【いつから始める?】SPIの勉強時間と対策法 | 24卒向け,Webテストの勉強法も

元就活生が教えます!SPIの勉強時間やベストな勉強期間はいつ?

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること

 

就活生の皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集長の岡本です。

この記事では、「SPIの勉強時間」、「SPIの勉強開始時期」について解説していきます。

就活生の皆さんはSPIの勉強時間や、勉強や対策をいつから始めたら良いか悩んでいませんか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕はそろそろ就活を意識し始めましたが、SPIテストセンターやWebテストをいつから勉強すべきかわかりません…

また、SPIの勉強ってどれくらい時間すればよいのでしょうか?

就活生ちゃん

私はSPIの勉強をしているのですが、志望している大手商社だとSPIの受験科目に英語もあるみたいで、必死で勉強しています。

テストセンターで受験するみたいなんですが、今のうちから勉強しておかないと間に合わない気がして・・・

いつからどれくらいの時間対策すれば良いのでしょうか?

SPIテストセンターは学生を言語・数学能力のテストで足切りするためですが、突破するためにはどれくらい時間が必要なのか気になりますよね。

SPIやWebテストをいつから勉強・対策し始めれば良いのかわらない就活生も多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、「SPIテストセンターの勉強時間」「SPIの勉強や対策をいつからし始めたら良いのか?」について紹介していきます。

合わせて、おすすめの問題集についても解説しています。

この記事を読めば、「いつからSPIテストセンターやWebテストの対策をすれば良いの?」「勉強時間はどれくらい必要なの?」という疑問を解決できます。

「SPIっていつから勉強すればいいの?」「1日何時間勉強したら良いの?」と迷っている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に伝えると「SPIやWebテストで落ちたくない!」という方は、SPI頻出問題集を同時に使うのが一番おすすめです。

同時に使うと、苦手な単元の演習ができたり、性格検査で時間切れになって落ちる心配がなくなるので、面接対策に専念できるようになります。

「第一志望企業のWebテストはなんとしても通過したい!」という方は、すでに多くの就活性がこの方法で対策しているので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで配布)

 

 

SPIテストセンター/Webテスト対策・勉強をいつから始めるかで悩む就活生は多い

就活生くん

SPIテストセンターやWebテストの対策・勉強をいつから始めたら良いのでしょうか?

 

SPIテストセンターやWebテストの対策・勉強をいつから始めるかで悩む就活生はかなり多いです。

実際にSPIテストセンターやWebテストは企業によって異なるので、勉強時間やいつから勉強するのかは人によって違います。

 

このように、SNSでいつからSPIテストセンターやWebテストの対策を始めるべきか悩んでいる就活生はたくさんいます。

そこで次は、SPIテストセンターやWebテストの対策をいつから始めるべきかについて解説していきますね。

 


【24卒向け】SPIテストセンター/Webテストの対策や勉強はいつから始める?

就活生くん

SPIテストセンターやWebテストの対策はいつから始めたら良いのでしょうか?

SPIやテストセンター、Webテストの勉強をいつから始めたらよいのかわからない就活生は多いですよね。

まず就活の期間は、大学3年生の7月頃からインターン、3月に情報解禁で大学4年の6月に面接開始ですね。

その中の大学3年の7月~大学4年6月までにSPIテストセンターの勉強をいつからするのが良いの?という不安の声も多いです。

そこでここでは、SPIテストセンターやWebテストの対策をいつから始めたら良いのかについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

SPI対策いつから始める?
  • 【インターンなら】SPIの勉強は大学3年生の5月から
  • 【本選考なら】SPIの勉強は大学3年生の12月から
  • 大学3年生の1月~3月に勉強を始める人が多い

 

【インターンなら】SPIの勉強は大学3年生の5月から

サマーインターンの対策を考えるのであれば、SPIの勉強は大学3年生の5月頃に始めるべきです。

2024年卒向けのサマーインターンは、2022年の5~7月頃に選考が開始され、8~9月にかけてインターンシップが実施されます。

サマーインターンの選考にもSPIなどのWebテストが課されることがあるので、インターンに参加したい就活生は大学3年生の5月からSPI対策を始めましょう。

2024年卒(現大学3年生)の就活開始時期は例年に比べてかなり早いと言われています。

ですので、本選考を有利に進めたい学生は、インターンに参加するためにも、早めにWebテストの勉強を始めるのをおすすめします。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

