【最新版】コンサルティングの就職偏差値ランキング | 年収ランキング,仕事内容,合う人の特徴も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • コンサルティング業界の就職偏差値ランキング一覧
  • コンサルティング業界の年収ランキング
  • カテゴリ別コンサルティング業界の代表企業一覧
  • コンサルティング企業の年収ランキング
  • 難関コンサルティング会社の内定を取るポイント3つ
  • 「就職偏差値が低い負け組企業に就職したくない…」という方は就活力診断(公式LINE)で今すべき対策を把握するのがおすすめ

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部のカンです。

今回は、コンサルティング業界の就職偏差値ランキングについてご紹介します。

みなさんはこんな疑問はありませんか?

「就活の教科書」編集部 カン

就活生くん

僕は有名なコンサル企業に入って周りの人から認められたいです!

どこの企業ならすごいって認められるのかなぁ?

就活生ちゃん

食品や旅行などの業界は詳しく分かりますが、実はコンサル業界についてはあまり詳しくないんですよね・・・。

私の受けるコンサルファームってどれくらいの難易度なんだろう…。

受ける企業がどれくらいの入社難易度なのかって気になりますよね。
また、「高年収」のイメージが先行している業界ですが、実際にどのような業界か理解している就活生は少ないと思います。

「就活の教科書」編集部 カン

 

そこでこの記事では、コンサルティング業界の就職偏差値についてご紹介します。

合わせてコンサルティング業界の年収ランキングコンサルティング業界の仕事内容と魅力難関コンサルティング会社の内定を取るポイントについても解説していきます。

最後に、コンサル業界に合う人の特徴やコンサル業界の働き方についても解説します。

この記事を読めば、コンサルティング業界の就職偏差値が一目で分かります。

コンサルティング業界の就職偏差値や就職難易度を知りたい就活生はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「就職偏差値が低い負け組企業なんかに就職したくない…」という方は就活力診断(公式LINE)を使って、今あなたがすべき対策を把握するのが一番おすすめです。

就活力診断を使うことで、志望企業から内定をもらうためにどんなことをすれば良いのかが明確になります。

「就職偏差値が高い企業に就職して、勝ち組になりたい!」という方は、まずは「就活力診断(公式LINE)」を使って診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「就活力診断(公式LINE)」を使ってみる

 

目次

コンサルティング業界とは

就職市場において絶大な人気を誇るコンサルティング会社。

商社・メガバンの人気が落ち、コンサルティング会社の人気は近年うなぎ登りです。

東大生の人気企業ランキングでも上位はコンサルが大半を占める形になりました。

 

マッキンゼー、デロイト、アクセンチュア…

ここら辺の企業は耳にしたことがある方も多いはず。

コンサル会社は難易度の高さからトップ就活生が受けることでも有名ですね。

そのためか入社難易度の議論が尽きない。

そこで生まれたのが就職偏差値

今回はまずコンサルティング会社の就職偏差値を紹介していきます。

それに加えてコンサル会社の大まかなグループ分けも説明してるので是非最後までご覧ください。

まずは「コンサルティング業界ってどういう仕事をしているの?」  という方向けに、コンサルティング業界について簡潔に解説していきます。

 

仕事内容

コンサルティング業界の仕事を一言で表現すると、「企業の様々な経営上の課題を解決するサポートをすること」です。

しかし、コンサルティング業界は大きく5つの領域に分かれており、領域ごとに仕事内容は異なります。

コンサルティング業界の5領域
  • 領域①:戦略系コンサル
  • 領域②:総合系コンサル
  • 領域③:会計系コンサル
  • 領域④:IT系コンサル
  • 領域⑤:シンクタンク系コンサル 
コンサルティング業界と一口に言っても、領域ごとに仕事内容は違います。

「就活の教科書」編集部 カン

 

ビジネスモデル

次に、「コンサルティング業界のビジネスモデル」について解説します。

コンサルティングファーム(コンサル事業を行っている会社)は、依頼してきたクライアント企業の課題を解決してお金を稼いでいます。

課題を解決するならば自分の会社の社員にやらせればいいのではないかと思うかもしれませんが、わざわざコンサルティングファームに依頼する理由は大きく分けて4つあります。

