【メリットは?】家賃補助が充実している会社11選 | 条件,住宅手当とは違う?

【メリットは?】家賃補助が充実している会社10選 | 条件,住宅手当とは違う?

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • そもそも家賃補助とは
  • 家賃補助が充実している会社11選
  • 家賃補助が支給される条件
  • 会社の家賃補助に関するよくある質問
  • 「学歴に自信ないけど、人気優良企業に就職したい」という方はOfferBoxを使うのがおすすめ

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、家賃補助(住宅手当)が充実している会社11選を紹介します。
就活生のみなさんは、就活をするうえで「家賃補助」を意識したことはありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕は家賃補助なんかなくても、給料の高い企業に入れば良いと思います。
会社の給料さえ高ければ、家賃補助がなくても十分に暮らしていけますよね?

就活生ちゃん

私は家賃補助や社宅の用意などがある、福利厚生の充実した会社に就職したいです。
家賃って何万円もかかって高いので、なるべく家賃補助のある会社が良いです。

就活をするうえで、家賃補助や住宅手当などの福利厚生を重視するか否かは、人によって分かれますよね。
しかしいざ会社に就職してみると、「家賃補助のある会社に入れば良かったな…」なんて後悔する人は多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、家賃補助が充実している会社11選を紹介します。

合わせて、会社から支給される家賃補助の相場や、家賃補助が支給される条件よくある質問も解説します。

この記事を読めば、「家賃補助のない会社に就職して、家賃が高くてお金が足りなくなってしまった…」なんて失敗も避けられます。

「家賃補助や住宅手当などの福利厚生も考慮してから、就職する会社を決めたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「自分に合った納得できる企業に就職したい!」という方は「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

OfferBoxを使うと、あなたのプロフィール次第で人気ホワイト企業からもスカウトが来るので、自分に合った企業を簡単に探せます。

「学歴に自信がないけど、企業選びで後悔したくない!」という方は「OfferBox」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxを使ってみる

 

そもそも家賃補助とは

就活生くん

そもそも、家賃補助って何でしょうか?
就活を始めたばかりなので、家賃補助についてイマイチ理解できていません。

就活を始めたばかりだと、家賃補助についてイマイチ理解できていない就活生も多いと思います。
そこで初めに、家賃補助(住宅手当)について簡単におさらいしますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

家賃を会社が負担してくれる制度のこと

家賃補助とは、賃貸マンション・アパートの家賃を会社が負担してくれる福利厚生制度のことです。

家賃補助に明確な規定はなく、「毎月2万円を支給」「家賃の30%を会社が負担」のように、家賃補助の基準は会社によって異なります。

ちなみに厚生労働省が発表している「就労条件総合調査(令和2年)」によると、家賃補助の労働者1人平均支給額は17,800円です。

また会社によっては、家賃補助の代わりに社員寮や社宅等を用意している場合もあります。

家賃補助のある会社かどうかは、選考を受ける前にしっかりと調べることが大切です。

賃貸マンション・アパートを個人契約をしている場合は、家賃補助の相当額を給料に加えて支給され、課税対象となるので注意が必要です。

さて、家賃補助について簡単に理解できましたね。
しかし家賃補助を支給している会社かどうかを調べるためには、募集要項を見る手間がかかるため、面倒に感じる就活生も多いと思います。
そこで次は、家賃補助が充実している会社11選を紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

また、家賃補助に限らず「面白い福利厚生がある企業」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒  【そんなのアリ!?】おもしろい福利厚生がある企業10選【就活:転職】

 

家賃補助が充実している会社11選

就活生くん

就活を始めたばかりで、どの会社が良いのかわかりません。
家賃補助があって、補助額の多い会社が良いなぁと思うのですが、どの会社が良いのでしょうか?

