のプロフィールを登録し、いろいろな企業と出会ってみましょう。

おすすめの逆求人サイトはたくさんあります。

こちらの記事で関連する内容について詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

転職前提で新卒就活をするメリット3選

就活生くん

そもそも転職前提で就活していつ人は、どんな目的の人が多いんでしょうか?

自分なりにも色々考えてはいますが…

就活生ちゃん

もう一度、転職前提で新卒就活するメリットについて知っておきたいです!

それではここから、転職前提で新卒就活をするメリットについて見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

転職前提で新卒就活をするメリット3選
  • メリット①:別の職種も転職先の選択肢として広がる
  • メリット②:プレッシャー・心身の疲弊から解放される
  • メリット③:キャリア採用に挑戦できる

 

メリット①:別の職種も転職先の選択肢として広がる

転職前提で新卒就活をするメリットの1つ目は「別の職種も転職先の選択肢として広がる」です。

転職を予め準備しているのであれば、入った後で転職を考えるよりも早くから、幅広く転職活動ができるようになるからです。

たとえば、ある企業に入ってその業界についての専門知識を、転職先を念頭に置きつつ勉強することができます。

このように、転職前提で就活をすると、他の職種についても転職先になりえるので、その点は大きなメリットと言えるでしょう。

転職先の選択肢が広がるのは、そのまま人生の選択肢が広がることを意味します。

ただし、いつ辞めるべきかについてはよく考える必要があります。

こちらの記事で関連する内容について詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

メリット②:プレッシャー・心身の疲弊から解放される

転職前提で新卒就活をするメリットの2つ目は「心身の疲弊から解放される」です。

新卒就活で「その企業でずっと働く」という気持ちだと大きなプレッシャーを感じてしまうでしょう。

しかし、転職前提の心持であればそのプレッシャーや就活による心身の疲弊を感じる必要はなくなります。

この企業でずっと働くわけじゃない」と思えば、開き直って就活を頑張れると思います。

このように、転職前提の新卒就活は、プレッシャー・心身の疲弊から解放されるという点でメリットと言えるでしょう。

就活生くん

開き直れるのって大事ですよね

就活って気がまいっちゃいますし

その通りです。

ただし、辞めるときにはいくつか注意が必要です。

こちらの記事で、新卒で入った企業を辞めようと思った時にすべきことについて解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

メリット③:キャリア採用に挑戦できる

転職前提で新卒就活をするメリットの3つ目は「キャリア採用に挑戦できる」です。

キャリア採用は、過去の経験やスキルを評価し、新卒採用よりもポジションや給与面で優遇されることがあるため、転職前提でいることは人生をより豊かにすることにつながります。

自身の経験やスキルを最大限に活かせるキャリア採用にチャレンジするため、転職前提で新卒就活を進めることで、自分に合ったポジションや企業を見つけることができます。

このように、キャリア採用に挑戦でできるというのは、転職前提の新卒就活するメリットの一つと言えるでしょう。

転職前提で新卒就活を行うことで、将来の選択肢が広がり、心身の疲労から解放され、キャリア採用のチャンスを得ることができます。

自分の選んだ道を信じて頑張りましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

転職前提で新卒就活をする注意点3選

就活生くん

転職を前提に就活ってやっぱり普通じゃないイメージがあるんですけど、どんなことに気を付けていたらいいんでしょうか?

就活生ちゃん

転職前提で新卒就活するにあたっての注意点をお伺いしたいです!

わかりました!

それではここから、転職前提で新卒就活をする注意点をいくつか紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 井上

転職前提で新卒就活をする注意点3選
  • 注意点①:「転職前提」であることは隠そう
  • 注意点②:退職が早すぎると不利になる可能性がある
  • 注意点③:新卒で入った会社でも頑張ろう

 

注意点①:「転職前提」であることは隠そう

転職前提で新卒就活をする注意点の1つ目は「「転職前提」であることは隠そう」です。

転職前提で新卒就活を行う場合でも、その事実はエントリーシートや面接で明かすべきではありません。

転職前提で新卒就活を行っていることは、企業に対して志望動機や意欲に疑念を抱かせる場合があるからです。

企業が長期的な人材確保を考えてる場合は、将来の短期的な転職を予測されると選考の対象外になることがあるでしょう。

面接で「転職前提で新卒就活をしている」と言ってしまうと、企業側に不安を与え、選考の対象から外されることもあり得ます。

就活生くん

これを言って落とされたことあります…

「第一志望です」と毎回伝えるのと同じです。

あくまでも、その企業で頑張るということを面接では伝えた方が良いです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

注意点②:退職が早すぎると不利になる可能性がある

転職前提で新卒就活をする注意点の2つ目は「退職が早すぎると不利になる可能性がある」です。

転職前提で新卒就活を行う場合でも、将来の転職が早すぎると、次の転職先で不利になる可能性があるため注意が必要です。

短期間での転職が続くと、仕事を続けられない人だと受け取られる可能性があります。

過去の転職回数や期間が多い場合、次の転職先でも採用側からの信頼を得るのが難しくなることがあります。

新卒で入社した企業を短期間で退職してまうと、次の転職先で採用される際に不利な印象を持たれる可能性があります。

転職が早すぎるのはよくないということをよく押さえおきましょう。

辞めるときにはいくつか注意が必要です。

こちらの記事で、新卒で入った企業を辞めようと思った時にすべきことについて解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