  • 自社の優秀な人は既に活躍しており、課題解決のために引き抜く余裕がないから
  • 緊急性が高く、今から自社でチームを結成していては間に合わないから。
  • 色々な業界の知識を持っているコンサルティングファームの知識を活用したいから
  • 第三者から提案される強制力が欲しいから

こうした事情からコンサルティングファームに依頼した企業に対して、コンサルティングファームは課題点の把握・解決の為の戦略立案を行います。

そして、コンサルティングファームはコンサルタントの稼働時間や成果に応じてクライアント企業からお金をもらいます。

以上が、コンサル業界のビジネスモデルです。

自社で解決したい課題でも解決できない時はコンサルティングファームに依頼するんですね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

やりがい

近年、就職人気ランキングで上位を占めることの多いコンサルティング業界ですが、どういったやりがいがあるのか簡単にご紹介します。

「就活の教科書」編集部 カン

コンサルティング業界の魅力としては以下のとおりです。

コンサルティング業界の魅力
  • 顧客から感謝してもらえる
  • 年収が高い
  • 成長スピードが速い
  • プロジェクトを完遂した時の達成感
  • 有名企業の経営支援が出来る

顧客と二人三脚で経営課題の解決を行うので、プロジェクトが完遂した時の達成感感謝されることにやりがいを感じることができます。

さらに企業が解決できないような困難な課題を解決する仕事のため、成長スピードが速く年収も高い傾向にあります。

近年人気のコンサルティング業界の企業についてこれからご紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

主要企業

コンサル_比較

次に日系企業の中で就活生の皆さんが良く耳にするであろうコンサルティングファーム3社を取り上げます。

上記の画像を見てわかる通り、多くのコンサルティングファームは売上高1000億円に満たない中小企業です。

野村総研は売上を見ると5288億円と頭一つ抜けた大企業ですが、コンサルティング部門の売上だけを見ると385億円と、他社とあまり変わりません。

また3社に共通している点として、残業時間が全企業平均よりも10時間以上長いことがわかりますね。

平均で30~40時間という残業時間は全業界平均と比べるとかなり多いです。

コンサル業界は「人」そのものが商品などで、人の負担が重くなりがちですね。

コンサル業界の企業Big4について解説しているので、他のコンサル企業について知りたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 カン

 

また「コンサルティング業界の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【就活】コンサルティング業界の就職偏差値ランキング&年収調査!(マッキンゼー/BCG/ベイン・アンドカンパニー/アクセンチュア/ベイカレント)

 

そもそも就職偏差値ランキングとは

就職偏差値とは2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作成されているランキングです。

年度によって順位が変動することをお忘れなく。

就職偏差値に関する詳細は「【企業の入社難易度は?】就活偏差値ランキング最新版 | 文系・理系別にまとめました」にまとめました。

では実際の就職偏差値ランキングを見てみましょう!

 

コンサルティング業界就職偏差値ランキング(最新)

それではコンサルティング業界の就職偏差値ランキングをご紹介していきます。 

「就活の教科書」編集部 カン


77 マッキンゼー・アンド・カンパニー 
76 ボストンコンサルティンググループ 
75 ベイン・アンド・カンパニー 
====MBBの壁====
【東大京大(法・経済・理系大学院卒)・有名海外大学以上】
74 Strategy& (旧:Booz) Oliver Wyman 
73 ローランド・ベルガー 
72 経営共創基盤(IGPI) ZSアソシエイツ 
71 Mercer A.T.カーニー ドリームインキュベータ 
70 アーサー・D・リトル L.E.K.コンサルティング 
69 
68 アクセンチュア(戦略) 
67 コーポレイトディレクション 野村総合研究所(コンサルタント) 
====Big4の壁====
【東大・京大・一橋・東工・早慶上位(法・経済・政経・理工)】
66 IBM(コンサルタント) 三菱UFJリサーチ&コンサル デロイト
65 リヴァンプ クニエ アクセンチュア(非戦略)  pwc
64 IBM(IT) 野村総合研究所(ITソリューション) NTTデータ経営研究所 日本経営システム 
63 アビームコンサルティング シグマクシス 日本総合研究所(コンサルタント) KPMG EY
====まともなコンサルの壁====
【早慶下位(その他)・大阪上智理科ICU・旧帝下位・上位国立以上が内定者一般層】
62 日立コンサルティング 大和総合研究所(リサーチ) 
61 みずほ総研(コンサルタント) 日本総研(IT) 
60 富士通総研  大和総研(IT) 日本能率協会コンサルティング 
59 価値総合研究所 社会経済生産性本部 トーマツイノベーション 
====辛うじてコンサルと呼べる壁==== 
58 インタープライズコンサルティング プラウドフットジャパン  ケンブリッジテクノロジーパートナーズ 
57 シンプレクス 
56 レイヤーズコンサルティング  スカイライトコンサルティング  ビジネスブレイン太田昭和 
55 山田ビジネスコンサルティング フューチャーアーキテクト 船井総研 ANDNA(ISIパートナーズ)
naverより引用