家賃補助のある会社は、イチイチ調べるのも手間がかかって面倒ですよね。
そこで「就活の教科書」編集長の岡本が、家賃補助の充実している会社を調べてみました。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

家賃補助が充実している会社11選
  • 会社①:株式会社日立製作所
  • 会社②:住友重機械工業株式会社
  • 会社③:株式会社フリークアウト・ホールディングス
  • 会社④:ピクシブ株式会社
  • 会社⑤:株式会社VOYAGE GROUP
  • 会社⑥:株式会社NTTデータ
  • 会社⑦:株式会社サイバーエージェント
  • 会社⑧:株式会社クックパッド
  • 会社⑨:株式会社ミクシィ
  • 会社⑩:京セラ株式会社
  • 会社⑪:株式会社リブセンス

企業200社以上を調べて、家賃補助額の高い会社を11社まとめました。
それでは、家賃補助が充実している会社11選をそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社①:株式会社日立製作所

家賃補助が充実している会社1つ目は、「株式会社日立製作所」です。

株式会社日立製作所では、家賃の50%(上限50,000円)を補助してもらえます。

また株式会社日立製作所は寮も用意してあり、月々15,000円の家賃で住むことができます。

家賃補助が50%も出る会社は少ないので、株式会社日立製作所は福利厚生が非常に充実していると言えますね。
ちなみに日立グループは、どの会社も家賃補助が充実しているようです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社②:住友重機械工業株式会社

家賃補助が充実している会社2つ目は、「住友重機械工業株式会社」です。

住友重機械工業株式会社では、家賃補助として、単身で家賃の65%(上限45,500円)が支給されます。

複身では家賃の65%(上限65,000円)を補助してもらえるので、家賃補助額が非常に高いです。

31才未満の社員であれば、独身寮(会社が契約した借り上げ物件)にも入寮できます。
住友重機械工業株式会社では住環境が整っているため、家賃を心配する必要はありません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社③:株式会社フリークアウト・ホールディングス

家賃補助が充実している会社3つ目は、「株式会社フリークアウト・ホールディングス」です。

株式会社フリークアウト・ホールディングスでは、家賃補助として毎月50,000円が支給されます。

さらにランチ代は1,220円/日まで支給、オフィスのスナック菓子やドリンクは無料で飲食できます。

オンライン英会話サービス受講料や、書籍購入費・セミナー参加費を会社が負担してくれるのも、株式会社フリークアウト・ホールディングスが人気な理由です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社④:ピクシブ株式会社

家賃補助が充実している会社4つ目は、「ピクシブ株式会社」です。

ピクシブ株式会社では、会社から1.2km圏内に住めば、家賃補助として毎月50,000円が支給されます。

配偶者と住む場合は、配偶者付加金として、追加で50,000円が支給されます。

ピクシブ株式会社によると、社員の約8割が家賃補助を利用しているそうです。
会社の近くに住むだけで家賃補助がもらえるなら、利用した方が良いですよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑤:株式会社VOYAGE GROUP

家賃補助が充実している会社5つ目は、「株式会社VOYAGE GROUP」です。

株式会社VOYAGE GROUPでは、会社から2km圏内に賃貸した場合、家賃補助として毎月50,000円が支給されます。

また社員3人以上でルームシェアをする場合、社員1人につき50,000円が追加で支給されます。

家賃補助が追加でもらえるなら、社員同士でルームシェアした方が絶対にお得ですよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑥:株式会社NTTデータ

家賃補助が充実している会社6つ目は、「株式会社NTTデータ」です。

株式会社NTTデータでは、家賃補助として毎月40,000円が支給されます。

また独身の場合は、入社3年目終わりまで、家賃補助の毎月40,000円に加えて、自律支援金が毎月20,000円支給されます。

独身者以外には、家賃補助として毎月70,000円が支給されるので、誰でも家賃補助を受け取れます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑦:株式会社サイバーエージェント

家賃補助が充実している会社7つ目は、「株式会社サイバーエージェント」です。

株式会社サイバーエージェントでは、オフィスの最寄駅から2駅圏内に住めば、毎月30,000円の家賃補助が支給されます。(2駅ルール)

また勤続年数が5年以上の正社員には、どこに住んでいても毎月50,000円の家賃補助が支給されます。(どこでもルール)