【本選考なら】SPIの勉強は3年生の12月から

本選考対策を考えるのでれば、SPIの勉強は大学3年生の12月頃に始めるべきです。

SPIテストセンターの勉強をしていくにあたって意識してほしいのが、SPIテストセンターなどのテストを受ける時期です。

SPIテストセンターを受ける時期は、主に就活解禁の3月後半から5月前半までが受けるピークです。

つまり言いたいのは、この期間に勉強がベストな状態で臨めることが一番いいです。

 

このように、SPIの対策をいつから始めても早ければ早いほど有利ですが、モチベーションや勉強が続かない人にはおすすめしません。

もし9月に始めて12月までに勉強をやめたら、テストを受けるまで短くても3か月は空いてしまいますからね。

 

このように、SPIの対策をいつからすべきかで、大学3年生のうちに始めたほうが良いと考えている就活生は多いです。

SPIテストセンターでは、足切りのラインが設定されており、この足切りラインを越えられなければ、面接にも行くことができないので、SPIは非常に重要です。

SPIテストセンターの足切りラインや、自分が取った得点、高得点の指標などを知りたい就活生や、SPIテストセンターの勉強法をまだ知らない就活生は、ぜひ下の記事を読んでみてください。

 

大学3年生の1月~3月に勉強を始める人が多い

全体的に見ると、大学3年生の1月~3月に勉強を始める人がとても多いです。

大手企業のエントリーは3月1日に解禁されるので、エントリー解禁前に勉強するのでしょう。

しかし、1月は大学のテスト勉強と3月からは説明会やESなどで忙しいので、SPIテストセンターの勉強はほぼできないと思っておいた方がいいです。

それを頭に入れて、1日1~2時間で2~3ヵ月の間で勉強できるように計画していきましょう。

ちなみにSPIテストセンター以外にも玉手箱やCABなどの他のWEBテスト方式もあるので時間があったらやれるといいです。

 

WEBテストに関する情報をもっと知りたい人は、こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

就活アドバイザー

 

 

SPIテストセンター/Webテストの対策に必要な1日の勉強時間

就活で事前に準備をすることの1つにSPIテストセンターなどのテスト勉強があります。

SPIのテストは9割以上の企業が使用していますので、内定をもらうために確実に勉強が必須です。

ちなみに大手商社など一部の企業はSPI+英語も要求してきます。

SPIテストセンターが主に使われる理由は、学生の言語的能力と数学的な能力で頭の良さを効率的に測れるからですね。

では先に「実際SPIテストセンターの勉強に必要な時間はどれくらいなのか?」について説明していきたいと思います。

 

平均的なSPIの勉強時間は1日1~2時間

SPIテストセンターの勉強時間は大体1日1~2時間です(SPIテストセンターの英語科目は勉強しないとする)

重要とは言いつつも、僕自身や周りの友達もこれくらいの勉強時間でした。

実際に僕は1日1時間程度で1か月勉強をして、NTTや有名な大手企業のテスト系は通れました

そして2時間程度勉強できる日は、SPIテストセンター以外にも玉手箱などのWEBテストも勉強しました。

 

では、なぜ短い勉強時間でも大丈夫な理由はというと、SPIテストセンターは問題をスピーディーに解いて実践的に覚えるからです。

SPIテストセンターは言語と非言語の2科目と範囲も広くないですし、1日にSPIテストセンターだけで長い時間勉強する学生は多くいません

他にも、35分という制限時間があり正確に答えるだけでなくスピードも要求されます。

そのため、スピードを求めて勉強するのでダラダラと長い時間勉強するよりも集中して短時間でスピードを意識して勉強するほうがいいでしょう。

さらに単語の意味や熟語、非言語(数学)を解くパターンを記憶するためにも、まとめて1日中勉強するよりも毎日短時間でも勉強するほうが記憶に残りやすいのでおすすめです。

 

ただ、就活生の中には、Webテストの勉強が毎日コツコツとできない人もいますよね。

 

大手企業に行く人のSPI勉強時間

もしあなたが、5大商社や大手コンサルティングなど就職難易度が高い企業に行きたいなら、1日1時間程度の勉強量ではいけません。

やはり有名で年収が高い企業には全国の大学生が集まります。

そのため企業のSPIテストセンターのボーダーも上げて、多くの学生を落として選りすぐりを選別します。

 

