【就職難易度は?】パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学ランキング | 学歴フィルター,倍率,選考フローも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学は、北海道大学 / 東京工業大学 / 大阪大学 など
    ⇒採用大学院 / 採用大学の一覧はこちら
  • パナソニックインフォメーションシステムズの採用倍率は5.5倍,就職難易度/偏差値は「やや高い」
  • パナソニックインフォメーションシステムズに明らかな学歴フィルターはない
  • パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるためには「リーダーシップ」をアピールしよう
  • パナソニックインフォメーションシステムズの採用選考フローはこちら
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーの利用が一番おすすめ
\ 隠れ優良IT企業を紹介! / ITエンジニア就職を目指す
(レバテックルーキー)

*5,000社の中から自分に合う大手優良IT企業を提示!

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の吉田です。

今回はパナソニックインフォメーションシステムズの採用大学や、学歴フィルターについて紹介していきます

就活性の皆さんは、「パナソニックインフォメーションシステムズの採用に学歴フィルターはあるの?」「パナソニックインフォメーションシステムズに就職するためにはどうしたらいいの?」など様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 吉田

就活生くん

僕は、パナソニックインフォメーションシステムズに就職したいです!どこの大学から採用されているか気になります。

就活生ちゃん

私も、パナソニックインフォメーションシステムズが気になってます!なので、選考フローはどんな感じなのか教えてください。インターンがあるのかどうかも気になります。

確かに、パナソニックインフォメーションシステムズの採用がどのような形で行われているのか?就職難易度は高いのか?気になりますよね!

ちなみに、エンジニアとして難関IT企業の内定をもらうには、ITエンジニア特化の就活サポートをしてくれる「レバテックルーキー」などの支援サービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

そこでこの記事では、パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学と就職難易度を紹介していきます。

合わせて、パナソニックインフォメーションシステムズの選考フローや学歴フィルターについても答えていきます。

この記事を読めば、パナソニックインフォメーションシステムズの採用選考対策法や、パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学一覧がわかります。

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるのって難しいの?」「パナソニックインフォメーションシステムズに就職したいけど、自分の学校から行けるの?」などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

 

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

目次

 

【どんな会社?】パナソニック インフォメーションシステムズの就職難易度/偏差値

就活生ちゃん

私は、パナソニックインフォメーションシステムズが気になっています・・・

パナソニックインフォメーションシステムズへの就職について教えてください!

わかりました!

では、まずパナソニックインフォメーションシステムズについて説明した後、就職難易度について詳しく解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 吉田

パナソニック インフォメーションシステムズはどんな企業か

 

 

株式会社パナソニックインフォメーションシステムズは、大阪府と東京都に本社を置くIT企業です。

パナソニック株式会社の情報システム部門を母体としており、パナソニックグループの国内外の多様な事業をITで支援しています。

以下に会社概要を簡単にまとめたので、ぜひ参考にしてください!

パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社
会社設立 1999年2月22日
本拠地所在地 大阪
〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町19番19号東京
〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目21番1号
従業員数 1,252名
事業内容
  • データ統合・活用
  • 働き方改革
  • 施設空間
  • 基幹業務
  • 製造現場支援
  • 文教・自治体
平均年収 676万円
平均年齢 39.7歳

参照:パナソニックインフォメーションシステムズ 会社概要

 

パナソニック インフォメーションシステムズの就職難易度/偏差値は「やや高い」

結論から言うと、パナソニックインフォメーションシステムズの就職難易度は高いと言えます。

理由として、採用人数の少なさから、採用倍率が高くなっていることが挙げられます。

就活会議では、就職難易度は3.9/5.0となっています。

同じ3.9の企業にはオージス総研などがあります。

パナソニックインフォメーションシステムズに興味がある方はIT業界について調べてみましょう。

以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

採用倍率は5.5倍、採用人数は30人

採用倍率

パナソニックインフォメーションシステムズの採用倍率は公表されていません。

ですが、就活会議によると、内定率は18%、つまり採用倍率は約5.5倍となっています。

また、リクナビのプレエントリー数と採用人数により計算すると、採用倍率は少なくとも280倍程度であると推測できます。

パナソニックインフォメーションシステムズは、採用人数が少なく、パナソニックグループのため人気も高くなり、採用倍率が高くなっているようです。

 