ちなみに「2駅ルール」「どこでもルール」は、通勤のストレスから開放されてほしいという藤田社長の想いから始まったルールだそうです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑧:株式会社クックパッド

家賃補助が充実している会社8つ目は、「株式会社クックパッド」です。

株式会社クックパッドでは、会社から2km圏内に居住する社員に、家賃補助として毎月30,000円が支給されます。

また会社の2km圏内に初めて引っ越す場合は、近距離奨励金として200,000円が別途支給されます。

株式会社クックパッドの特徴は、家賃補助に加えて近距離奨励金が支給される点です。
近距離支給金の200,000円をもとに、住環境を整えたり、少し贅沢をしたり、様々なことに挑戦できそうですね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑨:株式会社ミクシィ

家賃補助が充実している会社9つ目は、「株式会社ミクシィ」です。

株式会社ミクシィでは、渋谷駅から直線3km以内に住めば、家賃補助として毎月30,000円が支給されます。

また会社指定の不動産仲介業者を利用すれば、物件購入・賃貸の契約成立時に、社員優待を受けられます。

渋谷駅から直線3km以内であれば、会社から家賃補助をもらいながら、利便性の良い街中に住めますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑩:京セラ株式会社

家賃補助が充実している会社10つ目は、「京セラ株式会社」です。

京セラ株式会社では、寮に住めば家賃月4000円で済ませることができます。

また、寮にはベッド、冷蔵庫、照明、カーテンなど生活に必要なものが全てそろった状態で入居ができます。

家賃月4000円は破格ですよね!

寮に抵抗がない人にはおすすめです!

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

会社⑪:株式会社リブセンス

家賃補助が充実している会社11つ目は、「株式会社リブセンス」です。

株式会社リブセンスでは、オフィスから3km以内に住めば、家賃補助として毎月30,000円が支給されます。

また株式会社リブセンスでは自転車通勤リモートワークなどの制度も整っており、自分に合った働き方を選べるのが特徴です。

さて、ここまで家賃補助が充実している会社11選を紹介してきましたが、参考になったでしょうか。
みなさんが会社を選ぶ一つの基準になれば幸いです。
しかし就活生の中には、「家賃補助ってそんなに大切なの?」と疑問に感じる人もいると思います。

そこで次は、家賃補助のメリットを紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

家賃補助が支給される条件

就活生くん

家賃補助って、どの企業に入っても必ず支給されるんでしょうか?
支給される会社と、されない会社があると聞いたことがあります。

家賃補助の支給は、会社によって条件が異なります。
会社が家賃補助を支給している条件は、大きく分けて次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

家賃補助が支給される条件
  • 条件①:正社員であること
  • 条件②:賃貸物件に住んでいること
  • 条件③:扶養家族がいること

それでは、家賃補助が支給される条件をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

条件①:正社員であること

家賃補助が支給される条件1つ目は、「正社員であること」です。

家賃補助を支給している会社の多くが、正社員(正規雇用)であることを条件としています。

正社員と業務委託(非正規雇用)の勤務条件に大きな差がある場合、正社員の方が家賃補助額も多くなるのが一般的です。

ただし、同様の業務量・勤務条件である場合は、正社員や業務委託(非正規雇用)に関わらず、全員一律に家賃補助が支給されます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

条件②:賃貸物件に住んでいること

家賃補助が支給される条件2つ目は、「賃貸物件に住んでいること」です。

賃貸マンション(賃貸アパート)に住んでいて、自分で家賃を支払う必要がある場合、会社は家賃補助を支給することが多いです。

実家暮らしの場合は、基本的には家賃補助が支給されないので注意しましょう。

会社によっては、分譲マンションに住んでいても家賃補助を支給する場合もあります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

条件③:扶養家族がいること

家賃補助が支給される条件3つ目は、「扶養家族がいること」です。

扶養家族がいる場合は、通常の家賃補助よりも多めに支給されやすくなります。

扶養家族がいれば、その分広い間取りの住宅に住む必要があり、家賃も高くなりやすいからです。

実際に家賃補助が支給される条件は、会社によって異なります。
家賃補助などの福利厚生が気になる就活生は、志望する会社の福利厚生について詳しく調べておきましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

会社の家賃補助に関するよくある質問

家賃補助が充実している会社11選や、支給される条件など、家賃補助について詳しく解説してきました。
しかし就活生と面談をしていると、家賃補助に関する質問を多くいただきます。
そこで最後に、会社の家賃補助に関するよくある質問を紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

会社の家賃補助に関するよくある質問
  • 質問①:どの会社でも家賃補助は支給されるの?
  • 質問②:家賃補助を志望動機で伝えても良い?
  • 質問③:「家賃補助」「住宅手当」どう違う?