全国の大学生には早慶上智・一橋・MARCH・国公立など頭の良い学生が集まって争います。

僕自身も1日1~2時間程度で大体の企業はテストは合格しますが、難易度が高い企業にはこれくらいの勉強時間は通用しませんでした。

 

では実際に難易度が高い企業に内定を貰った先輩方の話を聞いてみました。

そうすると参考書を10周はしたそうです。

ちなみに10周した参考書はこれです。


史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

こちらの問題集を使ったおすすめの勉強法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

これはみんながやる「SPIノートの会シリーズ」よりワンランク上の参考書で少し難易度が高いですね。

これくらいの勉強量でテストでほぼ正解に近くなってるでしょうし、英語も必要ですからSPIテストセンター+英語の勉強ですね。

※SPIテストセンターの参考書を受ける企業などの目的やレベル別に下記の記事で紹介しています。

さらに就活のための勉強を始めるのも3年の初めから夏あたりなど他の学生よりも断然早く勉強しています。

SPIテストセンターの勉強が難しいと感じている人は、苦手な人に特化したSPIテストセンターの対策が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

「SPIやWebテストで第一志望企業の選考に落ちたくない!」という方はSPI頻出問題集」「キミスカ適性検査の同時利用が一番おすすめです。

同時に使うことで、SPIやWebテストの苦手分野を簡単に演習でき、性格検査をお試しで受けて練習することができます。

すでに多くの就活性が使っているので、SPIやWebテストの選考を突破したい方は、ぜひ両方とも利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を受け取る(公式LINE)

>> キミスカ適性検査で性格検査を練習する

 

SPIやWebテストに関する詳しい解説は、以下の記事でまとめているので、興味のある就活生はぜひ読んでみてくださいね。

 

「WebテストやSPIで落ちるかもしれない」「対策が間に合わず、手遅れになりそう…」と悩んでいるなら「SPI頻出問題集」が便利です。

SPI頻出問題集は公式LINEに登録することで無料で受け取れます。

頻出問題と丁寧な解説、頻繁に使われる単語をまとめているので、Webテスト対策に活用してください。

>>SPI頻出問題集を受け取る

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

SPIテストセンター/Webテストの科目ごとに必要な勉強時間

次に、SPIテストセンター/Webテストの対策に必要な勉強時間を解説していきます。

結論から言うと、SPIテストセンターの対策に必要な総勉強時間は約30時間が目安となっています。

科目別には、言語対策には5~10時間、非言語対策には10~25時間、性格検査対策には1時間ほど必要になります。

【科目別】SPI対策に必要な勉強時間
  • 言語対策に必要な勉強時間は5~10時間
  • 非言語対策に必要な勉強時間は10~25時間
  • 性格検査対策に必要な勉強時間は1時間

以下では科目別に必要な勉強時間を詳しく説明します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

言語対策に必要な勉強時間は5~10時間

まずSPIテストセンターの「言語」の対策に必要な勉強時間は、5~10時間が目安です。

言語の対策に必要な勉強時間
  1. 出題傾向の把握:1時間
  2. 問題集をひととおり解く:5時間
  3. 模擬試験を2~3回受ける:1時間
  4. 分からなかった分野を復習する:3時間

SPIの言語検査の対策方法や問題例は、分野別に以下の記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

【分野別】SPI言語の問題対策

 

非言語対策に必要な勉強時間は10~25時間

次にSPIテストセンターの「非言語」の対策に必要な勉強時間は、10~25時間が目安です。

非言語の対策に必要な勉強時間
  1. 出題傾向の把握:1時間
  2. 問題集をひととおり解く:15時間
  3. 模擬試験を2~3回受ける:1時間
  4. 分からなかった分野を復習する:5時間

SPIの非言語検査の対策方法や問題例は、分野別に以下の記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

性格検査対策に必要な勉強時間は1時間

次にSPIテストセンターの「性格検査」の対策に必要な勉強時間は、1時間が目安です。

性格検査の対策としては、無料の性格検査を受けて練習するのが効果的です。

だいたいの性格検査は100問ほどで、15~20分で受験することができます。

試しに無料性格検査を受けてみて、率直に即回答できるか、矛盾しないように回答できるか、などのポイントを確認しておきましょう。

SPIの性格検査の対策方法や無料で性格検査が受けられるサイトは、以下の記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

SPI性格検査の問題と対策

SPIの英語や構造把握の対策が必要な就活生は、以下の記事も読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