採用人数は

パナソニックインフォメーションシステムズの採用人数は、毎年30名程度です。

年度別の採用人数は以下の通りでした。

年度 採用人数
2022年度 31人
2021年度 31人
2020年度 29人

参照:マイナビ2024

また、パナソニックインフォメーションシステムズの採用男女比は、公開されていませんでした。

しかし、全従業員の男女比は以下のようになっています。

男性 女性
従業員数 978人 284人

参照:パナソニックインフォメーションシステムズ

男性が77%、女性が23%となっています。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【出身大学はどこ?】パナソニック インフォメーションシステムズの採用大学/学歴一覧

就活生ちゃん

パナソニックインフォメーションシステムズには、どんな大学出身の人がいるのでしょうか?

OB・OG訪問をしてみたいので、私の大学から採用されて人がいるのか気になります・・・

どんな大学出身の人がいるのか気になりますよね!

なので、パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学/学歴一覧を紹介します!

パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学/学歴一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 吉田

パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学/学歴一覧
  • 大学院
    北海道大学、筑波大学、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、東京工業大学、電気通信大学、横浜国立大学、名古屋大学、北陸先端科学技術大学院大学、京都大学、京都工芸繊維大学、京都府立大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、神戸大学、奈良先端科学技術大学院大学、奈良女子大学、和歌山大学、岡山大学、広島大学、九州大学
  • 大学
    北海道大学、筑波大学、電気通信大学、東京工業大学、東京大学、東京理科大学、慶應義塾大学、早稲田大学、横浜国立大学、静岡大学、名古屋大学、京都大学、京都府立大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、神戸大学、奈良女子大学、和歌山大学、岡山大学、広島大学、九州大学

参照:マイナビ2024

パナソニックインフォメーションシステムズは、全国の様々な大学から採用者を出しています。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

パナソニック インフォメーションシステムズの採用大学で学歴フィルターは存在するの?

就活生くん

僕は、パナソニックインフォメーションシステムズに就職したいと考えているのですが、正直学歴に自信がありません・・・

やはり、パナソニックインフォメーションシステムズのような人気企業には学歴フィルターが存在するのでしょうか?

パナソニックインフォメーションシステムズは人気企業だからこそ、学歴フィルターがあるのか、特に心配ですよね。

それでは、パナソニックインフォメーションシステムズの学歴フィルターについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

結論:パナソニック インフォメーションシステムズに学歴フィルターは存在しない

結論として、パナソニックインフォメーションシステムズには、学歴フィルターが存在しないと言えます。

根拠としては、中堅大学からの採用実績があることが挙げられます。

明らかな学歴フィルターがある企業なら、高偏差値の上位大学しか採用実績がないはずですよね。

一方で学歴フィルターが存在する企業もあります。
学歴フィルターがある企業ない企業については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

理由:中堅大学からも採用しているから

パナソニックインフォメーションシステムズに学歴フィルターがないと言える理由は、中堅大学からも採用しているからです。

実際の採用大学を見てみましょう。

パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学/学歴一覧
  • 大学院
    北海道大学、筑波大学、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、東京工業大学、電気通信大学、横浜国立大学、名古屋大学、北陸先端科学技術大学院大学、京都大学、京都工芸繊維大学、京都府立大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、神戸大学、奈良先端科学技術大学院大学、奈良女子大学、和歌山大学、岡山大学、広島大学、九州大学
  • 大学
    北海道大学、筑波大学、電気通信大学、東京工業大学、東京大学、東京理科大学、慶應義塾大学、早稲田大学、横浜国立大学、静岡大学、名古屋大学、京都大学、京都府立大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、神戸大学、奈良女子大学、和歌山大学、岡山大学、広島大学、九州大学

参照:マイナビ2024

難関国公立や早慶上智などの高学歴層の大学もありますが、その他の大学も多いことから、中堅大学からの採用もあることがわかります

また、学歴フィルターがある企業や学歴フィルターにかかる大学については以下の記事でも解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

注意点:就職倍率は高いため、他の就活生と差別化を図るべき

パナソニックインフォメーションシステムズは採用人数少なく、採用倍率が高いため、他の就活性と差別化を図らないと、簡単に内定を獲得することはできません

「パナソニックインフォメーションシステムズには学歴フィルターがないから、学歴に自信がなくても大丈夫!」と甘く見てしまうと危険です。

学歴に自信がない就活生こそ、ライバルと差をつける必要があります。

しっかりと対策をして、選考に挑むようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

 

                                                   

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

パナソニック インフォメーションシステムズに採用されるための対策法

就活生くん

僕は、パナソニックインフォメーションシステムズに就職したいです!