これが巷で噂の就職偏差値です。

上記の表には、戦略系・総合系・シンクタンク系なんかが混じっています。

全体的にコンサルティングファームの中でも戦略部門は就職偏差値が高い傾向にあります。

上記のような企業のインターンシップ情報や選考情報を知りたい就活生は、就活サイト「ワンキャリア」に登録しましょう。

コンサル難関企業・外資企業の選考情報やESを見ることができます。

「就活の教科書」編集部 カン

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

コンサルティング業界だけでなく、他の業界も含めた就職偏差値が知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

コンサルティング業界グループ分け

ここからはコンサルティング業界をグループ分けして、代表企業を紹介します。 

「就活の教科書」編集部 カン

コンサルティングにも様々な種類があります。

コンサルティング会社は大きく以下の7つに分類することが出来ます。

・外資系戦略コンサル

・日系戦略コンサル

・Big4(会計コンサル)

・シンクタンク系

・IT系コンサル

・総合系コンサル

・その他(中小企業向け,M&Aコンサル)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.外資系戦略コンサル

戦略系のコンサルとは、企業の経営層に対して事業計画や新規事業案の提案を行うコンサルティングファームです。

特に戦略系コンサルの中でも、マッキンゼー、ボストンコンサル、ベインアンドカンパニーの3社を総称して「MBB」と呼ばれています。

言わずと知れたコンサル界のトップ達。

コンサル会社と言えば戦略のみを指すという方もいるくらい。

ずば抜けて賢い人が多い。

日系大手のような学歴フィルターをかけることはないが、自然と高学歴のみに偏る。

東大が当たり前の世界。

業務内容は戦略策定など案件の上流部分を担当する。

戦略系コンサルティングファームの代表企業としては以下のとおりです。 

「就活の教科書」編集部 カン

戦略系コンサルティングファームの代表企業一覧
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • ボストン コンサルティング グループ
  • ベイン&カンパニー
  • A.T. カーニー
  • ローランドベルガー
  • アーサー・D・リトル

外資系戦略コンサル企業を目指す人は、外資系戦略コンサルの難易度ランキングが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

2.日系戦略コンサル

DI(ドリームインキュベータ)・IGPI(経営共創基盤)・CDI・P&Eディレクションズ

こちらは日系の戦略コンサル。

ネームバリューで外資系戦略コンサルに劣るが、内定者レベルは外資系に引けを取らない。

業務内容は上記の外資系戦略コンサルと同じ。

ただDI・IGPIはコンサルだけでなく、事業投資も行う。

ベンチャーキャピタルみたいなことも行っている面白い企業。

 

3.Big4(会計コンサル)

デロイト・PwC・EY・KPMG

すべて外資系の企業で監査法人を源流とする。

世界的に見るとどの企業もトップレベルのコンサルティング会社である。

ただ日本の市場においては別物という認識が必要。

デロイト・PwCは日本でもある程度事業の拡大に成功しており、新卒を育てる文化もある。

一方、EY・KPMGは日本ではまだベンチャー程度の規模である。

新卒でも即戦力が求められる。

 

業務内容は戦略策定からシステム導入まで多岐に渡る。

これがなんでも手掛ける総合系と言われる理由である。

big4は業界内でも比較的志望者の多い層だと思うので、別途「コンサルのBIG4についてコンサル内定者がめっちゃ詳しく説明するよ」という記事にまとめました。

 

