【楽勝?】就活であっさり内定を取るための対策法 | おすすめサービス,注意点も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 就活であっさり内定が取れることもある!
  • 【注意点】就活は早く終えるのが正しいわけではない
  • あっさり内定するための方法は、倍率が低く自分で行けそうな企業を受けてみること
    ⇒あっさり内定する方法一覧はこちら
  • あっさり内定をゲットした時は、内定先がブラック企業ではないか調べよう
  • 早期内定を獲得するためのポイントは、夏冬に早期選考につながるインターンシップに参加すること
  • 【まだ間に合う】内定までサポートしてくれる就活支援サービス

※12022年度実績
※2 2021年度のキャリアチケットご利用者で選考対策の実施有無を比較

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の井上です。

就活生の皆さんの中で、「就活に時間をかけたくない・・・」「就活であっさり内定をとりたい!」思っている方がいるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 井上

就活生くん

就活はなんだか嫌なことばかりなイメージです。

1社目とかで早く内定貰える方法ってないですかね。

就活生ちゃん

就活であっさり内定ってもらえることってあるんでしょうか?

早く終えてのこりの大学生活をちゃんと楽しみたいです!

たしかに、就活って長く苦しいイメージがありますよね。

ちなみに、「ES添削や面接対策をして欲しい」「内定が貰えなくてなんとかしたい」という人は、就活のプロが内定までサポートしてくれる「キャリアチケットなどの就活エージェントを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

そこで、この記事では就活であっさり内定を取る方法について詳しく解説します。

また、あっさり内定がもらえるチャンスのある就活サービスについても紹介します。

併せて、あっさり内定に関するよくある質問についても解説します。

こんな人におすすめ
  • 就活であっさり内定を取ってしまいたい
  • 就活に時間をかけたくない
  • 手軽に内定がとれる方法を知りたい。

という方は特に、この記事を最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、「就活がうまくいかない…」と悩んでいるなら、自分に合った担当者が選べるキャリアチケット(内定まで直接サポート)で、就活のプロに相談して一緒に対策や優良企業紹介をしてもらうのが一番おすすめです。

ちなみにキャリアチケット以外にも、全国7都市で対面相談可能の「ミーツカンパニー就活サポート」、満足度90%,友人紹介率60%のアドバイザーと会える「DiG UP CAREERもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】優良企業を紹介してくれるおすすめツール(無料)
\ 徹底サポートで内定獲得! / ES添削,その他選考サポートを受ける
(キャリアチケット)

*企業ごとに対策!


「結局、どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はスタキャリ×ジョーカツを使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

就活であっさり内定が取れることってあるの?

就活生ちゃん

そもそも就活って1社目で内定がもらえることってあるんでしょうか?

就活生くん

もし1社目であっさり内定がもらえたら就活に時間をかけなくて済むんですけど

確かに、就活にはあまり時間をかけずに、あっさりと内定をもらってしまいたいですよね。

まず初めに、就活であっさり内定がとれることがあるのかを詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 井上

就活であっさり内定が取れることってあるの?
  • 1社目で内定を取れる可能性は十分ある
  • 内定が無くても焦らずじっくり就活して大丈夫
  • 注意点:就活は早く終えるのが正しいわけではない

 

結論:1社目で内定を取れる可能性は十分ある

まず、1社目で内定を取れる可能性は十分あります。

選考対策をきちんとして、自分の強みや適性を把握し、志望する企業にしっかりアピールすることで、早期内定の獲得は可能です。

例えば、自分の強みを生かせる企業や適性が高いと感じる企業を最初に応募すれば、企業と自分がマッチするということで、内定をもらえるといういことが十分考えられます。

1社目で内定を獲得する可能性は十分にあるので、自身をもって就活できるよう、選考対策をきちんと取り組んでみましょう。

自己分析をしっかり行い、その結果に基づいて志望企業を絞り込みましょう。

また、内定を獲得するためには面接やエントリーシートの準備にしっかりと取り組めば、就活初心者でもあっさり内定がもらえてしまうことはあり得ます!