就職難易度が高い企業なので、選考対策に力を入れたいのですが、パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法はありますか?

パナソニックインフォメーションシステムズに就職するためには、対策が重要です。

それでは、パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法について解説していきますね。

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法は以下の6つがあります。

「就活の教科書」編集部 吉田

タイトル
  • 対策法①:「なぜパナソニックインフォメーションシステムズなのか」を明確にしておく
  • 対策法②:「リーダーシップ」をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法④:IT就活に強いエージェントを活用する
  • 対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

それでは、パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

対策法①:「なぜパナソニック インフォメーションシステムズなのか」を明確にしておく

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法の1つ目は、「なぜ、パナソニックインフォメーションシステムズなのかを明確にしておくことです。

これは、志望動機の部分になりますが、なぜその企業じゃないといけないのかを伝えることで説得力が増し、熱意が伝わりやすいです。

特に、IT業界は企業数も多いため、なぜパナソニックインフォメーションシステムズなのかを考えておきましょう。

同業他社との違いや具体的な企業とのエピソードなどを入れて考えると、言語化しやすいです。

競合他社との違いやなぜ当社なのかと聞かれた時の答え方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

対策法②:「リーダーシップ」をアピールできるエピソードを探しておく

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法の2つ目は、「リーダーシップ」をアピールできるエピソードを探しておくことです。

パナソニックインフォメーションシステムズは選考において、経験以上に「人柄・意欲」を重視しています。

中でも、多様なメンバーとの協働をリードするような人が、お客様の事業を成功に導くことができると考えています。

そのため、パナソニックインフォメーションシステムズの選考では、リーダーシップをアピールすることが評価につながるでしょう。

リーダーシップをアピールするためには、次のようなエピソードを伝える必要があります。

リーダーシップをアピールする際に伝えるべきエピソード
  • 自分がグループのリーダとして挑戦したエピソード
  • 部活動やサークルの部長経験

参照:パナソニックインフォメーションシステムズ

自己分析をしていく中で、リーダーシップをアピールできるエピソードをしっかりと話せるように、対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

対策法③:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法の3つ目は、unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておくことです。

unistyleとは、大手企業の内定者のESが71,733枚も見れるサイトです。

パナソニックインフォメーションシステムズの内定者がどんなESを書いていたのか、面接でどんなことを聞かれたのかが詳細にわかるため、ぜひ参考にしてパナソニックインフォメーションシステムズの選考対策を進めていきましょう。

ユニスタイルについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 吉田

 

対策法④:IT就活に強いエージェントを活用する

パナソニック インフォメーションシステムズに採用されるための対策法4つ目は、「レバテックルーキー」を利用して就活を進めることです。

レバテックルーキーは、ITエンジニアに特化した就活エージェントです。

レバテックルーキー を利用すれば、中小/ベンチャーの隠れ優良IT企業の紹介を受けられES添削・面接対策・ポートフォリオ添削もしてもらえます。

なので、学歴や経験に自信がなくてもパナソニック インフォメーションシステムズのような優良IT企業に就職できる可能性が大幅に上がりますよ

さらに、レバテックルーキーは、企業のネットにはない情報も持っているので、他のIT志望の就活生よりもはるかに有利に選考に進めます

では以下で、「レバテックルーキー 」を利用するメリットや特徴を紹介します。

レバテックルーキー 」を使うメリット
  • メリット①:ITエンジニア就活のプロに相談できる
  • メリット②:大手・中小・ベンチャーの優良企業を紹介してくれる
  • メリット③:早期内定を獲得できる
  • メリット④:利用者の内定率は85%以上であり、最短1週間で内定を獲得できる
  • メリット⑤:リアルな会社の口コミを知ることができる

このように、レバテックルーキーを利用すれば、IT業界の知識をつけることもできるので、パナソニック インフォメーションシステムズの選考にも役立つはずです!