4.シンクタンク系

シンクタンク系コンサルとは、政治経済や国際情勢などの調査や分析を行うコンサルティングファームです。

シンクタンク系又は総研系と言われたりもする。

コンサルに加えリサーチも重点的に行う企業達。

普通のコンサルティング会社に比べ官公庁を相手に仕事をする機会が多い。

業務の特性上内定者の院生率が他のコンサル会社よりも高く、研究者体質の学生が好まれる。

ただ野村総研のみはかなりの体育会という噂も。

シンクタンク系コンサルティングファームの代表企業としては以下のとおりです。 

「就活の教科書」編集部 カン

シンクタンク系コンサルティングファームの代表企業一覧
  • 野村総合研究所
  • 日本総合研究所
  • 三菱総合研究所
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  • 船井総合研究所
  • NTTデータ経営研究所
  • 富士通総合研究所
  • みずほ総合研究所
シンクタンク系コンサルティングファームは、豊富な専門知識を活用し、企業からの調査依頼なども行います。

「就活の教科書」編集部 カン

 

5.IT系コンサル

IT系コンサルとは、経営戦略に沿ってIT戦略を策定し、システム開発の提案などを通じてクライアント企業の経営課題を解決するコンサルティングファームです。

Big4と同格レベルで業務がIT寄りのコンサルティング会社。

アクセンチュアなんかは就職人気企業ランキングの常連。

主にITシステムの導入を業務とし、パッケージに強みを持っている。
(アビームコンサルティングであればSAPと戦略提携を交わしている。)

ただそういう案件ばかりでなく、戦略系の案件も豊富にある。

IT系コンサルティングファームの代表企業としては以下のとおりです。 

「就活の教科書」編集部 カン

IT系コンサルティングファームの代表企業一覧
  • IBM
  • シグマクシス
  • SAPジャパン
  • ケンブリッジテクノロジーパートナーズ
  • スカイライトコンサルティング
  • 日立コンサルティング
  • レイヤーズコンサルティング
  • キャップジェミニ
  • クニエ
  • ウルシステムズ
  • タタ コンサルタンシー サービシズ
IBMを筆頭に以上の企業が業界を牽引しています。
IT業界にも興味がある方は以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

6.総合系コンサル

総合系コンサルとは、クライアント企業の事業戦略の立案から実行まで幅広く行うコンサルティングファームです。

企業の財務状況の調査など会計系の業務から拡大してきた四大監査法人のグループ会社「BIG4」総合系コンサルティングファームです。

BIG4:世界の4大監査法人のグループ会社の総称

  • デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)
  • PwCコンサルティング合同会社(PwC)
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
  • KPMGコンサルティング
総合系コンサルティングファームの代表企業としては以下のとおりです。 

「就活の教科書」編集部 カン

総合系コンサルティングファームの代表企業一覧
  • デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)
  • PwCコンサルティング合同会社(PwC)
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング
  • 経営共創基盤(IGPI)
  • ベイカレント・コンサルティング
コンサルティング業界の中でも幅広い業務に携わるのが総合系コンサルティングファームにあたります。

「就活の教科書」編集部 カン

 

7.中小企業向けコンサル,M&Aコンサル

最後に、中小企業向けコンサルとM&Aコンサルについて解説します。

中小企業向けコンサルとM&Aコンサルの仕事内容は以下の通りです。

中小企業向けコンサル

特に中小企業のコンサルティングに特化したファーム。企業のトップ向けにサービスを提供する場合が多い。

M&Aコンサル

M&A(企業合併)のサポートを専門とするファーム。特に中小企業のM&Aは成長産業。

コンサルティング会社というと、大手のアクセンチュアなどが頭に浮かぶと思いますが、大手コンサルティング会社以外にもコンサルティング会社は存在するんですよ。

「就活の教科書」編集部 カン

 

グループ分けのまとめ

コンサル_分類

コンサル業界の分類方法にはコンサルティングテーマや規模・成り立ちなどで様々な分類が存在しますが、この記事では7つに分けて解説しました。

一口にコンサルティングファームといっても、それぞれ全く異なる領域を専門としていることがわかります。

総合系・ITコンサルは近年成長が激しいITコンサルティングのサービスを提供しており、その他は主にビジネスコンサルティングのサービスを提供しています。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

コンサルティング業界就職偏差値ランキングの概観

皆さんは就職偏差値ランキングにどのような印象を受けるでしょうか?