それでは、会社の家賃補助に関するよくある質問をそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問①:どの会社でも家賃補助は支給されるの?

家賃補助が支給されるかどうかは、会社によって異なります。

全社員に家賃補助を支給している会社もあれば、一部の社員のみに支給している会社、そもそも支給していない会社もあります。

支給される家賃補助の金額も、法律などで決まっているわけではないので、会社によって異なります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問②:家賃補助を志望動機で伝えても良い?

「家賃補助が魅力的だから」と志望動機で伝えることは、面接官に語弊を与えやすいので避けた方が無難です。

とは言っても、「どうしても志望動機で、福利厚生について話したい!」そんな就活生もいると思います。

志望動機で福利厚生・給料について上手に伝えるポイントについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

質問③:「家賃補助」「住宅手当」どう違う?

家賃補助とは、家賃の一部を会社が負担する福利厚生制度のことです。

会社が負担する金額は非課税となるため、会社にとっても、社員にとってもメリットがあります。

また住宅手当とは、社員の住宅費として充てられるよう、会社が支給する賃金のことです。

住宅手当は給与となるため、課税対象となり、住民税や所得税がかかります。

志望企業に家賃補助や住宅手当があるかどうかは、企業研究をして見分けることが大切です。

企業研究にやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

企業研究をする上で知っておきたい企業の特徴や会社の制度をまとめました。

もし気になる制度やランキングがあれば、各記事を読むことができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

【企業の方へ】当サイトへの情報掲載について

企業様向け 広告掲載のお問い合わせ

当サイト「就活の教科書」では、100以上の就活サービス1000社以上の企業情報を掲載しています。

サービス掲載・企業掲載のご希望や、情報修正のご依頼などありましたら、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

「就活の教科書」への問い合わせはこちら

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:家賃補助のある会社は、企業研究をして見つけよう!

この記事では、家賃補助が充実している会社11選を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、会社から支給される家賃補助の相場や、家賃補助が支給される条件よくある質問も解説しました。

この記事で学んだ内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

家賃補助が充実している会社11選まとめ

そもそも家賃補助とは

  • 家賃を会社が負担してくれる制度のこと

家賃補助が充実している会社11選

  • 会社①:株式会社日立製作所
  • 会社②:住友重機械工業株式会社
  • 会社③:株式会社フリークアウト・ホールディングス
  • 会社④:ピクシブ株式会社
  • 会社⑤:株式会社VOYAGE GROUP
  • 会社⑥:株式会社NTTデータ
  • 会社⑦:株式会社サイバーエージェント
  • 会社⑧:株式会社クックパッド
  • 会社⑨:株式会社ミクシィ
  • 会社⑩:株式会社リブセンス

家賃補助が支給される条件

  • 条件①:正社員であること
  • 条件②:賃貸物件に住んでいること
  • 条件③:扶養家族がいること

質問①:どの会社でも家賃補助は支給されるの?
→会社によって異なる

質問②:家賃補助を志望動機で伝えても良い?
→避けた方が無難

質問③:「家賃補助」「住宅手当」どう違う?
→家賃補助:会社が家賃の一部を負担する制度
住宅手当:会社が給与として支給する賃金

家賃補助を支給している会社を選ぶ時には、支給額が高い企業を選びましょう
ただし会社によって家賃補助の支給条件があるので、きちんと条件を満たすよう注意が必要です。
また志望する企業が家賃補助をしているかどうかは、企業研究をして見極めましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典