注意点③:新卒で入った会社でも頑張ろう

転職前提で新卒就活をする注意点の3つ目は「新卒で入った会社でも頑張ろう」です。

転職前提で新卒就活を進めている場合でも、現在の企業での仕事に誠実に取り組み、成果を出すことは重要です。

現在の職場での経験やスキルは、将来の転職先での価値を高めることにつながるからです。

前職での良い評価や実績は、次の転職先でも評価される可能性が大いにあります。

転職前提で新卒就活を進める一方で、いまの仕事に真摯に取り組み、成果を上げることで、将来の転職先での競争力を高めることができます。

就活生ちゃん

やっぱりこれが大事なんですね。

どんな企業に行ったとしても、そこで得た経験や知識は頑張った分自分の糧になります。

まずはその企業で頑張るつもりで就活をしましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

転職前提で新卒就活をする際には、これらの注意点に注意し、慎重に進めることが成功へのポイントです。将来のキャリアを見据えつつ、現在の状況にも最善を尽くしましょう。

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

転職前提の新卒就活に関するよくある質問

就活生くん

転職前提で新卒就活することについて色々知ることができました!

やっておっくべきことを実践してみようと思います。

就活生ちゃん

転職前提での新卒就活を頑張ってみようと思います!

そのほかに、転職前提の新卒就活に関して何か知っておいた方がいいことってありますか?

頑張ってください!

それでは最後に、転職前提の新卒就活に関するよくある質問をいくつか紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

転職前提の新卒就活に関するよくある質問
  • 質問①:転職前提で就活する人が多い業界は?
  • 質問②:新卒で入った会社は何年続けるべき?
  • 質問③:ファーストキャリアが重要なのはなぜ?

 

質問①:転職前提で就活する人が多い業界は?

転職前提の新卒就活に関するよくある質問の1つ目は「転職前提で就活する人が多い業界は?」です。

転職前提で就活する人が多い業界としては、以下のようなものが挙げられます。

転職前提で就活する人が多い業
  • コンサルティング業界
    • コンサルティング業界は、高いスキルや知識を身につけることができる反面、プロジェクトによっては過酷な労働環境や長時間労働になることもあります。
    • そのため、コンサルティング経験を活かして他の業界や企業に転職する人が多くいます。
  • IT業界
    • IT業界は、技術革新や市場の変化が激しいため、常に最新のスキルや知識を求められます。
    • また、ITスキルは他の業界でも活用できるため、自分の興味やキャリアプランに合わせて転職する人が多くいます。
  • 建設・不動産業界
    • 建設・不動産業界は、現場作業や営業活動による体力的・精神的な負担や、地方への転勤などのデメリットもあります。
    • そのため、働き方やライフスタイルの変化に合わせて転職する人が多くいます。

就活生ちゃん

環境がつらいと転職する人がやっぱり多いんですね。

人生設計において、家庭を持つといったタイミングなどで転職する人がいるようです。

家族との時間をより大事にしたいと考える人も出てくると思います。

「就活の教科書」編集部 井上

 

質問②:新卒で入った会社は何年続けるべき?

転職前提の新卒就活に関するよくある質問の2つ目は「新卒で入った会社は何年続けるべき?」です。

一般的には、 最低でも1年以上 は続けることが望ましいと言われています。その理由は以下の通りです。

  • 社会人としての基礎的なスキルやノウハウを身につけることができる。
  • 転職先から信頼性や忠誠心を評価されることができる。
  • 転職先に対して自分の経験や成果をアピールすることができる。

ただし、1年以上続けることが必ずしも正解というわけではありません。

自分の働き方に合わない環境や、成長できない状況に陥っている場合は、早期に転職を検討することも大切です。

就活生くん

昔は3年と言われていたと聞きました。

今は3年以内に新卒で入った会社を辞める人は2割以上いるようです。

新卒で入った会社は何年続けるべきかという問いには、一概に答えることはできません。

本当につらい仕事なら、入った後すぐに辞めても構いません。

「就活の教科書」編集部 井上

 

質問③:ファーストキャリアが重要なのはなぜ?

転職前提の新卒就活に関するよくある質問の3つ目は「ファーストキャリアが重要なのはなぜ?」です。

ファーストキャリアが重要なのは、 社会人としてのこれからの土台になる企業であるから です。

ファーストキャリアでは、社会人としてもマナーや仕事の取り組み方、自分の適性について知ることができます。

これらのことは、その後の成長やキャリアプラン、転職などに影響を与えます。

また、ファーストキャリアで培ったスキルや経験は、自分の強みとしてずっとに活かすことができます。

就活生ちゃん

まずは、とりあえず新卒ではいった会社で頑張ることが大切なんですね。

就活生くん

学生のうちではわからなかったことが知れるファーストキャリアは大事ですね!

ファーストキャリアで学べる事はたくさんあります。

転職前提でOKですが、まずは新卒で入る企業で学べる事はしっかり吸収しましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:入った会社で頑張るつもりで転職前提で新卒就活をして、将来のキャリアを広げよう

本記事では、転職前提での新卒就活について解説しました。

あわせて、転職前提の新卒就活における注意点や、転職前提の新卒就活をするメリットについても紹介しました。

この記事が皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

転職前提で新卒就活を考えている人は、ぜひこの記事の内容を見ながら、将来のキャリアを広げてください。