 

コンサルティング業界の難易度の傾向として

戦略>それ以外

が挙げられます。

コンサルティング業界志望者で戦略と総合の違いを悩んでいる人がいますが、要するに難易度です。

総合の方がより現場に近いという分け方も出来ます。

ただ、戦略もどんどん現場に出ているのでそれほど有効な違いは見いだすことが出来ません。

戦略コンサルといえば、就活では外資系金融と双璧をなします。

【頂上決戦】外資系戦略コンサルの難易度ランキング!(雰囲気解説付き)」の記事でも触れていますが、戦略コンサルでも厳密に言えばMBBレベルのトップティアから日系の独立戦略コンサルなど入社難易度も様々です。

 

余談ですが、個人的にコンサル業界のスライドは芸術品だと思っています。

コンサルのジョブやインターンではスライドを披露する機会が多くあります。

ただ、「コンサルで実際に使われたパワポって見たことないな…」ってことで

コンサルのコンペで使われた【実際のスライド】をまとめてみました。

個人的にはデロイト・野村総研あたりのスライドが見やすくて好きです(笑)

 

コンサル会社が使っている実際のパワポを紹介しているので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

コンサルティング業界の年収ランキング

ここからはコンサルティング業界の年収について階級ごとにランキング形式でご紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサル平均年収 1500万円~

まずは平均年収1500万円以上の企業をご紹介します。

「就活の教科書」編集部 カン

コンサル平均年収 1500万円~
  • ベイン・アンド・カンパニー 約1,900万円
  • ボストン コンサルティンググループ 約1,800万円
  • マッキンゼー 約1800万円
  • A.T. カーニー 約1,600万円
MBBなどの外資系戦略コンサルティングファームは非常に年収が高いです。

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサル平均年収 1000万円~

平均年収が1000万円以上のコンサル企業は以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 カン

コンサル平均年収 1000万円~
  • 野村総合研究所 1235万円
  • シグマクシス 1152万円
  • デロイトトーマツコンサルティング 1100万円
  • ドリームインキュベータ 1034万円
  • ベイカレント・コンサルティング 1031万円
有名企業は比較的年収が高いです。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサル平均年収 600万円~

平均年収が600万円以上のコンサルティングファームは以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 カン

コンサル平均年収 600万円~
  • 三菱総合研究所 993万円
  • アクセンチュア 900万円
  • PwCコンサルティング 約900万円
  • アビームコンサルティング 850万円
  • フューチャー 822万円
  • タナベ経営 715万円
  • 船井総研ホールディングス 677万円
  • 山田コンサル 672万円
日本人の平均年収は436万円なので、上記の企業は比較的年収が高いといえますね。 

「就活の教科書」編集部 カン

(有価証券報告書・キャリア道場より参照)

コンサルティング業界だけではなく、他の業界も含めて年収ランキングを知りたい方は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

コンサルティング業界に合う人の特徴

コンサル業界に合う人の特徴3つ

次にコンサルティング業界に合う人の特徴を見てみましょう。

コンサルティング業界に合う人が持っている素質を以下の3つに分けました。

  • 論理的に思考できる人
  • 知識欲・好奇心が強い人
  • 体力・精神力がタフな人

コンサル業界はデータや資料を基に分析し、論理的な思考をもとに企業に対して提案を行うので、論理的に思考できる能力は必須です。

また、さまざまな業界の企業をクライアントとして問題解決の提案をするので、自分が今まで知らなかった業界などに関心を持つ知識欲・好奇心も重要となります。

更に、コンサル業界は顧客へのハイレベルな提案を行う為に激務となる事も少なくない為、長時間の残業や資料収集・分析に耐えられる体力・精神力も重要です。

コンサルを志望するならば論理的な思考能力など、知的能力が必要です。

ですが、それと同時に高いストレス耐性・体力・精神力も要求される厳しい世界ですね。

自分がコンサル業界が向いているか向いていないか知りたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 カン

 

自己分析ツールでコンサル業界に向いているか診断してみよう

自分で自己分析して、コンサル業界に向いているかなんて正直わからないです。

そこで自己分析ツールを使って客観的に診断してもらうと、すぐに自分がコンサル業界に向いているかわかります。

特におすすめの自己分析ツールが「キミスカ適性検査」です。

150問の質問に答えるだけで、41項目の診断結果から社会におけるあなたの強みや職務適性などがわかります。

性格や適性を知ることで、自分がコンサル業界に向いているか診断してみましょう。

以下の記事で、他の自己分析ツールを紹介しているので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

難関コンサルティング会社の内定を取るポイント3つ

この記事を読んでいるあなたはコンサルティング業界に興味があると思います。

そこで、難関コンサルティング会社に就職するためのポイントを解説していきます。

 