なので、パナソニック インフォメーションシステムズだけでなくIT企業への就職を考えている就活生は、レバテックルーキーを利用することをおすすめします。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を利用してみる

 

「レバテックルーキー」についてもっと詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

 

対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法の5つ目は、インターンシップに参加して有利に選考を進められるようにしておくことです。

パナソニックインフォメーションシステムズのインターンシップでは、データ分析に関するグループワークを行います。

その後、質疑応答の時間もあるようです。

インターンシップに参加することで、実際の業務に沿った意見ができるだけでなく、他の就活生よりも1歩リードできる可能性もあるため、積極的に参加しましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

パナソニックインフォメーションシステムズに採用されるための対策法の6つ目は、OBOG訪問などをして他の就活生と差別化することです。

OBOG訪問とは、実際にその企業で働いている人や内定者の人と会って話を聞いてみることです。

OBOG訪問を行うことで、自己分析や業界研究・企業研究の精度を高めることができます。

またほとんどの企業では、OBOG訪問をおこなった回数、OBOG訪問での印象・パフォーマンス等を評価し、本選考を行う上でその評価を活用しています。

OBOG訪問で高い評価を獲得することで、特別選考ルートに載せてもらえたり一部選考ステップが免除になったりと、内定獲得に近づくケースもあるので、積極的におこなっておくと良いです。

OBOG訪問アプリを使えば、簡単にOBOG訪問ができます。

特に、ビズリーチ・キャンパスは大手勤務のOBOGと出会いやすく、おすすめです。

「OBOG訪問ってどんな感じで進めたらいいんだろう」と気になる就活生は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

パナソニック インフォメーションシステムズの採用選考フローについて

就活生ちゃん

実際にパナソニックインフォメーションシステムズの選考を受けることになった場合、どんなフローで選考が進んでいくのか知っておきたいです!

パナソニックインフォメーションシステムズの選考フローを教えてください。

対策をするうえで、選考フローを知っておくことは重要です。

パナソニックインフォメーションシステムズの選考フローを紹介するので、パナソニックインフォメーションシステムズに採用されたい人はぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

パナソニックインフォメーションシステムズの選考フロー
  • 選考フロー①:会社説明会
  • 選考フロー②:エントリーシート
  • 選考フロー③:適性検査
  • 選考フロー④:グループディスカッション
  • 選考フロー⑤:一次面接(個別)
  • 選考フロー⑥:最終面接(個別)

パナソニックインフォメーションシステムズの選考フローは、一般的な選考フローとなっています。

それでは各選考フローについて詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

選考フロー①:会社説明会

選考フロー1つ目は、会社説明会です。

パナソニックインフォメーションシステムズの会社説明会はオンラインと対面で行われます。

会社説明会に参加することで、その後の選考に進むことができるようです。

パナソニックインフォメーションシステムズに興味がある就活生は積極的に参加しましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

選考フロー②:エントリーシート

選考フロー2つ目は、エントリーシート提出です。

エントリーシートでは「志望理由」や「自己PR」が聞かれるようです。

しっかり答えられるようにしましょう。

比較的オーソドックスな質問が多いので、エントリーシートは通過したいですね。

また、エントリーシートの書き方やガクチカの書き方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

選考フロー③:適性検査

選考フロー3つ目は、適性検査の受検です。

適性検査は前もって確認し、勉強しておきましょう。

SPIの対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

選考フロー④:グループディスカッション

選考フロー4つ目は、グループディスカッションです。

グループディスカッション(Group Discussion:GD)とは、4〜6人のグループで、「答えのないお題」に対して、制限時間内に結論を導く選考形式です。

その過程でどんな役割を担い、どれだけチームの議論に貢献できたのか、企業は就活生を評価します。

グループディスカッション(GD)では、話し合いの結果・発表よりも「チームの中でどのように振る舞うか」を評価しています。つまり結果=評価ではありません

グループディスカッション(GD)では、グループごとに評価されるのではなく、個々で評価されるので話し合いの過程を重要視し、採用担当は話し合いの中で学生がどのように動くかを見ています。

グループディスカッションについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

選考フロー⑤:一次面接(個別)

選考フロー5つ目は、一次面接(個別)です。

一次面接で聞かれる質問内容は以下の通りです。

パナソニックインフォメーションシステムズの一次面接の質問内容
  • 質問①:志望動機
  • 質問②:学生時代に力を入れたこと
  • 質問③:自分を変えた出来事
  • 質問④:自己PR
  • 質問⑤:チームで取り組んだ経験

一次面接は面接官によって質問内容は変わる可能性が高いので、一次面接で質問されそうなことに対して網羅的に回答を用意しておく必要があります。

また、一次面接については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

選考フロー⑥:最終面接(個別)