SPI英語/構造把握の問題と対策

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【これで勉強時間短縮!】無料のSPIテストセンター問題集を活用して対策しよう

SPIテストセンター対策には、基本SPIテストセンターの対策本を買う人が多いと思います。

ただ本を何冊か買うとお金がかかりますよね。

また本ではなく、携帯で手軽に勉強したいという人も多いのではないでしょうか。

 

そこでおすすめしたいのが当サイト就活の教科書の「SPI頻出問題集」です。

問題集は「就活の教科書公式LINEに登録すれば、無料で手に入ります。

SPIテストセンターで頻出の単語や、問題の解き方などが丁寧に解説されているのでSPIテストセンター対策に役立ちますよ。

>> SPI頻出問題集を無料でもらう

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

SPIテストセンター/Webテストの勉強時間なしで優良企業に内定する方法

これまでSPIテストセンターの勉強時間や勉強方法について解説しましたが、SPIテストセンターを勉強しなくても内定できる方法もあります。

それは、「逆求人(スカウト)サイト」です。

逆求人(スカウト)サイトとは、個人の経験や人柄をプロフィール入力すると、企業側から選考のオファーが来るサービスです。

オファーが来れば、SPIテストセンターやES選考なしで面接を受けることができます。

そこで数ある逆求人の中でも特におすすめの逆求人サイトを紹介します。

逆求人サイトおすすめ

それでは逆求人サイトのおすすめな理由について解説します。

 

キミスカ

おすすめの逆求人サイトは、「キミスカ」です。

キミスカとは、人材事業やWeb戦略事業を行なっている株式会社グローアップが運営している日本最大級の逆求人サイトです。

「世界でたった一人のキミをスカウト。「選ばれる」就活ができる。」というコンセプトで運営されています。

キミスカの登録学生数は10万人を超えており、逆求人サイトでは多めの登録学生数を誇っています。

NTT DATAやsansan株式会社など大手企業からベンチャー企業まで幅広く紹介しています。

 

キミスカをおすすめする理由は、効率的に就活ができることです。

一度ESを書くといろんな企業からスカウトが来る仕組みなので、何度も書かずに済みます。

また選考結果が他の企業にも伝わるので無駄にならない点です。

例えば〇〇企業の面接に落ちたが、最終面接までは行ったという実績を他の企業が評価してくれます。

>>「キミスカ」を使ってみる

 

「キミスカ」の評判・口コミについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

テストセンターに関して

テストセンターの「服装」「勉強時間」「当日の流れ」「おすすめ参考書」「問題数」に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

 

   

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:まとめ:SPIやWebテストの対策は大学3年生から始めよう

この記事では「SPIテストセンター/Webテストの対策はいつから始めればいいのか」について詳しく解説しました。

あわせて「SPIテストセンター/Webテストの対策に必要な勉強時間」「SPIテストセンター/Webテストの勉強時間なしで優良企業に内定する方法」についても説明しました。

まとめると、SPIテストセンターの対策に必要な勉強時間は合計30時間以上が目安となっているので、2024年卒の就活生は大学3年生のうちに始めておくのがおすすめです。

以下がこの記事の概要です。

この記事のまとめ

SPIテストセンター/Webテスト対策・勉強をいつから始めるかで悩む就活生は多い

【24卒向け】SPIテストセンター/Webテストの対策や勉強はいつから始める?

  • 【インターンなら】SPIの勉強は大学3年生の5月から
  • 【本選考なら】SPIの勉強は3年生の12月から
  • 大学3年生の1月~3月に勉強を始める人が多い

SPIテストセンター/Webテスト対策に必要な1日の勉強時間

  • 平均的なSPIの勉強時間は1日1~2時間
  • 大手企業に行く人のSPI勉強時間

SPIテストセンター/Webテストの科目ごとに必要な勉強時間

  • 言語対策に必要な勉強時間は5~10時間
  • 非言語対策に必要な勉強時間は10~25時間
  • 性格検査対策に必要な勉強時間は1時間

【これで勉強時間短縮!】無料のSPIテストセンター問題集を活用して対策しよう

SPIテストセンター/Webテストの勉強時間なしで優良企業に内定する方法

  • 逆求人サイトを利用する:キミスカ

テストセンターに関して

まとめ:まとめ:SPIやWebテストの対策は大学3年生から始めよう