難関コンサルティング会社の内定を取るポイント3つ
  • ポイント①:論理的思考力を身に着ける
  • ポイント②:コミュニケーション能力を身に着ける
  • ポイント③:コンサルティング業界について理解する
3つの難関コンサルティング会社の内定を取るポイントを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

ポイント①:論理的思考力を身に着ける

難関コンサルティング会社の内定を取るポイント1つ目は、論理的思考力を身に着けることです。

コンサルティング業界では、コンサルタントが考える新規事業案などのアイデアや競合分析の資料などが主な商品となります。

そのためコンサルティング業界では高度な論理的思考力が求められ、ケース面接などでも特に重視されるポイントになります。

しかし実は論理的思考力は参考書で身に着けることができるので、おすすめの参考書をご紹介しておきます。

コンサルティング業界で課されることの多いケース面接の対策本として定番の参考書です。

「就活の教科書」編集部 カン

 

ポイント②:コミュニケーション能力を身に着ける

難関コンサルティング会社の内定を取るポイント2つ目は、コミュニケーション能力を身に着けることです。

なぜなら、コンサルタントがクライアントから信頼を得るためには重要だからです。

またコンサルティング会社では、一つのプロジェクトに対して複数人で実行するためコミュニケーション能力は必須になります。

面接では、結論からはきはきと答えてコミュニケーション能力をアピールしましょう。

コミュニケーション能力をアピールするために、面接では受け答えだけでなく、面接官との会話を意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 カン

コミュニケーション能力をアピールする方法については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

 

ポイント③:コンサルティング業界について理解する

難関コンサルティング会社の内定を取るポイント3つ目は、コンサルティング業界について理解することです。

コンサルティング業界と一口に言っても、戦略系、総合系、IT系、シンクタンク系など種類は分かれています。

それぞれで行う業務内容は異なり、外資系と日系でも社風は大きく異なります

志望動機を聞かれたときにきちんと答えられるよう、「自分が何をしたいのか」を考えておきましょう。

コンサルティング業界の志望動機の書き方については以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサル業界の内定に役立つ就活サイトを活用しよう

コンサルティング業界は選考が非常に早く、きわめて難しいです。

そこでコンサルティング業界の内定を獲得したい就活生は、ワンキャリア」「unistyle」の2つのサイトを登録することをおすすめします。

ワンキャリア」はコンサル業界の選考情報をいち早く入手でき、「unistyle」はコンサル業界の難関であるES対策ができます。

2つを合わせて利用することで、コンサル企業の対策を万全にしましょう。

[/say]

僕もコンサル業界志望で、2つのサイトを使って内定をとることができたので、ぜひ使ってみてください。

以下の記事で「ワンキャリア」「unistyle」について詳しく書かれているので合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

コンサルティング業界の働き方

就活生くん

これまでの内容を見てみるとコンサルティング業界は高収入のイメージがありますが、どのように働いているんでしょうか?

コンサル業界は「コンサルタント」という人そのものが商品なので、商品をたくさん売る=人の働く量が劇的に増える業界です。

なので、他の業界に比べると負担の大きい働き方であるのが特徴ですね。

「就活の教科書」編集部 カン

就活生くん

やはり高収入な分、ハードワークなのが実態なんですね

コンサル業界を目指すならハードワークの覚悟はしておいた方が良いですね。

コンサル業界の働き方について、「働き方」「雰囲気」「待遇」の3つに分けて解説しますね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

実際の働き方

コンサル業界はもともと激務で有名な業界です。

業界平均の残業時間を見てみると、全業界平均で24.9時間なのに対して33.6時間と約10時間も高く、かなりハードな働き方である事実が分かります。

特に入社1~2年目のコンサルタントは情報収集や資料作成など泥臭い仕事をする場合が多くツールの使い方など覚える量がとても多く、ハードな働き方になります。

入社3年目以降は本格的にコンサルティングの業務に関わる機会が増えて、仕事の難易度は一段と上がりますが、それと同時にやりがいを感じる機会も増えるでしょう。

会社によりますが月の残業時間が60時間に迫る場合もあります。

2014年では80時間を超える会社も多かったので、これでも短くなった方ですね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