選考フロー6つ目は、最終面接(個別)です。

最終面接で聞かれる質問内容は以下の通りです。

パナソニックインフォメーションシステムズの最終面接の質問内容
  • 質問①:IT業界の志望動機
  • 質問②:パナソニックインフォメーションシステムズの志望動機
  • 質問③:携わりたい分野
  • 質問④:5年後、10年後のキャリアプラン
  • 質問⑤:他社の選考状況
  • 質問⑥:逆質問

最終面接では以上のような質問がされます。

最終面接も面接官によって質問内容が異なるので、質問される可能性があるものについては回答を用意しておくのがベストです。

また、最終面接については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

パナソニック インフォメーションシステムズの採用に関するよくある質問

就活生ちゃん

パナソニックインフォメーションシステムズの採用についてわかってきました!

他にパナソニックインフォメーションシステムズの採用について知っておいた方が良いことがあれば教えてください。

それでは、パナソニックインフォメーションシステムズの採用に関するよくある質問を紹介していきますね!

「就活の教科書」編集部 吉田

パナソニックインフォメーションシステムズの採用に関するよくある質問
  • 質問①:パナソニックインフォメーションシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?
  • 質問②:パナソニック インフォメーションシステムズは激務ってほんと?

 

質問①:パナソニック インフォメーションシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?

よくある質問1つ目は「パナソニック インフォメーションシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?」です。

パナソニックインフォメーションシステムズはインターンシップには参加者への優遇はないようです。

インターンシップに参加することで業界理解や会社についての理解が深まり、インターンシップに参加したことを面接で話すことができるため、積極的に参加しましょう!

「就活の教科書」編集部 吉田

 

質問②:パナソニック インフォメーションシステムズは激務ってほんと?

よくある質問2つ目は「パナソニック インフォメーションシステムズは激務ってほんと?」です。

パナソニック インフォメーションシステムズの年間有給取得日数は20.7日となっています。

これは、IT業界で4年連続一位の数字となっています。

さらに、月平均所定外労働時間は25.9時間となっており、一般的な企業と同じ水準と言えます。

参照:パナソニックインフォメーションシステムズ

このことから、パナソニック インフォメーションシステムズはそこまで激務ではないと言えるでしょう。

プロジェクトの期限など、繁忙期は存在すると考えられるので、激務になる時期は出てくるかもしれません。

気になる方は調べてみましょう。

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

まとめ:パナソニック インフォメーションシステムズの採用情報を公式HPでも確認してみよう

今回は、パナソニックインフォメーションシステムズの採用大学と就職難易度について紹介しました。

合わせて、パナソニックインフォメーションシステムズの選考フローや学歴フィルター、採用されるための対策法についても詳しく解説しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【どんな会社?】パナソニック インフォメーションシステムズの就職難易度/偏差値について

  • パナソニックインフォメーションシステムズはどんな企業か
  • 採用倍率は280倍、採用人数は30人
  • パナソニックインフォメーションシステムズの就職難易度/偏差値

◆【出身大学はどこ?】パナソニック インフォメーションシステムズの採用大学/学歴一覧

◆パナソニック インフォメーションシステムズの採用で学歴フィルターは存在するの?

  • 結論:パナソニック インフォメーションシステムズに学歴フィルターは存在しない
  • 理由:中堅大学からも採用しているから
  • 注意点:就職倍率は高いため、他の就活生と差別化を図るべき

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆パナソニック インフォメーションシステムズに採用されるための対策法

  • 対策法①:「なぜパナソニック インフォメーションシステムズなのか」を明確にしておく
  • 対策法②:IT就活に強いエージェントを活用する
  • 対策法③:「リーダーシップ」をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法④:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

◆パナソニック インフォメーションシステムズの採用選考フローについて

  • 選考フロー①:会社説明会
  • 選考フロー②:エントリーシート
  • 選考フロー③:適性検査
  • 選考フロー④:グループディスカッション
  • 選考フロー⑤:一次面接(個別)
  • 選考フロー⑥:最終面接(個別)

◆パナソニック インフォメーションシステムズの採用に関するよくある質問

  • 質問①:パナソニック インフォメーションシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?
  • 質問②:パナソニック インフォメーションシステムズは激務ってほんと?

◆まとめ:パナソニック インフォメーションシステムズの採用情報を公式HPでも確認してみよう