以下の記事で、大学3年生での内定獲得をする方法について解説があるので、3年生で早くから内定をもらいたいと思っている方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

内定が無くても焦らずじっくり就活して大丈夫

しかしながら、内定が無くても焦らずじっくり就活して大丈夫です。

就活において内定がない場合でも焦る必要はありません。じっくりと時間をかけて自己分析や企業研究を行い、最終的に納得した形で行きたい企業に行けるようになればいいのです。

就活にはみんな苦戦します。早く終わらせられる人の方が珍しいです。

また、あせって内定を取ろうとしてやるよりも、個人のペースに合わせて進めた方がうまくいきやすいからです。

焦りやストレスを感じずに、自分自身の成長と適切な企業選びに時間をかけるたほうが、その後の人生でずっとプラスになるはずです。

内定がなかなか取れなくても焦る必要はありません。時間はかかったとしても、じっくり丁寧に就活して、納得のいく企業に就職しましょう。

就活生ちゃん

たしかに、焦って就職してやりたくない仕事をこの先の人生でずっとやり続けるのは嫌です。。。
納得のいく就活をしましょう。

就活では、その過程が個人の成長や学びの場でもあります。

失敗や挫折を乗り越えながら、自分の強みや魅力を磨くことができるチャンスです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

注意点:就活は早く終えるのが正しいわけではない

就活は早く終えるのが正しいわけではないということに注意しましょう。

最も重要なのは、適切な企業を見極め、自身の強みを活かした内定を獲得することです。

就活は人生における重要な選択の一つであり、焦って終わらせることは適切な判断をする上でマイナスになるかもしれないからです。

ゆっくりと時間をかけて自己成長や企業研究を行い、将来のキャリアにつながる適切な選択をしましょう。

就活の進め方は個人によって異なります。焦ることなく、自分自身のペースに合わせて取り組みましょう。

このように、就活は早く終わらせることが最も重要なわけではありません。焦ることなく、自分のペースで進め、適切な企業を見極めることに重点を置きましょう。

就活生ちゃん

自分の将来のことなので、しっかりかんがえたいですね。

内定がなかなか獲得できない場合でも、焦る必要はありません。

業界研究、自己分析などの選考対策を行って、しっかり力をためてから、自分の行きたい企業を探すのも手です。

「就活の教科書」編集部 井上

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


就活の1社目であっさり内定をゲットするための対策法7つ

就活生ちゃん

あっさり内定獲得できる場合もあるんですね。

でもちゃんと行きたい企業についてしっかり考えるのも大切なんですね!

就活生くん

では一体どうやったら、あっさり内定がもらえるんでしょうか???

それではここから、あっさり内定するための方法について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 井上

あっさり内定するための方法
  • 対策法①:倍率が低く自分で行けそうな企業を受けてみる
  • 対策法②:逆求人サイトを利用して企業を探す
  • 対策法③:インターンシップに参加して早期選考に進む

 

対策法①:倍率が低く自分で行けそうな企業を受けてみる

あっさり内定するための方法の1つ目は「倍率が低く自分で行けそうな企業を受けてみる」ことです。

有名でない穴場の企業を探して倍率の低い企業にも積極的に応募してみましょう。

倍率が低い企業は競争が激しくなく、内定を獲得しやすいからです。

自分の実力よりちょっと簡単だなと思える企業を受けてみると、企業側も積極的にアプローチしてくるでしょう。

倍率の低い企業にも積極的に応募し、自分の適性や魅力をアピールすることで、あっさり内定を獲得しましょう。

隠れホワイト企業については、こちらの記事で紹介しています!

企業についてもっと知りたい人はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法②:逆求人サイトを利用して企業を探す

あっさり内定を獲得する方法の2つ目は「逆求人サイトを利用して企業を探す」ことです。

内定を獲得するためには、逆求人サイトを活用して自分にマッチする企業を見つけ、積極的に応募してみるのも一つの手です。

逆求人サイトでは、自分のスキルや経験に合致した求人情報を探すことができます。

また、自分が興味を持つ業界や職種の企業をターゲットにすることで、モチベーションが高まり、内定を獲得しやすくなります。

逆求人サイトで興味のある業界や職種の求人を探し、企業情報を詳しく調べてみましょう。

逆求人サイトを活用して自分にマッチする企業を見つけ、積極的に応募することで、内定を獲得する可能性を高めましょう。

応募時にも、企業への熱意や自己PRをしっかり伝えることで、内定を勝ち取るチャンスがぐっと広がります。

おすすめの逆求人サイトは以下の記事で詳しく解説しています!

ちなみに1番のおすすめはOfferBoxです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法③:インターンシップに参加して早期選考に進む

あっさり内定を獲得するための方法3つ目は「インターンシップに参加して早期選考に進む」ことです。

内定を早期に獲得するためには、インターンシップに積極的に参加し、企業との関係構築や実績を築きましょう。

インターンシップは企業と直接関わる機会であり、自分の能力や適性を実践的に証明することができます。

企業側もインターンシップを通じて優秀な学生を発掘し、早期内定を出すことがあります。

興味のある企業のインターンシッププログラムに積極的に参加しましょう。

自分の能力を発揮し、プロジェクトや業務で成果を上げることで、企業からの評価を得るチャンスを得られます。

早期内定を獲得するためには、積極的にインターンシップに参加しましょう。

また、インターンシップ期間中に企業とのコミュニケーションを大切にし、内定の可能性を広げましょう。

インターンシップに参加したことで、企業からリクルーターがつくこともあり、そこでしっかりアピールすれば、あっさり早期内定が獲得できるかもしれません。

インターンシップについては以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法④:エージェントで相性のいい企業を紹介してもらう

あっさり内定を獲得するための方法4つ目は「エージェントで相性のいい企業を紹介してもらう」ことです。

就活エージェントとは、相性のいい企業の紹介からES/面接対策、内定までを一貫してサポートしてくれるサービスです。

就活エージェントはそもそもあなたが内定しやすい企業を紹介してくれます。

また、ESや面接対策までしてくれるので、さらに合格率は上がります

そのため、エージェントを経由すれば、1社目からあっさり内定するなんてことも現実的にあり得ます。

おすすめのエージェントは以下の記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてください!

ちなみに全就活生にオススメできるのはキャリアチケット、IT志望の就活におすすめできるのはレバテックルーキーです!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法⑤:リクルーター経由で選考を受ける

あっさり内定を獲得するための方法5つ目は「リクルーター経由で選考を受ける」ことです。

リクルーターとは、採用活動に協力している、人事部以外の社員のことです。

リクルーターはただ単に就活生の相談を受けるだけではなく、優秀な学生を囲い込む目的でも活動しています。

そのため、リクルーターから高い評価を得た学生は、選考でもポジティブな評価を受けやすくなります。

さらに、リクルーター面談では企業で働いている人しか知らない情報を教えてもらえることもあるので、さらに選考が有利になりやすいです。

リクルーターについては以下の記事でさらに詳しく解説しています!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法⑥:内定直結イベントに参加する

あっさり内定を獲得するための方法6つ目は「内定直結イベントに参加する」ことです。

就活イベントの中には、内定に直結するイベントがあります。

内定直結イベントでは、会社説明会と選考を同日に行います。

そして、高評価を得た学生は選考優遇を受けることが出来ます。

運が良ければ内定まで行くこともあるようです。

おすすめの就活イベントは以下の記事で詳しく解説しています!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法⑦:長期インターン先の内定をゲットする

あっさり内定を獲得するための方法7つ目は「長期インターン先の内定をゲットする」ことです。

長期インターンとは、サマーインターンなどとは違い半年〜1年程度の長期のインターンを指します。

短期インターンとは違い、実務のサポートがメインとなります。

そのため、高評価を得れば「そのまま内定!」なんてことも珍しくありません。

また、長期インターンでは会社の内情が分かった上で入社できるので、ミスマッチの可能性は低くなるでしょう。

長期インターンシップを探せるサイトについては以下で詳しく紹介しています!

「就活の教科書」編集部 井上

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

早期内定を獲得するためのポイント

就活生ちゃん

就活サービスを使えば、自分でも内定をとれる気がしてきました!

就活生くん

早期内定を取るコツとかってあるんでしょうか?

自分で就活するときにもサービスを使うときにも役立てたいです!

それでは以下で、早期内定を獲得するためのポイントを解説します!

「就活の教科書」編集部 井上

早期内定を獲得するためのポイント
  • ポイント①:自己分析をして業界を絞る
  • ポイント②:自己PR・ガクチカを作り面接対策する
  • ポイント③:夏冬に早期選考につながるインターンシップに参加する
  • ポイント④:大手企業だけでなく大手の子会社・中小企業も受けてみ

 

ポイント①:自己分析をして業界を絞る

早期内定を獲得するためのポイントの1つ目は「 自己分析をして業界を絞る」ことです。

早期内定を獲得するためには、自己分析を行い自身の適性や興味関心が高い業界を絞り込みましょう。

これは、自己分析を通じて自身の強みや特長を把握し、志望する業界や企業に合わせたアピールができるようになるからです。

絞り込んだ業界に関する知識や情報を深めることで、選考プロセスでの自信や説得力を高めることができます。

早期内定を獲得するためには、自己分析を通じて適性や興味が高い業界を絞り込みましょう。

就活生くん

自己分析とか業界研究って大事ですよね。。。

でもどうやってやったらいいんですか???

”「就活の教科書」[box

⇒ [/box]編集部 井上” img=”https://reashu.com/wp-content/uploads/2022/06/S__33652821.jpg” from=”right”]自己分析を行い、自身のスキルや価値観、キャリア目標を明確することが大切です。

その上で、自分が興味を持っている業界や職種についての情報収集や研究を行います。業界特有の要素やトレンドについても把握し、志望動機や自己PRの中で適切にアピールしましょう。

自己分析や業界研究については、当サイトのこちらの記事で解説しているので、自己分析・業界研究をやったことがない/やり方が分からないという方はぜひ読んでみてください!

 

ポイント②:自己PR・ガクチカを作り面接対策する

早期内定を獲得するためのポイントの2つ目は「 自己PR・ガクチカを作り面接対策する」ことです。

早期内定を獲得するためには、自己PRやガクチカ(学生時代に力を入れて取り組んだこと)を作成し、面接対策をしっかりと行ういましょう。

自己PRやガクチカは自身の強みや成果を効果的に伝えるために、よく就活では求められます。これらを整理し、魅力的に自分をアピールすることで内定獲得のチャンスが広がります。

面接対策では、想定質問リストを作ってそれぞれ自分の回答を準備し、友達や就活サービスを使って面接練習を繰り返して、本番で自分の意見やアイデアをしっかり話せるように練習しましょう。

早期内定を獲得するためには、自己PRやガクチカの作成と面接対策の準備をしっかりと行いましょう。

就活生ちゃん

自己PRやガクチカってなんかいい作り方ないですかね?

就活生くん

面接対策って具体的に何やったらいいですか??

自己PRやガクチカは、自身の学業成績やプロジェクト経験、アルバイトやボランティア活動などの実績をまとめたものです。これらの情報を整理し、具体的なエピソードや成果を盛り込んで作成します。

また、面接対策では模擬面接やフィードバックを受けることで、自身の表現力や説得力を向上させる訓練をやります。

自己PRやガクチカ・面接対策について以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

ポイント③:夏冬に早期選考につながるインターンシップに参加する

早期内定を獲得するためのポイントの3つ目は「夏冬に早期選考につながるインターンシップに参加する」ことです。

夏冬に行われる早期選考につながるインターンシップに積極的に参加すると、早期選考などの早期内定のチャンスが巡ってきます。

インターンシップは企業との直接的な関わりを持つ機会です。自身の能力や適性を企業側にアピールするチャンスとなります。

早期選考では競争が激しいため、インターンシップを通じて企業との関係性を構築し、内定への近道を作ることができます。

夏冬の早期選考につながるインターンシップに積極的に参加し、自身の能力や適性を企業にアピールして、早期内定を獲得しましょう。

就活生くん

でもたしかインターンって倍率高いですよね。

就活生ちゃん

インターンの対策もしなくちゃいけないですね…
確かにインターンシップは非常に倍率が高いです。

しかし、早期から就活にちゃんと取り組んでいる人は少なく、逆にちょっと頑張ればライバルより優れたESや面接で企業にアピールすることができます。

インターンの対策については、こちらの記事でしっかりまとめているので、興味のある人はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

ポイント④:大手企業だけでなく大手の子会社や中小企業も受けてみる

期内定を獲得するためのポイントの4つ目は「 大手企業だけでなく大手の子会社や中小企業もうけてみる」ことです。

大手企業は倍率が高く、なかなか内定を獲得できないことが多いです。

ですが、大手企業の子会社や中小企業にはあまり知られていない穴場企業があり、ホワイトで倍率が低く受かりやすい企業があります。

このような企業を受けてみると、内定獲得のチャンスが高まります。

就活生ちゃん

でも大手企業の子会社ってどんな企業があるんだろう…?

どうやって探せばいいのでしょうか?

子会社の探し方やおすすめの子会社については、こちらの記事でしっかりまとめているので、興味のある人はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

                                                   

就活がうまくいかない人に役立つ記事一覧

「志望企業の選考に落ちた」「就活をしなければならないと分かっているのにやる気が出ない」という就活生は、 就活のプロに相談 して就活のサポートをしてもらいましょう。

以下の記事を読めば、あなたが就活をうまく進められない原因がわかり、就活に対する不安ややる気のなさを解消できるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


就活の1社目であっさり内定をゲットした際の注意点

[/say]

就活生ちゃん

就活してて1社目であっさり内定が出ました。

この時に気をつけることってありますか?

では、就活の1社目であっさり内定をゲットした際の注意点を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 井上

就活の1社目であっさり内定をゲットした際の注意点
  • 注意点① :内定先がブラック企業でないか調べる
  • 注意点② :内定先が自分に合っているのか考える
  • 注意点③:2社目以降も内定がもらえるように対策する

 

注意点① :内定先がブラック企業でないか調べる

就活の1社目であっさり内定をゲットした際の注意点1つ目は、「内定先がブラック企業でないか調べる

内定が出たのが嬉しくて就活を終わってしまう人がいますが、一度良く考えて見ましょう。

内定先が就職するのに相応しい企業かはしっかり見極める必要があります。

特に、そこまで対策をしたわけでもないのにあっさり内定が出た場合は、人手不足なブラック企業の可能性もあります。

そのため、会社の口コミを調べたり、OBを探すなどしてブラック企業でないか調べましょう。

OB訪問は以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

 

注意点② :内定先が自分に合っているのか考える

就活の1社目であっさり内定をゲットした際の注意点2つ目は、「内定先が自分に合っているのか考える」です。

あっさり内定が出た時には以下の2つのパターンがあります。

  • あなたの能力や適性が、企業の求める人材に一致していた場合
  • 内定先が人材不足な企業だった場合

もし、前者だった場合、あなたが求める労働環境があるならその企業に入社するのもアリです。

ですが、後者だった場合、内定先があなたの適性にあっているとは限りません。

自分のやりたいことや適性を踏まえて、内定先が自分に合っているのか考えましょう。

 

注意点③:2社目以降も内定がもらえるように対策する

就活の1社目であっさり内定をゲットした際の注意点3つ目は、「2社目以降も内定がもらえるように対策する」です。

自分が就職する企業を選ぶ際には、複数の候補があれば労働条件や自分のやりたいこと・適性を考慮して決めることができます

そのため、やはり内定は複数ゲットしておくのがベターと言えます。

なので、1社目の内定が出たからといって慢心せずに、2社目以降も内定がもらえるように対策を続けましょう。

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

あっさり内定のチャンスがある就活サービス5選

就活生くん

早期内定を獲得する方法っていろいろあるんですね!

就活生ちゃん

サービスとかを頼って内定を獲得する方法ってありますか?

あっさり内定のチャンスがある就活サービスは色々あります!

それではここで、あっさり内定のチャンスがある就活サービスをいくつか紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

あっさり内定のチャンスがある就活サービス
  • サービス①:OfferBox(大手や優良企業からスカウトGET)
  • サービス②:キャリチケットスカウト(企業からスカウトが来る)
  • サービス③:Lognavi(あなたの強みを活かして大手企業~ベンチャー企業とマッチング)
  • サービス④:キミスカ(選考がスキップになることもある)
  • サービス⑤:みん就スカウト(有名企業からもスカウトあり)

サービス①:OfferBox(大手や優良企業からスカウトGET)

あっさり内定のチャンスがある就活サービスの1つ目は、「OfferBox」です。

OfferBoxは、優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえて、かなり詳しい性格診断のAnalyzeUも使えます。

251問の質問に回答すると、28項目の診断結果であなたの性格や強みを表現してくれ、プロフィールから質の高いスカウトが届きます。

その結果、自分らしく働ける企業と出会えるようになります。

OfferBoxのおすすめポイント
  • 大手~ベンチャーの幅広い優良企業からオファーが届く
  • オファーが来ると一部の選考が免除になる可能性
  • 251問の質問に回答すると100万人のデータからあなたの性格を診断

「OfferBox」の就活生の評判・口コミや、逆求人サイト/アプリについては、これらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 井上

 

サービス②:キャリチケットスカウト(企業からスカウトが来る)

あっさり内定のチャンスがある就活サービスの2つ目はキャリチケットスカウトです。

キャリアチケットスカウト

キャリアチケットスカウト(career ticket)は、レバレジーズ株式会社が運営するマッチングサイトです。

キャリアチケットスカウトは、自己分析の結果から企業のスカウトが来ます。

自己分析の質問内容は、「ガクチカ・自分の強み・就活の軸・自己PR」の4種類です。

またアプリ版キャリアチケット・スカウトもあるので気軽に試してみてください。

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • 価値観ベースのマッチングで、気の合う企業に効率よく出会える
  • アプリでも利用できるため、簡単に使える
  • 用意された質問に答えるだけで、簡単に自己分析が容易

「キャリアチケットスカウト」については、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 井上

 

サービス③:Lognavi(あなたの強みを活かして大手企業~ベンチャー企業とマッチング)

あっさり内定のチャンスがある就活サービス3つ目はLognaviです。

 

Lognaviとは、株式会社アスパークが運営する、5G時代に向けた動画就活アプリです。

 

「就活の教科書」編集部は、「Lognavi」を次のような就活生におすすめしています。

「Lognavi」がおすすめな人
  • 交通費や交通時間が気になる地方就活生
  • 自分から企業にアプローチするのが面倒くさい就活生
  • 効率よく就活を進めていきたい就活生

「Lognavi」の就活生の評判・口コミについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 井上

 

スカウトアプリ自体の評判やおすすめサービスについては、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

サービス④:キミスカ(選考がスキップになることもある)

あっさり内定のチャンスがある就活サービスの4つ目はキミスカです。

おすすめの逆求人サイト、「キミスカ」

キミスカとは、人材事業やWeb戦略事業を行なっている株式会社グローアップが運営している日本最大級の逆求人サイトです。

キミスカは、「世界でたった一人のキミをスカウト。「選ばれる」就活ができる。」というコンセプトをもとに運営されています。

キミスカの2019卒の登録学生数は10万人以上と、逆求人サイトでは多めの登録学生数を誇っています。

NTTデータやsansan株式会社など大手企業からベンチャー企業まで幅広く紹介しています。

キミスカをおすすめする理由
  • 何度もESを書かなくても良い
  • 選考結果が無駄にならない
  • 就活コンサルタントからのサポートが充実
「キミスカ」の評判・口コミについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

サービス⑤:みん就スカウト(有名企業からもスカウトあり)

あっさり内定のチャンスがある就活サービスの5つ目はみん就スカウトです。

 

みん就スカウトとは、あの楽天が運営している逆求人型の就活サービスです。

みん就スカウトは、“プロフィール登録をしたらあとは待つだけ”で企業からスカウトやイベント招待メールが届くサービスです。

一問一答形式の問題に答えれば簡単にプロフィール登録できるので、長い文章を考える必要はありません。

プロフィールを入力するだけで有名企業からもスカウトが来る可能性があるので、非常におすすめです。

みん就スカウトをおすすめする理由
  • プロフィールを入力するだけで有名企業からもスカウトが来る
  • プロフィールの登録が簡単にできる
  • 早めに就活を始められる
「みん就」については、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 井上

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


あっさり内定に関するよくある質問

就活生くん

就活に対するイメージがちょっとつかめました!

自分はあっさり内定をもらって早く就活を終わらせることを目指します!

就活生ちゃん

就活についてもっと真剣に考えようと思うようになりました。

私は慎重に企業を選んで、自分のペースで就活を進めていこうと思います!

何か他にあっさり内定がもらえることについて知っておいた方がいいことってありますか?

就活できちんと考えて行動して、あっさり内定をもらうことは十分可能です。

早く内定を取って就活を終えるか、じっくり考えて企業を選ぶか、自分のスタイルに合った就活を頑張ってください!

それでは最後に、あっさり内定に関するよくある質問に関するよくある質問について解説します!

「就活の教科書」編集部 井上

あっさり内定に関するよくある質問
  • 質問①:就活はだいたい何社目で内定が出る?
  • 質問②:あっさり内定をもらったら就活を終えて大丈夫?
  • 質問③:就活で滑り止めは何社受ければいい?

質問①:就活はだいたい何社目で内定が出る?

あっさり内定に関するよくある質問の1つ目は「就活はだいたい何社目で内定が出る?」です。

回答としては、一般的に就活生は平均して17社程度の企業に応募し、そのうち2社から内定を獲得しているようです。

やはり、就活は競争が激しいため、多くの企業に応募することで内定の確率を上げようとしている人が多いです。

17社受けて2社内定という数字は、リクルート就職みらい研究所の『就職白書2022』のデータです。

このように、平均的に、就活生は17社程度の企業に応募し、そのうち2社から内定を獲得することが多いです。

就活生くん

17社も受けてるんですね。

やっぱり就活は大変ですね。

あくまで参考の平均値なので、17社を受けなければならないということではありません。

しっかりと選考対策をしてゆけば、内定獲得率を上げて少ない企業を受けても十分内定を取れるチャンスがあります。

「就活の教科書」編集部 井上

 

質問②:あっさり内定をもらったら就活を終えて大丈夫?

あっさり内定に関するよくある質問の2つ目は「あっさり内定をもらったら就活を終えて大丈夫?」です。

回答としては、あっさり内定をもらった場合でも、まだ選考が残っている企業があればじっくり考えてみることをおすすめします。

内定をもらった企業が自分に合っているか、本当にその会社で働くのでいいのかを一度立ち止まって考えることで、納得のいく人生の選択をすることができるからです。

より良い選択をしてゆくために、他の企業との比較や検討を行うことが必要です。

内定をもらった後でも、他の企業との選考や面接を続けることができます。

自分のやりたいこと・価値観を振り返って、内定をもらった企業と他の選択肢を比較してみましょう。

あっさり内定をもらった場合でも、就活を終えずに他の選択肢についても少し考え、最終的に納得のいく選択をしましょう。

就活生ちゃん

入社した後でも多くの人が新卒で早く企業を辞めてしまっていると聞いたことがあります。

就活生くん

たしか3年で3割の新卒が辞めているというのを聞いたことがあります。

その通りです。

内定をもらった企業が最終的に自身にとって一番良い選択であるかを判断するためには、他の企業についても知っておくことが肝心です。

以下の記事で、いつまでに内定が決まっていればいいかを解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

質問③:就活で滑り止めは何社受ければいい?

あっさり内定に関するよくある質問の3つ目は「就活で滑り止めは何社受ければいい?」です。

一般的に、滑り止め企業として受ける企業の数は本命企業の数の半分程度受ける人が多いそうです。

滑り止め企業は、本命企業の内定が取れなかった場合に備えるための選択肢です。

合計で20社くらい受けるのが平均ですので、滑り止めは平均でいうと6~7社くらい受けることになります。

就活生くん

滑り止め企業こそ、あっさり内定が取れる企業にしておきたいですね。

企業を見定めて選考対策をしっかりやっておこうと思います。

就活生ちゃん

思い通りの企業であっさり内定をもらうのが一番いいんですけど、なかなかそうはいかないですよね。

滑り止め企業について、もっと詳しく知りたいです!

滑り止め企業を必ず受けなければならないということではありませんが、内定はしっかりとっておきたいですよね。

以下の記事で、滑り止め企業やNNT(無い内定)についてを紹介していますj。

興味のある方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

まとめ:自分の行きたい企業から内定を取ろう

本記事はいかがだったでしょうか?

この記事では就活であっさり内定を取る方法について詳しく解説しました。

また、あっさり内定がもらえるチャンスのある就活サービスについても紹介しました。

この記事を読んだことで、就活に関する皆さんの不安や疑問が少しでも解消されていたら、嬉しい限りです。