業界の雰囲気

次に、コンサル業界の雰囲気について解説します。

コンサル業界は転職によって人の入れ替わりが激しく、高額のコンサルティング報酬をもらっている事から時間に対してシビアです。

特に外資系企業では「Up or Out」、昇進できなければ退職するという極めてシビアな風土があり、3年昇進できなければ退職するのが一般的です。

一方、日系コンサルは外資コンサルほどシビアな雰囲気はなく、特に大量に採用を行っているアビームコンサルティングなどは日系大手企業に近い、比較的穏やかな雰囲気です。

特にシンクタンク系は勤続年数が長く、コンサル業界の中では最も「日系大手」企業に近い雰囲気だと考えられます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

業界の待遇

最後に、コンサル業界の待遇について見ていきます。

コンサル業界は平均年収が飛び抜けて高いことで有名ですが、コンサル業界の中でも外資系企業は特に年収が高いです。

外資系コンサルティングファームでは平均年収が1000万円~2000万円に達する場合も多いのに対して、日系企業は平均年収が600万円~900万円程度の場合が多いです。

外資系・日系企業ともに共通して残業時間が長くハードワークであるのは共通しているため、年収に対して強いモチベーションを持てる人が多くなります。

一部上場企業の平均年収でも606万円なので、上場していないファームが多いコンサル業界がこれだけ高年収なのは「上場」だけで企業を判断してはいけないという良い事例だと思います。

「就活の教科書」編集部 カン

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

コンサルティング業界の現状と今後の流れ

就活生くん

そもそも、コンサルティング業界って年収も高いし優秀な人が多いんですね。
コンサルティング業界って今後どのようになっていくのでしょうか?

就活生ちゃん

コンサル業界の現状ってどのような感じなんですか?

コンサルティング業界の現状や今後どうなっていくのかは気になりますよね。
次にコンサルティング業界の現状今後の流れや将来性について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサルティング業界の現状

コンサルティング業界

「コンサルティング業界の現状」について解説します。

コンサルティング業界全体でみると近年は右肩上がりに成長し続けており、中でもITコンサルティングの成長が目立ちます。

元よりコンサルティング業界は成熟期に入り、コンサルティングファームごとの差別化競争が激しくなっていましたが、今後はIT技術のノウハウが重要となりそうです。

しかしコンサル業界が拡大する一方で「コンサル」という言葉が先行しており、コンサルとは名ばかりの「高級派遣」となっている現状があります。

コンサル業界は不況に弱いものの、コロナ禍においてITの需要が高まった結果、他業界ほどには影響を受けていないようですね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサルティング業界の将来

次に、「コンサルティング業界の将来」について解説します。

コンサルティングファームは不景気になれば真っ先に契約を打ち切られるため、不況に弱い業界と言われています。

しかし近年はITコンサルティングの需要が急拡大しており、コロナ禍においても需要は拡大すると考えられるため、業界全体としては堅調といえます。

一方で、ビジネスコンサルティングの分野に限れば今はコンサルティングファームがあふれている状態であり、今後はどのように「差別化」できるかが重要となります。

もともとコンサルティング業界自体が変化の激しい業界です。

言い換えれば、激しい変化に対応できなければ生き抜けない業界でもありますね。

コンサル業界の志望動機について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 カン

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

コンサルティング業界の就職偏差値上位3社

ここからはコンサルティング業界の中で特に就職偏差値の高かった上位3社をご紹介します。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

コンサルティング業界 就職偏差値ランキングTOP3
  • 1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • 2位:ボストン・コンサルティング
  • 3位:ベイン・アンド・カンパニー
これから紹介する企業は、世界最高峰のコンサルティングファームと称され、これら3社を総称して「MBB」と呼ばれています。

ではそれぞれ順番にご紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーとは、1926年にシカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立されたアメリカ合衆国に本社を置く戦略コンサルティングファームです。

日本へは1971年に進出し、グローバルでNo1のポジションを占めています。

そのためマッキンゼーは名実ともに「世界一位のコンサルティングファーム」といわれています。

マッキンゼーには“My Own McKinsey”という文化があり、「組織目標の達成のために個人がある」のではなく、「個々人のキャリア・ゴールを支援する」と考えられています。

世界トップのコンサルティングファームであり、日本支社でもグローバルな働き方ができます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

2位:ボストン・コンサルティンググループ

ボストン・コンサルティンググループとは、1963年にブルース・ヘンダーソンによって設立されたアメリカ合衆国に本社を置くコンサルティングファームです。

ボストン・コンサルティンググループは世界のトップ企業の上位500社の70%をコンサルティングしています。

また、外資系のコンサルティングファームが日本に支社を立ち上げた最初の会社です。

そのため日本に合わせたコンサルティングを行っており、日本企業からの信頼は非常に厚いです。

早くから日本でコンサルティングを繰り広げ、日本では圧倒的な支持を受けています。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

3位:ベイン・アンド・カンパニー

ベイン・アンド・カンパニーとは、1973年にビル・ベインによって設立されたアメリカ合衆国に本社を置くコンサルティングファームです。

ベインでは結果主義の風土が徹底されており、具体的に目に見える成果を出すことを信条としています。

日本での知名度はマッキンゼーやボストンよりは劣りますが、平均年収はMBBの中でトップです。

また、戦略系やM&A系の案件が多いということも特徴の一つです。

徹底した結果主義がベインの大きな特徴ですね。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:就職偏差値を参考にして自分に合ったコンサルティング会社を選ぼう

この記事では「コンサルティング業界の就職偏差値」について解説しましたがいかがでしたか。

しかし、就職偏差値は100%信用できるものではないので参考程度にしてくださいね。

それでは、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆コンサルティング業界とは

  • 仕事内容
  • やりがい

◆コンサルティング業界の就職偏差値ランキング一覧

◆カテゴリ別コンサルティング業界代表企業一覧

  • 戦略系コンサル
  • 日系戦略コンサル
  • Big4
  • シンクタンク系コンサル
  • 総合系コンサル
  • IT系コンサル

◆コンサルティング業界の年収ランキング

  • コンサル平均年収 1500万円~
  • コンサル平均年収 1000万円~
  • コンサル平均年収 600万円~

◆難関コンサルティング会社の内定を取るポイント3つ

  • ポイント①:論理的思考力を身に着ける
  • ポイント②:コミュニケーション能力を身に着ける
  • ポイント③:コンサルティング業界について理解する

◆コンサルティング業界の就職偏差値上位3社

  • 1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • 2位:ボストン・コンサルティンググループ
  • 3位:ベイン・アンド・カンパニー

ここまでコンサルティング企業の難易度について説明してきました。

ただ難易度の高い企業にいくことを勧めているわけではありません。

むしろ無理して、戦略コンサルを志望するのはおススメしません。

某外資系戦略コンサルでは入社してから2週間試用期間があります。

その試用期間の内に内定者の半分が切られたという噂もあるくらいです。

(※真偽のほどは分かりません)

なのでコンサルティング会社を志望する方は業務内容・レベルには十分注意しましょう。

上記の業務内容なども参考にしつつ、自分に合う企業を探すのが一番です。

余談にはなりますが、コンサル志望はESに力を入れるといいですよ。

就活界隈では有名な話ですが、コンサル志望者のESって結構質が低いことが多いので、質の高いものがあると面接官の印象に残りやすく、そのあとの面接もスムーズにいくことが多いです。

特にコンサル志望者は早期に動き出し、はじめは周りに就活生も少なく手探りの状況でESを出すことになると思うので、Unistyleとか使って内定者のESを参考にするといいと思います。(結論ファースト、文章のテンポ本当に気を付けて…)

ケースなどのハイレベルな試験対策をしてもES段階で見切られると元も子もないのでES+筆記段階は100%突破できるようにしておきましょう。

内定者ESの文章テンポって読み込むことでしか理解できないと思うので、是非参考にしてください。

>>2万枚超の内定者ESを参考にする

 

実際にコンサル業界を目指したい人は、コンサルティング業界の志望動機の例文や伝え方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

また、コンサル業界にはどんな人が行くのかを知りたい人は、コンサル業界内定者のインタビュー記事が読めるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

他の業界もコチラの記事と同様にまとめてみました。

記事を見ればその業界の概要がすぐに分かるようになっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの就職活動に少しでもお力になれれば嬉しく思います。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン